2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

私を抱いた風俗嬢たちの話をしよう







1 :・ハリー・ムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 18:41:05.41 ID:Npy6DyzhO
スペッ23歳オス会社員
が初め行ったのは21歳の三だった
大震後の一週間後あとだった気がする

童貞だった。ヘルスだった気持ちがいい体て、ヘ
ソープにハ

計15回ほど。まだまだ初心者

の15人の中で特に印に残っ3人尿私を抱いた女たの話
しようと思う。




3 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 18:47:48.51 ID:Npy6DyzhO
すまない。パソコンがアクセス禁止だった。

最初にA子の話をしよう。
彼女は神奈川の曙町のヘルスで私を抱いた。
私はフリーだった。店頭で写真を見た。
かつてAVにも出演したことがあった女性だった。
さぞかし綺麗なのだろうと考え私は彼女を指名した。




4 :オーリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 18:52:54.97 ID:Npy6DyzhO
携帯だと書込みが遅くなっまう。

そのヘルスは痴漢をモチーフにたつくりっている。風俗
スプして10分ほ痴漢さ私はにO服装を
させた。私は案内さて部屋に入った。西車のつり革に
て小りな女性が私に背を向て立っていた。




5 :名も無き被検体774号+:2012/06/10(日) 18:54:08.41 ID:DoH+ZkIK0
なんで受け身なんだよ



8 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 18:56:45.77 ID:Npy6DyzhO
>>5
なすがままにされていたんだ。だから受け身。




7 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 18:55:45.30 ID:Npy6DyzhO
まず、尻をなでまわした。
かたくなった肉を摘むと彼女は抵抗する演技をした。

その後後ろから乳を揉み、硬くなった息子を彼女の腰や尻に擦り
付けた。

背後から抱きついた時、首筋から加齢臭を嗅いだ。

これが悲劇の始まりだった。





9 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:01:20.14 ID:Npy6DyzhO
胸騒ぎがした。
私は今よりもヘルス初心者だった。
うぶだった。何も知らなかった。
受付で
「ぽっちゃりお姉さん」
そう紹介を受けた。
−−お姉さん
私はこの意味を理解できていなかった。

「興奮してるね」
擦れた低い声で彼女が振り返った。



振り替えれば、ファンデーションを塗ったくった化け物がそこに
いた。




10 :名も無き検体774号+:2012/06/10(日) 19:03:15.58 ID:btYVmFIM0
ロタ



11 :名も無き被検体774号+:2012/06/10(日) 19:04:01.57 ID:RadCd+2t0
ツムラやるなwwwwwwww
おもろいwww



12 :オー宿ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:07:42.49 ID:Npy6DyzhO
堅くなっ
の分厚い唇が左右に
低い声が私にふりかかる。
ーンズファナーが降ろされた。

攣する息子を、彼女がトランクスから引きずりだした。
「おりゃおり
軽くつつく。
ふしくれだった指だった。

手は血管が浮がりの息つく度に、ニタが出
るくらい気持ち良た。




13 :オー・ツムラXb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:15:04.03 ID:Npy6DyzhO
子より化け物とよう。彼女には申し訳ないが

け物は私のを剥だ。
無抵抗だた。抵抗したら、目の前の浜 怪物に
ちぎられる−−そう

彼女は客トクで私をリラックスせようと勤

−人は命の火がかけ間、細なに目をける。

私は彼女懸命なトークく聞くことがでかった。

が首を使、ちょっ体を上下時に飛ぶ、宿
てい

の口胸や腹部にび散る唾液見ていた

薄暗い部屋だった
ジ色の光がぼんやり屋に満ち

その光を反射し、化け物の唾液汗がしかっ





14 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:22:25.21 ID:Npy6DyzhO
「シャワー浴びよ」
彼女は私をシャワー室に引きずり込んだ。
シャワー室は明るかった。
化け物の顔がよく見てた。
黒ぶち眼鏡をかけていた。
身長は私より20センチほど低い。

ほっぺたはソープ嬢−化け物はヘルス嬢だったが−によく見られ
る、口の回りと頬の間に深い溝みたいなシワが出来ていて、浮き
上がって見えた。

乳の形に問題はなかった。
腹部は柔らかそうだった。
齢40代前半。
確かにお姉さんだった。
人生のお姉さんだった。

−−かつてナチスがユダヤ人に行った許されざる罪を思い出した。
シャワー室。
命の墓場。
この時私はユダヤの民だった。




15 :名も無き被検体774号+:2012/06/10(日) 19:27:46.37 ID:ud9AXq4M0
続けろください



16 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:28:49.06 ID:Npy6DyzhO
私は彼女にAV出演について尋ねた。
彼女は答えた。
熟女として企画ものの数本出た事。

TSUTAYAで自分のAVを見つけてほくそ笑んでいたら、店員に追い
出された事。

「痴漢ものにも出たんだ。私が出たのはね、地方の電車の中で
SEXするやつ。人が少ない時間帯に撮影するんだけど、私と男優さ
んの回りをスタッフの人がぐるーって囲むの。その中で服破いて
たったまま。フィニッシュは口で。」




17 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:34:30.04 ID:Npy6DyzhO
「他にはどんなものに?」

私は問答を続けた。

「あとは農家の嫁さん役でSEX。2人の農夫さん役の男優さんに畑
の中やビニールハウスの中で。豚小屋の中はきつかった」

と彼女は答えた。唇は裂けたままだった。

−−なぜそこまでしてAVに?
私はそう言いだしそうになったが、口をつむんだ。

私は他人の人生にこれ以上質問出来る身分ではない。




18 :オハリ・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:39:31.42 ID:Npy6DyzhO
ずっいまだね」
彼女はしゃがみこみ私の息子に吹き掛けた

は目が良くなかった
彼女は気が付かなかた。
息子だ婿
の全たかった。

まだの息絶えてかった。
しか体は、息、死硬直似ていた。

「緊張してるの
彼女は尋ねた。
うん」
は答た。
から喰われるのだ
女の夕飯なるのだ。
時間は6時を過ぎていた早めの夕飯だ。
しないわけが

女は強揮して私シャワーきずりだし




19 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:44:13.51 ID:Npy6DyzhO
部屋は、壁ぎわに電車内のシートがあった。人が軽く三、四人座
れるくらいあった。

私はそこに投げ出された。
彼女は私の前にひざまずいた。

「どっちがいい?」
彼女は尋ねた。
「和食がいい」
私は答えた。

あまり肉類を使わない料理ならば生きていられると考えたのだ。



彼女の唾液が私の視界に広がった。




20 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:49:46.66 ID:Npy6DyzhO
「残念だけど、お店の外じゃ出会わないって決めてるの」
彼女は私の膝を擦りながら答えた。

「攻めたい?攻められたい?」

私は攻めたいと答えた。鼠だって猫に噛み付く。最後の抵抗をし
たかった。

彼女は承諾した。
「ちなみに私は中華が好きなの」

−−鼠料理なんて中華に合っただろうか。

私はそう考えて、彼女に席を譲った。

私はご年配の方には席を譲る主義だ。

電車の席を譲るには彼女は早過ぎた。そんなにふけてない。

裸で向き合うには彼女は遅過ぎた。そんなに若くない。うんや、
全然。




21 :名も無き被検体774号+:2012/06/10(日) 19:53:36.34 ID:DoH+ZkIK0
和食ワロタw



22 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:54:12.82 ID:Npy6DyzhO
私は彼女にキスをした。
うねうねした粘っこいものが、私の舌を飲み込んだ。

私はワレメちゃんに指を入れ、刺激した。

彼女は眉間にシワを寄せた。深いシワだ。マリアナ海溝並に深い。

口元に手を添え、
「ブゥー、ヒィモチィ」
と喘いだ。

なかなかの演技力だった。
私は興奮してかき混ぜた。
指が膣の壁に当たるたび彼女は、
「バァー!バァー!」
と吠えた。




23 :名もき被検体774号+:2012/06/10(日) 19:56:46.23 ID:32rzTqLq0
お前w
んな野獣と絡んんだww



24 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 19:58:25.21 ID:Npy6DyzhO
彼女の顔はどこに何があるのか分からないくらい、ぐちゃぐちゃ
になった。

「遂に本性を出したか」

と私は言った。この化け物め。人間の姿から本来の姿に戻ったか。

「らってヒィモチィんだもん。Hな私になっちゃう」
と彼女は奇声を上げた。
何いってんだこいつ。




25 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 20:05:14.04 ID:Npy6DyzhO
「ふぁげじぐへめるのへ」
と彼女が言った。

激しく攻めるのね。
そう言いたいのだろう。

しかし彼女は日本人でも、ましてやこの星の生き物でもない。

−−絶対火星から来た。
私はそう考えた。

攻める?違う。
「退治だ」
私は言った。
地球を守らねばならない。

生まれて、初めて、社会のために何かをしようと考えた。

誰にも誉められなくてもいい。
誰にも気付かれなくてもいい。

私が、彼女を退治しなければ。

「アヒャハア。Sなんだね、退治して、退治ひて」

何いってんだこいつ。




26 :名も無き被検体774号+:2012/06/10(日) 20:05:33.90 ID:S9AI5AdA0
ふぅ・・・



28 :名も無き被検体774号+:2012/06/10(日) 20:09:45.53 ID:RadCd+2t0
>>26
火星人でwwwww




27 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 20:09:05.26 ID:Npy6DyzhO
私は最後の攻撃を彼女に加えた。

ひたすら膣を掻き混ぜた。
「ビャアアア!ビモヂイイ、ビモヂイイ、モッホ!モッホ!」

私は攻撃の手を緩めなかった。そして、

「バアアアアアアアア!ビグー!ビグ!ヒ゛ク゛ウウウウ!」

彼女は雄叫びを上げて、体を痙攣させた。






29 :名も無き被検体774号+:2012/06/10(日) 20:12:34.85 ID:43UynoTDO
冷静さが恐ろしい



30 :オー・ー・ラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/10(日) 20:16:06.10 ID:Npy6DyzhO
使命感にてい
女は火星人だ。
我々の想を凌駕する生体だ。
徹底攻撃を食われる

私はを攻め
火星人は叫だ。

「ビャヤ!ヤ!ャッボフヒャメヘ!バ
アアアアア!」

けをるのは騎道精神に反する



そし、火反撃が膣か始まった





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 面白, 風俗,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 面白, 風俗,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120612203455