2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

プロポーズ予定の彼女の浮気現場に生で遭遇。俺は一夜のうちに最低限の荷物とともに家を脱出した。
 
8カ月で離婚。糞ビッチな元嫁の話
 
全裸の女を拾った
 
担任の女教師の絶対に人に見られたくないであろう秘密を目撃した
 
嫁が知らぬ間に複数の男のオモチャになってた話
 
裏切った嫁に起きた壮絶な因果応報
 
妹とSEXしてしまいました
 
好きな子から預かったHDDの中から、とんでもないモノを発見してしまった
 
嫁にDVをでっち上げられたんだが
 
職も金もなく人間不信,女性恐怖症の人生ドン底の俺が大逆転した話
 
息子が担任に虐められてた
 
不倫が発覚し、友人からも絶縁された婚約者の言い分が凄かった
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
1度は浮気を許していた汚嫁のクズさが露呈。娘が入院中に看病にもいかず、浮気相手と3P。
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
嫁の性癖が露見。ハプニングバー、ハメ撮り、複数プレイ... 人生を丸ごと破壊する究極のSMプレイ。
 
長男の子を身ごもってしまった
 
知りたくなかった嫁の過去知ってしまったんだが、、、
 
嫁が不倫デート中、サプライズの誕生日パーティーの準備が着々と進行していた
 
間男一族を徹底的に壊滅させた俺の両親
 
 
 

私を抱いた風俗嬢たちの話をしよう3





私を抱いた風俗嬢たちの話をしよう2の続きです。



235 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:20:25.35 ID:8XfLB9fwO
昨晩は栄光ある同僚との酒を交えたひと時を過ごした。朝まで飲
み、しばらく寝てしまった。


皆様、大変待たせた。誇り高き風俗嬢に童貞を贈った話のエピロー
グである「私の初体験が終わった話」をしよう。

短めだ。
木曜日に貼れたと今更後悔している。
終わりは一瞬で過ぎていく。




237 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:23:24.17 ID:8XfLB9fwO
今年のゴールデンウィークだ。

私は川崎にいた。

この日私はある目的があって川崎にいた。

ソープだ。

あかなめに会いに来た。



――私があかなめとSEXをしてから一年間私の身の上にはいくつかの
災難がやって来ていた。それらはすべて闇の歴史となっている。

生涯、私はこの一年間を忘れない。全てが駄目になった。
これから私が歩いて行くかもしれない道はなくなり、これまで歩
いてきた道も崩れていた。私はその場で立ち止まるしかないだろ
う。








238 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:24:40.68 ID:8XfLB9fwO
同時に何人もの風俗嬢に抱かれた。風俗とは人生だ。直面した時
にはいかなる悲劇も、時がそれを喜劇に現像してくれる。それを
信じなければ、私たちは生きていくのがなお辛い。









239 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:27:32.01 ID:8XfLB9fwO
何度もあかなめに会いたくなった時があった。でも、次の機会へ
と先送りしていた。

私はあかなめが風俗嬢として矜持を持ち続けているとばかり考え
ていたからだ。

何度もあかなめの肉体でオナニーをした。あの締まり具合を思い
出した。あのフェラを思い出した。あの抱きしめられた時の激痛
を思い出した。


あかなめは私にとってかけがえのない風俗嬢の一人となっていた。


なぜ逢いに行かなかったのか

いつでも逢いに行けると思っていたからだ。

一度SEXした女性と逢うのが私の中で気負いになっていたからだ。


今思うと自分がゆるせない。タイムマシンに乗って、その時の私
のアナルにおちんちんをねじ込んで成敗してやりたい気持だ。





240 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:29:42.33 ID:8XfLB9fwO
不意に、あかなめに会いに来たのに理由はなかった。一年ぶりの
SEXをしたかった。

童貞を贈った誇り高き風俗嬢に会いたかった。闇の歴史を紡ぐ中
で不安に駆られ、ちょいとばかり甘えたかった。そんなところだ
ろう。


ともかく私はあかなめにSEXするために川崎に来た。

一年前、宙を飛んでいく気持ちで歩いた道を歩き、その店に入った。

しかし、その店にあかなめはいなかった。

店員に尋ねると、あかなめはGW前に店をやめていた。



――私には、それが真実なのにエイプリルフールの冗談に聞こえた。





241 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:39:26.46 ID:8XfLB9fwO
私はこれまでSEXした風俗嬢が今もその店にいるのかどうか、思い
出したように調べる癖がある。私を抱いた風俗嬢たちが店を去っ
たことは何度もあった。そのたびにそれが真実なのだと認めてき
た。

あかなめの場合、冗談としか受け取ることができなかった。

あかなめは、ずっと離れないとばかり思っていた。


――あかなめとSEXしたい。おちんちん舐めてもらいたい。


どこかの店にまだいるのかもしれない。

それが希望だった。愚かな希望だった。利己的な希望だった。

失われた童貞を求めて私は堀之内を歩いた。







242 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:41:24.17 ID:8XfLB9fwO
店に入るたびに以下の会話を重ねた。

――ぎょろ目の女に会いたい。

――変わった趣味でございますね。

――私が、童貞を贈ったものだ。

――は、はあ…さぞかし、思い出深いでしょう。

――いないか。

−−従業員のプライバシーは守ります。

と、言われたが、

――誰しも、言葉にできない思い出を持って生きています。

風俗はその象徴。男も女も、客も従業員も、言葉にできない思い
出をここで作って去っていきます。

仮にいたとしても、他人の私が申し上げることは無粋です。

と言いたいのだと、私はわざと勘違いした。

−−そうか。

去りゆく私の背中にその従業員はため息をついたが、

――思い出。時として味方に、時として敵になります。厄介な物を、
私たちは抱えていますね。

と、言う意味のため息だと私は意図的に解釈した。






243 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:44:25.60 ID:8XfLB9fwO
店を渡り歩くたびに、胸がピアノ線で絞められた心地がした。

おちんちんが硬くなってきた。

不安定な私はコンビニのトイレでオナニーをすると言う自殺行為
の後、いくつものソープを回った。でもあかなめはいなかった。


――あかなめ。あかなめ。どこへ行った。お前とSEXしたい。おっぱ
いを触りたい。硬いお尻をなでまわしたい。あかなめ。あかなめ。
どこへお前は言った。



流浪の旅は終わらなかった。日が暮れた。川崎へ来た時は日がま
だ高かったのに。


私はある店に入った。





244 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:45:52.02 ID:8XfLB9fwO
――ぎょろ目の女はいるか。

――どうしてだ。

その従業員は中年の男だった。裏道を歩いてきた彼の風格が私の
首筋を強張らせた。

――私が童貞を贈った女なんだ。

――そいつを探しているのか。

―――ああ。

男は紫煙をくゆらせ、

――もう、お前の初体験はもう終わったんだ。そいつの膣からペニー
ニを抜いてやれ。

と私に言った。



その時、私は自らの浅はかさにようやく気がつき始めた。




245 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:47:12.77 ID:8XfLB9fwO
愚かな希望にすがり、逢いに行けるときに会いに行けず、自分の
気まぐれで逢いに来て、逢えずに狼狽している。


そんな自分に気がついた。


――私の初体験は一年前だ。あかなめで何回も射精した。あかなめ
に今日は逢いに行こうかと考えた。

この一年、あかなめのことを何度も思い出して精子を出した。
この一年間、私はあかなめとのSEXで使用済みとなったコンドーム
をおちんちんに、ずっとつけたまま生きてきたのだ。



都合のいい女として私は彼女を扱ってきたと今理解した。




246 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:48:42.13 ID:8XfLB9fwO
都合のいい女。それは間違いだ。


誇り高き風俗嬢たるあかなめをそのように扱うのは、間違いだ。


私は従業員に言った。

――ああ、もうコンドームは外すよ。

と。

−−そ、そうか。

と彼は答えた。





247 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:51:21.93 ID:8XfLB9fwO
かつてあかなめは言った。最初が大切だと。最初に全てが詰まっ
ていると。

あかなめは私にとって最初の女だった。あかなめに全てが詰まっ
ていた。

あかなめ、もう、君を探さない。

あかなめ、でも、君がいったことを真とするならば、これから先
逢う風俗嬢はみなおまけなのだろうか。


あかなめ、それでも、もう君を探さない。

最初であることには変わらないだろう。時として最初とは最後で
あることもあるのだ。君が最後であるかもしれない。

それは今でもわからない。

あかなめ、だからこそ、もう君を探さない。

堀之内でも、どこかのソープでも、風俗誌でも、そして私自身の
思い出の中にも。

あかなめ、もう、君を探さない。



――こうして私の一年をかけた初体験が終わった。

最後にその男性従業員がいる店で、Bカップの乳首がでかい女性と
大変興奮するSEXを過ごしたこと、フェラで射精したこと、バック
で射精したことを付け加えておこう。



以上で終わりだ。







>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 風俗,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 風俗,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120618195929