2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

自殺未遂のどん底から社会復帰した話






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1361196837/


1 :名も無き被検体774号+:2013/02/18(月) 23:13:57.46 ID:l1uAy0UR0
需要ないと思うけど自分の中で区切りがついたから話させて欲しい。
ストックあるから淡々と書くよ





5 :1:2013/02/18(月) 23:16:32.70 ID:l1uAy0UR0
とりあえず今のスペック
26歳♀
職業についてはあとで出てくるので。





6 :1:2013/02/18(月) 23:17:37.33 ID:l1uAy0UR0
機械専攻で高専に入学した。

私のクラスは女子ひとり。工業系は女子が少ないというのは覚悟
してたけど、いざ一人となると心細さマックスだった。

同じクラスに、中学の時に仲が良かった男子がいた。
身バレ怖いから そいつのことは「スペースキャンサー大明神」
を略してスペキャンと呼ぶ。わかる人にはわかる。

中学校が一緒なのはスペキャンだけだったから、最初の2ヶ月くら
いはスペキャンと話をして生活していた。

スペキャンは調子のいいコミュ症で、ほかの男子とつるもうとせ
ずいつも一人だった。

私もなかなかの人見知り体質だったので、スペキャンの友達を紹
介してもらってクラスに馴染んでいこうと思っていたけど、スペ
キャンは友達をつくろうとする気配もなく、ずっと一人だった。





9 :1:2013/02/18(月) 23:20:45.49 ID:l1uAy0UR0

思春期だからなのか知らないけど、私は基本クラスのみんなから
腫れ物に触るような扱いをされていた。

スペキャン以外は話しかけてくる人もいなかったけど、こっちか
ら話しかければ応答はしてくれるので、その時は別にどうでもよ
かった。

でもある日を境に、スペキャンの様子がおかしくなってきた。

暑くなって衣替えしたくらいだったと思う。
スペキャンは悪口のようなものを言うようになった。
周囲に悪い噂を流すわけではなく、直接私に言ってきた。

それは容姿のことだったり学力のことだったりで、
とにかくネチネチと嫌なことを言うので私は無視するようにした。








10 :1:2013/02/18(月) 23:21:23.22 ID:l1uAy0UR0

無視するようになって気付いたけど、スペキャンはハブられていた。
それどころか悪口とかいじめみたいなものも受けてるようだった。
八つ当たりかよーと思ったけど、かわいそうとかは思わなかった。
勉強はできるけど元々性格に難アリだったし。


スペキャンしか友達らしい友達がいなかった私も当然クラスで孤
立していた。
でも他クラスの女友達とかはいたので、なんとかやっていた。

私はあんまり頭が良くなかったけど、他クラスの友達のサポート
に助けられそれなりに楽しかった。

スペキャンはそれが気に入らなかったらしい。





11 :1:2013/02/18(月) 23:22:05.21 ID:l1uAy0UR0
ある日私のメガネケースがなくなった。

ゴミ箱の裏から出てきたんだけど、ケースの内側に貼っていたプ
リクラがなくなっている。
ふとゴミ箱を見るとビリビリになったものが捨てられていた。

中学時代の友達や過去に転校した親友とかとの大事な思い出だっ
たからショックだった。
あとでわかったけど やっぱり犯人はスペキャン。

「プリクラ撮るとか意味がわからない」
「幼稚すぎるバカみたい」というようなことを
言っていたけど全部無視した。
そういうことをする神経が信じられなかったし許せなかった。

他クラスにも友達のいないスペキャンを哀れみはじめてたけど、
もうほっとこうと思った。





12 :1:2013/02/18(月) 23:22:39.25 ID:l1uAy0UR0
夏休み明け頃、スペキャンに仲間が二人くらいできた。
一緒になって私を虐げる仲間が。

ボールペンや製図用のコンパス等がバラバラに壊され隠された。
教科書は接着剤でくっつけられて使い物にならなくなった。

罵倒の言葉も、悪口から人格否定、存在否定へとエスカレートし、
暴力も始まった。

何度も転ばされたり突き飛ばされたり、ひどい時には鋼ハンなど
の工具や金属材料で殴られた。(さすがに全力ではないけど)

転ばされるのも移動教室の時とか人前で転ばされてたんだけど、
周りは助けてくれるどころか笑って見てた。

この時初めて私もハブられていたんだと知った。
同時に「味方はいないんだな」と思った。





14 :1:2013/02/18(月) 23:23:22.19 ID:l1uAy0UR0
「お前が幸せそうにしているとムカつく」とよく言われた。

スペキャンは、私が他の人から疎まれていると知るととても嬉し
そうにし、私にいい事があると「生意気だ」と殴っていた。

昔から自分のことがあまり好きではなかったこともあり、スペキャ
ンから罵倒されるたびに、「私は幸せになってはいけないんだ」
と思うようになっていた。

この時は私もだいぶおかしくなってたと思う。

スペキャンは直球に「死ね」とは言わなかった。

でも「なんで生きてるの?」「お前生きてる価値ないよね」とい
うようなことは言っていた。

だんだん「生きてるだけで迷惑なのにこれ以上変なことできない」
と考えるようになり、友達にも相談ができなくなっていた。

それどころか嫌われたくない一心で友達と距離を置くようにまで
なった。

私は次第にぼっちになった。





13 :名も無き被検体774号+:2013/02/18(月) 23:22:53.07 ID:+74W0outO
女で高専の機械専攻か
なかなか貴重な存在だな




15 :1:2013/02/18(月) 23:24:22.91 ID:l1uAy0UR0
>>13
ありがとう。やっぱり珍しいのか。

ある時担任(男)に呼ばれた。
クラスメイトとやっていけてるか?という確認みたいなものだった。

適当に返事をしながら、
(今されている仕打ちをすべて話そう…!)と思ったけど、
「まあハーレムみたいなもんだよなあ。よりどりみどりだろ
w」と言われ、

あ、こいつはダメだ。と思い、言うのはやめた。

クラスからは徹底的に無視、スペキャン達からは暴力と暴言
が続いた。

「本当お前邪魔だよ」
「バカで豚でブサイクwwよく生きてられるなww」

私はもう限界だった。





16 :1:2013/02/18(月) 23:25:37.85 ID:l1uAy0UR0

暴言、シカトに耐え切れなくなり、とりあえずこのまま工具やら
で殴られてたら いつか本気で殺されるのではと命の危険も感じた
ために私は学校に行かなくなった。

親の手前、最初は学校に行くフリをしていたけど、休ませて欲し
い、と理由を話した。

母親はスペキャンの両親とも知り合いで、私がスペキャンと仲良
しだったことも知ってたから、理由は「やっぱり女子ひとりはツ
ラい。クラスに馴染めなくて正直しんどい」ということにした。

母親は泣いていた。気付いてあげられなくてごめん、と。

父親は学校の手続きを心配してたけど ゆっくり休めと言ってくれた。

今思えば母親はくっつけられた教科書を発見してたと思う。
でも二人共詮索とかはしてこなかった。ありがたかった。

学校を休んでいる間、スペキャンからメールが来ていた。

「サボり魔」とかそんな内容だった。他クラスの子からも心配の
メールが来ていたけど、ほとんど疎遠になりつつあったので次第
に来なくなった。

でもスペキャンからは来続けていた。「サボってんじゃねーよ」
とか「いい身分だな」とかそんなのだったけど、スペキャン以外
はメルマガくらいしか来なかったから

次第に「学校来て欲しいのかな…」と捉えるようになってちょっ
と嬉しくなっていた。

わたしはおかしかった。







17 :1:2013/02/18(月) 23:26:23.45 ID:l1uAy0UR0
ある日スペキャンが家に来た
学校に置き忘れたものを持ってきたらしかった。
麻痺していた私は嬉しくて昔のように話をしようとした。
でもスペキャンは相変わらずだった。

私が学校から消えてから仲間も掌を返したらしい。溜まってたの
かスペキャンの口からはノンストップ暴言。
すっきりしたらしく毒を吐くだけ吐いて帰っていった。
バカな私は究極に絶望した。





18 :1:2013/02/18(月) 23:27:25.02 ID:l1uAy0UR0
その次の日にわたしは自殺未遂騒ぎを起こした。

住んでいたマンションから飛び降りたんだけど、ビビリなうえに
たいした覚悟もなかったから、3階から花壇に飛び降りて骨折程度
で終わった。

気絶してたからか集中治療室みたいなとこで目が覚めて、警察が
話を聞きに来た。

靴を揃えてたから自殺と疑ったらしい。まあビンゴなんだけど、
その時は「ちょっと物を取ろうとして―」とかよくわからないこ
とを言った。

遺書もないし事故ということで片付けられたけど、骨折もちょっ
と派手だったし精神状態がとても悪かったので しばらく入院する
ことになった。

入院してるあいだはすぐトイレで手首切ったり舌噛み切ろうとし
てタオル噛まされたりと大変だった。

ある日父親が泣いてるのか怒ってるのかよくわからない顔で
「死にたいなら言ってこい。
俺のつくった子供だ、俺が殺してやる。」と言った。

それを聞いてからわたしは自傷するのをやめた。

閉鎖病棟に入る話も出ていたが、入院していた大学病院で改装工
事の話があり、その頃には自傷もしなくなったので、結局 他所の
心療内科の紹介状と薬を処方してもらい退院した。





19 :1:2013/02/18(月) 23:28:36.20 ID:l1uAy0UR0
退院してから通院し始めた心療内科の先生は面白かった。
この人が私のどん底人生を大きく変えてくれた。

先生のことはロッシーとしとく。ごめん野爆大好きなんだw

ロッシーは天然じゃないけど とにかくジョークが好きで、説き伏
せるのがうまかった。

「まだ死にたいか?」と聞いてきて、「嫌なことを考えてしまう
時は死にたくなります。」と言ったら、「このイケメンが見れな
くなるぞ?もったいないぞー?w」とか言う人だった。

ある時、究極に外に出たくなくて診察をバックれたことがあった。
約束の時間をすぎても病院側から連絡がくることはなくて、後日
予約し直してコソコソ行ったら、「薬が切れたかw」と笑って迎え
てくれた。

でも怒る時はしっかり怒る人で、何よりどんな話でも きちんと聞
いてくれることが嬉しかった。

学校に行かなくなってから男性恐怖症と対人恐怖症になってしまっ
たけど、ロッシーとは話が出来た。





20 :1:2013/02/18(月) 23:29:36.42 ID:l1uAy0UR0
そんなロッシーとその年の年末頃に学校の話をした。

ふわっと雑談をしている時に「そういえば、学校どうする?」
と聞かれた。

「せっかく入学したから卒業したいです。でも もう居場所がない
ので…」とうやうやしていたら、復学を提案してくれた。

復学とは、留年と同じ感じで休学しはじめた学年に留まってやり
直すこと。

学校も行ってないからストレートで卒業なんてできないのは わかっ
ていたけど、環境がかわってうまくできる保障もないので、どう
しようか悩んでいた。

そうしたら、
「もうあなたは一度死んだんだと思えばいい。新しいんだ。
2回目の人生だぞー!いいなーw」って冗談ぽく言ってくれた。

その言い方がなんだか面白くて、まあ自分でもおまけの人生くら
いに思ってたから頑張ろうって思えた。





21 :1:2013/02/18(月) 23:30:27.10 ID:l1uAy0UR0
もう一度やり直した学校生活は、良いものだった。
女子が居ないのには変わりがなかったが、スペキャンも居ない。

スペキャンはちょいちょい攻撃をしてきたが、着信拒否をして
こちらからは無視をし続けた。

クラスに馴染めたわけではなかったが、暴力を振るったり暴言を
吐く人が近くにいないのでやっていけたし、
全てを知っているロッシーもいるから、
辛いことがあっても逃げ場があるという安心感があった。

でも結局 卒業するまでクラスの中に友達と呼べるような関係の人
はできなかったし、
最低限のコミュ力は戻ってきたけど男性恐怖症は治らなかった。





22 :1:2013/02/18(月) 23:31:17.30 ID:l1uAy0UR0
それでも留年することなく卒業した。

男性社会で生きていくことは無理だと感じた私は、
在学中は「卒業するための勉強」をし、当たり障りのない卒業を
した。

進路については、ここでもロッシーに助けられた。

4年生の就活時期に、恐怖症がなかなか治らないことを相談した。
就職以前に面接も受けれるか不安だし、もう社会的には生活でき
ないのかという話をした。

ロッシーは静かに話を聞いて、こう言った。

「恐怖症だって言うけど、ちゃんと先生や同級生とコミュニケー
ションがとれてるじゃん。大丈夫だよ。」

私には恐怖症だと決め付けてしまってるところがあるとも言って
いた。





23 :1:2013/02/18(月) 23:32:31.71 ID:l1uAy0UR0

「ただ男性と話すのが苦手なだけ。幸いにも工業系の学校。
クラスの子もいじめるような子はいないし、治す機会なんていく
らでもある。」

「あなたは本当に運がいい。ビビりだから死にぞこなったって言
うけど、運が良かったからためらえた。それは、生きてても良いっ
てことなんだよ。」

「好きなことをやりたいなら進路として選んだ工業しか道がない
のか、それは違うと思う。好きなものをリストアップしたらわか
る。」

ロッシーにしては真面目なことを言うなあと、帰ってからやりた
いことについていろいろ考えた。

そしてファッションに興味があったので、漠然とアパレル関係の
仕事がしたいなあと結論を出した。

当然ファッションの勉強をしているわけでもないので、絶対に馬
鹿にされると思ったが、ロッシーはちゃんと聞いてくれた。

「服用している薬の関係もあるから、卒業までに薬が変わらなけ
ればフルタイムで働くことは難しい。まずはパートからはじめる
ことを考えよう。」

ロッシーはいろいろ提案してくれた。

「知識がないなら、パート勤務で見習いとして知識をつければいい。
リハビリにもなって一石二鳥じゃないか。」







>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:ちょっといい話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:ちょっといい話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130219233454