2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

女性自衛官との性交について記す







251 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:25:15 ID:/3bHaWMM0
女性自衛官との性交について記す。
少し昔のことだ。16〜7年前くらいだろうか。 

最近、「女性自衛官」という言葉に替わったが、ついこの前までは
「婦人自衛官」と言った。この婦人自衛官のことを、陸上自衛隊では「WAC」
という。 Women's Army Corps の略である。婦人自衛官というよりも、
この英語の訳なら、むしろ「女軍」というほうが正しかろう。

婦人自衛官制度そのものは昭和20年代からあるが──看護婦の自衛官は
昭和27年、一般の婦人自衛官は昭和43年から採用されている。
旧態依然に見える自衛隊の、一風変わった進歩具合も見えなくもない──、
私が勤務していた部隊にWACが配置されるようになったのは、

ようやく平成に入ってからである。私は当時、3曹になって5年目、
仕事にやりがいもあったが、今思えば稚気にあふれていた頃でもあった。






252 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:27:12 ID:/3bHaWMM0
自衛隊では、一般の企業などとは違って、かなり長期間にわたって教育を
ほどこす。わかりやすいところでは、防衛大学校の4年というのもかなり長いし、
一般の隊員でも1年以上は教育期間である。素直に考えれば当たり前のことで、
ほかの知識・技術なら高校や大学、また専門学校で学ぶことも出来るだろうが、
平和日本のどこの学校で、造兵学だの安全保障論、機関銃の撃ち方やら
榴弾砲の構造、人の頚椎の折りかたなど教えるだろう。

私が所属していたその部隊に、教育を終えたWACが入ってきた。新隊員は更に
引き続いて、「特技教育」と言って、専門的な技能を付与する教育を3ヶ月ほど
行う。私はその「助教」(教官を補佐するもの)を命ぜられた。WACは4名
いた。

その中に、彼女、山本がいた。当時2士である。私の目には、彼女らは とても
幼い子供のように見えた。当時の私が口をきく女性は、外出などしたときの
酒場の女性くらいであり、そのスレ具合に比べれば、4人のWACは小学生その
ものであった。






253 :エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:30:28 ID:/3bHaWMM0
当時の私は才気煥発なほうで、婿また怒鳴りもすば暴力もうたであ
しかし、こんな子4人の少育を施すこなると思い
よらぬこで、内心方にくれた

当時は既、自隊の勤務環境を化しようとさまざまな緩和施策
号計』と呼ばた)が少しづつ実されてお、それよ前ほどの
殺伐はなくなっていたの日常のだまだ殺伐として
私の使限って湿もしれな

仕事や生活はまだまだ怒号が左いたわたそんな殺気立った若手
の急先鋒ったのである。その私が、どういうめぐり合わせか、高を出
ばかり少女の教育を担当ことにってしま

教育そは順調にんだ。が、にくいとこの上なかた。
男どもに育であれば間違った操作どを、「どこ
だ!こっだろうが馬鹿!死コラ?」なと怒鳴りけ、体の向
寿を直、蹴飛りもできる。





254 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:34:00 ID:/3bHaWMM0
私自身もそうやって装備の操作を身につけてきた。だが、相手がこんな子供
のような少女では、体に触れるわけにも行かず、蹴飛ばすわけにもいかず、
正しい操作をさせるのにアゴが疲れるほどしゃべらなければならなかった。

そのくせ、彼女らは子供子供したなりとは裏腹に、妙に理屈っぽく、つじつ
まが合わないことがあると、さも不思議そうな大きな目を見開いて、
「でも班長、さっきはこうおっしゃったじゃないですかぁ」などと、
頬を赤らめて詰め寄ってきたりする。

なのに、基本教練をやったり、体力練成で駆け足などさせると簡単に泣いた
りして、どうにもこうにも勝手が違い、面倒を見かねた。だが、意外に、
怒鳴りつけたりするのには彼女らは強かった。

強いというよりも、怒鳴ると、まるで何か変わった物でも見ているかのよう
にじっと私の顔を見ているばかりで、なんだかちっともこたえないような
感じなのだ。女を怒鳴りつけるとこんな反応をするんだな、と、妙なところ
で私は学習した。






255 :ライERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:35:12 ID:/3bHaWMM0
男な、む蹴飛ばした叩いたほ反発し、敵愾心に満ちた
目をけてきたり反面したるのには弱く、ちょ「コラ」
と言っ ただけで涙む奴えいるのだが・・・

怒号でならした伍長小娘相手ではかで、しどもどろにつつ、
やっとの特技教育をことであった。

その後、彼簿らのうち1名途退と言2年任、──つ
員の2年契約ようなものと寿思えばかろう──を満たにさっ
中途退してまい1人はなら、「なひり娘に銃を持たせ
術を教え込むは約調束が違、ワケ理屈で両親が
鳴り込て連れててしまい、
もう1人は どうたなゆきか、人と結婚、こも中途退職し
民間人と結したWACはちょっとカワイイと評判だったので中隊の丸坊
ムサルシイ男ども大いに落胆させたものだった。

隊に残ったのは、山本だけ





256 :田エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:37:17 ID:/3bHaWMM0
本は白で、体はった。背は165セチほどあはっきり
ていて、口は小さかった。にも似てないら、芸例えようがない。
形の顔立ち濃く」して、目を大西な顔ある。当時の
で、ワカメちゃんに近いオカッパ頭だった。

頭がかった。そんに面か、くるくる笑った
かし、本気ているのでいようしもあった。子供
居したよで、心、ちょっと山本を気に入ていた

山本婿外のWACが辞まって少綿習があ。お1ヶ
地に宿営し、訓練をした。さざまな規律が緩和されていた当時と
しては、珍しく.かな期の演習とえた西

、演習はになるとかってな面尿た。部隊にもよるが
1ヶ間ブッ通し闘行動をするわけでい。訓練の間に
こともあり、そ日はゆっくりと昼寝したり、下り近傍にある
温泉にこともできた。






257 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:38:41 ID:/3bHaWMM0
小隊長が「おい、温泉行くか?」と声をかけ、小隊陸曹が「おーい、お前等、
ちょっと来いや」なんぞと隊員を集合させる。私もイソイソとその尻馬に乗り、
温泉に行って、さっぱりしたものだ。

だが、その日、私は2200(午後10時)から弾薬庫の警備の当番に当たっていた。


演習に使う弾薬を、夜間も休まず警備するのである。1時間交代だ。
せっかく温泉に行ったのに、冷えちまうよォ。天幕の前に置いた椅子に座っ
てブツクサこぼしていると、山本が寄ってきた。

「班長、今日弾薬ですよね」
「・・・ああ?おう。」

私は山本の班長ではないのだが、山本が班長、と私を呼ぶのは、自衛隊では
陸曹に呼びかけるときに、「班長」と言う習慣があるからだ。
同様に、2尉・3尉に呼びかけるときには「小隊長」と言う習慣もある。
これらの呼び方は、どちらかというと、少し親しみを込めて言うようなとき
に使う。

「せっかくおフロ行ったのに、かわいそー」





258 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:39:34 ID:/3bHaWMM0
「なんだよ」
「・・・班長そんな、キレ気味に『なんだよ』とか言わないでくださいよう」

なんだか、山本が言いたいことがわからない。

「俺の弾薬庫警備がどうかしたか」

山本はくるりと周りを見回した。何だと見る間に、ぱっと私の耳に顔を寄せ、

「班長、ちょっと話を聞いてほしいんですけど」
「・・・なんだ?」

「ちょっと相談なんです」





259 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:40:34 ID:/3bHaWMM0
驚いて山本の顔を見返すと剣な顔をしている。教え子だ。は、同じこ
ている男だっだろうと考えた
やめいんす、つんで足が痛いも、娠させちゃまし
っと どうかなりまんかね、今度ですけどっと ど
ても用事があるんですわ 外姿ガイす、実家を継げって
父が言んでりてて、50万ほ

男の相談てそんなものばかりで、当にどようもなく、反吐が出そう
ほどくだらない。

し、そんな馬鹿鹿7割は話でも、聞くてはな
。なば、女 つの話平等に聞くのジだろう山本
つめたよな顔見てそう思た。

「わかっ。」
「弾薬行きますから」
「・。ああ?オマエなろよ

う言うと、山本がちょっと悲しそうな顔をする





260 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:42:27 ID:/3bHaWMM0
言うまでもなく弾薬庫の警備は大切な事柄だ。もし弾薬が盗まれでもすれば、
大変なことになってしまう。警備をしながら教え子の小娘の相談を聞くなど
どうしてできるものか。

「ダメなんですか?」

すばやく思案する。自衛隊も風紀にはそれなりに気も使っている。
私が彼女の寝ている天幕へなど行った日には、いかに私が彼女の助教であっ
たと言っても、大騒ぎになってしまう。

「待て待て、わーったって。弾薬終わってから、
 廠舎の物置のところへ行ってやっから。」

「ありがとうございますー。」

だが、この山本が、借金しているだの酒でヤクザともめてますだの、そんな
相談をするだろうか。こんな少女漫画みたいな顔立ちの子供子供したのが、
夜中に陸曹を呼び出していったい何の相談だろう。そもそも、やり手のプレ
イボーイでもないこの私に、彼女が相談を持ちかけて解決する問題などあるのか。
私にわからないような女の問題をふっかけられたのではどうにもならない。
生理が不順ですなどと言われても、私にわかるわけなどない。







261 :田中エラERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:43:50 ID:/3bHaWMM0
すっ頭がくなってしまった。曲がりなりに教え子であ
彼女の頼には応えなくてはらないと夕食をかき込み、消灯時
り少し前庫に向った。

前直から弾薬警備を申し受け、弾薬り囲む土手の上に立つ
1時間などあっう間であ。やった次に申送り、廠舎か
ど離れた資材庫ろに行く。山本

「・・・ど綿
「あ、班長」

は少た。野郎い相談ら、いくつか解決もしてきた
尿こんな小娘が夜にわざわび出ての相談だ。
んな未知の題か・・・

るな。よ」

庫のりを差すし離れて、二人で並んで座った
草にをつけ






262 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:44:45 ID:/3bHaWMM0
「班長」
「・・・うん」

「班長、結婚とかしないんですか」

ゲホッ、と私は煙とツバをむせ込んだ。

「なんだおま。」
「班長かっこいいから」

「・・・?」

私は山本の真意を測りかねた。何かの前置きで、重大な相談事がこれから
展開されるのか?





263 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:45:21 ID:/3bHaWMM0
「で、どうしたんだ」
「だから、班長の恋人とか」

ハァ?何を言っているのだコヤツは。山本のほうを見てみた。倉庫の犬走りの
コンクリートに「三角座り」をして、自分のつま先の辺りを見ている。
月が出ていて、明るい。山本の頬が白く浮き立って見える。頬骨のあたりが
少し赤い。

「班長とお話したかっただけですよ。」
「?・・・何」

「班長ちゃんと来てくれたんですね」
「ハァ・・・?」

「班長やっぱり優しいや」





264 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:46:31 ID:/3bHaWMM0
不意に山本は立ち上がると、私の後ろに回り、どさっ、とおぶさってきた。
ふっ、と、女のにおいがした。少し驚いたが黙っていると、私の肩にあごを乗せ、

「班長、あったかいですね」
「だから、なんかあったのか?」

「いいえ。班長と二人になりたかっただけ。」
「・・・よさんか」

「いやですよ」
「オマエなぁ」

それには答えず彼女が私の背にしがみついてくる。彼女の頬が私の耳あたり
に触れている。しばらくじっとしていた。後ろに手を回し、彼女を前に来させた。
座らせようとすると、なりゆきで、私の膝の上に座らせるような格好になった。





265 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:47:41 ID:/3bHaWMM0
バランスが崩れそうになったので、彼女は私の首に手を回して体をささえた。
また、しばらくじっとした。彼女の顔を見たら、目を閉じたので、キスをした。
私も若かった。急速にそういうモードに入ってしまった。

しかし、こんな子供子供した山本が、俺を誘惑するのか?
それにクラクラと走っていく俺って・・・?

頭の隅でそんなことを思いつつ、私も、単純に性欲をもてあます男だった。
今思うに、山本とても、愛だのぬくもりだの以上に、性欲をもてあましてい
たのかもしれない。

当時の私には、そうした、若い女の生態に関する知識はあまりなかった。
抱きしめると、戦闘服の中の体が、見た目以上に、とても細いことがわかった。
戦闘服の空気がぼふっ、と抜けて、細い体をダブダブの戦闘服で膨らま
せていることがよくわかった。

当時、WACの戦闘服は男のものとは違う専用のものだったはずだが、
どうしたわけか、

山本は男物の戦闘服を着ていた。おそらく、演習では戦闘服が傷むから、
予備に受領したものか、私物でも着ていたのだろう。






266 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:49:36 ID:/3bHaWMM0
彼女の首筋に顔を寄せると、ふわりと意外になまめかしい女のにおいがする。
肌は白く光るようなスベスベの肌だった。まるで赤ん坊の頬のような肌だ。
がさごそした綿ポリエステル混紡の戦闘服と、山本の肌はあまりにも不釣合
いだった。

戦闘服のチャックを少し下ろしてみる。抵抗しない。
中ほどまでチャックを下ろしてみた。白いブラジャーが見える。
手を入れてみる。

「んきゃっ」と、小さく声を上げた。
「冷たいですよぉ」といってケロケロ笑った。

「おう、スマンスマン。」そう言ってもう一度キスをした。
ちょっと深刻な感じの場が、それで少し和んだ。

ブラジャーの横から腋あたりに手を入れると、「んぅ」と彼女が声を立てた。
普段の子供子供した彼女からは考えられないような声だったので、私も興奮した。
そのあたりのスベスベした肌の感触が心地よい。さらさらとなでると、
「んふ、ァ・・・」と小さく喘ぐ。







267 :田中エライ ◆ERAI.FezHQ :2005/10/10(月) 16:51:45 ID:/3bHaWMM0
ブラジャーを横からズリ上げるようにすると、たいした抵抗もなく上にずれ、
やわらかい胸に触れる。痩せている。わき腹のあたりを触ると肋骨が触れる。
胸がそこだけ餅菓子をくっつけたようにぷゆぷゆとやわらかい。
乳房を手に包んでみたりする。

揉むには彼女の胸は小さめで、揉むというよりつまむような感じになる。
手を動かすと「は・・・ん・・・んん」と声を漏らし、体がひくり、ぎくり
と動く。やわらかな乳房の先端を見つけて、手のひらでまわすようにすると
声の質がすこし変わった。「あ、あ、んっんっ」

おなかのスベスベした肌をなでてみる。女なのに脂肪が少なく、手のひらに
細く締まった腹筋が感じられる。そのせいか、触ると敏感で、手をおなかの
上でさするように動かすたび、ぎく、びく、と体がすくむように動く。
戦闘服のチャックの間に顔を入れ、

おなかの辺りをさすりながら乳房の下の辺にキスしてみる。何度か繰り返す。
彼女の腕が私の頭を巻き、胸を私に押し付けるようにする。乳房の下辺をす
こしなめてみたり、さすったり、キスしたりする。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140630175205