2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

嫁の浮気が発覚から再構築までの話





178 :名無しさん湿腹いっぱい。:2013/02/15(金) 15:32:05.50
先日発覚した。
カタは付いていが、後輩たばと思い書いて



私と嫁共に20代半小梨、付き合って6年目で婚した2年目
結婚前から1Kロの部屋で同棲をしており、1月に結
年7月に広い引越した


したっか
婚記念が過ぎた頃、嫁の携見たこで発覚。

レス気尿(2、3ヶ月に1回程度)で、こちらか誘っても断られるこ
ほとんどともとら誘れることく無く、数前から
そん状態った

このいけないと思し、我慢の限界も近かたの
が明けてから2度ほどレついて話し合いを設けた

ってすぐじて朝に「今晩しようね」と話してい
関わず夜て「眠いか無理」だとか「お腹い
理」という理で断ことが2日続き私の中で疑惑が浮上

して」とと「そわけ」と認したい思い
入り混じっ態で携帯をチェッると、そこには浮
密なやりが。
肉体係があることも明らかな内容だった。



とりあえず分のPCへバップを取り、あ程度メールをさ
気を確信した段階で、寝ていたた起こし問い詰めた

がせて証拠を集めた方がい、は知ってはいたそこでき
ほど理的余裕は無かたし、何より発してもお嫁を嫌いにな
ることができず、再構したいといたからだ。





179 :178:2013/02/15(金) 15:32:40.00
■嫁との話し合い

問い詰めたところ、あっさりと事実を認めた。

馬鹿みたいに「何でこんなことしたの?」と訊いたが、
「私が何を言ってももう遅いでしょ」と返された。

口調からは逆ギレのような印象を受けたが、
実際は「もう終わりなんだな」と思っていたらしい。

問い詰めた段階では7月分ぐらいまでしか遡れておらず、メールの全
てを確認したわけではない。怒りや悲しみなど色々な感情が入り乱れ、
とても全部見れるような精神状態ではなかったから。
このとき嫁から得た内容をまとめる。

・相手は同じ職場の男で、妻子あり。

・関係は結婚1年目の夏ごろから。

・最初は職場の人たちで飲む程度の関係だったが、会話をするうちに
「守ってあげたい」といった感情が湧き、それが恋愛感情に発展し浮
  気するに至った。

・誘ったのは自分から。

・途中終わりにしようと話し合ったことがあったが、相手の寂しそう
 な様子から踏み切ることができなかった。

・嫁に子供ができたら終わりにしよう、と相手との間で決めていた。

・悪いのは自分であり、私に非は無い。

・罪悪感はあった。

・異性として相手を愛してしまったが、私のことも愛している。

・できることならばやり直したい。

私、嫁共に再構築の意思があり、相手には妻子もおり それを壊したい
願望も無かったため 両者の両親や弁護士等にも連絡はせず、
後日 相手と私のサシで話し合いの機会を設けることとなった。




■嫁との話し合いの翌日

前日の話し合いでは、嫁は記憶に曖昧な部分があるとのことで
はっきりとしない部分があった。

全貌を知っておきたいと思っていた私は、バックアップのメールを頭
から確認した。
すると、少なくとも結婚前の12月以前から関係があったことがわかった。

そのことを嫁に問い詰めると、私を傷つけたくなかったために嘘をつ
いた、とのことだった。
何を今更、といった感じだが、再度経緯について確認した。
ここでも、再構築という方針は変わらず。






180 :178:2013/02/15(金) 15:33:48.12
■相手との話し合い

ファミレスに呼び出し、相手とサシで話しをした。
とりあえずこうなるに至った経緯について、相手に話させる。
話の内容を簡単に。

・人としてしてはならないことをしてしまい、申し訳ない。

・相手には妻子がいるが、妻が病気がちで精神疾患持ちのため、
 家庭では優しい言葉の ひとつもかけてもらったことがない
 (精神疾患については結婚後に発覚)。

・職場では他の面子から仕事を押し付けられ、間に合わなかったり
 失敗したりすれば 全て自分の責任という状態。

・家庭でも職場でも心休まることはなかったが、そこに現れた嫁に惹
 かれてしまった。

・経緯については嫁の証言と大差は無かった。

・嫁の口から私のグチなどを聞いたことはなく、お互いの家庭につい
 ても話はしなかった。

・関係を続ける続けないは嫁のタイミングに任せる、と嫁に言っていた。

・罪悪感はあったが、メールをしたり会ったりしている時だけは忘れ
 られた。

・全ての原因は相手の心の弱さ、人付き合いの未熟さが原因であり、
 以後友人からの誘いなども全て断る所存。



だいたいこのような内容のことを相手は言っていた。
私からは以下のことを伝えた。



・今回の件で相手を訴える、会社へ報告する、私達が別れるといったことはない。

・嫁は職場を変えない(嫁は人間関係の職場運が悪く、今までの職場
 で友人ができたことが 無かったが、今の職場で初めて友人ができ、
 それを奪いたくは無かったため)。

・職場を変えたり離婚したり交友関係を絶ったり自殺したりは、ただ
 逃げているだけ。

・家庭の環境、職場の環境のせいにして人の女に手を出した挙句、
 関係が終わらないのは 嫁のせいにしている。
 これもただ現実から目を逸らして逃げているだけ。

・逃げているだけでは何も変わらない、克服しろ。

内容そのものは相手が良い方向へ向かうような言葉を掛けているが、
意訳的には「苦しんで後悔しながら惨めに生きろ」ということ。




181 :178:2013/02/15(金) 15:35:16.01
■その他

嫁とは付き合い始めた当初から同棲しており、何度か引越しもしていた。

次の休日に、二人でそれらの場所を訪れ、昔のことを思い出しながら
散歩をした。

私も嫁も当時感じていたことを思い出し、再スタートする意識ができ
たと思う。

今では、発覚する以前よりも仲がよく、いい状態・関係になっていると思う。

発覚当初感じたことは裏切られた悲しみや裏切ったことに対する怒り
で、嫁のことを嫌いにはなれなかった。

浮気されてから嫁とセックスできないといったことを聞くが、私の場
合はむしろ逆で、以前よりもしたくなった。

上書きしたいって感情なのか、早く忘れてほしいという感情なのか、
どういった心理なのかは自分でもよくわからないが。
(後日生挿れ中田氏も発覚したが、変わらず)


前の家に住んでいる頃はロフトに籠もりがちで、嫁とのメールのやり
取りも事務的なものしかなかった。
嫁からは指摘されていないが、私自身にも否があると思っている。


実は以前、夜中に近所の自販に飲み物買いに行ったとき、嫁と相手が
二人でいるところに遭遇したことがあったが、夜目が利かない私は
「恋人がイチャイチャしやがって」と思いながらスルーした。

そのあと すぐ嫁が帰宅し嫁と相手だということが発覚したが、
「みんなで飲んだ帰りに家の方向が同じだから送ってもらっただけ」
と言われ、私はそれを信じきっていた。




182 :178:2013/02/15(金) 15:36:00.89
づき


言うは、引っ越す前人の延かなったが、引っ越し
てか家族としての意なり、
「こいけい」思っていたそうだ

そこにの件が発覚、悲しむ私を見て「自分がきなのはやっぱ
りこの人けだ」と思ったらし

想いの天秤が相っちに戻り始た状態だっらこそ悩む
ことく再構築を決意でだと

遭遇たときに問い詰められていら、その時は天完全相手側
に傾いていたので、どうなったからないし別れを切り出して
わってた(知らぬまま)とても、を想ていかど
うかもらない、だそうな。


「私が言える立場ではないが、あのイミングでバレたからこ
に対想い識でき、今まで以上せるようにった
と言っている。

手とサで話をした内容もえてが、それ聞いて尊敬の念が
り強くなった、とのこと。

は「後悔しら惨生き」なのだが、それで
力も振るわず罵ず、に会ができるを尊しているんだそうだ。


た時のことやルの容、覚し
情などを思い出すとも多いが、も嫁もお互いに対す想い
確認でき関係も以前より良好になっ、あのレたからこそ

の状況があるだといことを思い出し、乗ってる。
宅であれば嫁に抱きしてもて。



状況して稀なケスかもしないが、的にでも参考にば、





183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/15(金) 15:39:31.71
間男勝ち逃げ


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/15(金) 15:43:45.47
やり逃ゲッツ!




185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/15(金) 15:57:15.25
何かモヤモヤする。




249 :名無ん@お腹いっぱい宿2013/02/16(土) 03:40:47.44
>>178
今よだけ貿、困ねこんな人。再構築するのはいいけど
ちり〆らわと、こんな人間達またやるかね。
が迷惑するのに、参考になて恥ずか言うな西

に酔うのもたいがいにしとかん嫁の場はもちろん
そらく所周りも、178はバカいされるぞ


 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様