2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

嫁の浮気が発覚から再構築までの話







178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/15(金) 15:32:05.50
先日、嫁の浮気が発覚した。
もうカタは付いているのだが、後輩たちの糧になればと思い書いてみる。



私と嫁共に20代後半小梨、付き合って6年目で結婚した2年目。
結婚前から1Kロフト付きの部屋で同棲をしており、1月に結婚した後、
同年7月に広い家に引越した。


■発覚したきっかけ
初めての結婚記念日が過ぎた頃、嫁の携帯の見たことで発覚。

レス気味(2、3ヶ月に1回程度)で、こちらから誘っても断られるこ
とはほとんど。もともと嫁から誘われることは全く無く、数年前から
そんな状態だった。

このままではいけないと思ったし、我慢の限界も近かったので
年が明けてから2度ほどレスについての話し合いを設けた。

話し合ってすぐは応じてくれたが、朝に「今晩しようね」と話してい
たにも関わらず夜になって「眠いから無理」だとか「お腹いっぱいで
無理」という理由で断れることが2日続き、私の中で疑惑が浮上。

「もしかして」という思いと「そんなわけない」と確認したい思いが
入り混じった状態で携帯をチェックすると、そこには浮気相手との親
密なやりとりが。
肉体関係があることも明らかな内容だった。


■発覚後
とりあえず自分のPCへバックアップを取り、ある程度メールをさかの
ぼり浮気を確信した段階で、寝ている嫁をたたき起こし問い詰めた。

泳がせて証拠を集めた方がよい、とは知ってはいたが、そこまででき
るほど心理的余裕は無かったし、何より発覚してもなお嫁を嫌いにな
ることができず、再構築したいと思っていたからだ。





179 :178:2013/02/15(金) 15:32:40.00
合い

問い詰めところ、あっさりと事実を

馬鹿みいに何でこなことの?」と訊いたが、
「私が何をってももう遅いでしょ」された。

口調から逆ギレのような印象をけたが、
実際は「もう終わりなんな」と思っていたらしい

い詰めた段7月分ぐまでし遡れメールの
認したわけい。怒りや悲しみなど色々感情
全部見れるような精神状態かっ
このとき嫁から得た容を簿める

・相手は同じで、妻子あり。

・関係は結婚1年目の夏ごろから

最初は職場のちで飲むだったをするうちに
「守ってあたいといったき、恋愛に発
  気するに至った

ったは自分から

・途中終わりにしようと話し合っことがあっの寂し
 な子からとができなた。

嫁に子供がでたら終わりにしよう、と相手とので決めいた。

・悪いの自分でありは無い。

悪感はあった

・異性と相手を愛してしまっが、私のことも愛ている。

・できること直したい

私、嫁共に再構築の思があり、相手子も
無かったた者の両親や護士にも連絡はせ
日 相手私のサシ話し合いの機会を設こととなった。




■嫁と合い翌日

の話し合いでは、嫁は記憶に曖昧分がのこと
っき使しない部調った。

貌を知っておきたいと思っていたは、バックアップールを頭
ら確
なく結婚前の12月以前から関係があったとがわか

そのことを嫁に問い詰めると、私を傷つけたくなかっめに嘘を
いた、とのこだった。
更、とった感が、度経緯について確認した。
ここも、再という方針は変わ





180 :178:2013/02/15(金) 15:33:48.12
■相手との話し合い

ファミレスに呼び出し、相手とサシで話しをした。
とりあえずこうなるに至った経緯について、相手に話させる。
話の内容を簡単に。

・人としてしてはならないことをしてしまい、申し訳ない。

・相手には妻子がいるが、妻が病気がちで精神疾患持ちのため、
 家庭では優しい言葉の ひとつもかけてもらったことがない
 (精神疾患については結婚後に発覚)。

・職場では他の面子から仕事を押し付けられ、間に合わなかったり
 失敗したりすれば 全て自分の責任という状態。

・家庭でも職場でも心休まることはなかったが、そこに現れた嫁に惹
 かれてしまった。

・経緯については嫁の証言と大差は無かった。

・嫁の口から私のグチなどを聞いたことはなく、お互いの家庭につい
 ても話はしなかった。

・関係を続ける続けないは嫁のタイミングに任せる、と嫁に言っていた。

・罪悪感はあったが、メールをしたり会ったりしている時だけは忘れ
 られた。

・全ての原因は相手の心の弱さ、人付き合いの未熟さが原因であり、
 以後友人からの誘いなども全て断る所存。



だいたいこのような内容のことを相手は言っていた。
私からは以下のことを伝えた。



・今回の件で相手を訴える、会社へ報告する、私達が別れるといったことはない。

・嫁は職場を変えない(嫁は人間関係の職場運が悪く、今までの職場
 で友人ができたことが 無かったが、今の職場で初めて友人ができ、
 それを奪いたくは無かったため)。

・職場を変えたり離婚したり交友関係を絶ったり自殺したりは、ただ
 逃げているだけ。

・家庭の環境、職場の環境のせいにして人の女に手を出した挙句、
 関係が終わらないのは 嫁のせいにしている。
 これもただ現実から目を逸らして逃げているだけ。

・逃げているだけでは何も変わらない、克服しろ。

内容そのものは相手が良い方向へ向かうような言葉を掛けているが、
意訳的には「苦しんで後悔しながら惨めに生きろ」ということ。




181 :簿178:2013/02/15(金) 15:35:16.01
■そ西の他

嫁とは付合い始め初から同ており何度か引もしていた。

休日に、二人れらの場所を、昔のことをしな
をした。

も嫁も当時感いたことを思い出し、再ートするでき
たと思う

は、発する以前よも仲がよく、いい状・関なっていう。

覚当初感じた裏切られた悲しみや裏切ったことに対する怒
嫁のこと嫌いにはななかった。

浮気されてからスできないといったこを聞、私の場
はむしろ逆で、以よりもしたなっ

上書きした、早く忘れてほいという感か、
ういっ心理なのか自分でよくわからなが。
(後日生挿中田氏も発覚したが、変わらず)


の家んでる頃はロフトりがちで、とのメールのやり
も事務的なもしか
嫁かは指摘されていないが、私自身にも否がるとっている。


は以夜中に近所の自販買いに行っき、と相手が
人でい寿ころに遭遇したことがたが、夜目が利かない私は
人がイチャしやがってと思いながらスーした

そのあと すぐ嫁が帰宅し嫁と相手だということが発覚した
みんなんだ帰りに家の方向が同じだ送ってもらっただ
われ、私はそれを信じきっいた。




182 :178:2013/02/15(金) 15:36:00.89
つづき


嫁が言うには、引っ越す前は恋人の延長でしかなかったが、引っ越し
てから家族としての意識が強くなり、
「このままではいけない」と思っていたそうだ。

そこに今回の件が発覚し、悲しむ私を見て「自分が好きなのはやっぱ
りこの人だけだ」と思ったらしい。

想いの天秤が相手からこっちに戻り始めた状態だったからこそ、悩む
ことなく再構築を決意できたのだとか。

遭遇したときに問い詰められていたら、その時は天秤が完全に相手側
に傾いていたので、どうなったかわからないし、別れを切り出して終
わっていた(私は知らぬまま)としても、今ほど私を想えていたかど
うかもわからない、だそうな。


「私が言える立場ではないが、あのタイミングでバレたからこそ 貴方
に対する想いを再認識でき、今まで以上に愛せるようになった」
と言っている。

相手とサシで話をした内容も伝えていたが、それを聞いて尊敬の念が
かなり強くなった、とのこと。

実際は「苦しんで後悔しながら惨めに生きろ」なのだが、それでも暴
力も振るわず罵らず、冷静に会話ができる私を尊敬しているんだそうだ。


嫁と相手に遭遇した時のことやメールの内容、発覚したときの自分の
感情などを思い出すことも多いが、私も嫁もお互いに対する想いを再
確認でき関係も以前より良好になったこと、あの時バレたからこそ

今の状況があるのだということを思い出し、乗り切っている。
自宅であれば嫁に抱きしめてもらって。



状況としては稀なケースかもしれないが、部分的にでも参考になれば、
と思う。




183 :名無しん@お腹い。:2013/02/15(金) 15:39:31.71
ち逃げ




184 :名無しさん@おいっ稿ぱい。:2013/02/15(金) 15:43:45.47
やり逃ゲッツ




185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/15(金) 15:57:15.25
何かモヤモヤする。




249 :名無しん@腹いっぱい。:2013/02/16(土) 03:40:47.44
>>178
けど、困こんな人。再構築するのいけどさ
きっちり〆ててらわ、こな人達またやるからね。
に、考にんて恥ずしいと言うな

分に酔うのもたいがいにしとかんと、嫁の職場はもちろんだが
そらく自宅所周りで178はカ旦いされてる





 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130315212642