2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

20年に及ぶ初恋の話を聞いてほしい






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1390374541/


1 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 16:09:01.45 ID:cH0PDjgw0
長かったようであっという間だったよ。





2 :わ:2014/01/22(水) 16:12:54.67 ID:b7Oa6EzN0
どうぞ




5 :名も無被検体774号+:2014/01/22(水) 18:31:51.81 ID:g0pei2mU0
>>2
1です。代行どうもありとう20年分なので長くなるけどよろしく
ちな鬱エない。自語りさせてくれ。





6 :無き被検体774号+:2014/01/22(水) 18:36:09.01 ID:g0pei2mU0
3歳になる、家情で人口10万前後の小都市に引っとになった。

は発話遅く、親さんも何をってる
するのが難しかったら

そんなが持最初記憶のイージは、めて登園日に緊張
なの前でもらして泣きじゃくってるものだった

幼い自分の姿の情景にあることから、おそらく記
かで作為的に改されているのだろうとう。

けど、子はかに折れんで心配そして児の輪
中にいて、俺を眺めて





7 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 18:40:39.43 ID:g0pei2mU0
俺の保育園は、1学年あたり10人ほどしかいない小さなものだった。

男児も女児も仲が良く、一緒にレゴブロックや縄跳び、
ボール遊びをしたのを覚えている。

俺は身体が小さく、既に書いたように言葉が覚束なかったので、
決して中心的な存在ではなかった。

そんな俺が、絵に描いたような美少女への好意をほんのりと自覚し出すのは、
たしか小学校に入ってからだったと思う。





8 :も無被検774号+:2014/01/22(水) 18:42:51.64 ID:g0pei2mU0
学校に入したき、は同じクラなっ
まだク成だとかいう概念を持けも
喜ぶこともしなかっし、
何を話や話せたかも覚えていない

ただ遠足会、学芸会、そのも、
の視にはの子がいた。






11 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 19:43:29.41 ID:pl9d49+F0
転機小学校3年生のときだった
1,2年生引き続きその子じクラスになった俺は、
なく、それいて確かに喜んがある

3年生から係活動なる制度が導され
そのつに級長があっ。級もちろん選挙でばれる
の中では(もちろん室内の雰囲や空気汲ん)、
の子が女子の級長となるは明白だった。

男子はと俺以外にう一
保育園のイケメン・カー少年され雰囲気がていた。





12 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 19:46:45.70 ID:pl9d49+F0
本能的にマズいと思った。
その子を獲られると、どこか確信めいたものがあった。

当事8歳だった俺は、手を挙げて級長に立候補した。
そのサッカー少年は他薦され、俺と一騎打ちになった。

俺は自分の名前を書いた(ルール上は認められていた)。
そして、一票差で級長に選出された。

以後、俺とその子は2年間、2人ペアで学校行事の準備に励み、
生徒会長と副会長、といった役回りが固定化していった。





13 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 19:51:56.60 ID:pl9d49+F0
俺は発話は遅かったが、試験の点数はいい方だった。

算数はクラスで一番早く解き終わって、
周りを見回してドヤ顔するような典型的なガキだった。

だがある日、強敵が出現する。
そう、作図、すなわちコンパスである。
俺は全く円が書けなかった。
顔を分け与えたアンパンマンばかり書き続けた。





14 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 19:59:11.15 ID:pl9d49+F0
級長選挙での危機感を経て、恋心を自覚するに至ったのは、
コンパスがきっかけだった。

その子もとても聡明な子で、いつも俺と計算問題や漢字の書き取りを
終えるスピードを競っていた。


小学生らしく、ブスだの、バカだの、いつも笑みを浮かべながら
減らず口を叩き合っていた。
特に喧嘩した覚えもなく、休み時間は二人で体育館で一輪車に乗って
いた。いま思い出すとかわいすぎるな笑

さて、コンパスでの作図もクラスで一番早かったその子は、
ちょうど当事俺の隣の席だったこともあって、
俺の机に寄ってきて、コンパスでの作図の仕方を丁寧に教えてくれた。

とても嬉しかった、いや、試験で一番を取るのとは
まるで別種の喜びを感じた。





15 :名もき被検体774号+:2014/01/22(水) 20:00:25.05 ID:pl9d49+F0
、小学5,6年では違うなるも、生徒会活
合わることもく和気藹々と過ごが、はしのの
舎、付き合うだの告白するだのとい発送ど皆無だった

(2万払て同級生の服を脱がせたとかい別のクラの男子
噂が3ヶ月ほど話題占めるほどウた)

て、なっようやく人間しいに発する
てくれてる人がいたら続けます。





16 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 20:06:00.78 ID:pl9d49+F0
あぁダメだ、どうしても一度吐き出したかった。続けさせて下さい。





17 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 20:07:55.67 ID:sR9sJUvIP
続けろ。




20 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 20:15:13.72 ID:pl9d49+F0
>>17
ありがとう!





18 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 20:11:20.27 ID:pl9d49+F0
中学1年生のとき、もう一度その子と同じクラスになった。

男女毎の出席番号が同じで、入学式の翌日に下駄箱を間違えて
その子の靴を履いてしまったのが懐かしい。

あのとき本人に指摘される前に気付いていたら
今頃変な性癖が付いていたに違いない。

俺の中では自分の恋心に完全な自覚があった。
そして、向こうも俺に一定以上の好意を抱いている確信も(勝手に)持っていた。
俺は ともかくその子の気を引くために全身全霊を込めた。

例によって級長に立候補して当選(その子はその頃にはこういった役
割を辞退するようになっていた)、
とてつもなく厳しい部活に入り、朝6時の朝練から夜23時の夜練まで
ひたすら練習に励んだ。

結果を出せば振り向いてもらえるとどこかで信じていたのだと思う。





21 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 20:20:04.02 ID:pl9d49+F0
入学して半年が経過する頃、俺はクラスで特に気の合う男子1人と
親友のような間柄になり、いつも一緒にいた。

彼女はもまた、仲の良い親友といつも一緒にいた。俺たち4人は
ちょうど男女ペア2つだったようで、よく話した。

別に告白するでも手を繋ぐわけでもない、一緒に帰るなんてことにな
れば噂になる、だが親同士さえ10年の付き合いになる。

そんな間柄で、俺の毎日は本当に楽しかった。

冬休みにはさらにクラスの男女2人ずつを加えて4:4でショッピングモー
ルとカラオケに遊びに行った。
田舎では信じられないイベントだった。

今の自分と同い年ぐらいの担任に呼び出されて「一線は超えちゃダメ
だぞ」と笑いながら諭されたりしていた。





23 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 20:24:09.07 ID:pl9d49+F0
スラムダングとるろうに剣心とドラゴンボール、そんなノリのガチ体
育会系だった俺は、完全に脳みそ筋肉になっていった。

告白するなんて発想が無かった。ラブストーリーなんて読んだことも
なかった。ただ、自分の日常に満足していた。

朝練の無い日も、少しだけ早く教室に行った。その子も同じ時間に教
室に来てくれた。誰もいない冬の教室で、窓際の暖房の傍で身を屈め
て丸まって座りながら、他愛もない話を重ねた。

どう約束したのかも、何を話したのかも、それが何回続いたのかも、
もうまるで覚えていない。





26 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 20:27:28.59 ID:pl9d49+F0
10年以上前の今日だった。
4限、技術室でハンダ付けを習ったときのこと。

俺とその子は男女毎の出席番号が同じだったため同じグループでハン
ダごてを振り回していた。

俺がひたすら一人でスライムを量産することに熱中していた最中、
その子が言った。

「ねぇ、別れよう」





27 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 20:29:17.19 ID:pl9d49+F0
ワケが分からなかった。付き合ってない。
告白もしてない。手も繋いでいない。

別れよう?告白する前にフラれてしまった。
頭が困惑した。脳みそ筋肉粒々の俺は答えた。

「付き合ってないでしょ?」





28 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 20:33:54.54 ID:pl9d49+F0
初めて会って10年以上経っていたその日、
その子は俺が見た中で一番もの寂しい表情を見せた。

「そっか。」

脳みそ筋肉以上に脳みそお花畑だった俺は、それ以降も変わりなく過ごした。
程なくして、その子が彼氏を作ったらしいという噂を耳にして、愕然とした。

中2の記憶は部活以外に何も無い。
中3も、部活が一段落した10月まで、試合の記憶しか無い。

それまでに、俺が生徒会長選挙に出ることになったときに応援演説を
してくれたような気がするが、俺の日常に その子の存在が無かったからか、
どういうやり取りをしたか覚えていない。

ただ、一つだけ確実なのは、俺はその間もずっと、心底その子のこと
が好きだったということだった。






34 :名もき被検体774号+:2014/01/22(水) 22:25:31.31 ID:tv9Fid6x0
中学二年余、俺自意はとことん肥し切調ってた。
好きな子を振り向かせるためにあらゆ重ねた。

つの間にか、人を引くとを目的化てい
てば、目立つ結果せば、あの子の視界にもう一度自が入る、
おそらく意識だっただけど、ひたすのたに努力を重ねた

活であは満足のいく果を残せたが、目には高験が
ていた。成績200人80番程度のろだった。
その子成績は10番前、近隣のに行だろと予された。





35 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 22:28:26.75 ID:tv9Fid6x0
ちょうど部活を引退した頃、市立図書館が新装された。
俺は部活引退の翌週からその図書館に通い始め、
誰とも話さず毎日22時まで一人でひたすら勉強を続けた。

次の定期試験、成績は急上昇した。
その子の気を引きたくて仕方が無い俺は、自分の席次を吹聴して回った。


その翌日から、図書館に俺の学校の俺の学年の生徒数十名が押し掛ける
事態となった。その内の一人に例のあの子がいた。





37 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 22:34:21.31 ID:tv9Fid6x0
俺の地元は厳寒の冬を迎える。
11月に押しかけた数十名の多くは、12月になると姿を消していた。
22時の閉館時間まで、保護者の承諾のもとで外で友達とたむろっていた
かっただけだったのだろう。

俺はそれでもひたすら一人で勉強を続けた。
図書館には10名ほどだけが毎日顔を出すようになっていた。

この頃から、自転車通学の3,4人で、あくまで偶然の体を装って帰宅
することが出てきた。

彼女の家と俺の家は自転車で5分ほどの距離だったが、一緒に帰ろうだ
なんて気恥ずかしくて言えたものではなかった。

ただ、帰路では概ね二人きりになった。外気温で0度の冬で二人きり
になる数分が至福だった。





38 :名無き被体774号+:2014/01/22(水) 22:39:55.35 ID:tv9Fid6x0
自転車での帰路で小が降った日、俺しか傘っておらず、
使えや」とけその傘を
は、「いや××が風邪 くやん」受け取らなった。

つけて「鍛んじゃ」などと言ってみせた
結局そが「だったら二人で濡ろう」と言
騒ぎら帰宅した。

新品のMDは壊れは馬鹿だ風邪を
親にひたすら叱責れたとてもしかた。





39 :名も無き被体774号+:2014/01/22(水) 22:43:29.67 ID:tv9Fid6x0
受験も翌月にたある刻、見知りをて連帯感を
共有てい館メが、に集まってた。

なぜか俺最後に出口に着いとき、の子が
「それじゃ△△を送って行ってあげンクして残し
みな解散 

分かなかったが、初きりで、30分ほど帰路を行く
になっ

飲み込めず喜間もなかったが、とことん鈍感だった俺は特に
も考えずに、二人で路にた。





40 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 22:44:34.92 ID:tv9Fid6x0
帰路の半ば、俺たちは変わらず他愛も無い話をしていたと思う。
信号待ちのため交差点で停まったとき、不意に聞かれた。

「ねぇ、好きな人いないん?」





41 :名も無き被検体774号+:2014/01/22(水) 22:45:20.72 ID:T9xZpbs20
なんだろう涙出てきそうな…



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140126104908