2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

誰にもいえなかった恋愛を終わらせてきた







1 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 01:19:25.76 ID:8VuzrbeF0
友達にも誰にも言えなくてモヤモヤしてた。
今日終わらせた。

悲しいけど、スッキリした。

よかったら聞いてほしい。




2 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 01:28:09.45 ID:8VuzrbeF0
まずはスペック。

1>>女。ゆとりど真ん中。お決まりのひんぬー。

春から社会人。この春大学卒業した。




3 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 01:32:11.37 ID:8VuzrbeF0
三年前の当時、私は大学二年生だった。

高校生のときから付き合っていた、二個上の彼氏を追いかけて、指定校推薦でちょっと有名な大学に入学して、仲良くやっていた。

ちなみにそのときの彼氏は、高校生のときにちょっとだけしていた飲食店のバイトで知り合った。

彼氏が初体験だったし、このときは本気でその彼氏と結婚すると思ってた。お互いの親も公認だったし。


二年生のとき、学部の友達がガールズバーでバイトをしていると聞いた。

その子曰く、水商売は本当に楽だし、時給は高いし、急に休みたいと言っても休めるし、1ちゃんなら絶対できるよーと言われた。

そんな感じで、軽い気持ちで水商売のアルバイトを始めてしまった。

地方の繁華街と、ガールズバーかなんかでググったと思う。

その一番上にでてきたとこに電話してみたら、履歴書もいらないし、手ぶらで来ていいとのこと。

ちょうど近くを歩いてたこともあり、夕方六時くらいに行ってみた。

店長と話すと、すぐに採用となり、なんと今日体験していったら?とのこと。

ちなみにそこはガールズバーなんかじゃなく、いわゆるラウンジ、クラブだった。

でも当時の私は、ガールズバー、スナック、キャバクラ、ラウンジ、クラブの違いなんて全く知らなかったから、こんなもんかーって感じだった。

今は色んなとこ行ったから分かるけど、そこは老舗の有名高級クラブで、女子大生の私が働くなんてお門違いのとこだった。

有名だったから、ググったらすぐに引っかかったんだと思うけど。

水商売の経験がない私に店長が提示してきた時給は、友達がガールズバーでもらっている時給と同じ額だった。




4 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 01:34:00.17 ID:8VuzrbeF0
体験一日目は本当に面白かった。

若かったし、水商売未経験っていう初々しさもあり、そこそこの大学に行っているから、本当にチヤホヤしてもらい、体験一日目にしてお客さんがついた。

今思えば本当に運がよかった。


帰り際、ママが『店長が言ってた時給より1500円上げるから、1には頑張って長く働いて欲しい』と言われた。

そこから私の水商売バイトが始まった。月曜日から金曜日まで働くことになった。

親には何も言わずに始めたバイトだったけど、薄々気づいてたと思う。

彼氏には居酒屋で働くと言った。







5 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 01:35:21.34 ID:8VuzrbeF0
働き始めて一週間くらいたった頃、若い三人組のサラリーマンが来た。若いと言ってもみんな明らかに30代後半。

その店にくる客としてはダントツに若かった。三人ともサラリーマンで、会社はみんな別だったけど、同業界だった。


そのうちの一人が明らかに仕切っている感じで、ほかの二人はその人にペコペコしていた。

そいつはいつもアルマーニのスーツだったからアルマーニにする。多分そのとき40歳。

チビでプライドの高そうなおっさんだった。

そこに一緒にいたもう一人が当時35歳。付け麺が好きだったから付け麺にする。

もう一人はあんま関係ないから割愛。




6 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 01:51:09.96 ID:8VuzrbeF0
その席に着くことになった私に、付け麺が開口一番に『え、めっちゃ可愛いー、こんな可愛い子いたんですねー』って言ってきた。

その店では私は最年少だったし、お姉さんからもお客さんからも可愛がってもらっていたので、そんなこと言われても大して真に受けてなかった。

でも そこにいたお姉さんたちや、アルマーニが『付け麺がそんなこと言うの初めてじゃない?珍しいやん!』って言ってくれた。

それもどうせみんな私に社交辞令言ってくれてるんだと思った。

付け麺に、XX大学に通っていると言うと、付け麺は私の大学の近くに住んでいることと、本当に私のことを褒めちぎってくれた。

『顔も可愛いし、頭もいいんだねー』みたいな。




7 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 01:51:58.89 ID:8VuzrbeF0
そこから何回か付け麺とアルマーニは一緒にきた。支払いはいつも全部アルマーニだった。

付け麺はいつもアルマーニに飲まされていた。女の子もみんなアルマーニに飲まされた。私も飲まされた。

あ、ちなみにアルマーニも付け麺ももちろん既婚で子持ち。

二人とも私には『嫁は子供育てるためだけのパートナー。何年も身体の関係はない』って言ってた。

二人は毎晩飲み歩いてたから、そうであってもおかしくないとは思った。

でも既婚なのは紛れもなく事実だし、二人とも離婚する気はなさそうだった。

一応付け麺の連絡先もアルマーニの連絡先も知っていた。

アルマーニにはたまに営業電話をして、来てくれたら電話でお礼を言った。

付け麺にもよく営業電話をかけたが、電話をとってくれることはなく、かかってくることもなかった。




8 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 01:52:54.33 ID:8VuzrbeF0
ある日、アルマーニが別の人ときて、私はまた飲まされてしまった。結構酔ってて、店が終わってから、ノリでアルマーニと二人で蕎麦を食べに行った。

そのときまで、男の人って本当に彼氏しか知らず、彼氏は私と付き合ったとき童貞じゃなったけど、私が処女ってことで、半年待ってくれたし、本当に男の人のほとんどがそういうこと考えているなんて、夢にも思ってなかった。純粋だった。


蕎麦を食べた後、アルマーニと私はタクシーに乗った。

今までのお客さんは、アフターに行っても、家まで送ってくれたり、タクシー代をくれたりしてたから、そんな感じかなって思ったけど、行き先は明らかにホテルだった。




9 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 01:58:48.43 ID:8VuzrbeF0
色んなことが怖くて断れなかったし、酔った勢いで済ませてしまおうという気持ちで、腹を括った。

アルマーニはスーツを抜いで、掛けて、一人でシャワーを浴びた。

私は怖くてシャワーも浴びれなかった。

ちなみにラブホテルに行ったのも初めてだった。彼氏は一人暮らしの大学生だったから、彼氏の家でしかしたことなかったから。

シャワーからでてきて、早く終わって欲しい一心で抱かれた。




10 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 02:36:38.13 ID:8VuzrbeF0
誰も読んでないかな?一応書きためてるから、書く。


シャワー浴びてないのに下を舐められて、本当に気持ち悪かった。

『俺のも舐めて』って言われて、仕方なく口に含んだ。気持ち悪くて、顔も見たくなかった。『痛い』と言われてすぐに辞めた。

挿入のとき、そのまま挿れようとしてきたから、『ゴムつけて』って言ったら『大丈夫、俺、大丈夫やから。』って言われて、そのまま挿れられた。

生でされたのもその時が初めてだった。

チビでだらしない身体のアルマーニが私のことを何回も突いてきて、早くイッてほしくて演技した。

汗が私の身体に落ちてきて、気持ち悪かった。

お腹の上で出されて、片付けたらアルマーニはすぐに寝た。




11 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 02:37:12.41 ID:8VuzrbeF0
すごいイビキで、気持ち悪いし、隣で寝れなかった。

アルマーニはベッドで寝て、私はソファでずっとパソコンしてた。

同じ布団で寝るなんて到底無理だ。早く朝になって帰りたかった。彼氏にも罪悪感でいっぱいだった。

朝になってアルマーニが起きて、チェックアウトした。

そのラブホテルは一泊二万くらいした。

ラブホテル自体初めてだったから、知らなかったけど、そのホテルは本当に綺麗だったし、広かったし、パソコンもあったし、ゲームもたくさんあった。

ラブホテルの相場も知らなかったけど、今思えば二万って高いと思う。


清算のとき、『ごめん、イビキうるさかったよな?あと、これ、はい。』アルマーニは私に金を渡してきた。

大学生の私には考えられない額だったし、お金が貰えるなんて思ってなかったから、断った。

そしたら『俺忙しいし、一緒に買い物とかも行ってあげられへんから、持っとけ』って言われた。

数えたら10万あった。



12 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 02:54:02.02 ID:8VuzrbeF0
その日アルマーニはそのまま仕事に行った。

私はお金を貰ったことで、彼氏に対する罪悪感と、もう一つの罪悪感に襲われた。

受け取ってしまったことを後悔した。

その日バイトに行くと、アルマーニと付け麺が来た。

いつも私は付け麺の横に座る。

最初に私のこと可愛いって言ってくれたのは付け麺だったから。

でもその日、自分でどうしたらいいのか分からなかった。

アルマーニが『1はこっちな。』って言ってきたので、アルマーニの隣に座った。

付け麺は『え?』って顔をしてた。みんなが悟った雰囲気だった。






13 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 02:54:23.91 ID:8VuzrbeF0
それからアルマーニは毎日店に来た。アルマーニが店に来てくれたとき、私は一応必ずアルマーニに電話をした。

『来てくれてありがとう』って。本当に義務的かつ機械的な電話だったけど、私のなかでそれは必ずやった。

アルマーニとセックスしてしまったけど、アルマーニは私のなかでお客さんだったから。というかお客さんでしかなかった。

あの日のことはただの間違い。



ある日、アルマーニとの電話を切ったあと、付け麺から電話がかかってきた。


初めてかかってきて、動揺した。

電話はとらなかった。

何を言われるのか、怖かった。




14 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 02:54:45.08 ID:8VuzrbeF0
私は毎日『今日もまたホテルに行くんだろうか』って怖かった。

アルマーニと関係をもってしまってから一週間後、誰にもなにも言わず店を辞めた。

辞めた次の日すぐに、アルマーニから電話があった。

『店辞めたの?なんで言ってくれなかったの?』

夜の仕事は楽しかったけど、もうアルマーニから逃げたかった。二度とホテルに行きたくなかった。

好きでもない男の人、高いスーツや時計、車がなかったら、何もない、きもいおっさんに抱かれて、お金を貰うほど困窮もしていない。

お金をもらったことに味をしめたわけでもない。だから辞めた。

でも本当の理由は言わなかった。多分勉強が忙しくて〜とか言ったと思う。

そこから何度か連絡もあったけど、無視した。




15 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 02:55:19.06 ID:8VuzrbeF0
彼氏とは相変わらず仲良くやってたけど、アルマーニのことがあって、ラウンジのこと自体辛かった。

そのころ、二個上の彼氏は卒業シーズンにかかっていた。

それと、学部の先輩が、うちの大学の近くのさびれたスナックに後釜を探しているので、どうしても1に働いて欲しいと頼まれた。

時給は前の3分の一くらいになるが、営業もしなくていいし、すごく楽なバイトだし、学校のすぐそばだから便利だという話だった。

ラウンジでバイトしながら、居酒屋でバイトしている堤だったので、ここにきてやっと堂々とスナックでバイトしていると、嘘を無くすチャンスでもあったから、それに乗っかった。

親にも彼氏にも、そのときにやっとスナックでバイトを始めると言った。両者とも、先輩の紹介だし、とくに心配もしていなかった。

それから、そのスナックの名前をAとする。




16 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 02:55:44.55 ID:8VuzrbeF0
ラウンジのバイトを辞めたのは突然だったので、お客さんとは連絡をとっていなかった。

Aは、本当にお客さんがこなかった。ママが趣味でやっているような店だった。

客が0で、『こんな日もあるわよね』って言いながら一日が終わる感じ。

ママはバイトをホステスではなく、女子大生として見てくれていたので、お酒は飲み過ぎたら怒られるし、飲ませたり触ったりするお客さんは帰らせるし、一々単位のことや、日々の生活のことを報告しなければならない、お母さんのようなママだった。

四月になると、彼氏は東京の企業に就職して、遠距離恋愛になってしまい、なんとなく別れてしまった。

四年弱付き合ったが、大学生活が楽しかったので、そんなにさみしくはなかった。




17 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 02:56:19.27 ID:8VuzrbeF0
ある日、付け麺から急に電話がかかってきた。


というかかかってきていた。気付かなかったので、翌日の夕方にかけ直してみた。

店を辞めたことは知っているはずなのに、今さらなんの用事か気になったから。そしたら他愛もない話だった。

話の流れで『今はバイトは?』って聞かれたから、大学の近くのAっていうスナックで働いてるって言った。

付け麺がXX大学の近くに住んでいることをすっかり忘れていた。

付け麺はAに行きたいって言ってくれた。

でも正直イヤだった。付け麺の知り合いのアルマーニから逃げるためにバイトを辞めて、新しい人間関係の中で、Aは心地よかったし、ラウンジで働いてたことは無かったことにしたかったから。




18 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 03:20:06.66 ID:8VuzrbeF0
でもそれほど日を待たずに、付け麺は来てくれた。

それからというもの、Aは週一くらいでしか働いてなかったが、私が働いている日は毎日ケーキを持って、来てくれた。別にケーキなんか好きじゃなかったけど。

最初にケーキを持ってきてくれたとき、

私「わーい!ありがとう!みんなで食べよっか〜」

付け麺「え?みんなで食べるの?」

私「え?」

ってなってから、持って帰って自宅で食べるようになったw

家族は毎回持って帰ってくるケーキを楽しみにしてたw




19 :私事ですが名無しです:2012/03/27(火) 03:20:28.59 ID:8VuzrbeF0
いつからか、付け麺が店に来てくれることが楽しみになった。

ほかにお医者さんや弁護士さんとか、難い話をしてくれるお客さんより、付け麺のほうが楽だったのもある。

その店には一応ボーイがいて、付け麺はボーイの男の子とも仲良くしてくれてた。

お客さんが来なくて、ママもいなくて、ヒマなとき、ボーイの子はいつも「付け麺さん呼びましょうよww」とか言ってた。






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20180406115329