2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

浮気した彼女が俺の気持ちを繋ぎ止めておくために、従順になり甘えてくるようになったのだが、、、







664 :663:05/03/03 06:47:54 ID:3TYhjMdO0
大学生のころ、俺がバイトしてる職場に新人の女の子が入ってきた。
名前はm。目がクリッとしていて可愛らしい子だ。

この頃、バイトの新人さんを指導するのはいつも俺だったので、
色々と話すことができた。同じ大学で、年齢も同じ。

俺は地元の大学だったので、自宅からの通学だったが、
彼女は隣県の子で大学の近くのアパートで一人暮らしだった。
明るい性格で、サークルの男友達も多いらしい。

そんな彼女のおかげか、職場の雰囲気が一気に明るくなった。
mを口説こうとする客もでてきた。

そして、俺も付きっきりで教えていくうちに、どんどんとmに惹かれていった。
しかし、mには彼氏がいた。
ヘタレな俺は待つことしかできなかった。




665 :663:05/03/03 06:49:44 ID:3TYhjMdO0
半年程経った頃、mが彼氏と別れたという噂が立った。
俺がmに真偽をたずねると、
3ヶ月前に既に別れていて隠していたとのことだった。
俺の告白にmは直ぐにOKをくれた。

「教えてもらっている時から、●●(俺の名字)さんのことは気になっ
てました。」
と言ってくれたのが嬉しかった。

そんな二人の交際は順調だった。
職場には内緒にしていたが、大体の人は気付いているようだった。

mはセックスに関しては淡泊な方だったが、相性は良かったと思う。
クリでも中でもイッたことのなかったmが、
俺とのセックスで初めてイッた時に
「○○(俺です)、大好きだよ。愛してる。」
と目に涙をためて抱きついてきたこの日のことは
今でも鮮明に覚えている。

(中でイケるようになるまでに半年近くかかりました。
ただ、フェラは汚いからといって絶対にしてくれませんでした・・・)

俺は、mをますます好きになり、愛おしいと思うようになった。




666 :663:05/03/03 06:50:56 ID:3TYhjMdO0
俺はニシではありません
二人目彼女
をイカすことが沿
親友aのお姉さのおかげだと思っ

「愛撫するときは、手の見ながらりなさ
相手のこ思い
い協セッが大事。
そうすれテクニックなて自然と身にいていく。」

「そセックスをしてば、
愛のないセックは虚さがるだけ。

姉のセックス観は自験に依るものですが
の影響を受けてま




667 :663:05/03/03 06:53:56 ID:3TYhjMdO0
付き合から9程経っ日のこと。
mがみのだっ
後輩のb(鈍感野郎です)、休時間に話しかけてき

オレmちゃ湿と二っき食事して、
そのあと白したんですけど、『好きな人がいるから今は駄!』って
で振れちいましよ〜。

「ふん」っと混乱していた。
二人氏じなく?今は?

「mんの好きな人ってんでうね●●ん知ってま

「・・な・・・内緒にしいた西けど、mは今付っている。

そのは仕事も上の空で
バイ早め切り上げてでmのートに




668 :663:05/03/03 06:54:39 ID:3TYhjMdO0
イムを押すうに出てる気配がない
掛かってないの
玄関ドアに付いている郵便受の所ら部の中は見なか
、ガサガと音が聞てくる・・・ん?声が聞こえた!

「おーい、ー、るんだろー?」

ドアをガンガン叩いていたら、
ックを掛けたままmが顔をのせた
の毛は乱れていて、頬赤く染ていた

「今、掃除してからちょっと待っ。」

う言ってドアを閉めた。手な嘘だと思った
外で待たている間、bの件は既頭に無
不安で胸がドキキしていた
5分らいしようやくアが開いて中に入ることできた。





669 :663:05/03/03 06:55:58 ID:3TYhjMdO0
中に入るとやらしい匂いがかすかした。
退言でゴミ箱をひくり返した
ると、無ティッシュにくるまれたピンクの物体が入ってきた。
口を便てある使済みコンーム
れをって掌に乗せた
ゴム越しにわる、まだかい精感触に吐きそうになり

「なにやてんよ!!お前は!!!」

びながらmにゴム力一杯げつた。
普段滅多な殿では怒ない俺が初めレた
そんな俺にmは怯えて泣き出してしった
俺もいつ涙を流した。
mの涙を見て俺のが先にち着いて
mがき止むを待った。

ごめなさい・

言い訳をるか思ったが、の一言た。




670 :663:05/03/03 06:57:25 ID:3TYhjMdO0
「別れよう。」

怒鳴りたい気持ちを抑えて、普段通りの口調で俺から別れを切り出すと、
mは土下座をして謝りだした。ビックリした。

いつも俺は尻に敷かれていたし、mは我が儘な方だったから、mの
土下座なんて考えられなかった。本当に驚きだった。

内容は、別れたくないだの、なんでもしますから許してくださいだの、
もう二度と浮気しません、といったよくある言葉。
俺はもう別れる気だったから、イライラして聞いていたのだが、

「私は○○のお嫁さんになりたいんです。」

この時だけ顔を上げ、涙を流しがらウルウルした瞳で見られてもう、、、
俺は負けました。orz
「ホントの事を全部喋ったら今回は許す。嘘があったら別れる。」
と言ってしまいました。




671 :663:05/03/03 06:58:26 ID:3TYhjMdO0
相手はサークルの男友達だった。
飲み会の打ち合わせだったらしい。

打ち合わせが終わると、お互いの彼氏彼女の話になってHな方向に
話を持っていかれて、うまく丸め込まれた?らしく、
「イケるようになって、他の男でもイケるのか確かめたかった。」
というのが浮気をした理由だった。俺は恐る恐る聞いた。
「イケたの?」
「イケなかった。激しく動かすだけで最後の方は痛かった。」
ちょっとホッとした。

男がベランダから飛び降りて(二階です)逃げたのは予想通りだった。
というか隠れる場所なんてユニットバスしかないし、
そんな所に隠れても出てきたらすぐわかる。
結局はベランダからしか逃げる所がなかった。




672 :663:05/03/03 07:00:11 ID:3TYhjMdO0
男の家に電話を掛けさせた・・・が、まだ帰ってなかったので、
二人でシャワーを浴びることにした。

流石にHする気は起きなかった。(このスレ的には駄目駄目ですねw)
俺の手でmの体を綺麗にしたかった。
mの体を洗いながら、これから俺がしたいことをmに話した。
mは了承した。

再び男の家に電話を掛けさせると今度は出た。彼女から受話器を奪い取り、

「mの彼氏の●●というものですけれど、
 なぜ電話したか分かりますよね?」

「・・・すみませんでした。」

「mの話と食い違いがあったら、
 あんたの彼女に浮気を報告します。」

と脅して、浮気の経緯をこの男にも話させた。

結局の所、矛盾するところはなかったのだが、
複雑な心境だった。




674 :な21禁さん:05/03/03 07:01:27 ID:wfl3Tyfn0
>>672
前のヤらせろっわない



677 :663:05/03/03 07:04:33 ID:3TYhjMdO0
>>674
それができないヘタレなんです。




673 :663:05/03/03 07:00:59 ID:3TYhjMdO0
たmも悪かったし、回はったことにます
それ、mはサークルを辞めますから
他のにそ伝えて下さい。
あと、近づく様なこがあれ
るか分かりませので。


俺は そうって受話器をいた。
その後、らない男達の電話番号が書かている物全
処分するにし

一人俺が確認取りながら該当ページを破らせ
ンダ湿燃やせた

mは、罰を受けるの仕方が無い思ってのだう、
表情を変えずに 淡々を進いた
一方、俺のほう、心の狭い情けない自分付いて泣きだった。
二度目は!」
と強がるの杯だった。




675 :663:05/03/03 07:02:24 ID:3TYhjMdO0
数週間後、bの件について聞いてみた。

「b君って無害な人でしょ?
食事奢ってくれるっていうから御馳走になっちゃった。
私達が付き合ってるの知らない人もいたんだぁと思って
ちょっとふざけてみました〜。」

・・・あほくさ。
mは既に元の明るさ、無邪気さを取り戻していた。
この日、やっと彼女を抱くことができた。

お互いが以前と変わっていた。




678 :663:05/03/03 07:05:18 ID:3TYhjMdO0
人前でベタベタするのが苦手だった彼女が、
自分の方から積極的に腕を組んできたり、
「今日は帰らないで。」と甘えたりするようになっていた。
俺の気持ちを繋ぎ止めておきたかったのだと思う。

mの我が儘も復活してきたが、トゲトゲしさが和らいでいるように感じた。
それに、俺に尽くしてくれているんだなぁと感じる事が多くなった。

俺は、元通り振り回されるようになったが、また浮気されるかも?という
不安感から束縛するようになっていた。




679 :663:05/03/03 07:06:35 ID:3TYhjMdO0
付き合ってから1年と数ヶ月が経った。

mは大学の方が忙しくなり、既にバイトは辞めていた。
俺も大学の方は忙しかったが、事情があってバイトは続けていた。

都合の良い日が合わずに、2ヶ月近く会ってなかったから、
電話で話をしてもmはイライラしていることが多く、
俺は「ごめん」と謝るか、
「mとの結婚を夢みて頑張っているから我慢してくれ。」
(本心でした。)
と言ってなだめるぐらいしかできなかった。
余裕がなかった。

そんなある日の夕暮れ時、mが大学の裏門から出ていくのが見えた。
駐輪場にいた俺には気が付かなかったようだ。
mのアパートは全く正反対の方向。

何処に行くのか興味が出てきてこっそり後をつけようとしたら、向か
いの学生専用マンションに入り、3階の一番奥の部屋に入っていくの
が見えた。

確認してみると男の部屋(名前はc)だった!
胸が苦しかった。




681 :663:05/03/03 07:08:27 ID:3TYhjMdO0
実はこの日、会えなかったとしmにプレゼント(イリン
渡すもりだった。メッセーに入ていた
使えるお金が限られていたの高い物買えったが、
分な姿りに頑張っただと思う。

に、バイト休みを貰っいた。
理を言って大学の忙しくい日だけにしかバイトに来てなかっから、
れ以上の休みはで、本店から
支店移ることになった。

時間が20分延びることなるが、休みが比較的自由にとれ
mと会う間をろう考えていにと
働かせてらえるだけ有り難かった

mを驚かすために、mのアパートに行うとしる時に起き
もよないった




682 :663:05/03/03 07:09:22 ID:3TYhjMdO0
駐輪場に戻って30分位待っていたが、出てこなかったので俺は覚悟を決めた。
何も無いことを期待しながらチャイムを押して、ドアが開くと強引に入った。

ベッドの上で布団にくるまっているmを見つけ布団を無理矢理引き剥がした。
mは裸だった。下着をつけてなかった!
その後、俺は静かに玄関に向かって行き、
「お邪魔しました。」
と言って帰って行ったらしい。orz




684 :663:05/03/03 07:10:15 ID:3TYhjMdO0
ここでちょっと言。

ここ辺は覚えてないんで
"ら"と書いたの、後cから聞いたから

ゴムげつけた時の事は、「あの時○怖ったよ。」
mがく話してく宿ったので、なんとか書けました
とはってもう10年上前のことなので補完です

俺は、してはントに小心者なんです。
いる現場をてないのにこの有様で
もし、現場を見てったら自分はどうい行動をとろう。
れを考ゾッとす。/




685 :663:05/03/03 07:11:30 ID:3TYhjMdO0
から日間か家って
学を辞めて彼女とことを決めた。
もやるきなかった

バイには、体調崩したから暫く休むと連絡してた。
引きっている間、mか何回があ
電話に出親や妹には出か居なとにして

ある、男か話があった。
会ってたい。」
cだった。俺はmを連てこないことを条件に了承した
るきっかしかっただった

翌日、大学に行て退学を提出し、
『もじることがでないから別れ』旨沿
ートの郵便受けり込んだ後
cとの待ち合わせ場った




686 :663:05/03/03 07:18:21 ID:taBUXZOa0
cの状況説明があって、その後、俺の質問にcが答えた。
順序良く簡単にまとめると・・・

cはmの元彼で、mと学部も学科も学年も同じ。
どちらも我が儘を言って引かない性格だったので、喧嘩が多く、
いつ別れてもおかしくない状態だった。

そんな時、cがホストのバイトを始め、
浮気(バイト先の客。後に彼女となる。)
したのがきっかけで別れることになった。

気まずい状態が続いたが、
俺とmが付き合う頃には普通に話せる様になった。




687 :663:05/03/03 07:19:53 ID:taBUXZOa0
mとはプラ便トな会なく、大学関係話しかかったが、
とmが会わなくった頃mが愚痴りだた。

そしてあのが慰めてよ。」
(酒をみながら愚痴を意味だったら
と言ったmが部屋ねてた。

ながら痴を聞いていたらmが急に服入っ
どううか迷っているところ湿突入した。

・・というった。

の話当か嘘か、ヤヤッてか、
な事は稿うどうよかた。

帰りにc
、あなを待ってますmの所に行ってやって下い。
と言が、俺はれには何も家に帰った。

この後どうなったのか、
こで何をしているのか、俺全くません。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140312231830