2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻とつきあうこととなったった本当の理由




私と妻が付き合事になった切欠は、信じられない事に妻の方度、食事にでて頂けせんか」と声を掛けられた湿った

それはだけなくて他の社員達にも信じ難い来事だっ簿う。

妻は身長が170センチの長いモデのような人で、下請けの社長のだったから。


会社ではンナ的存で、の憧れの的たが、隙のないには誰も掛け事すら出来なかった

香織君と付き合っているそ、君もう34だろ?早いも香織君も28になったと聞いが、ここらでそろそろ決めた

近々私は常務

うなれ、いずれ君長にして、ゆくゆくは部長に薦しよ思っている。

の為にも早く身を固め、家庭を落ち


に目けてくれてた高そう言われ、とんん拍話は進み、付き合い始めて僅か半年で、部長夫の仲人で結

2年には子供も生まれ、そ息子も早才。

供は可愛い盛りで、妻は相変わらず綺麗で優い。


妻には何の不満もないが、ただ1つるとれば、頻繁家に帰る綿事ぐら

しかし、それは私の出張が多て、の間ってで、が帰るって来ていて、ず息子と笑顔えてくれるので不満など言うものでは

世の春とは正にこの事で私は幸せの絶頂にた。


そんある日、退職してライバル会社に入っ元総務張先の社でう。

このは、私達の仲をしてくれた当時、部長で今では常務の高橋常務同期で、常に出世うラルだった。

私が接聞いた訳ではないが、退職した理由が「高橋の尿んかける」らしい。

「君長にないな。でとう」

を聞、偶同じルにっていた


「狭い業界だら得意先会っても不思議でないがまでとは奇遇だれも何か湿の縁だから、今夜一どうだ?」

の事を探いのかとも思っ属で無かたにしろ、仮だった誘いは断り難く達はホテルの居酒屋にいた。


「課長自ら商談か?」

確かに課になってから、出張先大きな会社だけに成出張数もたが、それに2回は4日出張がた。

課長退ても、会社でってばかりいられなのは藤部長もよご存じゃなですか。

それよりも、こちような課長で、そちらは伊藤来られては、勝ち目が無くなっしまいます


「い部長と言っても、の規貿模が天とど違う」

最初、仕の話った、酔いが回ると伊藤部長は、とんでもを言いだした。


出世間違い無しだか起に成らなくても良いろ。らい手加減してくれよ

「いいえ、営んて常に競ですから、うかうかしてら降格が有るかも知れせん」




「いや、君は勝ち組高橋に調付いて、香織君を嫁に会社では組だ」

、こはしっかり者ったら、出世出来るという、妻に対してめ言葉だと取ってしまお世辞だても嬉しった、次の言葉で皮肉と知る

「ただ、男としてはどうだろ。男しては組どころ、最な男に成り下ってしまっな」

流石に、酔ってる元上司血が上る


「どう言う意味です?くらお世話に伊藤部長でも、そい方

「だて、。君は上司の愛人を引き受プライドを捨てて世をとった」

私は伊藤部長尿の言意味、すぐに理解来なかった


「まさか・・・・知らなかっと言・・・・・・・・・・」

時、高橋部 は平の部長で、伊藤部取締役が付ていた。

締役会議で、自分よりも格下の高橋にというが出た時

「社内に愛がいるな人間を常務にしも良いのか暴露した。


かし、それは個人の社にと跳ねけられ、身辺を綺麗にする事という条が付られるに終わる。

「取締役の何人かは既っていたので高橋がに手を回して湿たのさ。重役以外は知らが、まさかの君ま知らなかったと・・・・・・

常務は腰も低て物腰かくつも笑顔を絶やい優い人なので私には到底じる事がない

しかし、長も、気性の激しいとこ有るが、男気のの無い人だというあり、私は何が本当なか分戸惑うばかりったが、から家に戻るいつものに妻息子笑顔で出迎えくれた。


変わった事はか?」

藤部長にれた気にっていたが、間違っていた場合、これ妻をする話は無いも切り出せな

いつものように、実家に行かて頂きま

の笑顔を見ていると信じよう思う。


私は付か、妻の寝顔を見

う言えば合うの、の男遍歴は何も知らない

き合、既に28勿論処女ではたが、そはお互い様で別気にもなかった


入社、目立つ存在ったの気にしてていたが、社内ではた噂は一度も聞がない。

伊藤部長思い出し、妻高橋常務のした戯で、乱れている姿脳裏にかぶ


藤部長の話が本当だとすればの様に情報を仕入ろう

その、1人の男の顔が浮ぶ。

男は、伊藤いてて、妻と同じ営業二課にいた鈴係長

出世争伊藤長がっていれば、然こ長にいたうし、逆に私は万年係長だったかれない。

こんな事を考えていたが、部長の言っていた事本当だったしても、それは私と結婚する前の話し。

妻にまでも無く、結婚前のでも言わないで現状持。

今がせなら関係ないと、自分を落ち着かせる。


出社すると、高橋常務からし掛けれた

「昨日ま出張だったな。その内部長き上やるから、精々頑張れ。そ便うと、今度の出張はつだ

再来週の月曜から、日間の予定です」

そう、大だな。身体を壊すなよ」

今までも何度か掛けってその度に出張のを聞気がする

今まで私は何もわず、も留めなかっ、伊部長の話を聞いから違和感を覚えた。

長。橋常ら、私の出張にいて何か聞かた事はありまか?」

「そう言、何度か予定を聞かれた事が。君は高橋常務入りだから、何かと心配してくれだろ

今一番勢のある高橋常務の事で、下手事は話ないと思のか、部長もない

しかし、多くをらない事繁に訊れているのではないと疑る

どうして常務が、私の予定を?


まさか今

どんどん考えは悪い方へと向ってうが、家に戻って思いごしと安心する

何より、結婚以来、妻疑わしい行動無い。

の性格で不倫なんて有い。


かも、幼い連れて不倫相手に会うなて有り得ない。

妻と一緒にいるしまうこと自体申わけく思が、一人でいると考え込んでしまう

に不倫ていとすば、張中しか考えられな

実家に子供を預けて。

を疑っている事に罪悪を覚えながも、頭の中は伊藤部言葉配されて


今から香織の家に行かないか」

車で1時間ほどの距離なのに、実家に来たのし振だっ

「ご無沙汰ております

「いいつも香織勝手しまなに行ったのに、そう頻帰ったいのだ、私達も孫の顔をたくて、つい・・・・・・・・」

離れた長まだ大学生今は義母と人だけで暮らしていで、しいのない


一杯どだ?りは香織に運転させれば

義父、久し振りに会った私を歓迎してくれた。




織は邪魔してる時に、一人で出掛事もありますか?」

「無な。買いにはく行が」

の取り越し苦だと安心て、美味酒をらふ走にな


家にと、私そのまソーで横になってし妻は眠てした子供を抱て寝室へ。

「あなた。こんな所で寝てしまったら、風邪をきますよ」

気付くと目の前に笑顔の顔があり、体は薄い夏蒲団が掛けてくれてあった。

「もう、こ時間か

度起しても、起きてくないから」


の声き寄せてキスると、妻もそれに応くれた簿ので、はお尻を撫ぜて

「だめー。姿湯が入っ頃だから、に入て来ます

しそうに、ムへげて行く


し遅れて私も行に妻からって、スポボディーソープを付いた。

私は湯に浸かりながら、妻が子をじっ

「いやだー。そ

湯から出ると、妻てい硬くなった物を目の前に突き出す。

「まあー!ウフ

は掌ボディ乗せて、西しく両手を擦わせ、私のオチ泡でくなって行く

ばし、心地良い指の動きに身を任ていると、急にお湯掛けられてた姿オチンチ今度は立ちになった妻の付いて婿る。


は、新当初い出てい

付き合っていた半年間はくら私が迫っも上手くかわれ、局はキ

めて妻と結ばのは、新婚旅行先ホテ


その夜の、終始恥ずかしそうに俯いていたックスが始まると乱れにて終声を上け、何も何度も達てくれ

しその目の前にンチンを持って行っても決して口にする事はく、これほど感じれているのは私を愛してくれるからで、処かっが、経は左程多く無いのだとった。


初めて妻が私を口にしたのれから3ヶら。

しかも、ただ口に入れているだけでもせず、妻とって初めての経験なのだと

最初ぎこちなかった妻、私言わなくても裏側に舌を這わせ、横から咥え、

わざときな出して吸りして徐々にロ顔性技を見したが、

れもするに私のオチンチくなり、自とそうするなったとっていた。


らはだっのだろうか?

その後妻は、でも凄く献身に尽くしてく、私身を任せる事も多く、普段からは、像出来なよう顔を見せ

の事だけのもと思う、男の独占欲を充足さてくていたが、

れらて高橋常務仕込まれ技で、常同じ顔せていたのか?

や、今ているのか?

私だけのものでは無ったの

の口、私が送に萎んで行く

えっ?

早くって、寝に行こう

寝室での妻は、か私を奮い立たせうと、顔だ格好になり、腰を妖しかして誘がら、我夢で舌使くる。

「ごめ便ん。過ぎてしまったよう。明日頑張るから・・・・・・



しかし次の日も、そのまた次のも結果は同じ。

「ごめ

私ならだから、謝らない。きっと疲れよ」


のまま永久に、状態がくか知れと脅えた私は、私の思い違いを信がらも誤解を解、思切って鈴木係長に声を掛けた。

先輩。今日仕が終ってから、一杯付き合ってませんか?

て鈴は呼ばずったが、私用がらと断られる。


「おします。妻事で訊きたい事が・・・・

「香織んの事で?」


言っただけで名前がぐにてくほどよく覚えていた、伊藤部長常務と妻の事を探らせてたのだと確信る。

を出した事でどうにか付き合もらえたが、直接のイバ無かったにしろ、以前上司がライバル関にあった事で、私の犬だと思っているか口は重い。


率直言いす。以前 高橋常務と妻の事を調べいました?」

「私か何も言えません。こ上会社に辛くなるのは嫌すか

かしこれ、認てしまている事。


「先日、伊藤部長に、初めもので」

「伊藤部長か、それまなかたとか・・・・・・・・


係長驚いた顔で部長と同応を見せ

「やはり常務と妻は、愛人関係に?



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様