2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

妻とつきあうこととなったった本当の理由






と妻がき合事になった切欠は、信じられい事に妻
「今度食事にでも誘っ頂けせんかを掛けられた事


それは私だけなくて、他の社員も信難い出来事だったと思う
何故ならは、身長が170センあるの長デルのような美人で
請け会社の長の娘だっから。


会社ではドンナ的で、憧れの的ったが、
隙のな声を掛ける事すら出った


君と付き合いるそうだが、君はもう34だろ?早いで香織君も28になたと聞いたが
こら使そろめたらどうか
調は常務る。
ば、いずれ君を課長にして
ゆくゆくは部長に推薦ようとも思っている。
にも早身を固め、持っち着


を掛けて高橋長にそう言れ、とんとん拍で話は進み、付き合めてか半年部長の仲人結婚
後には子供も生れ、その息子早2才
は可、妻は相変わ麗で優し稿


妻には何の不満もないが、ただ1つるとす、頻繁に実家に帰る事ぐらい宿
かし、それは私が多貿て、その間帰っているだけで、
私が帰る前に戻って来ていて、必ず息子れるの
満なでは
この世の春とは正にこの事で、は幸せの絶頂にあった



ある日、退職してライバル会社に総務長に、出張社で偶然会う
この人達の仲くれ当時、退の高橋常務と期で、常に出ルだっ
私が接聞い訳でいが、退職した理由が
橋の下でなか働けるか」
「君は課たらしいおめでとう
聞くと、偶然同じホテルに泊まっていた


狭い業界だから得意会っても不思議ではないが、テルで一緒遇だこれもかの縁だから、夜一杯うだ?」
の事をりたいのも思ったが、
直属かっしろ、仮便も元上の誘いは断り難
はホテル側の居


長自ら商
かにになってから、出張先も規模のきな会けに成り、
出張の回数も減ったがも月に2回は日のが有た。


「課長言っても、会社ってりいられ伊藤部長もよくご知じゃないで
それも、こちらは私のような課長で、そちらは伊藤部長殿て来られて勝ち目が無くってまいます


「い部長とても、会社の規が天と地ほど違う」
最初は、仕事の話ばったが酔いると伊藤部長、とんでもない事を言いだした


「君出世間違い無しだから、そう躍起くて良いろ。しぐらい手加減してく退よ」


「いいえ、営なんて常に競争でから、うかうかしいた降格がるかも知ませ


君は勝ち組だ。高に付いて、香織君を、会では勝ち組だ」


私は、これはしっかり者のたか、出世出来るとい、妻に対しての褒め言だと受けってしまい
お世辞だとしったが、次言葉で皮肉と知る。
「ただ、男としはどう男としては勝ち組ころか、最な男に成りてしまっ
流石に、っている元上頭に血上る。


「どう言意味で?いくらお世話に成藤部長でも、その言い方は許せい」


「だ、そうろ。君は上司の愛人をイドを捨てて出とっ
私は伊藤部長言うすぐには理解なかった。


まさか・・知らなかった沿事は・・・・・・・・・・


当時、高橋部長は平長で、伊には取締役が付いていた
取締会議で、自分よりも格下の高橋長を常務にという話が出た
社内に愛人がいる様な人間常務にしても良いか」と暴露した。


し、それは個人の問題で会社には関係ない跳ね除られ、
にするという条件が付えられるにる。


「取締役の何人かはに知っていたので、高橋が手をしていたのさ
以外稿らなずだまさか当の君まで知らなかったとは・・・・・・・・・」


高橋常務は、昔から腰低く柔らかく、い絶やないしい人なので、には到底じる事が出来ない。


伊藤、気性の激しいとろは有るが、
あるの無い人だというあり、
私は当なのか分からずに戸惑うばかりだったが、出張か家にると、
の様に妻と息子が笑えてくれ


わった事無かっ?」
藤部言われた事が気になっていたが、
た場合、こほど妻を侮辱話は無いので、どうしも切り出せない。


「いつものように実家に行かせ頂き尿
妻の顔を見てと、やはりを信ようと思う。



私は寝付かれに、妻を見
そう言えばと付う前の、妻の男性遍歴は何らない。
付きった時は、既8歳、勿処女はなかった
れはお互い様で別段気にもしかった。


入社以来、目存在だったので気して見てが、殿
社内では浮いたいた事がない。


伊藤し、が高橋常務た性戯でれている姿が脳に浮
部長の話が本当だとに情報を仕入れたのだう?


その、1人の男の
、伊藤長に付い妻と同じ営業二課にいた鈴木係長
世争い長がていれば、
当然この長にってろうし
などは万年係長だっ


こん事をえていたが、伊藤部長の言た事が当だったとしても、
れは私と結婚する前の話し。


結論は、妻に聞くまで無く、前の話しなの、何も言わない状維持
が幸せなら関係ないと、自分せる。
翌日すると、高橋常務から話し掛けられ


「昨日まで出張だらしいなの内長に引き上げてやるから、々頑張れ。そと、度のつだ?」
「再来の月から、4の予定です


「そか、大変だな。体を壊
今までに度かを掛らっ、その度に出張の予定を聞かれた様がする


今までの私はも思わ、気にも留めなったが、伊藤を聞いたかか、何か違和感をた。


長。高橋常務ついて何かかれた事ありますか?」


「そうわれれ、何度か予定を聞かれたある。君は高橋お気だから、何かとしてくれていのだろ
勢いのある高橋下手な事は話せないったのか、部長多くは語らない
かし、多くを語らない事で、逆に頻繁にかれてるのではなかと疑る
て常、私の予定を?



まさか今も
んどん考えはい方向かってしまうが、家に戻って妻の笑顔をるといすごしだと安心する
結婚以、妻に疑わしいは無稿
の性格でんて寿得ない。


しかも、幼いて不倫手に会うなんて有り得ない。
妻と一緒にいると、疑っしまこと自体しわけな思うが、るとえ込んでしまう。
に不倫していとすれ出張中しか考えられ
に子供を預けて寿


妻を疑っている事に罪悪感えならも、頭中は伊藤部長の言葉に支配さく。


から香織の実家行かない
で1時間ほどの距離な実家に来たた。


「ご沙汰おります」


いや、いつも織が勝手てすないな。
嫁に行ったのに、そう頻繁に帰て来るなと言いたいのだが、
私達も孫の顔を見たて、つい・・・・・・・・・・・
歳の離れた長男はま大学生で義母で暮らしので、寂いのかも知れない


「一杯どうだ?帰りは香織に運転れば
は、久し振に会った私を歓迎しくれ


「香織はお邪魔している時に、一人で出掛事もありまか?」
無いな。女房とい物にはよく行くが
り私の取り越苦労だと心して、美味い酒をたらふくになった。





に戻ると、私そのままソァーでになってまい妻は眠っった子供を抱いて寝室へ
なた。こんな所で寝てしら、風邪をひきま


気付と目の前に笑顔の妻の顔があ、体には薄夏蒲団が掛けれてあた。
もうな時間か」
「何度起こしても、起きてくれないか


妻の声を遮るように引き寄てキス
妻もそれ応えてく、私尻を撫ぜてい


めー。もうお湯が、お呂に入っす」
妻はそうに、バルームへ逃げて行く


少しれて私も行くと、既に妻はら上って、スンジにボーソープを付けていた。
私は湯に浸かがら、が身体を洗様子をる。


「いやだ。そん見ないで」
から出ると、妻ていて物を前にき出す


「まあー!ウフッ
は掌にボデプをっぷり乗せて、
慌しく両手を擦り合わ、私のチンチンは見えて行く。


しばし、心良い動きにを任せて宿るとにお湯掛けられて、
また姿を現たオンチに、今度は膝立ちにた妻の唇が近付て来る。
私は初の妻い出していた。


合った半年いくら私が迫っても上手くかわされ、結局はまり
初めて結ばたのは、新婚旅行先のホテだっ


そのの妻終始綿かしいていた
セックスが始まると乱れに乱寿始声上げ続け、度も何達してくれた


しか間、いくら目の前にチンを持って行っても決して口する事は無
これほど感じているのは私愛してくれてるからで
処女は無かたが、経験は左程多のだと思
初めて妻が私を口にしは、それから3ヶ月ほど経ってら。


しかも、に入れているで何もせずとって初ての経験だと感じた
初はぎちなった、私が何も言わなくても裏側舌を這わせ、横から咥え
と大きな音を出して吸ったりして、徐々プロ負けのたが、
れも愛するが故に私ンが愛しなり、とそうすと思っ姿ていた。


これは演技だったのだろうか
妻は、セックスでも凄く献身尽くして
私が身を任せ事も多く、普段妻からは、誰も想像出いよ顔を見
その事全てが私だけのものだと思うと、男の独欲を満足させてれていたが、
これら高橋に仕た技務にも同じ顔を見たのか
いや、今も見せているのか
のではったのか?
口の中で、私が急萎ん綿


っ?
く洗って、寝行こ
室での妻は、何と私を奮いたせようと、顔跨いだ格好になりがら、で舌を使くる
「ごめん。飲みてしまったようだ明日頑張るか・・・・・」
次の日もそのま結果はじ。


「ごめん」
私なら大丈夫だから、謝らないで。きっと疲ているのよ」


このま永久この状態が続かも知れいと脅た私は、私の思いいを信じながら誤解を解くために、思い切って鈴木係に声けた。


木先輩。今日事が終ってから一杯付きって頂けませんか?」
あえて長とは呼に言ったが、私有るかれる。


お願いします。妻の事でい事が
「香織さんので?


が妻と言ったけで、名前がすぐ出てくるほどよく覚えてで、
部長が常務と妻のを、この男に探らだと確信する。


を出どうにか付き合っもらえた、直接のライバルでは無かったにし
前上司がイバル関係にあった常務の犬だとるのか口はい。


「率直に言いす。以前橋常と妻の事を調べてい便ましたか
からは何も言えません。これ湿上会社に居辛くなるのはすから」
しかしこれは、認めてしまってと同じ事。


「先日部長て、初め聞いたので
「伊部長!まか、れま貿知らかったとか・・」


木係長は驚いた顔で、藤部長と同じ応を
「やはり常務と妻は、愛関係
鈴木係は顔を上げて、哀れむような目でを見た後、も言わずきく一度頷いた



係長も伊と同じ私がてのプライドと引き換えに、出世を手退に入れたと思っていた
しか私がかされかった知り
では感じたのか、徐々に口を開ようになる





確かに妻が常務の人だっ事は、私にとって大きなシックいなかったが
だ結婚前出来だと自分に言い聞かせ、気取り直し詳しく聞き出す。


当時、病気療養中出てに噂に上たのは伊藤部長たが、次第に高橋部長をとの声が大きくなり
仕事、自分が数段出来るとていた伊藤は、
当たりがご機嫌取上手で出世してき高橋長が自分のに立つを許せずに、
ャンダルをようってい
係長はその命を受探偵を雇かとも思ったしいが今信用できずに、
出世にもる事ので自ら車やタクシーで後をつけるなど、
探偵宛ら事までしようだ。


かし、な時期の橋部長も、慎重になっいてを見ない。
高橋部長にはンダルに寿いと諦め時、
にいた妻と廊を歩ていて橋部長れ違った時に、
妻とが一コンタクトをった貿よう感じたとう。


後は、部長行はやて、一か八か妻の尾行を始
々あるンルームマションに入って行くをつきとめた。


案のをずらして高橋も入て行き、局ここがの愛の巣だ


高橋常務は必ず一度に戻来ていた、家まで尾行して諦めて分かりせんでした


「いつからのき合いか分ますか?」
は分りませが調付き合ってれましから


のではなて、2愛の巣で構えてるシクを受けが、の後更にショックな事を聞く。
「今でも・・付き合っいるという事は・・・・・
れは・・・・・かりません。ただ・・


ただ何です?
いのですが・・・・・私が調べてた間・・・・・・」


「それは・・・殿・いつですか
「高橋長が常務に決って、寿藤部長が辞めらるまでから、加藤課長が結婚されて、3、4ヶ月ぐらいは・・・湿・」


してらも?でも妻は家にいました。に出は多かった新婚だったので、私は家に毎晩電話を入れていた
「ええ、の頃は出の度に藤課長家に高橋が訪れてた。泊まられ・・・・・・」


私は婚を機に家を建てたが、そこはまだ造成中の宅地で
と違っ家はほとん建っておらず所付き合いたので周りの目気にする事も必無かったかも知


がそこまで酷い女だは、到底信じられかった、鈴木係長も嘘を吐いてるよ見えかっ
第一、今となってはに、この様な嘘利点が無い
その後は覚えておらず、気がと自宅に帰ていた。


「あなた。飲んでいしたの
「ああ


いつのように笑で応える事など到ない
どこ手をそうにを押えるのに死だ
このまでは証拠も無言い逃れされたら終わだ。
絶対許さない。
可愛って憎さ倍。
今までは、るでピエロじゃないか。



今で私を騙してめるべく、
て行けない得意に嘘の電話れ、
かずに夜て妻の実家にかう



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080618073326