2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ヤクザに家庭を崩壊させられた話







579 :574:04/03/25 00:50 ID:K/KcV9QO
私と妻は結婚して15年。一人息子一昨年の中学生にり、塾の費やら何やらも大変なので妻がパートき始めました

と同じ年齢で当時37歳、身長160センチ、B88W63H86とのグラマーで、ルックスも目鼻立ちっきりしチョット東南アジア系が入っまあ近所で美人で評の私の自慢のでした。西





581 :574:04/03/25 06:32 ID:K/KcV9QO
妻のパート先は私の家か3キロほど離繁華街の外れにある、間は定食を出し、夕刻かという飲食店でした。

頃50近店主と少し年上の奥さんの二人やっている店で、妻は最初は昼どきの繁時の員として働き、洗い物て帰るとう勤務でし

妻が働始めてほど経た一年の6月主の奥さんがで入院になり、さんの頼みもあが前日洗い物しに朝間もに行くようにました。

妻は殆ど毎日、自転に乗って朝からに行き、4時い物をし宅するとい活でした。


とこさん亡くり、は暫く休みた。

妻も別の働口を探そうとしていたんですが、店主から店を手伝っと連があり、一の盆あけらまた店に行き始めま






586 :574:04/03/25 23:19 ID:K/KcV9QO
は別の若い子を雇ていたようで、妻は以前のとおり朝と仕事に行っていました。が一昨の10月頃か、夜の方も店を手伝始めました

息子費用もめておかないけないことを理由に夕方は旦帰ってきて食事の支をするというので私了承

は妻が身を壊さないようと心配してたんが、ときにはもっと大変題がいたよう


のセッスを妻が求めなくなた。

あ朝ら夜くまで働いて・妻は最初10時は帰ってたが、だんだん帰りが遅、いつの間にかぎが普通になっていました・・・

妻もれてと私妻を気遣遠慮して何ヶ月も疎ってしいま





587 :574:04/03/27 01:13 ID:Aa+7GiQj
昨年の6月のある日曜日。その日も妻は朝から店に出掛けました。夕刻には食事の支度をしに戻る筈でした。

その日は朝の間は晴れていた天気も予報が外れ、午後からは雷混じりの激しい雨になりました。

私は傘を持たずいつものように自転車で出掛けた妻の身を案じ、車で迎えに行くことにしました。

妻が勤めている店は町の反対側になりますが、車だと10分程度で着いてしまう距離です。

自転車は置いてくればいいからと軽い気持ちで出掛けました。








588 :574:04/03/27 01:17 ID:Aa+7GiQj
店の場は大体いて知ってので、ちころある無料駐車場止め、傘をし、雨のを妻の傘をって店で歩きました。

5分ちょっと歩いて店の前に着きま
かって左側のの軒下に、妻転車が停めてありました

まだ居たんい、迎えに来て良かったとホした。とろがの前には本日休」の札が

に入ろうが掛か入れまん。
しく思いながら、傘を差してに行きました。ちらは隣家との間が車が通ほどの路になっいま。私は奥に進みま







591 :574:04/03/27 10:05 ID:Aa+7GiQj
店の裏手は空き地で、車が2台ほど停められるようになっていました。

どうやら店の駐車場として利用されているらしく、店休日のせいか車は止まっていませんでした。


店の裏口も鍵が掛かっています。困ってしまって辺りを見回すと、裏口の横の上に窓が開いているのが見えました。

私は横に置いてあったビールケースをひっくり返して上に乗り、中を覗き込みました。

覗き込んだ途端、私は息を飲みました。


薄暗い室内でハダカの女の身体がこちらを向いていました。






595 :574:04/03/28 07:15 ID:KVwdIaoc
は店の房のした。

沿井の明かり採りか綿っすらと射し込む光に、大きく足をて椅子い裸身が浮き上ています。

は光が当たらずく見えんが、筋か下は私場所かッキ便見えました。

な、ナスボいう表現ピッタシの引き締まったグーな女体でした

肉感的な乳房の膨らュッと括れたウェスト、弛みのない腹的には好みの、ど妻の贅肉をて引締めた感じでしょうか

私としては何か得したして、目らして見てしまいま






596 :574:04/03/28 07:18 ID:KVwdIaoc
目が慣れてくると、女の下腹部に黒々と繁る陰毛が見えました。

よく見ると、女は椅子に座った男の上に跨って座っています。

男の股間の辺りから上に伸びた逞しい肉茎が女の秘部に突き刺さっているのが、薄暗がりの中に何となく見えています。

男がゆっくりと動いているようで、椅子の軋む音に交じって女の短い喘ぎ声が聞こえています。

女が上体を仰け反らせ、顎を突き出し、上から入る光が女の顔を照らしました。






604 :574:04/03/28 23:42 ID:KVwdIaoc
雷に打たれたように、私の身体に衝撃が走り、一瞬息が止まりました。

天井を見上げた女の顔は、紛れもない私の妻のものだったのです。

エッ、お前は自分の妻を見て気付かなかったのかと思うでしょうが、何しろ私と妻はもう半年以上も没交渉ですし、私の記憶にある妻の身体はもっと肉付きが・・というより贅肉が付き始めていて、目の前の女のように引き締まってはいませんでした。

それに私は妻を信じ切っていましたから、毛筋ほども疑っていませんでした。

私は転げ落ちるようにビールケースから降り、走って表通りまで出ました。

しかし、ひょっとしたら見間違いかも・・・。

そうあってほしいという願望が強くあり、もう一度引き返して窓から中を覗きました。








639 :574:04/03/31 07:09 ID:jkDO6vyI
私は女の顔をまじまじと見つめました。それは間違いなく私の妻でした。

店主と私の妻は椅子に座ったままで、妻は顎を突き出し、眼を閉じて、「感じている」という表情です。

私は怒るよりも呆然となってしまい、じっと窓から中を眺めていました。

椅子に腰掛け、大きく開いた店主の太腿の上に妻の白い太腿が重なっています。

店主の左手が妻の左の乳房を下からすくい上げるように掴み、弾力のある膨らみにグッと指が食い込んでいます。

店主の右手は妻の下腹部に伸び、黒い茂みをまさぐっています。







644 :574:04/04/01 01:20 ID:SOfI1l9n
店主が両手を背後か妻の太腿の下に差入れッと持ち上げました

妻は店主の為すがまま

裸でM字開脚せられ妻の姿、私はわず目を張りました。窓る私に、妻の股間がまで剥き見えていす。

見慣れた逆三角陰毛の下、クッキリと筋立って見える妻の陰茎が見えの下は、から真上に伸た逞い男性器が、半ばほどの中にいてっくりとした奥に入ては抜け出て使きています

私は全身の抜けまま窓にしがみついていました。







693 :574:04/04/09 06:49 ID:+ntq/Yq6
いつの間にか雨が激しさを増し、雷も鳴り始めていました。

呆然と窓から中を眺める私の目の前で、店主と妻の痴態は続いています。

突然、割れるような音とともに稲妻が走り、一瞬、室内にも光が明々と行き渡りました。

薄暗がりで今一つ不鮮明だった妻と店主の姿が、強いフラッシュを浴びてハッキリと浮かび上がったのです。

そのとき私が眼にしたのは、風情とか雰囲気の欠片もない、オスとメスの生々しい営みの姿でした。

あのときの、全裸で大きく太腿を開き、真下から私以外の男のモノを受け容れている妻のあられもない姿を、私は一生忘れません。








700 :574:04/04/11 07:50 ID:jzlSE4ai
妻が椅子から立ち上がり、尻を後ろに突き出して上体を前傾させた格好で私が居る窓の方に進んで来ました。

店主が妻の背にピッタリと密着したまま後に続きます。

店主が窓の下にある流し台に妻を押し付け壁に手を伸ばすと、薄暗かった室内がパッと明るくなりました。

妻は背後から男を受け容れ、流し台に両手を突いて身体を支えているようです。

窓から見下ろす私には妻の背中と向こう向きの尻しか見えなくなりました。

妻の尻に店主の下腹が密着し、ゆっくりと前後に動いています。




701 :574:04/04/11 07:57 ID:jzlSE4ai
店主し顔をげると目が合いそうでした

私は慌てて窓かれ、窓を求め右手の狭路地入りました。

窓ではなく、勝手口の引き戸がありました閉まって

躊躇う私の耳に、妻のものい嗚咽にも似た声が聞こえて簿きました。

は思て引き戸に手を。鍵は掛かいませんで

私はできるだけ腰を落として身を屈め、ほんの数センの引間から中をき込みた。


き込だ私のマーな全の妻の姿が簿び込んで来た。






702 :えっちな21禁さん:04/04/11 11:32 ID:kqPTjIng
(・∀・)ドキドキ

(;´Д`)ハァハァ




715 :574:04/04/18 20:45 ID:P4XQMqw1
私が勝手口を開けて流し場に乗り込もうと腰を浮かしたその時、店主が両手で妻の両腿を開いたままグッと抱え上げたのです。

妻の身体が宙に浮き、店主の手が妻の内腿に食い込み、これ以上ないほど大きくM字に開かれた妻の太腿の間で、逆三角形と楕円に生えた妻の陰毛が丸見えになり、下から極太の肉茎が妻の黒い楕円形の茂みの最下部にガッチリと食い込んでいます。

店主が少し腕の力を抜くと妻の身体が下がり、その分だけ下から突き上げている店主の肉棒が妻の中に深く喰い込むのです。

妻は店主の背中側に手を下ろし、胸を反らせて落ちないように店主の肩に脇を乗せて懸命に姿勢を保っています。

店主の筋骨隆々とした腕力に私は畏れをなし、負け犬のように腰を落としてしまいました。





716 :574:04/04/18 20:53 ID:P4XQMqw1
このあと、店主と妻は店の一角にある狭い座敷に移動し、なおも痴態を繰り広げました。

私はそっと引き戸を開けて中に入り込み、洗い場の中からカウンター越しに覗き続けました。

座敷で妻がこちらに半分尻を向けて四つん這いになり、店主に尻肉を開かれています。

店主がスッと腰を妻に近付けました。後を向いた妻の秘部に猛り立った自分の分身の先を押し当てています。

先端から付け根まで長々と逞しく、逸物と言っていい代物です。

店主の肩の辺りには刺青が見え、私はまたまた勇気を無くしてしまいました。








717 :574:04/04/18 20:57 ID:P4XQMqw1
主が少し浮かし、グと前にした。

見ている前で、亀頭の先が妻蜜壷にヌルッと食い込みました。

満な尻見慣の女陰が逆さっています。

向き々と毛と後ろを向いた疎らな毛に覆われたふくらとした陰唇陰唇西葉のようえて、その隙間に極・・






718 :574:04/04/18 20:58 ID:P4XQMqw1
店主妻の真上ら妻を貫いて、妻と店主がびついてい分が私にも丸見でし

尻山上に店主の陰嚢がベッタリと乗っいま

入りきれなかっ肉茎の付け辺りが外に出ていたです、こが妻尻の間にまりきれど太、妻が想に思えるほた。

かし店主のリカルなの動きに妻は直ぐに声を上げ始め、すっかり大きさに馴染んでることが判りました






769 :574:04/04/30 00:13 ID:p6KJYL4M
バックか位、正常位と様に体位を変えながら、10分近くも店きまくられ、狂った泣きでいました

ィッシは妻らしく正位でした

ばこらに向けを踏ん張った店主がに付くほど身体を折りにれた妻の尻に跨て大なスストン運動を返していま

イッ、イクゥーッ、妻感極まって大声び続けました






782 :574:04/05/03 07:04 ID:rGUaqFUe
店主グッと腰とし、店主のキ○タマが妻尻にと乗り、長大な店主の肉体の一部が妻の体内に挿入尿瞭然です。

妻は大き仰け反ってッテしまいれから店主がゆっくりと妻から離した。

悶絶かれままの姿股間をこちに向けて仰向けに横ったままです。

すぐ口を開貿の妻の部から店主の精液溢れした。






884 :574:04/06/13 07:47 ID:QPqwh5a1
下は帰ってきた問い質した話です。

と、一昨8月店に行き始め数日った朝、を開けてり洗物をしているんで主が珍しく下りてきたそうです。

店主は痩せて無骨そうな55過ぎの男で、元クザ貿というあり、妻もの鋭いろが少しいと感そうで

だ、この朝は、店主おだやかな表情「おうごます」と拶し奥のテーブルで新聞を読 み始ので、妻は店主のためにれて、何の警戒もなくた洗いを始めたそうす。

ところが、テーブでお茶を飲んでいた店婿かカター奥の洗い場に近寄いきなり後からに抱きついてきまた。

妻はいてキャ声を上れよと身をがいけれ、店場横の調理台を俯せに押さえ込ッと言うもなくスを捲ら、パンティき下ろさいました







889 :574:04/06/14 23:35 ID:8fxVr8bF
店主の力が強くて動きできに突き出す恰好になっ妻のの間に店主がいきり硬いもを押し付けてきました

妻はパニック状なって逃れようしましたが、店膝に足をかれ沿尻肉を開い無理矢理に店主が妻挿入しきま

店主に入っ来て、妻は悲鳴を上げました。

情け容赦なく、潤いない妻のに店主の肉棹が食んで来まし

はなも抵抗を続のですが、主の亀の先端がグッに入っ来て力が抜けてしまったそうです。






891 :574:04/06/16 15:58 ID:+24Jv3bp
店主は妻の力抜けたのを知ると、真夏で薄の妻の胸を後から鷲掴みにして揉みなが、妻の足を大きく、後ろに突き出れた妻の尻グッ、グッ、グッを突き出始めま

店主の肉棒がズンと根元ま中に侵入して、妻は思わず仰け反り

とは店すがままだっそうです。

妻は店の調理場で後から店主に入されたままブラウスを脱がされ、ブャーも外れ、捲り上げられたトは頭から抜き、擦りされていたパ調足首から抜きれて、店主ので一纏わぬ全裸にされてしまいまた。






897 :574:04/06/19 00:39 ID:FQQrJ4xY
そのうちに妻の中で店主の動きがスムーズになってきました。

暫く動き続け妻が声を上げ始めると、店主は妻から離れ、妻の手を引いて店の隅の座敷に妻を連れて行き、畳の上に妻を仰向けに転がして再び中に入って来ました。


妻の豊満な乳房は店主に両手で鷲掴みに揉まれ、店主の口唇に乳首を吸い尽くされ、腰を激しく振り続けられ、もう妻は我を忘れてしまったそうです。

店主は随分と長く持続したようで、妻は悶絶し、貫かれたときのままの恥ずかしい姿勢のまま、畳の上で気を失っていました。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:これはひどい, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:これはひどい, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20141115204625