2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

成人式に行ったら人生変わった話




http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1421564604/


1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:03:24.68 ID:w6ZzJY750.net
職場で成人式の話題が出て思い出したので。

ちなみに男です。


3 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:06:53.89 ID:w6ZzJY750.net
当時のスペックは

高卒フリーター

身長175以上体重75前後

オタク

彼女いない歴=年齢

もちろん童貞


5 :名も無き被検体774号+@(^o^)/:2015/01/18(日) 16:10:44.55 ID:w6ZzJY750.net
の僕はでろくに事もしいことを恥じいて成人式に出るがとかく嫌だっ

も『節目の事には参加するいう我が家方針もあり

「まぁ式出てすぐ帰ればいいか・・・」思い、成式に出るとに


8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:14:30.35 ID:w6ZzJY750.net
式に参加する旨を両親に伝えたら、妙に張り切って我が家の家紋つきの袴を用意してウキウキとしながら、親戚一同に電話をしていた

正直 紋付袴なんて恥ずかしいし、スーツのほうが良かったんだけど

喜ぶ両親の姿と、一応家を次ぐものといて、成人式には袴を着ていくことにした


9 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:15:29.98 ID:QCu2cbPP0.net
いい家やな



11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:18:04.42 ID:w6ZzJY750.net
当日、紋付袴をて会場に遂に込んだ

の地域の人式は卒業た中学校別で、市町村別で行れる。

僕が人式に行のを渋ったの姿の理もある

あま中学校でいい思い出がいか


12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:23:08.18 ID:w6ZzJY750.net
中学の時の僕はいわゆるオタクだった

そのためか、いじめとまではいかないがよくいじられていた。

その当時流行っていた肩パンを意味なくやられたり

容姿を侮辱するようなアダ名を付けられたり

勝手にものを使われたり(一応あとで返してはくれる)

その程度のことがちょくちょくあった


13 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:28:20.63 ID:w6ZzJY750.net
そんな事はまぁ特に気に留めず笑って受け流していた

一番いやだったのは学力至上主義だったからだ

成績上位者が権力を持っていて、しかも上位者のほとんどが性格が悪かった

当時の僕は勉強というものにトラウマめいたものがありあまり好きではなかった

もちろん成績は下の方だった

そのため僕はスクールカーストの底辺に位置していた


14 :名も無き検体774号+@(^o^)/:2015/01/18(日) 16:32:02.23 ID:w6ZzJY750.net
とにかくそれらの理由で僕学の奴らにいい印象はなかった

だか、高卒でフリーーの状態で成人式に行くの湿嫌だ

いく中学の奴らがからとても期の男の子で恋をすることある

人式に行ってビ調ックしたのは、の初恋の相の女のが受付いた


15 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:36:05.56 ID:w6ZzJY750.net
受付にその初恋の女の子がいたのに気づいた僕は正直帰りたかった

一番顔を合わせたくなかった人物が、絶対顔をあわせる場所にいる

しかし、この時間帯に袴の男の子が外をうろついてたら何かあったと思われるだろうし

何より親は外で待っている

意を決して僕は受付に向かった


16 :名もき被検体774号+@(^o^)/:2015/01/18(日) 16:42:35.72 ID:w6ZzJY750.net
付の女の子に名前を告げ

女の子「☓中学校の○君…。っあの○○君!


僕「あぁ…。」


彼女が僕の事覚えも驚きだし、ま応するとは思貿てなかった

女のうぁ〜久だね中学業してから会ってないよね?気に?」


僕「まぁボチボチかな…

こんな事になるとってず、反応するこが出来なかった

の子「って後ろてる。じゃまたね


言って彼女はに戻っ

(あ〜ビックリ…まぁ成人来てよかったかな?)

う思いがら式場かった


18 :名き被検774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:49:18.36 ID:w6ZzJY750.net
は滞り無く進み、昼ごろに終了し

さて帰ろうかなと思ってた然後ろから蹴りを食らっ

「見けたぞ

言いながもう度蹴っては、高校の同級生だっ

高校卒業後、就職したいろりやしまい、元にってから切連絡を拒ていたためとてもうだ

それを見母親は
あん婿いい友達がたのねぇ

泣きながら

さて、今度こそ帰ろうと駐の方へ向かおとするとまた別の方から声かけられた


17 :き被体774号+@\(^o^)/2015/01/18(日) 16:47:26.11 ID:bLu8ccNs0.net



22 :名も無き被検774号+@\(^o^)/2015/01/18(日) 16:57:38.24 ID:w6ZzJY750.net
>>17
ありがとう

あれう帰るの

そう声をてき、僕をよくっていたDQNの一人だっ

あ、うん。

。二次会には参加しな

うん。特にもらてな場所も知らないし

れは当然で中学の奴ら、僕の連絡先を誰一にも教えて

はぁ!ょっと待ってろ」

う言ってDQNは人混退に消えて言って

待ったのに、帰るわけにもいず 言わとおりに待っているとDQNが何かって戻ってき

ホイ、二会の要項。書いてるから。って今家にるんよな。なら迎えにくか待って

ういってDQNはた自身へ戻っいっ

DQNは暴力的なところは、いいやつなのは知ってたの、諦めるか、思い二次会加すした


20 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:52:26.26 ID:bLu8ccNs0.net
>>18
蹴られたって、スキンシップの類いか

「お前久しぶりだなウェーイ!」的な?


23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:05:59.26 ID:w6ZzJY750.net
>>20
ンシップ半分本気半分

本気で連絡取れなしてたみた

い飲み友達



約束の時間になる、本当にDQNの車が家に迎えに

オシャレとは言えないが、自分の勝負服に着替えDQNの車に乗

にはDQNの他にも2人っており、らも僕をいじっ奴らの人だ

「ウイwww○○wしぶwww」

「ウェーイw○○ww変てねーwww

テン高くってる二驚き格好ると成人のままだったので、まどこか酒を飲んだろう婿

あんるせろすぞ

DQNの一に二人おとなしくり、は助手席に乗った

「じあ行くぞー」

こうして僕は二の会場へ向かった


24 :名も無き被検774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:10:31.08 ID:w6ZzJY750.net
二次会会場はとある駅居酒屋でした頃にうやっていたみたった

ったく、おめーらがうるら遅れたじゃね

DQNが悪態をつ

人は結僕をじり続けてい

(まぁ、やっぱ変わらなか…)

僕はげっそしながへ入った


25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:11:22.52 ID:YGTF9pFA0.net
ふむふむ


26 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:20:14.77 ID:w6ZzJY750.net
席まで案内されると、すでにみんな騒いでた

DQNたちはすぐに仲の良い友達のところへ向かっていた

僕はというと、どうやら唯一仲の良かった友達が来てなかったようなので開いていた隅っこの席へに座った

特に誰かが気づくこともなく僕はとりあえず何か食べ物を注文することにした

僕は3月生まれなので、成人式の時はまだ酒が飲めなかった

(あ、これ美味しい…)

隅っこで一人ほそぼそと食事をしながら、ワイワイ騒いでるほうをチラリと見た

(やっぱり、こうなったかー)

ある程度予想はしていたが、やはりこうなると寂しいもので、どうやって抜けだそうか考えていたら

いつの間にか隣に人座っていた


29 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:29:06.19 ID:w6ZzJY750.net
その人物は例の初恋の女の子だった

「何一人で隅っこにいるの?」

「んー、うん…」

その質問はなかなか困る質問だ

「みんなと一緒に騒ごうよ。」

「…あんまり騒ぐのはすきじゃないんだ。」

嘘です。ホントはお祭り騒ぎは大好きです。彼女の前ではカッコつけたいのか、嘘ばかりついてしまう。

「ふーん。…あれ?お酒飲んでる?」

「まだ飲めないもので。」

「えー?あ、そっか誕生日3月だっけ?」

なんと彼女は僕の誕生日を覚えていた

それだけで幸せな気持ちになり、もう帰ってもいい気分だった

「…んまーでも今日は特別な日なんだし、飲んじゃいなよぉ。」

どうやら彼女は酔っ払ってしまってるようだった

「いやいや、さすがにダメでしょう。」

「なにー?私の酒が飲めないってか?」

「はい。」

「相変わらず真面目だねー。」

彼女は相変わらず、といったが僕は真面目な生徒だった記憶はない

どうやら彼女はあまり僕の事をはっきりと覚えてないようだった

少ししょんぼりしながら、僕は彼女の絡みに適当に対応していた


30 :も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:33:07.95 ID:w6ZzJY750.net
の様子を見友たちが、調子に乗ヤジをしてきた

お、お二人んアツねー!ヒーヒュー』

全体に色い湧き

れにし彼女は、「だー悪いかー!」

…あぁ彼女は完璧尿に酔ているよう

、あばたもえくぼと言うか、酔っ払女も愛しく思うの僕は彼女のこが好きんだな

、自己析しな、どうどうと彼女を抑える




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様