2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

成人式に行ったら人生変わった話






http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1421564604/


1 :名も尿774号+@\(^o^)/2015/01/18(日) 16:03:24.68 ID:w6ZzJY750.net
職場で成出てい出たので。

ちなみに男す。






3 :名も無き被774号+@\(^o^)/2015/01/18(日) 16:06:53.89 ID:w6ZzJY750.net
当時殿スペクは
高卒フリーター
長175以75前後
オタク
彼女いない歴=年齢
ろん童貞





5 :も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:10:44.55 ID:w6ZzJY750.net
の僕卒でろくに仕事もしてないこ恥じていて成人式に出るのがとにかだった

でも『節の行参加するう我

式に出てばいいか・・・」、成人式出ることにした






8 :も無き被検体774号+@(^o^)/:2015/01/18(日) 16:14:30.35 ID:w6ZzJY750.net
式に参加する旨を両親にたら、妙に張り我がつきの袴を用して

ウキウキしなら、親戚一同電話をしていた

正直 紋付袴なんかしーツのほが良かったけど

両親の姿と、一応家次ぐものといて、成人は袴ていくことにした






9 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:15:29.98 ID:QCu2cbPP0.net
いい家やな




11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:18:04.42 ID:w6ZzJY750.net
当日、紋付袴を来て会場に遂に乗り込んだ

僕の地域の成人式は卒業した中学校別で、市町村別で行われる。

僕が成人式に行くのを渋ったのは、その理由もある。

あまり中学校でいい思い出がないからだ。





12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:23:08.18 ID:w6ZzJY750.net
中学の時の僕はいわゆクだった

か、いじめとではいかないがよくてい

その当時行っていた肩パンを意味なくやられたり

姿を侮辱するようアダ付けられた

にもを使われた(一とで返してはれる)

その程度のことが くちょくあった






13 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:28:20.63 ID:w6ZzJY750.net
そんな事はまぁ特に気に留めず笑って受け流していた

一番いやだったのは学力至上主義だったからだ

成績上位者が権力を持っていて、しかも上位者のほとんどが性格が悪かった

当時の僕は勉強というものにトラウマめいたものがありあまり好きではなかった

もちろん成績は下の方だった

そのため僕はスクールカーストの底辺に位置していた






14 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:32:02.23 ID:w6ZzJY750.net
とにかくそれらの理由で僕は中学の奴らにいい印象はなかった

だから、高卒でフリーターの状態で成人式に行くのが嫌だった

まぁいくら中学の奴らが嫌いだからと言っても、思春期の男の子なので恋をすることもある

成人式に行ってビックリしたのは、僕の初恋の相手の女の子が受付をしていたからだ





15 :も無き被774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:36:05.56 ID:w6ZzJY750.net
受付にそ初恋の女の子いたのに気づい僕は直帰りたかっ

一番を合わせたくなかった人絶対をあせるにい

しかし、この帯に子が外をうろてたら何あった思われだろう

何より親は外で待っている
意を決は受付かった





16 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:42:35.72 ID:w6ZzJY750.net
受付の女の子に名前を告げる
女の子「☓☓中学校の○○君…。ってあの○○君!?」

僕「あぁ…うん。」

彼女が僕の事を覚えてる事も驚きだし、まさか反応するとは思ってなかった

女の子「うぁ〜久しぶりだね!中学卒業してから会ってないよね?元気にしてた?」

僕「まぁボチボチかな…」

まさかこんな事になるとは思っておらず、反応することが出来なかった

女の子「って後ろに人が詰まってるや。じゃまたね。」

そう言って彼女は仕事に戻った
(あ〜ビックリした…まぁ成人式に来てよかったかな?)

そう思いながら僕は式場に向かった






18 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:49:18.36 ID:w6ZzJY750.net
その後 式は滞り無く進み、昼ごろに終了した

さて帰ろうかな…、と思ってたら突然後ろから蹴りを食らった

「見つけたぞ!」

そう言いながらもう一度蹴ってきたのは、高校の同級生だった

高校卒業後、県外に就職したのがいろいろありやめてしまい、地元に戻ってからは一切連絡を拒否していたためとても心配してたようだ

それを見て母親は
「あんたにもいいお友達がいたのねぇ…」

と泣きながら言っていた

さて、今度こそ帰ろうと駐車場の方へ向かおうとすると。また別の方から声をかけられた





17 :名も無き被検体774号+@(^o^)/:2015/01/18(日) 16:47:26.11 ID:bLu8ccNs0.net
るで




22 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:57:38.24 ID:w6ZzJY750.net
>>17
ありがとう

「あれ、もう帰るのか?」

そう声をかけてきたのは、僕をよくからかっていたDQNの一人だった

「ああ、うん。」

「ふーん。二次会には参加しないのか?」

「うん。特に連絡もらってないし、時間も場所も知らないし。」

それは当然で中学の奴らに、僕の連絡先を誰一人にも教えてなかったからだ

「はぁ!?マジで!?ちょっと待ってろ」

そう言ってDQNは人混みに消えて言ってた

待ってろと言われたのに、帰るわけにもいかず 言われたとおりに待っているとDQNが何か紙を持って戻ってきた

「ホイ、二次会の要項。書いてるから、絶対来いよ。って今家にいるんだよな。なら迎えに行くから待ってろよ」

そういってDQNはまた自身のツレの元へ戻っていった

DQNは少々暴力的なところはあるが、いいやつなのは知っていたので、諦めるか、と思い二次会に参加する事にした







20 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:52:26.26 ID:bLu8ccNs0.net
>>18
蹴られたっ

「お前久しなウイ!」的





23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:05:59.26 ID:w6ZzJY750.net
>>20
スキンシップ半分本気半分

本気で連絡取れなくて心配してたみたい

今ではいい飲み友達です

で、約束の時間になると、本当にDQNの車が家に迎えに来た

オシャレとは言えないが、自分の勝負用の私服に着替えDQNの車に乗った

車にはDQNの他にも2人乗っており、当然彼らも僕をいじっていた奴らの一人だ

「ウェーイwww○○www久しぶりwww」

「ウェーイwww○○www変わってねーなwww」

妙にテンション高くなってる二人に驚きながらも、格好を見ると成人式のままだったので、そのままどこかで酒を飲んでたんだろう

「あんまりうるせーと下ろすぞ」

DQNの一喝に二人はおとなしくなり、僕は助手席に乗った

「じゃあ行くぞー」
こうして僕らは二次会の会場へ向かった






24 :無き被774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:10:31.08 ID:w6ZzJY750.net
会場はとある駅の居酒屋で、着した頃にはどうまっていだ

「ったく、おめーらがうるいから遅れじゃねーか。」

DQNがをつく

あの後も二人は結局り続便いた

(まぁ、やっぱりわらないか…)

はげっそりしな店へ入った






25 :も無き774号+@(^o^)/2015/01/18(日) 17:11:22.52 ID:YGTF9pFA0.net
ふむ




26 :も無き被774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:20:14.77 ID:w6ZzJY750.net
席まで、すでにみんな騒

DQNたすぐの良い友達ろへ向かっていた

というと、どうやら唯一仲かっが来てなったなのでた隅このへに座

に誰かが気づくこともなく僕はとりあ何かべ物注文ることにし

僕は3月生まれなで、成式の時はまだ

(あ、こ美味しい…)

で一人そとをしながら、ワイイ騒でるほうをチラリと

(やっこうなったかー)

る程想はしていたが、やはいもで、抜けだ考えいた

いつのにか隣に人座ってい





29 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:29:06.19 ID:w6ZzJY750.net
その人物は例の初恋の女の子だった

「何一人で隅っこにいるの?」

「んー、うん…」

その質問はなかなか困る質問だ

「みんなと一緒に騒ごうよ。」

「…あんまり騒ぐのはすきじゃないんだ。」

嘘です。ホントはお祭り騒ぎは大好きです。彼女の前ではカッコつけたいのか、嘘ばかりついてしまう。

「ふーん。…あれ?お酒飲んでる?」

「まだ飲めないもので。」

「えー?あ、そっか誕生日3月だっけ?」

なんと彼女は僕の誕生日を覚えていた

それだけで幸せな気持ちになり、もう帰ってもいい気分だった

「…んまーでも今日は特別な日なんだし、飲んじゃいなよぉ。」

どうやら彼女は酔っ払ってしまってるようだった

「いやいや、さすがにダメでしょう。」

「なにー?私の酒が飲めないってか?」

「はい。」

「相変わらず真面目だねー。」

彼女は相変わらず、といったが僕は真面目な生徒だった記憶はない

どうやら彼女はあまり僕の事をはっきりと覚えてないようだった

少ししょんぼりしながら、僕は彼女の絡みに適当に対応していた






30 :名も無き検体774号+@\(^o^)/2015/01/18(日) 17:33:07.95 ID:w6ZzJY750.net
様子を見た級友たち調子寿ヤジばし

『お、お二人んアツいねー!ーヒュー

会場全体に黄声が
それに対し彼何だー悪いかー!」

あぁ女は完璧に酔っいるうだ

まぁ、ばたもえと言うか、酔っ払っている女も愛おしくうのは綿ことが好きなんだなぁ

と、自己析しながらどうどうと彼女を抑える






31 :名も無被検体774号+@(^o^)/:2015/01/18(日) 17:37:51.21 ID:YGTF9pFA0.net
今思えば、行っておいたら良かったのかな。

は若かから友達居ないで独りでくの嫌だっんだよぁ。





32 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/01/18(日) 17:39:55.44 ID:w6ZzJY750.net
「全くアイツラは…」

「まぁまぁ」

そう言いながら彼女に水の入ったコップを渡す

「はぁ〜、ありがとう。本当に気が利くね。」

「いえいえ。」

一年だけとは言え、社会に出たことのある身

酔っぱらいの対応は慣れていた

「ホント変わらないねー。性格もだけどさ、見た目も全然。強いて言うなら髪が伸びたくらいか。」

「そうかな?」

僕は昔坊主頭だったのだ

彼女はなぜかそれを気に入り、暇があると僕の頭を撫でまわしていた

「いやーあのジョリジョリをもう味わえないのかー。…髪切る?」

「なんと無茶を。」

さすがにそれは冗談だったようで、彼女はお酒を頼んでいた








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150122211606