2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

一生ぶん泣いた恋から一年が経った






http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1160584735/


1 :下、名無しにかましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:38:55.91 ID:fEg4GrKE0
ん話暇な聞いてくれ。

いろあったらようやく一年が経って、気持の整たい思いから

とな書いてみる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・調・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大学を業して、に来てもう俺も今年で26に

だかバイトを使がらやくとさな会社の正社員なった。

は少安い社会人になれがモチベーションなりなんとか頑張れた。


んな中、事のちょう実家ほう件が出て

6月、空がそろそろ梅雨を呈てき時期だった

実家に寄って、知りいに会いたかったから少し2日早く帰った

港のなロビーを出てり敢ず実家にかおう思ってバに向かおと足を進めた






6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:40:01.99 ID:fEg4GrKE0
「すみません、人違いだったらすみません。XX君、じゃない?」


全く聞き覚えの無い声で振り向くと、ちょうど俺と同じくらい(170cm)の背丈の女の人が立っていた。

誰だろう…正直、覚えていなかった。

昔から知り合いは多いし、物覚えは良いほうだったんだが、この人は記憶の中に思い当たらなかった。


「はい、そう、ですけど。」

女「あ、やっぱりそう!!XX君、○○高校のXX君でしょ?あたしKだよ。K。覚えてる?」






7 :以宿、名無しにわりてVIPがお送ります:2006/10/12(木) 01:40:31.94 ID:g6faWeVS0
ほうほうそれでそれで




9 :、名りまVIPがお送します2006/10/12(木) 01:41:14.36 ID:fEg4GrKE0
K…記死で辿っみる

た。確かにいたいた。同じクスにはなっはなかったが同じ高校のす愛いだった。

大人っ当時から同級の間でも評判だた。


らもよく同級生と話したろ。「○組の△、すげー可って。

そん感じだよ。

喋る明るい、体育祭などではアリーダーを務る活発子だた。


、確かにそ子はが目の前の子は時と似ても似つないくらい大人びて

もしかしK○○(フルネームさん










16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:46:00.99 ID:fEg4GrKE0
K「そうそう!!覚えててくれたんだ☆ 何してるの?仕事?」

俺「え、ああ。うん。そそ。ちょうどこっちで出張あってさ。それで帰省したんだ」

K「へー、すごい。社会人っぽいじゃん」

俺「一応、正社員になれたからねww Kさんは今何やってるの?」

K「今は、…えと、うん。あたしも社会人だよ。こっちで勤め先見つかってね。」


話をしているうちに、だんだん当時の笑顔とか顔の癖(えくぼとかね)が記憶に蘇ってきて、ああ、この子は確かにKだ。って実感した。

本人なんだから当たり前なんだけどさww







22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:50:47.35 ID:fEg4GrKE0
そうこうしてるうちにバスが来た。



K「XX君は今からすぐ仕事?」

俺「いや、余裕もって帰ってきたから取り敢えずウチにでも帰ろうかな、って感じ」

K「ホント?じゃあさ、バス次のに乗ってさ、ご飯一緒に食べようよ」


俺「うん。そだね」

いつも友達と食事行く時の軽いノリで、俺たちは次のバスを待ち、それまで高校当時のとりとめも無い話を続けていた。



街で食事をしながら、当時の事とか、誰が今は何をしているかとか話した。

俺は(皆そうなのかもしれんが)本当に仲の良かった連中とも少しずつ疎遠になっていったからあまり同期の事は知らなかったが、彼女はもっと何もしらないふうだった。

「Kさんは結構皆と仲よかったじゃん。連絡とってないの?」





25 :以下、かわりましVIPがお2006/10/12(木) 01:53:36.89 ID:YL+UvxZaO
( ;∀;)イナジー




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:54:59.97 ID:fEg4GrKE0
>>25

泣きフラグはおまいの中でどこに立ったのか説明汁wwww


K「…んー、そう、だね。うん」


なんかよく分からんが聞いちゃまずかった事でもあったかと思ったんで、適当に話題を切り替えて話を続けた。


んで時間も経ったし、飯も食ったしそろそろ出よう、って事になって

Kが
K「XX君、帰ってきたところ悪いんだけどさ、しばらくこっちにいる?」

俺「一週間くらいはいるよ。取引先とは3日しか会わないんだけどねww」

K「ホント?聞いててなんだけど仕事サボりになるんじゃない、それ??」

俺「まあ、そうだけどwwウチの会社は営業には意外と目向けてないから」

K「あはは、そうなんだww でさ、唐突でアレなんだけど、また会えないかな?






29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:59:02.34 ID:fEg4GrKE0
唐突過ぎた。

これなんてエロゲ?とか何フラグ?とかそんなんばっか頭に浮かんできて勢いで


「いいよ。時間ついたら連絡するよ」


って携帯交換して別れた。

今思うと素直に忙しいって言っておいたほうが良かった気もするし、これで良かったのかもしんないとも思う。よく分からん


書くペースが遅くてスマナスorz






44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:10:18.40 ID:BOos9M6rO
>>39
なんで実家に泊まらなかったんだ?





49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:14:47.89 ID:fEg4GrKE0
>>44
実家はネット引いてないんだ

俺くらいしかいじらないし、金の無駄って事で俺が大学入ってから解約されたorz

ホテルなら回線引っ張ってるとこあったし、仕事でPC使うから已む無くホテルってわけです









36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:05:13.55 ID:1kw0HHyT0
これ最近の話ってことでいいのか





39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:07:28.39 ID:fEg4GrKE0
>>36
1年前だ。



んで、次の日から仕事でレンタカー乗って仕事に奔走した。

3日かける予定が色々あって1日で駄目になった。

帰ったらどやされるのは明らかだったが、会社に電話したら部長に

「なんとか言い訳してやっからゆっくりしてこい。実家、久々なんだろ?」

って言ってもらえた。

今でも感謝しているありがとう部長。これで酒癖悪くなけりゃ最高の上司なんだがww



んで、仕事もひと段落したし、その日は家族とも飯食ってゆっくりした。

ホテルに帰ってシャワー浴びて、ベッドに横になってから何となく、本当に何となくな気持ちでKにメールをした。







49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:14:47.89 ID:fEg4GrKE0
仕事が予定より早く片付いたから時間出来たよ

って内容だった。

夜中2時くらいだったのにすぐに電話が鳴り、返信メールかと思って携帯開いたらKからの着信だった。


俺「もしもし」

K「あ、ゴメン、寝てた?」

俺「いや、今メールしたばっかじゃんwww起きてるよwww」

K「そっか、そうだねwwwへへww」

俺「元気いいね〜、相変わらず。俺のほうこそ起こしちゃった?ごめん」

K「あ、大丈夫。あたし夜型だから☆」

俺「そっかww俺も寝る時間遅いんだよ、いつも」

K「お互い社会不適合者ですなーww」

俺「うるせーよwww」






57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:21:13.07 ID:fEg4GrKE0
内容の無い話で1時間近く話したかな、一瞬会話が途切れて沈黙になったときにKが

「ね、今から会おっか?」

と一言。

正直寝転がって話していたし、眠くなりかけてたから面倒だったのが先に来て一瞬ためらったんだが、セクロスフラグをwktkしてしまった性欲の塊だった俺は

「おお、いいじゃん。支度するよ」

と口にしていた。








68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:28:16.57 ID:fEg4GrKE0
電話切ってから1時間くらい経って、Kの家にレンタカーで迎えに行った。

ジーンズに赤いTシャツで、首にシュマグというかスカーフみたいのを巻いててそれと同じ柄のカバンを持ってた。


K「わざわざありがとー、これ自分の車?」

俺「レンタカーだよレンタカーww東京から乗ってこれないってww」

地元は九州です。


二人で行き先は適当でいっか、って事になってコンビニに寄って飲み物と食べる物を買った。

俺は車だから飲めなかったがKは3本くらい酒を買って1人で助手席で飲んでた。






74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:31:32.36 ID:fEg4GrKE0
しばらく走った。

地元の人間ならしょっちゅう通る道で、まっすぐだからドライブになんとか適している道を走ってるときに、鼻をすする音が聞こえた。

Kだった。



K「あ、ごめん。大丈夫だから」

俺「クーラー寒すぎた?消そうか?」

K「その冗談ダサくね??wwwホントに大丈夫、ありがと」

冗談のつもりはなかったんだが…orz


けっこう遠くまで走って街ふたつ越えるくらいまで来た。

駐車場の異常に広いコンビニがあったんでそこでちょっと休憩しようと思って車を止めた。






82 :以下、名無しにかわしてVIPがお送りしま2006/10/12(木) 02:35:59.45 ID:fEg4GrKE0
Kは泣い

ったのかな…とは思っんだが正直ファビョってまって時にる言が見ない。

一瞬Kを見たん沿って何も言えなかった。


K「ごめん、ちょっと色々思い出しゃっ。。。びくりしたごめんね」

「いや、俺はいいんだけどさ。大丈使夫?

K「うん、なんか理ついてくて話すにはまとまらなんだでも大丈夫。ここ駐車場寿!!田綿ww

俺「だなーww

なんか無理矢理明つとめうとているKがと見て切なかった。






90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:43:05.16 ID:fEg4GrKE0
俺「なんかさ、お互い大人だから色々あるよな」


なんか一生懸命ごまかそう、ごまかそうとして必死だった希ガス。


K「そうだねー、もう20代後半に差し掛かっちゃったもんねー。四捨五入すると30ですよww」

俺「やめれwwww若さのかけらもねぇwww」


深くため息をついて背伸びをするK。

涙はまだ出てたんだが笑顔がだいぶ戻っていた。


K「あのさ、XX君―」

俺「うん?」


K「しよっか?」







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:泣ける話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:泣ける話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150612141853