2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

机の上に予言が書いてあった。







1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 03:57:56.77 ID:7wm2QxL+0.net
初めに言っておきたい事がある。

これからする話の奇妙な現象は君には理解できないし、理解しようとして欲しくもない。

だって今の僕でも、あの時の事は何一つ分かっちゃいないんだ。


多分、神様の気まぐれなんだろうね。忙しい天国の久しぶりの長期休暇に浮き足立った何処かの神様が、パッと目に留まった僕に悪戯をした。

そして幸いにも、その神様は悪い神様じゃなかったんだ。


僕はそう考える事にした。

いや、そうでも考えなきゃやってられなかったんだよ。

他に納得のいく説明が出来る? 普段使っている教室の机に落書きが書いてあって、その落書きが未来を予言している現象について。








2 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:01:10.31 ID:7wm2QxL+0.net
初めてその落書きに気づいたのは高校一年生の十月頃だったかな。

まだ残暑が続く中、唯一冷房が効いている図書室でいつものように本を読んでたんだ。


何を読んでいたんだっけな、昔から小さい文庫本が好きだったから、きっと文庫本。題名までは覚えていない。

帰宅部だった僕は放課後の有り余った時間を毎日図書室で水のように浪費した。


いつものように一九時頃まで本を読んで、そろそろ帰ろうと教室に置いてある鞄を取りに戻った。






3 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:03:27.55 ID:7wm2QxL+0.net
脇にがっ重いれをち上て、をやると僕は驚愕した。

の上にでかと『ねがわれる』と書てあったのだ。


あったと言っても鉛筆やボルペンで書かれたものではない律儀にも消せない彫刻刀のようなもので彫ってあ

それた僕頭にはイジメの三文字がだ。


しかしどんなに必えて僕をるよ人なんていないし僕自イジられるような性いないと思った


どこかの誰かがひそりと僕を恨んでいた可能性はある。そいつがれをした、そう考える事できたのだが、るこなか


日は逃るように家に帰った。






4 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:07:54.93 ID:7wm2QxL+0.net
次の日の朝、念の為いつもより早起きして教室へ来てみると机の上の落書きは消えていた。

先生が気づいて机を変えてくれたのだろうか。そうだとすれば後できっと話を聞くために呼び出されるだろうな。


――そんな僕の考えは外れたようで、放課後になっても呼び出しをくらう事はなかった。

そうだとするなら、先生以外の誰かが机を変えてくれたのだろうか?よく分からなかったが、ありがたい事だった。

きっと机は変わっていなかったんだと思う。これも奇妙な話だ。






5 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:09:04.47 ID:7wm2QxL+0.net
その日も図書室を訪れた。

手軽に読める文庫本が僕のお気に入りで、ハードカバーを毛嫌いしていた僕だったが、数少ない友人の一人に勧められて、珍しく分厚い本を読んでいた。


普段は眼鏡をかけているのだが、本を読む時は目が疲れるので外している。

その時も図書室の長机の上に眼鏡を置いていた。









6 :名も無き検体774号+@\(^o^)/2015/07/16(木) 04:09:38.84 ID:7wm2QxL+0.net
とした拍子、机の真中に置いていたはずのが机、それをおうとした子に本が手かり落、物事にハードーを鏡に向け

速度運動が働いているファーブル昆記程の大の本に下敷きにさ眼鏡はフレーだけを残して、鏡と呼べる見る影もなかった


が初めの予言体験った。

の時の僕は偶然が重な面白いともあものだ思っけだった、その日も机の上のを見つけまった


『きょをなく

もちん、この予言も当た事に






7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:10:09.28 ID:7wm2QxL+0.net
それから毎日、放課後の僕の机の上には予言が書かれることになる。

予言に共通しているのは、全て僕に関する事だということだ。それもマイナスな事。


例えば最初の眼鏡のように、僕の物が壊れたり、無くなったり。予言が書かれた次の日にそれは起こる。

そして、全て予言通りになるというわけでもないらしい。





8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:11:55.05 ID:7wm2QxL+0.net
僕の持っているお気に入りのボールペンがある。コンビニで買った八百円の三色ボールペンなのだが、これが壊れるという予言があった。

このペンは書き心地がすごく好みで、お気に入りだった。


アルバイトをしていない僕にとって八百円というのはなかなかに大きなもので、かといってボールペンに八百円を出してくれる親でもない。

そこで僕はそのボールペンを家に置いて学校へ行くことにした。予言を覆そうというのだ。


結論から言えば、成功である。






9 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:13:34.26 ID:7wm2QxL+0.net
僕は僕の手で未来を変えたのだ。

とても小さな一歩だったが、どこかの神様に一泡吹かせてやったという晴れやかな気持ちで僕の心はいっぱいになった。

未来を変えられる事実を知ってから、僕にとっての予言の印象は、まだ若干の恐怖はあるものの、ある種の予報のようなものだった。


天気予報ほど曖昧な予測ではないが、物語の中に出てくる予知ほど正確でもない。書かれる予知は一文だけ、後はそれを僕が読解して、どう対策するかだ。

この時期の僕は輝いていたと思う。新しい玩具を買ってもらった子供みたいにはしゃいでいた筈だからね。





10 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:14:16.24 ID:7wm2QxL+0.net
気ない日常、何も立たな予言をただ一人だけが知っていて、なちょとの日常がとも楽しかったんだ。

かし、ある日に事情が変ってくる。






11 :名もき被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:15:31.80 ID:7wm2QxL+0.net
胸騒した。らせと言うだろうか、僕はそ日に何か起こることを予感ていた


昨日てあった予知はしごむなくす』なんいうつもと同他愛もないものった

時使っていた消しゴムはボロボロ買い置きが既にに置いてあったから無くなった所はない。


了を知らせる鐘が鳴っの上に綺麗ておいた筆記具をに戻す時、手がもいて消ゴムしまった。

小さまったそれはでこぼこの空き地でッカーボールのよイレギュに跳てどこかへ転がっいっった。予知通り

無くなって消しゴムを気することもなく、僕は次の授の準備を始めた。





12 :名も無被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:17:14.33 ID:7wm2QxL+0.net
その日の帰り図書室に寄らずに帰るにした。こいって用事があったではい。ていなら気まだ。

婿かには本が好きだが、だから言っ人生全てを本げているわけでもないし、読だ本の数が同級生の中で番というわないだろう、と思う


とっと家にてゲーもしと考えてた時に、後ろから声をかけられ婿た。

ねぇ、沿

振りいた先にいのはのクスの便子だった。名前は相良咲さがい髪は校則がっ、キリリとした目つきはクーさを感じさせどこかまだなさを残した顔つきで、いかに高校生という風貌だ






13 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:19:02.00 ID:7wm2QxL+0.net
ほとんど話したことの無い相手だった。まして高校生だ。自分のクラスですら、中学時代に比べればその人数は圧倒的。その大規模な集団が幾つもあるのだ。

友達が多ければ隣のクラスや、隣のまた隣のクラスの人とも知り合い程度にはなれたのだろうが、僕はそういう種類の人間ではない。


話が逸れてしまった、そう、その相良さん。僕が女の子に話しかけられた事も驚くべき事なのだが、その子の左手にはもっと驚くべき事が秘められていた。


僕が失くした筈の消しゴムを握っていたのである。

「これ、君のでしょ? はい」

相良さんは笑顔でその小さな消しゴムを差し出してきた。






14 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:19:31.02 ID:7wm2QxL+0.net
忘れていた朝の胸騒ぎを思い出した。また胸の奥がざわざわと蠢いて、少しだけ目眩がした。

予知が告げる今日は、他人の鑑賞であっさりと変わってしまった。


問題はない筈だった。僕にとってマイナスな事ばかりのその予知が変わる事は、むしろ好都合である筈だった。しかし、僕の中には大きな穴ができたような気分になったのだ。

僕にしか知り得ないその予知に、僕だけの秘密にしてひっそりと楽しんでいたその予知に、殆ど面識のない他人によってあっけなく覆されてしまうその予知に、僕は大きく大きく失望してしまった。








15 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/16(木) 04:23:03.39 ID:7wm2QxL+0.net
相良さんら消しゴムを受け取って、頭を下げてその場からそそくさと離れ

部活動をして徒の大き声と、相さんの迷惑優しさをに感ながら、殿た。

り際に見た彼女のとても嬉しそうだっ






16 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:28:31.39 ID:7wm2QxL+0.net
次の日、退屈な授業。

教室の一番後ろ、窓際の席に座る僕は顎を手のひらの上にのせて肘を立て、窓の外を眺めていた。


昨日の事を思い出す。

とても簡単に変わってしまう予知、未来。





17 :名も無き被体774号+@\(^o^)/2015/07/16(木) 04:31:15.53 ID:7wm2QxL+0.net
毎日楽しであったその玩具は、相良さんの手によっっけなく粉砕されてしまっ

てみ然の事たの未来変えゃないっているらこ自身の手で未来を変えているように感じて寿ただけで、今も何処かないかが来るは変えているのか貿れない。


うも簡単に、至極柔軟に未来変わるのだ。もしすると僕が今右手を動かすだけで、未来が変わるのかもしれないな。

変わる前変わった後の未来それを測るなど無いが。まさにシュレーディーの猫だ

えば昨言をていないな。今日はどんな事が起こる定なのだろう。また何かを失ったり、したりすのだろう


それから僕、簡変わる予知に意味出せず、った予言確認をしななっ






18 :名も無被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:31:38.04 ID:7wm2QxL+0.net
気付く

言を初めて見た時か既に一殿った。あの日からを失くしたり壊したりしなった日はない。






19 :名も検体774号+@(^o^)/:2015/07/16(木) 04:33:29.72 ID:7wm2QxL+0.net
寿、あさんに未来変えてから一週間は何も失っていな

かを失いそうにり、壊しになると決まって彼女が僕のに現れにな


もしかして、あの言をていのだろうか。

憫に助けくれいるのだろうか


日僕は確信を得ために、一週間ぶりに予言を見ことにした。






20 :名も無検体774号+@(^o^)/:2015/07/16(木) 04:34:44.03 ID:7wm2QxL+0.net
放課図書室に来た。

残暑と同時に冷房は消えて機械音えてくる音は運動部の掛け声と吹奏楽の管楽の音色だけ

さすぎることもな静かすぎるこもないそ空間は、本を読むには絶好の場所だった。


元々僕は静かな場所が好だっ静かな場所といっても閉店後駅ビルだとか複合業施設のような相対に強化れた静ではなういた自然的な静かが好のだ。

が落ちいて、少しばかりノスタジッ婿分にな


の空だけ、時が止まっいるようだっ

創設時から置かれてであう古本の匂いが鼻を燻った。目に付いた本を棚か引き抜い顔に近づけて少しだけ匂いを嗅ぐ人差し本の背をでて湿らがの長って本を開い





21 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:38:00.02 ID:7wm2QxL+0.net
半分ほど読み進めた頃、校内に下校時刻の放送が流れた。

すっかり本の中の世界に夢中になっていた僕は、意識を現実世界へと引き戻した。司書さんからメモ帳を一枚もらって、本に挟んで棚に戻す。


僕は早足で教室に向かった。

僕のクラスはBクラスだ。図書室がある西棟の二階の奥から二番目にある。





22 :名も無774号+@(^o^)/:2015/07/16(木) 04:39:36.80 ID:7wm2QxL+0.net
慣れない早足にを切らすないどすぐに教室えてきた。

入り口前に人影があ相良んだ。


はりの予を見たのろうか? 何やら嬉しそう、恥ずかそう顔で下を姿向きながらこち歩いてくる。

が近くと、彼女はめ、顔をげて僕の方宿を見た。

そのまま二秒間くつめ合ってい

ら話しかけるともなく、だ相良さんはたよう照れたような、んな顔を使た。


先に口を開いたのは僕の方だった





23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:41:10.70 ID:7wm2QxL+0.net
「予知、見たの?」

至極単純な質問だった。ただ、力がこもってしまった。


目の前にいるこの子が、僕の楽しみを奪った本人だと思うと、腹が立ってしまったのだ。

こうなることは予想できていた。

だから身構えていたつもりだった。彼女に会っても、怒らずにただ感謝しようと。


だけど、そうはいかなかった。








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, すっきりした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, すっきりした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150724192845