2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

嫉妬と逆恨みでモンスターに変わり果ててしまっていた元彼女







436 :恋人は名無しさん:2009/08/13(木) 13:41:15 ID:WHKankj70
いろいろとケリをつけるために投下します。

登場人物紹介は、複雑な人間関係でもないので割愛します。

ちなみに私はどちらかというとブサメンな理系頭の文系男です。


1.大学以前
 大学入学のため地元を離れることが決まったころ、当時の彼女Aの浮気が発覚。

12年の信頼関係が瓦解する。軽く女性不振&お酒に逃げることを覚え始める。



2.大学1年
 サークルで一緒になった女性Bと意気投合。女っぽくないというか、以前の彼女を感じさせない性格だったのが良かったのだろう、女性不振にもかかわらずBに告白、付き合うことになる。





438 :恋人は名無しさん:2009/08/13(木) 13:43:34 ID:WHKankj70
 それか3ヵ月飲み会のときにっとの話を漏らすと、Bは

詮Aの代わりなしょ」とと。

否定たが、聞らえい。

もしかしたショクをBで和らげうとていたのもしれない思いたり未練たられを受け入れる。ちなみに、肉体はなし。



3.大学1年後半
 ークル部長とBが付き合い始める。部長私がのことをあきらめ切れていないという稿とを知ているにも関わらず

あいつ、の時が大て隣怒らるんなwww

呂場でやったんけど、声反響しすぎたwww」

知ってるつパパンんだwwwあ、知らかww」

々いいろと教くれた。

は自分に妬してたのれんが、その辺はくわからない。酔わない限りは面倒の良い人だった





439 :は名無しさ:2009/08/13(木) 13:47:32 ID:WHKankj70
.大学2年前半
 B長が別れる
 部長おかげでいろいろ妄想が膨らせてしはBを避ような行動をし始める

いえ、サクル仲間ではあるためにお酒も一緒に魚寝もする仲間員で泊りがも行かなければない。

表面上はとても楽しく過ごすよう、いつもよりずと高いテを保てるように、努していた



2年後半
 同じサークで、部長の同期の男(先輩と表記)が留年確定。

Bは同じ学部のう男と付き合たらしい、詳細不明だし、知りたなかった。






441 :恋人は名無しさん:2009/08/13(木) 13:49:05 ID:WHKankj70
6.大学3年中盤
 先輩が再度の留年確定。規定により半年以内に寮を退去しなければならない。

私の隣の部屋が空き部屋になっていたので、大家を先輩に紹介。先輩が隣に住み始めることになった。

 それから数週間後、先輩の部屋から女の声が聞こえ始める。

先輩は、2回目の留年が確定したとき、私と同期の女性に振られたはずだが…。



7.大学3年後半
 私は就職活動で部屋を空けることが多くなった。

東京で行われる説明会や試験のスケジュールをぎゅうぎゅうに組んで






442 :恋人は名無しさん:2009/08/13(木) 13:52:44 ID:WHKankj70
東京で行われる説明会や試験のスケジュールをぎゅうぎゅうに組んで東京へ行く

→カプセルホテルで5日間(この間ずっと面接や試験)

→東京から帰る

→東京へ行くための資金稼ぎ(短期集中バイト)&ES作成

→最初に戻る


 という生活が4ヶ月ほど続く。疲れ果ててアパートに帰ってくると、どこかで見たことのある車が止まっている。誰のだっけ…?

※ES=エントリーシートのこと。履歴書みたいなものだと思ってください。





443 :436:2009/08/13(木) 13:55:41 ID:WHKankj70
名前付け忘れサーセン。

 首をかしげながら部屋に帰ってくると、隣からはあえぎ声。

いたたまれない気分になりながら汗を吸いまくったワイシャツやスーツの手入れ、洗濯や夕食の準備をしていると、隣の部屋から女性が帰る気配。

窓からは先ほどの車が見通せるので、好奇心から見てみると、Bの姿。当然、Bからも私の姿は見えたのでしょうね。

あわてて帰っていきました。



 別れた女性がダレと付き合おうと知ったことではない、と頭ではわかっていながらも心の中はぐちゃぐちゃ。

先輩に部屋を世話したのは私、風呂の使い方から洗濯機の使い方からいろいろと教えたのは私、Bへの気持ちを先輩に相談したこともあった私、

私の部屋によく来ていたB、

部長と別れたときに「サークルの男とは絶対に付き合わない」と言っていたB、

私の同期の女性の悪口を公言していた先輩、部長の暴言に対して私をかばってくれた先輩。


…いったい何なんだこれは、と呆然とし、愕然とし、とりあえず笑いがこみ上げてきたのでケタケタ笑いながら酒に逃げることにした。





444 :恋人は名無しさん:2009/08/13(木) 13:57:27 ID:GbqKDW5x0
>>443
支援するけど修羅場はまだ?



447 :恋人は名無しさん:2009/08/13(木) 14:01:46 ID:WHKankj70
>>444 ごめん前ふりが異常に長くてん。もう数レスなると思う


 さりとて、動はしなければならない。バイトければならない。

にかくしゃら過ごして内定を得、卒論、とばたばたしてる中、除くークル期たと飲みをするこた。

同期1「言いにくいんだど…Bさ、気便づいてた

  「Bの?そりあ、隣から声は聞こえてくるか

同期2「…」

同期3「でかいとうわさのあえぎ声か。リマンじゃねえか

私  そううこというなよ!」

同期3いい加減目ぇ覚よ!一見可愛い見利用した淫乱女じゃねえか

  「同期話でもんだかれ以悪口言うなよ…」

 「…


 と重苦会話かターする飲み会。テラ

はいルコの力は偉り、なんだかだ言つつもりも泣きもした。






448 :恋人は名無しさん:2009/08/13(木) 14:03:28 ID:WHKankj70
 その後は、何事もなかったように同期としてBとも過ごす毎日。それは卒業まで続いた。



 というのが私とBの関係。壮大な前ふりで申し訳ないが、修羅場はここから。

 大学卒業後も、サークルで中の良い奴らは付き合いを続けている。

私も卒業後5年くらいは頻繁に同期や後輩に会っていた。



現在は卒業から9年がたち、前述の同期1くらいとしか連絡は取り合っていなかった。

 Bは卒業後、就職もできず公務員試験も受からず4年ほどフリーター生活。

先輩は編集者を目指しながらずーっとフリーター生活をしていたらしい。

 そんな私だが、このほど結婚することになり、同期1に披露宴の出席を打診する電話を行ったのが、今回の修羅場の発端。








494 :436:2009/08/13(木) 15:16:38 ID:WHKankj70
 婚式の準備仕事忙しく過ごす私のに見慣れ番号からの着信があ

留守電を聞から。

Bは隣に住いた今は436とじ県で派員とし働いているとのこと

々にご飯でもうか誘いがあったが断る。婚前に怪しげなこはでないし、会話をする時間も気力い。



 電話から数たって、新る予定で借りた稿アパのないが届きめるく。

曰く「436は気してすよ」とか「436には実子供がいます」という内容婿

これがまためかい脅迫状のような作り新聞広告を切り抜いて文章を作タイプ。


 石にこは由々しき体。在のにこううもが来ている

そりゃあ、じ会社休日もほぼ一緒いるんだから浮気すんかいというのは彼理解してくれている。

問題、436に恨み人間の仕か、彼女にを持つ人間の両方なか、ということだ。





495 :436:2009/08/13(木) 15:19:20 ID:WHKankj70
 社内恋愛の末の結婚であり、彼女はかなり持てるほうだったため、社内向けの結婚報告には一波乱あったらしい。

俺も狙っていたのに、436の彼女は俺の嫁等々

散々弄られつつも、基本的には全員祝福してくれているので、社内ということはない。



 じゃあ彼女か、というと、友人は数えるほどにしか知らせていないし、あとは恩師と会社と親族だけ。

じゃあ、どう考えても、436の身辺が原因だ。

 前の彼女?とかいろいろに勘ぐられたが、正直覚えがなかった。



結局犯人はBなのだが、Bは間違ってもそんなことをする女じゃなかった。

先輩を寝取る時だって正々堂々ぶつかって言ったらしいという話は聞いている。

 5通ほど脅迫状が届き終わったころ、再度Bから電話。

飲みに行かないかという誘いだが、結婚前に女性と二人っきりで酒を飲むというのはどうかと思うと断る。

すると、先輩も一緒だったら良い?という提案があったが、なおさら嫌なので断る。




497 :436:2009/08/13(木) 15:21:35 ID:WHKankj70
 断わった日の夜に家に帰ると、郵便受けいっぱいに手紙らしきものが詰まっている。

披露宴の招待状の返事がどかっと来たのかな?と郵便受けを開くと…

脅迫状と、蛾と、甲虫。

虫が大の苦手な私と彼女は悶絶。

なんとか部屋の外に虫たちを追いやった後、脅迫状を読む。内容は一緒。恐る恐る一通一通確認していたころにブイーンと携帯がなる。

我々ビビリまくり。Bからの電話だ。

私 「いま取り込み中だから、あとでかけるよ」

B 「いいよいいよ、お酒もってそっち行くから」

私 「は?だからとりこみty」

 ピンポーン♪

 え?とわけがわからなくなりながらドアを開けると、Bがそこにいる。






501 :436:2009/08/13(木) 15:24:28 ID:WHKankj70
私 「な、え、どゆこと?」


B 「だって、436、なかなか飲みに行かないし。久しぶりなのにさ。」


私 「…ごめん、意味不明。なんでうち知ってるの?」


B 「だって、招待してくれるんでしょう、結婚式。あ、その人が彼女?」


私 「け、結婚式なんかしないって」(と、嘘をつく)


B 「同期1クンから聞いたんだよー。前祝ってことで飲もう!」


私 「いやいやいや、誰が家に入れるって言ったよ。返れよおま・・・ちょ!なにし」


 瞬間、Bがビールビンの入った袋を彼女に投げつける。


私 「ふざけんな!何してやがんだおめえはよ!」


B 「怪我すれば披露宴やばいぃいよねえアハハハハ」


私 「はあ?」


B 「(真顔で)私が結婚できないのに何でアンタごときが幸せになるの?」


B 「もう10年も付き合ってる私のほうがアアハハ先に結婚できないヒヒのに何で?」


B 「あんたみたいなブサは私より先にィイィヒイヒヒ幸せになっちゃsふぁ;w」





503 :436:2009/08/13(木) 15:26:29 ID:WHKankj70
 彼女を奥に行かせ、暴れ始めるBを部屋に入れまいとしてドアから一歩出ると、男の姿が。


私 「ちょ、すみませんが手伝ってください!」


私 「事情は後からうおっあぶね、お話しますから!!!」


男 「…ごめんな 436」


私 「せ、せんぱいスか?」


 どうやら先輩同伴できたらしい。何するでもなくぶつぶつ言いながらこちらを見てるだけ。


コレは埒が明かん、ということで


私 「火事だー!火事でええええす!萌えてまあああす!!!1」


 一斉に開くドア。もみ合ってる私達。なんだなんだと人垣ができるころ、警察が到着。


彼女が連絡してくれたらしい。そのサイレンの音を聞いて安心した私は油断してしまい、右あばら骨辺りにBのもつウイスキーが入ったビンの直撃を受け昏倒。








508 :436:2009/08/13(木) 15:29:08 ID:WHKankj70
 その後by 彼女)


・ 436が倒れた、他の方々がBり押えてくれた

後までったまま動なか

・ ために、B関係者と疑われBとともに警察に任意同行

436はために病院(右あばら骨1本ヒビ)


 退院後、親から連絡が行き、私に直接させてほし申し入れがあっで、ける


情を聞く

Bは先輩と0年来の付きいをつづ

就職に落ち続、うつ病になっ

Bもを目指すものの常に不合(※ ことき先輩は32才29才)

・ そん、Bは同期1ら436が結婚する事を聞く

B「あの436が定職について、あつさえ貿する…だと…?

綿 Bはプロポーズす、先輩は経身もなからと煮え切ら

Bはいまさら別れともきな

・ B「お先真暗…な436は436の癖に結婚…私を好きだっくせに」

・ B「ゆ る せ な い・・ ゆ る さ な い」






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:修羅場・人間関係, マジキチ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:修羅場・人間関係, マジキチ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150912074039