2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

イケメン同期に振り回された俺の人生について語る





2 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 22:56:52.48 ID:GrNcWqV6.net
話は、6年前の2010年まで遡る。


俺の人生を振り回したあいつとは、24歳の春に出会った。



3 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 22:59:17.92 ID:GrNcWqV6.net
22歳。

大学を卒業して就職した会社は、ベンチャーを名乗るブラック企業だった。

サービス早出とサービス残業とパワハラとで半年も経たないうちに根をあげていたが、3年は勤めなきゃ何も掴めないと思って、心身をすり減らしながらなんとか喰らいついていた。

結局、上司と会社対して我慢の限界が来たのと、他にもいろいろあって、2年弱で退職したんだけど。



4 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:02:22.77 ID:GrNcWqV6.net
就職で東京に出てきた俺には、近くに頼れる親も友達もいなくて、ブラック企業で傷ついた心をちょっと休めて、なんて余裕はなかった。

とにかく次の就職先を見つけないと生活していけない。

転職活動をはじめて、最初に受けた中小企業。

「家から近いし良さげ」という軽い理由で面接を受けたら、いきなり内定をもらった。

新卒で就活してたときから面接官受けはそれなりにいいほうだったが、さすがに都合がよすぎる。



5 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:04:33.20 ID:GrNcWqV6.net
心配にはなったが、元ブラック企業出身として「ここは大丈夫そう」と予感がしていた。


特に気に入った点。

それは、女性社員の数が前の職場に比べて多いということだ。

実は前の職場でも社内恋愛で失敗していたが、やっぱり気になっていた。

社会人になって気づいてしまったのだ。出会いのチャンスは、社内しかないということに。



6 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:06:36.87 ID:GrNcWqV6.net
俺はお世辞にもイケメンではないが、フツメン以上だと思っていた。

告白はされないものの、告白したらOKしてくれる微妙なラインというか。


面接や手続きで2,3回ほど会社を訪問したが、そのときに可愛い子を何人か見た。

家も会社から近いし、もしかしたら もしかすることもあるかもしれないじゃないか。

ブラック企業からも脱したわけだし、一発・転職モテモテデビューをかましてやろう!

そう意気込んで、24歳の暖かい春の日、初出社となったのだ。





7 :き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:08:22.50 ID:GrNcWqV6.net
初出、職場のんな本当かく迎えてくれた。

総従業員40人ほどの人数で、おいの顔を知っいて、一体感が合っ

もTHE体の脳筋プで、馬便合いそうで、安心。

っから野球てきた俺には、体育系上司のが合っていた


前の上司はネチしてい使

君は当に頭が足りないな、小学生からやしたら?

足を動かすがないんだか、減ら宿口は慎もう。」

言葉心底腹が立っ姿のだ

が足りなのは事実だけさ・・・



9 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:11:48.22 ID:GrNcWqV6.net
所属部署のメンバーもいい人ばかりで、より俺の心を安心させてくれた。

可愛いくて細い女の子、貫禄のあるおばちゃん、小太りのおっさん、

「即戦力になりそうな若い男の子が来た!」と喜んでくれて幸せだった。


さっそく業務について説明を受けながら軽い作業に取り掛かったが、入社前に伝えられていたことで、ひとつ気になっていることがあった。

「所属は違うが、もうひとり新人が入るから、よろしくな。」

たしかそう言われていたはずだが、紹介もされないし姿が見当たらない。



10 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:14:33.95 ID:GrNcWqV6.net
まさか初出社の日に遅刻なんてないだろうしな・・・と考えていたら、いまは外回りに行っているということを聞かされた。

どうやら、俺より数日前に入社していたらしい。


間もなく昼食の時間になろうというときに、「同期くんが帰ってきたぞ。」と上司から声をかけられた。

事務所の入り口には、別部署の上司と思われる人と、まだぎこちない感じで連れ添っている若い男がいた。

(・・・・・・ゲッ!!)

同期くんと思われる男をみて、俺は心の中で叫んでしまった。

なんだ、あの爽やかイケメンは。



11 :名無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:16:42.21 ID:GrNcWqV6.net
りから帰ってきた別部使上司に挨にいくと、これまの方と温かい言葉をかけてくれたのとともに、「の同期にるか、連れ添ってイケメンを紹介れた

はじめまして。石健太郎といいます。」

同期は、爽やかな笑顔で握手を求た。


「ど、どーも、大地で

「石黒さですね。よろしくお願いし。」

白石健は、俺らか数段良い男だった。



12 :名も無き被検体774号+@(^o^)/:2016/02/17(水) 23:19:21.12 ID:GrNcWqV6.net
な、なの爽やかさ。

髪は適度に短く清潔感に溢れていて、二重のつぶらな、スッ貿い鼻歯並びがよく白い歯スマートな体型。

んといか、キラキラ包んいる

で、スポ狩りのゲジ眉日本みたいな貌の俺。

長は俺とほんど同じくいなの、なんだこの差は。



14 :名も無き体774号+@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:22:35.80 ID:GrNcWqV6.net
白石が帰って来てから職場が一層明る貿なった。すでに場に馴染んでいて、女の人も和気藹々話してる。


なに、貿がちっと遅れけで、こんなに差がついちゃうの?

ういう問題じゃない?見た目の問題?見た目の問題

ちょっまって?俺のモテテデュー計画


だめ。ものすごくヤな予感が



16 :石黒@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:26:21.97 ID:GrNcWqV6.net
案の定、人気は全部白石に集中した。


白石と俺は同じ24歳だった。

同じ入社時期、同い年、スタイルもほぼ一緒。

決定的に違うのは、顔と立ち振る舞い。


俺も男上司からは所属部署を越えて相当気に入ってもらえたが、いま求めてるのは男からの信頼ではなく女からの視線なんだよ!!



17 :石黒@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:30:27.47 ID:GrNcWqV6.net
白石はとにかく抜け目のないやつだった。

「事務所に季節を」とか言って花を買ってきたりとか、ちらっと誕生日アピールをした女にさりげなくお菓子を買ってきたりとか。

他にもキリがないくらいイライラするポイントが多かった。

最初のうちは「いい男すぎてね〜」と俺と同じように勘ぐっていた お局のおばはんも、気がついたら白石の味方になっている始末だった。



18 :石黒@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:33:09.98 ID:GrNcWqV6.net
でも、俺はわかっていた。

いつでも爽やかな笑顔を保っているが、白石はどこか上っ面な感じがする。

その笑顔の裏には、きっと何か秘密があるに違いない。

入社して三ヶ月、人気を掻っ攫われながらも、いつか鼻を明かしてやろう、と心に決めていた。


19 :石黒@(^o^)/:2016/02/17(水) 23:39:54.62 ID:GrNcWqV6.net
て、いよいよ夏の訪感じる

休日に俺は、ファミレスであ女の会っていた

な?白石ってつ腹立。」

立たないけど。

るそうに俺話をいているその女のは、早苗う。3つ年

まで付き合ってた、俺の元ノだ



21 :石黒@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:43:55.19 ID:GrNcWqV6.net
1年で辞めてやると思っていた前の会社をなんだかんだ続けていたのは、同じ会社の先輩だった早苗と付き合ったという理由もひとつある。

ま、辞めた理由のひとつも「早苗に振られたから」なんだけど・・・。


「まーイケメンでも性格いい人は普通にいるしね。」


「いやー、なんていうんだろう、違うんだって。イケメンでいい奴もいままで見てきたけど、そういうやつってほら、自分がモテることをどっかで自覚してて、滲み出てくるものがあるじゃんか。そういうイヤミなところがまったくないんだよ。おかしいんだよな。」



22 :黒@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:47:22.62 ID:GrNcWqV6.net
「じ本当に人なんじゃないの

でも彼女いんだてさ。先輩から聞いた話だけど。」

「面倒だから、いないってことるだゃない?

「モテって、いないてことてんかな・・。」

ねぇ、この話呼び出したの?」


話の途中で早苗に割り込ん


うしても聞いしい話があるっていうから、と深刻な話かたじゃない。

にとっては深刻なんだよ。

そう言、早貿刻なんだいう顔をていた。



23 :石\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:50:25.42 ID:GrNcWqV6.net
は諦続けた。

「なんか怪しいビジネスやってるか、怪し教やってるとか、あるよな

「ビジスも宗の自由でしょの弱み探すくらなら仕事で見返うとか考えなよ。

っていうい仕事じめたばんだから、ことてる余んてないでしょ

とにかくメで済ことは、ちいち呼び出さない。」

った

付き合っる頃からサバサバしる性格だたが、こうスレートに正論われる湿えるもがある。

ちろん話の内容いうわゃないんだが・・・。



24 :石黒@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:54:30.82 ID:GrNcWqV6.net
「だって、お前しか話聞いてくれるヤツいないんだもん・・・。」

東京で、こうして会って話せるような人は早苗しかいなかった。

地元の友達は東京に出てきてないし、前の会社の同期は音信不通状態だった。

みんな病んで去っていったから、しょうがないのかもしれないけど・・・。


これでも早苗と会うのは四ヶ月ぶりくらいだった。

振った男と会いたくない気持ちもわからなくもないけど、たまに付き合ってくれてもいいじゃないかと思っていた。

俺は、まだ吹っ切れてないんだし・・・。



26 :黒@(^o^)/2016/02/17(水) 23:57:21.82 ID:GrNcWqV6.net
さっさと切り上げらファミレスのり道、手を繋で幸せうに歩いップルを見て心底が立っ

どうせ俺帰ってナニーするかな生ですよ。

彼女・・。モテたい・・。モテる男が憎い。

「白石の弱み、な尿ぇかぁ。」

じめた夜空に向て、つぶやい



28 :石黒@\(^o^)/:2016/02/17(水) 23:59:28.49 ID:GrNcWqV6.net
そんなある日、虎視眈々と狙っていたチャンスがついに来た。

俺たちが入社したころは事務所全体が忙しくて、歓迎会という歓迎会ができなかったからということで、改めていろんな部署の人が集まって飲み会を開いてくれた。

歓迎される側ということで酔っ払った上司に散々連れまわされ、終電を逃した白石が、会社から近い俺の家に泊まりにくることになったのだ。



30 :黒@\(^o^)/2016/02/18(木) 00:01:09.57 ID:SHhZ1Aus.net
いままで、白と二人ライ ートをしたとがない

入っるし何かしら弱を握るかもしれない。

そう思ったのが、二人ともヘトヘになっいたのもあり、出身どこだとか、族は何人で兄弟はのかか、大学時代ってたか、いつもなにだとか、りのな話ばっかりで時間が過ぎていった



31 :石黒\(^o^)/:2016/02/18(木) 00:03:20.15 ID:SHhZ1Aus.net
結局、有益な情報は何も得簿れず、シャワーを浴ようといとになった。

適当なジャージとバを用意してやっ白石は中かハブ取りて、風呂場に向かっ

京にてから早苗使れなかった来客用布団を複雑な思敷きながの隅に開けっ放しかれている白石のカバンがに入った。

のカバンて、悪寿分が囁のだ。

中、にな」と。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 純愛,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様