2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

虐待と差別に耐えて生きた結果







1 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 14:51:43.02 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)

携帯からですが、書き溜めあります。





2 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 14:53:55.12 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)

私の一番古い記憶は、喧嘩してる両親の声。

いつもリビングのドアから、一つ上の姉ちゃんと覗いてた。

父親が怒鳴る。

母親が叫ぶ。

そして父親が出てく。

いつもその繰り返し。


母親が父親にガラスの重い灰皿を投げた時は、姉ちゃんと必死に止めた。

父親は額から血を流しながら、すごく冷めた目で私達を見下ろしてた。

その目だけは、今でも忘れられない。



そして私が3歳の時に、両親は離婚した。原因は、父親の浮気だった。

父親はすごく女たらしで、母親で二度目の結婚だった。

これは中学生になってから知ったんだけど、父親はその浮気相手の女と、私の4歳の誕生日に入籍した。

訴えて裁判とかしてたら、それなりに慰謝料も取れたんだろうけど、母親はそれをしなかった。

ただ手書きの誓約書?みたいなものに、『娘二人が成人するまで毎月養育費を払います』と書いて、父親に署名と捺印をさせてた。

両親が離婚しても、私はあまり寂しくなかった。

父親に可愛がられた記憶も、愛された記憶もなかったから。





3 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 14:55:26.14 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)

離婚してすぐに、母親は夜の仕事を始めた。

給料はよく知らないけど、田舎のスナックだからそんなになかったと思う。

母親が色んなお客さんから貰ってくるケーキやお菓子のお土産が、すごく楽しみだった。



母親が仕事の間は祖母が私達を見てくれていたので、別に寂しくなかった。

だけど私はなぜか祖母に嫌われていて、いつも姉ちゃんばかり可愛がってた。

姉ちゃんと遊んだオモチャの片付けは、全部私がしてた。

時間を計られていて、少しでも時間を過ぎるとリビングの電気を消され、真っ暗な中で片付けが終わるまで閉じ込められてた。

だけど別に、悲しかった記憶はない。

ただ、祖母が嫌いだった。



姉ちゃんが寝てても、私は母親が帰ってきて、祖母が帰るまで私は寝なかった。

毎日、祖母が帰って母親と布団に入り、母親の寝息が聞こえたら静かに泣いてた。

祖母の事は、母親には言えなかった。

私が悪いと思ってたから。

私がいけない子だと思ってたから。



それから姉が小学校に上がるとき、母親はスナックを辞めた。

そして親戚の伝で、お好み焼き屋で働き出した。

母親が夜に家に居てくれることが、もう祖母が家に来ないことが、本当に嬉しかった。





5 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:01:02.02 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)

私も小学校に上がったけど、よくある『お父さんの絵』『お父さんの作文』『父の日のプレゼント』『運動会の親子種目』などで、悲しい思いをした記憶はない。

父親を『お父さん』だと思ってなかったから。


私が小学校一年生の夏休み、母親が私と姉ちゃんを連れ出した。

夜で、雨が降ってたのを覚えてる。

どこに行くのか知らされてなかったけど、車に乗ってるのが楽しくて、姉ちゃんとポケモンの歌を歌ってた。

しばらくして着いた場所は、父親と新しい奥さんの家だった。

記憶は曖昧だけど、すごく大きな家だった。







6 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:01:48.86 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)

奥さんが玄関から出てきて、驚いた顔で父親を呼んだ。

奥さんの後ろから二歳くらいの男の子が覗いてて、私と姉ちゃんは暢気に『可愛いね〜』なんて言ってた。

この辺も曖昧なんだけど、いきなり母親が父親に土下座してた。

土砂降りの雨の中、玄関の前で。

『お金を下さい』と。

奥さんは蔑んだ目で、私達三人を見てた。

そして父親は小銭がいっぱい入った瓶を、母親に投げるように渡した。

それを受け取ると、三人で泣きながら帰った。





7 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:02:29.65 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
帰りに近くのコンビニで両替を頼んだんだけど、やっぱり全部はしてくれなかった。

でも店員さんも何かを察したのか、限界まで両替してくれた。

帰り道は、ポケモンは歌えなかった。

まあ要するに、父親は離婚してから、初めの数ヶ月しか養育費を払ってなかった。

母親も自分の稼ぎだけでは無理になって、父親にお金を求めた。

それからも何度か父親に電話して、少しだけどお金を貰ったりしてた。

それから私が小学校3年生になった時、母親が手術のために入院した。

母親は幼い頃から耳が悪くて、真珠腫という病気だった。




8 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:03:28.91 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
手術は成功したけど、母親は左耳の聴力を失った。

平衡感覚がなくなり、めまい、吐き気などの症状で、母親は車に乗れなくなった。

母親は仕事を辞めて市営住宅に引越し、生活保護の申請をした。

四ヶ月に一回の児童扶養手当で、服や可愛い文房具を買ってもらってた。

みんな生活保護とかの話は嫌いだよね。
ごめんなさい。



それからは父親に連絡することもなくなり、普通に楽しく過ごしてた。

覚えてるのは小学校6年生の時の修学旅行。
叔母にお小遣いとして一万円もらった。

母親はくれなかった。

というか、なかったんだと思う。





9 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:04:06.28 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
母親は私に『少し残しておいてほしい』と言った。

奈良と京都と大阪に行ったんだけど、私は家族と叔母家族にお土産を買って、七千円を残した。

修学旅行が終わって、母親が迎えに来てくれた。

母親は私がお金を渡すと、すぐに近所のスーパーで食材や日用品を買ってた。

悲しい、寂しい、辛い、情けない、可哀想。私はよく分からない気持ちで、母親を見てた。



六年生になれば、私立の中学校に行きたいという友達が何人かいた。

私は自分で言うのもアレだけど、頭が良かった。

まあ小学校レベルだし、平均が90点以上。




11 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:13:39.61 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
私も、私立の中学校に行きたかった。

先生に相談したら、このまま成績を維持して、面接の練習もしたら大丈夫って言われた。

だけど私の家には、そんなお金はない。

けど行きたくて、母親に相談した。

断られると思ったけど、母親は『全部のテストで95点以上取れたらいいよ』と言った。

すごく嬉しくて、私は毎日必死に勉強した。

何度も言うけど、小学校レベル。勉強が好きな私は、次のテストで全部95点以上取れた。

先生も喜んでくれて、私は返ってきたテストを持って、スキップする勢いで家に帰った。

母親の笑顔を想像しながら。




12 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:14:13.87 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
まあ今思えば、そんなの親が子供を黙らせるための嘘だったんだけど。

満面の笑みで帰って、母親にテストを見せた。母親は私の想像とは違う、焦った顔をした。

そして私に謝った。

『まさか本当に取れると思ってなかった。私立には行かせられない。』と。

私は『わかった』とだけ言って、自室に逃げ込んだ。

中学一年生の姉ちゃんは、塾に行ってた。

塾だってお金かかるのに、なんで姉ちゃんはいいんだろう。

母親も祖母と同じで、私の事が嫌いなのかな。



13 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:18:30.23 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
そんな事を考えながら、布団の中で泣いた。

これも今なら分かる。塾と私立中学じゃ必要な額が違う。

だけど小学生の私はそんな事分からなくて、姉ちゃんだけにお金をかけてるっていう事が嫌だった。

私は初めて、自分の育った環境が嫌になった。



それから私は、勉強する事をやめた。

中学生になって、私は少しグレた(笑)

煙草吸ったり、授業抜け出したり、些細な事だけど。

姉ちゃんはすごく真面目だったから、仲が悪くなった。

姉ちゃんと同級生のヤンキーの先輩に呼び出されてパシられたり、意味不明な言いがかりをつけられて殴られたり。






14 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:19:49.39 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
だけど私は、中途半端だった。

煙草吸ってるし授業も出ないけど、みんなみたいに授業を妨害したり、喧嘩したり、無免許で原付乗ったり、飲酒したりとかは、興味がなかった。

みんながそんな事してる意味も分からなかった。

授業も、美術と音楽だけは真面目に受けてた。好きだったから。

だからクラスの子も、みんな仲良くしてくれてたし、先生にも嫌われてなかった。

小学校から知ってる子達は『授業出なよ』『頭良いのに』とか言ってくれてた。

だけど中学校の勉強なんか、もう分からなくなってた。

それから、中学二年になった。




15 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:28:19.97 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
二年生になったら、修学旅行がある。

私達の行き先は、東京だった。だけど私は、行けなかった。お金がないから。

気付けば母親は、生保受給者によくいるパチンカスになってた。

姉ちゃんは二年生の時、修学旅行で沖縄に行ってた。いっぱい写真撮ってた。いっぱいお土産買ってた。

小学校の修学旅行も、姉ちゃんはお小遣いを全部使ってた。すごく楽しそうだった。羨ましかった。

私は、DQNで良かったと思った。

もし真面目にしてたら、修学旅行に行けないなんて恥ずかしい。

DQNだったら『だるいから行かない』って、誤魔化せるから。




16 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:36:57.29 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
友達はみんな『一緒に行こうよ』って言ってくれた。先生にも説得された。

『めんどくさい!』って叫んで、職員室から逃げた。

私だって修学旅行に行きたい。みんなでディズニーランドで遊びたい。
いっぱい写真も撮りたい。

みんなに『お金がないから行けない』なんて、知られたくない。

みんなが修学旅行に行ってる間、私は家に引きこもった。

その頃は、受験生の姉ちゃんと毎日喧嘩してた。

修学旅行が終わって、みんな私にお土産をくれた。笑ってお礼を言ってたけど、虚しかった。





17 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:37:22.80 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
そして夏になって、お祭りの季節。

私は、門限が厳しかった。

私の友達はみんな、門限なんかなかった。
DQNだから(笑)

門限がある子も、夏休みは暗くなるのが遅いからって、19時だったりした。

私は、一年中17時だった。

花火大会の日は延ばしてくれたけど、それでも19時だった。花火が上がるのは20時から。当然、花火は見れない。

花火大会の日、私は『花火まだかな』って浮かれてる友達と別れ、一人で帰った。

そして家のベランダから、花火を見てた。

煙草も授業に出ないのも母親は知ってるのに、何も言わない。

なのに、門限だけ厳しい。




18 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:38:22.27 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
そして何故か、姉ちゃんの門限は22時。

姉ちゃんは友達が泊まりに来るのも、友達の家に泊まりに行ってもいいのに、私はダメだった。

姉ちゃんはいいのに。何で姉ちゃんだけ。

なんで私はダメなんだろう。やっぱり母親は私が嫌いなんだ。

クソガキの私は、次の花火大会の日、初めて門限を破った。

22時を過ぎた頃、後ろから背中を蹴られた。母親だった。

『お前、いい加減にしろ』と言いながら、母親はみんなの前で、私を何度も蹴った。川原だったから、泥だらけになった。

見回り?みたいなのをしてた、中学校の先生が止めてくれた。




19 :名無しさん@ログイン中:2012/04/03(火) 15:39:08.28 ID:ACxhhyb8 ?2BP(0)
そして私はそのまま、母親に連れられて帰った。

家に帰ると、母親は濡れたタオルで私の肩を叩いた。

切り裂くような痛み。肩の皮膚が裂けて、肉が見えていた。

『濡れたタオルってこんな痛いんだ』とか暢気に思ってた。

ダメージを感じていない私に苛立ったのか、母親はその傷の上から、煙草を押し付けてきた。

『煙草好きだもんね?』と言いながら。

私は、思わず叫んだ。

すると姉ちゃんが、『うるさいんだけど!』って言いながら、部屋から飛び出して来た。

だけど姉ちゃんは私の傷を見た瞬間、母親を突き飛ばした。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:これはひどい, 泣ける話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:これはひどい, 泣ける話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160721225620