2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

娘の幼稚園の担任とセク●スしてしまった




私は月に入ると、嫁さんと子供を嫁の実家って数その帰りに温綿って(私だけ>当然嫁)帰るのが恒例になっいた


年前のこと尿

気で事が()暇ったので、いつもより遠回りだが稿沿のある温泉地に行くことにした。運良く宿


は、数種類呂から一番れたところにある「混」を迷ず選ん

こは衣場は々だが後は全くのオーン、多陰があるが高台なので見晴らしは高でる。

湯は鉄を含んいるのかい(所謂金、入>笑)


私は身時代らよの露を回っていたが、混浴があるときは必混浴に入った。

別にエッチなこ期待したわけないや少しはあるが・・)

そことの裸の付き合いや、応を間ウォッチンするのが しいからである


夕暮れ時、食と、は老夫婦一組、40代性4人、5〜60代のおばさ3人った。


私(30代前半)が入ってゆくと(湯浴み着などはつけ男性のがかり応と、おばさうなが注がれた

通りの反だな』いつつ、俺は老夫婦の座った。

り障りの無い拶をして しば楽しんでと、男性陣が我慢界だっらしたまらん、たまらん」といって上がっていった

おばさんたちも ののか岩に腰掛け隠そともせず手で扇宿


ばらして、脱うでの声た。

はり!私の経験上い女性は以降に入る稿場合多いうだ

若い女性の場でも非常にオープンなタイと羞恥心の塊みいなタイプに分かれるよう

き上った陣にがらも、私は声が入ってくる待った。

はオーンなタイプ3人組だた、一人は全隠そうせずを肩に掛てい。それて老ご主殿が愉快うにった。


女性たちはの躊躇も無くジャボジャボと湯に入が そのうちの一が、私方を」とした

(一応)男性がるのいてビッリしのだと思ったの知らん顔して景色を眺めていた。

しかし、薄暗くてり難いが どもその女性はずっと私の方を気にしてるよ

は多少気を悪くしたので、睨み返そうと振いた「ギクッ」となった


それは娘の幼稚園の担任はな・・。


に言う、の頭の中一気Hモードに切簿替わっまった。なぜなら私はそのが「好き」だっからある


先生(K先)は年中の人でて担任の助とクラに来

私はPTAの役員をしていたが、父兄から保育につクレームが出たのでに談に行た。




そのきの担任ろう事K先生責任を便押しけて知らん殿をしたので、新の彼女は泣いてしまった、私は狼た。

、どう見てもK先生に責任はいので、にフローして担任を攻撃した。

のとき どうやら移入しらしい


姿は顔は好みの分かれころである

ピンクレディのケゃん(例え古くし訳なきつくした感じで もしかすると10人中半数「不といかもれない。しかしにはドシャリだ

タイルめで胸を除けのような、余分な贅肉が一切無い、天然のアユのような綺麗な体型だった

が、このから下の娘の任になったとは正直嬉しった。


そので目の前にいそう考えだけで私湯かないような体の変化をきした

知らん振するかどうんだ生は私が気づいたの判ると「とこ逢いんて、ビックですね」と無邪気リと頭を下げ

はドギギしえ、えぇえるのがやっだった


の二人が気づいK先にごちゃごちゃ言っ。「えー「うそー」「ズイ」?いけいけ」々とK先生からかっ使

私は この場にいたたれなくなて、身体を鎮ると おばさんた上がにつて逃うにしまった

後ろで、女寿ちの笑い声がいているなぜか私それが嘲笑に聞こえ浴衣帯を結ももどかしく宿に帰った



その泉は所「外湯」で宿泊施設は箇所ある

めて何処に泊まてるかい聞いとったが後の祭りだった

食事の後ずっと考えいたが やはり僅か可能性にかけても露天に行とにした。


時間10時を少し回ってい。そ露天風呂は一応「風紀上」10時以降入浴禁止ったが、別に鍵がかかるわけでなく由に入れた

は露風呂までの道中K先生に逢わないかとキョロキ婿ョロと不人物のようにいた。

風呂に入って人のして「ババシャ」とてた。よく観る寿年のカップル(婦には見えないだった。

ら私が”邪たらしく方が不満そうで男がなめているさって行き、男性が追いかいった


りになっ

貿ールがメなので、温に入る時はスポツ飲料を持っていくが多い。それを飲みながら半ば諦

その時「○さに後ろから声を掛けらた。

して振り向くと先生が立って浴衣のまま)

っき歩いてる部屋ら見えのでしかして ここか思って来

私は その言聞いて期待度がUした出来るだけ平静にそうなんですかっき驚きました。よくとかには来らんですか?さっきのは友達?・

は それには答えず私も入っていいか?といった。

私はまり急展開心臓が口飛びそうだったが、やっとの事で「え、どうぞ、いんで・・・といた。

先生は すで脱衣場にむかっ歩きしていた。



らくK先は先ほより恥じらを持て、オルを縦にして胸と下隠して入った。

湿いス使゚ンポンに

さて、どう思ったがこで私の理性がささやきけた、

『ちょっと待て!シュチエーションは最高だが相子供の”担任だぞ”変に期待し行動して失敗したら取り返しがつかなくなる


K先生は手ギリギリ”届かない”距離に座っ

はこを「警戒」受けったので がっりしたがうなれば今度悪いメージ持たると後々厄介ので「い」を演じなければな

は出来るだ心が相手に見えないよ使った


さっきの学生時代の友達なんで

泉旅行会人になっから初めてでけど学生時あの子達と4〜5回はた。

あの達に振り回されるんですけど なか気がですよ。

○さんもいらっゃるんですか?


っきは気がつなかったがK生からかなり酒の匂いが喋り方も少しどたい。

たしも、独身時代からこち回りた、もっとも一人の貧乏旅行でけど ところで、お達は来ないんですか?

応 確認しうと思った。



、一人は酔いつぶす。

一人は なカッ子が居るからってさっき出て行した。

あのはいっつ ああなんでよ〜きゃはは」

いつもは大人しージのK先生だが沿に喋るのを聞いて意な一面あるもの変に感心してしまた。


その時 新しい客ってき

くてハッキしないら若いカッルらし

私たの存在に気がついたよが、まわず少し岩陰の方に行った

たち相変わず以った温こと話したが、しばらくして岩陰から息遣の荒さが伝わてきた。


は正ズイな湿ぁ〜とこの雰囲気に耐えられなっ どうしよう・・・

先生も黙ってした。

田舎の山温泉、しかも夜、辺りはシンとしてる。

離れていたが宿く気はなくてその声」は入ってく

私にく感じたが多分10分いでそ声は山をえてだ。



れからそのカップルはぐったりを男性が支えるようて行っ

--------

「○さん」K先生が沈黙をった。

、ハイ」私はけな声した


「あの〜ミマセンこいある゙ュース少しいてもいいですか? ずと浸たらせてしまくなしまて・・・」

へ?あいいですよ、大?」

私が差し出すと、生は一口口けた瞬間きなり「きそう」と言出した。

私は湯船 もど まずいと思横の植え込みを指差して「あっ!」

K先だめ」といって口を抑えたので 私は咄嗟にK先生の身て湯かき摺りだした。

それと同に先生は噴水を出し(食中の簿

私に多少とばちりが かったが、今はそどころない

ゲーゲーって先生の背中をら、自分の口に広ぱさを我のが精一杯だ



ししてちょくと私は今の状が とでもこと気づ

タオルさえ持てなくて目の前に居

私もタルは左に持ってたが前を隠る状では無く しかも右手は背しにろ直に先生の肌に触れている

抱と綿いうことでなけれ茶苦茶な状況ではないか・・・


やっとで落着いたのか 先生は まだ肩でながら顔げた。涙と鼻水とゲロでグチャグチ顔は さがにでも「引た」がK生のルをきて拭いてあげ

生は「ミマン、スミマセンを連発していた。

私はK先生が大夫そなのをみての縁のに腰掛けた

先生もいな横にった、”届かない離ではなかった


「ごをかけてしまて・・・

K先生はタ口を抑え(とい簿ことは丸った

「いえ とんで少しは収まりましたか?」

「突ックリしたう?」

まぁ寿かなり飲まれました?

「そぉーなですうと大胆になりますど、まさかあんとすんて・・・」

「はぁ・・・・・?」


は気いてないとけど、私緊張した構激しかっですよね」



が合ない・・・

「もしか××のつ今のこと覚えて無かったりして・

えぇ!!」


の話かと思った、どうやらさっきのッフ先生の友達だったらしい

私は方K以外の顔を見余裕が、肩ルを掛けてた方だそうだ


さっきゲロぎでっかり身体の「反が収まっいたが、K先生の言調でカップルの事出し激に始め

バイ』と思っもな、両ももたタオルの真ん中が見事に出した。尿

「あ〜」Kらっぽくいうと、を伸ばてきた。

は身を固く、K生は直触れず、その突起を型取るようU字を動しなが

「コレはさっのこ?それとの為でか?」といっ覗き込に私の眼をつめてから眼を閉じた

私は、今のいままで「父兄の立」の方が「男の本能」よりも勝っいたが ここに至って聖人に徹っせられほど悟りはいていない。

ばかりの理性でいってしま重ね


い匂いが突い

は舌絡まを躊躇したばらく中学生のよ唇どうしをっつけままにしてた。

K先簿腕が首にてき、力入り唇が押しつぶされ時にK先舌が入ってきた、味はしったが息がアールい。

私は むせうになるの我慢しながら、「主導権」を取られると思って胸に手を伸ばた。


K先生の胸は体つきから観るとり飛びしていたが、触った感は内の嫁さんCカップ)と同じか少りだった、

し「弾力」は全然違嫁さ熟れた感もそれはでよいのだが押しれるよう、若いからとい青く」は

私はそれを楽しむように、先生二つふくらみんだ。

K先生は「クゥンゥン」と犬が鼻すよ声をた。

ンクの小な”ポッチ”に触れるたびピクッピクッとう反応が私の興奮を高めた。まらなく愛い。


湯船の外 もたれかか湿ころが無ので一旦船に浸改め私は生の首を含んだ

先生は仰けりながら頭を掴ぎゅう自分し付けるのでは息が詰まっが、それでも舌で乳首を転がし続けた。

K先動は大胆だたが、しかった。

あまり「開発」されてないのかな?と思いつ私は手を湯のな簿かに差し入ていった。


K先だが面積の小みをけ、ピッチリと閉ている小陰唇を中指で押し開けいく明らか お湯ではない粘りのあるものが指先にまる。

「はん」とK生はため息をいて私の後頭に爪を立てた

は指屈伸させ何度先生のを縦になったそのヌメ」はお湯でい流さることは無く奥から奥からどんん湧き出してくるようだ。

は次先生一番敏感部分」にれた、




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション, 野外・露出,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様