2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

アルミ缶の上に







1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 18:08:29.55 ID:sUR+JIhz0
少女は座り込んでいた。
明るいライト目掛けて自殺虫がバチバチと突っ込むコンビニの前。
吐く息が白い。
いつもならば布団の中に入っている時間。
家に戻ろう,と何度も思った。
しかし,そのたびに頭をよぎる男の顔がそれを遮る。


数ヶ月前,母親はその男を連れてきた。
少女はその男を見たとき,『お客さんだ』と思った。
しかし男は一向に変える気配を見せない。
いつしか男のいる生活は当たり前となっていた。




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 18:18:58.22 ID:sUR+JIhz0
>>5
違いますよ


学校から帰り,アパートのドアを開ける。
煙たい。
部屋に入るとまず目に入るのは男の背中。
タバコをくわえたまま少女の顔を一瞥すると,にやりと笑った。
ぎらりと光る黄色い歯,少女は男が好きになれなかった。
襖で仕切られた2つの部屋のうち,片方は少女の部屋となっている。
少女はランドセルを置いて部屋着に着替えるのが嫌いだった。
いくらきっちりと襖を閉めても,光が漏れる程度の隙間が出来る。
その隙間から,男が覗いているような気がしてならないのだ。




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 18:27:33.19 ID:sUR+JIhz0
母親が帰るのはいつも18時だった。
少女が家に帰るのは16時。
2時間の間,男と2人で過ごすことになる。
(お母さん,早く帰ってきて)
襖越しに,テレビの音だけが聞こえる。
少女は出来るだけ自分の部屋で過ごそうとしていた。
しかし,10分もしないうちに男からお呼びがかかる。
「こっち来いよ」
聞こえないふりをしたこともあった。
しかし襖だけで仕切られた部屋で,それには無理がある。
パン!と勢いよく襖を開けた男は,鬼のような形相だった。
それ以来,少女は男に逆らわない。
今日もそろそろと襖を開けて,男のいる部屋へ入った。




13 :以下、名無にかわりましてVIPがお送りす。2007/09/02(日) 18:35:06.83 ID:sUR+JIhz0
真ん中に置たコタツに足を突っ込み,背中を丸めた男
少女は出来るだ男から離れていようと壁にかかり座り込む。
もはそのま2時間近くを
母親るまで,時折自分向けらる,男のるような視に耐えながら


母親が守ってくれるというわけではない。
母親少女のことよりも男に夢中だ
ただ母親がいるだけで,男の露な視線は消える
時計の針が妙に遅く感じられる
それでも少女待っていた。母親の帰




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 18:41:39.84 ID:sUR+JIhz0
〜♪
男の携帯電話が鳴った。
男は少々面倒くさげに電話に出る。
うん,うんと何度か相槌を打った後,あいよ,と電話を切った。
「母ちゃん,今夜は帰れなくなったってよ」
少女を見る目は,蛇のようだった。
ニヤニヤと歪められた唇から,あの黄色い歯が覗く。
少女は瞬きを忘れた。
母親は,帰ってこない,今夜は。
朝には帰ってくる?それともお昼?あと何時間この男と一緒にいればいいの?
「コタツ入れよ」
コタツ布団をめくって,男は言った。





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 18:49:29.30 ID:sUR+JIhz0
少女は首を振った。
拒否すると,いつも男は恐ろしい顔する。
しかし今日は違った。
「寒いだろ?」
スカートの裾から見える素足に視線を這わせ,男は聞く。
少女はぞっとして,足を隠そうとしたが,簡単に隠せはしない。
コタツに足を突っ込んだほうが良いかもしれない,と少女はコタツににじり寄った。
「おっと,こうした方が温かいかな」
つかまれる少女の腕。
軽い体はらくらくと持ち上げられ,男がかいたあぐらの上に座る形となった。





18 :、名無しにかましてVIPがます。:2007/09/02(日) 18:57:31.39 ID:sUR+JIhz0
だ嫌
少女頭の中はだった。
乗せらた男の顎。
付く男の胸板
男の腕は少女の細いの腕をつかんでいて,動くが出ない。
テレは面くも無いお笑い芸人のネタでが巻き起こっいる
笑いは正情に,少女押しつぶされにじませ
!?
男のが,少女のだ幼い胸を包んだ。
「おだブしてないろう?」
やわやわと揉れる乳
やだ・・・」
じんだ涙は見ちにり上がり,ポロリとぼれた




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 19:11:39.51 ID:sUR+JIhz0
「あっ」
乳首をつままれ,少女は声を上げた。
男の息が荒くなる。
はぁはぁと吐かれる息は少女の首筋にかかり,タバコくさかった。
「『父親』として心配してやってんだろうが。下はもう生えたのか?え?」
左手はコリコリと乳首をいじりながら,スカートをめくった右手は下着の中に突っ込まれた。
「いやぁ!」
「お,なんかフワフワしてるぞ。うっすら生えてんじゃねえか?」
少女は身をよじった。
男の力は強く,逃げられない。
薄い陰毛をなでていた男の右手は無遠慮にも性器をこじ開けてくる。
乱暴に手を突っ込まれたままの下着からはブチブチと糸の切れる音がしている。
「小学生だもんなぁ。もうクリは感じるのか?」
人差し指と中指に挟まれ擦られるクリトリス。
「んっ・・・んっ・・・」
少女は声を押し殺していた。




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 19:17:59.47 ID:sUR+JIhz0
少女は腰に違和感を覚えた。
何か硬いものがゴツゴツと当たっている。
考えたくは無かった。保健体育で習ったような気がする。
皆興味無い振りをしながらもこっそりと読んでいたページ。
これは,男の。
「やだぁぁぁあ!!」
少女は叫ぶように泣き出した。
一瞬,男はひるんだ。
力の緩んだその隙に,少女は男の拘束から抜け出した。




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 19:30:24.07 ID:sUR+JIhz0
玄関に散らばっていたサンダルを一組掴み,体当たりするようにドアを開けた。
足の裏に小石が食い込む。
しかし今は止まってはいけなかった。
後ろを振り向く余裕は無い。
さっきまで背中に張り付いていた男の体温はまだ生々しく残っている。
男が今この瞬間もすぐ後ろにいるのではないだろうか。
少女はサンダルを掴んだ手を必死に振り,街頭の下を駆け抜けた。


ようやく立ち止まった少女は,血まみれの足の裏に気づき,サンダルを履いた。
ずいぶん遠くまで来た。
走ってこれたのが不思議なほどだった。
男の姿は無い。




27 :以下名無しかわりましVIPがお送りし。:2007/09/02(日) 19:38:12.07 ID:sUR+JIhz0
住宅ずれにある寂れた商店街。日中でもシャッターを調下ろた店が多い上,今の間で殆どの店が閉まいた。
少女は明かを求めさた。
一際まぶしく白い光をつ建物少女を招き寄せる。
コンニだた。
・・・
女は肩を震わなが,コンビニた。
かい空気。
レジには湯気を立てるおでん
ふわの肉ん。
女は空腹だた。
しか,お金を持っていない




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 19:44:26.50 ID:sUR+JIhz0

(お腹すいた)
家の冷蔵庫にはサンドイッチが入っていた気がする。
でも,戻ることは出来ない。
家には男がいる。
恐らく,あの鬼のような形相で少女を待ち構えているのだろう。
腰に当たっていたあの硬いもので,何をされるのか,少女には想像がついた。
2時間ほど,コンビニの中をウロウロした。
他のお客もほとんどいなくなった頃,店員が少女に声をかけた。
「小学生?もう遅いからお家に帰らなきゃ。お父さんかお母さんは?」
「あ,あの・・・」
少女は緊張で体が固まり,店から逃げ出した。
途端に身にしみる寒さ。
他のお店に行こう・・・。
少女はトボトボと歩き出した。
住宅街の電気は殆ど消えている。
等間隔に並ぶ街灯の明かりだけが頼りだった。




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 19:51:32.43 ID:sUR+JIhz0
(警察に,行くべきなのかな)
少女は300メートルほど離れた場所にまたコンビニを見つけ,その前に座り込んでいた。
もう夜遅いため,1人ではいるとさっきのように店員が何か行ってくるかもしれない。


警察に駆け込んだところで,やはりあの家に戻されるのだろうか。
男が待つあの家に,自分を見ずに,男の気を引こうと躍起な母親が帰ってくるあの家に。
「帰りたくないよ・・・」
少女は泣きそうな声でぽつりと呟いた。





32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 19:57:27.63 ID:sUR+JIhz0
気が付くと,朝だった。
体は冷え切っている。
コンクリートに座り込んでいたため,お尻が痛い。
胃が痛い。
空腹を通り越していた。
ふと気づくと,自分を指差してなにやらボソボソ放している人のかたまり。
少女は立ち上がり,その場から離れた。
膝がポキポキと音を立てた。
しばらく歩くと,大きなスーパーを見つけた。
お金は無いが,寒さから逃れるために入ってみる。
ざわざわとした喧騒に,店内のBGMが自分の置かれている状況とは似つかない、
しかし,スーパーの人ごみの中にまぎれた少女に違和感を覚える者は1人としていなかった。




33 :無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 20:04:46.67 ID:sUR+JIhz0
いいにおいがする。
ハムウイナーの売り場からった
ットプレートの上でジュージを立て焼かれるー。
女はふらふひかていった。
ホットプートの上で油と絡るウインナーを女がしているとに刺さっナーが少女の前された。
うぞ」
少女が顔を18,9くらいの少年こちらをみてにっこりって
頭に巻ンと好で,ウインナー焼いてい。試食ーナーのアバイトらしかった。
女はウインナを受け取り,あっという間にべき




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 20:10:04.92 ID:sUR+JIhz0
>>36
違いますよ〜。
スレ立ては初めてです。
ちなみにゴッホのスレにかなり影響を受けました。



足りない。
すぐにそう思った。
少年に『ありがとう』と言うべきなのだろうが,なぜか少女は笑ってその言葉を言うことが出来なかった。
じっと,ウインナーを見つめる。
「もっと食べる?」
少年は少女に聞いた。
無言で少女はうなずいた。
少年がウインナーを爪楊枝にさして差し出すと,少女は奪い取るようにしてそのウインナーを食べた。
少年は少し驚いたようだった。
「朝ごはん,食べてないの?」
また,少女は無言でうなずく。
「お母さんは?」
少女は首を振った。




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 20:17:16.90 ID:sUR+JIhz0
「う〜ん」
少年は腰に手を当て,うなった。
少し考えてから,大き目の紙皿に焼いたウインナーをぽんぽんと並べていく。
そして爪楊枝を一本刺して,少女にその皿を差し出した。
「ほら,全部食べちゃいな。今店長出て行ってるから,内緒な。」
シーっと人差し指を口元にあてて,少年はいたずらっぽく笑った。
少女は大きな目をまん丸にして,少年を見つめ返した。
口元がプルプルと震える。
『ありがとう』その言葉が出てこない。
せめて,笑い返したい。
なのに顔の筋肉はすっかり強張って,泣きそうな顔しか出来なかった。




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 20:24:32.76 ID:sUR+JIhz0
「あ〜泣かないで泣かないで;ほらおばちゃんが見てるからさ」
少年はあわてた様に手を振った。
そして新たなウインナーの袋を開封してホットプレートの上で逆さにし,ボトボトとウインナーを落としていく。
「それ食べたらお家帰りなよ?」
少年の言葉に,少女は今度こそ本気で泣きそうな顔をした。
「・・・帰れないの・・・」
少女はうつむき,肩を震わせた。




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 20:29:19.94 ID:sUR+JIhz0
少年は困ったように頭を掻いた。
駄々をこねる子供にしては様子が深刻だ。
「よし,ウインナーだけじゃ体に悪いからな。俺今日はバイト12時で上がるんだ。ほら,向かいに公園があるだろう?
そこで待ってな。レストランにでも連れてってあげるからさ」
うつむいていた少女の顔が上がる。
相変わらず笑顔は無いけれど,その瞳が輝いている気がした。
少女は長い髪を揺らし,スーパーを出て行った。




47 :以下、かわりましてVIPがお2007/09/02(日) 20:34:01.99 ID:sUR+JIhz0
少年言ったおり,スパーのかいには公園があった。
少女のでいたアパの側にあった,具が数点だけの広場ではなく,
が多く大きな池もある立派な公だ。
女はスーパえる置のベン婿腰掛け足をブラさせていた。
母親はもう帰っ殿きたろうか。
休日に家にいない自に気づくろうか
を問い詰めるだろうか
自分を探してくれるだろうか?


しかし,いく考えても,脳裏にかぶは男にみつく『女』の姿だ




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 20:44:12.59 ID:sUR+JIhz0
「お待たせ」
少年はエプロンをはずした普段着で少女の前に現れた。
時刻は12時を回ったところ。
少女のお腹はグゥと音を鳴らした。
「はは,じゃあ行こうか。近くにファミレスがあるから,そこでいい?」
少女はうなずいた。




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 20:52:15.51 ID:sUR+JIhz0

ファミレスの中はガヤガヤと騒がしかった。
休日のお昼とあって,親子連れが多い。
少女と少年は4人がけの席に座った。
「好きなの頼んで良いよ」
少女はカラフルなメニューに目を走らせる。
目がチカチカしてきた。
「オレはハンバーグ定食にすっかな・・・。君は?」
少女は相変わらずメニューのあちこちに目を走らせている。
「こんなところ来るの初めてだから・・・分かんないの」
少年はパチパチと瞬きをした。
「初めてなの?」
少女はこくりとうなずいた。
あの男が来る前にも,母親には恋人がいた。
今よりももっと幼かった少女を置いて,母親はよく男の元に出かけた。
最低限の食事は用意されていたものの,家族でレストランに行き,和やかな時間を過ごす,などということは少女にとっては夢のまた夢だった。




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 20:59:56.95 ID:sUR+JIhz0
「じゃあオレが勝手に決めちゃうよ?」
少年はウエイトレスを呼び,メニューを指しながら注文をした。
「オムライスとシーザーサラダ。それとハンバーグ定食。あ,ドリンクバーも」
「かしこまりました」
ウエイトレスが去っていくと,少年は席を立ち,少女を促した。
「飲み物取りに行こう」
少女は少年の後についていく。
コップを渡され,初めてのドリンクバー。
機械の操作がいまいち分からずメロンソーダを溢れさせてしまい,少年に笑われた。




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/02(日) 21:03:46.70 ID:sUR+JIhz0
注文した料理が運ばれてくる。
少女はトロトロのオムライスにごくりとのどを鳴らした。
外食よりも母親の手料理の方が良いという意見も多いはずだが,
少女にとってはこのオムライスが何倍ものご馳走だった。
「ほら,野菜も食べな」
シーザーサラダをすすめながら,少年は笑った。


料理を一通り平らげ,少年は少女に聞いた。
「なんで,家に帰れないの?」
少女の満腹のお腹がキュッと痛んだ気がした。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070905182851