2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ショットバーの客






296 :名無しさん@ピンキー :2005/12/08(木) 05:28:46 
初めてだけど書き込みたくなった。 
私→ショットバー店員 
旦那→客 


一人で飲み来た旦那が、店で流れてる音楽や、ライブを観てやけに感動して私に話し掛けてきた。 
旦那『いつもこんな音楽聴きながら仕事してるの?いいねぇ~♪うらやましいよ。』 
私『そうですか?』 
(かなり愛想がなかったハズ…って今もないけど) 


それから毎日のように顔を出すようになって、ある日携帯の番号を聞かれた。 


旦那『携番教えてよ』 
私『友達でもない知らない人には教えないことにしてるんです。ごめんなさい(ニッコリ)』 
旦那『友達になりたいから俺と遊んで』 


無邪気に言われて渋々アド交換。その日の夜にメールが来ました。内容は至って普通。あの音楽が良かったとか、あのバンドはどうだったとか。 





297 :無し@ピンキー :2005/12/08(木) 05:44:11 
そんな感じでたまにメールしたりししたが、私自身あまりな方じないので返した返さなかったりしてま 
なある日私が一人で本屋で雑誌を読んでいると電話がりました。旦那からでし 


旦那『今仕事終わっこだよ。今しての?』 
私『。』 
旦那買ってん?何の?』 
私『いや…本じゃて、家計簿つけようと思買いに来ただ。』 
旦那『そんなのつけてんの?みによらず、マメなんだ』 
私『そう?…で?何?用事は。』 
旦那『いやさぁ、達と食う約束てたんだど、用事ゃって暇になっちゃっただよね良かどう 
私『…何うの』 
旦那好きだかなんじゃない?』 
私『…は?意味わかない。 
とにかく暇なかご飯食べに行うよ。俺、っちゃった。 
『そ。んじゃ一人行き姿よ。私パス。』 
那『んじゃ〇〇尿元では結構有名な居酒)にいるね♪』 


こうして強引に電切られ、仕方なく行きした 
この時点で私的構好きになりかけんでが、根がけず嫌い上、素直ではで、まくそれが出せんでした。 






298 名無しさん@ピンキー :2005/12/08(木) 06:26:38 
うわぁ~… 
りそうな寿感…スマソm(_ _)m 



実は私がこんなひねれた性格なったのは、難病指定の病気なったからで、い体が動かなて死に病気ある覚したかす。 
前の彼氏もで別れらたのでき合宿かまてや結婚なんてえられませんでした。 


酒屋での彼は面白く優しくて、本当にい人でし。 
クスの話にったで、が『付き合っかやらないよ、私は。』と言うと、彼は『じゃと付き合って♪』託のない笑顔で握手を求めて来ました私はこの人なら例えでもいいかな、と思握手応じました。 


時私は一人生活来る間一人で暮いとみ込で一人暮らしをしての部した後、朝早く仕事に出かけした。 
の後日か絡がなかった、あぁやぱりか、寿めていま。 





299 名無しさん@ピンキー :2005/12/08(木06:44:07 
何日して携帯に連絡がありた。 
つものよに彼優しくどん惹かれていきまた。 
でも深入りしたら自分も相も傷くだけだか一生懸命自分の持ちに歯止をかいまし 
、もう少し合っら別れよ。そ思っていたの、なかなか自分か踏んをつけるとが出来ずました。 
だ、自分かしないようにするだけで一杯した。 





300 :名無しピンキー :2005/12/08(木) 06:49:10 
互い何も連しないまま何日経って、ある日私邪をて店を休んだ時のこと 
夜遅くターフが鳴たので、熱ふらつながらと、彼が大量をもっ配そうな顔をしてていまし 
ちゃ私の前)かなと思っ…久りにった熱出してんでるってて… 
今の間まで付かなくて本当にごめんね。 
夫?ご飯食べた調好きからなかったか買っ来ちゃったけど、他に食べたものあ 
、いいら寝てなよ、悪化しちゃう』 
そう言っ部屋に押ししま。 
彼の嬉して、すぎ涙が止まりませんでした。 


何で優しすんの。』 
れがきながらやっと絞り出た。 






301 :名無しさん@ピンキー :2005/12/08(木) 07:18:32 
彼は泣いてる私を子供をあやすように頭を撫でながら、手を握って少しずつゆっくり語ってくれました。 
彼の家系は遺伝性の難病になる傾向が高いこと。 
彼の父親もまた、その病気であったこと。 
彼の兄もその病気で現在寝たきり状態であること。 
そんな家族が嫌で現実から逃げたくて家を飛び出して、 
東京に出て自分の好きなことをしている間に父親が亡くなってしまい、 
死に目に会えなかったこと…。 



『アイちゃん。 
俺、アイちゃんがして欲しいこと、全部はしてあげられないかも知れない。 
だけど苦しいことや、悲しいことがあったら、我慢しなくていいから、でも無理にじゃなくていいから、言って欲しいな。 
アイちゃん、今悩んでることがきっとあるんだよね? 
本当は言いたいけど言えないんだよね? 
少しずつでいいから、いつか言ってね。』 
そうやって優しく笑ってくれました。 
それからしばらくいろんな話をしてくれました。 
その後… 


旦那『風邪が治ったらどっか行こうか。バイクでさ。ね?』 
私『…』(頷く) 
旦那『どこ行きたい?』 
私『ディズ〇ーシー…』 
旦那『よしっ!じゃあ行こう!約束な♪』 


そう言って、また優しく握手してくれました。 
この時、私は彼に病気のことを話そうと決心しました。 






302 :名無しさん@ピンキー :2005/12/08(木) 07:33:17 
私の風邪が治って、お互いの休みが取れた日に、バイクにタンデムして出かけました。 
バイクに乗っている間も彼はずっと私を気遣ってくれました。 
その優しさが痛くて…私は彼に話し始めてしまいました。 


本当はね…帰りに話そうと思ったんだけど… 


彼は黙って聞いていました。 


私『私、こんな体だから、きっとこれから一生男の人と付き合えないと思ってた。 
自殺しちゃおうかとも思ったこともあった。 
でもシンちゃんと一緒にいて楽しかったし…生きてて良かったって本当に思った。 
だけど、シンちゃんにだけは迷惑かけたくない。 
だからこのデートが終わったらさ…別れよう。 
こんなこと話して…楽しめないかも知れないけど… 
今日は一緒に楽しんでよ。』 



彼はただずっと黙ってました。 
途中何かを言おうとするのがわかりましたが、 
バイクなので風でわかりませんでした。 
ただ聞こえたのは、 
どうして俺の大切なものは、どんどんなくなってっちまうんだ… 


それだけでした。 






303 :名ん@ :2005/12/08(木) 07:50:25 
彼はート中、精一杯るくてくれまし 
になり、最後の花火を見てい、寒くなったうと言私に旦那が言いました。 


婚しようよアイちゃん、と。 
アイちゃんは死なないよ 
婚して、俺といろとこびに行俺の子供を産んで… 
人生楽しんでら死ぬんだ 
だ半分もしんでいじ 
俺のそばにい 
別れるなんて言わいでよ、アイちゃん。 





めでく結婚して今現在にります。 
はまだ普通に生活出ますが、ん悪化するとます 
那と出会たことが、私には最大の幸福った思います。 
も死ぬこは怖簿くてたまりません。 
那がいくれるから… 
私はまで生を楽しめると思います。 
辛いことはこからももっあると思ど… 
私のこと幸せにしてくれ生をかけて旦那を幸てあげられように頑張るつもです。 


後に… 
長い文章、読れて本当にありがうm(_ _)m 
スレ違いごめなさ 

 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, ちょっといい話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, ちょっといい話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070925150945