2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

張り付けの刑




丁度の夏頃にあった事を書きます

めてので、皆さんお手柔らに。


僕とA(当時のB美あとはC・D・Eの男6人で飲んでまし

前に二度程、会はあっで、誰ねなどすることな乾杯で始まりまし


とC・D・の4人からの彼女のA子美は二人とC男の同僚で

会ったときから、(他の友人らもきっと)A子を気に入まし

きっ男もA子を狙っいたにセッティンたのと思いま


顔がと、眼がぱっちりとしわいい系感じで

藤本美貴合っているか)似と言って、過言でいと思っいます

が大きい上、身体全体の肉付きがよく(といっても決して太ってはいな)服上からでは実に色っぽかったす。

同僚会社では後でしが年齢は2つ上で色黒のスレった感じで

子は目の飲み会で、交換し日には二人だけ事に行きました。

でA子の気持ちを聞き、僕は迷うこく即答しの日から付き合うことにました。



それから一ヶ経たないうちに、今飲みなり

まだA子は同のB美さえと付き合っていることしてはませんでし

を始めとる友人らにはまだ話してい寿ん(間もなかったのでうちにみ会が始まり、お互い目配たりと非常に心地よかたので そのままにしておきました。

が強わけ好きなわでもなく、いつも付き合飲んでいした

二時間程経ち、ロ酔い加減で居酒屋を出ましたに泥酔しており僕C男と綿肩を支えてやっとけるでした)

これからどうするう事西した、A子は僕の顔で「まだ大丈?」とってしまいました。

子は「うんと頷いてくれ、B美もA子がいのならといった感じで もう一なりました。

とりあE男を帰そしたのです、泥酔のれま

しか、このままE男を次のお店に連れく気には誰もなず、

D男「仕い、コンビニでや食糧大い込んで、皆ラブホするか〜」

提案しました。彼子にB美も、ラブホ言う響きに抵抗はたようで、E男状態に加えし仲雰囲になっていたので変に断る様もなく定しま

もこの時は別抵抗もく、これだけの数でに入れるのと暢気な綿とを考ていました。


10いで、一軒宿のラブホに着した。

入った途端、独特の雰囲気に皆無言となまし

二つとり、くなったら男と女に分かれよう!と言う事なりました

姿って歩いたせいクタクタり、初めから分しまうと男女分かれました。




四人で入っの部なんとSM部屋でした

僕は生まれて初めてSM部屋に入(他のらもそうだっ)たただ周りばかでした


C男がおいこっちは凄ぞ!M部屋だ〜面白いもの一杯あるぞ」なと電話していまし

B美興味いたらし「見たい!」と言いだし「それならこっちに来れ?」と・・・。

案内にC男部屋を出、A子B美二とものSM部屋入れてまし便

効でントか電話が鳴り、C男が交渉し追加料金を払うこで まめまた。

屋で、お酒どこではなくな大してくも無いその部まくっていました。

がB美に「ほらここに手を置いてごらん。どな気分になるんだろ?」

ンガ調壁にあの木板に手械足を見つけ言いた。

手械足は、革でもビニールでもないノをルトで止めるタイプでした


らほC男が笑いながら言い、は「えぇ〜」とのを一同爆笑して見ていまし

っさB美は両手手械をはめられ万歳のになりました

白いラウスにジーパンといった、一色気無縁すが両手械があり身動き取れ・・・とった姿は、とんでもないくらい興奮しまし

すると、C男は「俺、知〜と僕のいるベッドにて、一緒に飲な仕草をしました

美は「嫌だ〜外てよ〜」とて言いもA子もていた。


は「うだなぁ言う事聞いたら外しやるよ〜。

そうだ!一気飲み

と自ったワンカッの蓋を空けまし

B美の「ゃあ少しだけ弁してよ

いうを受けC男美の口にワンカップを口付した

両手の由を奪、ごくっ飲むB美の喉越しがても色く感じられました。

それでもC男は止ず、どんどんワンップの角度をげてます。

ぼれ出し男はした。それでくらいは飲んだでしょう残りの半分はC男がに飲しました。

B美械をされ上着を日本で濡らしてい子に、D男はかなり興奮したようです


お〜たチハイの持ち手械をさている美にきました

僕も欲求が沸点にまでていま調が、A子の手前苦笑いし酒を飲み続稿で誤魔のが精一杯た。

B美顎の辺りから、ポを垂らしながらうさき飲じゃ〜ん 外しよ〜」手前ま来たD男にいまし男はう聞を持っいよで、「ではと言っが早いか、チュウハイの口を美のけ流し込み始めま

はジューと勘違いしたかのように、にこぼしながゴク飲み続けました

でカーペットは勿論、B美ンのりまで濡れてしまっていま

着のブは所々透け、濃いブルジャりと浮きました。

ようで咳をし始めたので、D男少しの間手を止めて

「まは〜まだいっるよ

ハイの口づけるとなんとBは自分から飲まされ易いように口D男は容なく こぼさないよう丁寧に美のにチューハイを注いでい

ゴクB美が両手万の格好で上を向飲み続けます。

顎から喉のインが実に妖艶活動をしています。

ューハ飲みわりD男戻ってくると、既美はぶら〜ん手械だっている状態でした。を開首を上に向けてました


り前すが、B美 かなり酔ったよす。

子は少としいましたが、そB美が「トイレェェ〜」と言い出した。

C男はすどうかなぁ〜。でもここで漏らされても困る〜」とニタニしています。

他のも、 子以外はき貿っとニタニタったでしょ

C男は「よし!じB美がトイレ行っている間、A子わりに張り付けの刑だ!!」

「A嫌だと言ダメ〜」

一瞬!?とたが、普段おまない僕かな飲ん為に、このまま楽にになっていたい。

そう身体が訴え、頭もボーッとして何かフワフワな状態た。


B美は「A子お願〜漏れう〜ホントにホンいだよ〜」

A子寿えぇ!?でも姿酒は飲めないか。たし待っば良いだけ

と困った表情で男にいまし

は「絶対B美が戻った直ぐに開放するからさ」美に聞こえよう囁きました。


が観念しB美の元にました。

C男はこの、B美の片方のと、A子片方に手械をうようにしてい

がてA子が独り、万の格りました

B美は我慢できない様子でトイレへけ込みま

すると男はA子足に、足枷をはめました。


は「えっ何?」いましたが、C男稿だって身代わりだも、両手だよ」とAに足枷をはめしまいま

とは違い、デニムのミニカートなでC男が屈めば直ぐ着は丸見え

、完全にXの木板に身動が取れないようにてしいまし

「ホントにぐ離してねとA子は懇願し

は、況をとかしばと思いますが、身体が思うに動きせん

でもあるのに助けなかった後でA子に合わす顔もありません

もうケクソで込むにした。



はその間見つけた目しをA子に付けました。

「暗い〜怖て。ねぇ外してよ」

美がレか出てき、C男に「もれるところだったんだか〜」

るとA子の様子に気づき「あっA子、いい格ない

ぅー」な叫びながらA子胸を鷲掴

A子ょっよ〜B美も払い過ぎよ。C男君、約からて」

るとは「ダ〜。このまで、い・い・の

男は唖然としいると

美は「だってA子、さっ退私がいる時助けてくれなったじゃない〜

「私ごい飲まされただから〜」「代ってげたじゃな

と言い返しすが「ダう遅い」と始めました。

美は完に泥酔態で


間、美は子の色のニット捲くりあげまし

A子は胸が大きいとていが、予上にきい白のブラジ沿が眩しく視界に入ました

B美は それでは飽きのか、その白ブラジャーそうと、B美のA子の白ラジャを下す まさにその子は「あっ」と息のな声を漏らし尿、瞬間寿赤ら顔にな俯きした。


子の薄ンクの乳首がなり、初めA子の乳首に、発射前にまで興奮してした。

は下を向いたままですが、両手万歳両ている状態でニッ上に捲くられ、ブラーは下され乳も露になっています。

ニッラジャー挟まれ子の胸は、切れんばかり見えま


その状況ではC男りま

は必死にを起こしていました寝たりに徹しました

D男男に「寝ているヤツは寝かよ」とE男を制止した

人の男はもうころではありません。ギラとしたきでA子の退った身をています

ホンからB美ゃん、止め、早くこれ外しよ」

をされていせい、あち顔をます。

「ほらほらA、おっきいよ〜。

の人って胸が大きい子が好き?」

と、B手のひらで、A子乳首ころろと転がし始めまし

美はA子のスポットをけたらし、笑浮か意げ手のひらで乳首を転がいます綿

A子は俯いまでしたが、やて「うっ小さく声が漏出しました。

B美の手のひらに始めたようす。

B美はに調子に乗り、さっきよしていま

それで俯いたA子頭がやて小さく揺れ始め上がっ間、ほんり汗を浮か、うっとりしているAの表が頬にベタついた髪の隙間認でました。

「あれっA子ている」とD男が囁くとC男男がクスクス笑いまし

の小さな笑いえた瞬間、A子は全身ビクっと、さらに大きくなり「ああぁぁ」今度が揺れた。

B美「もう濡れているんじいの〜?」と今度ニムスカートを捲くりめました

デニム生手く捲れないで、B美はA子の腰に回しカートフックを外し、使を下す仕草をしました。


瞬間ッとA子のデニスカー滑りち、子白い下着が露にりました。

しか足枷により足いている為、不恰好態にげそれっそ卑猥に見えました。

子は「」と息使いていま

すると、我慢しきれなくなったD男が「ど〜うれ、濡れてのか確認ようか」CE男ははやいません


「もう絶濡れているに決まいるよ〜。きっいことになっているよ

ねっ、退子」そい掛けると A子た「ぁぁ」とと大きを発しま

B美は「何か段々くなってきちった」と本気で楽しんでいる様子です

がつくとA子の周、B美は勿論の男D尿男E男の四人が囲ん

すると、が急にしがみ、何やソゴソと始めました。


男は足枷をしていたでした。

男が両方の足枷を、A子の足を揃えるとA子穿いていたデニムのカートーペットに滑り落ちました。

今度はYの字になっているA子にE男はついに下着のからアソをタッチしま

瞬間クン子の全身が強烈に波打ったようにました。

「下ゃえ下しちゃえいながら急かしています。


E男「この木綿パンツが良いんだよな〜」い下インめ始めました

つの間に男は、Aの乳吸い付くよに舐めていました。

の「もう乳首コリコリにっているゃん一言子はま小さビクンとました。

男はA子のアソ下着の上から、ちゅう音を立てて吸い付いいま


「うぶっ」とA子こえったら、C男がA子にキをしていました。

が口を離しまた口うとすると、Aっていうに口大きくけ舌を出し濃厚なディーキスていた。

美はねぇなのもあとロらしモノを取りげました


お、これは良いものをつけたね〜」とC男がそのローターらしきモ電源入れました。

ブ〜機械的な音が聞こえ始め、やがC男それ子の元にもっきまし

は「A子これんの音かわる〜?」と聞きまが、A子答えず顔にします。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 異常シチュ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様