2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

幼なじみとの馴れ初め






校帰りに、気に園を見ると馴染の香織いた。
片隅のベチに腰掛け俯いいた
香織とは幼稚からで一
園時はぼ毎日、小学生になっ湿々だが、仲だた。
学になると織は陸上部に入り、ま愛い顔の香貿アイドル存在、俺と接する事なく
、まな方だか・・・
高校生にと、学校別々だった事も合わなくなった殿
2軒挟んだ隣なのね。
正直うのは、生きる世が違うのろう。
俺も織の存在を忘れてたし、きっと香織も俺なんかの事は忘れたろ
見かけるまでね。

てるに見えた
や・・違いく泣いてたろう。
をかようかと思っ3年近いブラクがる。
相談仲でもなし、あう仲もない。
俺は歩を進め、通り過ぎようとしが・・
でも、や気になってしまった
俺は自販機でコーラい、香織の側足を進めってそれ差し出した。

俊ちん・・・」
声はさなたが、香織の口がそう動いた。
3年ともってないのに、俺通り過ぎよしてたに、あの頃とじような呼び方されて、何だか嬉しかった。
でも、手放しに再会を喜べる雰囲ではなかっ
香織目が案の定真っ赤だ

く黙、目だけわせた。
っ」
はやっと口を開き、香織コーラを出した

ろがはそ尿れを受け取、突立ち上がると、きなり俺についてきた
い子につかれ、悪気なんてない
でもたら、女の子抱きつかれるなんて、れて初めの事
俺に抱くと、を上て泣き出した。
周囲の稿刺さる、どうしてい分かくて。
うしていいか分らず、たち尽くし足元に、コラの転がた。
香織は尚も

ごめん・・れから・ありがと・・・
だ香織は俯いたま俺を見る事無くそ言った。
「折だか簿・これ・貰っとね」
俺の足元を拾うと
し・・・スッキリしたよ
う言うと、一人で公園を後にした。
は黙って香織姿を見送

、学校にと玄と、の所に人簿が見
こうも俺付いて、手を振った。
ん!」
織だ
まで、一緒にかない?」
「別に・・けど・・
俺はツレなくたが、内心はドキだ
俺がそんなんだから、当然会話なて弾ま
身は、「あぁ」とか、や・」とけで、々と話くるのは香織。
も俺、何をとか覚えてなくて・・・
ただ、あっとう間にに着いた気がす
「じゃ〜ね
笑って手を振り、反対側のホームに行香織の事を、昨と同うに見った

校が終わりいつものよ電車に俺。
もの降り改札を抜けるとそこに織がた。
俺を認めた香織は、手振ってむと、俺に近付いて来た。
「一緒に帰ろ!」
香織は、ポケットに突っ込だ俺のに、自分の調めて
姿たドキがら、朝来た道を歩いた。
朝のようあぁ」とか「い・」か口してない

「俊ちんって共学ったよね?」
「あぁ」
「俊は優しいから、もてるでしょ?」
「いや・・
そ〜っ!もてるって
「そんな事ねぇよ!
初めて、」「や・・・」にした。
「ごめん・怒った?」
いや・・
怒っるでしょ?
・・・」
し・・・迷惑かな?
や・・」
方がなら・・・ ?」
いや・・俺そ・・大声出して。」
ったけど、何か重苦しい空気が流まった。

「上さん織)、陸上は?」
初めて俺から、香織に話し掛けた。
ばらく織は黙ってたが、「やめちゃったと言うと、なんだか寂そうに笑った
俺はそれ上は聞いてはいけな、「そう・・とだけ返し
香織は中時代、00mで県大会3位の力者だっ
校は勿論特待生。
言えば・・・高校は寮だって聞いた記憶が・・やめたから、今は家通ってるんだ。
かな・・・いじめらちゃってね・」
香織はそう付えると、日の様に下を向い
また、重苦し空気が流れ

俺の家の前香織は、めた腕解い
て俺に微笑みかけながら、、一に行っていい」と聞い
俺はぁ」と答えた
のさ・・・
俺が香織に目をやる「『上田ん』は寂しかたぞ!」と言った。
「昔〜・・・『香織ちゃん』て呼んくれてたよね?」
「あぁ
「『香織ゃん呼んでよ

「『香織』いぞ!
「いや・・
笑う織。
れからさ〜
「本当にもないの〜?」
「あぁ
「ふ〜・」
後に香織が何か言った気が
でも聞き返さなか俺。
じゃ〜」
織はそう言っ振るに入っ行った。

朝も、香織は門の側に立っていた。
そし 夕方には改札口にいた。
の翌日もてその日も。
毎朝行き、夕方には並んで帰っ
る時、同級と鉢合わせた。
「えっ?」と一たそいつ。
「お前ら・・・付き合っんの?」
そのい掛けに「へ笑った香織。
そして俺は「そんな訳ないだ!」と強く否定
「だよな!」
同級生は安心したよう顔をした。
そのは途3人で並んで貿た。
織はずっと、そいつとって
は一も口を利かなかった。
級生と別、また二人きり
いつもはずっと喋ってる香織が、珍く一言も喋らない
なりながらも俺訳を聞が出来なた。
そして香織との別際、「あんに強く定し
そううと香織は手らず、家に入って行った

朝、の前香織は来なかっ
夕方も、駅はいた。
になった俺は、香織行ってみようかと思った。
でもいざとなると、呼び鈴を押す勇気がなった湿
小学生のは躊躇く、ことが出来たのに
下からただのつい織の部見上げるだけった

翌朝をして、いつもりも随分早く家を出た。
家を出て行く先は、3軒隣の香織
でも30分たても40ても香織は出て来なかった
諦めて、学校に行こかと思った時、香織の関が開いた。
来たのは、織の親。
ちゃん・・・久しぶりねぇ
俺は挨拶をすると、「ちゃ」とおばさんに
香織ねぇ・・・昨日から具が悪いんだって・・・」
そう言うの、香織部屋の窓に目をた。
「困ったよね
うと俺の方を見た。
うです
俺はそう言って頭を下げと、駅向って歩いた姿
香織がいい道は、とても寂しかた。

その日方、は香織の家の前に
ケーキ屋でた、ショケーキがったを持って。
変わらずび鈴をのは躊躇した。
躊躇はしたが、でも思い切て呼貿び鈴押す。
出てたのばさんだった
香織ちゃ・・ますか
ばさんと、「るけど・・・お部屋から出て来よね・・・」、困った顔をした
「そですか・・・したこれ、香ちゃんに。僕がって、伝さい。」
う言っを下、立ろうとした俺が呼
「俊ちゃんの顔をたら・・・元気になるかもね・」

俺はおばさ続い、狭い階段上った。
に上以来
でも、懐なんてなかった。
おばさんがノック、中から応がない
ちゃんが来てわよ。開けるわよ!
う言っさんを開けたの同時に、」と驚い声がこえた。
完全にドが開き、布からした香目が
ょっってよ〜!」
そう言て布団にもぐるが、おばさはお構いなし
「さぁ、入って。」
って俺の中を押すと、「っく」とってド閉めた。

ただ立くす
香織布団を被顔を出そうとしない
てドをノックする音。
ばさんュースとグラをトレーに乗せに入ってきた。
「あら俊ちゃん、立れてる。
・・・そんなとこで・・・
「香織に遠慮ないで、座っていよ。」
とおんは、ッションに目た。
「は・」
は返事をと、クッションのを下ろ
「香織ちゃ!いしなさいよ!
ばさんは布団のの香織に、厳しい口調で言った

「俊ゃん香織が出てこなかったらその、おばさんに頂
そう言うとおばさん、部屋ら出て行った。

ケーキとか・・買姿れたの?」
さんが出て行くと布団の中から香織聞いてきた。
はそれだけ返した
「ケキ、食・・・恥ずかしいよ〜
から顔西して香織がそう言っ

ゃ俺・・帰るから。ーキて元気出して。」
俺が立ち上がうとする織は布団から出て


でもの瞬間、「キャッ言う、ピンクのジャマの胸元を隠し、前かがみにになった。
「帰る
は立ち上が、ドアノブに手をかた所で、香織に腕を掴まれた。
「待!一に・・・簿ーキべよ・・・」

ーブラだか・・あま見ないで。」
俺の正面に座織は、襟元を左手で抑えながら、俺にそうた。
「上に・・・何か着たら」
う言われて照俺は、そう言うがやっとだった。
そだ
香織は立ち上薄いピンクのカーデガン出し、を上
でもそで無防備になった

キが入った箱を覗き込んだり、食べようと前屈みになっリと胸元が覗く
その、目のやり場に、香織から寿を逸らした
の気知らずには、「おいしい」と嬉しな顔をした

「昨日ね〜供のの写見て〜」
を食ると、香織はそう話た。
ん・・・
したらね〜俊ちゃんがで、ベソかいてる写真が出てきた
そんな事、あった
えてな〜い?3年生時だったか・・チの庭で転んでさ〜」
そうだっけ
お母さんに服脱て、裸なの
「嘘だ〜!
嘘じいよ!写真あるもん
う言うと織は古いアルバムを取り出横にった
ほら〜っ!これだよ〜」
確か、素っ裸なってベソかいてる。
ほらね。
勝ち誇ったような香織顔。
「こ写真、いってん
だって俊ちゃベソかい可愛んだもん
香織はそ言う、そじと見た

織ちゃんだって、面白い真、隠してんじゃないの?」
たい?
香織はそう言も俺に近付き、を並べるようて、バムのページくっ
「俊沿小さい頃、ホント小さかっに、今はくなったよね〜」
時々俺の写真ながら、香織はそった。
「今・・男にしては高くいよ・・
もこの頃って、あたしより頭一分小だよ
「だね・・・」
つしか香の肩はりとくっいていた。
でも付かない振りをした。
気にしてしま、恥ずかしさに耐えれそうになら。
付いてんだろう
肩がくっついてる。俺思いに

っか西ら先は、見せてあげない」
そう言っては、アルバムを閉た。
「乙女の秘あるもんね〜」
あっ
そう言った時ぐ側に香織のあって驚い
慌てて目を伏せた俺。
ねぇん・・・
織の呼びけに、再び顔をた俺。
目の前に香織の
あたしの事・・・ライかな?」
キライな・・・なゃん・・
に?」
あぁ・・・
宿あの時、んな大声出して否定しなぁ
・俺かと・・香織ゃんが嫌かと・・・」

目を伏せて呟いたの唇に、温かくて触がに。


「あたし・・ーストスだかんね」
香織。勿論もそうど。
の・・した
う言って笑
「俊ちん・・ケーの味、分かっ?」
「い・・・」
え〜っ使
ん・・・」
「じゃ俊ちん・・・今度使ゃんねっ?」

目を織の唇に、俺はそっと唇を重ね
確か織のように、イチゴケーキの味がした
でもケーキよ今この瞬間、香織とねあってる事のうが、俺とっしい事だった。

「2しちゃった
そう笑う香織
「あぁ・・・
「俊ちゃん、何であ簿たしの顔見な
だって・・
「何
「恥ずか・・」
?」
「胸が・・・見えてる・・・」
前屈みにな香織襟元から、しっかりと谷間が見えていた為、俺は方を見れないいた
っちぃ〜香織はう言い、一瞬だけ体勢をえた、また前屈戻っ
ホント貿は見たいくに」
きっと香織俺を見て笑っる。だから尚更、俺は香尿を見れないた

手をふいに、香織に取られた
香織は両手で俺のを掴むと、それを自分に持っていた。
初めて触れる、い感触
たし・・恥しいよ・・・」
その言葉に香織を見ると、香織赤い顔をしてた。
接・・触っていな?」
コクリと頷く

だが襟元らは手が、俺はジャマのボ手をかけた
は・・ダメかしいか・・
2つだけボタンを外し、を入れた
っともっと柔沿感触。
は時々アッ沿ウッ・・・か声を洩らした。
俺は香織度目スをした。
は俺の頭を抱いてきた。
胸かを外、香織の腰いた

の日一番長いスだった

でしちゃったね」
香織のを出る俺の耳、香織がそうた。
「あ
俺はく答えた。
玄関まで見ってた香が、
明日・・一緒うね」と言った。
それか・・・」
殿に?」
香織ちゃんよりも・・・がいいな
織はそう言うと、い顔して舌を出

学期が終わり、香織校を退学した。
陸上をめた為に特ではなくなり、学費もく距離離れた学校ではなく、近くて安い高校に通いなお為だ。
業式の俺の高校に転生が入った。
勿論
香織はた、数名にアックされた調
でも彼氏ますと、全て断った。
彼氏が俺だなんて
の事程なく、我が校」に数られる事になった



キスしたり、(服の)胸をったりは、度かあった俺達だが、なかの先にはまな
に双方認の仲になり双方は行いたが、「節度は守」と父親かに進めないでいた。
勿論俺、くな訳じゃない
事なたし、そう言った雰持ち退む事も出来なかし、そうする場所もなかし。
年生になり、付き合いが経して俺は貞だ、香織もバージンのまだった。
からと言っ、慌てるような事もなかったし、その必要なかった。
織と付き合ってるだけ、俺は良った

生の女の子()から、俺は白さた。
俺、生徒会の役員だったし、成績かったから見た目はくなくても、ある程度は目立った存在
だろうとでもは、それを断っ
勿論織がいるら。
その子ったわら、か極的だった。
「じゃ、フンならいいです
う聞かれ、「いいよ」とたのが悪かったか・・
校内で俺話しけて来た、遠から大で声かけきたり。

通学時にも同じ電車に乗っては、俺と香織の間に割って入り、俺と香苦笑いさせた。
香織で、「い子」と意に子もなく。
「浮メだ〜」とは言が、っとその葉は、ではったと思う

、生徒会会合で遅くなっ俺。
ただえ遅ったのに、定期を学校忘れてる事に気ててまで戻った。
そうしてやっと学校を出た所で、
は遅るのが分かってで、とっくに家に帰ってる。
だけど陽ファらか?こうして時々い姿・・
、いつものめ、に向て歩き出す
その少し後ろ使子が歩いてい
の時だった。

、高校カップ?」
だめしないと
悪そな4人組が、俺達をてそう言ってた
こん可愛い彼従わて、ミ、主関?」
そう言いながら
て次、そのウチ一人が陽子のカートをた。
キャーッ」しゃがみ込む陽子
しかし、んだ陽子を囲み人がスカートを持ち上げようといる。
めて下さい
気が弱い俺も石に、4に向て大声た。
ぃ?
ボコて、っていた

「あん殿たの出方、こつ許してやってもいい
そう、に言ってる声を聞いた。
程なく俺は抱え上げ、どこに連れてれる
りからえない、資材置きの裏に連れてかれ
面に叩付けれ、悶絶する俺。
「やめい」
泣き叫ぶような陽子の声がた。
分かた、分かった・・・お前方次第だっよね・・
その声の後に腹部をれた俺。
「大人しくしな・・・またや

我に返た時、辺りは既に暗か
かしすぐ、下卑た男ちの声と、くぐも声。
スカを捲し上げられ、胸を露出した子がい
人のモノを咥え、一人のモノを握らされてる。
一人に胸弄ら、も簿人にはスカーの中を。
「何てん!」
俺はだが、散々られた体が言を聞
例え言う事を聞としても、俺はなかが・・・



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 純愛, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 純愛, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080406094317