2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

幼なじみとの馴れ初め






校帰りに、何気に公園を見織がいた。
隅のベンチに、俯いていた
殿稚園西ら中一緒
園時はほ毎日、小学生なっても時々だがだり仲だっ
中学なると香織は陸上部に入り、た可の香織はアイドル的存在となり、俺と接がなた。
まぁな方だら・・・
高校生にな校が別々だった事もって、顔すら合がなくなった
家、2軒挟んだ隣なのにね。
のはる世界が違うの
香織の存在を忘れたし、っと香織も、なんかの事はれてたろう
園で見るまではね

泣いてるように見えた。
いや婿違いなくう。
声をかけうかと思ったが、ぼ3近いブランクがある。
談しあう仲でもないし、笑いあでもない。
歩を進め、通り過ぎうとしたが・・・
でも、やはり気になってまった
自販機でコラを買い、香織の側に足を進め、黙っそれ出し

俊ちん・・・」
声はさなかったが、香織の口がそ
年もまともに喋っいの、俺、通りようとしてたのに、あの頃と同うな呼び方をされ何だか嬉た。
でも、手放しに再会を喜べ雰囲気ではかった。
織の目が案定、真っったか

く黙ったまま、目だけを合わせていた
ほら
と口を開き、香織に尚もコーラを差し

はそれを受け取然立ちがると、いきなり俺についてきた。
可愛い子に抱きつかれ悪いなんない。
俺にてみたら、子にきつかれなんて、生まて初めての事だった
は俺に抱きを上げてき出した
周囲のが突稿が、俺、どうしていいか分かくて
どうしいいか分からず、だ立ち尽くの足元に、コーラ缶がた。
は尚続けていた

ごめから・・・あり・」
き止んだ香織は俯いたまま、俺を見る事無そう言っ調
折角から・・ことくね」
俺の足元のコーラを拾うと、背を向け、
・・・リしたよ」
そう言、一人で後にした
俺は黙って、香織の姿を送った

翌朝、行こ簿玄関をけると、門の所見えた
向こうも気付て、を振
「俊ゃ〜
だっ
で、一に行かない?
に・いい・・
俺はなく答えた心はドキドキった。
俺がそだから、然会話なんまな
、「あぁ」とか、「いや・・・」とか返すだけ、色々と話しかけてくのは香織。
を聞かれたとまるえて調・・
だ、あっと言う間に駅に気がする。
じゃ〜ね!」
って手を振り、反対ホームに香織を、昨日同じように見

わり、いつものよに電車に乗った
つもの駅で降、改札ける、そに香がいた。
俺を認めた香織は、手を振って微笑と、に近付いてた。
一緒に帰ろう!
う言うとは、ポケットに込ん俺の右手に、自分のを絡て来た。
俺はまたドキドキしながら、朝来た
のように「あぁ「いや・・・」しか口にして

「俊ちゃって共よね?」
「あぁ」
俊ちゃんしいから、もてるでしょ?
「い・・・
うそ〜っ!絶対もてるって!」
「そんぇよ!
俺は初めて、「ぁ」いや・・以外
「ご・・?」
や・
怒っでし沿?」
いや・・・」
あたし・かな?
「いや・・・」
かにし方がいなら・・黙ってよう
いや・こそ・大きな声出メン。
ったけど、何か空気流れてしった

上田さん織)、陸?」
めて俺に話しけた
しばらく香織は黙ってたが「やめちゃった」と言うと、んだか寂しそ笑った
俺はそれ以は、聞いてはいけな気がして、・・・」け返した。
中学時代、100mで県大会位の実力者た。
校は論特待生。
そう言えば・・校は寮だ聞い寿た記憶が・・・や、今家から通ってるんだ。
「かじめゃって・・
香織はそうけ加えると昨日に下向いた
た、重苦しい空気が流れた

俺の家の前で織は、絡めた解い
そし俺に微笑かけながら、「明日も、一緒てい?」と聞きた
俺は「あぁ」と答た。
「あのさー・・・」
が香織をやと、「『上ん』は寂しかたぞ!」言った
「昔はさ〜・・・『織ちん』って呼んでくれね?
あぁ」
「『香織ちゃん』ってでよ」
「あぁ」
香織』いぞ
「いや・・
う香織。
れから
本当にもてないの〜?」
あぁ」
「ふ〜ん・・・
その後に、香た気がした
も、聞
「じゃ、明〜」
香織はう言を振ると、自分の家に入って

朝も香織はの側に立ってい
て夕方には、駅の改札口いた。
も、そして日も。
らは毎朝一緒に駅に行方には並んで帰った。
時、中の同級生と鉢わせ
えっ?」と瞬驚いたそいつ。
「お前ら・・・付き合ってんの?」
その問い掛、「へへっ」と笑った香織
そして俺は、「そん訳ないだろ!」と強く否
だよ!」
級生は安心うな顔した。
の日は途中まで、3人で並んで稿帰った。
織はず、そつと喋ってる。
は一言も口かなかた。
同級生と別れ、また二人きなる。
つもはずと喋ってが、珍しく言も喋らない
なりながら俺は、訳聞く事がかった。
して香の別れ調際、「あんな強く否しなくもさ・・・
そう言うと香は手も振らず家に入行った。

朝、門の前に香織は来なかった。
夕方も、駅なかった。
俺は、香織の家にみよった
でもいとな呼び鈴を押すなかた。
学生の頃は躊なく、押すことが出たのに。
下からただ、灯りのいた部屋を見るだけ

朝俺は早起きして、いつもよりも随早く
出てく先は、3軒隣のの家。
でも30たっても40分た、香織は出てなかった
諦め、学校にこうかった、香織の家の玄が開いた
出てたのは、香織の母親
「あら〜俊ちゃん・・・久しぶり
俺は挨香織ゃんは?」とおばさんに聞い
織ね・昨からいんだって・・・」
そう言うと2階の香織の屋のに目をや
困った子よね〜・・」
そう言うと俺の方をた。
「そう・・
俺はそう言ってを下げる駅に向って歩いた
香織がいない道は、寂しかった

その日の夕方、俺は香織の家の前にい
ケーキ屋で買った、ショートケキが入った包持って。
変わらず、呼び鈴を押すのは躊躇
躊躇はしたが、でも思い切鈴を押す。
たのはおばさんだ
「香織ち・・・
おばさんねると、「いど・・・屋から出てね・・・」、困ったした
そうでか・・・そしたらこれ、織ちゃんに。来たて、下さい。」
そう言頭を下、立た俺を、おばさび止めた。
俊ちゃんの顔を見たらるかもね・・

はおばさんに続いて、い階段を
5年生の時に上って来。
んてなかた。
おばさんがノッして中からは何も反応ない
「俊ちゃんが来てるわよ。開けるわよ!」
そうばさんがドア開けたの時に、「えっ?」驚いた声がえた
にドが開き、布団からだけだし沿た香織と目が合う。
「ちょっと待って
香織そう言って布団便ぐる、おばさはお構
「さ、入って、入って。
て俺の背中を押、「ごゆっく」と言ってドアをめた

だ立ちくす俺。
香織も布団を被っまま、顔を出そうとしない
そしアをノする音。
ばさんがジュスとグラスをトせて調屋に入って
「あら俊ちゃん、立たれてるの?笑ってる。
「はいんなです・・・
香織に遠慮しないいいよ。」
そう言うとお貿さんは、クッショをやた。
「は・・・」
俺は返事をすると、クッションの側に下ろし
ん!いい加減!」
さんは布の中の香織に、厳し調で言っ

ちゃん、香織が出てこなたらのケーキ、おばさんね。
そうとおさんは、部から出った

「ケとか・・・って来てれたの
ばさんが出行く布団の中織が聞いてき
「あぁ」俺はれだけ返た。
ケーキ、食べいけしいよ稿
布団から顔だけ出して、香言った。

「じゃ俺・・帰るら。婿ケーキべて元気して。」
が立ち上がろとすと香織は、待って!」と布団から出て来た。


も次瞬間、ッ」と言うと、ピンクのパジャマの胸元を隠し、前かがみにになった
綿るよ尿
は立ち上がりドアノに手かけた所で、香織に腕を掴まれた。
「待緒に・・ケー食べ・・・」

「ノだから・・・あまないでね。」
俺の正面に座ったは、元を左手で抑がら俺にそう言った
に・・何か着たら
照れた俺、そう言うのがやっとった
そだね・・・」
は立ち上がると、いピンクカーデガンをし、それを上にまった
でもそで無備になった

ケーが入っを覗だり、食うと前屈にな時に、チラリ胸元が覗
都度俺、目り場困って、から線を逸らた。
人の気も知らずに香織はおいしい」と嬉しうな顔をした。

「昨日ね〜子供の写真を見たんだ〜」
ケーキを食べ終えると、香織そう話し
ふ〜
たらね〜俊ちゃん水溜りんで、ベソかいてる写が出てき〜」
「そんなったっけ?
「覚えてな〜い?だったかな・・・ウチ庭で転んでさ〜
そうだっけ
「お母さん使服脱がされて、っ裸なの
〜!
「嘘じゃよ!あるもん
言うと香は、押し入からいアバムをり出し、俺横に座っ
ほらっ!これよ〜
確かに俺、素裸になてベてる
ほらね。」
勝ち誇ったよ織の顔。
「こんな写真、いつまでも持ってんなよ
「だって俊ゃん、ベソいて愛いんだもん
はそと、写真をまじまじと

「香織ちゃんだっ白い写真、隠してんじゃの?」
?」
そう尚も俺に近付き、肩を並ようして、アルのページをめくった。
「俊ちゃん小さい頃、ホント小さかっのに背が高くなね〜
時々写ってるの写真をながら言った
「今も・・・男にしては高くはないよ・・・」
「でもこの頃て、あたしより頭一個分小さいんよ」
だね・・・
尿か香織との肩は、ぴったりっつていた。
でも俺は、あえて気ない振りた。
気にしてしまう恥ずかさに耐えれになかったから
香織は気付いてたんだろうか?
がくつい。俺のそんな思いに

「こっから先は、見てあげない」
そう言って織は、アルバム閉じた
乙女密があるもん〜」
ルイ!」
て香の方を見た時、すぐ側に香織のがあて驚た。
慌てて目を伏俺。
「ねぇ俊ちゃ・・・
香織の呼び、再び顔を上俺。
の前
事・・・キライな?」
ライな訳・ないゃん・・・」
ホントに
「あぁ・・・」
じゃであの時あんな出して否かなぁ?」
だっ・・・俺なんかと・・・織ちゃんが嫌かと・・

目を伏せて呟俺の唇に、温かくてかい感触が急に。


たしの・・・フストキスんね」
の前の香織が笑った。勿論俺もそうだったけど。
「ケーキの・・たよ」
そう言って婿香織
「俊ちゃん・・・ケーキの味、分かった?」
いや・・・」
「え〜マジで?」
「うん・尿・・
じゃ俊ん・・・今度俊ちゃん・・ねっ?」

目を閉じた香織の唇に、俺っと唇を
かに香の言に、イチゴのケーキの味がした。
もイチゴのケーキよりも、西今この瞬間、香織と唇のほうが、俺にては嬉しい事だった。

2回ったね」
そう言て笑う香織。
あぁ・・・」
宿ちゃん、何しの顔見な?」
「だって・・・
「何よ?
「恥かしのと・
何?」
が・・・見えてる・・・」
前屈った香の襟ら、しっかり谷間見えてい、俺は香見れないいた姿
「えっちぃ〜」香織はう言、一瞬け体勢を変えたが、ま屈みに戻っ
「ホン見たいせに
っと俺を見てってる。だら尚更、香織を見れないでい

左手をふに、香織られ
織はの手を掴むと、それ自分の胸持っていった。
て触れる、柔い感触。
しも・・・恥ずかよ・・・」
その言に香ると、も赤い顔をしていた
「直接・・触っていかな?」
コクと頷く

だがからは手が入らず、俺はのボに手けた。
部は・・・ダメ。恥かしいから・・」
上2つだけボタンし、俺はそこから手を入れた。
もっともと柔らかい感触
香織は時々、「アッ・・・」とかウッ・・・を洩ら
、3度目のスをした
香織はの頭を抱いてき
も胸から手外すと、香織のを抱いた。

の日、一番長いキスだった。

「Bまで
香織の屋を出る俺の耳元で、香織がそう囁いた
あぁ」
は短くえた。
玄関で見ってくれた香
明日・・・一緒に行こうね」と言っ
「それ・・
「なに?
香織ちゃんよ使・・がいいな
香織う言うと、赤をして舌を出した

1学期が終わり、香織は高校を退した
上を辞めた為に特待生ではくなり、学費も高く距離も離れた校でく、近くて安い高校に
業式高校に転校生が入った。
織だ
可愛ち、にアタックれたしい。
も香「彼いますと、て断った。
その彼氏が俺だなんて。
事実は程なく、我が校の「7不思議」に数えられた。



キスしたり、から)胸を触ったりは、何かあった達だがなかなかその進まった。
既に方の親公認仲に、双方の家には行使いたが、「節度は守れ」からたせいに進めなでいた。
勿論俺、たくない
でも事なかったし、そう言った雰囲気に持ち込出来なたしする場所なかったし
寿なり、き合いだて1ても俺は童貞だったし、香織もバージのまった
からと言って、調るよったし、その必もなかっ
香織付き合ってるで、俺

1年女の子(陽ら、俺は告白された
俺、徒会の役員った績もかったから、見た目良くなくてもある程度は目った存在あった。
ろうと思うがでも、そ断った。
勿論姿がいるか
断っ関わらず、かな極的だった。
じゃ、ファンならいでか?」
う聞かれいよ」と答った・・・
校内で俺話しかけて来た遠くからで声をかけてきたり

通学時にも同湿、俺織の間に割って入り、俺と香織を苦笑た。
香織は香織、「可だね」と意に介す様子もな
浮気しちゃだよ〜言うがきっとそ言葉は、本気ではたと思

ある生徒会の会合遅くなった俺。
ただでさえなったの、定期を学校にれて事に気付、慌てて教室で戻った。
うしやっを出た所で、陽に会った。
織は遅くるのが分かってるっくにに帰ってる
だけど陽ァンだからか?こうして時々いるんだね・・・
ま、つもの諦め、駅に向って歩き出
その少し後を陽子歩いていた。
その時だった。

「おう、高校カッ?」
だね〜生は勉強しない!」
ガラの悪そうな人組が、達を見てう言てた。
「こんな可愛彼女を従わせて、キ便ミ、亭主関白
そう言いながらいて来た。
そして使ウチ一人が陽子のスカーめく
「キャーッ」しゃがみ貿
、しゃがみ込陽子、尚も4スカートを持ち上げようとしている。
「やめて下さ
気がい俺も流石、4人に向って
「なにぃ?」
後にられ、俺は地面に蹲ってた。

「あんたの出方次第でいつ許してやっていよ」
4人がそう、陽に言ってる声をた。
く俺は抱え上げられ、どこかに連行か
通りかまるで見え、資材置き場て行かれた。
地面に叩き付けら、悶絶する俺。
「やめてい」
泣き叫ようなの声がした。
分かった、分かっ・・の出方次第だっ・・
その声のげられた俺。
大人しく沿と・・・またやっちゃ

我にった時、辺りは既に暗か
かしすぐ側で、卑た男たちの声ともった声
スカートを捲上げ、胸を出した陽子がいた。
人のモノを咥え、一人のモノ握らされてる。
人に胸を弄られ、も一人にはカー中を
「何ってんだ!」
俺は叫んだが、散やら体が言事を聞かず
え言う事を聞いたても、俺が勝てるではなかたが・・



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 純愛, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 純愛, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080406094317