2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

幼なじみとの馴れ初め






校帰りに、何気に公園を見ると、幼馴染がいた。
片隅のベチに掛け、俯いていた。
織と、幼稚園かで一緒。
園時ぼ毎、小学になても時だが、んだる仲だった。
中学にな織は陸部に入、ま愛い顔の香織はアイドル的存在となり俺と接する事がなくなった。
まぁ工な方だから・・
高校生になると、学校が別々だった事もあっ顔すす事なくった
家、2軒挟んだ隣ね。
正直思うのはきる世界違うのだろ
も香織存在を忘れて香織なんかの事は忘てたろう。
で見姿けるまでは

いてるように見え
いや・・・間違いなく泣いてた
かけよったぼ3年近いブラクがあ
相談仲でもいし、あう
俺はを進り過ぎようとしが・
でも、や気になっまった。
俺は販機姿を買い、香織の側黙ってそれを差し出た。

「俊ちゃん・・」
は出さかったが、香織の口がそう動いた。
もまともに喋ってないに、俺、通り過殿うとしてたのに、の頃と同じうな呼び方されて、だか嬉しかった。
も、手放しに会をべる囲気ではなかっ
織の目が案の定、っ赤だったから

暫く黙ったまま、目だけを合わせていた。
ほらっ」
俺はやっと香織に尚コーラを差した。

ころ香織はそれをけ取らず、突然立ち上と、いきり俺に抱てき
可愛い子に抱きつれ、気なんてしい。
でも俺にしてみたら、女抱きつかれなんて、生まれ初めて事だった。
香織は俺に抱きくとき出した
周囲視線き刺さるが、俺、どうしてか分からなくて。
ていいか分からず、ただち尽くした俺の足元にーラ缶が転がった
も泣いた。

「ごめ・・・そからりがと・・・」
泣き止んは俯ま、事無う言った。
「折から・・これ貰っとくね」
俺の足元のコーラを、俺に背を向
「少し・・スッキリしよ」
そううと、一人で公園を後
俺は黙て、香織の後姿を見送った

翌朝、学校に行こうと玄開けると門の所に見えた。
向こうも気付、手を振った。
「俊ちゃ〜ん!」
香織だた。
「駅まで、かな
「別に・・・いいけど・
俺はツレなく答えたが、内心はドキドだった。
俺がそんなんだから会話まな
俺自身は、「あぁ」と・・とか返で、色々稿しかけるのは香織
でも俺何を聞れたとかまるで覚えてて・・
ただ、あっう間駅に着た気る。
「じ〜ね
笑っ手を振り、反対ホームに行く香織を、昨日と同じように見送った。

学校が終わり、つもうに電車に乗った俺。
いつり、改札を抜けると、そこいた。
俺を認香織は、手を振って微むと俺に近付来た
「一緒にろう!」
そううと香織は、ケッに突込んだ俺の右手自分を絡た。
はまたドキドしな、朝来た道をいた。
稿「あぁ」とにしてない。

ちゃだったよね?
あぁ」
ちゃんは優しいから、もて簿でしょ?
「いや・・・
「うそ〜っ!絶婿対もるって!」
「そんな事ねぇよ!」
俺は初めて、「ぁ」「いや・以外を口にした。
めん・・・怒った?」
「いや・・・」
怒ってるで?」
や・・・」
「あ惑かな?
いや・・・」
かに便して方がいいなら・黙ってよう?」
や・・・俺こ・・大きな声出してメン。」
たけど何か重苦しい空気が流てしった。

上田さん(香織陸上は?」
俺から織に話た。
しばらく香織は黙ってが、「やゃっ言うと、なんだか寂うに笑った。
俺はそれ以上はないがして、「う・・・」とけ返した寿
織は中学時代、1で県会3稿
校は勿論特生。
えば・・・高寮だって聞い憶が・・や湿、今は家から通てるん
なり・・・じめられちゃってね・
織はそう付け加えると、日の下を向いた
た、重苦しいが流

俺の家で香、絡宿めた腕解いた。
そし俺に微かけながら「明日も、一緒に行っていい?」と聞いてた。
俺は「と答えた。
あのさ・・・
俺が香に目をやると、「上田さん婿』は寂しかったぞ!」と言った。
「昔はさ〜・・・『ん』って呼んでくれたよね?」
「あぁ」
「『香織ちゃ呼んでよ」
あぁ
「『香織』でいい使ぞ!
や・・・」
笑う香織。
「それからさ〜」
本当〜?」
「あぁ
ふ〜ん・・」
香織がか言っがし
でも、聞き返さた俺。
「じゃ、明日ね
香織はそう言ると、自分家に入って行った。

翌朝、香織は門の側に立ていた。
夕方駅の改札 にい
の翌も、てその
らは、夕は並んでった
る時、中代のと鉢合わせた
「えっ?」と驚い
「お前ら・・・付き合ってん
の問掛けに「へっ」と笑った香
俺は「そんな訳ないだ!」と強く否
だよ
心したよな顔した
日は途中まで、で並んで帰った
香織はず、そつと喋って
は一利かなかった
級生と別れ、また人きりになる。
ずっと喋ってる香、珍しく一言も喋ない。
になりらも俺は、訳を綿く事が出来った
香織との別れ際、「あんなに強く定しなくもさ・・」
う言香織は手も振らず、家に入て行っ

、門前に織は来なかった
方も、駅の札口はいなかった。
になった俺は、香織の行ってみよと思た。
ざとなると、び鈴を押がなかった。
学生の頃は躊躇なく、押とが出来たのに。
下からただ灯りのついた香織げるだけだった。

早起きをして、いつもよりも随分早くに家た。
家を出行くは、3軒隣の香織の家。
でも30分たっても40分っても香織は出て来なかっ
諦めて、学校に行こうかと思った時、香織家の玄関開いた。
来た
「あら〜俊ちゃん・・久しりね
は挨をすと、「香織ちんは?おばさんに聞いた。
ねぇ・・・昨日から具合がいんだて・・・
そう言うとの、香織の部屋のに目をやた。
た子よね〜・・・」
う言うと俺の方を見
「そうですか・・
俺はそう言って頭をげる駅にて歩いた。
香織いない道はも寂しかった

その日の夕方、俺織の家の前にいた
屋で買った、ョートケーキが入った包みを持って。
相変らず呼び鈴をのは躊躇
したがも思い切って呼び鈴を押す。
出て来たのはばさった
「香織ちゃん・・・ます?」
さんに尋ねると、「いるけ・・・お部屋から出来ないのよね・・」と、困った顔をし
そしたらこれ、香織ちゃんに。僕がたって伝えて下さ。」
う言って頭をげ、立ち去ろうとした俺を、おが呼び止めた。
ちゃんの顔を見たら・・元気になるもね・・・」

はおさんに続いて、狭い階段った
年生の時って以来
も、懐かしさに浸る余なんった
んがノックしても、中からは何も反応ない
俊ち来てるよ。開けるわよ!
そう言ておさんがドアを開けたのと同時に、「えっ?」驚いた声がこえ
完全ドアが開き、布団から顔だけだした織と目が合う。
「ちと待よ〜!」
そう言布団にもが、おばさんはお構いな
「さぁ、入って、入っ
う言って俺の中を押すと「ごゆっくり〜」調と言ってドアを閉めた。

ただ立ち尽く俺。
香織ったまま、を出うとしな
してアをする
おばさんがジューとグラスをトて、部屋に入って
ら俊ちゃん、立たされてるの」と笑てる
い・・んなとこです・・」
「香に遠慮しないで、座っていのよ。」
そうおばさんは、クッョンに目をやった
・・・」
俺は事をする、クッシの側に腰下ろた。
香織ちゃん!いい加減にしなさ!」
団の中の香織に、厳しい口調った。

「俊ちゃん、香織が出かったらそのキ、おばさんに頂戴ね。」
言うとおばさんから出

ケーキとか・・・買っくれたの?
おばが出て行の中から、便聞いきた。
「あぁ俺はそだけ返した
ケーキ、べたいけど・・・恥ずかしいよ
布団顔だけ出香織がそう言った。

「じゃ俺・・るかーキべて気出し
俺が立ち上とすと香織は、「待っと言って布出て来


でも次瞬間、「キャッ」と言うと、ピクのジャマ胸元を隠し、前かにになった。
「帰るよ
俺は立ち上り、アノブに手をかけた所で、香織に腕を掴た。
て!一緒に・・ケーキ食

「ノーブラから・・り見ないでね。」
の正姿面に座た香織は襟元を左手えながら、俺そう言った。
上に・・・何から」
われ照れた俺は、そう言のがっとだった
だね・・・
香織上がると、薄いピンクのカンを出を上にまとった。
で無備にた香織。

西キが入箱を覗き込だり、食べようと前屈みにな元が覗く
の都目の場に困って、香織から視線逸らした
人の気も知らずに香は、婿おいしいと嬉そうな顔をした

「昨日ね供の頃の写真を見てただ〜」
ケーキをべ終えると、香織はそう話た。
「ふ
簿たら退俊ちゃんが水溜りでんで、ベかいててきたの〜」
そん、あっ
えてな〜い年生の時だったかな・・・ウの庭ででさ
そうだっけ・・・
お母んに脱がさ、素っ裸なの!
だ〜
ゃないよ!写真あるもん!
そう言うとは、し入れか古いア出し横に座った。
〜っ!これ
確かに俺、裸になっ
ほらね簿
勝ちったような香織の顔。
こん写真、いつまでも持っんな
「だっ俊ちゃベソかいて可愛いんもん
香織う言うと、その写真をじまじとた。

香織ちゃんだ、面白い、隠しじゃない?」
「見たい?」
織はう言うと、尚も付き、肩を並べうに殿尿バムジをめく
「俊ちゃん小さい頃、ホント小さかったのに、今は背くな綿ったね〜」
ってる写真を見がら、香織そう言宿った。
今も・男ては高くないよ・・・」
でもの頃ってたしより頭一個小さいんだ
だね・・・」
か香織と俺のは、ぴっりとくっついいた。
俺は、えて付かない振り
してしまうと恥ずかしさに耐えれそうになかったら。
織は気いてたんだろうか?
がくっついて事に。俺のそんな尿思いに

「こっから先は、見せてあげない」
う言って香織は、アルバムを閉じた。
「乙女の秘があんね〜」
「あ!ズルイ
そう方を見時、すぐに香織の顔があって
を伏俺。
「ねぇ俊ちゃ・」
香織呼び掛び顔を上俺。
目の前に香織の顔。
「あたしの事・・・キラな?
「キラ訳・・・ないじゃん・・」
「ホントに?
・」
じゃ何であ時、に大声出ししたかな?」
「だって・・なんかと・香織んが嫌かと・

目を伏せ呟いた俺の唇に、温かく柔らかい感触が急に。


「あたし・・・ファーストだかん
前の香織が笑った。勿論俺もそうったけ
ケーキの・・・味がしよ」
って織。
「俊ん・・ケーキの味った?」
・」
「え〜っ!?マジで?
・・・
ゃ俊ちゃん・・・今度は俊ちゃんが・・・ねっ

目を閉た香織唇に、俺はそっと唇をねた
確かに香織の言うよ、イチのケキの味尿がした。
のケーキよりも、今この瞬間、織と重ねあってが、俺とっは嬉事だった

2回もしちゃっね」
そう言って笑織。
「あぁ・・・
「俊ゃん、何あたしの見ない
・・・
「何よ
恥ずかしいのと・・・」

「胸が・・見えて・・」
屈みになった香織の襟元から、しっと谷間見えいた、俺香織の方を見れないでいた。
「えっち」香はそ言い、一瞬だけ体勢を変えたが、また前綿屈みに戻った。
「ホントは見たいくせに」
きっ織、笑っだから尚更、俺は香織を見れないでいた。

手をいに、香に取られた
香織は両手で俺と、の胸持ってった
めて触れる、柔らかい感触。
あたしもしいよ・
言葉に織を見ると、香織も赤をしいた
「直接・触っていいな?」
クリとく香織。

襟元らは手が入らず、俺ジャマのボタに手をかけた
部は・・・ダメ。恥ずかしい・・」
タンを外し、俺はそら手れた。
もっとも柔らかい感触
、「ッ・・」「ウッ・・・」とか声を洩ら
俺は香織に、3度目のキスした
香織はの頭いてきた。
俺も胸からと、香織の腰を

日、一番長いスだ

でしゃったね」
香織の部屋を出る俺ので、香織がそう囁
あぁ
俺は短く答えた
までくれた香織が、
明日・一緒に行こうね」と言った。
「それから・・・」
「な
「香織ちゃんよりも・・・がい
香織はと、赤いして舌を出

学期が終わ織は高を退学し
めたに特待生学費も高く距も離れた校ではなく、近くて安い高校に通いなおす為だ。
始業の日、俺の校に転校生が入った
勿論香織だ
結構可愛いちま男にアタクされたらしい。
でも香は「彼氏いますと、全て断った。
の彼氏が俺なんて。
この事実は程我が不思議」に数えられる事になった



スした、(の上胸をたり便、何った俺達だかなかその先には進まかった
既に双方の公認の仲になり、双方の家にはたが、「節度は守れ」父親からわれたせいか、先に進めないでいた。
勿論俺、した訳じゃな
でもしかったし、そうった雰囲気に持ちむ事も出来なったしする所もかっ
年生にな、付して1過しても、俺は童貞だったし、香織もバージのまだっ
から言って、慌てるうなかったし、そ退必要もかった
付きけで、俺は良

年生の子(陽子)から、は告白された。
俺、生徒会の婿たし、績も良かっ、見くなくても、ある目立た存在ではあった。
だからだと思う、でも、それを断った。
勿論 香織いるか
でもその子、断ったに関わらず、かな極的だった。
「じファンらいいですか?」
聞かれ、「いよ」と答えたのが悪かった・・
校内で話しかけて来たり、遠く声で声をかけてきたり。

にも同じ車に乗っては、俺と香織の間って入り、俺と香織苦笑いさた。
香織で、「子だね〜」とに介す様子もなく
浮気だよ〜は言きっとの言、本ではなかったと思う。

ある日、生会ので遅くな俺。簿
ただでえ遅くなたのに、定期を学校忘れてる事に気付きてて教室戻った。
うしてやっと学校西を出た所でに会った。
くなる分かてるのでっくに家に帰ってる。
ど陽子は貿だからか?こうしてんだよね・・・
つもの事俺は、駅に向っ出す
後ろを陽が歩いていた
時だっ

「おう、高カップルか?」
「だめね〜学生は強しいと
悪そうな4人組が、俺てそう言っ綿た。
「こん可愛女を従わせて、キミ、亭主関白?」
そう言いながら来た
しての瞬そのウチ一人がートをめった。
ャーッ」しゃがみむ陽子。
かし、し貿み込んだ陽子を囲み、も4がスカーを持ち上ようとしいる
やめて下さい」
気がも流石に、人に向っ大声を
なにぃ?
数秒湿ボコられて、俺は地面に蹲って

次第で、いつ許しって
、陽子に言てる声を聞
く俺は抱え上げられかに連れて行かれる。
りからまい、資材置き場に連れて行れた。
に叩きけられ悶絶する俺。
やめて
泣き叫ぶようの声た。
分かった、分か・・お前の出・・
その声の後に、腹部を蹴り上げられた俺。
大人と・・・また稿うよ

我に返った時辺りは既にた。
かしぐ側で、下た男たちの声と、くぐもった声。
スカートげら、胸を露出した陽子がいた
一人のモノを咥え一人を握らさ
一人に胸を弄られ、一人を。
てんだ!」
んだが、々やらた体が言う事を
例え言う事を聞いたとも、が勝てる相はなかっ・・



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 純愛, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 純愛, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080406094317