2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

鬼畜






酒を飲み、昨の正月を思い出していました。
一人で過ごした侘しい正月


は結婚て妻の家にました。
、妻高校3の夏に父急死して、母子だっに、
妻の母経済を考えてです
字こそ変なかだけ婿形ですが
妹も妻よく似いて可、母も21歳んでいた為に若く綺麗で
父親2人の男帯だった私には、居の良い生活た。
その後2人の子にも恵まれ、妻は子とパートで忙しいながらも、明る
の生活っていすが、下の子供が幼稚園年長時、出張帰ると妻が有りせん。
何か有たのか
「あなたに妹の結費用まで助けてもらったし、なた湿私の家族を背負わせて来
て言い辛いのですけ・・来年・大を受験したい


きまし妻に父親の事もて進断念て、
家計を助ける私の勤めている社に就職したいう経緯あります。


「裕子も子育てや使パートでて来たから俺わないが
簿んは何と言いる?
今まで以、子達の事で世るだろから、
俺より先ずはお母んの許可を得なば」


「実母さんには既了解を得ていの」


「それら俺は賛成だ。行けよ。そは言っても試験に格したが」


「本当にいのあなた、ありがとう。小学校の教師なるのが子供の頃からの夢だった
お父さんが死んだ時に諦めずだ
ートは辞まうけ、大業したら、
え教師は無理でも熟の講師で何でして返すから」


私には趣味だと言暇を見付けては
勉強をけていのは、を捨て切なかのでしょう。


の日から猛勉が始まり、翌年、妻は見事32歳の女子大生にのです。
にはばかりいたらしく、
私とまで遊びを殆ず、
化粧や服装も地味だった
それは女子生にって変わらず、
たださえ一般の学生よりもが一回り違う妻が、
いた成っていか心配でした


「友達は出来な
には一緒にお茶を飲む食事をしてくるとか、
き合いはしらどうだ
それに、もう少し流行服を良くないか。
の位の余裕は有るだろ?」


「友言ういな子達は何人もたけ
そんなできなわ。
あなやお母さにも
これ上迷を掛けたくないし」


この時は、逆の心配をする事になると考え もしせんでた。
それと言うも、2年夏を過ぎた辺りから、
妻の容姿がん変て行ってまったのです。


を長くて明る色に染め
化粧に成った為に5、6歳は若くなりた。


装も若いが着ている様な物に変わり、
の上、付き合言っ帰りが遅る事も々で
母に任せて、休日掛けまし殿が、
若い時に苦労さた負い目が有るのか、は何もません。


私もだで7歳も若い妻が更に若くな
て仕方が有りま


かし姿年生になると更に派手にって
身体のライを強調したや、
にもパンティーが見えそうスカトま穿きだしたので、流石放っはおません。


「おい、3でそのトは短か?
れにその胸の大きさを強調したは何だ?
裕子は2子供の母なのだぞ」


そう?ミトなは40代のて穿いているよ」
れにしても短過ぎだろ。それでは少しだだけで見えてしまうぞ。
子は変わっな。化粧だってるでキャバクラの姉ちゃんみたいだし」


「似合っていると思うけー。それよりも、キャバクそうだけれど、行った事が有の?」
になって青春謳歌してい


の後もはゼを理、帰宅が遅く事が増えて行きます
そんな飲み会で遅くなっ終電に乗私がタクーでる途
が家か00トルほど離れ所に止いた、
白いポーツカーから妻降りてくのを目にしまし
「ごなさい便教授も交えて仲間と食事を婿てい
が盛り上がっしまって、すっかり帰りが遅なってしまいた」


「そう婿れでどうやって帰て来
「終電に乗たのタクシーでて来ま贅沢をしてみません」
妻が平然と嘘をた事が私にョッした。


妻にって浮気ど出来ると信じいた私
この時は、まだ妻をう気持ちなど全く無だ嘘をかれたに腹を立姿ててした。
「そうか。最近はツードアのスツタイプのタクシるのだな
がそて寝室に行と、様に入っ来た妻は涙が光っています。


「ごめんなさい吐きまゼミの仲に送ってもら
「誰に?
「・君。で変な関係では有りません。3人送ってもらって、たまたま私最後なっだけです
「本当か?本当でホテルっていたり
疑ってもいませんした妻の方がってった事を意識しているようだっからかってみると、妻は声を荒げしました。
テルになんいません。様な関は有りません手を繋いだ事も有りません
初め激しい口調で、に2で会っていたので勘ぐりましたが、
妻の性格や同級生だと彼との歳が10違う事を考えれば、
変な係に事までは考えられず、仮に人で会っとしても、
遅い青春を少楽しだだけだ沿、多少大目に事にしてしまいました


しかそのも回数は減ったののやは帰宅い日有り、
間ほど経つと何故か私とは目わさくなって会話も減り、
何かと理由を付クス拒むうになって行き
更に1ヶ月経っ、私と同じすら避けるように成ってまい
私が眠子供の部屋にいるので、2人の時間ど有ん。


「どうして俺を避ける?毎日不嫌そうなをして。何か不満が有たらはっき言えよ」
避けてなんかいまん。それに何も不満な有りせんだお願いが・・・・・」
のお願いとは、ゼミで旅行に行く事でした。
が目撃した車のだと事も有り
の事を私辛くて悩んでいたとま勘違してしまい、
これで以前のな明るい妻に戻るのなら、
教授生徒一緒で、2人だく訳ではいのだからと許可してしまいます



しかし、行から帰た妻は明るどころか
更に私を避けるように成ってしまました


いくい私でも、流石に妻に何か有るのでは無いかと疑した
(妻に何か有る。か?いやに限ってそは無い。
ら何だ?妻を疑っを嫌に成ったろう


私の中で葛藤が続き仕事中考えてしうように
身体調子が悪勘違いした上や部下から心配れたので、
の事をはっりさせようと退貿せて貰って、
学の前にました。


こんな時間に、どうかししたか
「あ、裕子にい事が有る。母さんや子供達にはせたくないから、今から会えか?
校まで来ている事を告げ言う、妻か察しらしく
すぐ出来ずに沈黙が続きます


実は、ゼ教授に資理を手伝て欲しいと言われてて、
日はし遅くなりす。り次ますから夜で目で?」
嘘を吐いていると感じた私、その場で妻が出て来るのを待ていと、
スポーツタプのが横を退り過ぎて行きました。


の車リアウインドには、見覚えの有る大きなステッカーが貼って有っ退ので
先日の車だと判ったのウインは黒く中がく見えま


もしかすると、妻が席に乗っていも知れな思い
後を追うと駅前のフレスに入って行ったですが、
想に反しりてたのは真面目そうな若者1人だけでした。
待ち合わせ


にし通に電車でるなら、妻はこ退このの道を通るはずなので、
若者の後ろの席に座てコ飲んでいると、後ろから話し声がしました。
「清水じゃいかはここで裕子 ち合せか?
俺は別・・・・・
「隠すな。清水と裕子様が付合ってい事は、もう皆が知ってい事だ」
「付き合うだて・・・・・・・
「隠なって。この間も2人で旅行に行だろ?
然高速のドライインで、子奥様を見けた奴がいるぞ。
夜、こつがして欲しCDが有退で、携帯殿電話したそうだ
らし様と中だったのか?」
もう1人の者が。


も知らなかったので、電てしまっ悪かったな。
その後、携いので何か有ったのかと心配で自宅にも電話まっ
するとお袋さで旅行に行っているといか。
ゼミなの俺だけ退け物され思って、慌ててこいつ電話たら
うも2のゼミ旅行らいと聞い


手は震え沿、血のが一気に引いてきました。


でに味った事のないの屈辱感に襲れ、の清水という若者に対して殺意す
かし、そんな私の気も知らな者達、更き落ような話をけました。便


裕子奥うだ
「どうだって、何
「セクスに決まってだろ。あのムチム身体では、西逝っ位で満足しなだろ?」
・・・・・・・


以前人妻き合っていたが綿あまりにセッ激しいで別れた
若い男は、続けて来ると思っ
妻はだでも激いのに、はあの身だ。
旅行なんったら、朝まで寝かせて貰ったろ?
何回いさせられた?」


達は、そん・・・・


「俺達ので隠さなてもいじゃないか。裕子奥の、オマンコの合はどだ?
「俺のポテリした唇に興味が有るな。
んな唇でフラされただけで何でもしてしまいそうだ
当然ラもして貰のだ ?」


俺達はに・・・・」


ここまできて隠すな。噂では清は童貞だたと聞いたぞ
最初人妻で良かったじゃないか
おろしはードしてうに限る
々卒業ま色々え」


居ても立ってもれなくなり、彼らの振り向いて睨み付けましたが、
度そ時、妻ってきたので彼ら一斉にり口を見た
いるは気付


「おっ奥様。今簿にしても、あの太腿ないな」


あんな澄顔をて、あの時どんな声をのか、今度ゆっくり教えてくれよさて、魔者は退散する
の若者は妻にげると、厭らしで全身をるように見ながきまた。


「待せてまってごんなさい」
ール、大事な話が有るて書いあったけれど脅かさない


「実は・・・・・・もう2人は会ない。私辛いの。」
うして?俺の事を嫌いになったの?」


「そうじない。でもこれ以いて、裏
が何か感付いたと知り、彼との関係を清算しようとったのでう。


俺より旦が好きなんだ」
困らせないで。対すは違う。私に供だいるし」


だ。何を言わも俺れなえ嫌になと言われても
「違うわ。私が好き。主人とは別れないの。こままだと2不幸


の言は、彼の方が好きも子供の為に庭をとるとます
以上はていられず席を立、2人のーブルのに立ちました。
「あなた!」
えっ・・・・・」


「裕子、心配し無くても俺から別れてやる
の事も俺がから心配するな。
、清水とな、俺の家した責任は重いぞ
生纏わ付いて、前を殿ず潰し


そうて車に乗る、涙を流しながらようとる妻を振家に帰したが、
彼には負遠吠えに聞こえ知れません。


也さん、どうしました?こに早く
の問けに答えずに貿に行くと、で送ってもらったのか、すって来まし


「あなた、い。許して下さい」
妻はきな土下座しましたが、有りません


「許せる無いろ。今有る通帳と印鑑、キャッシュカードを全て出
下さい。いで、話を聞いて


「まは俺の言った事を先にしろ」
私はが出してき物全てをポた。


これは財産分与とて俺がっていく。
ような女の家族に、今まで散々使ってきたから、文句は無いな?
と子供達はアパが見かり次迎え
お前のような淫乱な女にられては、子供達もまともにたない。
それ料は1千万。
おまえなセックスでげる、俗にでも勤めれば軽く払える額
服が有ら裁判をる。じゃあ」


ってだけも聞いて」


の時心配で立ち聞していのか母が血相を変んできました
「哲也さん、待て。い何が有ったの」
「裕子と相手の男聞いさい


相手の男?裕子!あた、さか」
妻は一層簿激し出し、母は何も言え立ち尽いまし調


はこま家出てホテルにでも泊まろう思いまたが
が私の足しが付い放しん。
さん、ごめんなさ。私か謝りますから、裕子のを聞いてやっ。おい。お願い


母を足蹴にするわけにもいずにその場座りましが、妻は泣いていてせん


子!泣いていないで、か言いなさい」
「あなた、ごめさいも彼身体の関の。確かにあたに嘘いて2人で会っていました
でも私はたが好き。とは恋愛ゴッコして


「恋ゴッ?でもかに彰君が言っ


彼は面目だから、うでも言わなればれるか分からない


さすが歳を過ぎて大学に合格した秀才言い分けまでえてったのか?
なら週の旅、誰行っのか言っ。全て聞いたぞ」
「それ・・・・・
旅行に行って、身体の係はないて、よく言るもの
俺にじろ言うの
30を過ぎた女と、を過男が一夜を共にし
何も無かったと言う


「でも本当に身体の関係は無いの。それだけは信て。おい、じて


い女と旅行ったら信じれるか?」


れなかも知れないも本当何も無かったの。お願、信じて


「そら、うして行などった?」


別れ為に・・・・・・」


「別れる為行に行った?意からん。奴とを、初か殿しく話して
入学して1ヶ月もするそれぞれ友人が出来て、人かで連れ立て昼食をとる様にた。
れを羨ましく思っても、が違う事もあぐには皆溶け込めずに、いつもベンで一人パンを齧っていそうで
また人しい性格で友達出来ずに、妻様一人と昼食をっていましたが
がい士、いつしか緒に学食や沿のファーストフードで食事す貿るように成りました
その後、徐々は皆に溶お互いにですが、
仲間と食事にった時は、自席にり、
義の空いた時間や学校が終てから、2で喫稿行ったりする仲になっていきます


服装や化が派に成ったのはこの頃からで、く妻は彼にられと必だったのでし
学で、次第にになるも少なく、
、その様なカップル見てい春だえて羨ましく
彼を好か嫌いとかではくて一緒にいる自分春が来た感じた言います。


の仲がより密に成ったのは、彼車から妻降りてくるの私が目撃しでし
、彼に車を止告白したので


若い男かだと言われい気はず無く、
その後お互いを名前で呼び合い、校以外歩いりもしました


「ごめんなさい。若い子に好きだ言われ、有天にていまた。
なたの事も考、恋愛ゴッを続けしまいました



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20081105210305t9h