2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

鬼畜






酒を飲ながら正月を思い出してました
ごしたい正月を


は結婚して妻の家に入りまた。
れは高校3年生の夏に父親が急死して子家だった為に、
と妹の済面を考えての事です。
字こそ変えなかっで実質婿養様な形ですが、
妹も妻とよく似ていて可愛く、母も妻を21歳でんでいたに若く綺麗で、
親と兄2人のには、居心地の良いでし
そのにも恵まれ、妻は子育てとパー沿トで忙しいながらも、明く元
杯の生活を送っていたのすが、下の湿幼稚園の年長になった時、出張から帰妻は暗くりま
何か有ったの?」
「あなたには妹の婚費まで助けてもらし、あなたに私の家族を背負わて来
て言いの宿すけど・・・・来年・・・・大学を受験たい」


一瞬、驚きましが、妻にはの死にり妹の事考えてを断念し
家計をける為に、私の勤めてい会社に就職しがあります。


「裕育てやパートで頑張て来たから俺は構わない
んは何と言っている?
上に、子達の事で世話を掻けるだろうから
より先ずさんの許けれ


実は、お母は既了解を得ているの」


それら俺成だ行け。そう尿ってに合格したらの話が」


本当にい?あなた、ありがとう小学校の教師なるからの夢だった。
でもお父宿死んだ時に諦めたはずだった。
パートめてしまうけど、卒業したら
え教師は理でも熟の講師でも何でもしから


私には趣味だと言って暇を見付けて
強を続けていたのは、夢を捨て切れなかったのでしう。


このから猛勉強がまり翌年妻は事32の女子大生になっです
高校時には勉強ばいたく、
と付まで遊びを殆ど知らず
粧や味だたのですが、
それは女子大生なっても変殿らず
たださえ学生よう妻が、
た存在に成っ心配でし


「友達は出来ないか
まにはにおを飲むとか、食事をか、
多少の付き合いはしたらどうだ
れにう少し行の服方が良ない
その位の余裕は有るだ


友達と言、仲間みたいなは何人も出来たけど、
そん贅沢できない
なたやおさんにも
惑を掛たくない


の時は、逆の心配をする事になるとは考もしませんでした。
それと言うのも、2年生の夏を過ぎた辺りから
姿がどんどん変わて行てしったのす。


髪をばして明るめ、
沿も派手に成った為に見目5、6歳くなりまし


も若い娘着ている様な物に変わり、
その上、付き言って帰りが遅くなる事もで、
子供を母に任せ、休日に出掛け事もありましたが、
若い時に苦労させた負い目、母ませ


私も、ただでさえ歳も妻が更に若り、
可愛仕方有りませんでし


し、3年生にると更に派手になっいき
体のラインを強調し服や、
今にもティーが見そうミニスカ穿きので、流石にってはおけせん


い、3歳でのスカは短ぎないか?
それにの胸の大きを強調し
裕子2人の子供の母のだぞ」


う?ミニカートなは40代の奥さんだって穿いてい
「それにしても短過ぎるだろ調ではし屈んだだけで見えしまうぞ。
裕子はわったな。化粧だって、まるラのお姉ちゃんだし」


合っていると思どな。それよも、キャバクラに詳しそうれどた事が有
妻は今になって青春を謳歌している様でし


の後はゼミのコなどを理由に帰宅くなるが増えて行きます
そんなある日、飲み会で遅くなて終電に乗り遅れた私がタクシ帰る途
我がから300ートルほど離た所に止まいた、
いスポーから妻が降くるのをにしした
んなさい教授もえてゼの仲間と食事をしてい
話がり上がっしまっっかりりがなってしまいました」


か。うやって帰って来
れた、タで帰って来ま。贅沢をてすません
平然と嘘を吐い私にはシック


限っ気など出来るずはいと信ていた私は、
の時は、ま妻を疑う気全く無だ嘘を吐かれ事に腹を立てていした
「そうか最近はツードア貿ーツタイプのシーも有のだ
がそう言い残て寝室に行くと後を様にた妻目には涙がっています。


「ごめんさい。嘘を吐きまた。本使間に送らいました
「誰に?
「・婿・・清水君。でも変係では有りません。3人もらってたまたま私が最後になった
「本当か本当2人でテルに行っていたりして」
は疑てもいませんで、妻の方が男にてもらた事を意識しているようったで、からかると、妻はを荒て否定まし
「ホテルか行っいません。彼とはその様な関係有りません。繋いだ事も有りません
初めてた激しい口調で、逆で会ていたいかと勘ぐりました
妻の性格級生だとすると湿との10歳以上もう事を考えれば
変な係に成る事までは考えられず、仮に2会っていたとても
青春をし楽だだけだと、多少に見る事にてしまいまし


かし、そ後も回数はったものの、やはい日り、
1週間ほど経何故か私とは目を合なくなって会減り
何かと理由を付けてセッスも拒むうになって行きました。
更に1ヶ月経った頃には、同じる事すら避けるよに成しまい
私がるまで子供の部屋にいので、2人は殆ど有りませ


「どうしてを避ける?毎日日不機うな顔を。何不満が有ったらっきり
避けてなんん。それに何も不なんて有りません願いが・・・・・」
いとは旅行行く事でした。
目撃し車の彼も同だという
を私に言い辛くて悩でいたのまた勘違いしてまい
で以の様明る妻に戻るら、
教授や他の生徒も一緒で、2人だけ行く訳では無いのだからと許可しします。



しかし、旅ら帰ったるくるどころか、
私を避けるうにてしまいまし


いくら鈍い私でも流石か有るは無いかと疑いました
(妻に何かる。か?妻に限っは無
なら?妻を疑った俺を嫌い成ったのだろ


の中でず葛藤が続き、仕事も考えてしようなってしまい、
体の調子が悪いと勘した上や部下から心配ので、
妻との事をはきりせよう退させて貰って、
話しました。


「こんな時間に、うかしましたか?」
ああ、裕子に尋ねい事る。や子供達に聞かせたくないから、今から会えないか?」
学校まている事をうと妻はく、
ぐには返事が出来ずに沈続きます。


「実は、ゼミの教授に資料整理を手伝っ欲しと言われて
日は遅くなり。終り帰りますから、話は今夜では駄目です
妻が嘘を吐い感じた私その場で妻が出退るのをっていると、
の車が横を通りて行きまし


のリアウインは、見えの有る大きなカー貼って有ったので、
先日の車だ判ったのインド黒く中がよ退く見え


もしかすると、妻が助手席に乗ているかれないと
を追うと駅前ァミスに入って行ですが、
想に反してりてたのはうな若1人だけ使でした。
待ち合


ちらにしても電車でなら、はここの前の道を通るはずなので
その若者後ろに座ってコーヒーを飲んでい、後ろ使から話し声がしま
水じいかここ子奥様と待ち合か?
「俺は別に・・・・・・」
「隠す。清と裕子奥様が付き合っている事は、もが知ている事
「付き合うだなんて・・・・・・・
「隠すなって。の間人でに行たのだろ?
速のドライブイ裕子奥様を見掛いるぞ。
その夜、こが貸してCDがったので、携に電話したそうだが、
なかたらしいな。裕アレのったか?」
 るともう尿1人の若者が。


「何も知らなかっのでしてしって悪かっな。
実は後、に出なのでか有っのか心配自宅に電話してしま
ると袋さんが出てゼミ行に行っていると言うじゃないか
じゼミなのに俺だけ退け物にされたと思っ慌ててこいつに電話したら
2人だけらしいと聞いた


は震の気が一気に引て行殿た。


わった事のい程の屈に襲わ、この清水いう若者調て殺意ら覚
しかしんな私気も知らない若者達は、更に私の底に突きようなを続けました。


「裕子奥様はどうだ?」
ってだよ?
「セックに決まっいるろ。あのムチムチした体では2度や3度逝ったでは満足しだろ
・・・・・・・・・・」


俺も以前人妻と付き合っいたが、あまにセックスが激しいので別れた。
若い男続けて度でも出来ると思ってい
人妻はただでもしいの様はだ。
旅行なんか行った朝まで寝かて貰えかっだろ
回ぐさせられた


そんな・・・・・・・・」


「俺達の仲でなくてもいいじゃないか。子奥様のンコのり具合はどうだ?
「俺はあのポッテリとし唇に興味が有るな。
唇でフェラさたら、それ度でも出しまいうだ。
然フェラもし貰っるのだろ?」


俺達はに・・・・・


こまきて隠す噂では清水は童貞だったと聞いぞ。
最初が人妻で良簿ゃないか。
しは、慣れている女にリードして貰うに限る
々卒業までに、裕子奥様に色えてもらえ」


居ても立っても居られなくらのを振りいてみ付けしたが
丁度その時、妻がきたので彼らも一斉に入り見た為に、
睨んいる事には気付きませ


「お裕子奥様の登場だからラブか?そにしても、あ腿は堪らない


「あんな澄ました顔をしていて、あの時んな声を出すのか、今ゆっくり教くれよ。さて、者は退
2人者は妻に軽く頭を下げると厭らしいきでを舐めるよに見な寿て行き


待たせてしまってごめんなさい
「メに、大有るって書いてたけれど脅かさない


「実は・・・・・・もうけで。私辛いの
どうして?の事を嫌いなっ?」


「そうじゃい。でこれ以上主嘘を吐いて、裏切っている辛いの」
妻はが何か感付い知り彼とのを清算しようと思った


「俺より那の方が好きなんだ」
困らせないで。主人と彰君に対は違。私には子供だっている


「駄目だ。何をわれても俺は別れい。例えいになと言われても」
。私彰君好き。でも主とはの。のままだと2人共になる」


妻の、彼の方が好きで為に家庭をとると聞ます。
れ以上は聞いられず席を立つと、2人のテーブの前に立ちまし
「あな!」
っ・・・・・」


「裕子、心配し俺かれてや
子供達の事もが育てるら心するな。
い、清水婿か言ったな、俺の家庭を壊し責任は重いぞ
一生纏付いて、お前必ずてや


そうい残車に乗ると、涙流しながらめようとするを振りて家ましたが、
彼には負けの遠吠えにも知れせん。


「哲也さんどうしまこんに早
母の問い掛けに答えずに行に車で送らったか、すに妻が入って来まし


あなた、ごめん。許して下さい」
妻は泣きながら座しましたが、許ずがん。


「許が無いだろ帳と鑑、キッシカードを全せ」
「許て下さい。願いですから、話を聞


まずは俺の言っ事をにしろ」
貿妻がしてき物全てをポットに入れた。


「これは財産分与と俺が貰っていく
ような女、今で散を使ってきた、文句は無な?
と子供達はアパー沿見付かり次第来る
お前便のような乱な女に育てれては、供達まとは育たい。
れと慰謝料は1千万。
まえセックスげる、風俗にでも勤めれば払えるだ。
不服が有るなら裁判をする。じゃ


話だけでも聞て」


の時で立ち聞きていた母が血相を変えて飛びできました
也さん、って。いたいが有ったの」
裕子と相手のいて下さい」


「相男?裕子!あ、まさか
層激出し、母は何言えずに尽くした


私は湿家を出テルにでも泊ろうと思した
母が私足に付いて放ん。
哲也さんな。私からもりますから、子の話を聞いてやって願い。お願い


を足蹴にわけにもいずにその場に座りましたが、妻はせません


裕子!泣いていいでか言いい」
「あなごめんなさい。でも彼は身体の関係は無いの。確かにあ嘘を吐いて2人で会っていました。
も私はあなたき。とは恋愛ッコをしまったの


「恋ゴッも確かに彰君が好と言ってよな?」


は真面目だから、逆にそうも言わなければされか分かない」


「さ30歳過ぎ学に合た秀才で考えてたのか?
それなら週の旅は、誰とったのか言ってみろ全て聞いたぞ
「それ・・・・・」
2人だけ行にて、体の関係はない尿て、よく言えるものだ。
に信と言うのか?
30歳をぎた女、2歳を過た男一夜を
ったと簿


「でも本当に身体のは無の。それけは信。お願い、信じて


俺が若いと旅に行ったら、裕子はれるか?


じらいかも知れなでも何も無かっの。い、信宿じて」


それならどうして旅など行った?」


「別れる為に・・・・・・」


別れ為に旅行に行っ意味が分からん。奴との事を最初から詳し話してみろ
学しもすると皆それ人が出来て何人かで連れて昼食をとる様になりました
しか殿、妻それを羨まく思ても、歳が違う事もあってぐには皆に溶けめずに、チで一人パンそうです。
もま人しい性格で友達が出来妻同でポツンと昼食をとましたが
友達がいない同士、か一緒に学食や近く使ファーストフ食事するよに成した
その後、徐々にに溶け込んで互い友達も出たのですが
仲間と食りする時は、自然と殿
講義の空いた時間や学が終っから、2人で喫店にったりする仲になきます


服装やが派成っいったのはこの頃らで、おそ妻は彼気に入られようと必死だったのでし
大学では、次第に恋人同者も少なくなく、
、その様プルを見ている青春だとえて羨ましく、
を好きとかとかではなくて、いると分に春が戻て来た様に感じたと言ます


仲がより親密に成ったのは、彼のから妻がのをが目撃し日からした
その時は急に車を止め、好きだと告したです。


若い男かと言妻も悪気がするは無く、
その後は互いを名前で呼び合い、学校以外で組んで歩いたりもしました


「ごめんなさい。若い好きだと言われ、有頂天になっいま
あなたも考、恋愛てしまました」



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20081105210305t9h