2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

鬼畜




酒をみなが昨年の正月していまた。一人ごした侘い正月を


私はして妻の家に入りた。

それは、妻が高校3年夏に親が急死し家庭だったの母妹の経済面を考えての事です。

名字こなかだけで実質婿養子の様形ですが、妹もよく似ていく、母も妻を産んでいく綺麗で父親と2人帯だった私には、居心良い生でした。


その後人の恵まれ、妻は子育てパートでいながも、明るく元気生活を送ったのですが、の子園のになった時、出張から帰ると妻は暗気が有りません。

「何か有ったのか?」

あなたには妹の婚費用までらったし、あ族をわせて来言いので・・・・・来年・・・・大学を験しみたい」


一瞬きましたが妻には父親の死によりも考て進学を断念して、家計ける為に私のめている会社に就職たという経緯がす。

子も子育てやパートで頑張って来たから俺は構わないが、お母さんはている?

まで上に、子供達の事で世話を掻けるろう、俺よりも先ずはおの許可を得なば」


実は、お母さんには既に解を得ているの」


ならよ。そうは言っても試験格したらの話だが」


「本当にいいなた、りがとう

学校師なるのが子の頃らの夢だった

でもお父んが死んだ時に諦めはずだった

パートは辞めてしまけど、学を卒業したら、教師は無理で講師でもて返す


には味だと言て暇を見付けては強をていたのを捨て切れなかったでしょ

この日から猛勉が始ま、翌年、妻見事32歳女子大なったのす。

高校の時には勉ていたら、私と付き合うまでを殆、化粧やも地だったので、そ大生になても変わらず、ただ般の学生よりも歳が一回り違う妻が、浮いた存在にっていないか心配した


「友達は出

たまには一緒にお事をしるとか、多少付き合たらうだ

それもう少行の服を着た方がない

余裕は有るだ


と言うか、仲たい子達は何けど、そんな贅沢はでいわ。あなたやお母さんにも、これ上迷を掛けたくないし」


殿の時心配をする事なるは考えもしませんでた。

言うのも、2生の夏を過ぎ辺りから妻の容姿が どんどん変わって行てしまったです。

髪を長伸ばして明い色染め粧も派手った為にた目5、歳は若くなました。




服装も若い娘が着てる様な物に変わりそのだとって帰りが遅くなる事も度々で母に任せてに出掛けるもありました、若い時に苦させた負いが有、母何も言いません

も、たも若いが更に若愛くて仕方りまんでした。


しかし、3年生にるとに派手になってい、身体のラ強調した服や、今にもパンティーえそうなミスカートま穿だしので、放ってはおけません

「おい、34歳で そートは短過ぎか?その胸のきさを強調裕子の母親なのだぞ」


う?ニスカーて、今は40代さんだって穿いいるわよ」


「それにして短過ぎるだ。それでは少しんだだけ見えてしまぞ。子はわったな。化粧だっ、までキャ殿バクお姉ちゃんみたし」


「似ているとうけー。それよりも、キャラに詳しそうだけど、行った事が有るの?


妻はて青を謳様でした

その後ゼミのコンパな理由遅くなる事が増えて行ます

そんなある日、飲み会で遅って終電に乗り遅れた私がーで帰る中、我が家から3ほど離に止まっていた、白いスポーツーか降りてくるのを目にしまた。


「ごめんなさ。教も交えてゼミ仲間と食事をしいてが盛り上がってしすっってしまました


「そうか。れで、どうやっ帰って来た


終電に乗りたので、タクて来まし贅沢をすみま


が平然と嘘を吐いた事私にはショックでした。

妻に限って浮など出来ずはと信じていこの時はだ妻をう気ちな無く、ただ嘘を吐かれた事に腹を立てていました。


「そう。最近はツーのスポーツプのタクシのだな

私がそうい残て寝に行くと、後を追う様に入ってた妻には光っています。

ごめさい。嘘を吐きまた。本当はゼ送っていました。


誰に


「・・・。でも変な係では有りん。3てもらって、たま私が最後になったす」


「本か?本当は2人でホテルにっていたりし


私はっても殿ませんでしたが、妻のに送退ってもらったを意識しているようったので、からかっみると、妻は声を荒げて否しました。


テル婿なんか行ってせん。とは その様な関係ませ繋いせん」


初めいた激しい口調で、に2人でってたのではないかと勘ぐまし綿妻の性格や同級生だとするとの歳が10歳以上もう事を考えれ、変関係成る事考えられず、仮で会ったとしてい青を少し楽しんだだけだと、多に見る事にしてしまた。


しかその後も回数は減っのの、やはり帰宅の遅日が稿有り、1週間ほど経故か私とは目を合わさなくな話も減り何かと理けてックむようにて行きまし


は、私同じにいる避けるよてしまい、私が眠 にいるので、綿人のど有りせん。


「どうして俺を綿避ける?毎日日不機嫌そうなて。何か不満が有ったらはっきりえよ


「避けてんかいませんそれに何もんて有りません。ただお願いが・・・・」


妻のお願いとは、ゼミで旅行に行く事でした。

私がした車の彼も同じゼミだとい有り、この事を私に言いくてでいたの使た勘違まい、れで前の様な明るい妻に戻るら、他の生徒も一緒、2人だけで行く訳では無いだからと可してしまいます


しかし、旅行からった明るくなころ、更避けるよに成ってしまいました。

いくら鈍い私流石に妻に何か有るのでは無いかと疑いました。

(妻に何か有る。浮気か?妻に限ってそれはい。それなら何だ?妻を疑た俺を嫌成ったのだろ?)

私の中えず藤が続き、事中も考えてしまうようなってしま体の調悪いと勘違上司下から心配されたので、妻との事 はっきりさせよう早退て貰って、大の前に車をしました


んな時間に、どうかしたか?


「ああ、裕に尋ねた事が有る母さんや供達たくないから、今から会いか?


までてい事を告げずに言うと、妻何か察ししく、すぐには出来ずに黙が続きます

「実はミの授に資理を手伝って欲しい言われいて、今日は少し遅くなります。終り次第帰りますから、話は今夜ではか?」


嘘を吐いてると感た私は、そ場で妻がのを待ってと、白スポーツタイが横通り過きま


の車ウインドウに、見覚えの有るきなッカーが貼って有ったので、先日の車だと判ったのですが、ウンドウは黒く中がよくえま

する妻が助手席に乗っているかも知れないとい、を追うと駅前のファ入って行ったのですが、予想に反して降りて来たのは目そうでした。

せ?

にしも普通に電車で帰るなら、妻はこの前の道をるはなので、その若者後ろのに座ってコーーを飲んいると、ろからがしした

「清水ないか日はここで裕子奥と待ち合わせか?」


は別に・・・」


「隠すな。と裕奥様付きいる事は、もう皆が知いる事


「付合うだなて・・・・・・・


隠すって。の間人で旅行に行ったのだ然高のドライブインで、清婿奥様を見掛けた奴がいるぞ。その夜、こいつが貸して欲CDが有たので、携に電話したそうだが、出なかったらしいな。裕奥様中だたの



もう1人の若者が。

「何も知らな、電話してしまって悪った

その後、携帯に出で何か有のかとにも電話しまった。

する貿とお袋さんがて、ゼミ旅行ると言うじゃ

同じゼミなの俺だけ退け物され思って、慌てて話したら、どうも2人だけミ旅行と聞いたよ」


手は震え、血の気が一気に引い行きた。

今まわった事のない程辱感にわれ、この水とう若者に対して覚えま

しかし、んな私気もらない若、更に私を奈の底に突き落すよう続け


「裕子奥様はど?」


「どうだ


セッスに決ってるだ。あのムた身は、2や3逝った位では満足しだろ?


「・・ ・・


も以前人妻付き合っていたが、あにセックので別れた。若、続けて何度で思っている。人妻は ただでも激しに、裕様はあ身体だ。旅行んか行った、朝寝かせて貰えなかただろ?何回ぐらいせらた?


達は、そ・・・・・・・」


「俺達の仲隠さてもいいじゃいか。裕子奥の、オマ締ま合はど?」


「俺はのポッテリとた唇に味がるなな唇でフラされたら、それだけ出してしそうだ。当然フラもているのだろ?


俺達は別に・・・・・」


まできて隠すな。噂では清水は貞だ聞いたぞ。最初が人妻でかったじゃないか。筆おろしは、ている女にリードして貰う限る。精々卒業までに、裕子奥に色々教てもらえ」


居ても立ってもれなくなり、彼の方振り向いて付けましたが、丁度そ時、が入ってきたので彼らも一斉り口をた為に、私が睨ん事には気付きん。


おっ、裕子奥登場。今からラブホかそれにあの太腿寿は堪らな


あんな澄まし顔を西て、あの時どな声を出すのか、今度ゆっくり教えてくれよ。、邪魔者調退散する


者は妻に軽く頭をげると、付きで全舐めるよに見がら出て行きました。


「待たせまってんなさ


ールに、大事な話が有ってったけれど脅かさないで


実は・・・・・もう2人だけは会ないいの。」


「どうし事をになったの


湿うじゃないれ以上主人に嘘を切っているいの」


は私が何か感いたと知り、彼の関係を清算しようとったでしょう


「俺よ那の方がきなんだ」


困らせないで主人と彰君に対る想いはうの。私には子っているし」


目だ。何を言われ別れな例えなったとわれも」


うわ私は。でも主人とは別の。こままだ人共不幸に


の言葉は彼の方が好きでもの為とるとこえま

これ以上は聞いてれず席を立、2人のテールの前に立ちました。


あなた!

えっ姿・」


「裕子心配し無くても俺から別れてや子供達の事も、が育てら心配るなおい、清とか言ったな、俺の家壊した責は重いぞ。一生纏わり付いて、おを必ず潰してやる」


そう言い残しに乗ると涙を流がら止めようを振切って家にたが、彼は負け犬の遠吠に聞えたかもれません。


也さん、どうしました?こんなに早


母のい掛けにも答えずに寝室にくと彼に車で送ってもらたのか、すぐ妻が入って来ました。


あなさい。許て下さい」


は泣がら土下座しましたが、せるはずがりませ


?許せる訳が無いだろ今有通帳と印鑑、キャッシカード出せ


「許しさい。願いですから、話を聞いて」


「まずは俺の言った事を先にしろ


は妻出してきた物全てットに入れました。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, これはひどい,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様