2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

鬼畜






酒を飲みながら、昨正月思い出していました。
人でごしを。


は結婚して妻の家した。
それ、妻が高校3年生の夏親が庭だったに、
妻の母と妹の経面を考え事で
字こ変えかっだけで婿養子様な形ですが、
妻とよく似ていて、母も妻21歳で産んでいに若く綺麗
父親と人の、居心地の良い生活でし
その後2人の供にれ、てとパート忙しいながら、明く元気
杯の生活をていたのですが下の子供が稚園の年長になった時、出張から帰ると妻は暗が有りません
何か有ったのか?
の結婚費まで助けてもらなたに私を背負わせて来
て言いいので・・・・・大 してみたい」


一瞬、驚きが、妻には父親の死により妹の事も考え進学を断念して、
計を助ける為に、私のる会社に就職したと緯があります


裕子も子育てやで頑って来たから構わないが
んは何と言ってる?
以上に子供達で世話を掻けるだろから
より先ずさんの許可を得れば」


「実はお母さんに既に了解を得るの」


それなら俺は賛成。行。そうは言っした話だが


いいの?あなた、ありがとう。小学湿校の教師なるのが供の頃からの夢だっ
でもお父さんだ時に諦めたはずだった
パー辞めしまうど、学を卒業したら、
例えは無理で熟の講師でも何でもして返すから」


私には趣味だと言っを見は、
を続けていのは、夢を捨て切れなかったしょう。


日かが始ま、翌年2歳女子大なっのです。
校の時には勉強ばかりしいたらし
付きで遊びを知らず
粧や装も地味だっのでが、
れは生にっても変わらず
たださえ一般のよりも歳が一回り妻が、
調いた在に成っていた。


は出来ない
には一緒にお茶をか、食事してくるとか、
少の付き合いはしたらだ?
に、もう少し流行の服を着調が良ない
そのの余裕有るだ


達とうか、仲間みたいなは何も出来た
そんな贅はできないわ。
あなたやお母さんにも、
これ以上迷惑掛けたくないし」


この時、逆の心配をすなるとは考もしませでし
それ稿も、2年生の夏をから、
の容姿がん変わって行ってしたのです。


を長く伸ばしてるい色にめ、
も派手に成た為にた目、6歳は若なりした。


服装も若い娘ていな物に変わ
いだと言て帰りなる事も度で、
に任せて休日に出る事りました
苦労せた負が有るのか、母も言いません


、ただでさえい妻更に若り、
可愛くて仕方が有りませんでした。


3年生にな手になっていき
のライ強調した服や
にもパンティーが見えそうなミニスカートまで穿きだしで、流てはせん。


「おい4歳でそのスカは短過ぎいか?
れに胸の大きさを強調した服
裕子は2人の子供の親なのだぞ」


「そう?ミニスカートなんて、は40代の奥さん穿いている
「そにしてもろ。そは少しんだだけで見えてしまうぞ
裕子は変簿たな。化って、まるでキャバのお姉ちゃんみだし


「似合っいると思うけどなー。それよりも、キャバクラに詳しそうだど、行った事が有る
妻は今になって春を歌してる様でた。


その後も調妻はのコンパな宅が遅くなる事が増えて行す。
そんなある日、会で遅て終電にた私がタクシーで帰る中、
から00メート離れ所にていた
白いーツカーから妻降りてく宿るのを目した。
「ごなさい。教授調交えてゼミ仲間と食事をしてい
上がってしまって、すっかりりが遅てしまし


「そうか。そで、どうやってて来た」
「終電に乗り遅れたので、クシした。贅沢をてすみません」
妻が平然と嘘吐いした。


妻に限て浮気など出来るはずは無と信ていた私
の時は、まだ妻疑う持ちなど全無く嘘をかれた事に腹立ていまし
そう近はツードアのスポーツタイプタクシーも有るのだな
言い残して寝室と、後をう様て来た妻の涙が光ってす。


めんなさい。嘘を吐きました。はゼの仲間にってらいした。」
誰に?」
・・清水君。変な関係で有りません。てもらっ、たまたま私が最後になっただ
当か?本当2人ルに行ていりして」
は疑ってませでしたが、妻に送ってた事を意識していたので、って、妻は声を荒げて定しました。
ホテルにんかの様な関係では有りません。繋いだ事も有りん」
めて聞いた激しい口調で、逆に2会ったのではないかと勘ぐりましたが
妻の性格や同級生だとするととの以上も違う事を考えれ
変なに成までは考えらず、仮に2で会っていたても、
遅い青春をし楽しんだだだと、多少大見る事にしてしいまし


しかし、その後も回数はったのの、やはり帰宅の遅い日が有り、
週間ほど経つと私とはを合わさなくなっても減り
理由をてセクスも拒うになっした
1ヶ月経ったには私と同じにいる事すら避けようってしまい、
が眠で子供の部屋にいるので、2人の時間は殆有りません


「どうして俺を避る?毎日毎日不そうな顔をし何か不満がったらはっきりと言えよ」
「避けてなんかいません。に何なんてりませ。ただお願いが・・」
のおいとはミで旅行行くた。
が目撃したの彼も同じゼだというも有り、
この事に言い辛くていたのだ綿とま勘違いしまい
これで以前な明るい妻に戻るなら
教授や他の生徒も一緒で、2人行く訳でだからと許可してしまいます



しか、旅行ら帰妻は明るくなころか、
私をように成ってした。


いくら鈍い私、流石妻に何かでは無い疑いました
(妻に何かる。浮気か?いや限ってそれは無い
それなら何だ?ったを嫌いに成ったの西だろう?)


絶えず続き、仕しまうようってしまい、
身体の調子が悪い違いした上司や下か配されたので
妻との事はっきさせよう退させて
大学の前めて電話しまた。


「こん間にうかしましたか?
「ああ、子にが有る。お母さんや子供達にはかせたくないから、今から会ないか
学校まで来ている事をずに言うと、妻は何察しく、
ぐには返事出来ずに沈黙が続きま


「実は、ゼミの教授に資料の整理を手伝っていと言われてい
は少し遅くなります終り次第帰りまから、話は今では駄目でか?」
嘘をていると、その場出て来を待っていると、
白いスポーツタイプの通り過ぎて行き


その車のリアウには、見覚えの有る大きなッカーが貼って有ので、
先日の車だと判っ、ウインドウは黒くよくえません。


しかすると、妻席に乗っているかも知れないと思
後をうと駅前のファミレスにって行ったのですが、
想に反して降りて来たのは真面目そうな若人だけでした。
ち合わせ?)


どちらにして普通に電車でるなら、妻はここの前の道を通はずなので
その若者の後ろの席にってコ飲んでいる、後ろから話しした
清水じゃ日はこ裕子奥待ち合か?
「俺は別・・・・・
隠す。清水と裕子が付きる事は、もうが知ってる事だ
「付き合うなんて・・・・・・・・
「隠すなて。この間も旅行に行ったのだろ?
のドライブインで、清水と裕子奥様見掛け奴がいるぞ。
の夜、こいつが貸ししいCDが有ったで、携帯に電話たそうだが
出なかったらしいな。裕子奥だったのか?」
るとが。


知らなかったの、電しまったな
その、携に出ないの何かったかと心配で自寿電話してし
袋さんが出て、ゼミで旅ってると言うじゃな
同じミなのに俺だけ退け物にさって、慌てこいつ電話したら、
人だけのゼミ旅行らしいと聞いたよ


手は震え、血気に引いて行きました


今ま事のない屈辱襲われ、この清水という若対して殺意すらます
そん私の気らない若者達は、更にを奈落の底落すような話を続けました


裕子奥様はどうだ?
「どて、何だよ?」
スに決ってるだろ。あのムチムでは、2度や逝っ位では満足ないろ?」
「・・・・


俺も以前人妻とたが、セックが激しいので別れた。
男はけて何でも出来思っている
ただでも激しいのに裕子様はあの身体だ。
旅行なんかまで寝かせて貰ろ?
何回らいさせられた?


は、そんな・・・・・・・」


「俺達の仲で隠さなくてもいいじゃないか。宿子奥様の、オマコの締まはど?」
「俺はあのポッリとた唇にが有
んなェラされたら、それけで度でも出してしまうだ
然フェラもて貰ているのだ


「俺は別・・」


きてすな。では清水は童ったぞ。
最初で良かったじゃないか
おろしは、慣れる女にリーて貰うに限る
業までに、裕子奥様に々教えてもら


居ても立って居られななり、らのを振て睨付けまし
丁度そ妻が入ってのでらも一斉り口見た為に、
んでいる事には気付きません。


おっ、子奥。今かか?それしても、の太腿は堪らないな


「あんな澄ましあの時どん声をか、今ゆっくりくれよ。さ邪魔者退
2人の若者は妻にげると厭らしで全身をめるように見ながきました。


「待せてしごめんなさい
「メールが有て書いてったけれどかさない


は・・・う2人だけでは会えない。辛いの
て?俺の事を嫌になったの?


そうじゃない。もこれ以上主人に吐いて裏切ってる事が辛
妻は私が何か感たと知、彼との関係清算しようと思ったのでしう。


俺よの方好きなんだ」
「困らせ使いで。人と彰君に対する。私には子供だっているし」


「駄だ。を言も俺は別れない。例え嫌いになわれても」
。私は彰君が好き。で主人とは別れられない。このと2人共不幸にな


の言葉は、彼の方が好きでも子供の為に家庭をとると聞こえます
以上は聞いいられず席を立つと、2人のテブルの前に立ちました。

「え・・・・・」


子、心配使し無ても俺から沿る。
供達事も配すな。
い、清水と綿か言たな、家庭を壊した責任は重い
生纏わず潰してる」


言い残して車に乗ると、涙を流しながめようとする妻を振り切って家に帰りまたが、
け犬の遠吠えに聞こえも知れませ


也さ、どました?こんなにく」
母の問い掛けえずにに行くと、彼に車もらったか、ぐに妻が入て来まし


「あなた、ごめんなさ下さい」
は泣きがら土下座しましが、せるは有りません


許す訳が無いだろ今有る印鑑キャッシカードを出せ」
て下さいお願いですから、婿て」


「まずは言った事を
は妻が出てきた物全てをポケに入れました。


れは財産分与て俺が貰って
お前のような女の家族に、散々を使ってき、文句はいな
と子供達アパート次第えに来
お前のな淫乱な女に育てられ供達とも育たな
それと慰謝料は1千万。
おまえのなセックスでげる風俗にでも勤めく払る額だ
不服が有るなら裁判をる。じゃあ」


「待って。も聞い


その時、心配で立きしていたのかが血相変えて飛び込んきました。
「哲也ん、って。いった何が有ったの」
「裕と相手の男いて下さい」


「相手の男?裕子!あなた、まさか
妻はしく泣沿出し、母何も言えず尽くいま


このまま家てホテルでも泊ましたが
が私足にしが付いてませ
哲也さんなさい。からも謝りますら、裕子を聞いてやって。お願い。おい」


母を蹴にすにもいかずにその場りまし妻は泣いていて何もせません便


「裕子!いていないで、何か言さい」
た、さいとは身体の関係は無確かにあたに嘘を吐いて2人で会っいまた。
でも私はあたが。彼恋愛ゴッコをししまったの」


愛ゴッコでも確かに彰君好き言っいたよ


「彼は真面目だ、逆にそでも言わなければからない


「さ30歳を過ぎてに合格した秀才。言分けで考えてったか?
それならの旅は、誰たのかってろ。て聞たぞ
それは・・・・」
2人だけで行に行っ身体のて、よく言えるもの
それを俺じろと言うのか?
30歳を過ぎた女と、2歳を過ぎた夜を共にして
無かったと言うの?」


でも本当に身体の係は無いの。それだけじて。おい、信て」


俺が宿若い女と旅行に行ったら、裕子は信じられるか


「信られないかもい。本当何も無かった。お願い、信じて」


それら、どうし行など行った?」


「別為に・・・宿


「別為に行に行った?味がからん。との事を、最詳しく話して
学して1ヶ月もると皆それぞれ人が出来て何人かで連ってとる様にました。
、妻はれを羨しく思ってもが違うあっ、すぐには皆に溶ずに、いつもベンチで一人パンを齧ってたそです
大人性格で友達が出ずに同様一人でポ昼食とっいま
友達同士、いか一緒に学食近くのファーストードで食よう成りました。
、徐々に2人は皆に溶け友達出来たので
間と食事に行ったりする時は、然と隣の席座り、
義のた時や学校が終ってら、で喫茶行っきます。


服装や化粧が成っていっこの頃か綿で、おそく妻彼にに入られようと必たのしょう。
大学は、恋人同士になる者も少なくなく、
妻は、その様なカップ見てと正に青春だと思え羨ましく
を好きとか嫌いとかではなくて緒にいると分に青春がって来たじたと言ます。


彼との仲より親密にったの、彼の車から妻降りてくる、私た日からした
その時、彼は急に車を止め姿だと告白たのです


い男から好きだと言れて妻も悪い気がはずも無
後は互いを名で呼び合い、学校は腕をんで歩いたりもしました


ごめんなさ。若い好きと言われて有頂天にいまし
なたの事えず恋愛ゴッコをしまいました」



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20081105210305t9h