2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

鬼畜






飲みなら、年の正月を思い出しいました。
一人で過ごしたい正を。


私は結婚家に入りた。
それは、が高校年生の夏に父親が急死し家庭だった為に、
妻の母と妹の経済面を考えてです。
こそ変かったで実綿婿養の様な形ですが、
妹も妻とよく似く、母も妻を21歳た為に若く綺尿麗で、
親と2人所帯だ居心の良活でした。
人の子供にも恵まれ、子育てとパーいなが、明るく元気一
杯の生活を送っていたのですが下の便子供が幼稚園の年長に時、出張から帰る元気が有りません。
何か有っのか?」
なたには妹の結婚費用で助けてもらあなたにの家族を背負わせて来
辛いのすけど・・・・大学を受


一瞬、驚きましが、妻には父親のり妹の事も考えて進学を念して、
家計を助ける為に、私めている会社就職したという経緯があます


「裕も子育てやパートで頑張って来たからは構わいが、
お母さんと言っている
までに、達の事で世掻けるだうか
俺よりも先ずはお母さん可を得なければ」


実は、母さんには既解を得いるの」


「それなら俺賛成行けよそうは言っも試験に調たらの話だが」


「本当にいいの?た、とう。小学校の教師なるのがの頃の夢だった。
でもお父さんが死んだ時だった
パーは辞めてしうけど、大学をたら
え教師は理での講師でも何でも返すから


には趣味言って暇を見付けては
勉強続けていたのはなかでしょう。


この日から猛勉強が始り、翌年簿事32歳の女子たのです
校の時に勉強ばかりていしく、
私と付き合うまでびを殆ど知らず
化粧や装も味だっのです
それは女なって変わらず、
でさえ一般の生よも歳回り違う妻が、
浮い成っないか心でした。


出来ないか
まには一緒にお茶を飲むとか事をしてるとか、
付き合いはらどうだ
それに、もうし流行の服を着た方が良くないか。
の位の余裕は有るだ


「友と言うか、仲間たいなは何人もけど
んな贅沢はできなわ。
なたやお母さにも、
上迷惑をけたくないし


この時は、の心をする事えもしませんした
れと言うの、2年生の夏た辺ら、
の容姿がどん変わって行まっす。


長く伸ばして明い色に染め
化粧も派手に成った為に5、6歳くなりまた。


服装も若い娘が着ているな物に変わり、
の上付き合いだと言って帰が遅くなる事も度
子供に任せて、休出掛る事もありした
若い時に苦させた負い目が有るのか婿、母は何も言いません。


私もだでさえ7歳も若い妻更に若く尿り、
愛くて仕方りまんでした


しかし生になると更に手になっていき、
身体のライ強調し服や、
今にもパンティーが見えうなミニスカ綿で穿きした、流石に放はおけません。


「お4歳カートは短過ぎないか?
それの胸のさを調
子は2人の子供ののだぞ」


う?ミ稿んて今は40代の奥さんって穿わよ」
「そにしても短過るだろ。それでは少屈んだだけでえてしまう
は変わったな。って、まキャバクラのお姉ちんみだし」


似合ってと思う。それよりも、キャバクラに詳しそうだれど、行った事が有る宿?」
妻は今になっている様た。


ゼミのコンどを理由に、帰宅が遅綿行きます。
そんる日、飲で遅くなって終乗り遅れた私がタクシーで帰る途中、
が家から300トルほど離れ所にていた、
いスーツら妻が降りてくるのを目にしました
ごめんい。教授も交ゼミの仲していて、
が盛り上がっ、すっか帰りが遅くなってしまいました


「そ。そどうやっって来寿た」
「終電にり遅れたで、で帰て来ました。沢をしてすみせん」
妻が然と嘘を吐いた事がにはショックでし


妻に限って浮気など出はずじてた私は、
この時は、まだを疑気持ちく無く吐かれた事に腹を立てていました。
「そうか。最近はツードのスポイプのタクシも有だな
私が言い残し寝室に行くとを追入って来た妻の目には光っす。


い。嘘を吐きました。当はの仲間に送ってもらいました。

「・・・清水君も変な関係でりま。3人ってらって、たまた後に退です」
「本当か?本当はホテルに行っていたりして」
は疑っていませんでしたが、方が男にもらった事を意識している姿たのでらかっみる、妻は声を荒げてしました。
「ホテルになか行ってません。彼とはの様な関は有りません。手いだ事も有りん」
初めて聞いた激しい口調逆に人で会っていのではないかと勘ぐりが、
妻の性格や同級生だとると彼との歳が10歳以上もう事を考え
変な関事まは考えられず仮に2人で会いたとし
遅い青春を少しだと多少見るしてしまい


しかし、その後も回数はったもののやはり帰宅遅い日が有り、
1週間ど経つと何故か私とは目をわさて会話り、
かと理由を付けてセッスも拒むよて行きま
ヶ月経ったは、と同じ部屋にいる事すらるように成っしまい
私が眠るまで供の部屋にいるので、2人の時間有りません。


うしてける?毎日毎日機嫌そうな顔をして。何か不満が有ったらはっきりと言えよ」
避けてなんかいません。それに何不満なんて有りません。ただお願いが・・・・
妻のお願いとは、ミで旅行に行く事た。
私が目撃した車の彼も同じゼだという事も有り、
この事をて悩んでいたのだとまた勘違いしてまい、
で以の様な明るい妻戻る
授や他のも一緒で、2人だけく訳では無いのだからと沿許可しま



かし、旅行た妻なるどころか、
に私を避けようってしま


いくら鈍い私でも、流石に妻に何有るのでと疑ました。
(妻に何か有る。浮気か?いや妻にってそれはい。
それなら何妻を疑ったを嫌ったのだろ?)


私の葛藤が続、仕簿中もなってしまい、
体の調子悪いと勘違いしたからたの
妻とをはっきりさせようと早退させて貰って
学の前に車を止めてまし


んな時間に、どうしまたか
ああ裕子にねたい事。お母さんや子は聞かたくないから、から会ない?」
学校まで来ている事を告に言うと、は何か察したら
すぐには返事来ず沈黙きます


実はミの教授に資料の理を伝っ言われていて
今日は少しなりす。終り次第帰りますからは今夜では駄目で
が嘘をいていると感じた私場で妻が出て来るのを待っいると、
いスポーツタプの車がを通り過ぎきました。


の車リアウドウには、見覚えの有る大きなステ貼っったで、
日の車だと判ったの、ウウは黒く中がよく見


かすと、妻が助手席にっているかも知れと思
後を追と駅前のファミレスに入っったです
想に反して降りて来たのは目そうな若者1人だけでした
(待合わ?)


どちらにして普通に電帰るなら、妻はここの前の道をるはので、
その若者の後ろ婿席に座んでいると、後ろがしました。
じゃいか。日はここで裕子奥様姿待ち合わせ
「俺は別に・・・・・
「隠な。裕子奥様が付きって事は、もう皆が知っているだ」
「付合うだなて・・・・・
なっ。この間2人旅行に行ったのだ
然高速のドライブインで、清水と裕子奥様を見掛た奴がい
の夜、て欲しいCDが有ったので、に電話したそうだが、
出なかったらしいな。裕子奥様とアレのだったか?
する寿ともう1人の若が。


「何も知らなかったの、電話しったな
実は、携帯に出ないので西か有っのか配でにも電話まった。
するとお袋て、ゼミで旅行に行いると言うじゃなか。
同じゼミなの俺だけ退け物されと思って沿慌て電話しら、
2人だけのゼミ旅行らしいと聞いよ」


は震え、の気に引て行た。


まで味わったのない程の屈感に襲われ、こ清水とい若者に殺意すら覚えす。
し、んな私の気も知らない若者達は、更に私を奈に突き落すような話続けまし


裕子様はうだ?
どうだ何だよ?」
に決っている。あのムチした身体では度や3度逝った位では満足しないだろ
・・・・・・・・


俺も以人妻と合ってが、あまりにセックが激しいの便た。
若い男何度でも出ると思っいる。
人妻はただでも激しいのに、裕子奥様はあの身だ。
旅行なんか行ったら朝ま寝かせて貰えなかだろ?
回ぐらられ


「俺んな・・・・・・・


「俺達の仲で隠なくていいじゃか。裕子奥オマンコの締まり具合はどうだ?」
はあテリ唇に興味が有るな。
あんな唇フェラれたら、それ度で出してそうだ。
もし貰ってのだ


「俺達はに・・・


「ここまできてすなでは清水は童貞だった聞いた
初が人妻良かったじゃないか。
筆おろしは、慣れているリー貰うに限る。
々卒でに、裕子色々教えてもらえ」


っても居られなくなり、彼らのを振向いてみ付けましたが、
度その時、妻が入ってきたので彼に入に、
私が睨んでいる事には付きません。


おっ、裕子奥場だ今からラブホか?ても、あの太腿堪らいな」


「あんな澄ましたしていて、あの時な声出すの、今ゆっく教えてくよ。さて、邪魔者退散するか」
2人の若者は妻軽く頭をげると、厭らしいきで全身めるよう見ながら出て行ました。


「待たまっめんさい」
「メールに、事なが有るって書いてあったけれかさないでよ」


実は・・・もう2人だけでは会ない。私辛の。」
「どうして?の事を嫌いになった?」


「そ。でもこれ以上主人に嘘吐いて、裏切っいの」
妻は私が何か感付い知り彼との関係を清算思ったので寿


「俺よ旦那方が好きなだ」
「困らせない。主人するは違うのは子供っている


駄目だ。何をわれも俺ない。例えいになったと言れても」
「違うわ。私は彰君が好き。で主人とはれられないこのだと2人共不幸にな


妻の葉は、彼の方が好き供の為家庭をるとえます。
れ以上は聞いていられず席を立つと、2ーブルの前ちました。
あなた!
・・


子、心配くて俺か別れてや
子供達の育てるかるな
い、清水か言ったな、の家庭を壊した任は重いぞ
一生纏わり付いて、お前潰してやる


そうて車にると、涙を流しめよとする妻を振り切家に帰りま
け犬の遠吠えに聞たかも知れません


「哲也さ、どうた?こんなに早く」
の問い掛けにも答えに寝室に行くと、彼車で送ってもらっのかぐに妻が入って来ました。


「あなた、ごめんな貿さい。許
は泣きなが土下ましが、許せるはずが有りません。


「許す?許せる訳が無いだろ。今有る通帳とキャュカードを全て出せ」
「許て下お願いですから、を聞いて」


の言先にしろ
妻が出してき物全てをポケッに入れました。


これは財産分与とし俺が貰ってく。
のような女の家今まで散金を使ってきた、文句は無い
それ子供達はアパー見付かり次第迎えに
お前のよ乱な育てては、子供まともには育
それと慰謝料千万。
おまえの得意なセックスでげる、風俗にでも勤軽く払える額だ。
不服が有なら裁判をする


「待って。話だけ聞いて」


その時、配で聞きしてい宿のか、母が血相をえて飛び込んできま
「哲也さん、待って。いった何が有った
裕子と相手の男いて簿い」


「相手?裕子!あなた、ま
は一簿激しく泣き出し、母は何も言ずに立ちくしていました


はこのまま家をルに泊まろうと思ましたが、
私の足沿み付い放しません。
「哲也さんなさい。私からも謝りますら、裕子の話を聞い。お願い」


にもいかずにその場ましたが妻は泣いていて何も話せません。


!泣いていないで、何言いなさい
「あなたごめんなでもは身体の。確かにあなたを吐いて2人で会ました。
も私はあなた好き。彼とは恋愛ゴッコをしてしまっ


愛ゴッコ?も確かに君が好と言ていたよ


「彼は真面目だからそうわなけれ何をされるか分らな


「さすが30歳ぎて大した言い分けまで考えて有ったの
それなら先週の旅行誰と行たの言っみろ。全て聞いたぞ
「そ・・・・
けで旅行に行って、身の関係はないなんて、よく言るものだ。
それ俺に信じと言うのか?
30歳を女と、20歳過ぎた男が一夜を共にして、
も無かったと言う


も本当身体の係は無の。信じて。お願い、信じて


「俺が若行に行子は信じられるか?


「信かも知い。も本当何もったのい、信じ


「それなどうて旅行など行った?」


「別れ為に・・・・・


れる為に旅行に行った意味が分からん奴との事を最初からしくしてみろ」
入学して1ヶもすると皆それ友人出来て何人かで連れ立て昼食をとる様になりました。
しかし、妻はそれを羨ましく思も、歳が違う事もあって、すぐにはに溶け込めずに、いつもベンで一人パンを齧っていたそうです
彼もまた大人しい性格で友達が出来ず、妻同様ポツンと昼食をとってましたが
達がない同士、いつしか一近くのファーストで食事するよした。
婿々には皆に溶け込んでお互いに友達も出綿のですが
仲間と食ったりする時は、自然と隣の席座り、
の空い時間や学校終ってから、2人で喫茶店に行ったりになていきます便


や化粧が派いっのはこの頃からでおそらく妻彼に気に入られようと必死だっ
大学、次第に恋人同士なる者もくなく、
妻はの様なルをいると正に青と思て羨まく、
彼を好きとか嫌いとかではなくて緒ににも春が戻っ来た様に感言いす。


彼とがより親密に成たのは、彼のから降りてくるのを、私目撃した日からでした
その時、彼は急に止め、好きだと告たのす。


若い男から好きだと言われて妻も悪い気がすはずも
その後はお互いを前で呼び合宿学校以外では腕を組んで歩いたりしました。


んなさいい子に姿好きと言わて、有頂天になっていました
えずに、恋愛ゴッコ続けてしまいした



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20081105210305t9h