2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

男女間の修羅場を経験した話を書きますよ







1 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:10:45.19 ID:KLGvIiLq0
ない部屋で独り、ボしてると、なことあったな
懐か昔の記が蘇ってました。
だからなんとなく書いてようかなと思った次です
なので、内で都合いよう換されているもしれませんが、とりあえず書沿きたいといます

かった、お付合い下い。





2 :バ ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:11:45.20 ID:KLGvIiLq0
スペックす。
ボクは、山下ユーサ(仮名時は立高校の一

成績は普通運動神経も通、外見普通、つま特徴がないことが特徴で人からは調「何度会って顔と致しない奴」とか言われてました。

先生も名前を覚えてもらえで、授業中に指される回数明らかにボクだけ少なかったような記憶があり基本的にヘレです。





3 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:12:16.51 ID:KLGvIiLq0
彼女の名前は、山本ミドリ(仮名)同級生です。

長身で活発な子。ルックスは美しいスポーツ少女系。今の流行でいうとヤングなでしこといった感じでしょうか。

中学二年の時に彼女が転校してきてから、ずっと同じクラス。
しかも名簿も近いことから席はいつもボクが前、彼女が後ろでした。

だから彼女はボクのことを名前で呼んでくれる数少ない(というか唯一の)女友達でした。





4 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:15:29.88 ID:KLGvIiLq0
転校初日の第一印象は「大きな子だなぁ」でしたね(笑)
たぶん、当時は彼女の方が背が高かったと思います。
そして次に「カワイイかも」になるわけです。
気のせいか、ちょっと影のある感じはありましたけどね。

理由は覚えてませんが、ちょうどボクの後ろの席が空いていたので彼女の席がそこに決まり、ボクは内心「ラッキー!」とか思ってました。





5 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:16:25.54 ID:KLGvIiLq0
十分にの利を活かして、ボ彼女とりましね。

気もたので、は彼女とは同性の友達と接するように自然に接することができまた。それは彼女も同じだったと思います。たぶん

年もと幼馴みたいになうち彼女からは、通にのようなものも受けるらいにまでまし

このは想定外でした。良くなり過ぎましたね。友達とし





6 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:17:43.87 ID:KLGvIiLq0
そんな彼女に「男性の意見が聞きたい」と言われる時は、たいてい恋愛系のハナシでした。

ボクの彼女評は“恋多きわりには臆病で詰めが甘く成就しない乙女”とでもいうのでしょうかね、次々と「あの子がステキ!」とか言うくせに結局は、誰とも付き合ったりできなかっ たようです。


この話は、高校に入って初めて彼女から「男性の意見が聞きたい」と言われたことから始まる騒動を、思い出しながら書いていきます。






7 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:19:07.72 ID:KLGvIiLq0
人が居ないかな?

書き溜めがあるんで、今度にしようかな?




8 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:21:58.26 ID:KLGvIiLq0
とりあえず、折れずに行けるところまで行っちゃいます。





9 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:22:43.18 ID:KLGvIiLq0
―― 第一部 修羅場 ――

いつものように慌しい朝のホームルーム前でした。

ボクは友人達と昨日のサッカーについて、あーだこーだと批評家よろしくやってました。
ボクは、一応サッカー部所属です。ベンチ外ですけど。

いつもは、そんな話に混じってくるミドリが珍しくひとりで席に座ってました。

様子がおかしいかも? とは思ったんですが、女の子ですからね。
下手に構うと真剣にウザがられたりするんで放置してました。

でも、その日は一日中そんな感じだったんで、終礼後に声をかけてみたんです。





11 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:23:42.14 ID:KLGvIiLq0
「熱でもある?」

「ない……と思う……かも」

なんとも珍妙な回答をするミドリ。

(なんなんだ、それ?)

彼女の虚ろな視線が、ちょっと気になったものですから数ヶ月ぶりに彼女を誘ってみました。

「今日、部活だろ? 終わったらなんか食べに行こうか」





12 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:25:10.46 ID:KLGvIiLq0
お一人来ていただけましたか。
ありがとうございます。
それでは、続けますね。
――

別に下心があったわけではないですよ。
家が近所で方向が一緒なので、中学の頃は部活終了の時間さえ合えば一緒に帰ることが結構あったんですよ。

高校に入学してからは、初めてでしたけど。

「……わかった。じゃ校門で待ってる」

力なく答える彼女でした。





14 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:26:09.10 ID:KLGvIiLq0
彼女はバレー部所属です。長がんで中学の頃はエースアタッカーだっ

自校で試る時に何度か応援に行ったけど、体が大きいせいもありなかなか力がありまた。
ポー少女見合い綺長い目立ってまたしになんというか… 
揺れるんでよね





15 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:28:11.62 ID:KLGvIiLq0
もう一人ご参加いただけましたか。
ありがとうです。
続けます。
――

彼女も同じように、ボクの試合を応援してくれたこともありました。
ロスタイムにゴールを決めた時には、汗と泥まみれのボクと抱き合って喜んでくれたし。

そんなこんなで周囲からは、完全に二人は付き合ってると思われてたようです。
残念ながら違うんですけど。




16 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:29:14.65 ID:KLGvIiLq0
だから、彼女は非常に目立つ存在にもかかわらず、寄ってくる男は少なかったようです。
詳しくは知りませんがね。

もしそれがボクのせいだったなら今さらですが謝っておきます。すいません。

ちなみにボクに寄ってくる女性は皆無でしたよ。
それは決して彼女のせいではなかったと思います。
ドンマイ!





18 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:30:21.60 ID:KLGvIiLq0
さて夕暮れの迫った校門。
彼女が壁にもたれかかり、ボクを待ってました。
アンニュイな雰囲気で可憐さが一層引き立ち、なんかこうゾクゾクっとしたことを覚えてます。

「ごめんごめん。顧問の説教が長くてさ」

さっきのゾクゾク感を誤魔化すように言うボク。

「いい……さっき来たとこだから」




19 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:31:18.31 ID:KLGvIiLq0
もし、これが初対面だったなら、即落ちで一目惚れしてたかもしれません。
どうやらボクは憂いを含む女性の表情に弱いようです(笑)

でも、数年間の彼女との時間がボクと彼女の関係を“友達”に固定してしまっていましたね。




20 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:32:13.12 ID:KLGvIiLq0
ボクは自転車を押しながら坂を下ります。彼女はボクの斜め後ろを黙ってついて来ます。

これは誰か好きな男ができたんだろうなと思いましたね。
過去にも似たようなことが何度かありましたから。
嫉妬心とかそういうものは、まったく感じなかったですよ。

同性の友達が誰かに惚れたとか聞いても何も思わないのと同じです。
ボクの中での彼女はそんな感じだったんです。




21 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:33:09.88 ID:KLGvIiLq0
ァートフード店に着くと端の方の席を陣り、み物だでじっく話を聞くことにしした

ボク もう答はわかていあえず通過儀礼してねるとにしま

「で、どう?」

ストローのをコネコネし、ちょっと拗よう俯き減で線を合、とんがた口で呟きす。

「……男の意見聞きたい…」




22 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:34:10.00 ID:KLGvIiLq0
(ほらきた)見覚えのある光景です。毎度のことですが同じ仕草で同じ内容を言うんですよ。コイツは。

とりあえずボクは、いつも同じ反応をするしかありません。

ここで、何か違った反応(どんなだ?)でもすれば、ボク達の関係が変わったりしたんでしょうかね?

その時はそんなことは、考えもしませんでしたけど。

「それで、今度の相手は誰なんよ?」

「……サッカー部のキャプテン」

「え――っ! 早川先輩(仮名)かよ」





23 :ースH0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:35:05.70 ID:KLGvIiLq0
まあまし先輩すからね
いや、驚た理由は寿だけじゃないんです
の先輩は彼女がいからす。
りがちなが、のマーさんが

と派手目ですけど、かり綺麗人です。
たいで

ボクはその実を今ここ伝えるべどうか…





24 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:36:24.98 ID:KLGvIiLq0
数秒間の熟考の結果、今日のところは先輩に彼女がいることは伝えないことにしました。
今日はミドリを元気づけるために来たわけですからね。
明日でいいや、とか思ったんですよ。
それに、話を聞いてやれば少しは落ち着くだろうしそれからでも遅くはないと考えたからです。




27 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:37:08.90 ID:KLGvIiLq0
案の定、先輩のどこがカッコいいかを力説しながらミドリは、どんどん元気になってきました。

ボクとしては他の男のカッコよさなんて聞かされてもあんまり面白くなかったんですけどね。





29 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:38:16.71 ID:KLGvIiLq0
まあ、先輩は普通にカッコいい人ですし、サッカーも
ボクなんかよりも随分上手いです。

ただねぇ……女性とのアレコレを自慢げに話すタイプなところがねぇ〜

聞く方は楽しいんですよ。ソノ手の話は、こっちも興味津々ですから。
でも、その話を聞いた後では、気まずくなるんですわ。




28 :名も綿検体774号+:2012/10/03(水) 23:37:24.11 ID:eF6+KPLD0
>>1さん
章からるとけっうなお年ですね




30 :名も無き被検体774号+:2012/10/03(水) 23:40:44.22 ID:KLGvIiLq0
>>28氏
そうですね。30代ですよ。
モノをとが多い仕事なので、回りくどい文章になってます

恐縮す。
――

ネーーさんを見ると もう妄想全開になっちゃって… 
あんな綺麗な人そんなコトをするなんて……
パンツを押さえてしまいますよ(笑

ボクは、ひっとつかミドリと先輩のアレコレを聞くことになるの
とか考ちょと困ったような気にたことを覚えてます。





31 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:43:20.78 ID:KLGvIiLq0
結局、ミドリには小一時間ほど話につきあいましたね。
もう飲み物の氷が溶けるだけじゃなく、紙コップまでユルユルになった頃にやっと解散となりました。




32 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:45:20.40 ID:KLGvIiLq0
それからのボクは、結構苦しかったですよ。
ミドリからは先輩のアドレスを教えろとか、今後の試合スケジュールを教えろとか、弁当を作りたいから食べ物の好き嫌いを教えろとか色々と言われましたから。

なんだかスゴーく盛り上がってるんで、つい彼女がいることを言えずにいたんです。

つーか、先輩とマネージャーさんのやり取りを注意して見てりゃふつーは気づくハズなんですけど、コイツは気づかないんだよなぁ。

ひょっとして相当ニブイのか?




33 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:46:42.21 ID:KLGvIiLq0
そのうち、一度でいいから直接話がしてみたいとか言い出してさ。
仕方がないから段取りをしてやりましたよ。

部活が終わった頃にボクに声をかければ、できるだけ自然に先輩と話ができるようにしてやると。

まあ、やってみたんですけど全然自然じゃないのね、これが。
なんかマネージャーさんに睨まれましたけど、ボク。





34 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:47:43.18 ID:KLGvIiLq0
その日の帰り、ミドリはテンションが上がってました。
「一歩前進ナリ!」とか言ってましたね。

そういえば、ボクは最近ミドリと一緒に帰ることが多くなりました。

なぜかミドリが校門で待っているせいで流れ的に、そうなってしまうんです。

で、ひとしきり先輩のカッコいいところを聞かされるというわけでして。

あー面白ないぞー(笑)

とかいいつつ、ボクは楽しかったようです。


ところが……




35 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:48:45.94 ID:KLGvIiLq0
ミドリを先輩に近づけたことが、ボク達をとんでもない方向に進めるきっかけとなってしまったんです。

一週間後くらいだったかな、早川先輩がボクに話しかけてきたんです。

「よう山下! あの子、そう、ミドリちゃんってカワイイよな」

「へ? なんすか急に?」

「昨日の帰りにファーストフード店で偶然会ったんだけど 
カワイイなとか思ってさ。で、あの子はおまえの彼女なのか?」

先輩からミドリの名前がでるだけでも、ドキッとするのに彼女かどうかなんて聞かれたものですから、相当慌ててしまいました。

傍から見ると滑稽だったと思いますよ。ひとりで赤くなってバタバタしてたわけですからね。

「ちがっ、違いますよ」





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, すっきりした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, すっきりした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20121008150517