2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

童貞と共に人として大切な何かを亡くした話2(フローレン編)






※「童貞と共に人として大切な何かを亡くした話1
の続きです。



93 :名も無き被検体774号+:2011/05/18(水) 09:31:58.15 ID:swLwmRiA0
フローレンと>>1の夜の話が抜けてるぞー!



94 :1:2011/05/18(水) 14:21:02.50 ID:uxX3uTWY0
>>93
一応、この話の何年か後に後日談はある
セクロスはしてないけど…

需要が有るなら書くが、それ程大した話しじゃない




96 :1:2011/05/18(水) 17:07:30.60 ID:uxX3uTWY0
じゃあ後日談追加です。

大した話じゃないから期待しないでね。




97 :1:2011/05/18(水) 17:10:43.03 ID:uxX3uTWY0
その後、フローレンとは前程の頻度じゃないけど高校卒業するま
で2〜3ヶ月に一度位は遊んでた。

後、高校3年の秋、バイクで事故ってフローレン達の通う高校の隣
の病院に入院してたから

その頃だけは毎日会ってたな。

フローレンとピザは、あれ以降段々と疎遠になったらしい。
原因は俺だけじゃないらしいが詳しくは知らん。

風の噂だと、あの後ピザは10歳位年上の奴と付き合って、
高校在学中に婚約。
卒業と同時に結婚したらしい。

3年になってからは俺もフローレンの事がやっと吹っ切れて、
他に 気になる女の子が出来た。

まあ気になるだけで、インポだから特に何も無かったけど…

で、結局何もないまま高校卒業。





98 :1:2011/05/18(水) 17:13:30.10 ID:uxX3uTWY0
卒業後、俺は東京の専門学校に進学
フローレンは東北の大学に進学。

距離も離れたし、お互い連絡先も交換してなかったから
長友とかから近況をたまに聞く程度だった。

で、高校卒業して何年かした頃、地元に帰って長友達と遊ぶ時に
フローレンも参加。

久しぶりに会ったフローレンは全く変わってなかった。
お互い久しぶり、変わってないねぇなんて
会話をして連絡先を交換した。




99 :1:2011/05/18(水) 17:15:22.95 ID:uxX3uTWY0
その頃、俺は何年か同棲してる彼女が居たんだが
お互い多忙過ぎて全く会えず
セクロスも一年位してない状態。

お互い恋愛感情も無いがマトモに話しする時間もなく、
ズルズル付き合ってるみたいな状況だった。

そんな中、少しずつフローレンと電話とかするようになってた。

二人の近況から始まって、思い出話しや、過去の恋愛。

フローレンはあの後、色んな奴から告白されたが誰とも付き合わ
ずに高校卒業。

大学で知り合った先輩と付き合うが、
束縛がキツくて別れた。
その後、高校の時の同級生と遠距離恋愛していたが
最近別れたらしい。

2人目の元彼は長友の友達で、
俺も何回か会った事はあった。
真面目な感じの男。
正直、俺はちょっと苦手で、向こうも明らかに俺を避けてた。




100 :1:2011/05/18(水) 17:18:59.36 ID:uxX3uTWY0
フローレンと単純に友達として電話をしてた。
特に恋愛感情とかは無かった。

フローレン
「電車に長い間乗ってると、降りてもなんかガタンガタンしてる
みたいな感じになるよね?」

フローレンの言ってる意味は分かったが、あえてからかう。


「無いよ。フローレン三半規管おかしいんじゃない?」

フローレン
「そんな事無いもん!!絶対みんななるって!俺君の方がおかし
いっ!!」

俺 「嘘だと思うなら皆に聞いてみなよ(嘘だけど…)」

フローレン「聞く!絶対聞く!」

フローレンは からかうとすぐムキになる。
後日、ワザワザ電話かかってきて…

フローレン
「友達もみんなガタンガタンなるって言ってた!それに電車乗っ
てる時に隣に座った人にも聞いてみたもん!!」

俺「いきなり聞いたの?」

フローレン「うん!優しいお兄さんだったもん」

どうしても自分が正しいと確認したかったらしい…
フローレンは単純と言うか、頭が弱いと言うか…

俺「知らないオジサンと話しちゃいけません!」

フローレン
「オジサンじゃないよ!お兄さんだよ!優しかったもん!!」

俺「はいはい…」




101 :1:2011/05/18(水) 17:21:57.45 ID:uxX3uTWY0
フローレンは単純で、疑う事を知らない。
俺とかが明らかに嘘だと分かる冗談を言っても
本気で信じる。


「この前さ、ペットショップ行ったら手乗りクジラ売っててさ、
超可愛いの」

フローレン
「良いなぁ手乗りクジラ。可愛い!私も欲しい!!」


「手乗りクジラってさ、ニンジンが好物なんだよ。ニンジンあげ
ると喜んで潮ふくの知ってた?」

フローレン
「良いなぁ私もニンジンあげてみたい」

俺「まあ、全部嘘なんだけどね…」

フローレン「え?」


「手乗りクジラなんて居る訳ないじゃん。そもそもクジラがニン
ジン食べる訳ないじゃん…」

フローレン「俺君酷い!俺君の嘘つき」

俺「騙された?」

フローレン
「騙されてないもん。騙されたフリしてただけだもん。ひーん」

俺はフローレンの反応が可愛くて仕方なくて、いつもからかってた。




102 :1:2011/05/18(水) 17:24:21.69 ID:uxX3uTWY0
ある日、いつもみたいに冗談を言いあってた時、
俺は突然真面目な声で…

俺「フローレン。好きだよ。愛してる」

と囁いてみた。

フローレン「え?え?え?…」

激しく動揺するフローレン。

フローレン
「やだ…俺君…冗談ばっかりなんだから…w」

フローレンの言葉を遮るようにして俺は言葉を続ける…


「冗談だと思う?とりあえず目を瞑って、俺の顔思い出してみてよ」

……

電話の向こうのフローレンは黙って目を瞑っている。


「今、俺の顔思い出してドキドキしてるでしょ?」

フローレン
「うん…ドキドキする…何か恥ずかしい…」

照れるフローレン。

俺「もう一回、俺の顔思い出して…」

フローレン「うーん、何かドキドキするよぉ…」

俺「ほら、俺の事好きになったでしょ?」

フローレン
「え?え?そうなのかな?…でも本当に好きかも?…え?え?」




103 :1:2011/05/18(水) 17:25:29.55 ID:uxX3uTWY0
フローレンは、これ以上ないくらいアタフタしている。

フローレン
「好き?違う?え?やっぱり好き…かも…自分がよく分からないよ
…wえ?えー?」

俺「なんてねw冗談w吊り橋効果って奴」

まあ種を明かすと、人は吊り橋を渡る時にドキドキしてるような
状態だと すれ違った異性を見た時に緊張のドキドキと、恋愛感情
のドキドキを誤解してしまうという話。

突然真面目に告白されたら誰だってドキドキするのは当たり前。

で、緊張でドキドキしてるのを上手く誘導して、まるで俺自身に
ドキドキしてるように勘違いさせただけだった。

フローレンに全部種を明かす。

フローレン
「俺君、酷ーいw本当にドキドキしちゃったよぉw」


「ゴメン。ゴメン。余りに上手く行ったから調子乗っちゃったw」

フローレン「本当にドキドキしたんだから…」

俺「でも、まだドキドキしてるでしょ?」

フローレン「うん…まだ心臓バクバクいってる」

俺「じゃあ、もう一度俺の顔思い出してごらん」

フローレン「また騙そうとしてるー!!」

俺「www」

フローレン
「本当に惚れちゃったらどうするのよ!w」


「光栄だねぇ!是非好きになってよw」

この時の俺の言葉は冗談だったけど、半分本気だったんだと思う。




104 :1:2011/05/18(水) 17:27:15.78 ID:uxX3uTWY0
書き溜め分終了

また夜にでも来ます




107 :名も無き被検体774号+:2011/05/18(水) 18:56:24.99 ID:VRsf2LHf0
つづきも気になるけど最近した似たよな過ちも気になる



108 :1:2011/05/18(水) 22:34:40.18 ID:uxX3uTWY0
>>107
そっちを書いても良いけど、かなりの大長編になります。

最近の話だけど、スタートはやっぱり高校時代まで遡るし…
まあ需要があるなら、そのうち書くかもです




109 :1:2011/05/18(水) 22:35:54.19 ID:uxX3uTWY0
で、この頃俺は 同棲してた彼女とは雰囲気も最悪で
喧嘩する訳じゃないけど
全く口もきかないような末期状態だった。

でも俺は、この状態でも まだ彼女の事嫌いではなかったんだが
彼女は完全に俺を避けていた。
まあ、避けてた理由は後で分かるんだが…

まあ、そんな嫌なら出てけば良いのにとも思ってた。
因みに同棲してたのは俺の家。

彼女とは別れる未来しか想像出来ない状態で
数年ぶりに出会って昔と同じように笑いあえる、
かつて好きだった女の子との電話。
東京と東北で離れてはいるけど、
どんどん気持ちは近づいていく。

でも、俺は末期とはいえ一応付き合ってる彼女も居るし、
あと一歩が踏み出せないでいた。





110 :1:2011/05/18(水) 22:37:53.28 ID:uxX3uTWY0
そんな煮え切らない状態でフローレンと電話している時…

フローレン
「元彼がね、ヨリを戻さないか?って言ってるんだ…」

俺「へえ…」

この元彼は、2人目の方でフローレンや長友の高校時代の同級生。
正直、嫌な話だったけど彼女の居る俺にはフローレンを止める資
格が無い…


「フローレンはどう思ってるの?」

フローレン
「嫌いじゃない。別れる時も嫌いで別れた訳じゃないから…」

俺「そっか…」

電話を切った後、俺はフローレンの事ばかり考えてた…
やっぱりフローレンが好きなんだって自覚した。
彼女とは別れようって決めた。

ただ、俺も彼女も仕事が忙しくて全然会えない。
別れ話を切り出せないまま月日だけが過ぎて行く。

一緒に住んでるんだから 会えない訳ないだろとか思うかもしらんが
俺も彼女も、完全なブラック企業で働いてたから
休みも無ければ、仕事から帰るのも毎日明け方みたいな生活してて
常にすれ違いの生活だったんだ。

因みにフローレンとの電話は会社に泊まり込みで
作業してる時に休憩がてらの電話が殆どだった。




111 :1:2011/05/18(水) 22:41:49.09 ID:uxX3uTWY0
彼女とは、ちゃんと別れられないまま、フローレンと話をするが
元彼のフローレンへのアプローチも必死だった。

俺も焦ったんだろうな。
まだ彼女と別れてないのに、フローレンに気持ちをぶつけてしまった。


「俺フローレンの事が好きだわ」

フローレン
「また冗談言ってww」

この前の吊り橋話も有って、全く信用されてない…
まあ自業自得だ…


「信じて貰えないかもしれないけど本気なんだ…」

フローレン
「いつもいつも騙されないよw」

本気で信用されてない…orz
それでも俺のもてる言葉全てを使って、
全身全霊で本気だという事を伝えた。

まあ、言えば言う程冗談だと思われる悪循環
どんだけ信用無いんだ俺…

フローレンが信じてくれるまで毎日電話で告白を繰り返した。


「本当に本気で好きなんだ…」

フローレン
「え?もしかして本気なの?」

何度もそう言ってます…

フローレン「絶対冗談でしょ?」

頑固ですね貴方…

俺の知ってるフローレンは もっと素直で純真無垢で疑う事を知ら
ない子でしたよ…
いつの間にそんな汚れた大人になってしまったの?
もうティンカーベルは見えないの?





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110531203421