2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

最後の言葉はまたねでした







1 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:06:19.51 ID:Eeej1ENP0
落ち着いたので聞いて欲しくて書く。
書き溜めはないです。






2 :も無き被774号+:2012/09/29(土) 00:11:18.50 ID:vl0LUfgJ0
当時のスペック


23♀どこにいるような普通の奴


25♂笑うとのに








3 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:14:02.45 ID:vl0LUfgJ0
共通の知人を通して知り合いました。
知り合ったのは高校1年の冬でした。

最初はメールのやりとりばかりだったけど、だんだん電話も
するようになって
付き合うことになりました。

初デートは公園でした。







4 :無き被体774号+:2012/09/29(土) 00:16:08.81 ID:vl0LUfgJ0
は二つ上ったので、春に社会人となり生活のリズ
ずれたが それでも週に一した。

の日は動行ったり、遊園地にり、とりた
免許と買ったかりの車でいきました。





5 :名も無き被774号+:2012/09/29(土) 00:16:37.34 ID:eHMbkSkC0
みて




7 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:17:59.61 ID:vl0LUfgJ0
>>5
ありがとう!遅いけど、気持ちの整理つけながら書きます。




8 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:20:40.85 ID:N5qYI3HZ0
聞こうじゃないか




9 :名も無き被尿体774号+:2012/09/29(土) 00:21:25.63 ID:vl0LUfgJ0
二年半き合のですが、そのも何度別れがで
した。

彼はろがあったので、不安になるたびに別れ
して私の気持ちを確めるということを何度かしま

それは必死ちを伝て、彼の不安を取り除いて
あげうとていまし

私が泣いて別れくないと言えば、は安心したそうです

少し歪んでいすが、私達にはこうするのが定期的な行事の
ものになっていまし変なすが。






10 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:23:33.23 ID:vl0LUfgJ0
最初は、私も必死でした。
彼の好みに合わせて服装や髪型も合わせました。彼に好きで
いてもらうためには、何でもしました。

それが、楽しくて仕方なかったです。

ですが やっぱり辛くなることが多くなりました。我慢した
りすることも、初めはよかったのですが私が少し疲れてしま
いました。





11 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:26:08.06 ID:vl0LUfgJ0
それまでは、私から別れ話をしたことは一度もありませんで
した。

私が高校三年生の春。受験シーズンでした。がんばれの一言
が欲しかったのに、なかなかうまくいきませんでした。すれ
違いでケンカが多くなり、私はついに疲れてしまって別れを
切り出しました。





12 :名も無き被774号+:2012/09/29(土) 00:28:07.08 ID:vl0LUfgJ0
んなこと言事ないが、ようといっのですご
ていました

時に、私いるに安心し切っていで

別れたくないと言れましたが、で県外に出なけれ
いけし、のままやっていく自信はあませんでした

好き気持ちはまありしたがとても辛
たです。





13 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:31:38.20 ID:vl0LUfgJ0
して、私達は別れました

自分ら言い出したもの高校てといていいほ
の人を失ことはごくかっ。信られないらい
泣い

私は外へでて一人らしするこに決まし

地元は思い出ありすぎ、なにより、頼切ったの
で1人でも進でいけるように両親に頼んで下宿もら
いました





15 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:32:41.79 ID:vl0LUfgJ0
大学にはいってからの4年はあっという間でした。

彼氏ができたこともありましたが、やっぱり私の中では彼が
一番で、4年たっても忘れることは出来ませんでした。





16 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:35:26.14 ID:vl0LUfgJ0
就職活動が始まり、内定をもらえたのが地元だったので地元
に戻ることになりました。

4年の間、彼には一度もあっていません。連絡もしていませ
んでした。

地元にもどり働き出したのですが、ある日ばったりと彼に会
いました。





17 :も無き被774号+:2012/09/29(土) 00:37:45.31 ID:vl0LUfgJ0
4年りでしたにわかりました。彼も気付いていた
ようすが、知らない女の子ました

4年もたっていたので、驚いたりはしせんでした。






18 :検体774号+:2012/09/29(土) 00:38:52.79 ID:vl0LUfgJ0
話したりこともなく、れから1ヶ月くいたったと
ろでら連がありました

内容はっちに帰ってきのか?というでした。あの時
やっぱり気付いていたそ





19 :名も被検774号+:2012/09/29(土) 00:41:16.25 ID:vl0LUfgJ0
だ私連絡先残っいたことに驚きました。

近況のようなやり取りの、私がた女の子
こと、も別れたこなどを聞きした。






20 :774号+:2012/09/29(土) 00:43:11.66 ID:vl0LUfgJ0
それから、こうとなり 久しぶりにゆっく話し
殿会いたい気持ちと、会しまたら、気持ちの整
をつけようとていた私の4年間が一れそうでとても
怖かっ

だけど、きでいるとに違いはないのでそれはそれで
なぁ思いましたしそうう一度チャンス
があるかもないと思まし





21 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:43:53.65 ID:vl0LUfgJ0
ふう・・・思い出しながら書いていたら目から汁が止まらない





22 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:44:29.24 ID:woW7UUr20
見てます。がんばれ




23 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:44:44.38 ID:eHMbkSkC0
ゆっくりでいいよ
待ってるから




24 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:45:09.12 ID:XqZZY9T70





25 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:46:16.29 ID:vl0LUfgJ0
ありがとう、拙いごちゃごちゃした文章でこめん。もう少し
だから書く。





26 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:48:03.30 ID:vl0LUfgJ0
久しぶりに会った彼は何も変わっていませんでした。無愛想
で、でも笑うと子供見たいで可愛かった。変わってなかった。

私はというと、少し意識して付き合っていた頃に彼が好きだっ
たような服装と髪型をして、めいっぱいおしゃれして会いに
いきました。






27 :も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:49:41.92 ID:vl0LUfgJ0
度か会ううちに、お互いまだ好きとが分かり
4年ぶりにまた一からり直そ、お付き
いす事にりました

付き合うまでのこの間にもいろいあったので
はないで省きます。





28 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:51:13.05 ID:vl0LUfgJ0
一年付き合い、彼にプロポーズされました。私は泣いて喜び、
夫婦になることができました。

その半年後に、お腹に赤ちゃんがいる事が分かりました。
とても喜びました。





29 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:54:10.10 ID:vl0LUfgJ0
私は仕事をやめ、お腹の子供の事を第一に考えていればよい
と彼が言ってくれていたので、専業主婦になりました。

お腹の子は順調に育っていて、性別は産まれるまで聞かない
でおこう!と2人で決めて名前も毎晩徹夜で考えて、男の子
と女の子両方の名前を決めました。





30 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:54:52.69 ID:vl0LUfgJ0
名前を決めた次の日、彼は帰らぬ人となりました。





31 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:56:54.04 ID:vl0LUfgJ0
仕事が終わり、
今から帰る、またあとでな
この電話が最後でした





32 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:57:04.19 ID:d0PJYpwK0
頑張れ





33 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 00:58:44.53 ID:vl0LUfgJ0
一旦停止無視のトラックが彼の車に突っ込み、即死だったそ
うです。

病院に行きましたが、私は彼を見る事が出来ませんでした。





34 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 01:00:12.77 ID:eHMbkSkC0
うわぁー( ; ; )




35 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 01:00:48.03 ID:vl0LUfgJ0
それでも、最後のお別れをしなさいと言わんばかりにお腹の
子が暴れるのです

分かったのかな?

私は痛かったね、びっくりしたね、もう痛くないよ

と声をかけました

そして私とこの子のことおいて行くの?と泣きながら暫くは
動けませんでした





36 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 01:01:36.99 ID:7aaMoinQ0
え…
何だこれ…
どうしてこうなった…




37 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 01:02:15.47 ID:vl0LUfgJ0
まだ、このこの顔もみてないのに
性別も聞いてないのに

やっと一緒になれて、幸せになるはずだったのに
あんなに元気だったのに
帰るからって電話したじゃんか
またなって言ってたじゃんか





38 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 01:03:10.16 ID:vl0LUfgJ0
辛いとか、かないとかそういうレベルをこえて







39 :名も無き被検体774号+:2012/09/29(土) 01:04:39.04 ID:vl0LUfgJ0
だけど、不思議なことにお腹に赤ちゃんがいることで私がしっ
かりしないとっていう意識もあった

もちろん、今でも思い出したら涙がでてくる。だけど、私が、
彼の後を追うことは簡単だけどこれから先この子が一人で生
きて行くことは簡単ではないんだって






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動・泣ける話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動・泣ける話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120929233513