2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

友達と絶交したった






http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346481764/


1 :名さん :2012/09/01(土)15:42:44 ID:FjAIEQVeH
るの






2 :名無しさん :2012/09/01(土)15:53:55 ID:FjAIEQVeH
兎に角書いていく。

「絶交したった」とはいえ一年前の話。

ケータイのメールの履歴を見てて思い出した。

もともと高校で同じクラスだったやつとの話なんだ。
そいつ学生時代は ぼっちだった。

何がきっかけか忘れたけど卒業後2年ほどでよく遊ぶようになってた。
見た目は あれなやつだったんだけど案外話すと面白い奴だったんだ。

誰も見てなくても書いてやるんだからね!









3 :名無しさん :2012/09/01(土)16:14:21 ID:OiFrmsEN5
続きはよ






4 :名無しさん :2012/09/01(土)16:19:41 ID:/jnlty1uZ
え?まさか成人後の話だと…




6 :無しさん :2012/09/01(土)16:24:35 ID:FjAIEQVeH
>>4
してらの話です。







5 :名さん :2012/09/01(土)16:22:43 ID:FjAIEQVeH
わ、くれてありが

なみに私は女です。
た相手で。

つるみだした当時Mは転職中ですご間があった

あ、私は彼氏別れたばかりという とにかく
忘れるためにも誰遊んでいかっ

なこんなで平日は事終わって6から。休み調が合えば
毎日のようにっていた。(今えば常)

い時間一緒にいる頼関係がでてくのだ。
同じングでとをしり言った、趣味って
ごい。テレパシーっとにあるのんてバカ
まで考えてた。







7 :名無しさん :2012/09/01(土)16:30:07 ID:FjAIEQVeH
そんな関係が半年続いたんだけど、そのうちMも仕事が決まった。

なかなか特殊な職業で、合う時間もかなり減っていった。

特に好きでもない、顔もアレなやつだったので別になんの変
化もなかった。

そしてそしてそのううちMは高校時代から好きだったクラス
メイト、J子と付き合うことになった。


これがひずみが生まれ始めた原因?だった。
今思えば私も悪かったんだ…







9 :名無しさん :2012/09/01(土)16:37:39 ID:FjAIEQVeH
当時働き始めたMは転職活動期間が長かったこともあり、
を持なかった

ある日、緒にドをしていた時の会話。

:明はJ子とデートなだよなー
私:おおったな、楽んで
M:も俺金ななにやるって何もできないんだよな
:…しょうがない。近々初給料だろ
その時にしてくれればいいから、

こで私はMに1万円貸した
J子はすっごいい月日をけてき合ことになっんだ。
そんな二人にめに楽しい間をしてほ
そう思

彼氏がいた時も交際費は実際かりかかるものだとかっ
いたからっていもあ


:え、い悪いし…
寿も明日金なくてんのよ。ュースもないろお前。
M:…ありがとう、すわ

の私はああ、私ったらんていいやみたいなバ
カなことを考えてい










8 :名無しさん :2012/09/01(土)16:32:32 ID:OiFrmsEN5
スペックは?






10 :名無しさん :2012/09/01(土)16:43:22 ID:FjAIEQVeH
スペック

私 22・事務員・ねちねちめんどくさい女。

M 22・当時某タイヤ会社のラインロボのプログラムなんかを
やってたと思う。ウソがうまい



これだけでも十分Mが怪しいことに気付くべきでした







22 :名無しさん :2012/09/01(土)22:48:32 ID:FjAIEQVeH
わ、読んでくれてる人いたのか!

申し訳ない、長い時間席をはずしてしまった。


女だと見てくれるのかw超初心者なんでご教授宜しくお願い
いたします。








23 :名無しさん :2012/09/01(土)23:00:26 ID:FjAIEQVeH
さらに読む人は減ったと思われるが続きを。

その後、Mと会う回数はさらに減っていった。
そりゃあJ子からすれば私は友達といっても女。一緒にいる
のをよく思うはずがない。

J子と付き合う前は
「お互いに彼氏彼女ができても遊べる関係でいような!」
みたいな、お互いが特別な存在だと思ってた。

まあ、難しいことは抜かそう。
そう、J子は私への嫉妬へ狂っていたのだ。


たまに会うと「最近J子から言われるんだ。
こないだはメール返信来なかったけど。
どうせ私ちゃんと遊んでたんでしょう?って…」


J子は前述にもある通りクラスメイトだった。
二人のことを考えても、私は一歩引き下がるべきだ。
そう思った。

それからは2週間に一回ほどメール1・2通をやり取りし、
近況だけは把握できる。

そんな今までのクラスメイト、オーソドックスなクラスメイ
トに戻っていた。


ああ、このままフェードアウトだな…

恋の傷も酒と涙で流していた私。大分気持ちに余裕ができて
いた頃だったのでなにも思うこともなかった。

(あれ?1万円…まいっか。)










24 :2012/09/01(土)23:04:25 ID:BHNJPDCq7
こえ






27 :名無しさん :2012/09/01(土)23:36:52 ID:FjAIEQVeH
>>24

これからがカオス







25 :名無しさん :2012/09/01(土)23:25:17 ID:FjAIEQVeH
そんなこんなで、こんなことからどれくらいたったか覚えて
ないけど、クリスマスイブの日。



ここで事件が起きる。


それは仕事上がり後、7:00くらいだったと思う。

Mから電話があった。


私:おう、久しぶり。どうした?
M:…あの。。。さあ、今からおまえんちいくわ。
私:え、なんだよw私はお前に用はないww
M:いや、おまえにしか頼めないんだ。とにかく着いたら電話する。

ここで私は「ん?イブに私に乗り換える気か?wふざけww
なんて平和な脳みそだった。


さあ、泥沼のはじまりですおー








26 :名無しさん :2012/09/01(土)23:34:57 ID:FjAIEQVeH
その後10分ほどでMが我が家に到着した。
そして着くなりMはとんでもないお願いをしてきた。


M:頼む…金貸してくれ!
私:(^^)は?ふざけんないくらだ

M:…ご…5万…
私:(´・ω・`)なににつかうんだお くそったれえ

まだまだ私は平和だった。

ぶっちゃけしがないOL。
月給は15万ほど。(手取り13くらいかな?)
まあ、貯金もあったし出せない額でもなかった。

私:何に使うんだ?
M:…J子の…クリスマス…

私:何で私が買ってやんなきゃいけない

M:俺、明日給料日なんだ。で、今日着払いにしてたんだけ
  ど…給料日前で金なくて…

M:で、明日には返せるから頼めねえかな…!
  今営業所にあるんだ…どうしても今日じゃないと受け取れな
  くて…


私:んーーー、、、しょうがないな。明日かえしてくれるん
  なら。よし、ATMいくぞ。

M:あ、ありがとうーーーーorz


こんな感じだったと思う。

普通ならこんなことしない。
私は3000円以上の貸し借りは友達じゃないと高校教師に教わってた。
それをかたくなに信じてもいた。

でも、Mはテレパシーが通う信頼しきった相手だった。
わかってもらえないだろうが、完全に狂ってた←

そんなこんなで5万かした。

私:で、5万分も何買ったの?

M:グッチの…バックだw


んーw思い出して腹立ってきた\(^O^)/








28 :名無しさん :2012/09/01(土)23:51:29 ID:FjAIEQVeH
さて、次の日になった。

とりあえずお金の話は自分からするのがなんとなくいけない
気がした。

人にものを貸した人ならだれでもわかると思うけど、
「金の亡者と思われたくない、金に執着心強いと思われたく
ない」なんて思ってたんだ。

その日はメールでとりあえず昨日はどうなったか聞こう作戦。

私:よう。昨日大丈夫だった?
M:ほんとありがとな…J子喜んでたわ…

私:おう、よかったな。どうせ聖なる夜を過ごしたのだろう…
M:最高だったわ。久しぶりにホテルとか行ったったw
  あ、てか今日もデートしてんだ!また連絡するわ!

私:お…う、楽しんで来い。

これ以上何も言えなかった←
わ、わかってくれるよなあ?私が甘ちょろいのか?w










29 :無しさん2012/09/01(土)23:56:33 ID:BHNJPDCq7
金は怖いぞー
して信用の無い奴に貸場合は念書でも書かた方が賢い






32 :名無しさん :2012/09/02(日)00:02:57 ID:k3eFdz7YQ
>>29

ほんとその通り。
ていうか捨てても良い額以上は出してはならないと身を持って実感した。









30 :名無しさん :2012/09/02(日)00:00:50 ID:k3eFdz7YQ
そんなメールをしたにもかかわらず当時の私は
「久しぶりホテルとか何事wん?あれ??」
程度にしか思ってなかった。(完全なるアホ)


なぜ私がここまでアホ対応したかというとなによりMの収入
の高さを知っていた。

スペックにも書いたけど、某タイヤ工場ロボのシステムとか
やってて30万近くもらってた。(私の周りじゃ多い)

だから多少遅くなっても返ってくるだろう、たかをくくって
いた。


それから3カ月ほどなんの音沙汰もなかった。

私の頭の中もお金の話は片隅の方にそっと段ボールに包んで
いる程度になっていた。


そんなときMから突然電話があった。








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130104160723