2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女はDQN達のオモチャに、自分は彼女のATMになっていた







638 名前:   投稿日: 01/11/28 14:20 ID:???
ある日、彼女がオレがプレゼントした指輪をしていない事に気が付いた。

「指輪はどーしたの?」と尋ねると、「洗面台に忘れて来た。」とのコト。

その場はそれで終わったが、その数日後、彼女の家に行った時も指輪
をしていなかったので、再び尋ねた。

「今日も指輪忘れてるよ。」

すると彼女は「ゴメン、無くしちゃったみたい。。。」と答えた。

「マジかよー。アレ高かったんだぜー。」とオレ。

だが、どーも「彼女」、というか「彼女の部屋」がおかしい。

オレが幾つかプレゼントした物がコトゴトク無くなってる。
(しかも高価な物だけ)

「じゃあ、この間までここに置いてあったバッグは?」
「え。。。えーと。。。。友達に貸してる。」

「もう一つバッグあったのは?」
「それも貸してる。でね、新しい指輪買ってー。欲しいのがあるの。」
と彼女。

「オレだってそんなに金持ちなんじゃねーぞ。。。トホホ。。。」

と思いながらも、その指輪を買う約束をした後、
せっかく部屋に来たんだからとHをし帰った。




639 名前:   投稿日: 01/11/28 14:22 ID:???
その数日後、彼女から電話が掛かって来た。
約束の指輪を購入してたオレはそれを持ち、
仕事が終わった後、待ち合わせの場所へ向かった。
「持って来てくれた?」
「はい、コレ。」
と、渡すオレ。

「わー、ありがとー。」喜ぶ彼女。
「じゃあ、メシでも食いに行くか。」
とオレが次の行動に移ろうとすると

「あ、ゴメン。私これから用事があるの。」と彼女。

「あ、そーなの?そっか、じゃ帰ったらまた電話するよ。」
とその場は別れた。

何歩か進んだ時にふと振り返ると、彼女は駅とは逆の方向に。

「あれ?さっき用事があるって言ってた場所には電車使わないといけ
ないのに。。。」

と思ったオレは、何故か気になって彼女の跡を付ける事にした。

彼女はスイスイと人込みの中を歩いて行き、ある店に入った。
質屋だ。




640 名前:   投稿日: 01/11/28 14:22 ID:???
急にオレの心臓がギュッと閉められるような感覚が襲ってきた。
何分かした後、彼女が財布をバッグに入れながら店から出てきた。
オレが渡した指輪の手提げが無くなってる。

「どーいうコトだ!」と言いながら現れようかとした時、
彼女は早くも来た道を戻り始めてた。

「次はドコへ?」と思ったオレは、
出て行きたい気持ちを抑えて再び彼女を追った。

なんと、最初に待ち合わせた場所に戻ってきた。

しばらく彼女がそこで立っていると、一台のワゴン車(車に詳しくな
いんで、ワゴン車という表現が正しいかどうか解りません)が側に止
まった。

彼女は嬉しそうにその車に近づき、中から出てきた男と何か話してる。
見つからないように近づいて見ると、その車には他にも何人か乗って
るようだった。




641 名前:   投稿日: 01/11/28 14:23 ID:???
彼女がバッグから財布を出すと、男がそれを奪って札だけを抜き、
運転手席の男に窓から手渡した。

カラの財布を返された彼女は、その男にうながされ車に乗り込もうと
した。

すると、その男が彼女の後ろからスカートをペロンとめくり上げたので、
彼女のパンツとお尻が通行人に丸見えとなった。

偶然隣を歩いてたオッサンがかなりビックリしながら、
しかし確実に凝視してた。

車内の人間に引き込まれたのか、彼女は引っ張られるように車の中に
消えて行き、外に出てた男も再び車に乗り込んだ。

ドアが閉まり、車が動き出した。
が、すぐに信号につかまり停止した。





642 名前:   投稿日: 01/11/28 14:23 ID:???
オレはすかさずその車の側に近づき、通行人のフリをしてその車の側
を歩いた。
窓から見えたのは、後部座席で彼女が男の股間に顔をうずめてる姿だった。

ギョッとしたオレは一回通り過ぎた後、クルッと反転し、もう一度そ
の車の側を通った。

今度はゆっくりと。
すると、さっきの一瞬では解らなかったコトがはっきり見えた。

後部座席に男は二人いて、一人の股間で顔を上下させながら、
左手でもう一人のチンポを握って上下させている。

運転手席と助手席の二人は何か話しながらニヤニヤしてる。

オレが立ち止まって見てると、中の男がこちらに気付き、目が合った
オレにニヤッと笑った。

すぐに信号が変わり、彼女を乗せた車は街へと消えて行き、頭の中が
真っ白なオレは胸の痛みに耐えながらその場に立ち尽くしてた。




647 名前: 638 投稿日: 01/11/28 16:46 ID:???
>638-642の続き

通行人の「何だコイツ?」みたいな視線を10分ほど浴びながら、
そのまま立ち尽くしてたオレはようやく動き出した。

「とりあえず電話だ。」そう思った。

「もしかしたらオレの見間違いかもしれない。いや、そーであって欲しい。」
と願いを込めながら震える指で携帯のボタンを押した。

プルルル。。。。
「はい、もしもし。」ドコかよそよそしく他人行儀だ。

「あのさ。。。」オレが「今ドコに居るの?」と、
話を切り出そうとした瞬間、
「今、ちょっと忙しいの。」と彼女。
電話の奥から「おい、続けろよ。」という男の声が聞こえた。

「あ、ごめんなさい。」
と彼女の声の後に、ニュッニュッという音が鳴り始めた。

「なあ、誰か居るのか?」とオレが尋ねると同時に、

「手だけじゃなくて口も使え、オラ!」
というさっきは別の男の声。

「んーーー。。。。」
という彼女の呻き声(?)と同時に、ジュポッジュポッっという音。

「ほーひるえ(「もう、切るね」と言いたかったのだろう)。」
という言葉で電話は切れた。




648 名前: 638 投稿日: 01/11/28 16:46 ID:???
その後、何回電話してもプルルとは鳴らず、
留守番電話サービスセンターに繋がった。
どうやら、電源を切ったようだった。
参った、完全に彼女のようだ。

そりゃあ、あれだけ尾行してたんだから見間違いの訳が無いが、
それでもオレの最後の願いだったんだが。。。

家に帰ったオレは15分おきくらいに彼女の携帯に電話したが、
夜の12時を過ぎても彼女には繋がらなかった。

そして、3時を廻った頃、彼女から電話が。
だけど、オレは出る気になれなかった。
いや、出る気はあったが、怖くて出れなかった。
その日は朝まで眠れなかった。




649 名前: 638 投稿日: 01/11/28 16:59 ID:???
次の日の夕方、彼女から電話があった。

「昨日はゴメンね。地下に入ったから、電波届かなかったの。」
と彼女。

「そっか。それはそーと、用事って何だったの?
家に帰ったのが遅かったみたいだったけど。」
とオレ。

「うーん、それがさー、友達が相談があるって言ってさー、
一緒に飲みに行ったんだけど、そのコ酔っちゃってー。
ずーと介護してたの。大変だったんだから!」
と彼女。

「そっか、それはお疲れ様。寝不足なんじゃないの?大丈夫?」
と、彼女の嘘に付き合い、彼女を心配するオレ。

「うん、だから今日はもう帰って寝るの。」

「おう、おやすみ。」

「バイバーイ。」

プツッ。
電話をポケットになおしながら、
「ふー、「指輪ありがとー」くらい言えよ。。。」

と冷静に考えれるオレ。
もうココロは砕け散ったようだった。




650 名前: 638 投稿日: 01/11/28 17:40 ID:???
その後も彼女との関係は続けた。

「この後、どーなるんだろう。」
「オレは彼女にとってどんな存在なんだろう」
「彼女はどんなコトをされたのか?」
「彼女はいつからこんなコトを?そしていつまで続けるんだろう?」

という、ある種、自虐的な疑問を持ったからだ。
そして、その答えを聞いた時、オレはどーなるんだろう。。。




651 名前: 638 投稿日: 01/11/28 17:41 ID:???
それから数日後、彼女の家に泊まった。
指輪を買う約束をした日以来、Hはしてない。

「Hしよーか?」とオレが誘うと、
彼女は「ゴメン、今日生理なの。」と断った。

「あれ?生理日って今日だっけ?いつもと違わない?」
という突っ込みを心の中でしながら、
「そっか、じゃあ、しょうがないか。」
と素直な返事を出すオレ。

その夜、彼女が寝静まったのを見計らい、
オレはベッドから起き上がると彼女の携帯を手に取った。
電源を入れ、メールの着信履歴を見る。
一番新しいメールはオレが部屋に来てる時に届いたようだ。
「やらせてないだろうな?」と書いてある。
今度は送信履歴を見てみる。

「はい。やってません。さっき言われたけど、ちゃんと断りました。」
「ふーん。」と、オレ。

「そーいうコトか。生理も嘘か、やっぱり。」

その後、寝息を立ててる彼女の横で全てのメールを確認した後、
オレはベッドに戻り眠りについた。




652 名前: 今日の迷言 投稿日: 01/11/28 18:40 ID:cVEty5TN
「ほーひるえ」がいいけど、こんな女は許せません。




680 名前: 638 投稿日: 01/11/29 13:25 ID:???
>647-651の続き

翌日は土曜日だった。
昼の1時過ぎに、彼女の携帯が鳴る。
着信メロディーがSPEEDの「white love」だ。

彼女の携帯は、掛けて来た相手によってメロディーが設定できる
タイプで、あの曲が鳴るのはオレだけだったはずなんだけど。
彼女が嬉しそうな顔で電話に出る。

「はい。。。。はい。。。。分かりました。じゃあ、一時間後に。」

一分程話して、彼女は携帯を切り、申し訳無さそうな表情を作りながら、
しかしどこか嬉しそうな顔でオレの方を振り向いた。

「ゴメン、友達から呼び出されちゃった。ちょっと出てくるネ。」

テレビを見てたオレは彼女の目を見つめ、
「ああ、いいよ。」と答えた。

「じゃ、用意してくる。」と言って、彼女は風呂場へと向かった。
シャワーの音が聞こえてきたのを確認すると、オレは自分の携帯から
彼女の携帯に電話してみた。
「white love」が鳴る。
「うーむ、一応、white loveのままか。。。」
と複雑な気持ちになりながら電話を切り、彼女の携帯から今のオレの
着信履歴を消した。




681 名前: 638 投稿日: 01/11/29 13:26 ID:???
数分後、風呂から出てきた彼女は髪をドライヤーで乾かし、
化粧をし始めた。

オレは、鼻歌まじりで嬉しそうに化粧する彼女の姿を見てられなくなり、
外の空気でも吸おうかと、ふとベランダに出た。
何気なく下を覗いて、オレはギクッとした。

例のワゴン車がマンションの下に停まっていて、男達が車の周りでウ
ンコ座りしながら煙草を吸ってる。

「おいおい、マジかよ。。。」オレは振り返り、部屋の中で髪を乾か
してる彼女の後姿を眺めながらそう思った。
家までバレてるとは。。。
オレはベランダから部屋に戻って、再びテレビを見た。

「じゃ、行って来るね。」と言葉を残し部屋から出て行こうとしたので、
オレは「行ってらっしゃい。」と、彼女を玄関まで見送った。

オレは手を振りながら、彼女がエレベーターに乗り込んだのを確認す
ると、猛ダッシュで階段を駆け下りた。




682 名前: 638 投稿日: 01/11/29 13:28 ID:???
一階に着くと、彼女は車に向かって駆け足で向かってるトコロだった。
男達は彼女が来た事に気付いたようで、何人かが立ち上がって、彼女
を迎える。

彼女は到着すると、しゃがんだままの一人の男と何か話した。
この前、運転手席に居た奴だ。

すると、彼女は何を思ったのか、自分でスルスルとスカートをめくり
上げて行くではないか。

男がくわえ煙草をしながら、彼女の顔を見上げていると、彼女は恥ず
かしそうに うつむきながら横を向いた。

オレは気付かれないように車に近づく。
男が片手を上げて、彼女の股間に手を伸ばす。
彼女はビクンッとなって、小さく震えてる(ように見えた)。

オレは「誰か通るんじゃないか」とビクビクしながらその様子を見て
たが、幸運にも誰も通らなかった。

すると、男は両手を彼女のスカートの中に入れると、彼女のパンツを
ズルッと下ろしたではないか。

オレの心臓がドキドキとかなり高く鳴り始めた。
それが興奮なのか、それとも誰かにバレやしないかという心配なのか
それは解らなかった。




684 名前: 638 投稿日: 01/11/29 15:14 ID:???
「ちゃんと洗って来ただろーなー?」

車に近付いていたおかげで、男のダルそうな声が聞こえた。
彼女の声は小さくて聞こえなかったが、小さく頷いたのは見えた。

すると男が何か指示したらしく(声は聞こえなかった)、彼女が膝ま
で下ろされたパンツを片足だけ脱ぐと、片方の膝小僧のあたりでひっ
かかった状態になった。

彼女は再びスカートをめくり上げると、男に一歩・二歩と近付き男の
顔をスカートの中に入れた。

「んんーーー?」と、オレはある事に気付いた。

よく見たら、彼女が脱がされたパンツはオレがプレゼントしたモノじゃ
ないか!?

当時、「ダーリンとHする時以外は、はかないよ。」と嬉しいコトを
言ってくれてたんだけどなぁ。

すぐに彼女は小さく震えだし、スカートを持ってた手は彼の頭をグっ
とつかんでいた。
「ひあっ。。。」と、彼女の声が聞こえた。




685 名前: 638 投稿日: 01/11/29 15:14 ID:???
膝がガクガク震え、立ってられないといったようだ。

廻りでニヤニヤしてた二人の男が彼女の両腕・両ももをつかんで、
ガバッと抱き上げる。

小さな子供にオシッコさせるようなポーズになった彼女を抱きかかえ
てる男達は、その場でグルっと一回転した。

彼女は大きな声で「キャーー。」と悲鳴を上げると、
男達は大笑いしながら車のドアを開け、そして乗り込んだ。

しゃがんでた男も「よっこらしょ。」と立ち上がり、彼女が抱きかか
えられた瞬間に落としたバッグを拾うと、それを車内に投げ込みドア
を閉めると、自分も運転手席に乗り込んだ。

しかし、ドコかへ移動するのかと思ったが、なかなか動き出そうとし
ない。

「まさか、ココでやってるんじゃ。。。」と思ったオレは意を決して、
更に車に近付こうとしたが、「流石にこれだけ人通りも無いとヤバイ
な」と思い、それ以上動けなかった。

そーこーしてるうちに車は動き出し、ドコかへ去って行った。
オレの前を通り過ぎる瞬間、窓から彼女の足が見えた。
オレはエレベーターに乗り、彼女の部屋に戻った。


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130703011610