2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

ヘアピン拾ったら彼女ができた話




http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379087930/


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 00:58:50.67 ID:+OwH+uTj0
スペック

>>1
165、50、ブサメン、コミュ力だけはあった
相手
160、細い、下の上、友達少ない

他になんかいるかな

書き溜めもないのでゆっくりと話すわ





14 :以下、名無しかわりましてVIPがお送ます:2013/09/14(土) 01:03:58.06 ID:34xQvLe+0
は高校生にて半年がぎようました

サメンだけミュ力だけったので友もたくさんて、いわゆるア充グルーいたと思す。

学だはいつも使うりのス停アピンをいました

ミニーちゃんリボンがついたちょっと目立っヘアピ

そうんなヘアピンつけてたの子クラメイにいたな、なんて考えてました。




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 01:10:49.47 ID:BuPcoxJ+0
翌朝、ふとクラスでその子を見かけるといつもしていたあのヘアピンをしていませんでした。

その子はAKBの渡辺まゆが好きだったのでまゆと仮称します。

俺「まゆさん、いつもしてたヘアピンどうしたの?」

まゆ「え?落としたんだよー。」

俺「見かけたかもしんない、それ。」

まゆ「どこで?」

俺「学校前のバス停。」

まゆ「あー!昨日バス使ったー!自転車パンクしててさww」

俺「ちゃんと拾って帰れよww」

まゆ「ありがとう!」


確かこんな感じの会話をしたと思う。初めてした会話だった。よく笑う子なんだなーって印象だった



17 :以下名無しにかわりましてVIPが送ります:2013/09/14(土) 01:15:09.27 ID:munGa0Wg0


いつも通りバ前にたらやぱりヘアピンは落ちたまだった。

俺は委員会帰りが遅くなったのできっとい忘たんなと考えてそを閉まってバに乗た。

れがだったから月曜日せばいいやって えてました






19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 01:21:06.78 ID:wi2O+FRp0
日曜日、バイトもなく部屋でごろごろしていると学校の友達からメールがきた。

内容は まゆが俺のアドレス教えてって言ってるから教えていいか、ということだった。

いいよ、と返すとしばらくして知らないアドレスからメールがきた。

『渡辺です。今部活で学校にいるんだけどバス停の近くってどこ?落ちてなかった!』

なんか絵文字がわんさか着いた女の子らしいメールだったような気がする。


『俺が拾って、持ってる。月曜日渡すよ。』

そう返すとまたしばらくして返信。


『本当?ありがと。意外に優しいんだww』

そこからしばらく他愛のない話をしてたと思う。




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 01:26:13.67 ID:EGLjnh9g0
高校生の定番、コイバナもした。

『彼女はいるの?』

『一応ね。中学の時から付き合ってた子。まゆは?』

『いるよ。私も中学から付き合ってる人。でも別れそう。』

『なんで?』

『多分その人のこともう好きじゃない。』

『そっか。じゃあちゃんと好きな人見つかるといいね。』

こんなやり取りだったと思う。

本当に目立たない子だったので彼氏がいることに驚いた。

それと同時に急速に仲良くなっていくのも感じた。






24 : ◆WTXG3RolOt2T :2013/09/14(土) 01:33:22.44 ID:ChgoSSzR0
『じゃあまた月曜日!』

そう送ってメールが一旦終わったのは日曜日の夜中。

いつのまにかずっとメールしていた。

翌日、学校で会うのはなぜか緊張した覚えがある。

正直どう声をかけたか覚えてないけど、ヘアピンを返さなきゃ、という使命感だけでなんとか声をかけた気がする。

俺「おはよう。」

まゆ「あ!おはよー!」

俺「はいこれ、ヘアピン。これであってるよな?」

まゆ「うん!これ!」

俺「よかったわwwじゃーこれで!」

断言できるのはまだ好きにもなってなかった。気にしてすらなかったってこと。

だからこのあとメールが来たのはびっくりした。

『今日の帰り時間ある?相談したいことがあるんだけど。』




25 : ◆WTXG3RolOt2T :2013/09/14(土) 01:38:39.00 ID:98DD8AiK0
「なに相談したいことって?」

んながバイイと言っ帰宅ていくなか俺とが教室に残てい

ゆ「ごめね。彼氏となんだけ

正直期待貿なものは稿じゃなかなと思やっぱ高校生だし、そうい退もって。もま

まゆ「別れようしたら嫌だって言っゃめちゃメールくるし、電話っち鳴るトーカっぽくなり怖い。

「理由はきちんと話した?押付けてな

ゆ「う好きって思わないから合えなって言ったでも直すからとか言れて。そうないのに。」




26 : ◆WTXG3RolOt2T :2013/09/14(土) 01:44:56.23 ID:MDYhAgyB0
俺「しばらく様子見したら?ストーカーになってきたら、俺が一緒に帰ったりして守るわww」

冗談混じりで言うとまゆも笑いながら頼りないなんて言ってくれてた。

数日後、帰りのバスに乗って携帯をいじっていたらまゆからメールが入った。

『まだ学校にいる?』

『さっきバス乗った。』

『元カレ、校門近くに居た。』

やばいなって思ってすぐにバスを降りた。
この瞬間はなんか鮮明に覚えてる。

『十分待ってて。』

そうメールしても返事は返ってこなかった。




27 : ◆WTXG3RolOt2T :2013/09/14(土) 01:52:22.38 ID:Iyz5L43J0
校門に着くとまゆがいた。

俺「よかったー。」

まゆ「え?どういうこと?」

俺「あんなメール送ってきた後だし返信ないしなんかあったんかと思ったわww」

まゆ「だって守ってくれるんでしょーwwだから待ってたー。」

余りにもあっけらかんとしていて拍子抜け。本当に元カレがいたのか、今はどこにいるのかを聞いた。

まゆ「いたのは本当。でもついさっきどっか行ったよ。アピタじゃない?多分。」

アピタってのは近くにあるデパートみたいな所。うちの高校生をはじめ、学生の溜まり場になっていた。

俺「じゃああっち通らない道で帰れる?」

まゆ「ちょっと遠回りになるよ?」

俺「いいよ。送る。」

こんな感じで初めて一緒に帰ることになった。


28 :下、名無しにかわりましてVIPがりし:2013/09/14(土) 01:54:17.02 ID:+OwH+uTj0





30 :WTXG3RolOt2T :2013/09/14(土) 01:57:12.63 ID:k1ULbPK/0
り道はどうりだった。あのの授業面白かね、とかそんかっけど覚えてない。


途中で園を見かけた。

その公が俺の家の近にあるとそって話をすると、じゃってかって話にた。

サークルKってコンビニでメロンを買って、ながら話うっ

日も落ちてきて、暗くってた。人りもかなり少なたと思




33 : ◆WTXG3RolOt2T :2013/09/14(土) 02:06:33.06 ID:wi2O+FRp0
した。今えてるのはブランコに乗りながら理の恋人っで話をしたこ

「そういえば俺も別れよ。」

ーして?」調

俺「校別になってから時間なくて連絡もとらなきたら。だからきってのが薄れ

まゆ(俺仮名願いします)もとりたいタイプ?

俺「対とりたプだww」

まゆわかる?ww」

そりゃあねww」




34 : ◆WTXG3RolOt2T :2013/09/14(土) 02:07:49.58 ID:wi2O+FRp0
まゆ「理想は、連絡たくさんとってくれて学校一緒で、毎日一緒に帰ってくれる人!」

俺「それ俺じゃんww」

まゆ「確かにww優の理想は?」

俺「連絡たくさんとってくれて、学校一緒で、毎日一緒に帰らせる人ww」

まゆ「それ私じゃんww」

俺「そーだねww」

そこで少しだけ会話が止まった。そのあと まゆがぼそっと一言。

まゆ「本当に優が彼氏だったらなぁ。」

って言ったのは今でも凄く覚えてる。

んで多分この時少しドキッとしたと思う。てか好きになったんだと思う。




36 : ◆WTXG3RolOt2T :2013/09/14(土) 02:12:59.29 ID:mZTnxBL30
それからほとんど毎日一緒に帰ってた。高校の近くには公園が幾つかあって場所を変えたりもしてた。

同じパンやお菓子を買って食べながら話した。

会えない日はメールで話した。

なんでもないことの報告やお互いの部活の話、今思うと どうやってあんなに話すことがあったのかわからない。

そんな感じで文化祭前の秋になった。




38 : ◆WTXG3RolOt2T :2013/09/14(土) 02:19:48.00 ID:EgD2JxwG0
土日のどちらだったかは忘れたが、とにかく学校が休みの日、メールの中でこんな話題が出た。

『ちゃんと好きな人見つかったかも!』

俺のことだ。気持ち悪いけど確信していた。この頃には俺も まゆのことが好きだったし、この際だと思って返信した。

『俺も。好きな人できた。』

『誰?』

『まゆが言ったら教える。』

『じゃあ次帰り道で言う!だから優も教えてよ?』

『わかったよ。』


そして月曜日の放課後。いつも通り校門前で待ち合わせた。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様