2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

次々発覚する彼女の浮気(2/3)






次々発覚する彼女の浮気(1/3)の続きです。


687 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 21:49 ID:N5ZBhT8n
翌日は、仕事中ずっと気分悪いままで、同僚や機械にやつあたりしたり。
仕事はルーティンワークで、なにも考えずに出来たのがちょっと救いだった。
ただふとすると、昨日の電話のことを考えてしまい、
そうなるとダムに空いたちいさな穴が
どんどん大きくなる様に疑いもどんどん膨らんでくる。




689 : ◆QXvek0mrCQ :04/06/28 21:51 ID:hwQv3sBB
いやあそんな状況そうってないような気も…



690 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 21:52 ID:N5ZBhT8n
なにもなかったって、ウソじゃないか?
電話しないでといったのも怪しいし
とか思ってると電話での彼女の声の調子とか、
細かい事すべてが俺の疑いを肯定しているような気がして、
悪いほうへ、悪い方へ考えてしまう…。





691 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 21:58 ID:N5ZBhT8n
昼休み頃までに俺はひとつ考えが浮かんだ。
彼女にカマ掛けてみようって。

それを思いつくと、早く実行したいと気持ちが焦る。
昨日彼女は本当のことを話してくれたんだろうか?
それともウソをついたのか?




693 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:02 ID:N5ZBhT8n
仕事を終え、彼女にメール
「昨日は不機嫌になってごめん、夜にまた話そう
電話するの遅くなるかも。11時頃かな」

返信は「うん、わたしもごめん。電話待ってます」




694 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:07 ID:N5ZBhT8n
話する時間迎えるにつれ、こんことするのなんか意
かどうからなくなってくる
知らんほうがいいともある

も、昨日彼は何があった知りたいう気ちは大きくて
時に自虐的かつい詰ることを喜残酷な気持た。




695 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:12 ID:N5ZBhT8n
11時少し過ぎ話。に彼女出た

「・・・お。あな昨日ちょっA子をいやな気持せたよ、ごんな

いやたしが悪ら。わたしこ
と謝一旦話昨日のからわざとそら

「ちょっと話するのったよ日学校は朝から?
「うん1日業とッスある・・・

また昨日のことられると思ってたんだろ
会話が昨日のことに触てす饒舌った





696 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:16 ID:N5ZBhT8n
学校が朝からなら起きるのは七時半くらい。
彼女は睡眠時間をたっぷり取る方なので
午前0時頃には寝る予定だろう。
「あまり今日は遅くまで話せないだろ?もう寝る薬のんだら」
「うん…。ちょっと飲んでくる受話器ちょっと置くね」
「うん」




697 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:24 ID:N5ZBhT8n
戻ってきた彼女としばらく学校や仕事の話、楽器の話などをしていると
結構な時間が経っていた。
で、彼女の声も眠たげになってきた。
時計を見るとすでに0時過ぎている。
「もう寝る?」
「いやいいよもうちょつと話したい」と彼女。

でもう少し時間稼ぐために彼女の親友のNちゃんの話を振ったりする
その友達は彼とのことでちょっと間抜けな悩みがあり、
彼女は楽しそうにその話をする。




698 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:27 ID:N5ZBhT8n
ひとしきり話をしていると
「そういえばね・・・」とすでに以前聞いた事のある
親友Nちゃんの失敗談を笑いながらしだした。

その話を俺も笑いながら聞いていて(実際何度聞いても笑えるのだが)
もういいか、俺は思った。
同時にすごい罪悪感も。




699 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:30 ID:N5ZBhT8n
「あのさ、昨日の話なんだけど」
「うん?昨日?」
「ほら学校の先輩とさボーリング行ってきたって…」
「あぁーうん。スコア全然ダメだったよ。あ、話したか」

声の様子を受話器に耳をあてて伺う。




700 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:35 ID:N5ZBhT8n
「昨日ねら、Hな話で盛りがったってたじゃな?」
!そうそう詳しく話しなかったよね」

「うん」
「それー一緒いた女コの友達で・・

と念の、話引き伸ばす
の口調がどんどんゆるくなってきた。
で、今日の昼に考えたとを行に移




702 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:38 ID:N5ZBhT8n
「昨日A子さ、その学校のK川って先輩に誘われたって話したよね?」
「・・・うん」
流石に声が緊張する。

「俺さ昨日その話聞いてショックだったよ」
「うん」

「でもね、俺A子信じるよ」
「うん。ありがとう」




703 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:43 ID:N5ZBhT8n
今夜の電話ではまだ問い詰めたりはしない。
あくまでも明日の夜のための、前振りだ。
そのK川に関してのどうでも良い話をする。
じつはそんな会話の中身自体にはあまり興味はなかった。

ただ彼女に今夜、K川に誘われた事について電話で俺と話したって
ことだけがうっすら記憶に残ってくれれば良かった。




704 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:48 ID:N5ZBhT8n
くだかこで、何故、K川いになっ
聞い思っ

輩とつから知貿り合
「えと、うちとは別の学科だけど、先輩と同の子いて
そのはわしと同じ学科なんよ
「う

で、わたしほら結構目立うやか?
年違っててもあん遠慮せ見知りも
。それで?」




705 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:50 ID:N5ZBhT8n
で、その子がクラスるって
そのっと話たらしく
「その子と学食でお昼食べて簿たらたまたまその先輩がおて・・」

ういうで二人は顔たが
以後はあまも合なく
会っ挨拶をすそうだ。




706 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:54 ID:N5ZBhT8n
話してるうちに彼女の声はろれつが怪しくなってきた。
駄目押しにもう2、3K川について質問すると
「眠たいでしょ?」と聞く。
「ねむたい!」

「時間大分たった。ごめん話過ぎた。また明日話そう」
「うん!」

「昨日はごめん」
「わたしもごめん」

「おやすみA子」
「おやすみ○○ちゃん、大好き」

その日の電話はそれで終わった。




707 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/28 22:55 ID:N5ZBhT8n
俺胸糞わるいやつだな…。ちょっと休憩するよ




709 :ぜっつ:04/06/28 23:00 ID:mct7J847
んなことないよ。きっと俺も同じ立場なら同じことするんじゃないかな。



710 :えっちな21禁さ04/06/28 23:12 ID:I/lrQUuQ
ー・・・彼女の・・・・
っぱらやられたなぁ・・
浮気相手の貿に行くと知ってら、
深夜に「友金がな
言ってタクー代ったりしたっけか





思い出だけムカムカしてきた



715 :えっちな21禁さん04/06/28 23:24 ID:9ChInYdR
裏切られならの、凄くかると思うけどな・・・



721 :えっ21禁さん04/06/29 01:10 ID:QML731Tk
も今浮気されたは判るなあ…
かなり詳いただしてったよ

続いど俺は冷てるか
つけるでの繋ぎと

事好きて言ながの男とヤッてんから、
女ったいしたもんだよ

俺も「あ事好き?」って聞かれないと好きだと言えくなってしまった。

浮気る女と浮気婿、どっちも悪いのだろうけど、
俺は浮気するは最悪う。



722 :えっちな21禁さん:04/06/29 01:17 ID:AJATzeBa
さっさと切っちゃえよ、そんな女。



723 :721:04/06/29 01:27 ID:QML731Tk
もうちょっと利用してやってからすっぱり別れてやろうと思ってる。

まだまだ利用価値はあるからね。

今は都合のいいマンコとして使ってやってるつもりだけど、
俺の知らない所でまた浮気してるのかもな…



725 :えっちな21禁さん:04/06/29 02:52 ID:SZ/F4dry
>>723
激しく同意!!特に最後の2行!!
どうでもいいと思ってても気になる・・・



726 :えっちな21禁さん:04/06/29 02:53 ID:qGk6JQNy
>>723
最後の「…」が、おまいがまだ、そいつを好きって物語ってるぞ



769 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/29 20:17 ID:zXgilhiV
>>706からの続きになります

翌日。今晩の彼女への電話で、彼女が浮気したのかどうかがわかる
そのこと考えると仕事の間ずっと落ちつかなかった。

もし彼女の言ったことがホントでなにもなかったのなら、疑った上に
彼女にカマ掛けた事をちゃんと謝る。

もし浮気があったのなら…って所で、正直どうすればいいのか悩んで
1日を終えた。




770 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/29 20:18 ID:zXgilhiV
その夜、待ちきれなくて約束してた時間より大分早く彼女に電話する

「おす。調子どう?晩御飯何食べた?」
「カレー食べたよ 美味しかった」

…でしばらく業務連絡と雑談を交わして本題へ。
俺はわざと不機嫌な口調で。

「あのさ、一昨日A子、学校の先輩にホテルに誘われたって話したよね」
「…うん」

「で、昨日さ電話でまた俺そのこと聞いたでしょ?」
「ええと…うん、なんかその話はしてたよね」

様子を注意深く伺う、でわざと無言になる。

「…」
「?どうかしたの?」

「…」
「なにか怒ってるの?
 昨日わたし なにかヘンな事言ったかな?」

やっぱり昨日の会話最後のほうは覚えてないんだな。
ここで、賭けに入る。




771 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/29 20:19 ID:zXgilhiV
「おとといさ、君先輩とは何もなかったって云ったよね」
「…うん」

「昨日な、俺やっぱし気になってたから また君に聞いたけど」
「…」

「どうして浮気したの?」
「え?え?」

「昨日君ラブホに付いていったって言ったよ」
「え?」

「いや、え?じゃなくてさどうして?」
「え?わたし昨日そんなこといった?」

「…うん」
「…」

このしばらくの彼女の沈黙で浮気、決定しました。




772 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/29 20:20 ID:zXgilhiV
「え?え?わたし昨日なんて話したの?」
「だから君はおとといK川って先輩とラブホ行ったって話だよ。
どうしてそんな事したの?」

「…」
「黙ってないでなんか云う事あるんじゃない?」

「…」
「…」

「わたしホントにそんな事言った?」
「うん」

でまたお互い沈黙。俺はといえば、予想していた事が当たった事で
頭に血が昇りはじめてた。

「昨日君が話した事、憶えてないの?」
「…うん」

「ねぇなんでラブホなんか行ったの?」
「…ごめんなさい」


はぁ…。やっぱし行ったのか…。




773 :514 ◆QkRJTXcpFI :04/06/29 20:21 ID:zXgilhiV
「でもね、確かにホテルには行ったけど何もしてないよ。信じて?」
「ホテルに行って何もないってのはありえんでしょ?」

「いや、本当なにもなかったよ。
だってわたし昨日はとにかく酔ってたし
眠たくてしょうがなかったんよ」

「…」

「で、車で送ってもらってる時、今にも寝てしまいそうだったたから、
先輩がどっかで休もうか?って」

「…」





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140211172527