2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

「機械と少年」







1 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:18:24.27 ID:KtEkzd16P
と勢いで書いてくお話で
書き溜め一切ないで
したださ
ちしてします。
と今でのを部分修正し貼り直します





--------------------------------------------------------------


2 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:19:50.72 ID:KtEkzd16P
ふと俺は目を覚ました
ゴォーっという低い音
微かな揺れ
そうだった・・・ここは輸送機の中だった

「く〜っ・・・」

軽く伸びをする
体のあちこちが痛い
粗悪なシートだ
俺の周りには同じように座っている奴らが20人いる
こいつらも俺も『アカデミー』の卒業生だ






4 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:20:32.43 ID:KtEkzd16P
アカデ言わ優秀な兵士育成のための軍人学校だ

俺たはそこで戦う術身に宿こうして
今まさに戦争に向かってい
手は機械だ
言わロボット
の作した道具のはずのだが・・
今はそれが人類にいて


との発100年続いてい戦だ
の冷戦のさなか意思を持った機の研進められ
は機械の士をる研究ったらしいが
功だ綿
事に意思を持った機械が生まれた







5 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:23:06.62 ID:KtEkzd16P
その機械が悪魔だった
そいつが完成してからしばらく経った時
研究員がうっかりそいつを軍のネットワークに接続したらしい
結果、混乱の果て軍備は乗っ取られ
なんだかんだでこうして人類の脅威になっている
そのおかげで人類は一つになったといえばそうなのだが
実に間抜けな話である


その機械h・・・

「おい!イサミ!」

勇「なんだ?」

イサミ・・・勇は俺の名前だ

「お前なんかそわそわしないか?」

こいつはイズール。通称猿
アフリカ系の男だ。
こいつとはアカデミーに入った時からなんだかんだで縁がある。
座席がとなりになったのもそのおかげかもしれない。


勇「まぁ、輸送機に座席着けただけだから体が痛いが」

猿「俺飛行機って初めてなんだよなぁ〜」

訓練でヘリには沢山乗ったが飛行機は俺も初めてだ







6 :Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:24:05.99 ID:KtEkzd16P
落とされた・・しないよな?

代で輸・基行機があ使われなくなった理由
迎撃兵器の圧歩のせい

精度も射程も圧倒的で行機に乗って戦場に行けわれ
死ねとわれているようもの

「ここは領なんてないから大丈夫だ」

ただ、空内なの心配ない

「だよ

れから俺ちが向かうのは砂の端こにある街聞いている
近くにある軍の基に配属されるようだ
の緊らかは殆ど眠れない奴らばかだっ






7 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:24:46.71 ID:KtEkzd16P
再び眠ろうと目を瞑る
きっとこれから先ハードなスケジュールが待っている
そのために寝ておきたかったからだ

ヒュルルルル・・・・!!!
なんだ?今のおt・・・


ドゴォンッ!!!


機体が大きく揺れる

「なんだ!?」

一番奥に座っていた案内の軍人が慌てて
受話器をとりコックピットと連絡をとる

「だめだ・・・コックピットを潰された・・・」

猿「はぁ!?攻撃!?」

「バカ!ここは領空だぞ!?」

「でも現に攻撃を受けたんじゃないのか!?」

「す、座れ!落ちるぞ!衝撃に備えろ!!」

殆どが座っていたのだがこんな細いベルトで
墜落の衝撃をなんとか出来るか怪しい
とにかく祈るしか無かった






8 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:26:38.54 ID:KtEkzd16P
すぐに機体の異常な急降下で落ちて行くのが分かった

「みんな!舌を噛まないように歯ぁ食いしばれ!!」

言われた通りにする
直後・・・
機体が凄まじい衝撃と共に轟音を立てて地面に突き刺さった
そこで俺の意識は一旦途切れた


・・・・・

「おい!勇!!勇!!」

頬を叩かれ目を覚ます

勇「あ・・・どうなった?」

猿「なんとか着地したがな・・・砂漠のど真ん中だ」

見渡すとさっきまで無かった大きな亀裂が機体に走り
シートがあった筈のところに大穴が空いている

勇「どれくらい死んだ?」

猿「墜落の時にシートごと吹っ飛ばされた奴らが9人・・・全員ダメだった・・・」

勇「そうか・・・」

一気に同期の仲間が9人死んだ
人類の為にと必死になって訓練して来た仲間が・・・

勇「機体を撃墜した奴が近くにいるかもしれない」

「武器なら無事だ!」

別の仲間達が俺たちの装備の入ったコンテナを引っ張り出しているところだった






9 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:27:43.41 ID:KtEkzd16P
と凄まじい熱気が身体にわりついた
顔にまわりついくる
直ぐにゴグルをかけ目を守る

シュ

クが外さンテ
装備と言って一流のもではなく
ち品ばかり

「勇、これを」

ルを受EJを確認
EJ(エレトリックジュエル)と
の時代の主要ネルギーの
1の気を10のに変してく夢のような鉱石
れが長かっ冷戦の原因でもある
EJは自身を費しなら電気を出するので
無限のネルギーでは
通は石を砕い乾電ようにして使

ライルも特殊で機械のもの






10 :Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:29:13.09 ID:KtEkzd16P
兵とは機械軍(敵のを俺たちこうよん)
兵士とだ
意識を持たない無情の兵士
れも知らな身体能力は化物じみている
一般に通常兵士と機械兵の戦闘1:5と言われている

俺たはそけ物と戦っている






11 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 20:17:02.81 ID:KtEkzd16P
実弾す弾く械兵の装甲
人間の使う火太刀打ちでき
このライフル
ももろん撃てるがメは電撃
向性もっ電撃を打ち出
その撃は西機械兵の路をき切り枢を破壊す
さらに電撃が動力のEJに誘させさせる
そんな特殊なのだ

「珍しいな、EJが満だ」

猿「ありたいじゃん。使わせてらお

装備キパと準備する

「カッタらうわね」

ッターの説は後ほ






12 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 20:18:04.89 ID:KtEkzd16P
このといィールドは俺たちては
ィールド

嵐は俺たち遮る
れに対し向こう機械兵々な目を持ってい
もうこちらをとらえているはずだ

「見え・・距離300・・・」

望遠を覗いていた

「数は・・・1、・・・8!」

8機!?

こっちは10しかいな
そのたっても勝

マンダーをピポイントでたこう」

コマンダーとは文字通機械兵
普通の機兵は意思ない
する思を持つ兵が必体はいる
そいつをつぶせれば部は崩する

ただ、言葉でのを出ないの
コマンダーからな
どこかのアニメ突きみた
わかすかったらいのだが






13 :Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 20:20:06.78 ID:KtEkzd16P
猿「らはなんなとに・・・

しるか

かあるのか・・?このたりに・・・」

わざわざ敵の領内にまで来たということは
け重要な何があのかしれない

「とりず戦姿

れライフルを構える

「距・・150・・・」

近づいてきた

「行くぞれがたちの初陣だ!!」

に輸送機貿出す
端に
声とっても電撃銃なので
銃声特殊なだが
機械手にたライフってく
こうリニを使弾だ

電撃たり爆機械兵が出
それと同時にこちらにも銃弾を受け倒れた兵






14 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 20:24:07.19 ID:KtEkzd16P
猿「どいつがコマンダーなんだ!?」

3機目を撃破した時には すでにこちらの人数は半分以下になっていた
アカデミーを出た兵士は俗に言うエリートなわけだが
それでもこの戦力差はどうしようもない

俺がポイントしていた機械兵のライフルが急に使えなくなったようだ
機械兵はライフルを捨て代わりにナイフを抜き
砂の上とは思えない速さで迫ってくる

勇「くそっ・・・この化け物が!!」

至近距離で電撃を浴びせれば自分まで巻き沿いをくうので危険だ
近くで弾を受け息絶えた奴の持っていたカッターをつかむ

この通称カッター

正式には『ゼーゲン』という刀型の武器は刃に細かい刃がついていてそれが
チェーンソーのように高速回転することで
機械兵の装甲を切断できる優れものだ
もちろん動力はEJだ
グリップにあるトリガーを握る
刃が回転し甲高い音を立てる

勇「うおぉぉぉ!!!」

力では決して勝てない機械兵
狙うは機械兵の中枢がある頭部
そこをピンポイントでつぶせれば
爆発させることなく撃破できる






15 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 20:30:07.27 ID:KtEkzd16P
ブオンッと勢いよく振り下ろされた機械兵の刃を避け、
素早くカッターを右上からななめ下に振り下ろす

カッターは機械兵の首筋に食い込み刃の回転でどんどん切り進んでいく
オイル管が裂け周りに血しぶきのようにオイルをまき散らす
そして・・・

ドサッ・・・!

首が落ちた
中枢のコンピュータを失った機械兵は
その場に生々しく崩れ落ちる

勇「・・・銃声が止んでいる・・・?」

見ると機械兵たちはコマンダーを失い撤退を始めていた

勇「今のが・・・コマンダーだったのか!」

しかし周りからはなんの応答もない
何も・・・仲間の声すら

勇「・・・」

まわりで死んでいる兵士の数は・・・

勇「そんな・・・」

自分以外・・・全滅
自分がコマンダーの相手をしている間に
ほかの兵士はすでに殺されていた

勇「俺たちは・・・いままで何のために・・・」

たった8機程度の機械兵に負けた
いままでいかにぬるいところにいたのか
思い知らされた
これが・・・

勇「これが・・・戦場・・・」







---------------------------------------------------------------


>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:これはすごい,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:これはすごい,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140608072512