2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

風俗嬢だった過去を持つ彼女が語った衝撃的な体験談(疑似プレイ編)






風俗嬢だった過去を持つ彼女が語った衝撃的な体験談の続きです。


4 :ヒロ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:35:00.34 ID:u2R0QVhz0
「嫌いになんから、どうやってやろうか考え中

のセリフを聞たマドカは輝か調に、手足をバタ寿なが
「イジメていっぱイジて!」って、すように抱きついてきた。
なんとなくパの中に手を突っら、うトロットロにってた

からこんなてた
「わんない、けっこと前から…

「エッロいなマドカ…されたこと思い出ゃったとか
んなじゃない!

ーだ
ヒロシがすくイ聞き方とかッチな質問たから…

「つか、もう挿れない…
「ええー!わっ!

なり押してげ、パンツに手を掛ける





5 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:36:13.45 ID:u2R0QVhz0
「ちょっと待って、ちょっと待って!」
「なに?」

「私、いろいろ計画してたの!焦んないでよ!もー」
「計画?」

「パイズリは?」
「あああー。忘れるとこだった。やってwやってw」

そういえば、本日のマドカはやけに俺のチンポを気にしてソワソワしてた。
(元スレ>>201)
珍しくマドカのほうからエッチの誘いがあったことも思い出す。
(元スレ>>126)

「あれ、ローションないと気持ちよくないよ、たぶん」
「買いに行く?」

「まぁ買いに行ってもいいんだけど…」
「何か問題でも?」

「どうせなら、ラブホに行きませんか?」
「あら大胆w」

マドカはなぜか敬語で、俺にお伺いを立てるように、丁寧な聞き方をしてた。
俺は逆に、冗談っぽくはぐらかすような答え方をしたけど、内心ドキドキだった。

「ヒロシと行ったことないから行ってみたいの…」
「俺も行きたい><」





6 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:37:38.44 ID:u2R0QVhz0
俺がそう思ってたのと同様に、マドカも俺とラブホに行ったことがないっ
てことを気にしてくれてたのが、たまらなく嬉しかった。

「それにね、私、デリヘルで働いてたってのは…」
「うん」

「勿論、それ自体が、ヒロシに申し訳ないんだけど」
「はい」

「他の男のヒト達にしてあげたことを、ヒロシに…」
「・・・。」

「してあげたことがないというのが、自分でどうしても許せないw」
「あいw」

さっきまで感じてた、悔しさ、悲しさ、様々な苦悩が頭の中に蘇り、そして…。

「素股とか?」
「うん、素股も」

「ズババ…ッポン!とか?w」
「そうだねw ッポンッポンもしてあげないとだねw」

ようやく、俺の苦悩を慰める特効薬ともいえる存在…に気付き始めた。






7 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:38:29.04 ID:u2R0QVhz0
「ヒロシが、もし嫌じゃないのであれば…だけど」
「うん」

「デリごっこする?デリごっこ…w」
「そ、それは、俺がお客さんってこと?」

「そう、私の最後のお客さん」
「マドカこそ嫌じゃないの?」

「私は大丈夫。超!頑張る!」
「えええ、じゃぁ…すっごい楽しみ…w」

想像や妄想でしかなかったマドカ嬢が、今、目の前に、俺だけの為に存在し
てた。デリごっこ。実にいい響きがする魅惑的な言葉だった…。風俗のふの
字も知らない俺にとって、マドカから聞かされた話は知らないことばかりで、
俺自身が知らないからこそ、マドカが客と過ごした濃密な時間をアレコレ
想像し、怯えてた。

他の男たちが味わったその数々の瞬間を、追体験、いやリアルに体験できる
とするなら、俺は今日感じた様々な苦悩を乗り越え…

とにかく、デリごっこってマドカに言われてとにかく楽しみでしかたなかった。





8 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:41:23.10 ID:u2R0QVhz0
「ちょっと気合入れて化粧するから」
「は?」

「ヒロシはそのあいだに、ネットでラブホ検索しておいて」
「任せろぃ!」

「ちょっと遠くてもいいし、高くてもいいから、綺麗で新しいとこね」
「おう!」

しばらくして、マドカも隣に来て、検索画面を覗き込んでたんだけど、
君誰?って思っちゃうくらいに、イイ女に変身してた。女ってこうも化ける
ものなのか。マドカがホテルを選んで、隣のそのまた隣の街まで向かう。
その車中での会話。

「化粧っていうか、特殊メイクだぞコレは」
「すげぇよまじでw」

「万が一、知人に呼ばれた、なんてことがあっても一目でバレないようにね」
「ほぉ」

「幸い、そういうことはなかったけど」
「よかったね」

あー、そういうリスクもあったんだなって、今更ながら怖いと思った。





9 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:42:10.40 ID:u2R0QVhz0
マドカはメイクだなんて大袈裟に言ってたけど、大変身を遂てしった
をを助席に乗せて運転すすげぇ優越感湿で。るい
良い香りも漂ってきて、俺は何もマカをラ盗み見てしまった。
ジロジロ見ることができないらい、そエロかっ

ヒロ、お財布の中身いくら?」
3000円」

どこの世界に3000持ってデリぶ人が!」


「はいそのコビニ寄って。おろくる
「なにそれ」

「おけ渡しリアやるから モードでw」
「えw それあとで返してれるの?」

マドカは素知らぬ顔で歌交じに窓の外の流れ景色をを綿めてて
俺は渋々、といしろ、気合を入れてATMで10万円おしてた。
ぁもちろん半分は当面の生費のつもり。そして、客して本番交渉も
するつもりでちょっと多めに…。






10 :ロシAiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:42:47.14 ID:u2R0QVhz0
テルに辿り着きに乗ったま施設グルッと1する。

「確か217と、2号室だったはず探して」
「はい

その部
え?まさか客来たこと部屋か!?

バカ?私がデリしてたのコら何百キロ○○っこだよ?
そうだたw」

運良く、部屋が空いて、ガレージに入庫。そしてーをす。
 ートロック仕ので、とあえずマカとに入室。

「ヒロシ先に部屋にて。私1分ノッるか
えええ…」

関先マドカにそ言われ、そんなとこらリに始めるのかと期待に
躍らせ

けっ長いのな。豪華部屋で、マサーチェとロデオーン
を発見。ちょソレをいじて遊んでても、マドカにックされるでが超
感じ





11 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:44:05.28 ID:u2R0QVhz0
コンコン!「は、はい、ど、どうぞ」

入室してきたマドカ嬢は、フロアに跪いて挨拶という、想像以上の礼儀正しさ。
自己紹介を終えて、俺の許可を得てから、隣に腰掛ける。そして名刺を
取り出し「今日はよろしくお願いします」って微笑んだ。ま、その名刺は、
実際のところは、今勤めてる美容室のものだったけど、こんなことをしてた
んだなって、俺の周囲の空気がリアルな緊張感で張り詰める。

「なんてお呼びしたらいいですか?お客さんって呼ぶのはなんか苦手なんです…」

「ヒロシです…」
「したの名前を名乗る方は珍しいですねw」

ってマドカ嬢に笑われる。お客さんって呼んでいいよって客もいるが、名乗
る場合はサトウ、スズキが多いらしい。つまり、偽名を名乗る客が、圧倒的
に多いってことだ。豆知識を得て、俺のデリLVが上がった。





12 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:45:35.75 ID:u2R0QVhz0
「ヒロシさんってお呼びしますね。いいですか?」

俺もマドカちゃんって呼ぶことにして、このときに暗黙のルールが生まれた。
デリ嬢と客を演じてる時は、互いにさん付けちゃん付け。素の自分に戻ると
きは、普段通り、互いに呼び捨てにすることになる。テーブルの上にあった
ルームサービスのカタログを、デリのメニュー表に見立て手渡される。

「何分コースがいいですか?」
「120分コースで!…いいですか?」

これは迷わず決めてた。アイツが100分だったから、俺はそれより長いコー
スでと。

「わ。嬉しいです。一緒にゆっくりできますねぇ」

見知らぬ客と密室でゆっくり過ごすのが、本当に嬉しいのかどうかは別とし
て、ただ単に「120分ですねわかりました」なんて返事よりも、良い気分で
スタートできる気がした。





13 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:46:56.15 ID:u2R0QVhz0
マドカ嬢が携帯を取り出したので、店に電話を掛けるフリでもするのかと思った。

「あ、お店に電話をする前に。ヒロシさんって…」
「はい」

「本番したいヒトですか?」
「え?ええ?えええ?」

開始5分足らずで、マドカ嬢の口から唐突にその一言。俺は動揺を隠せなかった。

「ちょ、ちょと、マドカ…」
「なに?」

なぜか俺はヒソヒソと小声になってて、マドカもそれに合わせて声のトーンを落とす。

「なにそれいきなりw」
「ヒロシはお客さんなんだからそのつもりで答えてよw」

「マドカちゃん…それはその、今決めないとだめなこと…デスカ?」
「うーん…」

「っていうか、そもそも、デリって本番ダメなんでしょ…?」
「はい、ダメです」

毅然とした態度でそう答えるマドカ嬢。一体何がどうなっているのやら…。





14 :ヒシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:47:28.46 ID:u2R0QVhz0
番したなら、チェすか?
「え?」

「私理なの、そういうの」
「あ、そ、そうんですか…

ぜか本当にガリしてしまう俺やいや、本番してた
ってたじん…。

「デリは本番はダなんすけど、ェンすれ…」
「はい

「もしかしたら、OKなコいるかれませよ?」
「え、ああ…

それで私でいいではヒロシさん…(ボソ

にそれ、うろの一言、ホソッなにそれ、すい威力なですけど。

「お、俺もマドカちゃんいいすぅ(*≧∀≦*)」
∀`*)ウフフ

に術中最初にこ言われて実際本番Oだった
そのときに客が感「俺っ別なんじゃね?」っ優越感は
絶頂に達るだう…





15 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/02(日) 00:01:34.61 ID:u2R0QVhz0
全部終わってから、マドカに教えてもらうのだけど。
仕事にも慣れ、裏メニューとして本番をするようになってからは、
「新規の客」には、いきなり最初に本番したいか質問してたらしい。
まさに俺と同様のやりとりを、客とも繰り広げたってことだ。

これは自分から本番を持ち掛けた、ってことではない。あとあと駆け引きを
されるのが面倒だし、ダイレクトに本番したい意思があるのかどうかを
初っ端にブチかまして、そこで一旦、私はしない、と完全に拒否するらしい。

俺にとっては残念なことだが、そこであっさり「チェンジ」する客は一人も
いなかったそうだ。まぁ結局のところ、マドカが来室した時点でスゴイの
キタ━(゚∀゚)━!って感じだったんだろう。

ただその代わり、マドカの一言で怯んでしまったり、しどろもどろになる客は、
その時間内に本番したいとはもう二度と言ってこなかったらしい。それは
同時に、客のコミュ力を図るのにも、絶大な効果を果たしたという。






16 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/02(日) 00:03:06.14 ID:u2R0QVhz0
それで本番したいと二度と言わないような相手なら、マドカはきっと基本
プレーを頑張り、それで満足させられたなら、自然とリピーターになってく
れたはずだろうと、俺は思う。言ってみれば、それは普通の、極めて健全な
客である。そういう客も、安心安全な客として必要なのだ。

マドカの一言に怯まず、焦らず、さらっと受け流した客は、それこそ金にも
心にも余裕がある客層の部類で、金払いの良い客として、マドカに管理され
ていくのかもしれない。

そして、マドカに本番を交渉するという意味では、コミュ力に長けていたとも
言うべきか。これは極めて不健全な、客である。ただ、こういう客も、金を
稼ぐのに必要な客なのだ。

要するに「本番したいヒトですか?」の一言で、マドカは新規客を篩(ふる
い)に掛けたのだ。その一言で、自分に必要な客かどうかを瞬時に見極め、
プレーの方向性も見定めたらしい。

ちょっとこのへんは、もうベテランの領域って感じです…。






17 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/02(日) 00:07:57.69 ID:b19ccHT20
まぁ、あくまで新規客の場合の話だ。新規客など必要ないくらいに、出勤
するたびにリピーターだけで毎回毎回、ほぼ予約で埋まってたらしいし。

マドカの話の裏を返せば、リピーターとの本番だけで十分すぎるくらいに
稼げた、って意味にも聞こえたのがちょっと残念ではあったが、誰とでも
本番してたわけじゃないっていうことの証拠でもあり、それにはホッとした。
それに、肉体的にも本番客ばかりでは体がもたない、ってことだった。
そういう意味では、まっとうな客をまっとうな手段でキープするのも必要不
可欠だったのだ。

ノートを見れば一目瞭然なのだが、マドカは1日1人、もしくは2人としか
本番はしていなかった。当然本番無しの日もあるし、そういう日が続くこと
も多かった。人数の問題ではないが、1日に5本も6本もチンポを挿入され
るマドカを想像するのは、さすがの俺でもちょっと興奮できなかった。
まぁ1日3本までなら…(;´Д`)ハァハァです。




18 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/02(日) 00:09:22.58 ID:b19ccHT20
気が付くと、マドカは店に連絡したことになってて、コース料金を請求される。
120分指名料込みで3万円弱であったが、万札3枚を渡した。

「お釣りはいいから」このセリフを言うのは人生初だった。
「わ。ありがとうございます。これで美味しいもの食べちゃいますw」
お金を受け取ったマドカ嬢は、子供みたいな笑顔で、舌をペロリと出してた。

いつもと違う化粧だし、見た目はモデルみたいにクールな印象なので、その
ギャップが凄い…。コイツをチェンジする客なんているわけない…。本番が
ないとしても、とりあえず裸は見たいだろ…。

「私、お風呂くんできます。ヒロシさん、タバコ吸います?」
「うん」

「じゃ、ちょっとだけくつろいでてください」
「はーい」

「すぐ戻ってくるね。ヒロシさん待っててねー!」
「・・・。」

それまで、すごく丁寧な敬語を使い、言い方を換えればやや他人行儀だった
マドカ嬢が、ちょっとだけフレンドリーな言葉を使った。ただそれだけで
距離が縮まったような気がして、親近感が湧いてきたのが不思議だった。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:相手の過去, 風俗, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:相手の過去, 風俗, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140702065910