2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

妻との長い馴れ初めの話







692 :ちな18禁さん:2007/10/20(土) 17:13:41 ID:en5KneWJ0
俺が大学3年、彼女が短大の2きの話。寿

彼女の名前は彩。俺たちはバト先知り合った。

が大2年の4月短大に入学イトしてファーレトランにバイ人としきた

に出会ときはそれほど意識ったが、素直な性格、顔に似つわしくない身体に俺少しずつ彼の魅惹かれていった。




693 :えっちな18禁さん:2007/10/20(土) 17:26:35 ID:en5KneWJ0
バイトの連中の中には、彼女のことが好きなやつが何人かいて、競争率は高かったが、俺も彩もラスト(12時)まで一緒に仕事をする機会が多かったこともあり、11月についに彩と付き合うこととなった。

12月のクリスマスの日、自分のアパートに初めて彩を招待した。

互いにプレゼント交換し、ケーキにロウソクを立て、雰囲気が盛り上がってきたところで、キスをしようとしたが、拒まれてしまった。

なんと彩は処女で、キスもしたことがないと言う。

高校のとき、一人付き合ったことがあったが、その人からもキスを迫られたが、軽そうでいやだったので拒みづつけ、しないまま別れてしまったとの
ことだった。






694 :えっちな18禁さん:2007/10/20(土) 17:33:12 ID:en5KneWJ0
俺はそんな彩を大事にしたいと思い、我慢しつづけた。

その甲斐あって、2月のバレンタインの日、彩の方から俺の部屋に泊まりに行くと言ってきた。

俺は3日前から、落ち着かなかった。
未だ見ぬ彩の裸体を想像して、悶々とした。
当日は、朝から部屋の片づけをして、彩が来るのを待った。




696 :えっちな18禁さん:2007/10/20(土) 17:55:44 ID:DO7hkHUK0
夕方、彩は買い物袋を手にぶらてやって来た

意のクリーシチュー俺にってくれた。
エプロン姿彩もとても可愛かった。
のことが好きで好きでたなかった。

は夢中で彩をた。
もこ前のように拒まず、スを受け入れてくれ
キスながらターに彩の胸を
ずっしりとし感が手に伝
像以大きった。俺は夢中セーターり、ブラャーをずり上げ胸をさらけ出た。

はそ時の感動を今でも忘れられない。
彩の胸は俺の想像を越えて大簿た。(後ら聞いのだがEプ)
して18歳張りがあり、色素の薄い乳首は上をいていた。






698 :えっちな18禁さん:2007/10/20(土) 17:59:35 ID:DO7hkHUK0
他人に初めて裸を見られた彩は恥ずかしそうだった。
その恥じらいが俺をさらに興奮させた。

彩が処女であったことは間違えなく、色々と苦心したが、なんとか
その夜、初めて俺たちは1つになることができた。




700 :692:2007/10/20(土) 18:04:01 ID:DO7hkHUK0
それから俺たちは週1回は、俺のアパートで抱き合った。

俺は幸せだった。彩への気持ちはまったく薄れることはなかった。
こんな日がずっと続いていくことを疑うことなどなかった。






702 :692:2007/10/20(土) 18:10:57 ID:DO7hkHUK0
彩は短大2年になり、就職活動を始めた。

彼女はバイトも入らず、就職活動に打ち込み、6月には見事1部上場企業の内定を獲得した。

大学3年の就活未経験の俺にはその価値は分からなかったが、相当すごいことであると彼女の友達から聞いた。

俺たちは二人で祝杯をあげた。
そのとき、なんとなく彩が少し遠くへ行ってしまった気がしたが、そんなことはないと自分に言い聞かせた。

そして事件は8月に起こった。





703 :692:2007/10/20(土) 18:14:41 ID:DO7hkHUK0
なんか思いが先走って、前置きが長くなってしまいました。これからが本編なんですが、続き書いてもいいのでしょうか。


これから、妻を迎えに行かなくてはならないので、ちょっと中座します。もしかしたら、続きは明日の朝まで書けないかも
しれませんが、ご了承ください。






704 :えっちな18禁2007/10/20(土) 18:17:56 ID:bZMozr6V0
щ゚дщ)カーン




705 :えっちな18禁さん:2007/10/20(土) 18:25:02 ID:LRRMCWhP0
全然おk!待ってるよ〜





715 :692:2007/10/21(日) 03:53:34 ID:12we2C4f0
692です。続きを書くためにがんばって早起きしました。お付き合いよろしくです。


彩の就職が内定した7月、8月に内定者海外研修旅行があることを聞かされた。

彩は行こうか、行くまいか悩んでいるという。
それは、俺たちが軽井沢へ旅行する日程とダブっていたからだ。

俺は「これからの彩の会社生活にとって大事な研修なんだから、俺に構わず行ってこいよ!」と精一杯の強がりを言った。

心の中では、行かないでいてくれることを願いながら。







716 :692:2007/10/21(日) 03:59:24 ID:12we2C4f0
彩は海外研修へ参加することとなっ

参加するのは女性5名に対し使性20名のこ
れを聞いて多少安は感じた
〇君(俺が欲しってたビトン財布 お土産にてくる!」
て言ってくれるもんだからを打消し、笑て見送った





718 :692:2007/10/21(日) 04:10:57 ID:12we2C4f0
彩の中、は何故か着かた。
彩の置いってくれた研旅行程表に目を通すと日程の中ーチ行動に目がいた。

はこの日のに水着を買ってい
その買い物には付た。俺は大しめのピースの水めたが、店員が流行すとしきりに大ものを選んで持ってきため、押しれた形で青のストラビキになた。

調ニをしたきの彩の姿出し





721 :692:2007/10/21(日) 04:17:46 ID:12we2C4f0
そこは、服のは想像できない彩の深い胸の谷間あった。
かの歌のフレズにもあったが確か193××

この姿を20人のの男達見られて・・・
とても不安になった

さらに程表をみィズニールド自由行

に不安に





722 :692:2007/10/21(日) 04:27:41 ID:12we2C4f0
目を閉じると男達の顔が浮かぶ。
男達は彩のビキニ姿をいやらしい視線で追いかけている。
そんな視線に全く気がつかず、無邪気にはしゃぐ彩。
彩のビキニの深い谷間。おっぱいが柔らかすぎて、走るたびに大きく揺れる。

旅行日程は一週間。その間、男達は彩のそんな姿を見て、我慢できるだろうか。








723 :692:2007/10/21(日) 04:40:45 ID:12we2C4f0
次に目に浮かんだのは、ホテルの一室。

女二人、男五人が狭いツインベッドの部屋で集まって飲んでいる。
その中に彩がいる。
彩の姿はタンクトップにデニムのミニスカート。

普段はタンクトップ1枚で外出するようなことはない彩だが、海外の雰囲気がそうさせているのか。
男3人に囲まれて、お酒を勧められている。

彩はお酒に弱い。すぐ赤くなる。
飲んでいるうちにガードがだんだん緩くなり、正面の男からはスカートの中がチラチラと見えている。
さらに両サイドの男からは胸元を覗かれている。





724 :692:2007/10/21(日) 04:46:17 ID:12we2C4f0
さらに男の手が彩の胸に・・・・・
そんなことがあるはずない!そんな想像を打ち消しながら、日々を過ごした。



3日目に彩から国際電話があった。

内容は「早く会いたい!帰ったら直接アパートに行くから、空港に着いたら電話するね!」という、俺の悶々とした思いを吹き飛ばしてくれるものだった。





726 :692:2007/10/21(日) 04:51:52 ID:12we2C4f0
それから4日間寿長かっ

彩を抱きたかった。
彩がートにら、1週間きつやる!
気込で興奮しいる自分が


、4、その思無残れた





727 :692:2007/10/21(日) 04:57:12 ID:12we2C4f0
彩が帰国する日、俺は落ち着きなくアパートの部屋にいた。
そろそろ到着時刻だ。


到着予定時刻が過ぎて1時間。電話は来ない。彩の携帯に掛けてみる。つながらない。

「帰国手続きに時間がかかっているんだ」自分に言い聞かせる。


さらに1時間。電話は来ない。







728 :692:2007/10/21(日) 05:05:00 ID:12we2C4f0
それから40分程経って、電話が鳴った。彩からだ。
慌てて電話を取る俺。

俺「どうした。連絡待ってたぞ!」
彩「ごめん」

俺「今何処にいるんだ」
彩「新宿、今から帰るところ。今日疲れちゃったからそっちに行けない」

俺「いいよ。そりゃ時差もあるから疲れるよね」
彩「ごめんね」

俺「明日は大丈夫なのか」
彩「たぶん。明日学校だから、終わったら連絡するね」

俺「ゆっくり、休めよ!」





730 :692:2007/10/21(日) 05:10:22 ID:12we2C4f0
胆し気持し殺しながら会話を
明日える。それだの気持ち立たせた。

の彩と違っていたが、行疲れのせだとかせ、明日を待た。

そのとき、めてんやと彩を失かもしれない恐





731 :692:2007/10/21(日) 05:16:53 ID:12we2C4f0
少しので、切りがいいのしま
よりか長くなてしまいすみません。
いぶん前のことなのに書きめて見るとろんこと
い出して、少くなりました。





732 :えっちな18禁さん:2007/10/21(日) 05:21:52 ID:5OTEIgcl0
この感じ少しもハッピーエンドじゃないんだろうな……。




733 :えっちな18禁さん:2007/10/21(日) 05:30:12 ID:OoL4uDIV0
もう涙が出てきた






734 :692:2007/10/21(日) 06:12:55 ID:fcoVC/V/0
692です。再開させてください。
妻が起きてくる前に完結させなければ!

彩の帰国翌日、俺は少しでも気持ちを紛らわそうと久しぶりにサークルに参加したが、彩のことを思うと集中できず、途中で切り上げアパートに帰ってきた。

午後3時、そろそろ彩の授業が終わる時間だ。電話を待つ俺。

午後4時、電話は来ない。

午後4時30分、痺れをきらして彩に電話をする。かなり長いコールのあと、彩が電話に出る。

俺「どうした?」

彩「ごめん。友達とお茶してたら、遅くなっちゃった」

俺「今から、こっちに来れるか」

彩「・・・・・(沈黙の後)今日は外で会いたい」

このとき、俺の中で燻っていた恐怖の炎が大きくなりだした。







736 :692:2007/10/21(日) 06:20:01 ID:fcoVC/V/0
俺「分かった。今何処にいるんだ?」

彩「新宿」

俺「じゃあ今から新宿に行くから!5時半にいつものところでな!」

俺は急いで新宿に向かった。
いつもの待ち合わせ場所で彩と会った。
久しぶりの彩はいつもと変わらなかった。

俺は、彩を飲みに誘った。
居酒屋での彩は、いつもより饒舌だった。
話の内容は、楽しかった研修旅行の件がほとんどだったが・・・・・





737 :えっちな18禁さん:2007/10/21(日) 06:20:02 ID:LDbrmePm0
まあ今は嫁もいるんだし幸せなんだろ。
過去のこととしてキッチリいやらしく吐き出して行きなよ支援




738 :692:2007/10/21(日) 06:27:37 ID:fcoVC/V/0
>>737ありがとね。

顔を見ながら、話をるとしてきた
は何も変わっていない、やっり俺取り越し苦労だたんだ

酒屋を出るき、俺の恐怖はほんど消えかっていた

俺はパートに帰うとた。

彩は「もう少一緒に歩いて酔いをさい」と言ったので、近くの公に行腰掛けた





739 :692:2007/10/21(日) 06:31:43 ID:fcoVC/V/0
が徐を取り出、俺に渡した。
俺はを開け、そこにはトンの財布がていた殿

彩「、おみやげ
俺は思わず、彩を抱きしめた
こんい子を少しでも疑ったなて!
申し訳ない気でいっぱいだった






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20141005224527