2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

絶対に読んではいけない本を小学生の頃に読んでしまった話






http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1371537628/


63 :あった怖し:2013/06/27(木) 23:08:21.46 ID:wOLSy2A2T
この他のスレで2ちオカ板の過去まくってたんだが検索しる所に自殺マニュアルかしい婿の話が出てき

出来たスレしいなー殿って読んでたんだ

そこでフトそう言えば昔俺のの兄貴が聞も無い通販サイトで自殺ニュルを注文した事を思い出した。

も無通販サだったら、けど500円て格安のかれて頼だらしい

一週間後にちゃんいて一安心だったん届いたのは自殺マニュアゃなて完マニュアル名だった。

B5のコピースで纏た何しょぼい作り

見たは全員った、兄貴もちょ恥ずかしそうだっ






64 :本当にあった怖い名無:2013/06/27(木) 23:13:26.67 ID:wOLSy2A2T
500円という値段からマニュアルをーしたいわゆるB版許せると

マニュアルと完全犯罪マニュアル、題名らし間違え不手際さ、何とも言えない気だ

空気んだ兄綿調はひとしきり笑に表紙をめくった

するとひきつった笑顔て怪訝そな顔をしたんだ。

の顔俺たちはコピー殺マニュル、やっぱりい事てるのかと思って顔を寄せき込んだ。

とその仕方が載いたんだ。

錠から自、果てはンダーの構造からて図解との写真(コピーだら)でどう針金を入れば開けるか明に書かれていた。

俺たちは頭一瞬疑浮かべてアホヅラをわせたんだけど。

員が理解した途端口の端をて針金を探たね

ずは南京錠、余裕た。

転車、更に楽勝、最後の鍵

明にかれたそれの針金を曲げて、針通らないは少し硬めの金具を本の通り曲げて、誰が番か競い合うよに開けていったんだ






65 :本当にあった怖い名無し:2013/06/27(木) 23:15:32.68 ID:wOLSy2A2T
ひとしきり家の中で開けれるもの全て開ける頃には自殺マニュアルスゲーとか言って、さっきまで複雑な顔をしてた兄貴が大威張りの態度に豹変してたから、笑った。


さすがに開けるのも飽きてきたんで兄貴に次の項目を見ようって頼んだら勿体ぶるもんだから、また笑った。

次の項目は何だろう、ドキドキしながら次の項目を読むと自動販売機とかゲームセンターのゲーム機の壊し方、その他とりあえずコインを投入する系全般が載ってたけど、俺たちはガキだから目がいったのはゲーム機の壊し方だった。

多分これは結構有名だし、試す人がもしかしたら出るかもしれないから書かないけど(犯罪助長)ある道具で簡単にゲームのクレジットが無限になる方法。

それを一通り目を通した後、俺たちは近所の駄菓子屋に置いてあるゲーム台にダッシュで向かったんだ。

そこの駄菓子屋は店舗の外にゲーム機を数台置いてる店なんで、中のおばちゃんに気づかれる心配も無いし、割と毎日行ってたんで俺たちが団子になってゲーム台を囲っても不審に思われる事は無いから安心して行動に移った。

1回目、画面真っ暗。2回目変な数字出る。

3回目、祈る思いで力を入れた。

すると、画面に1P、2P選択画面が出た!

クレジットを全員で覗き込むとグチャグチャの数字。

大成功!それを見て静かな雄叫びをあげると俺たちはソッと裏のコンセントを引き抜いて元の状態に戻すと笑いながらダッシュで家まで帰った。







66 :本当にあった怖い名無し:2013/06/27(木) 23:19:49.00 ID:wOLSy2A2T
そんなこんなで楽しんだ俺達だったんだけど、今日は時間も遅いし(子供的な時間)解散しようって事になったんだ。

不満はあったけど、親に怒られるのは嫌だし渋々解散した。

翌日学校では、昨日のメンバー(俺とAと本を買った兄貴の弟)と今日はあのマニュアルで何が出来るのかワクワクしながら教室の隅でコソコソ話した。

すると、自殺マニュアルを買った兄貴の弟が「兄貴がもうあの本は捨てた」と言ってきた。

俺達は素っ頓狂な声をあげて、弟を問い詰めた。

あんな面白い本を捨てた?嘘をつくな、さては兄貴が見せるの惜しんでるんだな、セコイ兄貴だ!

色々馬事雑言を弟に言ったが、分からないけど兄貴がそう言ってたの一点張りだった。

弟自体も困惑してたから本人を問い詰めるしかない、そう思った俺達は学校が終わるのをひたすら待った。

終わりの会で解散した後は一度家に戻ってカバンを捨てると弟の家に急いで向かった。

丁度Aと合流出来たので、その勢いのままピンポンを押すと弟が困った顔で出てきた。

話を聞くとどうやらまだ兄貴は高校から帰って来てないらしい。

俺達は案内されていったん弟の部屋にあがらせてもらった。

そして、部屋の中で兄貴の悪口を言い合ってたんだけどAがある事に気付いて口を開いた。

今のうちに兄貴の部屋に入ったらいいんじゃね?

その一言に弟は若干嫌な顔をしたが、三人で顔を見合わせると何かを決意して立ち上がった。

Aと俺もそれに合わせて立ち上がると弟の後に続いて兄貴の部屋に向かった。






67 :本当にあった怖い名無し:2013/06/27(木) 23:40:51.61 ID:wOLSy2A2T
一番奥に位置する兄貴の部屋に着いた俺たちは、早速中に入ろうとしたが、弟がドアを開ける事は出来なかった。

鍵が掛かっている。

普段鍵なんてした事は無いのにと弟が小声で俺達に伝えた。

Aが弟の顔を見て任せとけと言うと財布の中から昨日作った針金を出した。

弟と俺はAの物持ちの良さに感心しながら、作業が終わるのを見守った。

ガチッと音がして扉が奥に開かれていくのを見て俺達は笑うと中に入って行った。

絶対に本はある、そう確信してゴミ箱、机、ベッドの下とあらゆる所を探したが全く見つからなかった。



時間ばかりが過ぎていき、もしかしたら鍵をかけたのはフェイクで学校に持って行ったんじゃないかと思い出した。

Aと弟がもう無いんじゃないのと疲れた顔で床に座りこんだ時、弟があっと声を出した。

俺達は弟の方に顔を向けると、弟は開かれた引き出しの下に目線をやっていた。

もしかしたらと思い、俺もしゃがんで目線を引き出しの下に合わせるとビニールの端が見えた。

更に近づいて手で探ると、ビニールの中に本の存在を確認できた。

ゆっくり底から抜くと、B5のコピー用紙の表紙にはしっかりと完全犯罪マニュアルと書かれていた。

俺達は小さくガッツポーズをとると、そこに座り皆で新しい項目を読んだ。


次の項目はカエルの解剖だった。






68 :本当あった怖いし:2013/06/28(金) 00:05:18.09 ID:5bIaa9ZrT
ポカーンしたカエルの解剖?エルザリガニでさえ解剖?てきた俺達までの流れの様に呆気に取られた。

下らたAの声を切っ掛けに項目はペペラ流した。

わざわざ白黒でいもの通り細かく説明してくれてる笑いつつの項進んだ。

項目車両関だった。

流石に年齢に全く必要んじれなたけどカッコつけたい年の俺 とりあえ鍵の外から直結の仕方をが聞いたらいの目見られてかしくな様な知たかを話し合った。






73 :本当にあった怖い名無し:2013/06/28(金) 20:27:26.20 ID:5bIaa9ZrT
今思い返せば車両関係は物凄く危険な項目だった。

防犯がしっかりしてない時代だったので、その気になれば大半の車を盗難出来たと思う。

バイクに至っては鍵の意味はなく鍵が挿さった状態で放置してるのと同じ位の感覚で乗っていけたと思う。

写真も白黒だったけど、実物を前にしたら多分すぐ分かる程度の画は保っていた。

やり易い順番に車種も載っていたので狙いをつけて効率よくやる事も出来たかも知れない。

映画60セカンズのリアル版も出来たかも知れないけど、当時の俺達は原付も乗れない子供だったので勿論それは無理だったんだけどね。



しかし、一度だけこの鍵開けを使った事がある。

友達が原付のキーを落とした時に予備のキーを家に取りにいくには時間がかかり過ぎるので、仕方なくやった。

本を持ってる人がいたらどれ位の時間でエンジンをかけれたか分かると思うけど、あっという間だった。

ついでにメットインも開けてヘルメットを取り出してあげた。


※重要な話しなんだけど、他人のバイクはもとより、自分のバイクとかで試さないでね、修理代が高くつくから






74 :本当にあった怖い名無し:2013/06/28(金) 20:30:22.04 ID:5bIaa9ZrT
特に弟が性格は大人しかったけど兄貴の受け売りをページをめくるごとに披露して自慢気に語っていた。

相槌を打ちつつ当時の俺には分からないパーツ名を弟がドヤ顔で語るのは少し悔しかった。

しかし、項目自体はさほど興味をそそる事が無かったのでページをめくるスピードは早かった。

Aも写真には興味を持っていたが文字は読んでないような雰囲気だったので、俺は一気にページをめくった。



次の項目は、、、エアーガンの改造だった。

これは結構盛り上がった、弟の兄貴もそうだが兄貴の友達も結構持っていてたまに遊ばしてくれた。

その時Aが何かに気づいた様に得意気に皆に話した。

「もしかして、兄貴はこのページ見せたくなかったんじゃない?」

一瞬何を言ってるのかわからなかったが、確かにそうかも知れないと俺も思った。

エアーガンの優劣を分けるのはやはり飛距離と威力、兄貴のエアーガンは色々弄ってはいるみたいだけど少し威力が物足りなかったので、いつも痛い目にあっていた事を思い出した。

「次に遊ぶ時に改造した事を黙ってて驚かそうとしたのかな?」

俺が思ってる事を弟も気づいたらしく笑顔で答えた。

Aは多分そうだろうと言うと、全員納得した。

しかし、改造出来るエアーガンは限定されていて、兄貴の持っていたエアーガンでは出来そうに無い内容が載っていたのだが、誰もその事は言わなかった。

それ以前に、こんな改造出来るものなのかと更に疑問に思ったが口に出すのはやめておいた。






75 :本当にあった怖い名無し:2013/06/28(金) 20:33:32.30 ID:5bIaa9ZrT
エアーガンの話に盛り上がりつつページをめくると、そこで俺達は少しギョッとした。

意味が全く分からなかった、なんで次の項目が猫なんだろうと。



ページ半分が改造の話し、その半分のページがエアーガンでの捕獲方法や罠の作り方、縛り方等についてだった。

弟はかなり嫌な顔をしていた。

Aは童心を発揮して、狩りみたいで楽しそうだと言った。

俺も今程道徳や倫理、そこら辺の感覚は薄かったのでAに同意していたが、次のページを開いた瞬間

俺は咄嗟に本を押さえていた手を引いた。

弟は驚いて声をもらした。

Aはうぇー、と半分冗談の様に気持ち悪いような仕草をした。

三人の視線は白黒写真の一点に注がれていたと思う。

最初に目に飛び込んできたパーツの欠けた写真は全員の目を奪うのに充分過ぎる程非道徳だった。

Aはオモチャじゃないのと茶化すように言った、弟は可哀想と言いながら視線を泳がせた。

時代的に今程動物に対する情は低かったとしても、人の手によってワザとここまでするかという行為が俺に得体の知れない恐怖を感じさせた。






77 :本当にあった怖い名無し:2013/06/28(金) 21:49:48.61 ID:5bIaa9ZrT
俺はページをめくる事に躊躇した。

Aが言うオモチャがこの後どのようになっていくかすぐに見当がついたからだ。

前のページで見たカエルの様になっていくのは容易に想像がついた。

Aの方を見ると文章を目で追っていた、俺もならって読んだが内容も惨過ぎて頭に入ってくる事を拒むようだった。

ここは一気にページを飛ばしていくのが良いと思った俺は数ページつまみあげて開けた。



最悪だった。

Aでさえも軽口が出なかった。

シーンとした部屋はこのまま続くのかと思ったが、弟の後ろの扉が開いて怒声が響いた。

兄貴が帰ってきた。

普段マジメそうな顔が引きつり聞いた事もない様な声で怒鳴られた。

「お前ら、みたのか!」

弟は泣きそうだったのでAが代わりに頷くと

「どこまで見た!?」

まくしたてるように更に聞いてきた。

俺は開いてるページを指差すと、兄貴はバッと取り上げて本を閉じた。

兄貴は興奮を抑えて俺達に帰れと一言だけ言うと弟を連れて部屋を出た。






78 :本当にあい名2013/06/28(金) 22:12:00.97 ID:5bIaa9ZrT
兄貴に怒て意沈しての家たAと俺は行く当てもなくガールにけて話しをし

Aは回復が早いかポ本のて俺が相槌を打、そんな感じ分経った時にAがまいついた。

本屋に行て探そ
うだた、コピ惑わされていた、基本的売ってる本なだか本屋に行けばって事は間違い無かった。

も動揺はしていたが、どちらかと言うと普段温厚な兄貴が声を荒げて怒った事に対してなで、に対しては既に回てるじだった

幽霊の真が載っていでも間が経てば、くだらない言い合えるAと俺が写位で西長々怯える事はかった。

速ガードレール降りて近所の1番大きな店かっ






79 :本当にあった怖い名無し:2013/06/28(金) 22:26:01.07 ID:5bIaa9ZrT
本屋は今で言う大手古本チェーン店並みの規模を誇る新刊しか置いてない店だった。

この店に置いて無い筈が無い。

早速俺達は配置してそうなコーナーへ向かうと、何とも簡単に見つけた。

流行りの自殺マニュアルを筆頭に、それに類似する本が10種類位あった。

俺達は他の本に目もくれず目的の自殺マニュアルを手に取ると適当なページを開いた。

が、それはまさに本当の自殺マニュアルだった。

俺達はここにきて始めて自殺マニュアルの題名間違いと思っていた完全犯罪マニュアルが別の物と気づいた。

その本はそれはそれで何と無く子供心をくすぐる内容だったが、時間が無かったのでAに自殺マニュアルは今度見ようと伝えると今度は別々に類似品を漁った。

結果は、無かった。

どういう事かさっぱり分からなかった。

Aにどうすると聞くと時間がヤバイから明日にしようと意見が一致したので、その日はモヤモヤしながら家に帰った。






80 :本当にあった怖い名無し:2013/06/28(金) 23:03:51.31 ID:5bIaa9ZrT
今日はここまでにしときます。

不可解な体験の方で少し情報が入っていたので俺も思ったんだけど、当時 凄い類似本でてたんだよね。

んで探しまくったんだけど一つも出てこなかったのよ。

でも通販には載ってたのよね、だから絶対買ってる人がいてる筈

そこのあなた、持ってるんじゃないですか?

ちなみにワニブックの方はどうも違ったみたいです、ありがとうございました。



こう言う風にクールダウンしないと何故か喉がカラカラになって指が震えるよね。

実話オカルト書いてる人って凄いなと思う。

そんなわけで明日も規制されてると思うんで、また出来るだけ書き溜めていきたいと思ってます。

最後にもう一度書きますが、あなた、持ってるんじゃないですか?






81 :本当にあっ名無:2013/06/28(金) 23:05:17.38 ID:ZEKBVAFr0
持ってねえ
話のを聞かないと絶とは言え




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150207221242