2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

新規相互RSS

 

 
 
 
 
 

|<   260   261   262   263   264   265   266   267   268   >|  
 

バス内のDQNと神様

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-14 12:52:29

   文章苦手だから箇条書きで

・バス内、DQNが大声で携帯。
・運転手さん注意「他のお客様に迷惑になりますので・・」
・DQN「お客様は神様やろが!」(こっちではめずらしい関西弁)
・運転手さん黙る
・DQN大声電話再開
・運転手さん再度注意「他の 神 様 に迷惑になりますので。」
・他の乗客「クスクス!」「クスクスクス!!」
・DQN真っ赤、次の停留所で降りる。超田舎。どうみても目的地じゃありません。 
   続きを読む   
 
 

小学校の遠足で軽く遭難した

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-14 12:46:25

 450 :1/2:2006/10/11(水) 20:25:38 ID:6ue8Pc67
小学校の遠足で軽く遭難した。
原因は、高齢の担任の代わりに引率した副担が
コースをちゃんと把握していなかったせい。
へとへとになって、2時間くらい遅れて集合場所に着いたら、
他の先生は怒ってるし、副担はぶちむくれてるしで
すごくいやーな遠足になった。

   続きを読む   
 
 

白木屋

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-12 15:07:58

なあ、お前と飲むときはいつも白○屋だな。
一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。
俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、
おごってもらったのが白○屋だったな。
「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。金が余ってしょーがねーから」
お前はそういって笑ってたっけな。
俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、
お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。
「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」
「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」
「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」

   続きを読む   
 
 

フリーターの一生のコピペ

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-12 15:06:54

10~20代:
適当に暮らしていても、親もまだ現役世代なのでまだまだパラサイト可能。
夢がある、やりたい事を探しているなどといいつつ、
社会人に比べると たいした苦労もなく、自由を謳歌した気ままな生活を送る。
一生フリーターでもいいやなどと豪語する。
20~30代:
同級生たちは中堅どころ。自分はまだまだ浮草生活。
ただ、親が退職した頃から生活費が苦しいことをリアルに感じ出す。
しかし改心していざ職に就こうにも年齢制限、職歴なしで全て書類落ち。

   続きを読む   
 
 

ケミカルセックス

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-12 07:31:50

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/09/11(火) 23:09:32.37 (p)ID:d2XBAQpz0(3)
203 名前: 恋人は名無しさん 投稿日: 2006/11/21(火) 15:51:27
ケミカルセックスをしている。
ちなみに俺も彼女も化学専攻(薬学部)。

『あれーっもうこんなに励起しちゃってる。』
「しょうがないだろ・・・そんなに官能基見せられたら・・・嫌でも示性式が勃つよ」
『仕方ないわね・・・いいわ、ほら脱離して。酵素反応してあげる。』
「ああ・・・すごい吸着だよ。これだとすぐに昇華しそうだ。」
『フフ・・・でもまだピペットアウトしちゃダメ。私の異性体にも加熱して。』
「じゃあ脱離させるよ。すごい・・・どんどん愛液が浸透してきてる。」

   続きを読む   
 
 

がんばっている障害者

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-08 08:01:35

俺は小学2年の時に交通事故に巻き込まれて左のヒザ下10センチのところで切断して義足を使用している。
義足を使うようになったごろから親戚の家に行くと俺がいる部屋とは別のところで「障害者だと今後、社会生活ができない」とか「本当は一緒に歩きたくない」と言われていた。(俺は知らないと思っていたらしいが、仲がいい従兄弟が教えてくれたりしたこともあった)

俺は悔しくて父親に「運動では負けるかもしれないけど他の事で勝ちたい」と言って小学5年の時に中古のワープロを買ってもらって練習をし、高校1年の時にワープロ検定試験を通って資格を取得。(父親が資格があればどこかに就職できるという思いがあったので俺の資格習得は賛成してくれていた)
その後、高校2年になった4月にパソコンを買ってもらうと同時に通信教育で「コンピューター講座基礎コース」を習い始め、夏休み中に集中的に勉強をして通信教育を終了。
高校2年の夏休みが終わったごろから英語など苦手な教科を集中的に勉強して大学に進学。
   続きを読む   
 
 

暴君ハバネロフリーク

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-07 19:43:31

870 :おさかなくわえた名無しさん :2006/01/31(火) 20:53:34 ID:GXLojcfj 
去年、仕事でニューヨークに行った時。 
オフィスで紹介されたボスが辛党だった。 
彼は何でもうんざりするくらいタバスコをかけるのよ、とか。 
だから、日本から持ってきた暴君ハバネロをプレゼントした。 
 ニック(仮名)、日本のスナックだ。あげるよ。 
 うまそうなパッケージだな。ありがとう。←バリっと開ける。パクッ 
 ポテトだな。パクッ ボリボリ ふーん。 
 それで、聞きたいことがあるんだが、このプロモーション素材の、ふ 
ふ、 
フォ━━(━(━(-( ( (゚ロ゚;) ) )-)━)━) ━━ !!!!! 

   続きを読む   
 
 

夫の浮気が発覚→離婚成立までの話

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-07 19:43:26

 472 おさかなくわえた名無しさん sage New! 2006/09/26(火) 22:33:37 ID:DLk+dOeS
結婚2年目あたりから出張や飲み会が増えた夫。不審な行動も多かった。 
当時私は気の弱い人間だったので浮気を問い詰めるどころか給料明細を見せてとも言えず、 
生活費のほとんどは私持ち(共働き)。新車を買うときも私の意見は無視、自分の好きな車を買うことに。 
もちろん購入費用は折半。 
夫の携帯にはラリラリメールが盛りだくさん。相手は会社の部下。 
浮気を疑うことを言えば「上司と部下なんだから飲み会や打ち合わせは当たり前!つまらない詮索するな!」と逆切れ。 
殴られたこともある。我慢を重ねていた私は精神的に参ってしまってガリガリに痩せた。 


   続きを読む   
 
 

前門の狼、後門の虎

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-07 19:33:11

507 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/01/02 01:44 
小学校の修学旅行でのことだった。 
我々は一路目的地をめざしてバスに乗り込んだ。 
席も隣同士だった。少しテンションの高すぎる彼に閉口しながらも、 
バスの旅は快調に進んで行った・・・。 
 しかし、バスに乗って1時間が過ぎた頃には、安川君はさっきまでの 
テンションがウソだったかのように静かになり、何か神妙な顔つきに 
なっていた。 
 「車酔いか?」 

   続きを読む   
 
 

ビンタ(武勇伝話)

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-07 15:32:07

486 名前: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/06(水) 15:34:41 ID:obBy7yZ1
武勇伝になるかどうか微妙だけど・・
5年ほど前の話しになるけど
俺が通勤のる電車には沿線に女子校がある為か、通学の時間帯になると
女子校生の一団(5~6名)が毎回乗り合わせてくる。
こいつらはグループで乗り合わせるらしく、高テンションのまま車内にはいると
大声で話すわ、携帯で通話はするわ、床に座り化粧、弁当を食いちらかす等

   続きを読む   
 
 

クラスのDQNにICレコーダーで復讐

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-07 15:21:10

8 名前: おさかなくわえた名無しさん 2006/08/29(火) 16:21:37 ID:OHq53lcc

中学生の時の話。
プールの授業が終わって教室に戻ってくるときに、ある女子のパン
ツが無くなっているという騒ぎがあった。

で、犯人探しが始まったんだけど、なんか日ごろから俺のことを
「キモい」とか「不潔」とか影でコソコソ(といいつつ、結構あから
さまに)なじってるグループ(男子)がいて

そいつらのリーダーが俺を指差して、「○○くんがプールを途中で
抜け出して教室に戻ってたから怪しいと思う」と発言。

たしかにプールの授業中は、各自練習する時間があって、結構先生
の目は ゆるくみんな自由に泳いでいた時間があったから、抜け出す
ことも不可能じゃないが、俺はそんな抜け出したりはしていなかった。
しかし、俺には友達がいなくて、誰も俺がプールの授業を抜け出し
ていないことを証言してくれる人がいなかった。

結果、クラス中の罵声の嵐。俺の持ち物を全部机の上にひっくり返
されて、クラス中にさらされた。別に問題のパンツはおろか、変な
持ち物なんて一切なかったからいいけど。

そしたらリーダーが「どこかにかくしたんじゃね?」とかいいだし
て結局俺の疑いは晴れなかった。
後で担任に職員室に呼ばれてキツく尋問されたが、俺は何にもして
ないし、ただ ひたすらやっていませんというしかなかった。 

信じられないことに その場で担任は俺の母親を電話で呼びつけ、事
情を説明した。

(事情といっても、俺が怪しいのではないかという勝手な推論の押し
付け・・・) 

母は俺よりも担任の言うことを信じ、「謝りなさい!隠してるパン
ツを早く出しなさい!」と俺を責める。

その場にさらに被害者の女子まで呼び出し、そいつの前で無理やり
頭を押し付けられてられた。
結局 俺は最後まで認めなかったので、母親がキツクしかっておくこ
とと後で女子の家に謝りに行くこととパンツの弁償を約束し、その
場は開放された。

結局、家に帰ってからは父親が俺の無実を信じてくれて母親を一喝
してくれたので後日女子の家には行かなかった。



   続きを読む   
 
 

清潔になりたい

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-07 14:52:01

824 :811:2006/11/20(月) 17:01:28 ID:j8ZP6m3V
流れ読まずに投下。
うちの会社に「風呂は1週間に1回・洗髪も週1・歯も磨いたことない・洗濯は気が向いたら」
という、20台半ばの 女 性 事務員が居た。
雨の日は臭気を発して本当に最悪で、誰も近寄らない。
服装も「いつの物だよ!どこで売ってんだ!?」というような変なセンスの物。
(伸びきったトレーナー、テカテカのプリーツスカートなどで、しかも小汚い)
が、彼女は人柄は良いし、スタイルも良い美人。仕事も出来る。
不潔なだけで、他に問題は待ったくなかった。

   続きを読む   
 
 

レストランの禁煙席でタバコを吸っているオッサンがいた

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-07 13:54:57

297 名前: おさかなくわえた名無しさん 2005/03/22(火) 16:49:33 ID:F/2xMi6q

レストランの禁煙席でタバコを吸っているオッサンがいた。
どうやら、喫煙席が一杯で禁煙席に案内されらしい。
そのせいだろうか、タバコを吸っているオッサンを店員は誰も注意しない。
そのオッサンがコワモテなので周りの客も注意できない。
少し離れた席に座っていた俺は「オッサン、ここは禁煙席だ、喫煙席が
満席だからって、こっちで吸って許されると思うなよ」と
習っていた腹話術を活かして、視線を逸らし口を閉じたまま言った。
そのオッサンは激怒して「今、言ったのはてめえか!」と近くにいた兄ちゃんの
胸倉を掴んで殴った。

   続きを読む   
 
 

近所に昔からある古い駄菓子屋がある

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-07 13:52:53

15 名前: おさかなくわえた名無しさん 05/03/07 15:50:12 ID:vOUAEbyB

近所に昔からある古い駄菓子屋がある
経営してるのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年ほど前に病気で亡くなってしまった)
いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで
お金が無い子にはコッソリ駄菓子をあげていた(漏れも昔もらった)
そんな感じで近所の評判がとてもよかった
ある日、お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた
なんでも亡くなったお爺ちゃんに少し借金があったらしく、コツコツ払い続けて
完済したはずなのに更に80万請求され、払わなかったら立ち退いてもらうと脅されたらしい
お婆ちゃんのピンチにまわりが黙ってられるはずもなく、3丁目の人々が一致団結

   続きを読む   
 
 

集団心理

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-07 13:16:41

 468 :おさかなくわえた名無しさん :2007/03/03(土) 08:28:50 ID:bvg34qM4
高校の夏休みに、東京の親戚の家に行った帰り。東京駅でのぞみに乗る為、並んでいた。
俺は最前列に立っていて、後ろは、サークル仲間と思しき20人以上の大学生の集団。
乗車客の列は立錐の余地無く、延々と後ろに続いている。
その時。
一人のオバサンが、俺の前の先頭に割り込んできた。あまりに堂々と割り込んできたので言葉を失ってしまった。我に返り、注意しようとしたところ、肩を軽く叩かれた。
振り返ると大学生集団の一人のお姉さんで、他の大学生達は、皆一斉に反対方向を向いて並んで立っている。そのお姉さんが、小声で「皆と同じ方向を向いて!」と耳打ちしてきて、訳がわからないまま、言われた通りにした。
すると、オバサンが振り返り、訊いてきた。「先頭ってこっちじゃないの?」
するとすかさず、そのお姉さんが前方を指差し、「ええ、あっちですよ。」とにっこり 笑って答え、オバサンはブツブツ言いながら、先頭(実は後尾)に向かって行って、 そのまま戻ってこなかった。

車中で聞いた話では、そのサークルって心理学の研究会(?)で、集団心理を 調べる為の実験を時々してるんだとか。確かにすごい連携の良さだった。

   続きを読む   
 
 

|<   260   261   262   263   264   265   266   267   268   >|  
 
 

 
 

おすすめリンク

 
 

AmazonPickup

 
 

おすすめリンク2

 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様