2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

思い出の懐中時計






小学学校の道にある「美原時計店」のウィンドウに飾ってある懐時計をつも見て。 
なんだかとてもカッコい感じがしたのだ。飾りに竜の絵が彫ってり、いかほいとって 


「こんにちは。ど?い見て君」 


いつの事った。いつように中時を見ていた不意声をかれた。 
表をつかれた小学生の俺は思わず叫った。 


うわ!! 
あらあら。びっくりせちゃったかな。あたしね店長さんよ」 


顔を上げるとそこ20代前半らいの女の人がた。 
ショーットカトの髪がとても似合っていて、笑顔的だったのを覚えている。 


「こ、こんにちは」 
こんにちはし、ゃん挨拶きる子好きよ 
「は・・・・・」 
計好なんだ?」 
うん・・・・・これていうのっこ秘密道?」 
これは懐中時計っていのよ 
かいちう?海と係あるの」 
「いや、その海じゃないの。まあズボンのポケケッに隠し持つ秘密時計の事よ 
す、すげえ!」 
。中入っ見てみる?」 
ん!!いいの?」 
「いよ。毎日見てくれよ」 


に入と、色々な時計店中飾っありったものだ。 
し、びっくりしたのは全ての計の秒針がピタリ揃っでいだった。 
ッカチッと一つの音が店内に響いいた。 


とてもな感じがし供心に何故かその得体知れない恐怖を感た。 
狂い時計がタリ同じ動をしことにまで異間に迷いこんだような 
錯覚に陥っ気がした。 


ックリ」 
何か不思議な感じ・・・・・・・お姉さんいねこの時きてたい」 
「私のこだわり。そに初退お客んはまビックリそれを観察するの趣味 
「趣味お姉さん 
も嫌な感じないでしょ?」 
初ちょっと怖かったよ」 
まだ」 
だも」 
っか」 


そうってお姉さんはクスッ笑っ 


「はい。これがたかんでょ?」 
。何か、普通のは違湿雰囲気が」 
独特な感じでょ?らこの彫しょの出っ張りを押てごらん」 
これ? 


それをすと彫刻目がピッカっと光り、チッ音がした。ふたのスイチになってうで 
ふたけると文字盤れた。 
はそ工にひどく入ってしまた。ドウを見てるときには像もしなった細を奪 
瞬間だった。 



え・・・・・」 


で宝物でもつけたかの俺はそのずっと見つめていた。 


?」 
「う」 
「うち店ね月末で閉めるんだ。だからそれさにあげるよ 
、本当に?」 
「うん。気みたいだ 
当の本当」 
嘘」 
「ええ?」 
「嘘嘘。冗あげるよ。切にして 
りがとうお姉」 
「どういたしまして」 


時計店を後にすると、お姉さんはずと俺の後ろで手振ってた。 


イバイ」 


俺は何度さげてお礼を言った。嬉方なかった。 



その懐計をいた。あれからずっと肌身離さている。 
3年の今でも腕時計ではな持ち歩いている。大な宝物 


議と一秒の狂いもい。さすがあのお姉さん 


「先輩!何るんですか?」 


の小林千 


「おお。林君か」 
林君はやめさいよもう!探偵団じゃないんだ」 
「ほら俺の物」 
「うわあ・アンティーです。うち術館の品にに加えいです・・・ 
のお嬢様 
!先輩ち扱いしでくだい!!!」 
金持ちじゃねー月のこつかい10万って何者だ 
だっれる」 
「普通は5千円いだ 
「じゃああげますよ!お金なん」 
「何切れだ 
「お金いっぱいあるんだから仕方ないじゃないですか切れです!」 
、コイ超殴りえ」 
「ふふーん」 


小林千春と湿学食で知り合った。 
を買う時からひカードを出す俺のに並んで小林にしたものだ。 


あら、使えなかな・・・・ 
ょっ、君なにしてんの」 
「へ、カレーセトを食べたいんですけど、カードがつかえなんです・・・・ 


マジ。コイツ本気で言ってやがる。 


「実はードが使えには訳がある 
「へ?訳ですか」 
今年に入って謎の犯罪集団がこ校に入り込んでな。カードの情グしそうになったんだ」
スキミングで!!」 
あ。あれはいつもと何も変わらない一日だた。いち早く学食に来た俺は何かの違和湿を感た。 
すませると妙な電子音かすっているんだ 
「電すか!!それは一体!?」 
「(こいつ本気な一発ね。れは食券の販にスキミング装置が 
置されてるってね」 
すごい」 
俺はすぐ先生と警察に連絡しね。案の機械の内部からスキミン出てきたなり機械に 
ヤツやり口だ部の計に違和感もなく置をり付けてたから」 
「かり専の知識が要でよね・・・・」 
「ああ。だよ。それかいうものスミング被害防止対策のためカード使用はできなったんだ」 
「はあ・・・・なるほど・・・のカードしか持ちわせがなんです」 
「で、いツッコムの?」 
「え?」 
「いやいや。ええ???」 
かツッコムんですか?」 
「君気で聞いてた 
ええ。ちっと尊敬しました。凄いんでと・・・ 
時任雄介。生だ」 
キト輩で」 
「あ。君は何者銭をせ小銭食では小銭 
小林千春1年です。はこ1年近く見て 
「あんた、かし?」 
「あたしをお金持ちいしないでください!庶民です」 
「庶民学食で、ードと『か問でも?』と言わんばかりに自信満すな。たわ 
ード便だも」 
「しうがない。が奢ってやるよ西カレーセットな」 
輩優しい銭も持ってるし!」 
や、誰で小銭持ってるから」 
ほんとですゃあ、あの人も持っます?」 
持ってるよ」 
「すみませー 


やら「小ってますか?」と聞いている。 


「先輩!あの人も小持ってまた! 
聞き稿に行なよ!どれだ好奇心盛だ君は 


あれから1年にな。 


「この懐中時計あ、生の時った宝物な。何か 
団の秘密道具みたいでカッコ沿綿」 
「ええ。カコイです 
「そうだろ」 


小学の頃の懐時計をもらっからしばら美原時計店無くなっていた。 
とした店内。あのおさんない。 
の文字も取り外され、空家になっていた。 


「兄さん」 


時計ていと妹の雫声がした。 


「おか。どうした」 
や。かけたから声かけただけ」 


そうい林には妹してなかたな 


「小林ほら妹の雫。同じ高校2年」 
ってますー!退じクすもん」 
「あ、そなの?じゃ紹介いなかったな 
「そうでもです。雫ちあんまり喋らないから」 
「あこいつ見知り激しいから。初対面の人とかはほぼ無言だ」 
退兄さん言い過 
「いやそう 
が根暗な感じ見えでしょう」 
可能性は高いな。もそれはお前の性格が原 
「またさん私の事大好きなくに」 
前こそ俺の事大好きなくに」 


ギュと握り締める俺と妹。 


よし!」 
「よし!」 貿


俺と妹にっこりって同時言った。 
小林の頭上にハテナ浮かんた。 


「先輩なんですか?しって」 
にするな」 
気にしないでくだい。小林さん」 
「いいや!なりま!兄妹スキって言合ってなかったですか!!」 
「雫婿 
いや、兄さん」 
頼む」 
、国語2」 
「いや。盗み見たけどお5だった」 
「勝に見ないよ」 
許してくれるだろ?」 
「許すけど兄さん言ってあたし喋るの手」 
「ちょっ先輩達!!暗号みたい話しください!」 
いえば踊」 
「兄さんでもさらなネタだ私は思った」 
、マニには」 
得意げにいまら出さてどう反応しと」 
「お前毒舌」 
「そない 
一般ミステきじゃないは知らないんだか綿ら新鮮だし、面白いんだろ」 
「ミステ好きのあたしどうすれ」 
「あのう先輩達・・・・何の話でか?」 
!今さらのネでどう楽しと?って鼻笑っとけ」 
「あし、嫌な」 
「でもな雫好きだぜ!」 
あたしもよ兄さん!!」 


ッと再び握り締める俺達手。 


「よし! 
よし! 
「よしじないですよ先輩!どこからめばいすか!!」 
さん。突っ込むなて女が言っちゃ目」 
「むしろ俺が突込もう!!」 
「兄さん。は下ネタスルー率高 
「そうのか?」 
家が持ちだから教育しくてそのは入らないの。調み」 
「何調査やん」 
「私のんと1年いる調査しないなんて超無理」 
するな。年探偵団の小年と苗字が同で嬉かっただけだ」 
せ、輩そうだっすかんな由ですか!!」 
「千春さん。ツンデよツ 
「ツンデ?」 
「兄ん。このツンデご存知なようよ」 
食券をカード買おうとしてた時になんとなく普通じゃてた」 
そんな事があったの。春さんちょっとタイ子」 
「そは見てみぬフリが」 
「私無理」 
や。簿そこルーする優しさだ」 
んはしたの?」 
や、スキミン防止と教え」 
計タチが悪いじの」 
そこは俺のしさだろ。カード使る訳ないだろう!とと?」 
「ええ」 
「お前、将来育ママ」 
「子供を作らなければ問題な」 
先輩西いい加減に分かる会話をしてくださ!」 


「兄私用があら」 
「ああ」 


そう言っては去っていた。 


「先輩聞きことのよう」 
い小 
「あたしが小林少年と緒の苗字だから一緒にたんですかっ 
あ」 
「妹さんと両思いなんですか!すか!!」 
や、微妙う。シスブラコンではある 
「好きって言ったじゃない 
一度話合ったんだ。よ相姦とかで兄妹でHとかろ」 
聞きせんよ! 
「い、ネじゃういう多いんだって。でもともと仲良った俺兄妹は話し合ったんだ 
何をですか?」 
「ボーダーラインこにくかを」 
こに引たんですか? 
あ、かい話は色々あるんだが、最終的には『10代20代まではいいけど40代位たら 
すがに兄妹で近親ってキモいよな』ってところで意合致して」 
妙に的です 
結局普兄妹って事にった」 
はあ。あの暗号話は何でか? 
いの事く分かる、色とか喋るとああな」 
「あたし、激しく空間迷い込んがしましたよ・・」 


帰ってのんび時のった。 
メールの着が入。 


「先輩。ちと相談あるんです。今から会えませんか?」 


小林からだ。何だろう?相談か。 


いいよ。どこで?」 


と返信を打つ。 


駅前スで会うことになった。 
玄関を履いていた時のことだった。 


兄さんどこへ?」 
のファミレス」 
」 
「金持ち嬢さん」 
しも」 
ない」 
」 
「俺こそ無理。 
繋が」 
「連想ゲームじないんだか」 
あたし心当りじクラ多分れる」 
「じゃあ、ステルス迷彩故で」 
あた超アホじゃん」 
むしろそが良雰囲気作りにる」 
沿兄さん孔明」 
めすぎ行くぞ」 


前のフレス行くと奥のテーブルに小林がい。 
もちろん俺だけが来ると思ってた小林はビックリしていた。 


あの先輩?何でで来てるすか?」 
あら、ス迷彩が壊れたよね。私の姿見えとは!!」 
「あっ!!雫!!お前つけ!!彩は禁止!!」 
「ばれゃあしょうがいわ!私もまぜて!」 
「帰ゃねーのかよ」 
「お腹へってるし 
「お前さっーメン食ってだろ」 
「別バラ」 
デザトじゃないら」 
「千春さん。私も混ぜて」 
テルス迷彩って何ですか先輩 
!」 
!!」 
「兄さん千春んステルス彩ご存知ないようよ」 
すまん。く考えら知てるはずないな小林が」 
「兄ん劉禅」 
れは言過ぎう!!」 
ミス歩的。あたしの演技水の泡でしかもアホ丸出し」 
直すん」 
「これ私がるのは断れないね兄さんは」 
ああ・・・ 
「先輩達、お願いだら私に分かるようにして下さう・・・・」 
り相談雫もて事だな」 沿
でですか?」 
「い沿や、今話がまとまった所だ蒸し返さなくれ 
「兄さんのミスよ 
く分かりんがいですよゃんも何とな分かるでし?あの相」 
「ええ。同じクラだも」 
何だ?小林のクラスであっ?」 
「兄さあたしもいよ。千春さんだけじゃなよ」 
前そこはスルろ。で、何?」 
ええ・・・・実はうのクラスジメがあるんです」 
イジメ?誰がイジメられて?」 
「雪村さっていう女の。何ラスの女のリーダー格のんで」 
「兄さん。ちなみにたしの調査では、のリーダた男 
村さが告白を受けたからっていよ。ちなにみこれ非公開情報。誰も知らない」 
。どうて調たの?」 
もそれが知りたい」 
秘密 
密はいいがお前の報源いい加減気になるよ」 
理」 
まあ、とにかく雪さんが北さんにメられてると」 
「そうなす先輩・・・・ラス中したりしてて、あも構うとターッゲットになから 
見てるん。でもそんな自分が嫌であたし、雪村さん助けた婿 
「イメってのは受け人は相当的ショックが大きい親に配かけた 
いケースがい。手をと手遅れになる。自殺とかな」 
兄さ構深。雪村さん限界い」 
「そうな貿か?どんな事んの?」 
。教落書に菊の花。体服隠し。トイレ水ぶっか」 
「おいベタなつはほとやっるじゃねーか」 
「雪村当に殺しかねない」 
やってんだ 
「気が付い。北さんし方うま。それにチクッたらターゲットになる から 
の怖くて誰もチクらない」 
「最じゃねーか 
「そうなんです・・あたし同じクラスの子がとか絶対嫌です」 
どな 



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070925143427