2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

思い出の懐中時計






小学生頃、校の帰り道にある「美時計店」のウィンてある懐。 
なんだかとてコいい感じがしたのだ工に絵が彫ありほしいとっていた 


「こんちは。どうしたのかな?いつも見」 


の事だだろか。いつものように中時を見ていたら不意声をかけられた。 
表をつか学生のは思わず叫んでしまった。 


「うわ!!」 
あら。っくさせちゃっな。たしねの店店長よ」 


顔を上げるそこ0代前半くらいの女の人が立っていた 
ーットトの髪がても印象たのを覚えている。 


んにちは」 
こんにちは。し、ちゃんと挨拶できる子好よ」 
あ・・・・・・」 
計好きなん」 
ん・・・これいう?かっこいね。秘道具?」 
これは懐時計いうのよ」 
「かいちあるの?」 
「いやの海中じの。ま、ズンのポトとの内ポ隠し持つ秘密時計の」 
「すすげえ!」 
「ふふっ中に入って見てみる?」 
!!いいの? 
。毎見てくれてた」 


内に入ると、色々尿計が店中あり退ったもの 
、びっくりのは全ての時計の秒針がピッタリ揃って時を刻んでいた事だった。 
カチッカチッというの音店内に響いてい 


ても妙な感じた。子心に何故かそ得体恐怖を感た。 
全くの狂いなく店中の時計がタリ同じ動きをしいることにまるで異空間迷いこんだよう 
覚に陥った気がした。 


「ビックリ?」 
西感じ・・・・・おさん凄いねこの時計達。生きるみたい 
「私こだわりなの。それに初て来たお客んはまックリするわね。それをするのが趣 
「趣ん」 
嫌な感じゃな?」 
ちょっと怖かった」 
だまだ子供だ」 
小学生だも 
退そっか」 


ういってお姉さんはクス笑った 


「はい。が見かったんで?」 
うん。何、普通の時計とは違うね囲気」 
「独特な感じで?ほここに竜の彫刻がるでしょ?の出っ張りを押し」 
これ」 


押すと刻の竜の目がピと光り、カチッと音がし。ふたのチになっていたようで 
ふたを開字盤が現れた。 
俺はその細工にひど見入しまた。ンドウを見てるときには像もかっ工に心を奪れた 
瞬間だった。 



「すげえ・・・・」 


まる物でもつけたかのはその懐中計をずっと見つめて尿 


「ほしい? 
・・・・」 
ちのね。今月閉めるん。だからそれさ、君にあげる 
本当に?」 
うん。気に入くれたみたい」 
当の当?」 
やっぱ嘘」 
?」 
嘘。冗談あげるよ。大切してね」 
「ありがとうおさん!」 
「どたしして」 


計店と、お姉さんと俺後ろで使振っていた。 


イバイ 


俺は何度も頭をげて礼をた。嬉しくて仕方なかった。 



の懐中時計を見ていた。あれからさず持っ。 
高校3年の今でも腕時計はなくこを持ち歩いる大切宝物だ。 


思議狂いない。さすがお姉さんの店の時計。 


輩!何見てんで」 


後輩小林千だっ姿 


小林か」 
小林君やめてくださいよう!探偵団じゃなんだから」 
ほら宝物」 
「うあ・アンテです。うの美術館の品の一ににえた・・・・・」 
まったくこ嬢様は 
「あ!輩!!私を金ち扱しなくだい!!!」 
持ちじか!のおかい10万ってよ」 
「だってれるんで」 
「普通は5千ろ」 
ああますよ!!お金なん!!」 
「何切れだよ」 
「お金いぱいあるから仕方ないじゃいですか切です! 
「やべ、イツ超殴りてえ」 
ふふーん 


林千春は学食で。 
食券をう時、財布らひらカードを出前に並でた小林唖然としたもだ。 


「あ、カド使えなあ・・・・」 
ちょっとにしてんの」 
?いや、殿カレーセを食べたいんですけど、カードがつかいんです・・・・」 


マジだっ。コイ気で言ってやがる。 


「実はカード使えないのには訳があんだ」 
へ?です 
「今年入って罪集がこの校にり込な。カードの情報をスキミグしそうになたんだ」
「スキグですか! 
「ああ。あれもと何もわらない一だった。ち早く学食何かの違和感を感じ。 
すまると妙な電子音がかすかに鳴っている」 
電子音ですか!!は一体!? 
こいつノリいのか本のか見破った食券の販にスミン装置 
れてるってね」 
ごいです!!」 
はすぐ先生と警に連たね。案定機械の内部からスキミンが出てき。かなり機械に詳しい 
ヤツやり口だ。内部の設に何の違和なく装置をり付けから」 
「かなり専門の知要ですよね・・・・」 
ああ。そ通りよ。それからといのスキミング被害防止対策めカード使用できなくなっだ」 
あ・・・なるほど・・・・調もあしこのか持合わせがないんで」 
で、つツ?」 
?」 
「いやいや。ええ???」 
「何かツッコムんですか? 
本気で聞たの?」 
ええ。ちょっと尊敬しまた。ですええと・・」 
任雄2年生だ 
トキー先輩です」 
は何者?小銭を出せ小銭。学食では小銭だ!」 
、小林千春年です。小銭こ1年近く見ませ」 
あんた、もしかしてお金持ち 
!あたしをお金ち扱いしなでくさい!庶民です!!」 
「庶学食でカーヒラリと『何かも?』と言わんばかりに自満々に出すな。吹いた!」稿 
「だてカード便利だもん」 
「しょうがない。が奢てやるよ。カレーットだな」 
「先優しい!小も持てるし」 
いや、も小ってるか 
「ほとで?じゃあ、の人もてます?」 
「持ってる」 
みませ」 


何やらてます?」と聞いてい。 


輩!あ人も小銭持ってまた!!」 
くなよ!れだけ好奇旺盛だ」 


あれかなる 


の懐中あ、俺が小学生った何か、 
少年偵団の秘密道具みたいでカコいいだろ」 
。カッコす!」 
うだろ」 


小学生頃この懐中時計をもらってかしばらくて、美使時計店は本当に無くなっていた。 
ンとしあのお姉さんもい。 
看板の字も取り貿空きっていた。 


兄さん」 


中時計に見入っての雫の声がた。 


う雫うした」 
「い。見かけら声ただけ」 


そういえば小林は妹を紹介してなかたな 


林ほ。俺の妹の雫。と同じ高校2年だ」 
「知ってまよー!同じもん」 
「あ、そうなのじゃ介いらなかったな 
そうもないです。ちゃんあんまり喋らない」 
ああ。こ見知り激。初人とかはぼ無言だ 
兄さん言い過ぎ」 
「いや、そうでもない」 
私がな感えるでしょう」 
性はな。それ前の格が原因ろ」 
またま兄さんは大好きせに 
前こ事大なくせに」 


ュッ握りめると妹。 


「よし 
よし!」 


俺と妹はにっこり笑同時にそうった。 
小林の頭の上にハテナマークが浮かんでいた。 


「先輩ですか?しって 
「気にするな」 
「気ないくだい。小林さん 
いやいや!気になすよ!!兄妹でスキって言い合かったですか! 
雫」 
「いや、綿 
前頼 
「私国語2」 
「い。盗み見たけどお5だた」 
「勝手見ないよ」 
許してくれるだろ?」 
「許んが言っし喋るの苦」 
「ちょ先輩!暗みたいな会話しないださ!!」 
号といえば踊る人」 
「兄さんでもさらなネタは思っ 
「まあ、マニアはな」 
得意げにいまら出さう反応しろと」 
お前」 
「そうでもよ」 
般のミテリきじない人は知らないから鮮だし、面白いろ」 
「ミス好きあたはどうすれば?」 
のう先・・何の話ですか?」 
ふん今さらそネタでどう楽しめとって鼻でけ」 
たし、超嫌女じ」 
でもそ雫が湿きだぜ!!」 
「あたし兄さ!!」 


と再締め達の手。 


「よし!」 
よし 
「よしじゃないすよ先輩!!どこから突っめばいですか!!」 
使突っ込むの人が言っちゃ駄目 
むしろもう 姿
「兄さん春は下ネタスー率高し」 
「そう 
家が持ち教育が厳しくてそのの情報はないの。調査」 
調やねん 
「私の兄と1年も一緒にるのに調査しないなんて超無理」 
「嫉妬すな。少年探偵団年と苗字が同かっただけ」 
せ、先輩そうだったんですか!んな由ですか!!」 
千春ん。ツンデレよンデレ」 
?」 
さん。こ娘ツンデレをご存知ないよ」 
「食券ードで買てたになんとなく普通とはいてた」 
「そな事があったんちょっとイタイ」 
そこは見てみぬフリが最善雫」 
私無理」 
。そこはスルー優しさだ」 
さんルー調したの?」 
「い尿や、キミング防止策だと教た」 
余計チが悪いじゃな」 
そこはお前の優しさ。カードが使える訳なうが!!と言えと?」 
え」 
お前、将来寿育ママ」 
供を作らけれ題なし 
先輩!!いい加減に私に分かる会をしてくだ!!」 


「兄さん私用あるから」 
「あ」 


そうは去ていっ 


輩聞きたいことが山のようにあるんけど! 
「何だい小林君 
「あたしが小林少一緒苗字だから一にいたんっ」 
ああ」 
「妹んと両思んですか近親相姦です!」 
「いや、微妙。シコンブラ稿はある」 
好きって言てたゃないですか!」 
「一し合ったんだ。よく近親相姦殿かで兄妹で聞くだろ」 
きませんよ!」 
「いや、ネトじゃそういう話多んだって。で、もともと仲良かった達兄妹は話し合ったんだ 
「何をです 
「ボーダーラインこに」 
「どに引です 
「ま細かい話は色あるんだは『10代20代まではいいけど姿、40代位になった 
さすがに妹で親ってキモいよな』ってところで意見が合な」 
に現実的ですね 
局普通の兄妹でうって事になった」 
「はあ。あの暗号のような会は何 
いのく分かるから、色々主語とかいて喋あなる」 
「あた、激しく異空い込気がしましたよ・・・・」 


に帰ってのんびりし時の事だった。 
メールの着信が入ていた。 


。ちょと相があんです。今から会えませか? 


からだ。何だ談か。 


いい。どこで会?」 


と返を打つ。 


局駅前のファミレスで会うことになった。 
で靴を履いいた時のことだった。 


んどこへ」 
「駅前のミレス」 退
「誰」 
お嬢さん」 
 
はない」 
無理」 
俺こそ無理。お前関係ない 
「兄妹繋が」 
「連じゃんだか」 
「ありある同じラスだし多分力なれる 
じゃあステ故障湿」 
たしアホゃん」 
むしが良い雰気作り」 
兄さん孔明 
褒めすぎ行くぞ」 


前のファミレスに行く奥のテール席に林がいた。 
ちろん俺だけと思ってた小林はビクリしいた。 


あの西何で雫ちゃんまで来てるんすか?」 
「あら、スス迷彩が壊れうね。私の姿が見えるとは!!」 
「あ雫!!お前また俺のつけてきて!!ステルス迷彩!!」 
「ばちゃあしない私もまぜて!! 
「帰るんじゃねーのかよ」 
へってるし」 
「お前さっきラーメン食ってただろ」 
「別バラ」 
デザートゃないんだから」 
「千さん。私も混ぜて」 
ステル何です 
「!!」 
 
兄さんんステス迷彩ご存姿知なようよ」 
すまよく知ってるはずない」 
「兄さん劉禅」 
「それは言い過ぎだ!!」 
「ミス歩的すしの技水のでしもアホ丸出し」 
正直すまん」 
「これで私が混断れないね兄さは」 
ああ・・・・・・」 
先輩達、いだから私にように話して下」 
「つまり談に雫も混ざるって事だな」 
「何すか?」 
や、今話がまとまっただか返さな」 
「兄さんのミよ」 
「よく分かりがいいです雫ちゃんもなく分でしょ?あたしの談内容」 
え。同じクだもの」 
「何?小林のクで何かあったのか?」 
「兄んあしもいるよ。千さんだけじゃいよ」 
「おこはスルーしろ。で、何?」 
え・・・実はちのクラスイジメがるん 
イジメ?誰がイジメられての?」 
「雪いう子です。女子のリの人がやらせてるんです 
さんなみたしの調査ではのリーダー格の女子子が好きった男に 
村さんが告白けたていう理由よ。ちなにみこれ非公開情報誰もらない」 
凄い。どう調たの」 
俺もれが知りたい」 
秘密」 
はいい前の情いい加減気によ」 
理」 
まあ、とにかく雪村さんが北村さんにイジられると」 使
「そうなんです先輩・・・・クラス中で視しりし、あたしうとターッゲッになるら 
見てみぬフリしるん。でもそんな自嫌で。あたし雪村さけたす・・・」 
イジってのはた本人は当精ショックが大きいし、両親に心配かけいか 
わないケースが多い。下手をすると手遅れにな。自殺とな」 
さん結構深刻。雪村さん限界 
そうなのかな事されてん」 
「集団無。教科書。机に菊の花。隠しイレで水ぶっかけ」 
「おタなやつはほとんどてるじゃねか」 
「雪村さん本当に自殺しかねない」 
「担何やってだ」 
「気婿が付いてない。北村隠しうまい。にチクッたーゲッになら 
くて誰もらない」 
「最悪じゃねか」 
うなんです先輩・・・あたし同じクラスの子か絶対嫌す」 
なるどな 



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070925143427