2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

思い出の懐中時計






学生の学校り道にある「原時計店」のウィンドウてある懐中時計をいつも見た。 
なんとてもカコいじがしたのだ。飾りの細工に竜の絵が彫ってありかほ思ってい。 


「こんは。どうしたのかな?いつもてるね君」 


の事だったいつもように中時計をたら不意に声をけらた。 
意表をつかれた小学の俺思わず叫んった。 


うわああ!!」 
あらあらっくりさせちゃったかな。あたし店の店長さんだよ」 


を見上げるとそには代前らいの女の人が立っていた 
ョーットカがとても似って、笑顔印象だったのを覚いる。 


「ここんには」 
「こんにち。あたと挨拶できる子好きよ」 
「はあ・・・・・・」 
時計だ?」 
「う・・・これていうの?かっこいね道具? 
これは懐っていうのよ」 
いちゅう?海と関係あるの」 
「いや、その中じないの。まあ、ズボンットとか服のに隠し持つ密時計事よ!」 
「す、すげえ!」 
「ふっ。中にって退る?」 
うん!!いいの?」 
「いいよ見てくれて 


店内に入、色々が店中に飾っあり面食らったのだ。 
かし、びしたのは全ての時計の秒姿ピッタリ揃って時を刻んでいた事だた。 
カチッッというつのが店に響いて。 


とて奇妙な感じがした子供心に故かその、得知れない恐怖を感じた。 
くの狂いもな、店中の時計が綿ッタきをしいることまるで異空間迷いこんだような 
った気がし 


ックリした?」 
何か不思議な感じ・・・・・・・おん凄殿いねこの時。生てるみた」 
「私こだりなのそれめて来たさんずビッリするわ。それを観察するのが趣味なの 
味悪いよお姉ん」 
でもないょ? 
最初ちょっと怖かった」 
「まだね 
「小だもん」 
か」 


って姉さんはクスッと笑。 


「はこれが見たかったでしょ?」 
「う。何か、違う囲気が」 
独特じでしほらここに竜の彫刻があるしょ?ここの出っ張りを押してごらん」 
?」 


れを押すと彫刻のがピッカっとッと音がした。スイッチになっ退たようで 
ふたを文字盤れた 
その細工にひどく入ってしまった。ウィンドウを見るとき像もしなかった細工に心奪われた 
瞬間。 



「すげ・・・」 


まるで宝物つけのように俺はその懐中計をずつめていた。 


ほしい?」 
「う・・・・・ 
うちの店ね。今月末で閉めるんだ。だそれにあげる 
ほ、当に」 
「うん入っくれたみ」 
「本の本当?」 
やっぱ」 
「ええ?」 
「嘘嘘。冗談あげるよしてね」 
りがお姉さん!!」 
どういたまし」 


時計店をにすると、お姉さんはずっ俺の後ろで手を振ってた。 


イバイ」 


俺は何度も頭をさげて。嬉しくて仕方なか沿。 



の懐中時計を見ていた。あれからずっと肌身離さず持てい。 
高校3の今でも腕時計ではな持ち歩いいる。大切。 


不思議一秒の。さがあのお姉さんの店の時計だ。 


「先!何見るんですか?」 


輩のった。 


「お。小林君か」 
小林ください少年探偵団じいんだから 
ほら。俺の宝物」 
「うわ・・・・アィーすね。うちの美術館一つにに是えたいで・・・・・」 
まったくこのは」 
!先輩!私を金持ち扱いしなでくだい!!!」 
「超金持ちじねーか!月のおつか万って何者だ」 
れるんでん」 
「普通は5千円くらいだろ」 
じゃあげます!!お金なんか!!」 
「何れだよ」 
金いっぱいあるんだかないじゃいですか切れで殿す!」 
べ、コツ超殴りて 
「ふふーん」 


林千春とは食でった 
食券を買時に、財からひらりと宿ードを俺の前でた小林に唖然としたも 


カード使えなのか・・ 
「ちょっ、君なにしてんの」 
「へ?や、カセットを食べたんですけどカードがつかえないん・・・・」 


顔がマジだった。コイツ本気で言姿。 


実はカードが使いのに訳があるん 
へ?ですか」 
「今年に入謎の犯罪集団がの学校に入り込んでな。カードの報をスキミングそうになったんだ」
「スキミングですか綿!!」 
「ああ。あれいつもと何も変わないだった。いち早学食に来た俺は何かの違和感をじた。 
耳をすまと妙な電子音がかすかに鳴っているんだ」 
音ですか!れは一体!?」 
(こつノリがいいのか本気か)一発で見破っね。これは食券の販売機に使キミング装置が 
置されてるってね 
「すいです!!  
「俺ぐ先生と警察に連したね。案の定機械の部からスキミング装置が出てきたかな機械にい 
ヤツのやり内部設計何の違和感もなく装置を取り付たから 
「かな専門の知識が要ですね・・・・」 
「ああ。だよれかいうのスキミグ被害対策のたカーの使用はできなくなったんだ 
「はあ・・・なる・・でもたしこのか持合わせがないす」 
で、いつツッコムの?」 
え?」 
「いやいや。ええ??」 
かツですか?」 
君本気で聞てたの?」 
「ええ。ちょっと尊敬しまた。いんですねええ・・・」 
時任雄介。年生だ」 
トキトー先輩ですね殿 
「ああ。は何小銭を出小銭を。学では小銭だ!」 
小林千春1小銭はここ1年近見て 
あんた、もしかし金持ち 
「あ!あしをお金持ち扱いしないでください!庶です!!」 
婿民が学食で、カードヒラリと『何か問でも』と言ばかりに信満出すな。吹たわ!」 
だってカード便利だもん」 
ょうがない。るよ。カレーセだな」 
「先輩優しい!!小も持っし!!」 
いや、誰でも小銭ってる尿ら」 
「ほんとですかゃあ、あの人持っ?」 
「持ってるよ」 
「すみま!!」 


何やら「小銭持ってます殿聞いている。 


!あ人も持ってました!!」 
聞きに行くよ!れだ心旺盛だ君は」調 


れから1年に 


この懐中時計さあ、俺が小学生の時った宝だ。何かさ 
少年探偵団の秘具みたいッコいだろ 
カッコイです!」 
「そうだろ」 


学生の頃この懐中時計もらしばらて、美時計店は本当ていた。 
とした店内のおさんもいない 
板の文字も取り外され、空きにな。 


さん 


懐中時に見入っている妹の雫の声がし。 


おうか。どうし 
「いや。見から声かけただけ」 


ういば小には妹を紹介してなか 


「小。俺。小林と高校2年だ」 
知ってまー!クラスですもん」 
あ、そうなの?じゃ、紹介いらなかったな」 
「そうもないす。り喋らないから」 
「ああ。こいつ人見知り激しいから。初対面のとかはぼ無言だ」 
「兄さ言い過ぎ」 
、そでもな」 
「私が根暗な感じに見える貿」 
「その可性は高いでもそれはお前が原だろ」 
「またまた兄んは。の事きなに」 
お前そ俺せに 


ギュッと握り締る俺と妹 


「よし! 
」 


と妹はにっこりってそうた。 
小林上にハテマークが浮かんでいた。 


「先輩なんですか?よしって」 
気にするな 
いでくさい。小林さん」 
やいなりますよ兄妹でスキって言い合ってなったですか!」 
「雫」 
「いや、兄さん 
「お前頼む」 
私、国2」 
「いや。み見したどお前5だった」 
「勝に見ない」 
「でも許してれるだろ 
すけど兄さんがて。喋る苦手」 
っと先輩達!!ないでくい! 
「暗いえる人形」 
んでも今さらなネタだと思った」 
まあ、マニにはな」 
意げに姿まさ出されてどろと」 
お前」 
そうでもなよ」 
般のミステリ好きじゃない人は知らないだから新鮮だ、面いんだろ」 
ミス好きあたしはどうすれば?」 
あのう先輩・・・話ですか? 
ふふん!今さらネタでどう楽しめと?って鼻で笑っと」 
あた、超嫌な女じゃん」 
「でもそんな雫が好きだぜ!」 
兄さん! 


ギュ再び握る俺手。 


「よし! 
「よ」 
よしじゃないですよ先輩!こから込めいい!!」 
「千春ん。突込むなんて人が言っちゃ駄調 
「むしろ俺が突っ込も!!」 
兄さん。千春は下ネタス率高」 
そうなのか?」 
「家が金持ちだから教育が厳しくてそのの情報は入らないの。調査済み」 
「何で調」 
「私の兄んと1年るのに調査しないなんて超無理」 
妬するな。少年探偵団の小林少年と字がじでしかっただけだ」 
「せ、うだったんですか!!んなですか!」 
「千ん。ツンデデレ」 
「ツンデレ??」 
兄さん。の娘ンデレをご知ないうよ」 
券をカとしてたになんと普通じないとは気いてた」 
「そんな事がったの。千春さんちょっとイタイ子」 
「そこは見てぬフリが最善だ雫 
私無理」 
「いや。そこはスルするしさ 
「兄さたの?」 
いやスキング防止対策だと教えた」 
計タチがじゃ 
そこはお前俺の優しろ。カード使える訳なろう!とと? 
ええ」 
「お、将来教育マ 
「子供をらなければ問なし」 
先輩!!加減に私に分かる会話をしくださ 


さん私用がある 
ああ」 


そう言って妹は去ってた。 


先輩 聞きのようにあるんすけど」 
「何だ小林君」 
「あが小林少年と一緒の苗字宿から一緒にんでかっ 
「ああ」 
んと両思いなんで姿すか!!近親相姦すか!!」 
「いや、微妙う。スコラコンではある 
「好きて言ってたゃない 
話しだ。近親相姦とか兄妹でたりと聞くだ 
きま!」 調
いやネットじゃそう話寿多いんだってで、もともと仲良俺達兄妹話したん」 
ですか?」 
「ボーダーラインをどこを」 
「どこに引いたんで?」 
細かい話は色あるだが、最『10代20代ではいいけど、40代位になったら 
さすがに兄妹で近親ってキモよな』てところで意見が合致してな」 
実的ですね」 
「結局普通の兄妹でいよて事なった」 
あ。暗号のようなは何ですか?」 
お互いの事がよく分かるから々主とかいて喋るとなる」 
し、しく異間に迷い込 んだ気がしましたよ・・・・」 


に帰ってのりし時の事だた。 
信が入ってた。 


「先ょっと相談がんです。から会せん」 


林からだ。ろう?相談か。 


いいどこ会う」 


と返打つ。 


結局駅前のァミレスとになた。 
玄関で靴を履いてことだった。 


さんどこ?」 
「駅のファミレ」 
「誰」 
金持ちお嬢さん」 
「あたしも」 
れはない 
」 
こそ無理。お前関係い」 
「兄妹繋がり」 
連想ームじゃいんだか 
あたし心当綿る。同じクスだ分力なれる」 
「じゃあ、テルス迷彩で」 
「あ超アホ 
「むしろが良い雰囲りにな 
兄さん孔明」 
褒め。行くぞ」 


のフレスに行くーブル席に小林が 
もちろん俺けが来ると思って小林はックしていた 


の先輩?で雫ちゃんで来てるすか? 
あら、ステルス迷彩が壊れたよう私の姿るとは!!」 
「あっ!!雫!お前まの後をつけてきて!!ステル迷彩禁止!!」 
れちゃあしょうが!!まぜ」 
帰るんじゃねーのかよ」 
ってし」 
お前きラメン食ってた 
バラ 
「デザートじゃないんだから」 
春さん。私ぜて」 
テル迷彩って何すか先輩」 
「!!」 
!! 
さんさんステルス知ないうよ」 
「すまん。よくたらてるが」 
ん劉禅」 
「それは言い過ぎだろう!!」 
ス初的すぎ。水の泡でしかもア」 
「正まん 
れで私が混ざのは断れいねんは」 
「ああ・・」 
「先輩達お願いだから私分かように話して下さいよう・・・」 
まり相談に雫もな」 
何で 
「いや、話がた所だから蒸し返ないくれ」 
さんのミスよ」 
「よ分かりせんがいいですよちゃんも何となく分かるでしょ?あたしの相内容 
「えクラスだ 
林のクラかあったのか」 
「兄さんあもいるよ。千春さんだけじゃな」 
はスルーし。で、何?」 
「ええ・・・・実はうちクラスイジメがあんです」 
ジメジメられてん?」 
雪村さう女のラスの子のリダー格の人がやらせてるんです」 
兄さ。ちなみにたしの調査では、のリーダ寿の女北村子が好た男子に 
村さんが告白を受からていう理由よ。にみこれ非公報。 
雫ちん凄いどうって調べた?」 
もそ知りたい 
」 
「秘はいいがお前の情報がいい加気になるよ」 
「無婿」 
「まあとにか雪村さん村さんイジメられてる 
「そうなんです先輩・・・・・ラス中でしたしてて、あたも構うとッゲットに 
見てみぬフリしるんです。もそんな自分が嫌で。あた、雪村さんいです・・・・」 
イジって受けた本人は相的ショクが大いし、両親にも配かけいから 
ないケー多いするなる。自殺とかな」 
「兄さん結構深刻。雪村さん限い」 
「そうな?どされてんの?」 
団無。教科書落き。机に菊の花。体操服隠し。イレでぶっかけ」 
おいタなやつはとんってるじーか」 
「雪村さん自殺しかねない」 
担任は何やってんだ」 
北村さん隠し方うまい。それにッたらタになるから 
レる怖くて誰もチクらない」 
最悪じゃねーか」 
なんで輩・・・たし同じクラス子が自殺と対嫌で」 
なる 



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070925143427