2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

思い出の懐中時計






小学生の頃、学校の帰り道にある「美原時計店」のウィンドウに飾ってある懐中時計をいつも見ていた。 
なんだかとてもカッコいい感じがしたのだ。飾りの細工に竜の絵が彫ってあり、いつかほしいと思っていた。 


「こんにちは。どうしたのかな?いつも見てるね君」 


いつの事だっただろうか。いつものように懐中時計を見ていたら不意に声をかけられた。 
意表をつかれた小学生の俺は思わず叫んでしまった。 


「うわああ!!」 
「あらあら。びっくりさせちゃったかな。あたしね、この店の店長さんだよ」 


顔を見上げるとそこには20代前半くらいの女の人が立っていた。 
ショーットカットの髪がとても似合っていて、笑顔が印象的だったのを覚えている。 


「こ、こんにちは」 
「こんにちは。あたし、ちゃんと挨拶できる子好きよ」 
「はあ・・・・・・・」 
「時計好きなんだ?」 
「うん・・・・・・これ何ていうの?かっこいいね。秘密道具?」 
「これは懐中時計っていうのよ」 
「かいちゅう?海と関係あるの?」 
「いや、その海中じゃないの。まあ、ズボンのポケットとか服の内ポケットとかに隠し持つ秘密時計の事よ!」 
「す、すげえ!」 
「ふふっ。中に入って見てみる?」 
「うん!!いいの?」 
「いいよ。毎日見てくれてた御礼よ」 


店内に入ると、色々な時計が店中に飾ってあり面食らったものだ。 
しかし、びっくりしたのは全ての時計の秒針がピッタリ揃って時を刻んでいた事だった。 
カチッカチッという一つの音が店内に響いていた。 


とても奇妙な感じがした。子供心に何故かその時、得体の知れない恐怖を感じた。 
全くの狂いもなく、店中の時計がピッタリ同じ動きをしていることにまるで異空間に迷いこんだような 
錯覚に陥った気がした。 


「ビックリした?」 
「何か不思議な感じ・・・・・・・・お姉さん凄いねこの時計達。生きてるみたい」 
「私のこだわりなの。それに初めて来たお客さんはまずビックリするわね。それを観察するのが趣味なの」 
「趣味悪いよお姉さん」 
「でも嫌な感じじゃないでしょ?」 
「最初ちょっと怖かったよ」 
「まだまだ子供だね」 
「小学生だもん」 
「そっか」 


そういってお姉さんはクスッっと笑った。 


「はい。これが見たかったんでしょ?」 
「うん。何か、普通の時計とは違うね雰囲気が」 
「独特な感じでしょ?ほらここに竜の彫刻があるでしょ?ここの出っ張りを押してごらん」 
「これ?」 


それを押すと彫刻の竜の目がピッカっと光り、カチッと音がした。ふたのスイッチになっていたようで 
ふたを開けると文字盤が現れた。 
俺はその細工にひどく見入ってしまった。ウィンドウを見てるときには想像もしなかった細工に心を奪われた 
瞬間だった。 



「すげえ・・・・・」 


まるで宝物でも見つけたかのように俺はその懐中時計をずっと見つめていた。 


「ほしい?」 
「うん・・・・・」 
「うちの店ね。今月末で閉めるんだ。だからそれさ、君にあげるよ」 
「ほ、本当に?」 
「うん。気に入ってくれたみたいだし」 
「本当の本当?」 
「やっぱ嘘」 
「ええ?」 
「嘘嘘。冗談よ。あげるよ。大切にしてね」 
「ありがとうお姉さん!!」 
「どういたしまして」 


時計店を後にすると、お姉さんはずっと俺の後ろで手を振っていた。 


「バイバイ」 


俺は何度も頭をさげてお礼を言った。嬉しくて仕方なかった。 



その懐中時計を見ていた。あれからずっと肌身離さず持っている。 
高校3年の今でも腕時計ではなくこれを持ち歩いている。大切な宝物だ。 


不思議と一秒の狂いもない。さすがあのお姉さんの店の時計だ。 


「先輩!何見てるんですか?」 


後輩の小林千春だった。 


「おお。小林君か」 
「小林君はやめてくださいよもう!少年探偵団じゃないんだから」 
「ほら。俺の宝物」 
「うわあ・・・・アンティークですね。うちの美術館の品の一つにに是非加えたいです・・・・・」 
「まったくこのお嬢様は」 
「あ!!先輩!!私を金持ち扱いしなでくだい!!!」 
「超金持ちじゃねーか!月のおこつかい10万って何者だよ」 
「だってくれるんですもん」 
「普通は5千円くらいだろ」 
「じゃああげますよ!!お金なんか!!」 
「何切れだよ」 
「お金いっぱいあるんだから仕方ないじゃないですか切れです!」 
「やべ、コイツ超殴りてえ」 
「ふふーん」 


小林千春とは学食で知り合った。 
食券を買う時に、財布からひらりとカードを出す俺の前に並んでた小林に唖然としたものだ。 


「あら、カード使えないのかなあ・・・・・・」 
「ちょっと、君なにしてんの」 
「へ?いや、カレーセットを食べたいんですけど、カードがつかえないんです・・・・」 


顔がマジだった。コイツ本気で言ってやがる。 


「実はカードが使えないのには訳があるんだ」 
「へ?訳ですか」 
「今年に入って謎の犯罪集団がこの学校に入り込んでな。カードの情報をスキミングしそうになったんだ」
「スキミングですか!!」 
「ああ。あれはいつもと何も変わらない一日だった。いち早く学食に来た俺は何かの違和感を感じた。 
耳をすませると妙な電子音がかすかに鳴っているんだ」 
「電子音ですか!!それは一体!?」 
「(こいつノリがいいのか本気なのか)俺は一発で見破ったね。これは食券の販売機にスキミング装置が 
設置されてるってね」 
「すごいです!!」 
「俺はすぐ先生と警察に連絡したね。案の定機械の内部からスキミング装置が出てきた。かなり機械に詳しい 
ヤツのやり口だよ。内部の設計に何の違和感もなく装置を取り付けてたからな」 
「かなり専門の知識が必要ですよね・・・・」 
「ああ。その通りだよ。それからというものスキミング被害防止対策のためカードの使用はできなくなったんだ」 
「はあ・・・・なるほど・・・・でもあたしこのカードしか持ち合わせがないんです」 
「で、いつツッコムの?」 
「え?」 
「いやいや。ええ???」 
「何かツッコムんですか?」 
「君本気で聞いてたの?」 
「ええ。ちょっと尊敬しました。凄いんですねええと・・・」 
「時任雄介。2年生だ」 
「トキトー先輩ですね」 
「ああ。君は何者?小銭を出せ小銭を。学食では小銭だ!」 
「私、小林千春1年です。小銭はここ1年近く見てません」 
「あんた、もしかしてお金持ち?」 
「あ!あたしをお金持ち扱いしないでください!庶民です!!」 
「庶民が学食で、カードをヒラリと『何か問題でも?』と言わんばかりに自信満々に出すな。吹いたわ!」 
「だってカード便利だもん」 
「しょうがない。俺が奢ってやるよ。カレーセットだな」 
「先輩優しい!!小銭も持ってるし!!」 
「いや、誰でも小銭持ってるから」 
「ほんとですか?じゃあ、あの人も持ってます?」 
「持ってるよ」 
「すみませーん!!」 


何やら「小銭持ってますか?」と聞いている。 


「先輩!あの人も小銭持ってました!!」 
「聞きに行くなよ!どれだけ好奇心旺盛だ君は」 


あれから1年になる。 


「この懐中時計さあ、俺が小学生の時貰った宝物なんだ。何かさ、 
少年探偵団の秘密道具みたいでカッコいいだろ」 
「ええ。カッコイイです!」 
「そうだろ」 


小学生の頃この懐中時計をもらってからしばらくして、美原時計店は本当に無くなっていた。 
ガラーンとした店内。あのお姉さんもいない。 
看板の文字も取り外され、空き家になっていた。 


「兄さん」 


懐中時計に見入っていると妹の雫の声がした。 


「おう雫か。どうした」 
「いや。見かけたから声かけただけ」 


そういえば小林には妹を紹介してなかったな。 


「小林ほら。俺の妹の雫。小林と同じ高校2年だ」 
「知ってますよー!同じクラスですもん」 
「あ、そうなの?じゃ、紹介いらなかったな」 
「そうでもないです。雫ちゃんあんまり喋らないから」 
「ああ。こいつ人見知り激しいから。初対面の人とかはほぼ無言だ」 
「兄さん言い過ぎ」 
「いや、そうでもない」 
「私が根暗な感じに見えるでしょう」 
「その可能性は高いな。でもそれはお前の性格が原因だろ」 
「またまた兄さんは。私の事大好きなくせに」 
「お前こそ俺の事大好きなくせに」 


ギュッと握り締める俺と妹の手。 


「よし!」 
「よし!」 


俺と妹はにっこり笑って同時にそう言った。 
小林の頭の上にハテナマークが浮かんでいた。 


「先輩なんですか?よしって」 
「気にするな」 
「気にしないでください。小林さん」 
「いやいや!気になりますよ!!兄妹でスキって言い合ってなかったですか!!」 
「雫」 
「いや、兄さんが」 
「お前頼む」 
「私、国語2」 
「いや。盗み見したけどお前5だった」 
「勝手に見ないでよ」 
「でも許してくれるだろ?」 
「許すけど兄さんが言って。あたし喋るの苦手」 
「ちょっと先輩達!!暗号みたいな会話しないでください!!」 
「暗号といえば踊る人形」 
「兄さんでも今さらなネタだと私は思った」 
「まあ、マニアにはな」 
「得意げにいまさら出されてどう反応しろと」 
「お前毒舌」 
「そうでもないよ」 
「一般のミステリ好きじゃない人は知らないんだから新鮮だし、面白いんだろ」 
「ミステリ好きのあたしはどうすれば?」 
「あのう先輩達・・・・何の話ですか?」 
「ふふん!今さらそのネタでどう楽しめと?って鼻で笑っとけ」 
「あたし、超嫌な女じゃん」 
「でもそんな雫が好きだぜ!!」 
「あたしもよ兄さん!!」 


ギュッと再び握り締める俺達の手。 


「よし!」 
「よし!」 
「よしじゃないですよ先輩!!どこから突っ込めばいいんですか!!」 
「千春さん。突っ込むなんて女の人が言っちゃ駄目」 
「むしろ俺が突っ込もう!!」 
「兄さん。千春は下ネタスルー率高し」 
「そうなのか?」 
「家がお金持ちだから教育が厳しくてその手の情報は入らないの。調査済み」 
「何で調査やねん」 
「私の兄さんと1年も一緒にいるのに調査しないなんて超無理」 
「嫉妬するな。少年探偵団の小林少年と苗字が同じで嬉しかっただけだ」 
「せ、先輩そうだったんですか!!そんな理由ですか!!」 
「千春さん。ツンデレよツンデレ」 
「ツンデレ??」 
「兄さん。この娘ツンデレをご存知ないようよ」 
「食券をカードで買おうとしてた時になんとなく普通じゃないとは気付いてた」 
「そんな事があったの。千春さんちょっとイタイ子」 
「そこは見てみぬフリが最善だ雫」 
「私無理」 
「いや。そこはスルーする優しさだ」 
「兄さんはスルーしたの?」 
「いや、スキミング防止対策だと教えた」 
「余計タチが悪いじゃないの」 
「そこはお前俺の優しさだろ。カードが使える訳ないだろうが!!と言えと?」 
「ええ」 
「お前、将来教育ママ」 
「子供を作らなければ問題なし」 
「先輩!!いい加減に私に分かる会話をしてください!!」 


「兄さん私用があるから」 
「ああ」 


そう言って妹は去っていった。 


「先輩聞きたいことが山のようにあるんですけど!!」 
「何だい小林君」 
「あたしが小林少年と一緒の苗字だから一緒にいたんですかっ」 
「ああ」 
「妹さんと両思いなんですか!!近親相姦ですか!!」 
「いや、微妙に違う。シスコンブラコンではある」 
「好きって言ってたじゃないですか!」 
「一度話し合ったんだ。よく近親相姦とかで兄妹でHしたりとか聞くだろ」 
「聞きませんよ!!」 
「いや、ネットじゃそういう話多いんだって。で、もともと仲良かった俺達兄妹は話し合ったんだ」 
「何をですか?」 
「ボーダーラインをどこに引くかを」 
「どこに引いたんですか?」 
「まあ、細かい話は色々あるんだが、最終的には『10代20代まではいいけど、40代位になったら 
さすがに兄妹で近親ってキモいよな』ってところで意見が合致してな」 
「妙に現実的ですね」 
「結局普通の兄妹でいようって事になった」 
「はあ。あの暗号のような会話は何ですか?」 
「お互いの事がよく分かるから、色々主語とか省いて喋るとああなる」 
「あたし、激しく異空間に迷い込んだ気がしましたよ・・・・」 


家に帰ってのんびりしてた時の事だった。 
メールの着信が入っていた。 


「先輩。ちょっと相談があるんです。今から会えませんか?」 


小林からだ。何だろう?相談か。 


「いいよ。どこで会う?」 


と返信を打つ。 


結局駅前のファミレスで会うことになった。 
玄関で靴を履いていた時のことだった。 


「兄さんどこへ?」 
「駅前のファミレス」 
「誰」 
「金持ちお嬢さん」 
「あたしも」 
「それはない」 
「無理」 
「俺こそ無理。お前関係ない」 
「兄妹繋がり」 
「連想ゲームじゃないんだから」 
「あたし心当りある。同じクラスだし。多分力になれる」 
「じゃあ、ステルス迷彩故障で」 
「あたし超アホじゃん」 
「むしろそれが良い雰囲気作りになる」 
「兄さん孔明」 
「褒めすぎ。行くぞ」 


駅前のファミレスに行くと奥のテーブル席に小林がいた。 
もちろん俺だけが来ると思ってた小林はビックリしていた。 


「あの先輩?何で雫ちゃんまで来てるんですか?」 
「あら、ステルス迷彩が壊れたようね。私の姿が見えるとは!!」 
「あっ!!雫!!お前また俺の後をつけてきて!!ステルス迷彩は禁止!!」 
「ばれちゃあしょうがないわ!!私もまぜて!!」 
「帰るんじゃねーのかよ」 
「お腹へってるし」 
「お前さっきラーメン食ってただろ」 
「別バラ」 
「デザートじゃないんだから」 
「千春さん。私も混ぜて」 
「ステルス迷彩って何ですか先輩」 
「!!」 
「!!」 
「兄さん千春さんステルス迷彩ご存知ないようよ」 
「すまん。よく考えたら知ってるはずないな小林が」 
「兄さん劉禅」 
「それは言い過ぎだろう!!」 
「ミス初歩的すぎ。あたしの演技水の泡でしかもアホ丸出し」 
「正直すまん」 
「これで私が混ざるのは断れないね兄さんは」 
「ああ・・・・・・」 
「先輩達、お願いだから私に分かるように話して下さいよう・・・・」 
「つまり相談に雫も混ざるって事だな」 
「何でですか?」 
「いや、今話がまとまった所だから蒸し返さないでくれ」 
「兄さんのミスよ」 
「よく分かりませんがいいですよ。雫ちゃんも何となく分かるでしょ?あたしの相談内容」 
「ええ。同じクラスだもの」 
「何だ?小林のクラスで何かあったのか?」 
「兄さんあたしもいるよ。千春さんだけじゃないよ」 
「お前そこはスルーしろ。で、何?」 
「ええ・・・・実はうちのクラスイジメがあるんです」 
「イジメ?誰がイジメられてんの?」 
「雪村さんっていう女の子です。何かクラスの女子のリーダー格の人がやらせてるんです」 
「兄さん。ちなみにあたしの調査では、そのリーダー格の女子北村優子が好きだった男子に 
雪村さんが告白を受けたからっていう理由よ。ちなにみこれ非公開情報。誰も知らない」 
「雫ちゃん凄い。どうやって調べたの?」 
「俺もそれが知りたい」 
「秘密」 
「秘密はいいがお前の情報源がいい加減気になるよ」 
「無理」 
「まあ、とにかく雪村さんが北村さんにイジメられてると」 
「そうなんです先輩・・・・・クラス中で無視したりしてて、あたしも構うとターッゲットになるから 
見てみぬフリしてるんです。でもそんな自分が嫌で。あたし、雪村さん助けたいです・・・・」 
「イジメってのは受けた本人は相当精神的ショックが大きいし、両親にも心配かけたくないから 
言わないケースが多い。下手をすると手遅れになる。自殺とかな」 
「兄さん結構深刻。雪村さん限界近い」 
「そうなのか?どんな事されてんの?」 
「集団無視。教科書落書き。机に菊の花。体操服隠し。トイレで水ぶっかけ」 
「おいベタなやつはほとんどやってるじゃねーか」 
「雪村さん本当に自殺しかねない」 
「担任は何やってんだ」 
「気が付いてない。北村さん隠し方うまい。それにチクッたらターゲットになるから 
バレるの怖くて誰もチクらない」 
「最悪じゃねーか」 
「そうなんです先輩・・・・あたし同じクラスの子が自殺とか絶対嫌です」 
「なるほどな」 



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070925143427