2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

電車男+後日談(本人書き込み抜粋版)






今日はに行って。特買うたんだど 
帰りの電車で酔っいの爺さんがい 
両には座席で座ってる俺とさん以外は殆 
40代くらいかな。 


その爺が、周りの性客達に絡み始めた 
初に若い女性に絡湿んだんだ、その人はすごい気が強く 
さん次のさっと降りいった。 
な奴ラ様子見てた。 


んは次に俺のってる座席に来て、真ん中らへんに 
座ってるおばさん数人にめる。 
「携帯使湿たらただじゃおねーぞ」 
みたいな西てビせてと思 
おばん達は(´・ω`)←な感じで押黙ってしまっ


ばさ達はそのっと下向て 
「関わらない方が良い」とじだ。 
ると、爺またらないことをわめきつつ 
「女って使れてりゃいいだよ」 
いなこを言って、手をおんの顔に持っいって顎を。 
俺はさすがマズいと思って、勇気を振り絞ってちょっと叫 
い、やろよ」と。声震尿えてた。 
俺、とかしたことなったし。 
それ爺さんに聞こえてなかったらしく、反応無し。 
い!だよ!やめろいっぎうこhくえほp 
必死にもう一度叫ぶそこでおばさんがいい、大丈夫から」 
ち上がった俺を制。爺さんく気いたらし 
の方を向く。 
きからジジロ見やがっ…」 
睨み付けた。 


で俺の座席の前までやってくる。 
あぁ前幾つだ 
「22 
ぁ60こヴぃえそいv 
何言ってるかよく分らなかったけど、大体「若い気な」 
たいな感じのこを言ってき。 
んだ?やるのか?やるの?」 
さんはもう喧嘩腰だった。 
「ハ警察呼びますよ」 
警察もなんでも呼べじふげg」 
そうの西りながら、手ざしきた。 
手元の隣に座って 女性手がたった。 
と言っても、平がかすったくらいだけ


「キャッ!」とその女性客が後ろに退た。 
俺は無我夢中で立ちがって爺さんの腕を掴んだ。 
その隙におばさん達の一人が車さん行ったの 


その時、騒ぎに気が付いた隣の両にい0代後半くらいの 
サラーマンが助けに来てくれた。う俺とさんを見るなり 
んをろから羽交い締めにする。 
あぁかったわったな若い子むな」 
すが尿先輩だった。刺尿激せずになだめる事を知ってる 
俺が押から、う座りさい」 
かなり興奮てたからそのサラリーについで 
なだめられてしまっさんはそのサラリーマンには 
全然脅しけないでやんの。自より強いと思ったからなんだろうな 
俺は舐められてだなしくなるヽ(`Д´)ノ 


が座るが 
ですね」 
、俺にかけてきた。 
当迷惑で 
と気尿いたと言俺。_| ̄|○


しばくすると車掌さんがた。 
「とりあえず警察に引き渡すので次のて下さいね」 
と爺んにまたわめきだ 


事件るということ、次の駅で 
と、隣の性と、おばん達、爺さんが降りた。 
すると車掌さん 
「ちょっとお巡りさ呼んでくるら、その人押さててくますか?」 
と、どこかに消える。俺と爺さ女性殿陣を残して。頼りにならねぇと思った。 
は爺んがげないように腕を捕ていたんだが 
「掴むんじゃねぇよげねぇよ」 
とわめきりの香具助けてくれいしω`


うとする爺おさまていと 
ちょっとしてよう警察官が2、やってきた 
「このおん?」 
と俺聞く。はいと答えと、物凄い勢いで 
爺さんを駅員詰所に連れ込んでく。俺らも後付いて行 
で全員の身分証をしに 
これ、事件にます 
と女性と、全員 
いやいいです」 
との答え。俺は一応何されてないと答えておいた。


にしなくも、何か書類を書かないといらしく 
陣と俺応交番まで付いて行くことにった。 
その道中 
俺のせいで、大変なことに巻きこんですいん」 
と女性陣に謝っ。本当はおばさん達もっと先ので降りるはずったで。 
女性は 
いいんですよ」 
と笑てくれた。 


交番に着くと、爺さんはの奥へ連行される。 
わめき声と警察官の怒号が聞こえてきた。 
ぷり搾ってやるかw」 
とおさんった。 


調書(?)をカリ書いる女性陣を見てて 
俺はまた謝らずにいられなくなって 
ペコペコ頭稿下げながらった。 
あの時、黙ってればな大事にならずに済んだのに 
といいで頭の中がいっぱいら。 
「今時、さんたいなかなかいませんよ」 
の一が言って簿れた。救れた様な


何をたか 
「あ、僕はもう帰っいんですか? 
はおりさんに言っ。 
「はい、もういいですよ。本当にありがとうざいま 
とお礼まで婿くれた。女性陣も深々と頭を下げ 
ざいした」 
。 
「良かたら、お名前とご連先をくれませんか? 
綿おば人が言 
俺はおばさんの持ったメモ帳に名と住書いておいた 
「すん…私もいいですか?」 
隣に座ってた女性にも書い 
ると 
「是非、度お礼させてさい」 
言うめいて 
いや、いいです、いいす」 
と言しま。すぐ 
「では、本当にすいませんでした 
げるように去っていた。


で気付いんだ 
んで俺、そこで手の連絡先聞かなかたんだ…_| ̄|○ 
俺、女の人に感謝されった 
焦っち便ったよぉぉぉーー


今さっき、宅急便で若い方の性かお礼の品と手紙が届ました。 
はテーィカップでした。の内容はお礼で 
「あの時、に座ていた者です」たので確すた。 


可愛らし封筒&便&字ですよ!(;゚∀゚)=3ム!!! 
なんい匂うな気がする(;´Д)'`ァ'`ァ 
ダメなんか顔くなってきた。も


今後に繋がるというと… 
一文用すと 
たの勇にはても感動せられました。 
です


メだ… 
もう何便が何だか使… 


の人になんか話なんけら湿ん…_| ̄|○


マジうすゃいかんよ!ヽ(`Д´)ノ 
今すぐ電話すんの?えdrftふじこlp


今、携手にして、ダイヤルできな… 
時の勇上ですよこれω・`) 


カップ2個っ「こで一緒言うの? 
無理じゃー! 


話さっから握ってるけど、無理 
明日ダメ…?寿ω・`)


21時までに電殿話かけれなかたら 
諦めます…(´ω・`) 


興奮しすぎだし… 
婿こえちゃいそう…


して何度もかしまし 
でも無理でし。 


の時よりもず゙キドキました 
手はシビシするし、顔は熱いし、心臓はバックン 


俺はぱダメ香具だ…_| ̄| 
は有効じゃないんですか(´・ω`)


が動かないんじゃー!ヽ(`Д´)ノウワァ 
俺にあの時以上の勇


今日は諦めます…_| ̄|○ 
みんなの意見じっり読で、に備い…


んか、泣けてきた。 
の優しさと自分の情けに。 
礼の一つも湿か俺は・・


あえ、スレ調ログを自まとめて 
日何すのかておき… 
おまいらあり綿がとう。あと情け無い俺 


やっと落ちいてきた… 
んなドギキしたの初めてだよ… 
う疲れた…_| ̄|○


みんな同じよに俺も色々考えてしま… 
しかしやまさのエンドレス


そっか…不読みはしよねやっぱ 
でもが家んと…


ERMESって書いてあるど。どこの食器ーカーだ


エルスっクとの? 
れはブランド物じゃん 
やっぱのか 
器とかも作ってるの?


もエルメスが級ブドだてことは知てた 
ィーカップまで作ってる稿かっよ…_| ̄|○


っぱ日かなき


帯にかけましたが電ですた… 
ます


今ました無いで…_| ̄|○ 
は何り普通にがしたっかったんです 
明日は向こうかかってこなくても 
こっちからかす!


仕事てきますた_| ̄| 
早く帰に… 


着信、しててくれたのに 
ます。


今、一旦終わりました 
まだが震えてます 


なんかお風呂沸たらしく 
さん尿は切らに話してくる感じだたんですが 
っちから、たあとでいですよってました 


あとでかけてくれそうです姿 


ダメぎた


事なん誘えいよ! 


りあえず殿はメッセのこさくてません 
今日もおこくなっててすいません 
いっぱいらっのに出れすいん 
素敵ってすいません 
の時本当にません 


と謝っおきました… 
俺、謝てばっかじゃん _| ̄|


礼にらったカップの礼って変じゃないですか? 
それって大丈夫すか


は普でした。 
声があっやっと繋がった」って言ってくれたので 
大丈ですか 


ップの礼に食事のお礼に食事カップのおに食事カップのお礼に食


緊張便た…_| ̄|


、「悪いからいい」って言でしょ 


婿われてしたらエンド? 
粘るってうやるんだー 


う訳分からなてき_| ̄|○ 
かく誘う。


しどこか た


今、終わた 
事の約束りつました 



 ま い ら   に あ り が と 


向こうから電話かのは 
午後12時くらいだった。俺は今日めに 
昼休み上し働いてた着信に気が付いたのは 
の1時間後。こちか攻でかけたけど 
らずと1時にきた。 
それもこちが仕事で出ず。 
と1ごろ9時ごにかかってきたけど 
れず。俺


で、俺がてきたのは22時過ぎ。速攻で 
初のやり 
ん電すがルメスさんです」 
あっやっと繋がっ 
みたいな感じだった。 


「なかなか繋がらなくせん 
度もかけて下さってありがいま。」 
いえタイミング悪くてすいまん」 


その後 
ップ昨日届きました 
をありとうございます」 
「いいえ 
いうとを話して、またの時の電車の中でも話した 


ぁ、あんまない…_| ̄|


俺「あのは本当にすいませんでした 
時間取らてしまって」 


「本当に大丈夫で殿たよ。 


俺「その、先に帰ってしまった」 


エ「あの後すぐに私たちもすぐ帰りましたよ 
少しあののおばさん達と電車さこと話しまし 


え!」 


「みんなで勇気青年だって話しした」 


もっと色んな言葉使って話してたけど 
意味とし多分な感じ…


ここくか親ら声が 
お風はいらないのー」 


エ 
、ちょっとすいません尿分受器を手で塞 
でー!」 


 
またとでもいです。」 


エ 
すいません。はまたあとでなおしますね」 
初、大丈夫だってなかったけど


電話かってきた 


エ「すいまん、おしました」 


ごくかったで 


エ「お風呂早いですから」 


「急がせてしまったいませ 


「平気」 


いな感じで使わせないよに 
がんがっれてた…だ思う。 


俺は食に誘うよに話持って 
考え


いておい 
結果書きます 


事はすことたが 
場所時間はまた追って決めょうことで


みんありがとう… 
うよ 


キビ今んとこ出来てな


風呂か上がってきなので 
は急がせしまっこと死に謝る 
「本当にもこれくらいなので」 
言ってくれたけど 


続き。 
とおばさん達は 


「彼がいかったれて分からなかたね 
助けてくれて当に良か」 


普通は見て見ぬ振りしてし 
かっ勇気がすごい」 


たいならしい… 
もうよく覚えてないけ…_湿| ̄|....○)) 


 
未だに自のしとが正しかっ 
分かです。あのまま黙ても 
いさんは何もしなかしれないし 
れな皆さんを警察沙汰に巻き込むこと寿無かったし。 
当にすいませんでした」 


それで彼 
「あ動はかったですよ 
「本当に感していま」 
「見ず知らず人の為に身の危険を冒て普通出来ないで」 
出来を親や友達に 


と言ってくれた。もうあんり覚えてないや…_| ̄|


俺は 
「頂たカッすごく高価なものです 
気を遣わせてしまでした」 
という感じ出す 


いえいえ仕事柄安く手に入るんで。 
こちそ返って気をわせしまっよういません」 
とエルメスさんは言 


ャンス今しないと思った 
ップのお礼言ってなんです良かったら 
食事にいhmbfj」 


きり噛ん_| ̄|


ルメスさんは 


え?」 


。 


俺は繰す 
「えーと食事はしょうかて下さ」 
よく覚てないけこんな感じ 


食事ですか 
はい。も良かった_||」 
っと電話てた 


「気遣わなも結構で 
当に大したもゃないの婿で…」 


だめぽ…という言葉が脳裏をよぎる 


「そうで」 
数秒の沈黙があったと思う 


割り勘でならいですよ」 
へ?」 
わず間抜出してしまった…_| ̄|


勘と言と…」 
かってるのにからなか 


になるのまではいので… 
しょうか? 


ず 
━━━( ´∀`)・ω・゚Д゚)゚∀゚)・∀・) ̄ー)´_ゝ`)-_)゚∋゚)´Д`)゚ー゚)━━━!!!!」 


叫びそうになった。我慢し、ここでスレに片手で書きこむ。 
かく早く伝えかった 


「本ですか?」 
割りですよ 
りgrftgyふじりがございます 
つつも必死。 


いつごろにしまょうか?」 寿
「いでもOKで 
2chでなら「必死だな」と言われんばかに即答して


じゃあ日の方良いよね 
エルメスさの都合はうだ 


こっちも大す」 
駄目でも空けるつもりが 


「そ、どでお食事ましょうか? 
「えーと…」 
ここで頭真っ白になる。 
まだどか決めてないじゃん…_| ̄|○ 
俺は急でスレの情報をかき集める 
OS信号スレに送 


「こちらはどこでも構よ」 
「あはいえーと、じゃあ…」 
しっかりしろ俺。 


にある好きなもの嫌いなものを聞け」というレ見つける 
何もえずに 
「好きなものと嫌い?」 
「すい辛のとかはダメで」 
と…じ…」 


うして 
間だけが過ぎていく使_||


うだこの時に全てを決めることはない 
んな簡単なことにも付かないほど緊張していたの 


、じゃあまったら追ってご連絡してもいです?」 
「はいよ」 
くないとこ探しきま」 
はいw 


ここで少し。ようなた。 


土日とうと、来週再来週辺りでし?」 
そうですねー。」 
また近中にご連絡す」 
「はい、待ちしてります」 


という感じ了。した…_| ̄|


帰還しました( ゚д゚)ポカーン 
れた_||○ 


服にこんな金使うの初めてで 
レカ普通の使い方した殿も初めて 


切るに6kってどういうとですか…_| ̄|,,,,,,,,,,,○) 
シャレっぽくしたけど 


店員さんに相談しなら 
選んだのでいます。 


クトって作るに 
保険必要なのね…_| ̄|


今日は荷っと大杉で家に一旦帰って 
激し疲れたよ…。でもやっわれ感じしま。 
遠くから見たら秋系にと見えません 
も鏡で自分顔見るとまだま秋葉系ですね 
コンタクトホイ 


決めとこで食事してきま 
一応、スレで出てた食系のところ婿 
やっぱり(゚д゚)ウマ-かったです 


ケメ紹介で美院初めて行っんですが 
く恥しかた…_| ̄|○ 
はやもらないような髪りました 
こんな髪短くしたの初めてだ 
頭がふわふわするw 


費が_| ̄|


おk通話終すた。 
り付けましたよ(;´Д`)ハァハ (;´  Д`)ハァハァ (;´   Д `)ハハァハァハァ :.` ;:.・ ゚ д:.` 
もやっぱ緊張する…_| ̄|


もし、夜すいm 
「あっ、んばんわ〜」 


食事の件なんですが、食でい 
「はい、すよ」 


「あぁ…良かたです」 
食って車男さんらしいですね」 


え、そすか?」 
い」 


「おめていきますが、笑わなで下さいね…_| ̄|○」 
「え?お?」 


しなで下さい…」 
「そか?w じゃあ私めかしますのでw」 


「あ、気を遣わせてまってすいませ…」 
大丈夫すよ 


こんな感じだかな… 
ちょクったよ…_||○


、実はエルメス子さんといたいとか 
そういうとまではまだ考ったり 
の機を逃したら一チャン無いか 
ともうの正直なところですが 


でも、に惹かれています 
さっ聞いたけなんか緊張とは 
また違感覚がするんですよ 
ったら絶対好になてし…_| ̄|○ 


彼氏殿るかもしれな 
それだ好きなったら辛い思いするかれないし 
んか苦しいよ。


日は8時で待ち合わせ。通常は俺の家からで着く距離 
時間前に家た。案の定、1時姿間前に着くが俺はそこで1時待つ 


約束時間が近くにつれて緊まってた 
ど時間なってもは現われない 
5分後に来た。俺は遠つけた。 
界にた時ら、早足のとこ


すいん。おくてしまっ」 
一番彼女はそう言 
俺は 
「いえい、全然大んf、」 
んだよ気がる。高潮達してた。 
。こだ会った時も可愛だもんよ…_||○ 
本当におめかししてきましたよの人… 
ないだとは違っ若めな雰囲気な格好た。 
の子らしいというか。えぇ萌えましたよ。 
そして俺は 
んばんは、お久し振りです」 
と改て挨拶。彼女も 
こんばんはこちこそお久し振りです。先日はお世話になりました」 
儀正しくじぎしてくも釣られて頭を下げ


そここに店へ移動する。 
緊張。女の人と並ん歩くとに。 
通に歩いてると、置いていっちんですよ。 
男より歩くのがいんですよ。知らなたんですよ。 
彼女のペ歩調合わせがな 
こちないじになってたかも。 


しかみたい男とような女の人が 
一緒に歩いててごく不自然じゃないかになってょうがかった 
の人間がみんな俺を見てるんじゃない 


店までの彼女と話したけど… 
でも、覚えてるのはしかない


てるのは 
「電車んとならて電に乗れすね」 
の一言だった。言われた瞬間になんか心臓ドクンドクンした 


にと電車というのはちょっ恐いものしい 
に朝の通勤とかこないだの爺さんたいのも 
いるかしれないし。でも俺みたいなのと一 
心出るって言ってた。「ナハハ…」としかえなかった 
いた事言えない俺は…_| ̄|○ 


電車を下、駅に向。 
近辺は人が物凄く多曜だし 
は1歩感じったがそれでも 
女がいなくなっいないかになしょうがなかった 
15秒くらいので後返って確認た 
そういや誰かと一緒に歩しても、いつも後ろを 
歩いてんだっけと思った。先を歩くのって 
んだか落ちない。


いやー日はが多ですねぇ」 
「週末ですからー」 
そう言いながらみを掻き分けるよう進んく 


チラチラとりかえる俺。綿 
そんな落ち付かない様子見かねた 
夫ですよ」 
た。 
「あそうですか?」 
そうです?じゃないだろ俺…_| ̄|○ 
で、 


「はんと掴んますかw」 


と俺の手首を掴んでき婿。 
驚いて思わずビと体すくしまった_| ̄
しかて女に触られめて 
んでかあ柔らかさは… 


「あっ、いま 


でも、俺がビクンとで慌て手離してしまた…


あっや、すいません。大丈夫」 
俺はてた祭り。 
え、急に掴んまってすせん」 
いや、掴んで欲いんですけ殿ど。むしろ手をつn(ry 
と言いたた…_| ̄| 
後はの手を事は無かっ…_| ̄|.............○)) 


いた。無論、予約しておいたのですんなり通される 
結構込んでいる中を入っていくのは持ち(・∀・)イイ
と 
良い雰囲気のお店でね」 
と言ってくれた 
いいですよね。僕も好なんすよ」殿 
いません。今日で2目です…_| ̄| 


メニューが来ると 
何かお勧めとかありますか?」 
。俺は前に来た時に頼物を勧めておいた 
普通に美味しいと思ら。


リン頼む時、俺が生グレープフーツハイを頼むと 
は少し慌ててメ ューを見直して砲サワーを頼んだ 


「すせん。飲まないと思っていたので」 
「いえ付合せしますいません」 


料理が来るま話したんだろ… 
やっぱりうはあの時の電車の話振ってが多か 
り真面目な方なんでね」 
か 
「曲が事とかは対許ない方なんですか?」 
とかじだった 


料理が出てくると 
「こしいですね 
とか…。俺ちゃんと話盛り上げてたのか


あらか理を平らげると 
「電はよこういうお店にられるんですか?」 
り出る。食べる物が無く、さあ話すぞってじで 
こっくるので張しる… 
はこういう店に興味をうになはごく最近なんですよ」 
バラす 
なんです?私はこういうお店捜りするの好きすよ 
振ってた 
最近はこういう雰囲のお店流行っるんでかね?」 
。ホットペーパーで得た情報が役立った…? 
女はどを語りだた。 


女は色々オレなお店を探て巡るのが趣味らし。 
つーか女の子はみそうな 
、最近は一緒によく行っ達に彼氏が出来てしまった退く 
ほとど行けなかったらしなので今回はごく楽しめ 
言っれた


ようやく話してきところなのに、店り混んでいた。 
微妙使がしくなって彼女気読んだのか 
「では、そろ」 
言って、店員を呼ぶは席会計ろだったので 
だかまで期待しいたので 
内心あぁもう終わり…と思った 
店員来る 
私大きしかいんでとおきます」 
と、っと払っしまた。俺の定はここで俺 
沢諭宿をサッと出すつもりに… 
「じゃああと分のいまね」 
言った。 


を出ると、なんか行くところも無いみ気で 
黙って歩き出した。帰るの?って感じ様子をうかがっていた 
し歩く 
まだちょっ時間いですよね」 
と彼は言 


内心 
キタ━━━(ヽ(゚ヽ(゚(゚∀゚ヽ(゚∀)ノ゚゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!! 


だった 


かに時を見るとまだ20時を過ぎたばかりだ 
 
「あの門限大丈夫ですか? 
気を利せてつ宿りでいた 
「アハッ」 
われてした…_|| 
も笑顔が見れたのでマ 
じゃすよ〜w とうございます」 
と返てきちまった…_| ̄| 


「私の好きなお店が近くにあるんで付き合ってもらいですか? 
タ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!! 
「はい。全然丈夫 
一緒店に動する 


あ、じゃさっきの事代を」 
俺は7割くいの金額を渡した。彼女受け取と 
ちょっと多いです」 
と少しってきた 
「いや、こたので…」 
取ってもらうに言 
「きっと言ってもかないんでうねw」 
快く?)い分も受取ってれた。 
ょっとしつこかったかも…


お腹いいなので軽く済まられるよころ 
いうことで来ところはの店りもオサ 
んかるのは許さい雰 
彼女は何度か来たことがあるらし 
うか似合店だなぁとた 


いてニュ見るワイおつまみを 
むらしい。俺は…頼める無かた…_| ̄|○ 
結局俺も慣れないワインーズの盛りんだ 


お洒落な雰のお店ですね」 
は彼女のセンスよう言った 
「そうですね。ここは結構好きなお店なんです 
しそうだた。俺は落ちつかったど_| ̄| 


かの話も尽きろで 
そうに似てるって言われまんか?」 
考えら俺は芸人なのに… 
「えっ!?あんま言われたことないですね 
でも、友達よくーミンに似てるってれるんすよ」 
それ能人じゃないだろ…わずツッコミれそうに 
なったがここは耐える 
〜」 
俺は同混じの雰囲で言う。 
ムーミンか綿る・しれない


ワインが入ると少し酔ったうに思えた 
俺も少し酔ってきた。 


またあの電の中での事に 
時、どな気ったんですか 
かな、酔ってのか少し積極的な質問ってた 
「もち恐かったです」 
のまやん…_| ̄|○ 


と 
世の中の性はみんな電車さんのようになて欲しい」 
たいな事を言っ。俺は( д゚)ポーンで意味が分かない 
自分さんみたいになですし」 
んだく分らないが張してく 
その、上司や周りの男は俺をってとまで言い出す 
照れる事しか出来ない。 


間がも2時を過ぎよしてい。 
彼女から話を作るのが限なって来たの 
悟ったのれない。会計を済ま 
店を出た丁度半分くらいり勘だっ 


かって歩いていく。だまだ一通りは多い 
思議と駅まであまりしなった


北線に乗る。方向らし 
姿あ私は次で降ますので」 
あぁ、ここにでるのかとつつ 
「今日は有うごいまし 
いえいえ、こちらこそ」 


のままではこれで終わてしまうという思いが溢れてた 
次に繋げなくてはとった。でも言えない…_||○ 


電車が減速しいく。こで終わりか。でれでい 
と頭の中がごちゃちゃに宿る。アが開いて 
「そは、おみない」 
彼女が電車を出る。り立っ。 
俺に振りかって手を振ってれてる。 
が閉まる。その寸前 
「また電話します! 
でしまった。聞こえか分かど 
なずいてくた気がした 


、また会いたいって言おうとしけど 
たんだよ… 
相手目のにしたらなくなったのさ_| ̄|


k!今からかけます!


がりませした(´・ω:;.:... 


しきた


通話終了 


なんというかみんなありが


ら言うと次の約束取りつけすた


話がさっき彼女から来ました。 
最初のとりは 


「さっきはれなくてませでした」 
すいませんお忙しかった 
「いえ大丈夫です」 


んな感じでした 
その後、改め礼をしました。 
それで、れ際に思わず叫んだの聞こえたどうか確認しました 
応聞こえみたいでした。 


その、昨日一緒にお店手がいないと言っ 
もし良ければ自分尿緒にというじで申し出ました 


はい。全然大丈夫ですよ。らこそいし姿」 
と快諾。俺は胸なでお殿 
すいません。本昨日のその時に言おと思ってたんでが」 
 
「はw、実はカマですw」 
「す。よく分便なくて… 


( ゚д゚)ポカーン 
スレにった通 


それでは彼が行きた店がしいので 
そこへ行くに。週か来週に。 


( д)ホカーン 


…また服いに行きまか…_| ̄|○ 
買いたかった部スルーですよナハハ… 


メアドゲッました(・∀)b 


エロゲはあまりやないけど 
通のゲームはやりますよ 
クエ5はルーか…_| ̄|○ 


齢は結謎なんです婿よね 
目は2〜5くらいすが囲気ちつきっぷ 
みたいのそれ以上の年齢に感じす 


さて、今日マトリックスのDDを入れのカバンをまずいに 
とりあ便ずDVDだけでも入れば良と思ったの今までにったこといような 
さめのバンた。いわゆトバッグですね。これ待ち合せ場所直行 


待ち合わせ所には0分前に着きました。 
の場で30ちます。 
彼女今回ょっとだけ遅れてきました。 
、今回も可いです。えます。 
ジーパン生地着と、白ピンの2重のスカートで。 
んか一段簿くなったような感じです。 


…てールキタ━━━━(゚∀)━━━!!! 
れはsjぢおういおうえおいうげじこlp 
お化粧気合入ってるし…(;´Д`)ハァ 


「すいせん、ました」 
と小りに 
「全丈夫で」 


達は更に遅れそうで、で先に店に行く事なった


日はでは彼女が案てくれるので 
し後ろ宿識し。 


日も人ぐれないうに注意しなが 
付い行く。そのにもち雑談 


「昨は遅くま付きまってすいませんw」 湿
ールのこととすぐ分かっ 
「いえ、こちらこそ返信遅…。エルメス子さんはメールの早い 
これで方だと行って。 
メールやり粉症彼女は粉のこと 
気にていた。鼻水とかないよに薬を飲んできたらしい。 


今回は彼が微妙に前を歩ているので 
話てい節々に俺に振りかえってた 
で、彼がちょど振りった時に歩にあ属の)が 
彼女に迫った。気付いてい。 
「あっ」 
言って手を掴んでしまった 
「ん 
かりそうだっので」 
なさい、てくるとボっとしてきてしまって。 
がとうご」 


、また歩き出す。彼女 
並んで歩ょう」 
てきたので 
はい」 
に出少し気を使え俺…_| ̄|


店に着くと 
真似てみまw」 
え? 
からなかったが、約をしてたらし 
普段はかはし西そうす 


わゆるイタリアンでた。やっぱピザスパッティが多かたです 
「とりあえず、先に頼ん?」 
「あはい」 
店は一の料理をんなでり分けタイプらしい 
さん好きので 
いやいや、悪いので 
正直写真が無いとだか…_| ̄| 


 
めんごん」 
と一人のが。友達が追いついた。 
「お待てしいません」 
と息荒くしながに謝ってきた 
「い然大丈夫です 
女の友人ルメ子さりも活発うな雰囲で 
も彼女よりっと派手っぽい感じでした 


まだ、メニまってないんで大丈です 
「あぁ良かった」 
人がそう言彼女の隣に座る 
どうもはじめて」 
こちらこはじめまして」 
く自紹介 
話は色いてますw」 
人が含み笑う 


食事のメニ3人で話合いながらめた 
電車んはまた飲沿まれるんか?w」 
女がく突っ込ん。友稿るせいかちっとノリが変わった気が 
はい。じあw」 
俺はールの頼んでおいた。二人ンだけど…_| ̄|○ 
空気嫁_| ̄| 


理が来るまも、人で話が弾んだ。 
かし人さんよく喋る…w 
面白い感じ人で俺でも較的無くせる。


までは友人の問攻めに俺が答った 
の中でのこととか、こないだの食事のこと。 
「へ仲良くやたい」 
ともからかわらる。 


料理来ていは衰えない 
もよく笑うし。俺ないネタが多数 
とりあえ俺も笑っておいた俺も受身ばかりなので 
話題を振てみる 
メス子さんは緒川たまきに似てるって言われま?」 
緒川たまき?」 
二人も緒川たまきを知らないしい 
優さんです」 
あ〜確かそです」 
だろう?沿りそ」 


友人話によると、ゆうと国中を足して2で割た感じらしいです 
あ〜」 
と言ってものの、両方とも…_|| 


電車さんはに似てる言われます?」 
「いー誰にも似われたことです 
自分につい題はょと辛 
ーっとELター」 
ELにギっていた…?_| ̄| 
とりあえなかっこよくな否定しておきました 


すねこでマトリックス1〜3を渡し 
ありが西ざいます〜」 
「ちょっとストーリー難しいけどね」 
「分らない事がたら聞きますw」 
「はw」 
も分かねぇ_| ̄| 
しておこ。因みに彼女と友人は1しかい 


二人はロードブザリングお勧めだそうです。 
俺はこっか見ない…_| ̄|○ 
、犬映画(念)


友人の方に似てるう話でしが 
国仲子とY覚えっぱいっぱいでし_| ̄|○ 


「ちょっとお手洗い…」 
俺はトレに行く…がトイレがどこだか分からない 
店員にいたがマイチ分らずしばし店内をうろつい見 


足して席に戻ると… 
あの…もしかして電車さんって天然ですか?」 
また言われた_| ̄|○ 
まに言わます…_|| 
え、しょっちゅうじゃなくて? 
友人突っみが激しすぎるよ…_||○ 婿
ではエ子さんは笑てました 
「話にけど構激目ですよね?」 
と更い討ち。話は聞いてたけどって何よ 
最後に 
「そういう人なかないないか良い思いまよ」 
とエス子んがフォーしてくれまし 
「私周りはまずいタです」 
また余計な一


んかもっと色々話しずなんだけど 
他にかあったかなぁ… 
俺の分からいネ結構あった… 


9時を過ぎた辺りで友人が帰る事になた 
明日も早くからしい。 
ついでに俺らも店を出るなった 
因みに会計は割りした 
「それではお邪魔しま 
友人はお酒も入てるせいかのり顔も赤い 


二人になったところで 
「もう件行きます?」 
「い」 
は俺から誘った。 
移動がだるかっ綿当に近くの飲み屋に 
入るになった。 


「騒がしくてすませんでした」 
え、楽しかっです 
彼女が、は全然気にない 


疲れてた…_| ̄|○ 


お互の仕事と年ょっとしました。 
とも結構綿稼いな仕よ…_||○ 
齢は俺の雰気を見 
「ちょっこっが上かな」 
人談 


ックルもチッスもしてねえぇよ!ヽ(`Д´)ノ 
や本当たかっうわなにすんだyぐh 


あとはまた映の話し 
機会に行く店のしてた 
しくファッも。俺は全然分からないので 
「全然しくれからようかと…」 
そうすかそういえば最会った時か分雰囲気変わりました?」尿 
突っ込まれてドギマギすこは正直に 
て女性と食事すになったので、慌てて準備した
と白状した。 


だっんですか〜」 
した様子では無かっ…と思う 
私もそんなにファッとか気にしてないですよ」 
いおそりゃ嘘ろと思わずっ込みそうるがここは耐える 


遅くてきたので、店を出る事に 
ないだのように帰りはま無言になりがった 


帰りの電車はまた京浜東線 
同じ車両には酔いもちらほらいる。 
彼女それを見て俺を見る 
「あ、大丈夫ですよ」 
「あは 
深い意味は無いんろうど 


こないだのよに、彼女に降る 
手をヒラて 
「またメーしますね」 
こっちも書きます」 
おやすみな 
とドアが閉 


で、いてから速攻でPCを立上げメーラー起 
今日のお礼と家いたかうかを短く送る 
って。 
はあがとざいましたこちら宅しました〜 
た美味しいところ食きましうね」 


なところで( ´ー` 


なんか珍しく朝早くル来た思ったら 
痴漢に遭った」 


かなり凹んでいたよ 
メール死に励ましまし。 


 
「自分がいたら絶対そんなことないのに」 


「そう訳にはいかなら」 


ったら緒に通しますか?


出勤時間とか駅との関でやっぱり難しそう 


いう感です


起きました。そし容院約完了 


同伴勤については今日合うつもりです 
いうの彼女のおりる駅と俺のりる駅線が違上に 
かなり離れ彼女降りる駅まで付いて行っ沿実に遅刻んですよ 
要するにどうしても緒に通勤すらお互いに早起ですよ。 
して時間早したらラシュにも巻きこれない悪寒…_||○


す。只今帰りました。 
家ま送っのですっか遅くってしまった…( ´ー`) 
日は本当疲れた…_| ̄|○ 


今日は夕方にち合わせてたが 
容院予約がしか取れかったので 
してなー早く家を出した。 


貿に着い、ま前の人がやてくれて 
「今はデートでか?」 
聞いてきたので 
「えぇ、まぁ」 
と言てやりました( ´ー`) 


時間まであるので、振り秋葉 
う何も買えいけ調…_| ̄|○ 
しかし絵売り姉ちゃんに 
お兄さん葉っぽくないですね便 
と言われたのが収穫でした(`ω´


通り見回、いい時間になてきたので 
待ちわせ場所へ。15分前に着いた 
既に彼ていた。 
は小走りで彼女元へ


んにち 
「あれっ!?今日は早いで」 


軽く挨拶。彼女はつも遅れいたので 
日こそは来るつりでたそうです 
女の服装く薄着でした 


く、ンといジーパン履いましたね 
やぁ「ちゃんと食べてる?」と聞きたいくらい 
足細い袖可愛しいシャツ? 
たいなの着てまも白くて細かったですハァハァ 
ーんいい( ´ー`) 


早速、店へ移動開 
日も街うずと人杉で 
それを二人で掻きよう進んでい。 
俺はっと後ろを歩いていた。 
ぱり今日も人多いで」 
と彼女がぼやく 
「大丈夫ですゃんとんで」 
俺は冗談ぽくって彼女の手首を掴んだ 
「あはは 
貿女は手をて笑って 
じゃあしっり付いて来簿てくださいねw 
店へと歩いていく。 


手首細かったなぁ…( ´ー`) 


彼女の手首を掴んだまま。 
信号待ちに彼女が俺の手振り払って 
逆に俺の平を握きた 
の方が自です」 
笑みけてた。んかもて 
な顔したかからない 


細く、冷たくて、柔らちっゃいんすよ。 
あの触忘れません。 


ばら歩いてるのせいか俺、手かいてし…_| ̄|○ 
それでも離さに握ってれて有難う。


今日店はなり風変わりなでした。 
ホラーな雰囲気で。 
「ここたかったんですよ」 
う事自分はやっりかなり緊しますた。 


でも料理は(゚д゚)ウ-かったす。 
値段もそ高くなかったですし。 
飲み物は彼女はテルを頼で 
「あ、じゃそれもう一つ」 
と俺も同じものを頼ん 
「カクテルもむんですね」 
「いや、同じの飲んでみようかなってw」 
「ははw」 


こでリッス3け取 
ールでも話したけど、感想や謎語り合う 
女はキアヌえだそうです。俺はスミス萌え。 
例のキシーンはっぱり 
(((( ;゚д゚)))アワワワワ 
いう感じでていたそうです。 
局キスしてし(`Д´)ノウワァン 
俺はその様見て´)モエ


それと例伴通話もしまた 
の話なると、見る元気くなで 
思わず何度も「丈夫ですか?」といてしまった。 
結局時間の難しそ 
今回は宿流れとなりました 


そこで痴漢対策のページを出力したものを渡す。 
俺もんだので口頭重要な分を説明す 
女は何度も 
「有ござす」 
と何度も頭を。俺釣られ頭をる 


2件目のの時間が迫てきたので 
少しったけど店を出る。 
回も割り勘でした 
そろ御馳走させて下さよ」 
また冗談っぽく言うと 
ダメですw」 
サラリと流された( ´ー`)


を出、まを取っきたの 
俺も彼女の手を握る。も言わずに。 
俺も特に何も言わった。 


次の店離れているので電車で移動 
切符を買ったりするか、札通時以外は 
ずっとを繋いでた。しかも全部向こから。 


車中は 
「こうして一に通出来るんですどねw」 
とちょっと甘えた雰囲気キタ━━━ヽ(ヽ(゚(゚∀ヽ(゚゚ヽ(゚゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━!!!! 
本当にJ沿憎いです。 


に着いて移動。改札を出る時、度は俺から手を伸べると 
いませんw」 
「いえいえ」 
とおおずと握ってき( ´ー


か眠くなきた沿ママン…_| ̄|○


今度の見せはカフェいというか 
菓子とか物が富な店でした 
も彼女が前々からチェキしてただそです。 


ここでも彼女同じカテルを頼む 
石に笑われましたw 


俺は普段、甘いか食べないんですが 
ここは(゚д)ウマ-かったです。 
ゃんも美味しいと思る様作ってあるという 
でもススイ食べれました。 


あと初めてファッション関の話しまし 
いうよりも一れてたんですが 
れと、どんながいいかとかアドももり 


話にになっているとっとにラの時間なった 
閉店までいるんなそこで出るにした。少し寒かった。 
う人通りも夕方ほど多くなではぐれる心配も 
どちらからなく手を繋いだ。 


の車中でも元気が 
?」 
聞くと、って首振った。今までい仕草った 
っとってるですよw」 
「ほ本当でか?」 
まう。 


沈黙が、元気うだっので 
は屈んでな彼の顔を下から覗きと 
彼女目をッチて 
「うん?沿」 
って空元気を振り絞ってた。その表に思わず激しく萌える 


女が降りる駅がくな来たところで 
駅からでどくらい歩すか?」 
と俺は彼に聞 
10分っとすね」 
「じゃあ、送いきますね」 
え!?悪いんでです 


と、こんなで断れますた(´・ω・`)


女の降りる駅に着いた。俺は 
「じゃあたメールしますね。おすみなさい」 
と別れの挨拶をするが、彼女はそ引い 
ドアの方俺を引いてい。 
は「え?」という感、そのまま引っ張られていく 


で、駅を降りてしまった。 
彼女は申うに 
「やまでお願いします…」 


ねだりキタ━━( ´`)・ω・) ゚Д)゚∀゚)・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚Д`)゚)━━━!!!! 


もうその表情で3杯は行うで便た。 
「はい、大ですよw 
と俺は快諾する 


札を出る、またどちらもなを繋ぐ 
を出て分も歩くと宅街に出て人りもなくなる 
かもころも多のでない尿囲気と思 
俺は 
度から送りますよ」 
うと、女はってなずくれた。


に10分歩いたろうかの前まで来た。 
…結構家!?と反射的に思ってしまっ 


ここで。こんなとで有ざいまし」 
と彼は深々をする。 
え」 
また俺も釣られる。 


家に着いた綿らメー下さ」 
あ、。また明日 
たまは電話ししょw」 
「そうですw」 


少し談。 
「あ、電車終わっちゃいね」 
彼女気を利かくれ 
い。じゃあ行きますね」 
と彼女の元を離れて、最後が離れた 
し歩いてりかえと、彼女が手を振ってた 


こんなところです( ´ー`)


終了 
えーこうの家びに行く事になりま 
いで支度します 
着てく服ねーー!!11 
とカッ持ってく 


忘れてたけ昨日プの話たんだった 
「使う機会無い」って 
それをさっき話して「暇なんで来ませか、お茶入ます」 
とい感じ 
急いでサyワる 
あと夜で両親いってさ 
い… 


速攻で支度して行参りまし。 
の道はほとんど真っ直ぐので覚えてました 
の前に来。緊高まーホ 
2分位かっかも意を決しボタンを。 
「どちら 
電車」 
、今ます」 
とのやの後に門のうで大きなが開いた 
っちま、門を開てくれる 
、こんは」 
ぞ上がって下さ 
と中に入ていく。 
彼女の装はなかが、構ラな感だった 
それでもオサさは高い思ったフなのも良いね…( ´ー`) 
急にってしまっすいませんで」 
彼女がが 
「いぁ、どせ暇なので」 
中は綺麗で広い。やはりうちとはるし 
(客)まで通れると、ンコタが迎てくた 
これがた可愛(*´Д`*)ハァァ 


しばらくコタンと戯れる 
も広くて明るて綺だ。ちなんかしw 
ていて下さい」 
、俺は大きなソファーに腰掛ける。 
「今、お茶入れますね。コーヒーと紅どっちが好きですか?」 
えーじゃあ、でおいし」 
持ってたカップの箱をブルの 
当そのままだっんですねw」 
「うちは緑茶しかれなw」 
湯のみの方よかったですか」 
「いや、全然これは飾っておきますw」 
などと交わす。 
「では温めておきますね 
女はプをってキッチンへ行く 
らくしトレにコーーを煎れる具を持ってて 
に置いた。因みにこの時がみなって 
服の中が見えますた(;゚∀゚)=3ムッハー!!! 
ンクした 


きなものとかります?」 
と彼女はいくつかの紅茶の葉の入れ物をる 
「紅は午後の紅茶しか飲尿んだ_| ̄|○」 
「じゃあ○かな?」 
んかの紅茶の種類を言って、それポットに入れる 
湯を持ってきて 
明のポットに注でいく。赤葉っフワっと 
がっいくのが見える。というか彼女手慣てるな 
「ちょっと蒸らおくポイトなですよ」 
て、一旦注のを止め。 
もうキッチン戻ると、今はお菓子を持てきてくれた 
「これ、日母いてくですけど…」 
、マフンが4個きた。それのクッキっぽいものもあ綿った 
わざいません…」 
は頭を下げる。 
紅茶をると、ルメのカの前 
にこのカップを使う時が来た 


「砂糖と入れますか?」 
と砂糖とミルクの入った入れ物が出てき 
「あ、こので」 
「通ですね婿」 
簿なことないですよw」 
しつつ、遂にカッに口をける 
って、コンビにあるトボトルのしか飲ないど 
んな物だとはわなった 
かもマフィンとッキよく。 
によこのカプで飲るのが美味いんうなぁ尿 
カッりてもいいですか? 
「あ、はい、どうぞ、どう湿 
彼女自分の分を入が 
「あ僕がれますよ」 
「いです 酒じゃないすし 
まぁぁ」 
とポトを手に取、彼だ 


ップをにとってゆっくみ始める 
が絵というか、見いて違和感が無い 
すごく自だった。 
しばら茶とかお子のしていた 
度からは自分でも煎てみよ思うと言うと 
お勧めカーお菓子とか教えてくれた。 
う忘れちゃど…_| ̄|○ 
よく二なるけど 
それも囲気だっ。 
「休日いつもこうごしてるんですか 
と俺が聞くと 
もは稿っとゴロしてます 
と笑っれる。 
「あ、僕だw」 
なんかこういつもとはとにかくマターリてました 


んな休日すごすのは初め。でんです」 
あははw 
と雑談尿通り、お茶子を平らげる。 
結局杯もんでしった… 
ンコタンが構って欲しそにしているの婿で 
近寄ってきた 
こうさんなですね 
というか人懐っいだけなんでけど 
確かにい犬だった。 
で動物にた事無いし 
「こってニー映」 
「○△□ですね」 
かわいいっすね」 
じゃれ合っているうちに退こいが気に入っしまった 
「気に入られてるみたいすよ? 
僕もこの子好かもしれないで 
と犬ペットついて話してた 
日はつまくてすいませ(´・ω:;.:... 


「ここってルメスさの部屋ですか?」 
まぁ多分違ろうど聞みた 
ははw違すよでも散らかってるので見れませんw」 
爽やかにスルーさました…_|| 
あと、俺の影うとっていです 
ーか持ってかったんですか 
ずP出来ることとか色々教えまし便。 
て、一緒に買いに行く事に(`・ω´) 
んなこで時間過ぎいく。 
「あ、そろそろ親御さんってきません」 
「そうですね」 
マズいで 
丈夫すよ 
( д゚)ホ 」 
両親はかな俺の話してあるらしいです… 
末にく会ってたりとかしとも 
日家に連れててなかったらしいですが 
別に家に連れ込んだくらい怒らないとの事 
俺がのでやっぱいとますることにました。 


まで送ると言てくれた 
帰りいので送ないでいと断りま(`・ω・´
ついですたのは今日で回目すし 
タイング的にどなんかなとます 
そして何より「好き」とう勇気が無いんで_| ̄| 
みんなどってそ気振り絞ってるんディスカ… 


早く告れよ>車 


最近そのとばかり考えてますよ 
なんってっと親しくしてたりしてくれてるすけ 
やっぱ付き合うとなると、俺ってなんろうか思うんですよね 
俺なんか全然釣合わないしな… 
でもこのまま告ないでいるとどなるだろうとも思す 
っと尿達のまなのしょ宿か?なんしょうけど 
告白て、ダメだったら距離置かれちゃいまね? 
そしかく仲良くに、もう会えったそうで恐いです 
何よりダメだったら俺せる顔がない…_| ̄|○ 


彼女がたら 
両親腰抜かすろうな…( ´ー`) 
でも俺の部屋大改造しない呼べな 
も借りますかね… 


返信きますた 
ットとルが出来れいそうです綿 
予算は20くらいだうです 
ちだなオイ 
トがうですよ。 
とりあえずウィンドウズ 
DVDは出くてもいそうです 
そして 
料日後にしてくれだそうで 


今日ベノアティーと紅茶にて色々ルで話しま 
しく、あの時コわれどうしようかとたそうです( ´ー`) 


しかし次回会のは連になりそうな悪寒 


具体的にうと目でし 
女は連休中忙しいそです・ω・`


どもです穫があったのでします 


ルでまず、服(ファッション)の話から 
暑くなっと薄着に型が隠れなくなるから嫌だと 
ていました。そこで俺あな身ですし 
体型隠れも全然おすよ。という風型の話なり 
人や親からは「んなに細い色気が」とか 
く言るそうです。 


…で 


 
いつまでもこんな型だ来ないしょうか〜(×_×)


フリ確定しますた 


「あんまりそのさせないで下さい(


身全霊での気にさせてきます( ´湿 


「少なくとも私にはモテモ」 


えず、人段落しました 
いうか次会う時が決戦になる至です 
の考えてることはもうお互い分かっている、分かってしまった。 
という感ので。あとてその確認す。


「いつまでもこ体型ないでしうか〜(×)」 
はこしてのフォーで 


エルメスなら痩せてても太てても良いと思いますよ 
周り男が見る目宿無いとか(笑」 


これ、自分は体型、性格、服装、顔がダで 
で経彼女できま便×_×) 


感じ返しました。 


後の返信で 
あんまりの気にないで下さい(笑)」 
 
少なくとも私にはモテモですよ」 
がキタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ)ノ゚)ノ)ノ━━!!! 


これに対し 
「その気って…なんしょうか? 
経験がなのぱりわかりませ(笑)」 


「エルメスさんも少くとも僕にテです」 
と返す 


女から返信 
「「その気」ですか?これって実に会って説明た方良いのしょうか
と急に冗談っぽさが消えたが文面からもわって 
思わず携帯を握る手に汗が… 


れに対して 
「会わなない事なですか?なんだろう…? 
もしたら自分かも… 
今度会って言いたい事…」 


返しました。 


すぐに彼ら返てきた 
「では今度時にでも(笑」 


んなとこです(×) 


女は29日から旅行だそうです 
4日に帰くるので、5日会えっちゃ会す 


旅行帰りで疲ていると思うので 
無理強はしいようにします 


しか1ヶ前は、髪長くて眼鏡かけてて 
服も適当で週に3日は秋葉簿探索に出 
やってアニメて2周ってただけの人生だったんだよなぁ 


、オ外出すが楽しい俺がいますよ… 


今日は 
いたいで」 
とお互いにメールしておす。 


来年のGWは過ごす約付けまし( ´ー` 


えと…の連れた訳ですが 
何も無い…_| ̄|○ 


正直同人イベント行くなんて言ないな…_||○
りあえず買い物と言っておきました
嘘ではいです


金もないなぁ


女の子とおい物ですか?」 


てどうしたか…( ´ー 


とりあえ 
も一人です」 
と返きました 



き合う事にったらヲタなくちゃけないのか… 


趣味 
ルメス 


なっうな…(×_×) 


彼女に 
ヲタやめて」 
て言われればられかもれないけど 


じゃなかったら正めらそうに 
エロ同人理解されない_||○ 
ロリてないけどさ… 


電話してます 


待たせしいきまーす 


話終西しましたが… 
かせてらっですが 
っぱりなか俺なんか稿お付き合いしたなー思っちゃけない 
人なんと改めて実感 


っちゃけ海外旅ったんですが 
が海でしかもを駆使して優な時間てる間 
俺って何んだろ…_| ̄| 
ベン行っても同人誌買わなかったぜとかかれてましたが… 
れがなだって言うんだ…_| ̄|..............○ 


決戦になるのかどうか怪してきましが 
日が決まりました。今末にります 


正直、自信喪失_| ̄| 


にはオーたのさ…_| ̄|○ 尿


もし付き合う事にな 
満足させ恋愛関を保つ 
のスペックで可能 


同人誌やヲタを捨てることがすごい努力などと 
いしてそれは彼に嫌れない為にする努力宿 
かれる為の努力じんだな…と… 


は駄目というつりで行くしかないです('A`)ヴェノア 


どもようやく帰ってきまた。 
んな所行ってれた…_| ̄|○ 


れて、数カ所下見って、ちっと秋葉寄って… 
その彼女とメールしてた西 
のデートのます」 
書いた 


「(^3^)」 


こん文字が…( ´ー`) 


準備は万端。あとは決戦の日ばかりです 


旅行先の写メルで友達と一緒に寝drwえrじこkm 


因みに今も寝巻き ロゴロしながらメールしていちょbヴぉ:n 
それを送っくれと書い駄目とわれてまいました(´・ω`) 


… 


メールもらう本当にいんだけど 
画像送るのはマジでだ… 
俺、家じゃ頭ボサボサ眼ヨレヨレャツジャージらさ 
何かあっ時に撮り溜めておかない調な… 


実は部屋ある度片付け始す 
ポスターこな婿んなにあげしまったし… 
プラとかフュギ付けたりげたりしてだいぶ減らし 
せモが多ので分しないと無理ポ… 


リアーエズ、自中では実家に呼ぶのことFAが出います('3`


ていうか彼女は俺のことをきとしか思 


なんといかそうでなければ男に 
早く会いたいですね」とか「声を聞い眠りたい」とわないですよ 
ん、間違ない( ´`) 


ってもう今日っ水曜ゃないですか… 
あと3、4日か…_| ̄|○ 
いやな汗かくんすよ… 
未だに「壷かも」ってうことます 


彼女に会ってから安定なて無いです… 
彼女貿準に一喜一憂させられ… 


次に会うの打ち合わせしてたんですが 
PC買った後に決地(都内某所)に行くことにた 


はやべきことやるけか… 
本当にうなるんだろ 


か向こうもそこがの地とうことに気付いているうです 
そこでなら色ですねやる気満々で 


ンクス 


かこまでが未だ信じ 
これでの人なんだっだろか思う 


女性関いては嫌われことはあっても 
かれる事なんて無ったし… 
それがなで急に… 
直、俺死ぬまで童貞独身だと思ったし。 
ってまだ出出来る分からないんだけど… 
にこんな物事が変わったりする事ってあるんかな 


あーメだ考えてしまう 
念を捨てね 


メールきた… 
ってろよ。おまいにこ想い、全てき付けてや…( ´ー`) 


りまし 
調度が終わ次第出す 


まで長かったような短かったような、夢のか現実な 
議な感覚で、正直期待と不安が半々すが、やることはやってきます 


日は多分、分の人生を左右するな 
これがりにい人生から飛び出てみます 


気合しかと受けめまた 
てきす…( ´`) 


てきます 


ただいま( ´ー`


今日は家で待ち合わせ。 
きの電車の中はずっとイメジトレーング 
の瞬間を想像すると、ジワジワ汗かいくる 
なる。それでも家にくまで繰返した。 


に着いた。前回よりもインターホンを押す手が震えてた 
しばら押しっく離すと応答も無くけられた 


「こんにはー」 


中から彼が靴をトントンしなら出。 
今日も萌( ´ー`) 
の人会う度、違う服着てますが一着持てるだろう…と思う 
も、薄いピンク服多いかな? 
合うらいけど ´ー`) 


車に乗。ハンドないけ 
真っ直見る横顔が綺麗だと思った 
因みにいい車です。エンジンの静か 
車内もの匂いがあましなし 


ートベル、して下 


と言うとっくり発進した 


走り出すと彼女しい運転だと思った 
進、停車ごくかで優い。 
良いおかげなのかもしれないけど 


それまずPCを買いに行きますかと 
ながら目的 


この段は恥ずかしくて出来ない顔を 
思う存分眺めさせてもらいまし。 


信号待ちに視線にが付いて 
うん?」 
首かしげてきてそれで萌え死にる 
「いえ、なんでもない」 
うが、きっと顔ニヤけまくっ西てただろうなぁ… ´ 


連休明け、道は的すいていた簿 
くの駐車場に。 
駐車するろをと、スィっとックで 
車を入れる。後ろ全然見な尿で一発 
構手慣れてと思 
「駐車上手いで 
と褒める 
「こ車じゃないとダメすけ」 
とのこ。 


車場か歩き出す 
道もいつもよりは人が少なくてい 
歩きら、ってから彼女方から 
の手首を掴んできた。すぐ 
「不自然ので」 
とその手を振りほどいて手のを握ると 
「本当だ自然ですねw 
と微笑みてくれた。萌んだ 
握るとこうもギュッっるんですね 
これがマジでいい 


店に。因みに店でも手を繋いんですが 
なんかこっぱずかしいものでね…( ´ー


ノートのコーナーに、俺付けてい 
種を紹介する。一瞬いつものそうになったが 
こは慢我慢。 
うーんこれかなぁ」 
と俺が一番オススメし物をだ。 
と、ムも適当に見繕って、バイダのパフももった。 
会計はカードで一括カコイ、カコイヨ姉 


員さんに手で持ってるよに梱包してもら 
が受け取った。 
、す」 
「いやいやいです」 
と両手にPCとモデムを持つ 


外に出たところで、彼女が小さい方の物を 
俺から奪い取るようにし、空いた方の俺の手を握ってきた( ´


に戻っ、荷物をトランクに入れる 
トランクを閉め彼女がPCを持っていた方俺の手をって 
「すませんで重かっですよね」 
にではなく、俺の手い掛けるようにして 
が付いた俺の手両手で包み込んで 
さすてくれたs(ry 
も荷物っていた方の彼女の手をさってやりした…( ´ー`


場料金をとしたら、やはいうか 沿
止さまし。駐車から出る 
腹空きましね」 
通りに、決めてい事をするこ 
目的で走す。 


今宵も彼女推店で食事だ。 
かなりい店内で、応接室にるよソファー 
ターリしな殿食べられるろだっ。俺は緊張したけど…_| ̄| 
でもファミレス家以外は緊張しますね。 


ここでつか土産をもらう。サリかな 
よく見ると…HERMES」のロゴが… 
これっまたた高価なものを…」 
「向こじゃ安いんで 
言うが高価には変りない… 
沿お礼をして、付けてみてれと言われたので 
けてみる。これはネックレスって言のか? 
それにては短ど 


付けるの手間って見かねたか彼女が 
付けてれた…って胸顔にくっつきそうなんでおvjpbjれ 
かいいいするな…と思った。 
「よ似合いまよ」 
とパチパチしながらめてくれ調 


、彼女が自分を指差 
そろいですよw 


萌え氏んだ 


土産をもらったとろでまた旅行の話少してもらった 
うの人の話とか、食べ物文化とか、葉にいてか 
っただけでもになるしいですよ。 
俺なんか旅なん修学旅行こに行ってない西言う怒られました( ´ー


ちなみも割り勘で) 
「プ撮りましう」 
と彼女言う。俺は一瞬のこと分からなて 
「(_?)」 
いう顔をしている、手を引張らてゲセンへ 
プリクを撮い…。正直、俺こだった… 
コインを入れると、彼女手際操作する。 
「ちゃんと顔作っね?」 
?え!?」 
と慌めいている間 
られてた… 


出来稿りをてみ俺どこ見てるか分からないし… 
女はっかり顔まし 
「ちっとだけど、記ですねw」 
に半分くた。ちプリクラ好きにった 


戻る。ここから 
それ分かっいるとであって 
いに緊張が綿まっていく分かった。 
自然と口数がて、る拳汗が。 


俺は淡々道を案る。その間にも目的地へ 
々と近づいていく無言の間は俺は告白の 
言葉を何度の中でいた 


駐車場に着く。心臓の音自分にも聞こてくると思った 
んか膝から全てら汗うな感覚だった 
から出二人で歩き出すップルだらけ。 
「いいと綿ろです 
女は言う。 
下見までましたらw」 
うと、らいでね。と。 


ぶっちゃけ公園なんで、昼に来た時りも 
人が多ました。かもポー率100% 
ベンチ使100% 


ばらく園行く当て無く歩きってました 
どう言い出す雰囲気、タイミングを作りすか分かった 


ばらく歩き回っると 
「あ、あそこあそ 
空いたベ見付けた女がの手を引いていく 


二人で腰を下。今までに密着ことが 
ただろった緊張が高り過て 
口が開かない。かし、今しかない。 


「大事な話んです」 


と俺は切り出し。彼は黙ってういて聞いてれる。 
かし、また葉が出。 


俺は立ち上て、座っる彼女にき合った。 
あのおれ 
とまたが途緊張で死。とった 
までが次々思い出される… 


彼女が俺の両取って 
がんばって」 
と言てくれた。 
エルメスさんです」 
の時の勇気以上だった。震で言っ。 
女がち上た。俺彼女の顔を見れなた 
私も電車さの事が好きでだからもずっと一緒にいてくますか」 
と彼女が言った。 


を聞いでの辛い思い出や苦労が 
白くみたいいって、そたら鼻てきて 
涙と鼻水どめもなくふれ出てきた。 
そのせいで 
「あがとう」 
と 
「ずと一にいょう 
を言思ったんだ然言葉にならなくて 
度も何度も上手言おと繰り返けど 
然上手く言えな 


女が前からそっと俺に抱き着いてきてくれて 
「大丈夫、大丈夫 
って何度も背中をってくれた。 
必死その辛い思いや苦労を口にしとするも 
「いjんmvjrぴうwおhlう 
もうんな状態…_| ̄|○ 
興奮ぎてさ… 


りの人が見てすよw便 
と彼が言。そうだった両隣のベンチにもポー満だ… 
彼女はぐゃぐちになた俺の顔撫でてくれる 
ったらもっと好きになっちゃしたw」 
伸びして、俺のもみ上げの部分に何度か 
ッチッとしてくれた。一瞬時が止ま思っら 
また勝に目と鼻から水がだら漏れてく。 
それでもを上げないように歯を食ってずっ堪えてた。 
「すいまん。俺女の人にこんな優しされたこと無いら」 
って言おも言葉にならい。 
彼女は 
「うんうん 
って言いながらテシュで鼻水か涙分か寿ないものを 
き取ってくれる 


それらどらいたん 
うやく顔げる彼女赤に… 
「あ… 
とかの抜けた声出しながら女の顔を眺めてた 
「もらい泣きしまし」 
と言いながら、女は指の背で溜まっ涙をてた 


二人とも落ち付簿ところ公園か事に 
ると女が 
「こっでお話しま」 
と後席の方へ 


ここである異付く。何時の間にかコンタクト 
片方取れて無くなってた。 
「ア、コタクト片 
呟くと彼 
大変、探しないと」 
と車を出よ姿とするが、のは使い捨てなのおk引き止める 
コンタクトしると返変なのでも 
ははは…な見えな…」 
と言と 
「私のも見えませんか?」 
と言って俺の方にぐっってく 
、見えてるのに 
見、見ないです」 
呟くと 
俺の首に手を回して鼻がかかるくらい接近してきた 
「これで見え 
ってうなずくしなかった 


の密着状態でどれくらいの時間が経ったの 
彼女もが出まだ 
ていか俺の腕にな柔らかいの思きり当たって殿んで 
ばらくして彼女の退が俺の唇を撫でめる。婿 
は思わず 
たいw」 
吹き出ししまった。しし、そなのお構い無しに 
電車さら…ね? 貿
目をる 


 
━━( ´∀`)・ω・) ゚Д)゚寿゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚)´Д)゚ー゚)━━━!!!! 


は、彼女の髪をどけ、耳の前りに退っとけた… 
「きゃっ」 
っと彼女が身をすくませる。俺もビックリ 
そっちじゃいでよw」 
と思っきり笑われてしまった…_| ̄|○ 


「ここですよw」 
と笑いなが彼女がの唇に人差し指を当て 
うムード何も無いでねw」 
俺も一緒笑う。 
うですねw」 
笑う。 


て落付くと 
「はい、どうぞw」 
と改を閉じる殿 
れじきま」 
と深呼吸してそっと唇を付けまし 
多分3秒くいでしょうか… 
世界にこなにらかがあったなてと思いま 
離れると、暫くめ合う…とい凝視にいもあり。 
女の黒目に俺が映てるのが分かった 


して、糸彼女が 
あぁ当に愛し 
と小声でて、何度も口付けてく 
からも返しとばかりに付ける 


2、分くらいはっとスを繰り返してたと思。 
少し経っくと俺は 
「未に信れない。夢なんじゃなと思う」 
言うと、彼女は両手で俺の頬を摘んでゅうぎゅう引っ張った 
「夢でし?」 
いははいけどゆない…」 
当は「痛くないけど夢じゃない」っておうと思ったんけど 
頬引っ張らてるから変になってしまう 
れを、彼女は堪ら 
も釣られて笑う。 


く落ちついたと 
今ませなかった事を話 
どうし互いに好きになったのかとか 
の時考えて湿ことな 
してが尽きかった 


女は最初の件の時でだ 
の事を好きったという自ったうな 
「今うと惹かんだぁ」とっていまが。 
あの事件の当日「今時、勇いるんだなぁ」くらの 
程度ったしいです。のカップも本当に安く 
手に入って、丁良かたの礼には度良かなと 
ってくれたそ 


寿話もその日のちにかってくとは思っいなかうな 
俺がすく喜んでいたみたいで、れはすごく嬉しうで 
事にわれ時もそれほはしていな 
一回きうなと思っらしい。 





1回目の時食事で話しいるうちに 
話したいと思ったらしい。 
で好きになったという訳は無く、なんか波長合った 
とかものだったとか安心しせる相手とい 


れで、俺の事を周に人間にてい 
二回目の事の時の友人に 
なた、の人の事でしょ」 
覚したそうな。 
れを確かめるく、その友人が二回目の時に 
いうす。 


車内の会話全書いてたらキリ無いも… 


二時間も話ているといさすがにきた 
殿沈黙していた 
こかきますか?」 
彼女がその沈黙を破る 
俺もそうねと相を打つ 
行きましょか?」 
と聞かれても、この時間に開いてるところってどこだ? 
俺はもし思ったが落ちいて 
ファレスかっ行きます 
と問う。 
「そういえばお腹空まし」 
彼女笑って同意してくれた。 


それが前座席に移動しようと 
するところで俺は 
もう回」 
腕を掴んで引き止め 
軽く触るくらいのスをしただけけど 
彼女の方から 
「もうちょっと」 
と言って軽くしれた。 
最後に口紅をき取ってくれた 


こで地元まこのくのミレスで 
食事を取ることになった彼女曰「す久し振り」だそうな… 


、運沿転中紙 
運転中は離れてしーよー」 


 ほんの十㌢なんですけどね…( ´`) 
ので信号待ちのいでました 


ようやく地元ま着きファスに入る 
こで女は攻で化粧直しにトイレ沿に駆込む 


いとイク崩れまくがバだそうな 
そんどうのに…( ´ー`) 


彼女が戻ってく心待ちにしながら 
ニューを眺める食欲がいまない 
女に決めてもらうことにした。 


15分ほして彼女が戻ってくると 
も選んでくます?」 
頼む。 
そしたらセッ頼んでくれまし 
かなにジャストミートくりしまた。 


こで二簿今後につ 
体的に言うとに行ってデートするとかでけど 
あとは色人に「彼氏できました」言って周るとか 
来週に行こうかか。 
はデジカで写真とっPCにいぱいしよねと 


なこんなでもう夜中の4時になろうとしていた 
「もう朝ですねw 
と俺が言う 
そうですw 帰ましょう」 
席を立つ 


う俺の家までは近いが、家ので送ってることになった。 
、 
夜道を一人で歩かせるないのでw」 
だそう婿す…´ー`


そして、道案内をながら走っていく 
あ、ここ 
言って車を止もら 
「こんなところまで送ってくてあ 
と車出たところでお礼を 
彼女は 
最後…」 
と言って両手をし広げる。 
り彼抱きしめて 
りがとう、本当にありがとう」 
繰り返す。彼女は 
「良かったね、良かった 
抱き返してくれる。 


後のキスをす。 
軽く回さっき同じように 
は俺のを真っ宿見据え 
「大人のキス出来 
言っ。俺は黙っなず。 


入っていくら、驚かないでね 


て彼顔をけて、口付る。 
俺、正直どうしたらいいのか分からなかった。 
婿隙間から女がってきた 
俺は舌でそれにた。 
で一旦触れると、互いに伸ばして 
抱きうにかめた。 
当然初めての感触だった。 
の中に彼女を感じるってこうなのか? 


分くらいしていたのか分かけど 
離れ時にかぐっりしてた。 
「なごめん 
何故か彼女が謝 
いや、然、謝る事無です」 
「う 
またの唇を拭とすが 
 
「しばらくこままいいから 
言う 
「バカ」 
叱られた( ´ー`


女は車に乗りこみ、最におやすみと言って 
っていった。は車見えなくなるまで 
にたたでいた。 


なと( ´ー`) 



------後--------





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20071027081245