2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

電車男+後日談(本人書き込み抜粋版)






秋葉行ってきたう物無かったけど 
帰りの車で酔っ払いのがいた 
車両には座席の端でる俺とん以外は殆ど女性。 
20〜40代くらいかな。 


爺さ女性客み始た。 
初に若い女性だんだそのはすごい気が強く 
さんて次のさと降りてった 
その時、俺は迷ラチ様子を見てた。 


爺さは次に俺の座っる座席に来て、真ん中らへ 
てるおばさん数に絡み始める。 
「携使ったらぞ」 
みたいなこと言っビビらせてたと思。 
おばん達(´・ω・`)←こんな感じで押しってしまた。


おばさん達はままっと下向い 
関わらない方が」という感じだった。 
するとさんはまた訳ないことをわきつ 
は黙って男に使われてりゃいいだよ」 
みたいなことを言って、手をおさんの顔っていって顎を掴んだ 
俺はがにマズいと思って、勇気振り絞っょっとんだ 
い、やめろよきっと声震えてた。 
俺、喧嘩なかったし。 
も爺に聞こなからしく、反応し。 
おいあんただ!やめろってってるぎうこhくえp!」 
必死一度叫ぶ。そこでおばさんが「いいから、大丈夫だ」と 
立ち上がった俺を制さんはようたら 
俺のを向。 
「さっきかジロ見やがって」 
と睨み付けられた。 


座席前までやってくる。 
「あ、お幾つ?」 
「22!」 
「俺はなぁこいえおヴぃいv」 
何言ってるかよ分からなかったど、大体「いくせに生意気な 
みたいなのことをてきた。 
なんだ尿のか?やるのか?」 
爺さんはもう喧嘩だっ 
ハア?です?警びますよ」 
「警察でもなんでょふげg 
そうのながらを振りしてた。 
手元が狂たらしくに座ってる女性に手が当った。 
言っ平手がかすったくらだけど。


」とそ女性客後ろに退いた。 
無我夢中で立ち上がって爺さんの両腕を掴んだ 
宿にお達の人が車掌さを呼に行ったが見た。 


の時ぎにが付隣の車両にいた後半くいの 
サラリマンが助け。揉み合う俺と爺さんを見なり 
んをから羽締めにする。 
「あぁわかったわかっ。そんな子に絡なよ 
さすが人生の先だった。刺激せずになだめる事を知てる。 
「俺が押さえてるから君はもう座りなさ 
もかり興奮してたから、のサラリマンにでに 
だめれてしった。んはそのサラリーマには 
全然脅しかんの自分より強い思ったか宿らなだろうな 
俺は舐れてんだなと何故か悔しくなるヽ(`Д´)ノ 


俺が隣のが 
「迷惑な人すね 
、俺にけてきた。 
「本当迷惑で 
もっ気の利いたこと言えよ俺。_||


らくすると車掌んが来た。 
警察渡すので次の降り下さいね 
爺さんに言う使わめきだす。 


扱い沿次の駅で 
、隣の女性と、おば爺さんが 
ると車掌さん 
「ちょお巡りん呼んでくるから、その人押さえててくます?」 
と、どこに消俺とさん陣をして。頼りにならねぇと思った。 
さんが逃いようにを捕殿まえ調いたんだが 
掴むんじゃぇよ!ぇよ!」 
わめき散ら。周りの香師らも助けてくないし…ω・`


からずっと逃げようとする爺さんをおさまえてると 
っとようやく官が2、3人やっきた 
「こさん? 
俺に聞く。は答えると、物凄い勢いで 
爺さんを員詰連れ込んで行く。俺らも後に付て行く。 
そこで全員の身分証明をしたに 
「これ、事す?」 
に問うと、全員 
いや、いす」 
の答え。俺は応何もいと答えておいた


事件くても何か書類を書かいといけいらしくて 
性陣俺も応交付いて行くことになった。 
中 
「俺せい、大なことに巻きんですいま 
性陣謝った。本当ばさん達はもっとで降りずだったので。 
女性陣は 
いい 
ってくれた 


番にくと、爺さん連行される。 
めき声と怒号がえてた。 
「たぷり搾ってやからw 
りさった。 


調書(?)をカリ書いている女性陣を見て 
はま謝らずにいらなくなって 
ペコペコ頭げながら謝った。 
あの時、黙ってれんな大ならずにんだの 
う思いで頭のがいっぱいだったから。 
今時、お兄さんみたいな人、なかなかいせん」 
、おばさんの一が言ってくれた。救れた様た。


思っか 
「あ僕はもって良いんです 
俺はお巡りさんに言った 
はいもうすよ。本当にありとうごいま 
礼まで言ってくれた。性陣も深調て 
がとうござた」 
 
「良ったら、お名前とご絡先を教えてくれませんか? 
と、おばさんの一人が 
俺はおばってたメモ帳に前とておいた 
「すいませ…私もいいですか 
隣に座っも書いて。 
する 
是非、今度お礼さ調て下さいね」 
慌てふためいて 
「いや、いです、です」 
言っまった。すに 
では、当にすいませんでした 
るようにってい


あとでたんだが 
なんで俺、そこで相手の連絡…_| ̄|○ 
、女の人に感謝されたこと無かった 
たよぉぉ


さっき、便若い方の女性から品と手紙きまた。 
品はテーィカップでした。手紙の容は礼でした。 
「あの時、隣にいた者です」ので確定しまた。 


可愛ら便箋&字ですよ!(;゚∀゚)=3ハー!!! 
かいいいもうな気が(;´Д`)'`ァ'`ァ 
ダメだなんか顔熱くなってきちつけ


今後に繋いうと… 
文を引用すると 
「あなたの気にとてもせられました」 
いですか


ダメだ… 
何が何だか… 


の人んか電話なかかけん…_| ̄|


マジうすりゃいかわかんよ!(`Д´)ノ 
今すぐ電話すんの?えdftgyふlp


携帯片手にしてるが、ダイヤルできよ… 
時の勇以上これは(´・ω・`


カッ個って緒にみまんか?」とか言うの 
無理ー! 


きかってるけどポ… 
明日とかじゃダメ…?(´・ω・`)


21時まで話かけらかっ 
(´・ω・`) 


奮しし… 
鼻息、向こうに聞こえいそう…


精神統してもかようとしました 
も無理でし。 


の時の電車の時よりもっとドキドした 
はシするし、顔は熱いし、はバクンック 


俺はダメな香具師だ…_| ̄|○ 
紙は効じゃなんですかね?(´・ω・`)


が動ないー!ヽ(`Д´)ノウ 
俺にあの時以上の勇気を


今日めま_| ̄|○ 
みんの意見じっくり読んで、明日に備え


なんか、泣けきた。。。 
優しと自分情け無さ 
お礼の一も言えなか俺は・・・


あえ退、スレのログを自分りにま 
日何を話すておきます… 
おまいらありがとう。あでごめん 


やっとち付稿きた… 
んなにトキドキしたの初めだよ… 
もう疲れた…_| ̄|


同じうに俺も色々う… 
かして…さかのンドレスす。


っか読みはしない方が良いですねやっぱ 
でもこれも我が家のにせ


HERMESって書いど。ど器メーカーだ


メスってとか 
はブランド物じ 
ぱ高いのか? 
器とかも作の?


俺もエメス級ブランドだっとは知ってたけど 
ーカップまで作ってったよ…_| ̄|○


今日なきゃ


携帯にかけたが、留守電すた… 
日出直しす…


無論、女性に電話したこと無いで_| ̄|○ 
俺は何より普礼がしたっかったんです。 
明日向こうからかかてこなくても 
っちからかけます!


仕事か帰ってきますた…_| ̄| 
たかったのに… 


着信、何件もててくれたのに… 
今からかけす。


一旦終ました 
まだ手がます 


んかお風呂いたしくて 
切らずに話してく便れる感じだたんですが 
っちから、またあとでいいですよっ言っておき 


とでかけてくれるそうです。 


ダメだ。緊張しすぎた


なんかえないよ 


とりあえず、昨日はメッセこさなくてすいません 
今日もそこってし湿まっすいません 
いっぱい電話もらったてに出れなてすません 
あんな素敵な物 
は本当にすません 


と謝ておきした… 
謝っっかじゃん _||


礼にもったカッのお礼っ変じゃないですか? 
それって大丈すか


通でした。 
「第があっやっ調がった」ってくれたので 
大丈夫です 


ップお礼カップのお礼に食事カのお礼に食事カッに食


緊張尿きた…_||


絶対、「悪 いいす」って言うでしょ 


そうれてまったらエンド? 
粘るってどうやるー 


もう訳分からなくなてきた_| ̄| 
とに誘お


めしこか たの


今、終わりました 
食事の約取りつけした 



お ま い ら  当 に    と 


最初にうから電かってきたのは 
午後2時くらい俺は今日早く上がるたに 
宿て働いた。に気が付い調のは 
1時。こちから速でかたけ 
繋がず。あと15にもかかってき。 
それこっちが仕中で出られず。 
あと1ごろ19時ごろかかってきけど 
られずのバ


、俺が帰きたのは2時過ぎかけた 
確か最のやりとり 
「すいん電すがエルメすか」 
「あっとがっ 
みたい感じだった。 


繋がらなくいま。 
何度かけてってありがとうござました。」 
「いえいえタイミくてすいません」 


その後 
昨日まし。 
良い物をあござます」 
「いえ 
いうことを話し、まの時の電車の中でのことも話した 


あぁ、あんまりえてない…_| ̄|


俺「あのは本当すいせんでした 
時間取らせてて」 


「本に大夫でしたよ。」 


その上、先にってしまっ 


「あの後すぐに私もすぐ帰りましたよ 
と、少あの時ばさと電車さんのこと話してましたw」 


俺「!?」 


エ「みんなで勇使気あ青年だって話してまし」 


っとんな葉使って話してたけど 
味とし多分んな感じ


ここで遠くら母親らき声が 
「おはいらないのー!」 


 
「あ、ちょっとすません。(多分受話器を手でいで) 
あとでー!」 


俺 
「またあとでいですよ。」 


エ 
いま。ではまでかけおしま 
最初だって聞かっけど


電話がかてきた 


「すん、たせしました」 


俺「すごく早かたですね 


エ「私お風呂早いすから」 


俺「急がてしまった様すいせん 


気ですよ 


たいな感じ俺に気を使わせないうに 
がんがてた感じ思う。 


に誘うようっていこ 
える


おいいて 
きま 


はすることにになりまし 
場所時間た追決めましょということです


んなありがとう 
俺、服買うよ 


ニキんとこ出来てないで


からがってきたみたいなの 
は急がせてしまっことを必死 
「本当にいつもこらいので 
言っくれたけど。 


続きに戻。 
彼女とおばさん達は 


がいなかった、何れてたか分からな 
てくれて本当に良かった 


普通は見見ぬ振りしてまうが 
向かった勇気がすごい稿 


事を話たらしい… 
覚えてなど…_| ̄|....○)) 


俺は 
「未だに自分のしたことが正かったか 
分からなのま黙って 
おじいさんは何もしなかっしれいし 
れなら皆さを警察沙汰に巻き込むことも無かった。 
本当にすんでした」 


それで彼女は 
「あなたの行動は正しかった 
「本謝しています」 
「見ず知らずの人の為の危険をすなて普通出来な 
出来事をや友に話しまた」 


と言った。もうあんまり覚えてなや…_| ̄|


俺は 
「頂いプ、すご高価なものすよね 
気をてしまってすせんでした」 
いう感じ切り出す 


いえいえ仕事柄安く手に入るんで貿すよ。 
ちらこそ返って気遣わせてしたようですいせん」 
とエルメさんは 


言うチャンは今しかないと 
ップのお礼と言ってはなんですが、良かった 
事にmbfjgろp 


いっり噛だ…_| ̄|○


エルメスさん 


 


。 


は繰り 
「えーと、食どうでし?ご馳走させて下さい」 
よく覚えないけど感じ 


「お食事ですか」 
。もし良かったら_| ̄|○」 
っと電話越しにを下げた 


遣わなく結構ですよ 
当に大したものじゃないので… 


うだめぽ…言葉が脳裏をよぎる 


「そうで…」 
秒の殿沈黙があったとう 


「では割り勘でならすよ」 
「へ?」 
思わず間け声を出してしまっ…_| ̄|○


り勘と言うと…」 
かっるのによく分った 


「ご馳走になのまいの 
どうでしょう」 


思わず 
「キ´`)・ω・゚Д゚)゚)・∀・) ̄ー ̄_ゝ`)-_)゚∋)´Д)゚ー)━!!!!」 


叫びそになった。我慢て、スレに片手で書きこむ。 
にかく早った。 


本当すか?」 
よ」 
「ありgrftgyふじこありがとうございま 
噛みも必死に頭下げてた。 


いつごろにしまし?」 
「いつもOKです」 
hでなら「必死だな」と言われんばかりに即答し


じゃの方が良いでよね」 
スさんの都合はだった 


はいこっちも大丈夫です」 
駄目で空けつもりだが 


それでは、食事しましょうか」 
」 
で頭が真っ白になる。 
まだどこか決めてないじゃ…_| ̄|○ 
俺は急いでスレの情報をかき集める 
思わずSOS信号をスレに送る 


「こちらはどこでも構いませんよ 
「あ、、じゃあ…」 
しっかりしろ。 


スレにある「好きなもの、を聞け」というレを見つけると 
何もえずに 
好きものとか、嫌いなものとかはありますか?湿 
ごいですねー」 
「えーと…じゃあ」 


 
時間けが過ぎいく…_| ̄|


の時に全てを決めることはない 
そん単なとにも気が付いほど緊張していたか 


「あ、じゃあまた、決ったご連絡してもすか?」 
「はいいませんよ」 
「辛くなろ探しておきます」 
いw」 


少し笑。ような気がした。 


「土日週再来週辺りでしょうか?」 
そうです。」 
「でまた近日絡します」 
お待ちしております殿 


という感じで了。一力した…_||


帰還した…( ゚д)ポカー 
疲れた…_| ̄| 


にこんな使うの初めてでしたわ 
レカの普通使い方したも初 


のに6kってどいうことですか…_| ̄|,,,,,,,,,,,○) 
シャレっぽくなましたけ 


は店さん相談しなら 
んだのいます。 


コンタって作るの 
保険必要なのね…_||


今日は荷ずっと大で家一旦帰ったり 
く疲れましたよ…もやっぱりわれた感じはしま。 
遠くから見たにはっと見えま 
も鏡で自の顔見とまだま秋葉系ですね 
ンタホスイ 


あとところでしてきした 
スレで出てた作和食系のと 
っぱり(゚д゚)ウマ-かったす 


のイケメンの介でめて行て来ですが 
しく恥ずかしかった…_| ̄| 
でも床屋ではやってもえないうな髪になまし 
こんな髪短くしたの初め… 
がふわわすw 


出費が…_| ̄|


おk、話終了すた。 
約束取り付けました(;´Д`)ハハァ (;´  Д`)ハァハァ (;´   Д使 `)ハァハァハァハァ :.` ;:.・∵  д:.` 
もやっぱ緊張する…_| ̄|○


もし夜分遅くすいm…」 
「あっ、こんばんわ〜」 


お食件なんすが食でいいか?」 
「はい、ですよ」 


「あぁ…ったです」 
食って電車男さんらいですね 


、そうで」 
はい」 


おめかししていきますが、ない…_||○」 
「え?おめかすか?」 


「え。でも期待しなで下い…」 
「そうですかw じゃあ私もおめかししていきまのでw」 


を遣わせしますいません 
大丈です」 


こんな感ったかな… 
とシクっよ…_| ̄|○


はエルス子付きとか 
そうまではなかったりします 
「この機をたら一生ャン無いかも」 
ともうの正直なとろですが 


でも、ちは確実に惹かれて便ます 
さっきも声聞ど、なんとは 
またた感です 
った絶対きになっしまうよ…_| ̄|○ 


ちろん彼氏もいかもしれないし 
それきになったら辛い思いするかもしれないし 
なんか苦しいよ


今日時にで待合わせ。通常は俺の家から1時間で着く距が 
 時間前に家を出た。案の定時間前くが俺そこで1時間待つ 


間が近づくにつれて緊張がって 
になっても彼女は現わない 
後に来た。俺は遠くから見けた。 
界にって来た時から、早足で俺のとろへ来る


いません。おれてしまって」 
口一彼女は言った 
 
「いえ、全然大丈jjんf;、 
噛んだような気がする緊張に達してた。 
って、彼女。こだ会ったりも可愛いんだもんよ…_||○ 
本当におめかししてましたよこの人 
こないだとは違っな雰囲気なでし 
女の子らしいいうかぇ萌えよ。 
そしは 
「こは、お久し振りです」 
めて。彼女も 
「こんばんはこちらこそお久し振りです。なりまし 
儀正しくおじぎまでしてくれた。俺釣られて頭を下げる


挨拶もそこそへ移動す。 
凄い勢い張した。女人と並で歩くこと。 
通に歩いてると、置いていっちうんですよ。 
くのが遅いすよ。知らなんですよ。 
女のスにわせて歩調を合わせるのがなん 
こちない感じになったかも。 


しかも、俺み男と彼な女の人が 
緒に歩すごく不自然じゃ気になってしょうがなった 
周りの人間な俺るんじゃないか思っ 


の道中話した… 
てるのは一つかないかも


俺がてるのは 
「電車なら安して電に乗れまね」 
言だた。言間になんか心臓がドドクンした 


にと電車というのはちょっと恐いものらしい 
特に朝の通勤とか。こないだの爺殿さんたいも 
いるもしれない貿し。でも俺みたいなのと一緒な 
安心出来ってってた。「…」としか言なかった 
の利いた事言のか俺…_| ̄|○ 


電車を沿を出て店に向かう。 
駅近辺物凄く多曜だし 
俺は1歩ほを歩く感じだっがそれでも 
女がいなくっていないかなってしょうがなかった 
5秒らい後ろを振って確認てた 
ういや誰か沿緒に歩くにしても、つもろを 
いてたんっけと思った。先をのって 
付かい。


「いやー、今日は人が多いでねぇ」 
「週末ですか」 
そうなが人込みを掻き分るようにて進いく 


ラと振える俺。 
んな落ち付ない様かねのか 
「大丈夫ですよw」 
言ってくれた。 
「あうですか?」 
そうでじゃないだろ…_| ̄|○ 
 


「はい。ちゃんと掴んらw」 


の手便掴んできた。 
ビクンとがすくんしまった…_| ̄| 
もしかて女性に触れたの初めてかも 
なんですかあの柔らかさは… 


「あっいません」 


でもがビクとしたので慌てて手をしてしった…


っ、や、すいません。大丈夫でよ」 
は慌てたが後の祭り。 
いえいえ、急に掴んでしまってん」 
いや掴んで欲しいんすけど。むしろ手をつn(ry 
たかった…_||○ 
結局、その後は俺の掴む事は無た…_| ̄|.............○)) 


店に着いた。無論、予ておのでされる 
結構んでいる中を入っは気持ち(・∀・)イイ! 
くと 
「良い雰尿気の店です」 
言っ てくれた 
「いいですよね好きなんですよ」 
いま今日回目…_| ̄| 


ュー来ると 
かお勧めますか?」 
と来た。は前来た時に頼んだ物を勧めてお退た 
通に美味しったか


クをむ時、俺がグレープフーツ 
彼女は少し慌ててメューを見直し、巨砲サワーをんだ 


「すいません。飲まないといたの」 
いえ付きせてしてすいまん」 


料理が来では何話してたんだろ… 
やっぱり向こうはあの時のの中の話を振ってくる事多かった 
「やっぱり真面な方なんですね」 
か 
「曲がったとかは絶対許せない方なんでか?」 
とかそんだったかな西 


理が出てくると 
「これ味しいです」 
俺ちんと話盛り上げれてたのかな


らかた料理を平げると 
車さんはよくこういうお店にれるん?」 
り出してくる。食べる物ると、すぞっ感じで 
こっちの顔を見てくるので緊張る… 
「実はこういう店に興味を持ようにった便のはごく最稿なんです 
 
んで?私はこういうお店出した簿の好きなんすよ」 
と振ってきた 
「最近はういう雰のお店流行ってるね?」 
返す。ホットペーで得た役にった…かな 
語りだし 


彼女色々オサお店を探してるのが趣味ら。 
つーか女子はみんなそうなのかな? 
でも、近は一緒によってた達に彼氏が来てしまたら 
ど行らしい。なので今回はすごく楽しめた 
てくれた。


ようやく話しれてきころ、店はり混いた 
微妙に騒がしくなってきし。女は空気読んだか 
「ではろそろ…」 
言っ呼ぶ。ここは席で会計するところだったので 
だかわから事ま待してい姿ので 
内心あぁう終わりか…と思った。 
来ると 
大きいのないんでとりえず払ってお」 
と、ささっと払ってしまった。俺の予定はで俺が 
沢諭吉をサッ出すつもりだったに… 
じゃああとで分払いますね 
言っておた。 


店を出ると、なんか行ころも無いな雰囲で 
黙って歩きした。俺帰るって感で様子かがっていた 
くと 
「まだちょっと間早いですよ」 
女は言う 


内心 
━━ヽ(ヽ(゚(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!! 


だっ。 


かに時計をとまだ20時を過ぎたばりだっ。 
俺は 
「あの、限とか大夫でか?」 
気を利かせてつもりで婿いたが 
ハハッ」 
われまった…_| ̄|○ 
でも笑顔が見れたでマル 
「もうそな歳じゃなすよ〜w でもありがとういま 
ってやっちまた…_| ̄| 


私の好きな店が近くで付てもらって良いすか」 
タ━━━(゚∀゚)━━━━ !!! 
はい全然大丈夫で」 
緒に店に移する 


「あじゃあさっきの食事代…」 
俺は7割くいの金を渡した。彼女がれを 
「ちょっと多です 
返ってきた 
「いや、こっちら誘ったので…」 
、受け取って様にった 
尿っと寿言っかなょうねw」 
快く()多い分もけ取てくれた。 
ょっとったか


もう腹いっぱいので軽く済ませれるようころ 
うこ来たところはさっきの店よりも然オサレで 
なん許されない雰囲気だっ 
彼女何度か来たことがあしい 
んとか彼女にお似合い感じの店だなぁとた 


席に着いメニューを稿見ると彼女はワインとおつを 
しい。俺るよなものが…_| ̄|○ 
局俺も慣れないワインとチーズの盛りを頼だ 


お洒落なのお店ですね」 
俺は彼女のセンス褒めに言った。 
すね。こ結構好きなお店なんですよ」 
楽しうだた。ちつかなかけど_| ̄| 


かの話尽きたとこ 
「そう言えば、く芸能人に似てるって言んか?」 
く考えた俺は芸か知らないのに… 
「えっんまり言れたことですね簿 
でもよくムーミン似てる言われるんですよw」 
れは芸能人じゃなろ…と思わずツッコミをれそうに 
ったがここは耐える 
「あ〜」 
俺は同意混じりの雰気で言う 
ムーミンか…る・もしれない


ワインが入ると少しかのに思た 
し酔てきし。 


稿はまたあの時の電車の中での事に 
あのどんな気だっですか? 
かなんか、ているのか少し積極的な質問になって 
もちろん恐かったすよ。」 
そのまやんけ自分…_| ̄|○ 


と 
「世の中の男性はみん電車んのうになって欲い」 
みたを言た。俺は( ゚д゚)ポカーンで意味が分からい 
自分も電車さんみたいになたい調すし」 
だかよく分からない緊張してく 
の後、上や周りの男は特に俺を見習て欲しまで言い 
俺は照る事しか。 


間がもう2時を過ぎようしてい。 
彼女俺から話を作のがになのを 
たのかもしない済ませて 
店を出。この時は丁度らいの勘だ 


向かて歩いだ一通りは多い 
思議駅まであまり会話はかっ


に京北線に乗る。方向は同じらしい 
「じ私はで降りますので」 
ここに住んでるのと思つつ 
「今日は有難うございました」 
「いこちらそ」 


殿はこれで終しまうう思が溢れてきた 
に繋げなはと。でえない…_| ̄|○ 


車がしていく。これで終りか。でそれいいか。 
頭の中がごゃごちゃにる。開いて 
それではおやい」 
と彼女が電を出る。駅に降立った。 
俺に振りかえって手を振ってくれて 
アが閉まるその寸前 
「また電話します」 
思わず叫んでしまた。聞えて分からいけど 
ずいてくれた気がした。 


会いたいっ言お殿したけ綿 
なかったんだよ… 
相手目の前にしたら言えなくったのさ…_| ̄|○


おk!今か


繋がせんでした(´ω:;.:... 





 


なんいうみんなあり


から言うと、次の約束取りつけま


電話がさっき彼女からました。 
初のやりとりは 


「さきは出れなくていませんで」 
せん、お忙ったでか?」 
いえ大丈夫で 


んな感じでした 
その後めて昨した。 
それで、別れ際わずえたかどうか確認しました 
一応聞こえたみたいでした。 


その後、にお店を相手いないとっていので 
もし良れば自分が一緒にいう感じで申し出まし 


い。全然大丈夫ですよ。こちらこそお願いします」 
と快は胸をなでおろし 
「すいせん本当のその時に言おうと思ってたんですが」 
うと 
w、実はカてたですw 
「すいまん。よく分なくて」 


( ゚д゚)ポカーン 
スレにあっりだ 貿


それで次は彼女たいあるらしいの 
そこ行く事に。ま来週か再来週。 


( д゚)ポカ 


…また服買いに行きますか…_| ̄|○ 
た物全部スルーですよナハ 


メアドゲッツしました(・∀)b 


ゲはあんらなけど  
普通ームはやよ 
ラクエ5はルー…_| ̄|○ 


年齢結構謎なんですよ。 
見た目は23〜5くです雰囲気うか落ちつきっぷりとうか 
余裕みのがそれ以上の年齢に感じさせます 


て、今日はマトリックスのDVDを入れる為カバをまずに行きま。 
りあえずVDだけでも入れば良い思ったの今までが無いような 
さめカバンでした。わゆバッね。これを買って合わせ場直行使 


待ち合わせ場所には30分ほに着きました。 
その0分待ちます。 
は今ちょっとけ遅れてきまた。 
今回も可愛い 
ーパンとピンクの2のストでた。 
なんか一と若なっうな感じ 


…てかンテールキ━━━━(゚゚)━━━━!!! 
は俺のこものsjぢういおうえおいじこlp 
回よお化粧気合入ってし…(;´Д`)ハハァ 


すいませ尿遅れました」 
小走りに 
沿丈夫ですよ」 


友達は更になので、二人で先に店に行事にった


店まが案内してれるので 
少し後ろ歩くように意てた。 


日も多いではいように注しなら 
。その間にも湿ちょっと雑談 


「昨日は遅くまで付き合てしいません 
なとすぐ分かった 
「いこち返信遅…。エルメはメール殿書くの早いでね」 
い方と行っていた。 
メールりとりで花粉の彼女は花粉のことを 
気に。鼻出ないよに薬を飲んで 


今回は彼女が微妙を歩いているので 
る節々俺に振りかえっ 
で、彼女がちょうど振りえった時に歩ある属のポル(? 
彼女前に迫っきた女は気いて。 
あっ」 
と言っ思わ彼女のを掴んでしまった… 
「ん?」 
「ぶつかりそうだっので 
「ごさい、薬効とボーっとしてきしまて。 
ありがとうございます」 


また歩出す。彼女が 
「並で歩いていょう」 
言ってき 
「あ、は 
と少し西前にた。少し気を使よ俺_|寿|○


くと 
の真似てみまたw 
「え?」 
なんの事かからなかったが、予約をしおいたらしい 
普段は予約とはしないんうで 


店はゆるイタリアでし。やっぱピザとパゲッティがったです 
とりあ先に頼んじゃいしょ?」 
「あい」 
ここの店は一の料なで取りけるタイプらい 
「電んが好きなので」 
「いやいや、悪いので 
うが、直写真が無いが何だ…_| ̄|○ 


そこで 
「ごめんごめ 
と一女性が。彼の友達がた。 
沿せしてしまっいません」 
っと息をくしながに謝ってきた 
「いいえ大丈夫です」 
女の友人はエルメ子さんも活発そうな雰囲気で 
装も彼女よりちょと派手っぽい感じ 


まだ、メニュー決まっていんで大丈夫で」 
あぁ良かった」 
友人言って彼女の隣に座る 
「どもはじめまし」 
ちらはじめまして」 
と軽く自己介 
「お話は色々てますw」 
と友が含み笑う 


食事のメニューは3人で話し合いながら決めた 
車さんはまた飲まれすか?w 
と彼突っ込んでくる。友人がるせいかちっとノリが変わ気がた 
あ、はい。じあw」 
頼んでおいた調はワだったど…_| ̄|○ 
空気嫁よ俺…_| ̄| 


料理が来るま3人で話が弾ん 
しか人さんよくる…w 
結構面白じの人ででも比較的抵抗無く話せる


理が来るまでは人の簿めに俺が答じだっ 
車の中でのこ綿とかこな調のこととか。 
「へ〜、ってるみたいでw」 
ともか殿たりもする。 


理が来て、友人勢い衰え 
もよ笑うし。俺がらないネタが多数あったが 
とりあえずも笑った。俺も受身りなの 
を振みる 
エルメさんは緒川きにわれませんか?」 
「緒川たま?」 
とも緒川たま知らいら 
「女優さんですか?」 
「あ確かそうで」 
「誰だ?見ればかりそうだけど」 


友人の話よる、ゆうと涼子を足て2で割っしいです 
あ〜」 
てみものの両方とも顔わらん…_|簿| 


電車さんは誰にるって言われます?」 
誰にもるって言われと無いで」 
自分について話題ょと辛 
ちょっとELTのター似ですか」 
Tにギターっていたか…?_| ̄|○ 
とりあえずそかっこよくなと否定しておきました 


とは映話題すねここでマリックス1〜し 
りがとうございます〜」 
「ちっとトーリー難しいですけ」 
ない事あったらすw」 
はw」 
俺もらねぇよ…_| ̄| 
おこに彼女とは1しか見ていらし 


あと二人はロードオブザリング勧めだそうです 
はこっち1しか見い…_||○ 
、犬の映画(名前失念)


友人使方も誰かに似てるした 
YOU覚えるのでいっいいっぱいした_| ̄| 


っと手洗いに…」 
はトイレに行く…がトイレどこか分からない 
員にも聞いたがイマらず、しばし店内をうついて発見 


席に戻ると… 
の…もしかして電車んって天然尿?」 
言われた…_||○ 
「たまに言す…_| ̄|」 
「え、しょちゅくて 
突っが激しすぎよ…_| ̄|○ 
こではエル子さんは笑てました 
「話には聞いたけ、結構激し目です 
と更に追い討ち。話はいてたけって何よ… 
後に 
いう宿なかなかいかと思いすよ 
エルメス子さフォローしてくれたが 
「私のいないタイプw」 
また一言を


っと色々話したはなん 
他にたかなぁ… 
ないネタ 


9時ぎた人が事になた 
明日も早くから仕事らしい 
ついでにらも出る事に宿なった 
みには割り勘でし 
それでは魔しましたw」 
友人はも入ってるせいかほんの赤い 


ったとこ 
もう一行きます?」 
「いいですよw」 
度は俺ら誘った。 
移動がだるかたので適当に近くの飲み屋に 
事に。 


しくてせんでしたw 
しかったですよ」 
女が謝るが、俺は全然気にしない 


れてきた…_||○ 


お互いの仕事と年ちょっとたよ。 
二人とも結構稼でそうな仕たよ…_| ̄|○ 
年齢はの雰気を見て 
「ちょっこっちが上かな 
友人談 


セックルもチッスもしてねえよ!ヽ(`Д´)ノ 
本当はしぐhじこ 


とは話したり 
行くの話してた 
しくファョンの話も。は全然分からないので 
「全然詳しくないこれら勉強しようかと…」 
「そうなんですそうえば最会っら随分雰囲気わりまよね 
っ込まれてドギマる。ここは正直に 
て女性食事する事になった、慌準備したんです
と白状た。 


そうだんでか〜」 
り気にし様子では無かった… 
「私もそんなにァッョン気にしてないですよ」 
おいおいそり嘘だろと思わず突っ込みそうになるがここ耐え 


てきたので、店る事にす 
こないよう帰りはまた無言になりちだ 


はまた京浜東北線 
同じには酔っ払いもちらる。 
彼女はそれ見て、俺る。 
、大丈夫ですよ 
はw 
無いんろう 


こないだのように、彼女が先にりる 
手をヒラヒラ振って 
ルしすね」 
書きま 
やすみなさい」 
とドアがまる 


で、家に着いてら速攻でPち上げメラー 
日のお礼と家に着いたかどうかを短く送ると 
ぐに返ってきた。 
今日りがとうございましたこちらも今宅しまし 
また美味しいところに行きましょう 


とこです( ´ー`) 


なんか珍しくメール来思っら 
「痴漢に遭っ。 


凹んでいたうなので 
ールで励ましました。 


で、 
「自分いたら絶対そんなことさせなのに 


「そう訳にいかないです」 


良かったら一緒に通勤すか?」


間とか駅の関係でっぱり難し 


とい感じです


まし。そして美容院予約了 


同伴は今日話し合もりです 
問題というの彼女のおりる駅と俺の駅が線が違う上に 
離れいるので、彼女降りる駅いて行ったら確んですよね 
要するにどうしても一緒に通勤するなら互いに早起きすよ。 
間早らラにも巻きこい悪…_| ̄| 


もです。只今りました。 
家ま送ったのでかりくなっしまった…´ー
今日は本当れた…_|| 


今日は夕方に待ち合わせですが 
美容の予約が早い時にしか取れな便かったで 
慌てて準備してーりく家出ました 


に着ら、またの人がやてくれて 
「今日はデートですか?」 
と聞いてき使で 
えぇ、ま」 
と言ってまし婿( ´`) 


時間ま沿かなりあるので、久しりに秋索へ 
う何も買えないけどね…_||○ 
しかし絵売りの姉ちゃんに 
「お兄さ秋葉っぽいですね」 
われ収穫でし(`・ω・´


り見稿回っ、い間にてきたので 
わせ場。15分前に着いたけ 
既に待っいた 
俺はりで彼女の元へ


こんには」 
あれっ!?今日は早いです」 


と軽く挨拶。彼女はいつも遅れてので 
今日こは早く来るつりでいたそうです。 
今日彼女の装は春らく薄着で 


珍しンというかジーパン履いてま 
ぁ「ちゃんと食べ聞きたいくらい 
足細いです。短い袖愛らしいシャツ 
なのましたも白細かたでァ 
ん、ってい´ー


早速、店へ移動開 
今日も街もうっと人杉で 
それ人で掻きけるように進んいく 
俺はちょっ後ろを歩いていた。 
「やぱり今日も人多いですね〜」 
がぼやく 
大丈夫です。ちゃんと掴んでるんでw」 
は冗談く言彼女首を掴んだ 
「あははw」 
彼女はまれた手を見ててた。 
「じゃ貿り付いて来てくださいねw」 
と店と歩いていく 


手首細かったなぁ…( ´ー`


は彼女の手首を掴んままだ。 
に差かかると、彼女が俺の手を振りて 
の手平を握っきた。 
「この方が然ですね」 
と微笑みかけてくれ。なんかもうびくりして 
んな顔してたか分らない。 


彼女の手細くて、たくて、かくてちっちゃです。 
今でもあ感触忘れませんね。 


ばらくいてると、いか俺、汗かいてきしまった…_|| 
それでも離さ握っててくれ有難う。


今日はかなり風変わりな感じでた。 
ホラーな囲気で。 
も前ったんですよ〜」 
とい。自はやりかなり緊しま 


も料理かなり(゚д゚)ウ-かっです。 
もそこまで高くなかったですし 
飲み彼女はカクテルを頼ん 
あ、じゃあもう一つ」 
と俺も同じものを頼んだ。 
「カクテも飲むんですね」 
「いじの飲ん便ってw」 
ははw」 


そこでマトリックス3巻を受る 
でも話し、またいて語りう 
女はキアヌ萌えだ俺はスミスえ。 
例のキスーンぱり 
(((( ;゚д゚)))アワワワワ 
う感じっていたそうです。 
結局スしてしまってヽ(`Д´)ノウワァァン 
俺はその子を見て´`)モエー


それと例伴通勤話もしまし 
そのになると、見る無くなっ 
ず何度も「大丈夫です?」と聞いてった 
間の関係でしそうな 
今回はお流れとなりました。 


ぐっ痴漢のページを出力したものを渡す。 
俺も読んだので口頭で重要な部分を説明する 
女は何度 
うございす」 
何度も頭げてた。俺何故か釣られて頭をる 


約の時間が迫って ので 
少し早かったけど店を出る。 
回も勘でした。 
そろそろ御馳走下さい 
とまた冗談言う 
ダメでw」 
サラリと流さました( ´ー`)


店を出るた手を取ってので 
俺も女の手の時は何も言わに。 
俺もも言わなった。 


次の少しれてるので電動 
切符簿を買時とか、改札通以外 
っとを繋いでしかもうか。 


では 
「こうし一緒に勤出助かるんですけどね」 
ょっと甘た雰タ━━湿(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ)ノ)ノ━━━!!!! 
本当にJRが憎いです。 


いてまた移動。改札を出る時、度は俺か手を伸べと 
すいません」 
えいえ」 
おずおずと握てきまし´`) 


なん眠くなてきマン_| ̄|


の見せはカいというか 
お菓子が豊富な 
こも彼女がェキして湿た店そうです。 


でも彼女と同じカクテルを頼むと 
流石われましたw 


は普段、か食ですが 
ここの(゚д゚)ウマ-かったです。 
ちゃと大人でも味しいと思える様にってあるとか 
もスイス食べれました。 


と初ッショ係のました 
いうりも一方的に聞かれてんですが 
れと、ど服がいいバイスももらり 


話に夢中になってあっという間にラオーダの時間になった 
店までいるのもんなので、そこで出事にし。外は寒かた。 
う人りもほど多くないのではぐ心配も無いが 
からとも手を繋いだ。 


りの車中も元気無かったので 
お疲ですか?」 
と、黙て首振った今までに無い仕草だと思った 
「ちょっとってるんですよw」 
、本当ですか? 
配になっしまう。 


と、沈黙がまた続いて、元が無さそうだたの 
俺は屈で、ちな彼女の顔を覗き込 
彼女は目をパッチリて 
「うん?」 
気を振 た。その表情ず激く萌える 


降りる駅が近ってころで 
駅から家までどれくらい歩くんでか? 
と俺は彼女聞く 
10分ちょっとですね」 
ゃあ、送っていきますね」 
!?悪いんでいい」 


と、んな感られますた(´・ω`)


彼女降りる駅にいた俺は 
「じメールしますね。やすみなさい」 
と別れをすが、彼女はそっと俺の手を 
ドアの方へ俺をいく。 
俺は「え?」とい感じで、そのまま引っ張られてい 


で、結局二で駅を降りてしまた。 
申し訳なうに 
「やっり家でお願いします 


りキ━━´∀`)・ω) ゚Д)゚)・・) ̄ー_ゝ`)-_)゚∋゚Д)゚)━!!!! 


うその表情で3杯は行けうでした。 
夫ですよw」 
快諾る 


改札を出るたどちららと手を繋 
出て5も歩くと、住宅街に出て人通りも少なる 
も暗いところも多いのない気だと思っ 
俺は 
今度から送りまよ」 
と言うと、てうなずいてくれた。


更に10歩いたうか。家のまで来た。 
…結構良調い家!?と反射に思てしまった 


「ここです。こんなところまで有難うございた」 
彼女は深辞儀をする。 
いえいえ」 
また俺もれる。 


たらール下さね」 
い。また明日も」 
「たまには電話しましうw 
うですねw」 


家の前で少 
あ、電車わっちゃいますね」 
彼女気を利かせてくれる 
「はゃあ行きます 
彼女のを離れて、最後に手が離れた 
歩いて振りかと、彼女が手を振ってた 


こんなとです( ´ー


通話 
ー向うの家遊に行事になりました 
急い度します 
着て服ねーーよ!!1 
あとップ持ってく 


てたけど、昨日カプの話しんだた 
「使う機会無い」って 
れをさっき話してて、「暇なんでせん、お茶入れす」 
いう感じ 
貿ワー浴びてく 
と夜まで両親いなさ 
マジで服無い… 


速攻で支度して行って参りました。 
駅から道はほとんど真っ直なので覚てました 
門の前に来た。緊張婿が高る。イターン鳴らすのに 
位かかっも。ボタンを押す。 
様でしょう?」 
電車 
い、今開けます」 
り取りの後に門の向こうで大きなドアがた 
こっで来て、開けてれる 
「こ、こんにちは 
「ど上がって下さい 
と中入っていく。 
彼女の服装は屋着ではなかった結構ラフな感じだた 
それでもサレは高いと思った。ラフなのね…( ´ー`) 
急にてしまっていませんでした」 
と彼女が謝る 
やぁ、どうせなのでw 
綺麗で広い。やはりうとは違。良いもすし 
客間?通されると、ンコタンが迎えてた 
た可い(*´Д`*)ハァハァ 


しばらくワコタンと戯れる 
居間も広くて明るくて綺麗だ。うちなん無いしw 
うぞかけてい」 
大きなーに腰掛ける 
「今、お茶入れますね。ーヒ紅茶どっが好きですか」 
えーじゃ、紅茶でお」 
俺は持きたの箱をテーブの上に置く 
本当そのままたんですねw」 
ちは緑茶しか煎いんです」 
ゃあ、湯のの方がよかった」 
いや全然。こってお」 
どとを交わす。 
「で温めて」 
はカップを持ってキッチ行く。 
しばしてトレーにコーヒーを煎れる道具て 
ーブルに置いた。因の時がみなって 
の中が見えます(;゚∀゚)=3ムッハー!!! 
ピンクでした 


「好きなものとかありま 
と彼はいく茶の葉の入れに見せる 
「紅茶は午後茶しか飲んだ事無くて…_| ̄|○」 
○かな?」 
なんかの紅茶の種類を言って、それット入れる 
次はお湯持って 
明のポットに注いでいくい葉っと 
っていくのが見える。うか彼女手慣るな 
ょっとらしてがポイントなんですよ」 
て、一旦ぐのを止める。 
度キッチ戻ると、今菓子をてくた 
これ、昨てくれたん…」寿 
ィンが4出てきた。それ市販ッキーっぽいものもあった 
わざすいませ 稿
を下げる 
茶を煎終わ、エルメスのカが俺の前に 
いにこのカッを使う時が来た 


砂糖とか入れますか?」 
と砂糖と綿クの入った入てきたが 
「あのま 
「通ですね 
「そんなことないでw」 
冗談を交わつ、遂にカッに口を 
、コンビにあるペットボのしか飲まな 
んなに美味い物だとは思なかった。 
しかもこれにマフィンとクッキーがよう。 
よりこのカップ飲んでるのがうなぁ 
「私カップ借りていですか 
あ、はい、どうぞ、どうぞ」 
彼女も自分を入れうとした 
「あが入すよ 
「いですw おじゃいですしw」 簿
まぁまぁ」 
トを手に取ると、女の分を注いだ 


彼女もプを手とっ、ゆっくりと飲み始 
の仕草湿になという簿いて和感 
すごく然だた。 
は紅茶と菓子をして 
今度から自分でも煎てみようかと思うと 
めのメーカーとかお菓子とか教てくれた。 
もう忘れちたけど…_||○ 
よくも無なることもあったけど 
それも自然な雰囲気だ。 
「休日いつもこうして過ごしてるんです」 
と俺が聞と 
つももっとゴロゴてますよw」 
と笑ってく。 
、僕もだw」 
ういつもとは違てとにかマターリしてまし 


こんな休日をすごすのは初めてで。でももんです 
はは」 
と雑談。一通、おと菓子を平らげる。 
杯も飲んでした… 
タンが構って欲しにしているので 
手招きす、近寄きた 
りこうさんなんです」 
いうか人懐いだけなんですけどw」 
に人懐っこい犬だった。 
俺は今まこんな好かれた事無いし 
このってィズ…」 
ですね」 
「かわいいねー」 
じゃれ合ってるうちにこつが気に入ってしった 
気に入られてるみたいですよ?w」 宿
もこの子きかれなですw」 
ペッいて話した 
今日はつまらてすいません(´・ω:;.:... 


「ここってエルスさんの部屋です」 
うんだろうけど聞てみた 
w違いますよってるのでせられまんw」 
爽やにスルれま…_| ̄| 
あと、俺の影響パソコ買おうと思っているらしいす 
つーか持ってなったすか。 
とりCで出か色々教えました。 
そして、今度一緒行く事に(`・ω・´
そんなこん時間が過ぎてい 
、そろ親御さん帰ってきまん?」 
「そうですねー。」 
「マズですよね」 
大丈夫でよ」 
「( ゚д゚)ポーン 」 
両親にはかなり話してあるらしいです… 
末によ会ってたりとてることも 
家にるとまは言ってなたらしいですが 
れ込くらいは怒らないとの事 
も俺が恐のでやっぱりおいとることにまし。 


彼女はまで送と言ってくれ 
りが危ないので送ないですよとりまた(`・ω・´
白につすが、会ったのは今で5目ですし 
イミング的にどうなんなとも思 
そして何より「好言う勇気いんすよ_| ̄|○ 
みんどうって絞ってるんディスカ… 


く告れよ>電車 


最近ことてま 
、会って以来ずっと親くしてれたてくれてるんですけ 
やっき合なると、俺ってどうんだろう?とか思うですよね 
俺なんか全然釣り合わないしな 
でもま告白しないでいるどうなるんだろうとも思いま 
っと友達のまなのでしょううなんでしょうけど 
告白してダメ婿だっ距離置かれちゃいますよ? 
そしたらせっかく仲良くれたに、もう会なくなたりしそ恐いで 
りダメだった俺が女に合わせ顔がなよ…_| ̄|○ 


家に彼女がたら 
すだろ´ー`
でも俺の部屋大改造しないと呼べない 
庫でも借りね… 


きますた。 
トとメール来ればそう婿 
は20く そうです 
金持だなオイ 
ノートがいいすよ。 
でとりあえドウ 
DVDは出来なくてもいそうす 
そして 
にしてくれだそうで 


今日はアティーとか紅茶についで話しました 
彼女は紅らしく、ーヒーて言われたらど使うしようかと ´`) 


し次回会うのは連明けなりな悪寒 


具体に言と5月週目しょうか 
休中いそうです(´・ω・`) 


す。日は収穫があったので報告ます 


メールで稿、服(ファッション)の話から 
暑くなってくると薄になっ体型が隠れななるから嫌だと 
申していました。そこで、あなたは細身ですし 
隠れなても全然おkですよ。というに体型の話になり 
んでは「そなに細いから色気が無い」とか 
よく言わるそうです。 


…で 


用 
いつまでもこんら彼氏も出来なんでし〜(×_×)」


定し 


あんまりその気にいで下さい(笑)


身全の気にさせてきます( ´ー`) 


少なくも私はモテモ西ですよ」 


とりあえず、人段落しました 
なんというか、会う時が決戦になることは 
お互いの考えとはうお互分かっいる、分ってしまった。 
いう感じなで。あとは直接会って沿認です。


「いまでもこんな体型だ彼氏も出来ないうか(×」 
に対しォロです 


「エメスなら痩せててても良思いますよ 
が見る無い(笑) 


これ、自分は体型、性格、服顔がダメなの 
つまで経も彼女できません西×_×) 


じ返しました。 


返信 
「あ まりその気させないい(」 
と 
少なくとも私にはモテモテですよ 
がキタ━━ヽ(ヽ(゚(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚寿)ノ゚)ノ∀゚)ノ)ノ)ノ━━!!! 


れに対 
気っなん気でしょか? 
験がのでさっぱりわかりません(笑)」 


エルメスさんも少なくとも僕にはモテモです」 
と返 


彼女か 
すかれって実際に会っ湿て説明した方が良いのでしょうか?
急に冗談ぽさが消えた文面からも伝わてきた。 
ず携帯握る手に汗が… 


れにして 
会わないと殿えな事なんですか?なだろう…? 
はもしかしら自分もあるかも… 
度会って言 


返しま 


すぐ彼女ら返寿た 
では今度会った時にでも(笑)」 


ろです(×_×) 


彼女は29日から旅だそうです 
4日に帰ってく、5日に会えちゃす 


行帰で疲れてい思うので 
強いはしないようにし 


しか1前は髪長くて、てて 綿
服も適当週に3日秋葉索に出てて 
やっメ見て2ch周ってただけの人生たんだよ 


ここ最、オサレして外出するが楽しい俺がいまよ… 


ー今 
く会いたいですね」 
お互メールしており 


来年のGWは一に過り付けた( ´`) 


えと…俺の連の予定をかれたすが… 
何も無い…_| ̄|○ 


直に同人イベント行なんてえないよな_||○
りあえ言っておきました
嘘ではない


金もないしな


え〜!女の子お買物ですか?」 


簿どうか… ´ー`) 


ず 
い物はいつも一人です」 
返しました 



き合う事なったらヲタなくちゃけないのか 


 
ルメ 


になっちうな…(×_×) 


に 
「ヲタや 
ってば止られるかもれないけど 


そうじったら正直やめられそうにません 
エロ同は理されな_||○ 
リはいけどさ… 


電話してきま 


たせした尿。ではきます 


先程通話終了ましたが… 
色々聞かせてんです 
やっなんなんお付き合いしたいなーな貿て思っち殿ゃいけない 
ういう沿人なんだなと改て実させられまし 


ぶっちけ海旅行だったんですが 
女が海でし駆使して優尿な時間を過してる間 
て何してたんだろ_| ̄|○ 
イベント行っても人誌ぜーか浮かれてましたが… 
それがなって言うんだ_| ̄|..............○ 


あと決戦のかどうか怪くなっしたが 
次会う日が決まりました今週になります 


正直、自信喪失_| ̄| 


、俺にはオーバースペックだたのさ…_| ̄|○ 


しも付き合う事になっも 
を満させられを保つこと 
俺のスペックでは不可 


同人誌やタ趣味を捨てることがすご努力な 
違いししたが、それに嫌ないにする努力で 
好かれる為じゃいんだ…と痛感… 


週末は目で元々というつもで行くしかないね。('A`)ヴェノア 


うやくさっ帰ってきた。 
色んな所行ってれた…_| ̄| 


産手に入れて、カ所下見行って、ちっと秋葉寄って… 
の間とメールしてたんですが 
「次のートの」 
と書いたら 


「(^3^)」 


こん顔文字が…( ´ー`


準備は万端あとは決戦の日をばかです 


旅行の写メーと一に寝巻きddrw3えrtyhじこ 


みに今寝巻きでゴロゴロしながらメールしいちょこbヴぉ:lfn 
れをってくれと書いら駄と言われてしまいました(´ω・`) 


しかし… 


写メールもらうのは本当に嬉しんだけど 
っちの画像送るのはマジで大変だ… 
俺、サボサ眼鏡ヨレヨTシツジャジだかさ… 
婿た時撮りておかないとな… 


屋はあけ始めす 
ポスターもこなみん友達にてし寿ったし… 
ラモとフュギ片付けたあげたりしてだいぶしたんで 
何せモノが多いの処分しないと無理ポ… 


リアーエズ、自の中ではに呼ぶのはナ西うことでFAが出ていま('3`


っていうは俺のことを好きとしかない 


というかもなけれ宿ば男 
会いたいですね」とを聞いら眠りたい」とか言わ訳でよ 
うん、間違ない´ー`) 


ってゃないで 
、4か…_||○ 
時折んですよ… 
未だに「かもて思うこすし 


女に会てから定なんて無す… 
女を基準に一喜一憂させ… 


次に会う時のち合わしてたすが 
った後に決戦の(都内某所)に行くことになりました 


とはやるべことだけか… 
本当にるんだろ 


こうもそこ戦の地ということに寿気付いていです 
そこでならせそねとる気 


みんなサンクス 


なんかここまでこれたのがだにられい 
これまってなっただろとか思。 


係については嫌われることはも 
好かれる事て無し… 
それがなんで急に…とか 
俺死ぬまで童貞独身と思ってたし。 
まだ脱出出来るか分らない 
急にこんな物事が変わる事るんな 


あーダだ考えう 
念を捨てねば 


ようメールきた… 
ってろよ。いにこの想い、全て叩付けますよ( ´ー`


呂か調がりた 
が終次第出ます 


これで長ような短かなのか実なか 
思議なで、正不安が半々ですが、やべきことはやってきす 


日は多分分の人生を右する日だろうな 
の暗にいた人生ら飛び出してます 


それみんなの気かと受けとめました 
ず決めてます…( ´ー


いってきます! 


いま( ´ー`)


今日は彼女家で待ち合わせ。 
行きの車のっと告白のイメージトレーニた 
告白の瞬を想ると、ワジワ汗をかいてくるような 
感覚なる。それでも付くまで繰り返した。 


着い。前回よりもインホンを押す手が 
ばら押して、ゆくり離すと応答も無くドアけられた 


「こんにち 


中から彼女靴をトンンしなが出てきた。 
今日も萌える…( ´`) 
の人会う度、違う服着すが一着持ってだろう 
でも薄いンクの服多いのな? 
合うからいいけど ´ー`) 


車にる。ルを握る手が少し頼りないけど 
っ直見る横綺麗だと思 
因みにいい車で。エの音がすごいで 
車内も独特匂いがあまりしないし 


「シトベルトいね」 


と言うとくり発進た 


り出すと彼女しい運転だと思た。 
発進、停車はごく緩やかで優しい。 
姿良いかげなのかもしれなけど。 


それじゃまずCをに行きますか 
順を教ら目的地に向か 


この時、普くて直視来ない顔を 
思う存分簿めさせてもらいました。 


信号ちにと、視線に気が付て 
うん?」 
って小首かしげてきてそれでえ死かける 
いえ、なないです」 
言うが、きと顔ヤけくってただろうなぁ…( ´ー`) 


休明という事で、道は比較的すいていたと思 
目的地の車場に入 
車するとると、スィーとバ 
を入れる。後ろいで一発で辺り 
手慣れてると思った 
「駐上手いです」 
と褒 
「この車じゃないとメダど」 
。 


駐車場から出て、出す 
歩道もかは人が少なく、二人歩きい 
歩き出して少し経ってから彼女方か退 
首をんできた。すぐに俺は 使
不自然なので」 
とその手を振りほどいて手を握 
「本当だ、です 
と微笑みかけてれた。萌え死ん 
ると、向こもギュッってるんですよね 
ジでいい 


着いたに店の中でも手をいでたん 
なんかしいのですね…( ´


ートーナーに来てが目をていた 
機種いくか紹る。一瞬いつもなったが 
我慢慢。予算 
うーこれかなぁ 
俺が番オ物を選んだ。 
それと、モデム適当に見イダのパンフももらった。 
計はカードで一括。カイ、カイイヨ姉さん。 


さんに手でってるよう梱包してもらって 
荷物を俺け取った湿 
あっ、いま 
「いやい、重いですから 
と両手にPCとモムを持つ 


に出たところで、彼女が小さい方の荷物を 
俺か取るようにして、空いた方の手で俺貿の手を握って´`) 


駐車戻って、ランクに入れる 
殿ンクを閉めと、彼女がPCを持った方の俺の手を取って 
「すいませんた。重かったですよね 
と俺にではなく、俺の手に問い掛けるうに調して 
取っ手の痕の手を両手で包 
すってくれ萌えs(ry 
俺も持っいた方の女の手をさすってやりました…( ´ー


場料金を払おうとしたら、はりとい 
阻止されました。駐車ら出ると 
お腹空きね」 
と予定通りに、決めていたで食事をすること 
目的便まで走す。 


今宵も彼女推薦店で食事だ 
かな婿り暗い店、応接室にるよ便いソーで 
ーリながられるところだった。俺張したけど…_||○ 
今でもフミレス、吉野家外は緊張しますね 


ここでいくつかお土産をもらう。アクサリーとかか 
HERMES」のロゴが… 
「これて…またまた高なものを…」 
「向こうじゃ安いんですよ」綿 
言うが高価変わない宿 
何度もお礼、付けてみてく言われたので 
けてこれはレスて言うの 
れにして短いけ 


るのに手間取っいたら、見ねたのか女が 
付けてく…ってが顔くっそうなですhkぴおvjれ 
つかいい匂いすな…と思った。 
「よく似ますよ」 
とパチしなら褒めてくれ。 


、彼が自の首差す… 
「おそろいですよw」 


萌えんだ 


土産をもらったところでまた旅行の話を少し聞かせてもらった 
向こうの人の話とか、食べか、文化と言葉についとか 
すごく勉強になるらし 
俺なん旅行んて修学旅行来どこも行てないとうと怒られました´ー`


店を出るとちなみに日も割り勘でした 
「プリ撮りましょう」 
彼女う。は一瞬何のことか分からなくて 
「(_?)」 
いうをしている綿っ張られてーセンへ 
リクラを撮るらしい正直、俺これ苦手だた… 
インを入れると、は手良く作する。 
「ちんと尿ってくださいね?」 
え!? 
と慌てふためいている間 
れてた… 


出来上りをてみると、てる分からないし… 
彼女はしっかり顔作ってましたw 
ちょっとだけねw」 
と俺に半分。ちょっとプリクラになった 


車に戻る。ここから決戦のと赴 
それにも分かっていることであっ 
互いに緊張まってのがった。 
自然と口数が減っ拳には汗が。 


俺はと道をる。その間にも目へ 
と近づい。無言の間は俺は告白の 
葉を何も頭の中で復唱してい 


車場にく。心臓の音が分にも聞こえてくるとった。 
膝から下全て汗が流れ出るよな感覚だった。 
から出て、二人で歩き出す。案定、周りもカッルだらけ。 
いいとこね」 
と彼。 
でしましたからw」 
と言うと、らしいですね。と。 


っちゃ公園なんた時りも 
人がてびびりました。しもカポー率100% 
ベンチ使も100% 


ばらを行く当ても歩きってまし 
どうやって出す雰囲貿グを作り出すか分からなかった… 


らく歩きていると 
、あそこあそこ」 
空いたベン付けた俺の手を引いていく 


人で腰下ろす。今まんなに密着す 
っただか。否、た。が高まり過ぎ 
かない。しかし、今しかない 


「大事な話があるんです」 


俺は切り出し。彼は黙ってうなずいて聞いてくれ 
かし、またそこから言出ない。 


は立がっ、座っている彼女にき合った 
あの、れ」 
とま言葉が途切れる。緊張で死ねる。と思った 
で今までの苦い思い出が次思い出 


女が俺の両手を取 
「がんばって!」 
と言ってくれ 
「エルメスさんの事が好きです」 
あの時の勇上だった。震えた声で言った。 
女が立寿上がた。の顔を見れなかった 
電車さんの事好き宿す。だからこれからもずっと一緒にいてくれますか?」 
と彼女が言った。 


の言葉を聞いたら今ま辛い思い出労が 
みたいになっいって、ら鼻がツーとしてきて 
と鼻水がとめどもなくあふきた。 
 
ありとう 
 
「ずっと一にいしょう」 
言お思っただけ、全然言葉 
度も何度も上手く言お返すけど 
全然上手く言えない。 


彼女らそっの体に抱き着いててく 
大丈夫、大丈夫 
て何も背中をれた。 
死にその辛や苦労を口に寿ようとすも 
jんmvぽhjrぴうwhhlうぇ」 
もうこんな状態…_||○ 
興奮すぎてさ… 


「周りの人てま使w」 
と彼う。そうた。隣のベンチもカー満載だ… 
彼女ぐちゃぐちゃにた俺顔を撫でてる 
「好て言ったもっきになっちゃいましたw」 
て、俺のみ上げあたりの何度か 
としてくた。一瞬時がったと思ったら 
また勝に目とから水だら漏れてくる 
それでも声げないように歯をい縛ってっと堪えて。 
すいません。俺の人にんなに優しくれたこと無いから」 
うに言葉にならない。 
彼女は 
「うん、うん」 
て言いながらティッシュで俺か涙分からないものを 
き取ってくれる。 


それからどれくらい経ったんろうか 
ようく顔を、彼女の目が真っ… 
「あ…」 
とか間の抜け出しながら、彼女顔を眺めた 
もらい泣ました 
と言いなら、彼女は指溜まっを拭ってた 


付いとこで公から出事に 
車まで戻ると、彼女 
こっ話しせんか 
と後の方へ。 


ここある変に気付く。何時の間にかクトが 
片方取れて無くなってた。 
クト片方無い… 
と呟と彼女が 
変、行かないと 
車を出ようとするが、俺のは使い捨てなのでおkと引き止 
だけると返っ変なでも片方外す。 
はは…にも見えないや…」 
言う 
「私のえませんか?」 
と言っの方にぐっと寄てくる。 
、見えてるに 
「見、見えない…」 
と 
俺の首に手をがかかるくらきた 
「こ 
俺はうなずくしかな 


密着状態でどれくらいの時が経っ 
も彼女も言葉出ないままだ… 
てい腕になんかかいの思いっきりってるんですが… 
しばらくして彼女の指が俺のを撫める。 
は思わ 
すぐっですよw 
吹き出してった…。しかしなのはお構に 
度は電車さんから…ね?」 
と目を瞑る 


 
キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д)゚∀)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚Д`)゚ー゚)━━━!!!! 


俺は、彼女のをどて、耳の前辺にそっと口けたが… 
「きゃっ」 
身をくませる。俺もビリ 
そっですよw」 
と思いっきり笑われまった_||○ 


ここでよw」 
と笑いながら彼女が俺の唇に人差し指を当てる 
ムードも何も無すねw 
と俺も一緒に笑 
すねw」 
彼女もう。 


しして落ち付くと 
、どうぞ 
めて目を閉じる。 
れじゃ行きま…」 
深呼して湿っと唇を付けました 
多分2、3秒くらいでしょか… 
界にこんなに柔らかいあっんてと思いまし。 
離れると、詰め合…というかもう凝いものがあり綿まし。 
彼女の黒目に俺が映ってるのかったくいに。 


糸が切れた様に彼女が 
う本当に愛い」 
と小囁いて、何度も口けてる。 
の方からもお返しかりに口付る 


2、くらいずっとキスを繰り返して思う 
少しって落ち付くと俺は 
「未だに信じられない。なんじゃないかう」 
彼女は頬を摘んでゅうぎゅう引た 
「夢じゃないでしょ?」 
「いはいけ沿ゆへやない…」 
は「けど夢じゃない」って言おったんど 
頬引っ張れてら変な発音になって。 
それを見て、彼女らず笑い出 
も釣ら宿て笑う。 


ようやく落ちついたころで 
今まで話せなかっ便事を 
うして、互いなったのか 
その時考となど。 
しても話しても話題が尽きる事無か  


女は最初の事件の時でだ 
の事を好きになったといは無ったそうな 
今思うとれてたんだなぁ」とは言っていましたが 
件の日も「今勇敢な人もいんだなぁ」くら 
度だしいです。メスのカップも本当に安く 
に入て、丁度良かったでお礼は丁度良いかなと 
殿くれそうです。 


その日のうちかっては思っていかったそ 
喜んでいたたいで、それはすごかったそです。 
食事に誘われた時も、そほど意識はしてなくて 
一回りだろなと婿思っていたらしい 





その1時の事で俺と話しているう 
う一度話し」と思っらしい 
そこでになったという訳で無く、なか波が合った 
そうものだっ。安心して話せる退 


それで、俺事をりに人間に話ていて 
回目の食時の友人に 
「あなたの人の事好きで?」 
言われて自覚したそう 
それを確べくその友人回目の食事の時に 
たというす。 


会話全部書いらキリ無い 


二時間も話しているとがにれてきた 
しば間、沈黙していた… 
「どこか?」 
と彼沈黙を破る 
俺もそうねと槌をつ 
「どこ行ましょうか?」 
かれて時間に開いてるところってどこだ? 
俺はしやと思っ落ち付いて 
ミレとかって行きますか 
と問う。 
「そうえば、おきましたね 
と彼女って同た。 


それじと彼女前の座移動ようと 
するとこ俺は 
もう回」 
って腕をんで止め 
軽く触れるくらいのただけけど 
の方から 
うちと」 
と言って、3、4回軽くしてれた。 
で、最後口紅を拭取っ殿くれ 


地元で帰る。このくのファミレスで 
事を取ることになった。彼女曰く「すごい久し」だそう… 


…で、運転中え台紙 
「運転は離れててーよ」 


ってほんの数んですどね…( ´ー
ので信号待ちの間だけ手繋した。 


やく着き、フレス 
そこで彼女で化イレ駆けむ 


とメ崩れまくレるからだそうな 
そんなのいのに…( ´ー`) 


戻っるのを心待にしながら 
メニュー眺めるがいまいち湧かない 
彼女もら。 


15分どして彼が戻ってくる 
の分も選んでくか?」 
と頼。 
そしたら和食トを頼ました。 
食欲の湧かな俺にジャミーしてびっりしました。 


の今後についてっとてました 
的に言とどこ行ってデートするとすけど 
は色友人に「彼氏でました」言か 
来週はど行こうかとか。 
あとはデジカとってPCにっぱい保存しようとか 


そんなこんな夜中4時になろうとていた 
「もう朝すね 
俺が言うと 
うですねw 帰ましょう 
席を立つ。 


もう俺の家では近いが、前まで送ってくれるなった。 
彼女曰く、 
夜道一人で歩るは危」 
そうです…( ´


して、道案内をしながら走っていく。 
「あ、ここです」 
と言ってを止めてらう。 
「こんなころ送っくれてありがと」 
車をたところでお使。 
女は 
「最後に」 
言っ両手少し広げる。 
しっかり彼女を抱き 
「ありがとう、本にありとう」 
繰りす。彼女は 
良か、良かったね」 
と抱き締めしてくれる。 


して今日最後のキスをする。 
、3、さっきと同じように 
女は俺の目を真っ直ぐ見据えて 
「大のキ出来る?」 
った。俺黙ってうなずく。 


「入っていから、いでね」 


そう言って彼女は少し顔をけて、俺付ける。 
俺、正したらいのか分からなかった。 
僅か隙間か彼女が入た。 
俺は先で。 
中で触れると、互いに伸ばし 
抱きしめ合ううに感触を確かめた。 
には当然初めての感触だった 
自分の中に彼女を感じるってこうなのかな 


くらいしのか分からないけど 
た時にはなんりしてた。 
「なんか、ごんね」 
故か女が謝る 
「いや、全然、謝る無いです」 調
 
彼女はまた俺を拭こうとするが 
俺は 
「しばらくこのまがいい」 
と言うと 
「バカ 
と叱られました´


彼女は車に乗りこみ、最後におやみと言って 
走り去っていった。俺は車が見なくなるまで 
そこにたたん。 


こんなとです´ー`



------後日談--------





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20071027081245