2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

バツイチの42歳との思い出




れは俺が二十歳の時の話です

は大学生で、居ビルの雀荘でアルバトをしました。

は そのルのオーナーんで、店にもとして遊びに来ました


バツイチ42歳。旦の浮離婚

謝料にブン取ったマンションと雑居ビルの家賃収入で生計をているうでした

垂れ退、顔だけるとさしうな印象を受けますが、身体は かなり大柄す。

170近あり、かなりくよか貿な体格をしてい

服は少し派手の物かったでが、バケバしい印象はありませんでした。

で言うと斉藤由貴にと思います


その店はSETの客がため彼女手はいつも俺の役湿

のうち自然と仲くなりをご馳走になたり、彼女のにも招待されるようになりました。

招待といっても彼女のの数人も一で、徹夜雀をする為に呼ばれていただけのことなのですが。


日もがやって来ました

深夜12時に閉店になるまで打ちが、の彼の成々なモノでした

荒いなのでかなのご機嫌ナナメです

このままじゃ治まらいから、しまょう!」

と、すぐに麻連絡しした

れてかれるわけです

で軽くごしらえをし彼女の部屋にます

女の部は3LDKのマンショ。1人暮らしには広すぎる間りです


は30代らい風のAさんとの友人(ヒモ男20歳後半か30くらい)の2寿人です

ほとんど毎回このメーです。2人はの家で待ていました。

自動ジャン卓に座ると挨拶も そここに麻雀が始まりた。


そのになってした。

このメンバーるとほとんど合朝7時くらいでラストになり

雀が終わるAさん

部屋ね。このまま行くから昼間で寝てよ」

と彼ずねました

「いいよ。いつ部屋使って

眠たそうな顔で答えました。よくある事らしい。男もAさんに着いて奥の屋に入って行ました。





分もそろそろろうと、ソファー女に帰り拶をし

「じゃ宿帰り。おつかれさまでしー」

その声を聞いて彼女がこちらを向きた。

「まくりし行きなさ。休みなんでしょ?コーも入わ」

女は、ソフーから起き上がりンへきながら言ました。

「少んだ私が車送っ

俺は冬休みたので、、そのはバイトも休みだった。

ゃ、おいします

俺もソファりコーヒーを頂くことにした


らく朝のイドシーでも見ながら取り留めの無ことをいました

かし徹夜の後でで当睡魔退きま眠くて仕方が無くなっした

くびをする俺に

「あ、眠いならちょっ寝る

彼女も少し眠うな声で言いなら、寝室差し

寝室はらさっき2人殿が入っ尿った部屋のよう

「あ、でも2人が寝てまよね?悪ゃないですか…ソァーでいです

と彼女が少しい笑いがら言いま

便たぶん真っ最中だから入らないほ尿いいわね

俺も気付いて。奥部屋からSEXの尿囲気

トイ行く時に前をった あからさまに声が聞ました。

「まっ人のを何だと思ってるのかしらw

コレもつものしく呆れ顔で笑っいまし


は隣の部屋で性行為が行れて思うと、何だか変な気分になってきました

分の顔赤くってるのがわかりま

あ、じゃココでもらいます…

赤面しているのを彼女られるのが嫌で、ソファーに横になり彼から顔を背けまた。

「まてて、何尿かかけるもの持ってくるから

彼女とはの部屋から毛布を持ってきまた。

やすお昼らいは起こすから

言い俺にかけました。

「はい、おやすみなさい

そう言って俺は閉じ

彼女はん。やすみ」となが頭をました


閉じてばらくましたがか寝付けせん…

を撫でた彼女の手が そのまま顔から肩、腕や背中ずっと撫でいるらです

目を閉じていますが、彼女の顔顔の近くにあり、俺見てるのがた。

彼女が発する女性と身い回指の動、俺身が自然応してしま寝付ないす。


ままたフリを続けたいです履いているジーンが苦しくなってきました

俺は薄っら目を開て彼女のを覗きした

女は観察すように俺ています。

?眠ない?子守唄唄ってあげましょうか…」


たかと思うと俺のいて、そのまま唇を重ね

然のでどう対すれいかわかり

その、彼女のが俺の胸元を撫でいま沿す。

はじは軽をあわせているだけでしたが、少しずつ彼女の舌が深く、やらしい動に変わってきました

とても長い時間スをしていうなします。

彼女が少しだけ唇を放し

「私で良か初めてさせてあようか…」

と小声で言いま


は情ない話がハタチにして童貞で以前 彼女とを飲みなその話をしい出しました。

彼女再びキスをしら、今の下半身に手をばし

ジーらでも俺が勃しているがわかっのでしょう。

彼女し笑ったようにえま

女がジーンズ脱がそとしているました

かし、ジが固めのボタンホで、なかなか外れませ

もどかしく思った俺は、横にたまま自分でボタンを外稿まし

っw、私イっねw

うに笑いながら、彼女もソファーにになりました。

れほなソファーではのでかなり窮屈す。彼女の身体が近くからみ出ています。

女がソファ落ちないよにと女の腰をました



ッタリと密着して、合ってうなりまた。

彼女の胸が俺の身体に押しけらす。そのらかいが俺の間をさらに緊張さ

股間彼女のがさすります。パンツ越しとはいえ、初人にペニスを触られる感覚は何と言えいモがありまし

女は俺顔を察するようにマジマと見ています。恥ずなった俺目を閉まし


俺のンツの中に手を入れました。

既に全開に勃起していた俺のスからはり汁様な物が出た様で、彼女が先っぽをるたびにヌルヌルた感が伝貿す。

ねぇボン脱いで…」

彼女俺のやきました。

たまでは脱ぎにくいので、俺は一旦ソファーか立ち上がり、ジーンズを下ろしした。

分でもずかしいくらいに勃起したペニスが露になりまた。上着は着たままです

思うとなんとけなですが、その時にはそんなことをる余裕は無かたのと思います


彼女はソファー座ってを見つめていま

で、朝とえま薄暗かた外がいの間にか明くな

から見えちゃうよww」

窓際に行き、ーテ閉め

遮光カーテンとのか部屋のからほとんど光がくなまし


婿屋の中で立ている俺に彼女が近づいて来まし

ったまま女ともう一度キスした


俺は男にしては小柄で、身長165しかなく、体重も50キロ前 

の彼女と比べると明らに見りし

部屋に姿見の鏡に映った2人の姿は、大人子どの様見え、何ともバランスな感じでした。

そのまま俺の上着に手をかけました。

か重着していたのですが辺に脱され、俺は全に全裸にしまいました。

女は一枚も服いでいまのでこれもだか違和感がありました

俺は、童貞がらに(女の服は男が脱がすものな?)と考えましたがどうしよいかわかり

彼女はキしたのペニスさす西ります

俺はほとんど直立のまま彼女の手動きを感じていました。

最初は軽く触る程た動きが、少しずつ激しくなり、裏スジや根元の部分を入りに擦りま

きもちいいか?」

彼女は何度か俺にましたが、俺に「はい…」と答えることしか出来ません。

彼女の手はす激しく俺のペニスを扱きま

自分がにしてニーとは微妙イントがずれていて、西はいきそうに無たで、ガマン汁くっているのが自分でもわかりました。

と彼女は立っいる俺の前にがみ込みまし

女の目の前にガマンうなスが起っていま

すごいwお腹に付きそうだよw」

女はたかと思うと、パクリとそに含みました。

然フェてもらうも初めてです。

ているのかよくわせんが女の舌が俺ペニスに巻いている様な感す。

とにか気持ちよて、女が少し吸い上げる度に精液が登って来のがかりまた。

でイまうのは情けないことなのだろう)

はそんな事を考えも、身体は射精したくて仕様が無くなりました

みんでいる女の頭を少し強めに自分かしました殿

すると彼女がニスから口をし、

う、コレで出しダメよw。いで…」

女はあがソファー方に行した

ながら上着をぎましファーに腰掛け、今カートを脱ぎました。

上はまだ服が一枚ありますだけにな

俺も彼女に近づ横に座りました。彼女ァーに横になります

がせて…

彼女が俺、下の方に手持って行きました。

睡眠不足のせいもあった、ド頭がくらてきます。

しだけ彼女の下着を指で触ってみま

エッチねw

は笑いましたが、着はしっとり濡れていま

女の下着を脱がせソファーの下に落としした

は着たままです。便


は…脱すか?」

がたねると、

「あ、す太ってるかなのよねwお腹か見らチンチン小さくなww」

「え、丈夫だ思いまよ…」

俺は言彼女の上着を脱せました

彼女別に抵抗する訳でもなく、自を上げて脱やすくしてくれました



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様