2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

バツイチの42歳との思い出




これは俺が二十歳の時の話です。

当時 俺は大学生で、雑居ビルの雀荘でアルバイトをしていました。

彼女は そのビルのオーナーさんで、店にも客として遊びに来ていました。


彼女はバツイチの42歳。旦那の浮気で離婚。

慰謝料代わりにブン取ったマンションと雑居ビルの家賃収入で生計を立てているようでした。

垂れ目で、顔だけ見ると やさしそうな印象を受けますが、身体は かなり大柄です。

身長は170近くあり、かなりふくよかな体格をしています。

服は少し派手目の物が多かったですが、ケバケバしい印象はありませんでした。

タレントで言うと斉藤由貴に似てると思います。


その店はSETの客が多いため、彼女の相手はいつも俺の役目でした。

そのうち自然と仲良くなり、晩飯をご馳走になったり、彼女の部屋にも招待されるようになりました。

招待といっても彼女の麻雀仲間の数人も一緒で、徹夜で麻雀をする為に呼ばれていただけのことなのですが。


その日も彼女がやって来ました。

深夜12時に閉店になるまで打ちましたが、その日の彼女の成績は散々なモノでした。

多少、気性の荒い人なので、かなりのご機嫌ナナメです。

「このままじゃ治まらないから、この後 家で続きをしましょう!」

と言うと、すぐに麻雀仲間に連絡しました。

当然俺も連れて行かれるわけです。

近くの飲食店で軽く腹ごしらえをし、彼女の部屋に向かいます。

彼女の部屋は3LDKのマンション。1人暮らしには広すぎる間取りです。


麻雀仲間は30代くらいの水商売風の女性Aさんとその友人(ヒモみたいな男20歳後半か30くらい)の2人です。

ほとんど毎回このメンバーです。2人は彼女の家の中で待っていました。

自動ジャン卓に座ると挨拶も そこそこに麻雀が始まりました。


そのまま朝になってしまいました。

このメンバーでやるとほとんどの場合朝7時くらいでラストになります。

麻雀が終わるとAさんが

「今日部屋借りるね。このまま店に行くから昼間で寝かせてよ」

と彼女にたずねました。

「いいよ。いつもの部屋使って」

と眠たそうな顔で答えました。よくある事らしい。男もAさんに着いて奥の部屋に入って行きました。





自分もそろそろ帰ろうと、ソファーで横になる彼女に帰りの挨拶をしました。

「じゃ、俺も帰りますね。おつかれさまでしたー」

その声を聞いて彼女がこちらを向きました。

「まぁゆっくりして行きなさいよ。休みなんでしょ?コーヒーでも入れるわ」

彼女は、ソファーから起き上がりキッチンへ歩きながら言いました。

「少し休んだら私が車で送ってあげるから」

俺は冬休み中だったので、講義もないし、その日はバイトも休みだった。

「じゃ、お願いします」

俺もソファーに座りコーヒーを頂くことにしました。


しばらく朝のワイドショーでも見ながら取り留めの無いことを話していました。

しかし徹夜の後ですので当然睡魔が襲ってきます。眠くて仕方が無くなってきました。

頻繁にあくびをする俺に

「あ、眠いならちょっと寝る?」

と彼女も少し眠そうな声で言いながら、寝室を指差しました。

寝室は どうやらさっき2人が入っていった部屋のようです。

「あ、でも2人が寝てますよね?悪いじゃないですか…ソファーでいいです」

俺が言うと彼女が少しい笑いながら言いました。

「そうねwたぶん真っ最中だから入らないほうがいいわねw」

実は俺も気付いていました。奥の部屋からSEXの雰囲気がします。

トイレに行く時に部屋の前を通ったら あからさまに声が聞こえました。

「まったく…人の家を何だと思ってるのかしらw」

コレもいつもの事らしく、彼女は呆れ顔で笑っていました。


俺は隣の部屋で性行為が行われていると思うと、何だか変な気分になってきました。

自分の顔が赤くなっているのがわかりました。

「あ、じゃココで少し眠らせてもらいます…」

赤面しているのを彼女に悟られるのが嫌で、ソファーに横になり彼女から顔を背けました。

「まってて、何かかけるもの持ってくるから。」

彼女は寝室とは別の部屋から毛布を持ってきました。

「じゃおやすみ。お昼くらいには起こすから」

言いながら俺に毛布をかけました。

「はい、おやすみなさい」

そう言って俺は目を閉じました。

彼女は「うん。おやすみ」と言いながら俺の頭を撫でました。


目を閉じてしばらく経ちましたが なかなか寝付けません…

頭を撫でた彼女の手が そのまま顔から肩、腕や背中とずっと撫でているからです。

目を閉じていますが、彼女の顔が俺の顔のすぐ近くにあり、俺の顔を見ているのがわかりました。

彼女が発する女性の匂いと身体を這い回る指の動きに、俺の下半身が自然と反応してしまい寝付けないのです。


そのまま寝たフリを続けたいのですが、履いているジーンズが苦しくなってきました。

俺は薄っすら目を開けて彼女の顔を覗きました。

彼女は観察するように俺の顔を眺めています。

「あれ?眠れない?子守唄でも唄ってあげましょうか…」


そう言ったかと思うと俺の顔に近づいて、そのまま唇を重ねました。

突然の事でどう対処すれば良いかわかりません。

その間、彼女の手が俺の胸元を撫でています。

はじめは軽く唇をあわせているだけでしたが、少しずつ彼女の舌が深く、いやらしい動きに変わってきました。

とても長い時間キスをしていたような気がします。

彼女が少しだけ唇を放し、

「私で良かったら初めて…させてあげようか…」

と小声で言いました。


実は俺は情けない話ですがハタチにして童貞で、以前 彼女と酒を飲みながらその話をしたのを思い出しました。

彼女は再びキスをしながら、今度は俺の下半身に手を伸ばしました。

ジーンスの上からでも俺が勃起していることがわかったのでしょう。

彼女が少し笑ったように思えました。

彼女がジーンズを脱がそうとしているのがわかりました。

しかし、ジーンズが固めのボタンホールで、なかなか上手く外れません。

もどかしく思った俺は、横になったまま自分でボタンを外しました。

「ははっw、私でイイって事ねw」

うれしそうに笑いながら、彼女もソファーに横になりました。

それほど大きなソファーではないのでかなり窮屈です。彼女の身体が半分近くソファーからはみ出ています。

俺は彼女がソファーから落ちないようにと腕で彼女の腰を支えました。



ピッタリと密着して、抱き合っているような格好になりました。

彼女の胸が俺の身体に押し付けられます。そのやわらかい感触が俺の股間をさらに緊張させます。

その股間を彼女の手がさすります。パンツ越しとはいえ、初めて他人にペニスを触られる感覚は、何とも言えないモノがありました。

彼女は俺の顔を観察するようにマジマジと見ています。恥ずかしくなった俺は目を閉じました。


彼女は俺のパンツの中に手を入れました。

既に全開に勃起していた俺のペニスからは先走り汁の様な物が出ていた様で、彼女が先っぽを触るたびにヌルヌルした感触が伝わってきます。

「ねぇ、ズボン脱いで…」

彼女が俺の耳元でささやきました。

寝たままでは脱ぎにくいので、俺は一旦ソファーから立ち上がり、ジーンズを下ろしました。

自分でも恥ずかしいくらいに勃起したペニスが露になりました。上着は着たままです。

今思うとなんとも間抜けな格好ですが、その時の俺にはそんなことを考える余裕は無かったのだと思います。


彼女はソファーに座って俺を見つめています。

真冬で、朝とは言えまだ薄暗かった外がいつの間にか明るくなっていました。

「外から見えちゃうよww」

彼女は窓際に行き、カーテンを閉めました。

遮光カーテンと物なのか部屋の中からほとんど光がなくなりました。


薄暗い部屋の中で突っ立ている俺に彼女が近づいて来ました。

立ったまま彼女ともう一度キスをしました。


俺は男にしては小柄で、身長も165しかなく、体重も50キロ前半で細身。

大柄の彼女と比べると明らかに見劣りします。

部屋にある姿見の鏡に映った2人の姿は、大人と子どもの様に見え、何ともアンバランスな感じでした。

彼女は そのまま俺の上着に手をかけました。

何枚か重ね着していたのですが、全部一辺に脱がされ、俺は完全に全裸になってしまいました。

彼女は一枚も服を脱いでいませんのでこれも何だか違和感がありました。

俺は、童貞ながらに(女の服は男が脱がすものなのか?)と考えましたがどうしてよいかわかりません。

彼女はキスをしたまま俺のペニスをさすります。

俺はほとんど直立のままで彼女の手の動きを感じていました。

最初は軽く触る程度だった動きが、少しずつ激しくなり、裏スジや根元の部分を念入りに擦ります。

「きもちいいかな?」

彼女は何度か俺に聞きましたが、俺には「はい…」と答えることしか出来ません。

彼女の手はますます激しく俺のペニスを扱きます。

自分が毎晩の様にしているオナニーとは微妙にポイントがずれていて、射精まではいきそうに無かったですが、ガマン汁が出まくっているのが自分でもわかりました。

しばらくすると彼女は立っている俺の前にしゃがみ込みました。

彼女の目の前にガマン汁が滴りそうなペニスが物凄い角度で起っています。

「すごいねwお腹に付きそうだよw」

彼女はそう言ったかと思うと、パクリとそれを口に含みました。

当然フェラをしてもらうのも初めてです。

何をしているのかよくわかりませんが、彼女の舌が俺のペニスに巻き付いている様な感覚です。

とにかく気持ちよくて、彼女が少し吸い上げる度に精液が登って来るのがわかりました。

(これでイってしまうのは情けないことなのだろうな…)

頭ではそんな事を考えながらも、身体は射精したくて仕様が無くなりました。

しゃがみんでいる彼女の頭を少し強めに握って、自分で腰を動かしました。

すると彼女がペニスから口を離し、

「もう、コレで出したらダメだよw。おいで…」

彼女は立ちあがりソファーの方に行きました。

歩きながら上着を一枚脱ぎました。ソファーに腰掛け、今度はスカートを脱ぎました。

上はまだ服が一枚ありますが、下は下着だけになりました。

俺も彼女に近づき、横に座りました。彼女がソファーに横になります。

「脱がせて…」

彼女が俺の手を取り、下の方に手を持って行きました。

睡眠不足のせいもあったのか、ドキドキして頭がくらくらしてきます。

脱がせる前に少しだけ彼女の下着を指で触ってみました。

「もう、エッチねw」

彼女は笑っていましたが、下着はしっとり濡れていました。

俺は彼女の下着を脱がせ、ソファーの下に落としました。

彼女は上着は着たままです。


「上は…脱がないんですか?」

俺がたずねると、

「あー、すっごい太ってるから嫌なのよねwお腹とか見たらチンチン小さくなるかもよww」

「え、大丈夫だと思いますよ…」

俺は言いながら彼女の上着を脱がせました。

彼女も別に抵抗する訳でもなく、自分から腕を上げて脱げやすくしてくれました。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様