2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

3p募集 中出し禁止のはずが、、、






この間、ついに・・・。
いろいろあったので、ちっと話もらいます。


ちは年目の夫の多数の夫婦宿と同様 私た
倦怠て、最近はH回数もきてました。


は私と付う以前1人だけ経験がありますのH
内容は、たいして聞た事がなかったので、ちょっと前に、H湿
最中にそのこを尋ねると異常に興奮てすイっしまいま
した。私も、も。


し、にどう人だけというが嫌でし。なんだか
の男較されるいで・・・
そういう事情もあり、想像けではいつし収まり、
説得すること半以上ついに3P・・という条件で
OKした



示板などで単独男性を募集しました。
ろ条件で限定しましたが・。
、ちゃんとルールが守れる。当然です


ちょ離れところに住んでいる人
したく顔合わのは嫌


、ペニスあまり大きくない方
大きいモノを経験しことのい妻、大退簿
たらてしまうこが怖かったからです。


にもりました そのような条件で探したところ、
というに巡り合いた。は私ちより若く、よりつ下
の2た。分家も離たところ調だっので、メールで何度
やり取りしついう事になりました。
末に隣町のホテルで。
二人でかけのも久しぶりだったので、ずい妻も私も
がっていした。



束の時間、男ってきました
写真とも見てたです中肉中背の見た目も普通の男でした
テル近くの居酒で3人で軽く自介です
くなじの人で、アルコルもてたせ、ちょっと
すぐ打ち解けました



いい雰囲気の中、いテルへ帰
、妻の顔がちょっと緊張ばっていました。私もい
とい感じで緊張で妙えてました


るとえず妻がびに行た。
、K今日のルー確認を簡単に済ま、妻が風呂に入っ
てそん経ってなかったので、ちと妻をかすつもりで K
に提案しました。


、妻と一緒に呂どうです?
?いいんか!?」


「え呂に緒にるだけなら構いまよ;笑」
そんなわけで、K緒に入るになりました


さん、私入りますよ。いい!?」
「えぇ!?・・いいですよ・


慌てふ妻。言い出したもの、私もなり緊張です。一
呂へ入るだるのか、そとも・・・いろん像が駆
ります。何やしそう話が聞こえてくるのですが、
りとは聴ん。悶した中、そち妻呂から出て
ました。


「あ?Kさ?」 
「今洗ってる」 


れた?」 
ん、何も・・一緒に入ただけ・・」


どうやらてたようはなかったみたいす。


Kさんのアレ、・・?」 
「見ていよ〜。緊全然下のほうは見かっ;笑
タオル巻いただけがほんのりみを帯びて、もより
ぽく見えました



出てきたの、私も風呂に入ることにしました。
なんなら、私が出のをたずに始めてもですよ 
いえいえ、待ちます 
「早く出きて 
そんな会にして風呂に入りま
入ってんざすぐ隣なで、よく会聞こました
れないのです、たまに笑ったり、何か話してるのがわります。 
ところが、少も聞こえなくなりました。
まさか・・私は急ぎ便で体を洗って、湯船につることなく出した
ベッドに目・・便



、背後から攻められている妻目に飛びこんできまた。
Kはい分、締まった身体で、より若干細のですが、
ょっ筋肉質でした。ょっと小さがらものよい妻の胸が、K
変形ています。ついに始まっ


今まで、妄想だけの世界・・・・
現実に前で繰りげられると、突然始まていたもあるの
か興奮よ寿が強かった。胸だけ露してた身、そ
うちタオルを取られ、全てKに見せていま。子供を一人産ん
には、ま崩れいない身体。の指で攻められる妻、段
と声が漏れて・全が新鮮で興奮でしまでは・・



妻もは積極的なってきて、Kの巻かれるタオルをりました
「えっ!」っていう顔の妻を見ました。私もで。 
タオを取私も、当然妻も見たこないうなモノが
たのす。 


まだ、半ち状態でしたが、あらか私の勃起時よいので
。やられた〜 いましよく思い出すと、Kかは普通サ
イズってことし聞いなかったのです。しか、どうても普通
じゃ婿せん。


私が驚愕してると、妻は意を決したか、口便撫し始めした
次第に勃起はじめ、最後にはとも妻の
た。長も太も・・私のほ倍はあり。そ口に
妻には巻でした。


間もなく、正妻に入ってきました。くそうでしが、
とう部根元までされしまました。妻歪むが見えま
私の目の前ってことあり必死で快感をらえるのがあ
りと感じれました。 


んの2〜Kはイってし
後で聞くと、妻は3回れたそうです。



妻とKとの為がわり、私傍観になっいたので のあ
りすぐでもイキそうした。妻とすもしたかったの
Kも帰る様子がなので、とりあえず様子眺めてました。
トイ妻が行ってる間に、とんでもないことをKが言い出した


回戦いいで・・?」 
「えすよ 


イきにくいかので生でせてもてもいいですか? 
!??」 


ちろん外しまよ」 
「・・・



です。かなりいましたが、おにかけられるのが見たいと
いうのも事す。
「わりました。妻が了承するならいいです」 
そんな感じで2戦がまるとにりました。



トイレから戻った、Kがいるベッドの脇ました
何故私がいるソファ Kるベッドなのか・。
ちょとカチ。3人で先を談
ていました。


いつの間にの手が妻の太ももを撫で始めていましたあまりに
自然ったので気づかなすが、そうこうしてる妻の吐
息が漏れはじめまた始まったの


最初、妻、どうするのて感じで私を尿いましたが私が黙
と相手に身ように寄りかかりまた。さほど時
は経っていないにかかわらず、Kのペニすでにギンギンでした。


先程は、躊躇してフェラ妻も、今度は自分か咥えていました。
Kはるかの如く、仁でフせてい
変わらず、全て使いモ 歪んだ顔で舐める妻。


そし、その大なモノで、まも正で受け入れました
も生で・・・に断りもなく当然のよ入れたの
妻も湿みまでした。Kの態度にムカつきしたが、妻が
るわけもないのも言ませんしたれよ、簡単に
受け入れかなりショックを覚まし


湿てがきなストーク突かれる度妻の湿りに
なりまた。私では決て届かなかの方感じているのです
程と同じく、シーツを掴んでい妻の いにKの中へ
回りました。がおちた間です。女とし喜びいに全開で
感じです



悶々した気持ちのまた私は傍観者になってい。ただ妻
抱かるのを見てるけ・・本気ードの妻はすごかったです。
1回戦いや あかにの行時と違いす。興奮便とや
れな気持ちでいぱいた。


ぐ体を変え、バッら突めました。 
どうですか、一緒奥さを攻めませんか
もう、私に断余裕はなにベッドへ向かいました。



で突かれ妻のの方へ行くとすぐにに巻きつけ
いるタオルを取りスが露になりました。見て
ヤニヤていま。屈辱でした。 
Kの程の私のペニは先走り汁で沿ヌルヌル
モノ妻はました。すっぽり。 


Kとェラのの妻の顔は違いました。顔です。 
時に顔がます。「変わりしょ?」 言いまし
ころは私のペニスをえて離ません。々動くな
ついきずの口へ出ししまいました。


私がイクと、また人きりで正常位でまりした。完全に二人き
世界た。お互い相手をるように・・。


が私を離さなかのは、Kとのプレイを邪魔れたくなかっ
たのだと悟りました。妻簿の喘ぎ声んどん大きくなってい
かりましたイってった私には、辱と嫉妬と不安だけが大
くなていした



人の始まりました。もう私のこなどにならな
か、快感に夢中なの、完全に妻はいました。


あぁ〜・・いぃ・・・」 
なく返さる言


そのち、「あぁ〜・ごい・・!」
してるとは聞いたのない言葉・・・
ってまったにとって、ダメージえる言葉です。 


「奥さん、奥であたってる」 
「あっ・・・あ・・あたる〜・っ!」 
ではうて届かないは突いてるようです



Kは大きくピストンしてたのすが、急に激しく妻を突き上げました
妻はならい程感じてました。
「す・・すごい・い・・い・いく〜・・・!」  


妻とイクのと合わす奥深く突き上げて止まり
、二人同時でタかのうに・・・



は何度も小みに震えてた。しばらく固まっていま
(もしかして、中へ・・?)不安が押し寄てきま
を一掃するように、またはピストン運動はじした


から、すごい勢いでピスン運始まり
んじないか、と心配でしてします。


妻は痛がどころか、感じまってに私の事婿
ない様子で。ずっな激しい様子を見ながら少し引い
ていたですが、た興奮、自慰していました。
くかわからない激しいプレイを・・


ぅ・・・もう?」 
Kが射精が近いことを告げま


あぁ・・い・いいよ。わ、私もまたイき・・」 
出していい?」 
耳を疑いました


口に出!?んな話は全然いません
確かに外に出すとは言ってさか口便!?
私さえ口ことで、多分妻は断るろうと思っ
きを聞いていま


・・ぇ〜!?・・駄目よ・・おに出して」 
じゃ、やか!?」 


、ピスト緩めます。
あぁ〜駄目〜、続けてイキそう・・ 


「じゃ、口でいい!?」 
また激しくなりました。


・・・」 
ね?で?」 


・・・あぁ・・・いぃ・・・尿あっ、〜・・・!」
、出・・・!」 


「アァ〜!って〜イク〜〜!!!
「ちょ、ちょっと・・・」 


を見っていも、慌てて止めに入ろうとしたの沿すが・・・
止める間もなくは妻から引き抜宿の口に込み射精
まいました


あぁ・・・・」 
「ん・・・ん・」 


何度も口でてるがわ婿ます
すご長い射精でした。


手で固、長い射精に耐えれなかったのか、と妻は
鳴らしなら飲んでし便いました
・・・ついに妻ので犯されてした・・・) 
妬と興奮と後悔何も考られず、ぼんそのを眺した。



射精がよやくりまし。ゆっくり口からき抜くと、妻
れるようにベドに横にした。K妻にワっ
をかると替え始め、


「今日は寿ございま。あとはお二人で楽しんでください」 
そう言うと、話もそこですぐに帰ってしまいまし



ん、とした部屋で、まだ殿の息だけは上がっていまし


先程まで、あれだ激しエロ欲望ていた部屋は 夢だ
たのか!勘違するぐらりしていましたし、妻
の上った息を証明してます。



冷静を取り戻した、嫉妬と興奮が押し寄せてきてだぐ
している妻のとへきまし。先程まで人に抱かれていた
・・・ふとくると、妻のアソコに指を入した。
大きくがってうにました。Kの巨根であれだけ攻められ
たのだから・・妻私の指ですかに感じてた、が、
い身体はなかなか動きそうありませした。


!?」 
が奥の方で妙な感じました。、ヌルッっと・・
え・・・!これって・・・・
を抜くと、あきら精液でし
なんとKは、妻に出ししてたので



妻をこし、事・・妻は泣き出し ました。
そう、妻は中出しされたこっていたのです。
目の真っ暗になていくのがわかりました。



はり回戦の途中、(もして 出し安は 
実のものでした。問ただすきながら話しました 
出しさているのがわかた事、その奥で広がる、今までに
覚でイしまた事、私に言おうとしたが激しく突かれて感じてい、やめれなかった事・・・クでした
怒りを通り超えて


えずその夜はもうSEXどころなくなりま
Kの事はメアドぐいしか知りのールをした
でに変便された。次生理がくるで、私たちは
日を過ごしました。幸いきたので良かったです・。



妻の生理がき、もう数・・・。


今も思い出すとやりない持ち未だに二人をすことがで
きません。男にれた言うまもなく(さも、
も、出しまでも・・・)、私に気づかないように、抜ずの
回戦には驚嘆します・・・。


それどこ、妻は私とのルールよりKとの快楽を選んだのです。
妻の切りはホントにショックでしはまるで、底の見え
暗闇に落たような・・遥か上方の光の中で、Kと妻
裸で絡てみる気がません。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20081220131535qwe