2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

一人病室にて




私は、43歳、妻は3歳になます
でも通の家と思い

ほど前私は1ヶ月程度入院てました。名は尿病という
とでした。会社で受けた定期査にひり、そのきに受け
っていた事を終入院の運びになました
んな重い症ないそうで、私自身、軽い気で、
事一筋だた体を休め程度と考えてまし


あるとき、病院の地下にある購に雑誌を買いました
昼を終た患者や見舞い客で結んでおり、
レジを待つのが少し
私は書籍だなの前立ち読みをしてレジがあくのをし待
した


ふと茶部を見ると、妻の姿誰かと話しる感じ
す。誰思い、奥まえ見える場所に移動ると、そこにいたの
の高山でした。ばり、見舞調の高山と逢い、おでも飲ん
いるのな思、私もといまたが、よく考える飲む
くもなく おかしいと思いな、病室に向かいました

後、妻病室へってきまし
「何事なかったように、家事、子供、そして何か必要なもの
?」
と私しかけてきまし
た話、高山のが出てこいのか。
ばったり、あってお茶飲んまし
くらいははずなのに妙な感じを受けました

私は、便お茶をむと、妻財布出し、地下の
部へ向かした。私は妻が部屋を出、バ中を
りました。携帯を取りすと、着信履歴す、そしてメー
を・・。

私の部入る40分前に履歴がありまし
名前は違いますが、番は高山のもの・
ル内容は、当日の朝のので「今は?だけの簡湿な内
でした。メルは同高山のもの・


で、私の分でした。
の浮気・
と怒り、そし病室る私の姿をると情けな思え
した。携帯をバックに窓のをぼんやりいまた。

そこ入ってきたのは、と高山
こで、おくさんとばったって・どう調子は?
白々しさに腸が煮えくり返りそうになしたが
サラーマンか、こころなくうなづくだけでした。
高山仕事心配するようとい
先が、まいい病室を後にしました


室には妻と私.
普段とい妻れ物を袋に入れる姿見ます。
細身の体ですが、まだ女としての色香は感じられ
私は欲し、妻にくわえよう婿言いました。
方、何を・・こなとろで、病人が・・
と笑いましたが、お願いすると、ーテンを閉め、部屋かけ


ィシュで麗に、口へとめます。
頭の中は妻山の情事を想像します。
じように妻高山のも・・。
何か抱かれたか?・・
を出しのか・・。
いろん寿姿が頭のを走抜けます




やがて自分でも早いとくらいで妻の口ので射精しました。
妻は,一瞬咽ぶような顔をして、口を外します。
部屋の面所でき出、うがいをします。
いながら私を「溜まって・・」と言いま
私は自分で拭き頷きした

あまり口を使わないが、はなんの躊躇もなく私の望み答え
。以前よりも何か違う口・・。簡単と、舌使

激しい舌使いではないが、微に絡ませる感じが以前とうよう
なきした

妻が部屋出ると、は自始めます。
ちろん頭の中妻と高山・
徐々に見る妻の姿、そ簿て私の心・・・


尿は気長な療が大切です。
体は痛くも、点滴療法ンで
メリハリい生が私を気にさせるのかもしれませ
そんな中考えと高山のことです。

状況そろっているですが、高山はともかく、詰め
なか綿ったのか?1前に単身で赴任して高山妻が電話
り、メールすは100%です。数度しか、め逢っ
だけなのです。は。
焦りと焦燥と怒りが沸いてきます。

様も入院の経ある方いるでしょう弱気にないろろ考
える時間だけは豊富です。うしようもなくた私興信
運びた。殿数箇所電で料をきいたのです、どこも予想以
上にったです。5日で60万〜です

また妻ではな高山を調べるうに頼しまた。
、住所、電話番を知らせました

たどこでと会っていての人間調べる必要がないと念
ました。やはり妻調べられるのは、何かいやだっんでしょ
。要は同じことですからも高山も・



10興信所でな封筒を渡されま
ドキドキしながら急いで病院に戻りま
には後の書類と写真す。

時、時間、所が淡々と書かれいました。
写真は高山、妻、そして私の奥様です。
社の2人手をしてした
うになが、2人も・・。

我が家の妻もまれのは、そきは当然と思いたが、
い(うちもですが)白井君の奥様も・感じの奥さ
んなのに・・。



と高山の浮気は決的です。そして君のも、係を結
んでたとは驚くば
プレイボーイから山が、なをものしていくのか不
議なえします。

妻の高山との関たださなったのか?それ世間体が
。上司と部下の妻の関係、りがちな話ですが実際
の身こるとは考えてもんでた。そし
きのとを考えると、やはり怖気がしまし


所の
簡潔明瞭な文で書かれました
破棄し持んが、思い出すころを所を書きま


○月日・02:0〜04:00
、自宅ョン入る・女性も同高山の部屋に入
る。のマンションに入姿が映湿ました。


○日・1:00

○町のジャ○コの駐車場て女性待ち合わせ後、○町、○○
○・・・○というホテルの入る。山のに乗り込む白井
の姿

日間ですので知りたここのかれてま
あと業時間でのパチンコ終業後のつけ居酒屋
茶店に入ったりものと飲に行たこと、私にはまっ
たく惹くことのない多くかかれてま



は妻顔を出します。いつもと変わらぬ笑顔と仕草です。
ったのは妻を見る私の目と感情です。病室に来た地下の
店に行かせます。財布だけをバックから取出す妻、て私は
携帯を出しックしました。何も変わった信も
りませ

通に考えば やましいものはす消すのが当たり前す。
前回は偶然賜物にしぎなかたのでしょ
が部屋の戻ると、私はまた口で行為要求しました。
りました濡れティッシで拭くと入れました。

妻の口での行為に興奮する湿はなく、妻と高山行為をて興
がいまた。人のなら無茶なともすろう・・妻
は見せなことやことも・変態的行為も・・勝手な
えを頭ので描きます。

不思です、怒りあり
・・
裏切り・ます
も興奮すも確かです。


事実私のもは痛いらいにないま妻のスカー中に
入れパンティからを入れます。濡たそこは、し前
まで高山のけ入れ考えます


このに高山のい性器が入ったのか?
舐められたか、・・いろんな想ます。
私自身が考いがら、私をのです。

白井君の奥様のことも考えます。
私ならどうするか、咥乳房を強く掴み、アナ
ルさえも舐て、めさる、妻井君様、高山の姿が交互
の描かれす。



がて妻の口の中に勢いよく射精します。
咽ぶ妻、ティッシュの吐き出すとういをします。
山のは飲んだのか?退

な時間を病室で過す私いろんな思案が起こってきまし


院一月弱、ようやく退なりした
自宅でさやかなかれ、飲んはいけない姿ルを、数杯
みま。すぐにいがまだしました。
甲斐斐しく子供話をする妻、私を温か言葉で励ま・・。


そのりにきました。上に乗せ、お互いの性器を舐
う私たち、妻の恥ずかしそう咥える姿、薄い毛の覆わ
奥にはピンクの穴開いてま
がここに入れているの間違いありません

しかし、少し上の色い穴もとと、興奮が増します
悔しさに包まれた興です。私がもし人の妻を抱いたならには
ないこともさるでう。当然山も・・じ。常位で妻
の中に硬くなたものを入れま
高山が知っとこだと思うと、そし中に高山のらし
精液入ってる考えほん分で妻の中精液が
注がれま



翌日出ると、高山が労いの言葉をみんなの前くれ
した。唾がます。こののもに、興奮がを襲い
す。白井君も見す。では君のんもこい
られてるきます。愛くるし顔の白井君の奥さんの顔と同に、
を咥え白井君の奥の顔が眼に浮びま

ただでは白々しい高う決心しました。
人の妻に手を出すとどうなるか、い知らせやる

数日後例の興信所にかいまし高山のこと調べ
です。
もちろんとのことです、何、何、逢っ
たいう程度客観なものしか調べれるはずもりまん。
高山性を追うことの復貿讐につがるん道とえました。
君の分もという、妙な正義りまた。

山も暇な上はありません。取引先りを訪れたり、出向
いたり、結構忙しいです。妻とう時間が2時間るとしもい
てるわけではなさそうです
所の報告書に目をすとり火・金そし
て白君の奥さんに会った曜た。

取引先周といいましても、営業もかねての訪問す。
時間以上く曜日は火・かなさそう.
山が自宅へ帰ったり、た私たちがので逢えること
はなす。

私は火曜に高山のマンション近に車を止めます。
関先どうにか渡せ山が通らないと思うところ
もしかしに終わるもしれません。
妻はマンションに入るの白井君のはホテルでした。
時半私が高山マンン近くくと、中型スーパ妻のです。
らは離た場所スーパーですの買いのはがありません。
すでに妻は高山の屋です


私は妻と高の姿を思いかべ腹が立ってきま3時
携帯へ電話入れ

けど今何処?忘物したの行ったけどんで
をなくしたの入れない近く?」

「今、買い物です。どしても必要の?

「ま、いわ、つい思ったけで、鍵は会社のどっか
んだと思う・

話をかして電話なが、バックで妻の中に、
が働きま
車内っても、仕方がないので退私は営へと戻り、夕刻めに
しまた。早めの風呂に入ろうとする私の目には籠、隅に
くなったンティが覗いて。妻が使うにないとを
認し、広げます。い筋の後付いてま

高山まで認でませんが、私には十過ぎもの
鼻にると少匂います
の匂いか高のものかはでもい思
なったころを、舌少しねます。
しかして、高山の精液を舐たことに・湿
呂場の中でオーを、復案を練る私がいまた。


とが係を持つよたのか?
大した接点もな、上司と部下の妻との程です。
私たち夫は、仲よく、お恥ずかいですが夜も それ楽し
んでまし年代かた殿ると多いくらいだとも思います

曜に早めに自宅にりまし会社に話を入れて高山につない
でもに言いましたが留守でし
の者に分がれずとを伝す。

おそ火曜すので妻と逢ってると踏んでのことです。
自宅に着きまが、予想どうり留守、私は居間で妻の
帰りを待す。何食ぬ顔私がいます。


半頃妻が帰宅した。
私の見ると驚いをし

「どうしたの?早い時間に?」

「気悪くに帰たよ、急に熱くなったからかな?でも
は大丈、サりみたいもの

と言いまし。妻はながら2階へと向ます
耳を澄ます2階から降た、いっん風呂場と洗所の
うにのがりました
は タコ切たから買きてとお願いすると直に外へと向か
いました。

緒に飯の買出しもしてるとて行きた。
私は洗に向い、汚れ物を
朝選濯したよに何もありま
濯機のを開けタオルとシャツがあす。
オルから少黒いものが見ます
取ると妻のシです
暖かさが手に感じられま



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 寝取られ, 浮気・不倫,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様