2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

デリヘル嬢に恋をした話






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1365159282/


1 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 19:54:42.60 ID:zsN+QriJ0
前に別なスレで書いたが完結したので書いてく





2 :名もき被体774号+:2013/04/05(金) 19:55:24.61 ID:zsN+QriJ0
たったか





4 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 19:58:05.14 ID:zsN+QriJ0
まだ梅雨がまもない頃

ヶ月まえぐに彼女ラれは自棄になっていた。貿

合コンやっては剣に彼氏を探ている女を抱、ナパしては擦れ
た家出少女みたいな女抱き、俗での軽そうなアバズレ女を抱



ズだ


ンもナンパもサッパたある日
今日はどこのデリヘルを使おうかなとネトで掲示板を眺めていると
一つのコメ目に止まっ





6 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 19:59:18.14 ID:zsN+QriJ0
て店の△△って女もとAV女

今の時代いっぱいいるし、、
通ならそこまで気に止んだ俺はそのを呼んでみたくなった

前は由衣に似てるかゆいにし殿く。

その予約でいいだったのは別な日呼ぶとにした。

そして当日

ゆいはいわゆる企画物のAV嬢でく、単体のAV嬢

た目はすご可愛いんろうとに胸らまた。

ホテに入り時間まった








8 :も無検体774号+:2013/04/05(金) 20:01:12.53 ID:wLFVUejQ0
よ!




9 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:03:51.20 ID:zsN+QriJ0
コンコン

ドアをノックする音がなった。

「こんばんわ」

そこに立っていたのは小柄で可愛らしい女の子だった。
内心かなりテンションが上がったのを覚えている。

「何分コースにしますか?」

「ん?あ、んーと90分で!」

「ありがとうございますっ」

ゆいはそういうとニコニコしながらお店に電話をかけた。

「お兄さんこういう店は結構くるのー?」

「いや、全然。今日は一年ぶりぐらいかなー(本当は月二回ぐらい呼んでるけどな)」

「そうなんだぁ。やっぱお兄さんかっこいいから彼女とかいっぱいいるよねぇ」

「は?かっこいい?俺が?お世辞言ってもなんも出ないよ?」





11 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:05:25.10 ID:zsN+QriJ0
風俗にありがちな会話をしながらシャワーを浴び、プレイを粛々と進めた。
可愛い顔つきだったけどプレイはかなり大胆だった。
けど入れるとき体中に鳥肌が立っているのに気づいた。

「鳥肌…大丈夫?やっぱ入れるのはやめよっか?」

「えっ。…ゴメン。ありがとう。」

なんか色々拍子抜けしてしまい、俺は寝転んでしまった。

「あの…なんかごめんね?」

「ん?全然いいよ。俺はそんなことよりゆいのこともっとよく知りたくなった。」

「えー?もうしなくていいの?」

「うん。いいよー。今彼氏は?」


他愛のない会話が続いた。

でもそれはどんな女を抱くよりも楽しかった。

「あははは1さん面白ーい!」

「そっかな?なぁ今度なんか美味しいもの食べにいかない?」

「行きたいっ!お肉がいいよー!」

「んじゃ焼肉食いにいこう。すっげーうまい店あるんだ。」

「やったやったー!」

本気で喜んだ顔をしているゆいを見るとなんか俺まで嬉しくなった。
その日は番号を交換したところで時間を迎えた。





12 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:08:57.12 ID:wLFVUejQ0
てなれてやがるぜ!




13 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:09:01.39 ID:zsN+QriJ0
スペック


28歳
彼女なし
181 75
見た目 普通

ゆい
25歳
元av嬢
150 cカプ
見た目 全盛期の市川由衣





14 :名も無き検体774号+:2013/04/05(金) 20:10:29.95 ID:zsN+QriJ0
半信半疑だった。
だっデリヘルの女だ。
な誘いしょっちゅうある
ちいち相手にしてたら相手しきれい。

だから本当期待かっ

でメールってみた。

こう宿って

そしたら速攻でます!いつにしま?って返信がきた

からっていてんだが騙されてるんじないかとた。
行っ後ろから恐い兄さが…みいな展開頭をよぎった


そんなよそに約束のきた。





15 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:12:35.19 ID:zsN+QriJ0
待ち合わせは7時。
少し無理して高級焼肉店を予約した。
恐いお兄さんの登場もなく楽しい時間を過ごした。

「ゆいはお客さんとよくご飯いったりするの?」

「んーん。これが初めて」

「えっ。そうなんだ。よく誘われそうだけど」

「どうだろ?でも恐いから行かないよー。」

「じゃあ俺が初めての男ってことね…フヒヒ。でもなんで俺?」

「あはっ。わかんないwwwなんとなくこの人ならだいじょーぶそうって思ったから……かな?」







16 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:14:12.06 ID:zsN+QriJ0
姉さん。
ボクぜか信用されてます…
当はデ店外で無で はめはめでうはと考えてるの
かと用を裏切りたくない自分は はめはめでうはうはするのめた。

いうかそれすらも忘るぐらいかっ
味もうし、話もう。
二人こんなに合うなんてっくりねーなんて話してた。

なんだかで焼肉→カラオbarとはしごをし気づいたら2時を回っていた

うー。さんよっちゃたよ。」

そりゃウィスロックんなにガブガ飲んでた酔うわと思いつ

「大丈夫か俺んち近いから少けば?」

とか丸出しなじでくまでも紳士的に提案をし

?うーん。泊





17 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:15:51.82 ID:zsN+QriJ0
ゆい はなんか俺のなかで不思議な存在だった。

こんなにペロペロに酔っぱらっていても肝心なところは抑えてくる。
いままで遊んでた女の子はほぼ家、もしくはホテルにまですぐついてきてた。
正直きたねー女どもがって思ってたし、
ついてくるたび女に対して気持ち悪いって感情が積み重なっていった。

でもゆいは違った。
プライベートでまでやりたくないからだろ、、
って最初は思ってたんだけど
どうやら理由は別にあるようだった。

「俺さん今日はすごく楽しかったねー!また飲みにいこーね」

「んだね。今度はビアガーデン行こうよ。
 暑い日に外で飲むビールは最高だよ。」

「それ賛成っ!じゃあ来週いこー」

「早速かよww」

「だめぇ?」

上目遣いで俺を見つめる

「…お前くっそ可愛いな…。いいよ。行こっか。」

「やりぃ!んふふ俺さんにお願い事するときは上目遣いが効果的なのね♪」

「いや、多用すんなよ?ありがたみが薄れるww」

「じゃあCoCo壱番で使うねー♪」

「カレー乙」

そんなこんなで初めてのデートは終わった。





18 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:17:44.71 ID:zsN+QriJ0
次回のデートが楽しみで仕方なかった。
つぎはビアガーデンに行った後、
スポーツbarでサッカー観戦をする予定だ。

そのときはちょうどオリンピックの時期で
お互いサッカー観戦が趣味だったため、メキシコとの親善試合を見ることにしたのである。

待ち合わせの時間。
改札前で待っているとゆいが改札の向こうからやってくるのが見えた。
あちらも俺を見つけると小走りしながら笑顔で手を振ってきた。

すげー恥ずかしかったけど なんだかそんなものはどうでもよかった。

「おはよ。今日も満面の笑みだな」

「えへへ。待ちましたかー?」

「いや、全然。早速いこーか」

「うんっ。あ、聞いてくださいよー。今日宝くじ当たる夢見たんです(真剣)」

「へ、へー」

「だからね、今日は宝くじを買おうと思うのです!」

「ちょうどあそこに売り場あるから買ってく?」

「もち!」

宝くじ売り場の前にくるとゆいは固まったまま動かない。





19 :名も無被検体774号+:2013/04/05(金) 20:20:10.14 ID:zsN+QriJ0
?どうした?買わないの?

くるっと俺のほうをり返って

「…買い方わかい」

臭そう言っ

そんなゆい可愛くて可愛くて仕方なかった

ぐらい買えば当たのかぁ?100枚ぐらい?」

「そ、そんなに買うの?10枚っし

「むーじゃあ当たら山分けね

そんなこんやり取りを経てはビアガーデやってき


の日は曇りで少し寒た。
連日暑いいていたのを選んだのりによ
その日だけかっ





20 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:21:44.54 ID:WJ9DElZr0
wktk




22 :名も無き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:22:35.37 ID:zsN+QriJ0
「ちょっと今日は寒かったな…」

「まぁね。。でも1さんと一緒にいると楽しくて寒いのも忘れるよー!なんちゃってー」

「ば、ばかっなにいってをばは」

「あはっ。動揺してる〜」

「からかうの禁止!!」

「はぁい…(涙)」

「え、泣い…あれ?うそ?ごめん!」
「ぷぷぷ…。あはははは!1さんはからかいがいがあるなぁ」

「…」

「あ、ごめんなさい。もうあんまりしません。。」

「あんまりかよっ」

会話がうろ覚えだけど、、凄く楽しかった。こんな時間がずっと続けばいいと思った。

「もう八時前になるんだな」

「ほんとだー。スポーツバーいかないとだね!」

「よしっ。そろそろ行こうか!」

「うんっ」





23 :き被検体774号+:2013/04/05(金) 20:24:28.87 ID:zsN+QriJ0
て二件目のスバーに行こうのだ
の街はとても小さい。
スポーツーもえるぐらいしなかった。
件かってるもの貸切とかかいろろな理由でどこ
空いてなかった

もう合はじまっちゃう!」

んとだ

ゆいが嫌じゃなきゃ俺んちで見ようよ

「えっ。家は……

「やぱ嫌

「わたし付合ってない男ったことない、」

今日は特例で!大丈夫。んもし

じゃ…今だけ」

こんな結局家でサカーをことった
俺はビール焼酎を、ゆいはウキーを買った







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:相手の過去,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:相手の過去,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130406132929