2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

デリヘル嬢と付き合ってた話






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1383342113/


1 : ◆zBvvMGYmRg :2013/11/02(土) 06:41:53.95 ID:i7SRXdZk0
ト終わて寝れんから
立てて調た。

かきだしてないから遅けど許し






2 : ◆zBvvMGYmRg :2013/11/02(土) 06:47:51.00 ID:i7SRXdZk0
出会ったのは俺が
高3の頃だったかな。

すぺ
俺 166/52
溝端淳平によく似てる言われてたぶさめん。

嬢 158/46
柏木由紀と持田香織に似てるらしい。
俺はおもったことないけど。


あ、ちなみに先に言っとくが
対した展開も落ちもない。
バイト中にふと思い出の曲聞こえたから
書いてみるだけ。
ついでに相手もよく2chみるから
身バレするような事は言わない。
感いいから、これみてたらすでに気づいてそうだけど。






4 : ◆zBvvMGYmRg :2013/11/02(土) 06:53:59.53 ID:i7SRXdZk0
出会いはmixiだったかな。
高校生の携帯二台もちといえば
メイン+ウィルコム。

暇電?みたいな
コミュに俺が書き込んで
返事くれたのがきっかけだった。

当時の俺は、
言わば出会い厨みたいなもんで
コミュで書き込んで返事来たら
プロフ見て顔見て住んでるとこ見て
タイプなら遊んで、
みたいなこと繰り返してた。

もちろん、嬢からメッセ来た時も
顔と住んでるとこはしっかり確認した。
たしか「あたしもボカロ好き!」みたいな
内容で最初のメールが来た気がする。

偶然にも住んでるとこが
すごく近くて顔も微妙な角度からの自撮りだったけど
可愛いオーラでてたから
即座に返事だした。







6 : ◆zBvvMGYmRg :簿2013/11/02(土) 07:17:09.33 ID:i7SRXdZk0
返事来たその、すぐ電話で2時間近く話したがする。
初めて聞いた嬢の声がごく愛かったのと、
、嬢のペースで話したのよく覚えて

かとねえ、聞いて聞いて聞!」と言って
ころっころ題変えてきやがたんだ
ど相槌し湿てなかったよん時の俺。

かな、
切ったあとつまんないって婿
思わとか楽しめたかなとか
駄に々考えた

けど、切SMSでメール
しばっか話してごめね!
たのしかった、また電話しよう!」みたいな感で。
れ見た瞬間すごい心してしないで速攻寝ちゃったんだよな

かしれから1週間
ールのやとりで電話しなかった。
というのも、俺は俺で別の女と連絡 あそだりしてた
湿から時間わなくてするなかた。

宿家でごろごしてたら
らいきなり話がってた。
あ結電だったんですけどね。
してるうちに

暇だライブでこう。」

なんて言いたか

俺「俺も、散歩でしようかな」
じタイミングで外でようよの」

かいて一緒にたんだ。
めっつかしいww

とりあえずガソリンきゃ。」
俺「運転ら電してと掴まん

「ばーかヤホンマクで

なんてやりとりしてるうちに

嬢「そういえば家、近んだよね?」

って言きた談混じりに

俺「うん、迎ぞ」

て言った
たら「いいのへん?」
か予外のあ反応にびびった

俺「ま?じあこて、わ」

おっー」

電話しながらばらくして

「あ、ここかな?つー!
「ま?はね?歩いてらもう待って

合わせ場所は、俺の地元のクだった。






13 : ◆zBvvMGYmRg :2013/11/02(土) 10:30:43.33 ID:i7SRXdZk0
わりー、ねちまってた。




俺も少し遅れて待ち合わせの
マックについた。

俺「ついたよ、どの車ー?」

嬢「○○だよー、あ、俺君みつけた」

俺「え、どこ、どれ」

すると嬢が車から降りてきた。

嬢は、俺より2つ年上。
年上姉さんのツインテール姿に
すごいドキッとしたよなぜかww

年上好きでツインテール大好きな俺には
ごちそうすぎる容姿だった。

その時はデリヘルやってるような子には
まったくみえなかった。

そのままマックに入って、
嬢は、アイスティー
俺は、ファンタを頼んだ。
嬢が買ってくれて車に乗ってどうしよっかー
とかいいながら嬢が車を走らせた。

どこいこっかー、とか
話したけどとくにいきたいばしょも
とくになくて、
気づいたら嬢の家に近く走ってたみたいだ。
ふざけて、嬢んちいこーぜというと
いいよきたないけど。と

これまたあっさりおっけー。
危機感ねーのかよこいつwww

そして嬢の家におじゃまさせてもらった。



ごめん。
続きまた夜かくね






14 :名も無き被検体774号+:2013/11/02(土) 15:15:30.49 ID:5R88ylxu0
はよ




16 : ◆zBvvMGYmRg :2013/11/02(土) 15:30:36.20 ID:i7SRXdZk0
その頃ちょうど、
あの花一挙再放送?みたいなのやってて
ちょうど最終2人で一緒に観た。

れをて泣いを見した
く覚る。

れか外ドのDVD2人だ。
俺はソファに座って、嬢はベッドに座ってた。
すると嬢がジーっ俺の方を凝視てた
思わずずかしなっ

「なんだよ」って俯いて顔隠た。
嬢「いじゃん、顔見たいんだもんww」
いって、グイあご持ち上げれた。

ッドの部分ととソファーの距離がすごい近いくさ、
必然的に嬢の距離もすごくて、
遊び歩いてたからそ験は
初めてじゃなかっ
すっごいドキドキ

それから、しばらくお互いに
DVDに夢中になっ
けど、その間も駄に緊て心クバクしてたんだよね
な中、嬢がっちでよ」て言ってきた。

は年に甘えるのい好きだから
ベッ潜りだよwww
だけどそれよ先に手を打ってきたん
より先にてきやが

内心、「うタイミング失っとかおもってたけど
なんだかんだ甘える嬢が可愛かったか
何も言えデレデされっ

そんなてるうち
いつのまにぐっすりについてた
最後に時間 らもう5時だったー。


次の、嬢の帯がって
の着信めた。







18 :zBvvMGYmRg :2013/11/02(土) 15:59:42.50 ID:TVFzeXih0
ると
16時らいだったき
「わ、寝過たね、送ってるね」って
鍵と家って準備はじめ
俺はその時、なかなか寂しった記憶ある。

もうバイバイかー。か思いがら、
「あ沿がとう」って
家をでてに乗った

り道が「お腹空いたね、行ったマックでなんかたべよっか」
て言たか2人でマックを食べた
ん時にごってらって えびィレオたべたんだよなー。
すげえ美かったけどやっぱバイバイすなさほうが 強かった。

そろこっ
うん、ごちそま!

外に出て、

「高校生連れ回してごねwたしかったよ
「2個うえなだ、合意の上だからよしww」
じゃあまたね!」
俺「きをつけてね!

と、バイイした。
に帰りがとメーをして稿
び終わの寂しさなか
また寝てた。


て、こは嬢デリヘやってるて事
かったんだ





20 :名も無き被検体774号+:2013/11/02(土) 16:02:25.15 ID:tIdFSm1q0
ティッシュよりハンカチ必要そうだな




21 : ◆zBvvMGYmRg :2013/11/02(土) 16:10:39.20 ID:TVFzeXih0
>>20
うーん、ハンカチも必要ないよww
もちろんティッシュもだけどww


だめだ、なんかクソ眠いから
また寝るわ。
起きたら続き書く





22 : ◆zBvvMGYmRg :2013/11/02(土) 17:08:05.20 ID:TVFzeXih0
すぐ目、覚めち
あーたいのにー。






からいうもの、
絡をない日が続いた
なにしてんのかのよにおもったけど、
分から連絡しない人間

わば完璧受け身タイプだ
能性もあるてのに来疑わず
駄に期待してた。

遊んバイバイして
2週間くらいてからかなー?
ごろてたらまたも突然メーきた
夜の10時くらいかなー
嬢から
にしてのー、仕事かれたはかえりたい」
ってかんじの内で。

そのキャバやってるって聞たから、
忙しー?がんばワースト1」とか送った気する退

すると嬢から
「ワースえわ気なんだよ。ねー癒して」

とかたから猫好き
猫の画像探してほ調らよってこれみてがんばれっ送りつけてやった。
速攻、嬢から「かわいー
、そーいうのない」って返事来たんだ。
は、うわかわい!!ンシマックスになったけど
その意味がくわかんくて、
りゃがんばれの」とか澄まして返した

「もう仕事わるかあそぼえいくから

!?!?!?!?
やったまたあそべる!また会!! 
綿ワクワクしながら準備済ませ
近くコンビニで嬢のを待って
くし嬢が車で迎えにた。
最初にあった時と雰囲気が変だ。
を下して、メガネかけてなったせいかな。
囲気違う嬢の姿を寿可愛はな
綺麗だなって思いを抱い

思う、この頃に沿
に夢中便のかな
たの2回し会ってない。
それに出会いはmixi。
れでも俺は嬢にかれていた。

この日寿
特に出掛けでなく
嬢の家にびにってDVDの続きを2人

そしてて、
とキスするとになる





23 :zBvvMGYmRg :2013/11/02(土) 18:19:21.15 ID:TVFzeXih0
DVDみがら、
2人布団に入りながらごろごろして
と嬢がテに背、むけてさ
俺と向かいわせになた。
んぱなかった

嬢がニコニコしながら俺の鼻に自分の鼻
スリしてきたっそさ。
多分その時、俺の気持は完全に嬢に落た。

俺はもうただ嬢にキスしたくかたなかっ
トレートに唇重りゃよかったけど
っぱ、どっかずかしいちあっ尿さ。
か鼻とかほっぺとかにキスしてた
も同ことしてたんだ
は嬢が鼻キスくるとこ
顔を上げて、せこい

これが嬢との初のキス。
嬢は少しびっくりしたして
ゅーしたーとかいな
面の笑で俺おでこに自分のけてきた。 

それから何度したろう、
けば外が明るくなってた。
眠れ2人でしょーもい話で盛がった。

嬢が
好き。まだ会ったかだけどほんとに好き。
そう言。 え、何言ってんの最初はそう思った
けど、もん俺もそのままの気持ちを伝きっ

でまたてさ
しばらく、時間が続
正直、その無言の俺は寝そになってた
タシと、付きいたい?」
嬢が俺にそう聞いた
ちろん付き合いたかよ。けどそういわなかった。
ん、どうかな互いのことわかんないし」
はそんなする
今思うと、最低なこ言っww

嬢「っかでもちょっと安心。」
俺「なんでー?

嬢「今の仕事してるうち ほんときな付き合めてるんだ」
俺「あキャバやめるまでってこと?」

...

嬢「仕事ね、ほんとはキャバじゃんだ。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20131129004742