2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

個人指導を口実に職場の娘をいただいた 後編




個人指導を口実に職場の娘をいただいたの続きです。


367 :詩ァン:2005/05/29(日) 13:28:48 ID:v5fBIgqg0
しての日

いつものようにクデーの仕事のあ美とインーク
ち合わせをした。そう目の逢い引きでレはこの詩吟
の映像婿けをDVDに焼た。画面は少し暗いのでどうし
荒れが目立つ

下腹あたりをすフリをして、股もフインダーに収まうに撮っ
ていのだが暗さ か股間は寄て撮ったには、それほど鮮
明には映っなかっ

って照いもくF美にられるよになっていた。
ると

オレ「この前の焼いたんだ。見てみるかい?」
F美え〜、あま見たくありまん」

オレ「どうして?」
F美「自分で下手だってわかってから。そ…」

オレ「そに何だい?」
美「私、テーた自分の声キライなんで
   オレはり裸唄わせた、それデオに撮ったことを
   いかとってキド

レ「誰だって自分が好だって人はいないよ」



368 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:29:22 ID:v5fBIgqg0
カーナビの画面にF美の姿が映し出され、唄が始まった。

オレ「F美君が心配するほど悪くないだろう?」

F美「……」

F美はこの時はじめて、裸で唄っている自分を思い出した様子だった。

オレ「ほら、決して悪くないだろう。この前の時より良くなっていると思うよ」

F美「…、そうですか…」

消え入りそうな声でそう言った。

オレ「後半過ぎに、お腹のアップがあるから、
   それで、腹式がきちんとできていることがわかるよ」

F美「……」
うつむいて、しかし、視界の端に画面を捉えているようである。
やがて下腹の大写しになる。

オレ「ほら、きちんとお腹で呼吸をしているのがよくわかるだろう」

オレはハンドルを握りながら、極めて事務的な口調で続けた。
画面には、F美の大事な部分こそ暗くて鮮明に写っていないものの、
黒々とした陰毛はカサを増して前の方に盛り上がっている様子がよくわかる。

オレ「どうしたの?」
F美「…、このディスク、どう……」




369 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:29:56 ID:v5fBIgqg0
オレ「ああ、これかい?このディスクの心配をしていたの。
   心配だったらF美君にあげるよ。ビデオから直で焼いてあるから、
   この1枚しかないから」

F美「…、別に要りません…」

オレ「だったら処分しようか。なんならF美君の目の前で割ってあげていいよ」

F美「…、先輩を信じていないわけではありませんが、
   そうしていただいていいですか?」

オレ「もちろんだよ。こんなものがあったら心配だよね」
F美「それから、テープ……、ビデオテープは?」

オレ「テープの方は心配しなくて大丈夫だよ。
   今日もこの前のテープにそのまま上書きするから」

F美「じゃあ、この前のは消えるんでしょうか?」

オレ「そうだよ、だから心配しなくて大丈夫。テープは1本しか使
   っていないから、そのテープも最終的にF美君の前で破棄すれば、
   安心してもらえるかな?」

F美「…はい、それならいいです」

少し安心したのかうつむいていた顔がやや上を向いてきた。





370 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:30:24 ID:v5fBIgqg0
もちろん、テープは毎回替えているし、動画ファイルとしてパソコン
にも収まっている。オレにとってはこのコレクションをどれくらい増
やせるかが一つの楽しみでもあるわけだ。

そして、次なる課題は、静止画、つまり、どうやってF美のきれいな
白い十代の柔肌をデジカメに収めるかっていうこと。そして、もう少
し鮮明にビデオを撮るかっていうこと。毎回デジカメは持参している
が、使うチャンスはまだない。

鮮明なビデオの方は、ビデオライトを持ってきているので、おそらく、
これで解決するはずだ。やがて車はいつものラブホに到着。

もう4回目ともなると、風呂の準備、入浴、ビデオカメラのセッティ
ングをするなどの一連の作業が手慣れたものとなってきて、F美にとっ
ても次第に違和感を失わせているようだ。

F美がバスルームでの発声練習を終えてバスローブを羽織って出て
きた。やはり、ちょっと恥ずかしげである。

オレ「今日は腹式の練習からやる?それとも、
   大会本番を想定して唄撮りしてみる?」

そう聞くと

F美「じゃあ、唄ってみます」

“唄撮りをする”と言わず、“唄う”と表現するところがF美らしい。





371 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:30:57 ID:v5fBIgqg0
この日は敢えてバスローブのまま唄わせた。
本当はビデオライトもあるし、F美の身体を鮮明に撮るチャンスではあるが、
その楽しみは あとにとっておこうと思った。

唄撮りが終わった。もちろん、ビデオはまわしっぱなしだが、
いかにもビデオの近くによってスイッチを切ったかのように思わせた。
そう、初日と同様、ビデオカメラの録画を示す赤いランプを、小さく
丸く切り抜いたビニールテープで隠すだけである。敢えてビデオライ
トは消さない。

オレ「さっき車でやたら方のあたりを触っていたようだけど、
   もしかして、肩こり?」

F美「そうなんです。私肩こりがひどくって」

といいながら右手で左肩を揉む仕草をした。
しかも唄撮りから解放された安堵感からか、
声が普通の明るい調子に戻っていた。

オレ「ちょっと、肩揉んであげようか」

F美「え、Jさんに肩を揉んでいただくなんて、そんな…」

オレ「別に仕事じゃないんだから先輩も後輩もないだろう。
   好意は素直に受けるもんだよ」

といいながらF美を椅子に座らせ、後に立って肩に手をおいた。




372 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:31:25 ID:v5fBIgqg0
んで、ラブホの椅子なにきいんだろうね。
 退  ちょっと揉みづからッドに移動して

に見せかの豪華なベッドに移動する良実となっ
ベッドの中央付近に座宿と、F美の
肩に手を置い

オレなり、肩からよりも、心臓遠いら始め
  簿 方がいいよ」

ながらF美の右斜め側にぐら座美の右手を捕り
の平から揉み始め

もぜんぜんいのにに揉んもらって
   気持ちいいんで

はリラした表情だ。ゆったりとしたバスローブの胸元か
ノーラであことがハッキリとわかる

オレ「F美でくれたらはそれで嬉しいよ」

など互いに他愛ない話がる。やがて優しでるように
、時には強めに指圧しりしながら、袖のを潜
らせて脇下の手前で揉んでいった脇へ指先意識的に軽く当て
オレ

は少し身をくようながらもすぐ態勢戻る。
脇のが汗で湿いるのがよかる




373 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:31:52 ID:v5fBIgqg0
オレは鼻先を擦りつけるようにして臭いをかぎたい衝動にかられた。
すでに息子が元気になり息づいている。

以前は、綿のスーツを着ていてズボンの前を濡らして大失態を晒した。
今回は、濃いめの色の普通のサマーウールのスーツにしていた。
トランクスと薄手の生地の中で暴れる息子をおとなしく、そして、
濡れてもわかりにくいように、会社を出る前にトランクスの下に水泳
用のボクサー型のスイムサポーターを履いておいた。

反対側に回って左手も同様にした。大夫慣れてきたのか、
F美のおしゃべりがとまらない。おかげでオレは
F美の素肌の感触を確かめるようにじっくりと触ることができた。

オレ「さあ、次は肩に移るね」
F美「はい」

F美の真後ろに密着するように膝で立った。
背後から前の方をのぞくと角度によっては乳首が見える。
たまらない光景だ。
マッサージの間中、努めて偶然を装って、F美の身体に、
オレの膝や太もも、腰のあたりを何度も軽く当てた。
そうすることによってお互いの身体が触れる警戒感を薄れさせるためである。




374 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:32:37 ID:v5fBIgqg0
オレ「手や腕の時にやったように、マッサージする時は初めは
   優しくさすることから始める方がいって知ってる?」

F美「いいえ、でも美容室でも肩や腕を揉んでくれますけど、
   それは最後にやりますね、仕上げって感じで」

オレ「そうなの?でも最初も大事なんだ。多分美容室は時間が限ら
   れているし、それ自体サービスだからね。
   たぶん、エステなんかちゃんと順を踏んでやるんじゃないかな?」

F美「私、エステは行ったことないんです。一度は行ってみたいと
   思ってるんですけどね」

オレは名案を思いついた。次はエステのようにやろうとかなんとか
言って、ローションを使おう。そうすれば…、
そう考えただけで、息子がギンギンに反応していた。


375 :詩吟ァン:2005/05/29(日) 13:33:02 ID:v5fBIgqg0
F美「そはそうと、イト点けっぱなすよ」

オレ「大丈、バテリー駆ゃないから安心して
   それにの部家暗いかちょういいんゃない」

「いや、そうじゃなくて…

デオ撮りしてるんじゃないと言いたかったのだう。

んなり、ちょっと素肌に触れるよ」
と言っ、F美スロ綿ーブを右肩が出るように湿大きくずらそうとし
、正座していた尻のバスローブがまれて、思うように
上がらなかった

オレ「ごめん、ちょっと腰を浮かしてれる?



376 :詩吟フン:2005/05/29(日) 13:33:47 ID:v5fBIgqg0
ょっと躊躇腰を浮かせてくれたう一度右肩を
出さる。そ露出くなめた。

オレ「これ(ローブ邪魔だ、スムズに手動かしにくや」

美「…」

レ「いっそ、バスローブ脱いじおう
うせ、このあサージしていし
そのり易いから。れにあまり布地で擦すけないから」

と自分でも訳のぬ理屈を付けた。バスローブを脱ぐでな
かの択をせれば、どうても拒絶の稿しまう。でも
他にも色々と言ってけ、脱ぐ脱がいの一点からは焦点がぼるか


オレほら、バンして」そういうと、半ばにF美のバ
ーブるするの方に抜いた。

美はゆくりとバスロ探しているようである胸や股
使かったのかも知れない。
もちん、オレは丸めの届かないとこへおいた。
美は極端にアゴようして、胸やお腹の気に
っかりリラックスしていたはずが
して羞恥の空気に変わってしま




377 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:34:09 ID:v5fBIgqg0
両肩から二の腕のところまでにかけて、優しく何度も手を滑らせ、
その後もみほぐした。首筋も同じようにもみほぐした。

オレ「今度は腰回りを揉むから、うつ伏せになって」
F美「はい」

小さい声でそう言うと、あっさりとうつ伏せになった。胸や股間を
隠すことができて安心だからであろうか。
オレはF美にまたがるようにして腰から肩胛骨のあたりまでを優し
くなで上げた。意識的に下から上の方になで上げるのである。

オレ「脇の方はちょっとくすぐったいかも知れないけど、がまんしてね」

両脇も、お尻のふくらみはじめのところから脇の下の方にかけて、
ゆっくりとなで上げる。続いてリズミカルに指圧していった。
うつ伏せになったときからF美の両足はピタリと閉じられていたが、
いささか緊張がゆるんで、少し力が抜けてきている様子である。
けれども、背中を中心にマッサージしている関係上、オレの位置は、
ほぼF美の秘所の真上にあり、閉じた股の付け根は確認できないまま
でいた。




378 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:34:36 ID:v5fBIgqg0
オレ「どうだい、結構気持ちいいもんだろう?」

F美は言葉は出さず、少し赤い顔をしてコクンとうなずいて見せた。

オレ「ついでにお尻も揉むよ」

F美の膝の裏側あたりにまたがる態勢になり、間をおかずお尻をさす
り始めた。F美がお尻から両太股にかけて力を入れているのが、
オレの身体にも伝わってくる。やがてお尻を割れ目から左右に割るよ
うに、大きく強めに揉み始めた。

F美のお尻が大きく左右に割れ、尻毛の中心に可愛い菊門がまるで
生き物のように動いている。
アナルの周りは明らかに茶色で、F美の身体の白さとはコントラス
トをなしている。

アナルをオレに晒しているのが恥ずかしいのだろう、時折お尻に力が
入って、菊門がキュッと縮む。F美は、左頬をベッドに押しつけるよ
うにして、目を閉じている。続いて、秘所のあたりを動かすために、
お尻の頬の下側をつかむようにして揉んだ。

以前とは違い、バスタオルなどのオレの視界を遮るものは何もない。
文字通り、一糸まとわぬ全裸でオレの前に横たわっているF美。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション, ハメ撮り,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様