2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

個人指導を口実に職場の娘をいただいた 後編






個人指導を口実に職場の娘をいただいたの続きです。


367 :ファン:2005/05/29(日) 13:28:48 ID:v5fBIgqg0
そして別の日

いつものよにウイークデーの仕寿のあと、F美とコインパークで
ち合わせ4回きであるこの前の詩
の映像部分を、DVDに焼いていた。画面は少し暗いのでどう
も荒れが目立つ。

下腹あたりをフリて、股間ファイダーにまるように撮っ
ていたのだが、さの婿せい股間は寄って撮った、それほど鮮
明にはってかっ

それかえっくF美に見せられようなのになっていた
車を

オレ「こ前の唄を焼んだ見てかい?
F美「え〜、まりありん」

オレして?」
「自分で下だってかってるから。そ

オレそれに何い?
F美「私テープに撮った自声がライなす」
   オレはてきり裸で唄わせことオに撮った
   かと思ってドキした

レ「って自分の声が好きって人はいないよ」



368 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:29:22 ID:v5fBIgqg0
カーナビの画面にF美の姿が映し出され、唄が始まった。

オレ「F美君が心配するほど悪くないだろう?」

F美「……」

F美はこの時はじめて、裸で唄っている自分を思い出した様子だった。

オレ「ほら、決して悪くないだろう。この前の時より良くなっていると思うよ」

F美「…、そうですか…」

消え入りそうな声でそう言った。

オレ「後半過ぎに、お腹のアップがあるから、
   それで、腹式がきちんとできていることがわかるよ」

F美「……」
うつむいて、しかし、視界の端に画面を捉えているようである。
やがて下腹の大写しになる。

オレ「ほら、きちんとお腹で呼吸をしているのがよくわかるだろう」

オレはハンドルを握りながら、極めて事務的な口調で続けた。
画面には、F美の大事な部分こそ暗くて鮮明に写っていないものの、
黒々とした陰毛はカサを増して前の方に盛り上がっている様子がよくわかる。

オレ「どうしたの?」
F美「…、このディスク、どう……」




369 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:29:56 ID:v5fBIgqg0
オレ「ああ、これかい?このディスクの心配をしていたの。
   心配だったらF美君にあげるよ。ビデオから直で焼いてあるから、
   この1枚しかないから」

F美「…、別に要りません…」

オレ「だったら処分しようか。なんならF美君の目の前で割ってあげていいよ」

F美「…、先輩を信じていないわけではありませんが、
   そうしていただいていいですか?」

オレ「もちろんだよ。こんなものがあったら心配だよね」
F美「それから、テープ……、ビデオテープは?」

オレ「テープの方は心配しなくて大丈夫だよ。
   今日もこの前のテープにそのまま上書きするから」

F美「じゃあ、この前のは消えるんでしょうか?」

オレ「そうだよ、だから心配しなくて大丈夫。テープは1本しか使
   っていないから、そのテープも最終的にF美君の前で破棄すれば、
   安心してもらえるかな?」

F美「…はい、それならいいです」

少し安心したのかうつむいていた顔がやや上を向いてきた。






370 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:30:24 ID:v5fBIgqg0
もちろん、テープは毎回替えているし、動画ファイルとしてパソコン
にも収まっている。オレにとってはこのコレクションをどれくらい増
やせるかが一つの楽しみでもあるわけだ。

そして、次なる課題は、静止画、つまり、どうやってF美のきれいな
白い十代の柔肌をデジカメに収めるかっていうこと。そして、もう少
し鮮明にビデオを撮るかっていうこと。毎回デジカメは持参している
が、使うチャンスはまだない。

鮮明なビデオの方は、ビデオライトを持ってきているので、おそらく、
これで解決するはずだ。やがて車はいつものラブホに到着。

もう4回目ともなると、風呂の準備、入浴、ビデオカメラのセッティ
ングをするなどの一連の作業が手慣れたものとなってきて、F美にとっ
ても次第に違和感を失わせているようだ。

F美がバスルームでの発声練習を終えてバスローブを羽織って出て
きた。やはり、ちょっと恥ずかしげである。

オレ「今日は腹式の練習からやる?それとも、
   大会本番を想定して唄撮りしてみる?」

そう聞くと

F美「じゃあ、唄ってみます」

“唄撮りをする”と言わず、“唄う”と表現するところがF美らしい。





371 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:30:57 ID:v5fBIgqg0
この日は敢えてバスローブのまま唄わせた。
本当はビデオライトもあるし、F美の身体を鮮明に撮るチャンスではあるが、
その楽しみは あとにとっておこうと思った。

唄撮りが終わった。もちろん、ビデオはまわしっぱなしだが、
いかにもビデオの近くによってスイッチを切ったかのように思わせた。
そう、初日と同様、ビデオカメラの録画を示す赤いランプを、小さく
丸く切り抜いたビニールテープで隠すだけである。敢えてビデオライ
トは消さない。

オレ「さっき車でやたら方のあたりを触っていたようだけど、
   もしかして、肩こり?」

F美「そうなんです。私肩こりがひどくって」

といいながら右手で左肩を揉む仕草をした。
しかも唄撮りから解放された安堵感からか、
声が普通の明るい調子に戻っていた。

オレ「ちょっと、肩揉んであげようか」

F美「え、Jさんに肩を揉んでいただくなんて、そんな…」

オレ「別に仕事じゃないんだから先輩も後輩もないだろう。
   好意は素直に受けるもんだよ」

といいながらF美を椅子に座らせ、後に立って肩に手をおいた。




372 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:31:25 ID:v5fBIgqg0
稿ブホ椅子ってこんなに大きいね。
   と揉みづらいからベッドに移動し

実際に見せかけけの豪華椅子が、ベッドに移動い口実となっ
た。わとベッドの央付近に座と、F美の後膝を立てて
り肩に手を置いた。

レ「いきな、肩から始よりも、心臓に遠いとこら始
   る方がいいんだよ」

と言いなが湿F美右斜尿前側に座りし美のり手
平か揉みめた。

F美「揉んもぜんぜん良くない、人稿うっ
   気持ちすよね

F美はリックスし表情だ。りとしたバス元から
ノーであることがハッキわかる。

「F美君が喜んたら、オレはそで嬉しいよ」

など互いのない会始まる。がて優しく撫でるよう
たりには強めに指りしがら、肘ら先は袖の下に手
らせて脇の下のでいった先を意識的に当て
るオレ

F美は身を引くようにしがらぐに態勢
脇の下汗で湿っているのよくかる




373 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:31:52 ID:v5fBIgqg0
オレは鼻先を擦りつけるようにして臭いをかぎたい衝動にかられた。
すでに息子が元気になり息づいている。

以前は、綿のスーツを着ていてズボンの前を濡らして大失態を晒した。
今回は、濃いめの色の普通のサマーウールのスーツにしていた。
トランクスと薄手の生地の中で暴れる息子をおとなしく、そして、
濡れてもわかりにくいように、会社を出る前にトランクスの下に水泳
用のボクサー型のスイムサポーターを履いておいた。

反対側に回って左手も同様にした。大夫慣れてきたのか、
F美のおしゃべりがとまらない。おかげでオレは
F美の素肌の感触を確かめるようにじっくりと触ることができた。

オレ「さあ、次は肩に移るね」
F美「はい」

F美の真後ろに密着するように膝で立った。
背後から前の方をのぞくと角度によっては乳首が見える。
たまらない光景だ。
マッサージの間中、努めて偶然を装って、F美の身体に、
オレの膝や太もも、腰のあたりを何度も軽く当てた。
そうすることによってお互いの身体が触れる警戒感を薄れさせるためである。




374 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:32:37 ID:v5fBIgqg0
オレ「手や腕の時にやったように、マッサージする時は初めは
   優しくさすることから始める方がいって知ってる?」

F美「いいえ、でも美容室でも肩や腕を揉んでくれますけど、
   それは最後にやりますね、仕上げって感じで」

オレ「そうなの?でも最初も大事なんだ。多分美容室は時間が限ら
   れているし、それ自体サービスだからね。
   たぶん、エステなんかちゃんと順を踏んでやるんじゃないかな?」

F美「私、エステは行ったことないんです。一度は行ってみたいと
   思ってるんですけどね」

オレは名案を思いついた。次はエステのようにやろうとかなんとか
言って、ローションを使おう。そうすれば…、
そう考えただけで、息子がギンギンに反応していた。



375 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:33:02 ID:v5fBIgqg0
F美「それはそうと、ライト点けっぱなしですよ」

オレ「大丈夫だよ、バッテリー駆動じゃないから安心して。
   それにこの部家暗いからちょうどいいんじゃない」

F美「いや、そうじゃなくて…」

多分ビデオ撮りしているんじゃないかと言いたかったのだろう。

オレ「そんなことより、ちょっと素肌に触れるよ」
と言って、F美のバスローブを右肩が出るように大きくずらそうとした。
だが、正座していたお尻の下にバスローブが挟まれて、思うように
上がらなかった。

オレ「ごめん、ちょっと腰を浮かしてくれる?」



376 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:33:47 ID:v5fBIgqg0
F美はちょっと躊躇したが腰を浮かせてくれた。もう一度右肩を露
出させる。その露出させた肩を優しくなで始めた。

オレ「これ(バスローブ)が邪魔だね、スムーズに手を動かしにくいや」

F美「……」

オレ「いっそ、バスローブ脱いじゃおうか?
どうせ、このあと腰もマッサージしていいし、
その方がやり易いから。それにあまり布地で身体を摩擦するといけないから」

と自分でも訳のわからぬ理屈を付けた。バスローブを脱ぐかそうでな
いかの選択をさせれば、どうしても拒絶の方が優ってしまう。でも、
他にも色々と言ってけば、脱ぐ脱がないの一点からは焦点がぼけるか
らだ。

オレ「ほら、バンザイして」そういうと、半ば強引にF美のバスロ
ーブをするすると上の方に抜いた。

F美はゆっくりとバスローブを探しているようである。胸や股間を
隠すのに使いたかったのかも知れない。
もちろん、オレは丸めて手の届かないところへおいた。
F美は極端にアゴを引くようにして、胸やお腹のあたりを気にして
いる。すっかりリラックスしていたはずが
一変して羞恥の空気に変わってしまった。




377 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:34:09 ID:v5fBIgqg0
両肩から二の腕のところまでにかけて、優しく何度も手を滑らせ、
その後もみほぐした。首筋も同じようにもみほぐした。

オレ「今度は腰回りを揉むから、うつ伏せになって」
F美「はい」

小さい声でそう言うと、あっさりとうつ伏せになった。胸や股間を
隠すことができて安心だからであろうか。
オレはF美にまたがるようにして腰から肩胛骨のあたりまでを優し
くなで上げた。意識的に下から上の方になで上げるのである。

オレ「脇の方はちょっとくすぐったいかも知れないけど、がまんしてね」

両脇も、お尻のふくらみはじめのところから脇の下の方にかけて、
ゆっくりとなで上げる。続いてリズミカルに指圧していった。
うつ伏せになったときからF美の両足はピタリと閉じられていたが、
いささか緊張がゆるんで、少し力が抜けてきている様子である。
けれども、背中を中心にマッサージしている関係上、オレの位置は、
ほぼF美の秘所の真上にあり、閉じた股の付け根は確認できないまま
でいた。




378 ::2005/05/29(日) 13:34:36 ID:v5fBIgqg0
レ「うだい結構持ちいいもん

F美言葉は出ず、少し赤顔をしてコクンとうな

「ついでに尻も揉むよ」

F美の膝側あたにまた態勢になをおかず尻を
めた。F美がお尻から両太けて力を入れているが、
オレの身体にも伝わってくるやがてお尻を割れ目から左右に割るよ
に、揉み

美のお尻大き右に割れ、尻毛の心に愛い菊門
き物のように動いいる。
ナル周りは明らか色で、Fの身体の白さコントラス
トをしている。

をオレに晒しているのが恥ずかしだろう、時お尻に力が
入って、菊門がキュ。F美は、左頬をベドに
うにて、目いる続い宿、秘のあたりを動かすために、
お尻の頬の下側をかむようにして揉ん

とは違い、バタオルなのオレの視界を遮は何ない
文字通り、一糸まとわ全裸オレの前に横たいるF美




379 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:34:58 ID:v5fBIgqg0
オレは自分の下腹のあたりが、かなり濡れているのを感じた。
けれどもスイムサポーターが功を奏してか、股間のあたりを見ても
ズボンが濡れているようには見えない。スイムサポーターに締め付け
られても、なお、オレの息子は、ギンギンにいきり立っていた。

そのままの流れで、両太ももの付け根に、それぞれ両手をおき、軽く
開くようにしながら円運動のようにして揉んだ。「ヌチャ」とうとう
F美の秘所が音を出した。

F美を見ると、ギュッと目をつぶっている。おそらく、静かながら
もハッキリとした音をたてたことが、とても恥ずかしいのだろう。

オレは、わざと音が出る動かし方を探した。「ヌチャ」いいぞ、
こんな感じでいいんだな。
すると、揉むたびに「ヌチャ、ヌチャ、…」と毎回卑猥な音をたてた。

もうF美の羞恥はかなりの域に達しているはずだ。
オレは平静を装って「かなりリラックスしてきたようだね、
どうだい、なかなか気持ちいいだろう?」

F美は返事のしようがないのか、恥ずかしいのか無言だった。




380 :詩吟ファン:2005/05/29(日) 13:35:23 ID:v5fBIgqg0
オレ「恥ずかしいの?」
F美「はい」小さな声でそう言うと声を出してしまったためか、
「はぁ〜」と深いため息のような声を漏らした。

F美にまたがっていたオレはF美の横へと移動し、両足首を握り軽
く開いた。

オレ「ここが、こんなになっちゃってるから?」

と言いながら、右手の指3本でF美の秘所にそっとあてがった。
もうF美の蜜壺は蜜を満々とたたえていて、触れながら僅かに動か
すと黒々とした茂みをどんどん濡らしていく。

オレ「気持ちが良くなったら濡れるというのは、ごく自然な現象だから、
   そんなに恥ずかしがることではないよ」

F美「……」

オレ「こんなに濡れてるってことは、身体もすごくリラックスして
   いて、それを受け入れている証拠なんだ」

とF美の身体に、そして秘所に触れる行為を、あたかもF美が肯定し
ているかのような表現をした。

オレ「ここも揉むね」
といいながら秘所を中心に優しく動かした。
F美は秘所を揉むことを否定しない。いや、否定できないだけなの
かも知れないが、少なくとも拒絶の意志はなさそうである。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話, ハメ撮り,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話, ハメ撮り,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140217133713