2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

女だけど留学の時にいろいろしてきたエロい実体験を語る






http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1396131278/


1 :名無しさん :2014/03/30(日)07:14:38 ID:POpb3eKvb
アメリカに1年間留学してたときのエロい体験。




2 :1 :2014/03/30(日)07:15:44 ID:POpb3eKvb
私が高3のき、アカの田舎に1年間留学した。
一学30もいい小さな学校、中と高校じ建物。

【ジェイ(高)その①】
数学の授一緒、席も隣に座ってくれめか
く親切にしてくれた。
本に興味持ってくれてたり、連絡事確認しくれたり。

来たばりで友達もかったはめっちゃ嬉くて
ものすごく頼りに

にはヘリーという超かわいい高2の彼女がいて、
よくおしべりた。
ちなみに2とも金髪碧眼。






3 :1 :2014/03/30(日)07:16:09 ID:POpb3eKvb
ある日、ジェイに「相談があるんだ」と呼び出され、
夜ヘイリーと3人でドライブに行った。
田舎なもんで、草原とか牧場しかない。
誰も来ないだろう場所に車を停め、彼らは話し始めた。

「実は、2人でのS○Xに慣れてしまって、もっと刺激が欲しい。
3Pがしたいけど、あとくされがあるのはいやだ。
君は留学生ですぐいなくなるし、かわいいし、ぜひ君と3Pしたい。」

これが理由で私に親切にしてたんだと思うと悲しくもあったが、
異国の地で頼りになる友人を失いたくない気持ちが強く、了解した。






4 :1 :2014/03/30(日)07:16:50 ID:POpb3eKvb
運転席・助手席を前に倒し、3人で後部座席に移動した。

「じゃ、まずキスして。」
と私とヘイリーを指さすジェイ。

抵抗はあったけど、期待に応えなきゃと
できるだけエロく彼女とキスした。
体をくねらせて舌をからめあって。

それを見ながらジェイは自分のものをしこりながら
二人の胸に交互に手を伸ばした。
胸を触られてびくっとなる。
嫌だったけど我慢。

次にジェイが私にキスしてきた。
鼻息も荒く、むさぼるように、胸も激しくもんできた。
シャツとブラをたくし上げられ、
あらわになる胸に唇を寄せるヘイリー。
超恥ずかしくて顔を背けた。

私は胸が弱くて、思わず「んっ…んんん…」と声が出る。








5 :1 :2014/03/30(日)07:17:09 ID:POpb3eKvb
片方ジェイくもみ、
片方ヘイリーのかわ唇と舌が乳首をころこ
ぱちゅぱ…

筋へのの舌の刺激乳首も気すぎて
がおかくなりそうだった

なめて…と服くるヘイリ
てよく見えなかった
はジェイと二人彼女の乳首を攻め

ゆっ舌を付けた、チロチロと先で刺したり
彼女下もで、ェイがぬちゃぬちゃと
ゆっく指を出し入れていた。
〜…アア…」と喘ぎもアメリヘイ

サー精神旺ジェイ愛撫も忘ず、
同時に私こを撫で刺激してくれた。
返しに、ジェイのあれをゆっく撫でた。

「ンン〜っオオ」車の中は三人の激い息ガラス
ってたカーステレオの明かりスがらぬらとれて
光っいるのが分った






6 :1 :2014/03/30(日)07:17:33 ID:POpb3eKvb
次にジェイが「ヘイリーの、舐めて」と。
脚を大きく広げるヘイリー。
やるしかない、と覚悟を決めて、
彼女のそこに唇を持って行った。パイパンだった。

ゆっくりと舌を押し付け、自分がされたら
気持ちいいだろう動きを必死でやった。
強すぎず、弱すぎず。

唾液をたっぷりと出しながら、既に濡れ濡れの筋を
何度も舐めあげ、栗とリスも皮をむかずに上から舌で刺激。
不思議な味がした。
ぴちゃぴちゃと音を立てて。
時折中に舌を差し込むと彼女の体が小さく跳ねた。

彼女はジェイと激しいキスをしながら胸をもまれ、
彼のものをしごいていた。
キスの合間にも「オ〜ゥ…ア〜っ…んふぅ〜っ…」すごい喘ぎ声。
私に向かって「気持ちいいよ…」と言ってくれて安心した。






7 :1 :2014/03/30(日)07:17:53 ID:POpb3eKvb
次にジェイが私…」と言ったので、必死でを這せた
彼は私やヘイリー液や手につけ、そそれつけた
るぬるしごいてあげた。かったけど
日本が勝と思う

んっんっ……」しゃぶりながらもれ、
ェイもを動簿し喘ぎながらでも手てなるものかと
の頭や肩を撫まわす。

「ん」急に私のこに電流の姿ようなった
ヘイーが指愛撫始めたのだ。体制的に○ニきなかった
ようで、強弱つけ加えて彼女は私のお尻ぺを
まわし始めた。
男にやれるような雑な愛撫ゃなて、本繊細で、ツボを
撫で方。

う私のは ぬるぬでぐぐち、彼女は筋を何度もで上
時折クリ○リスも押えて振動させ、どうかなってしまいそうなほ
の気持ちよさ。口の中にはあれがあるし、後ろか攻めらるし
の私はこれ以上ないどの興奮をえた。

して女のほどにゅる!とてきたには
うしゃぶってなどいられなかった。







8 :1 :2014/03/30(日)07:18:12 ID:POpb3eKvb
くちゅ…くちゅ…くちゅ…といういやらしい音の合間に
「あんっ!あんっ!あぁっ!」と思わず声が出る。

と、そこでジェイがヘイリーの後ろに移動し、私も端っこに寄った。
私はドアにもたれかかり、ヘイリーは四つん這いになって
舌と指で私のあそこを攻め始めた。

ジェイはビンビンになったそれを、しばらくヘイリーのま○こに
にゅるにゅると擦り付けてたけど、急に思い切り後ろからぶち込んだ。

「オォ〜ォウ!!」エロい叫び声を出しながらのけぞるヘイリー。
ジェイはイクのをこらえてるようで、慎重に、でも奥まで容赦なく突
き上げていた。

ヘイリーは私のを舐めてくれるけど、それどころじゃないようでその
ピストンの度によがっていた。

私も体への刺激と、目の前で繰り広げられている光景にものすごく
興奮し、自分にも突っ込んで欲しくてたまらなかった。
自分で胸を揉み、乳首をくりくりと転がして息を荒くしてた。






9 :1 :2014/03/30(日)07:18:30 ID:POpb3eKvb
するとヘイリーが移動し、ジェイが私の前までにじり寄ってきた。
いよいよやられちゃうんだ…と少し恐怖もあったけど、
もうどうでも良くなってたし、何より その太いものを入れて欲しくて
たまらなかった。。

「あああっ!」びんびんのものが、私のま○こに押し付けられ、
ひだにからまりながら上下にぬるぬると動く。
かりがくりにあたって、それだけでものすごい快感だった。
でも入れてほしくて、「ジェイ…お願い…!」と声を出した瞬間、
ずん!とあそこに衝撃がきた。
「ああああああっっ!!!」
「オォ〜ゥ…」

ジェイのはやっぱり大きいみたいで、すごい圧迫感。
奥までぎっちぎちで、私も気持ち良さで相当締め付けていたと思う。
ヘイリーは息をのんで、ジェイの体を撫でながら横から結合部をじっ
と覗きこんでた。

「超キツイ…気持ちいいよ」と言いながら、彼が唇を重ねる。

何も考えられなくて、本能に任せるまま私も舌を激しくからめながら
めちゃくちゃに腰を動かし始めた。

でもすぐに彼が「オゥガッード!」と抜いた。






10 :1 :2014/03/30(日)07:18:45 ID:POpb3eKvb
イクときはヘイリーと約束のか
急いでヘイリーを押し倒、ものすごい高速ピストン。
う2人とも動物みたいに乱れてんでたけど、
一際大叫ぶジェイはを彼女のこに
ぐっっとおしつけたまま、うやらイッたみいだった。

の日はこれで終り。で送ってもらて、
ろうね♡」てれた。

メリカって高校もこんエロいことするだ…と
もんもんとしてなか眠れなかった笑






11 :1 :2014/03/30(日)07:19:03 ID:POpb3eKvb
【ジェイその②】

二回目は映画館でだった。スカート穿いてきてとの指定があった。
その映画館には二階席もあり、そこはテーブルとかがある席。
でもほとんどの人は一階席で見る。
うちら三人は二階席に陣取り、映画が始まるのを待った。
ヘイリーが真ん中。
一階席には他の友達とかもいて、すごく緊張した。

映画が始まると、またジェイが「2人キスして…」と
ささやき私とヘイリーを指さす。
音をたてないように、ゆっくりと唇を重ね、お互いの舌をなめ合う。
ジェイは自分のものをしこってた。

この日はお互いキスしたり、胸もんだりパンツをずらして手マンしたりして終了。
さすがに映画館だし激しいことはできなかった。
ばれたらどうしようっていうスリルが彼らには良かったらしいけど、
私は怖くて早く終わりたかった。








12 :1 :2014/03/30(日)07:19:19 ID:POpb3eKvb
【ジェイその③】

先述の初めての行為の後、学校で顔を合わせるのも初めは気まずかっ
たけど、彼らは何もなかったかのように振る舞ってたので
私もそうした。

でも、ジェイは数学の時間(10名しかいない少人数で、場所は化学室
みたいなとこ。2人で一つの大きな机で、うちらは一番後ろに座って
た)に、私に脚をからめてすりすりしたり、机の下で太ももを撫でた
りしてきた。

太ももの内側を撫でるとき、指が敏感なところに触れるか触れないか
のぎりぎりなラインで、私はとても授業どころじゃなかった。
直接は触られないのに、毎回ぬれぬれで大変だった…。

手を彼の股間に持ってかれたりもしたけど、どうしていいのか分からずに
ただぎこちなく撫でるだけだった。

ある日「こういうことしてるのはヘイリーには内緒だよ」と彼は言った。

でも私は、彼女に後ろめたいようなことはしたくなかったので、
次の日から授業中はあまり彼に近づいて座らないようにし(隣だった
けど)、彼が手を伸ばしてきてもそっとその手を摑まえて彼のひざに
戻す、を繰り返した。







14 :1 :2014/03/30(日)07:19:33 ID:POpb3eKvb
放課後はたまにジェイにうちまで車で送ってもらってたんだけど、
そのときはたいてい彼の小学生の弟も一緒だった。

ある日もそのように送ってもらってる車の中で、私が「最近うちのパ
ソコンの調子がおかしい」と言ったところ、彼が「じゃあ自分が見て
あげるよ!」と。

私はまずいかな〜と思いながら、「でも弟くん退屈しちゃうかもしれ
ないし、時間かかるかもしれないからいいよ」と断るけど、「いいっ
ていいって!大丈夫!自分パソコン得意だから!」と食い下がる。

うちにつくと、ホストマムの車があったので安心して、弟君もいるか
ら大丈夫かな、とお願いすることにした。

車を降りながら弟君も…と言おうとすると、「弟は車で待っとけ!」
と足早に玄関に向かう彼。

家に入ると、予想に反してマムはいなかった。(友達と出かけてた)あ
りゃ〜と思ったけど、ジェイもほんとに親切心で見てくれるんだと信
じて、二階の部屋に上がった。一通りパソコンを見た後、彼はなんだ
かんだと難しい説明をしてた。






16 :1 :2014/03/30(日)07:20:07 ID:POpb3eKvb
よく分からんかったからとりあえず、「そっか、ありがとうね!じゃ
あ行こっか!」て言った瞬間彼に抱きすくめられ、激しくキスされた。

びっくりして、「ダメだよ!」って言ったら「ずっと君と二人っきり
でやりたかった…」と体中をまさぐられ、突き放そうにもすごい力で、
舌をからめられながら胸を揉まれ、パンツの中に手を入れられた。

「んん〜っ!やめて!」
「止められないよ…お願い…お願い…」

後ろを向かされて、手をつかされ机に押し付けられた。

私にのしかかりながら荒い息で、片手でがちゃがちゃと自分のズボン
を下ろしたあと、後ろから手を回して私のズボンも下ろす。固いもの
があそこに押し付けられた。

濡れてもないのに後ろからぎゅっぎゅっと無理やり入れようとしてきて、
とても痛かった。
「痛い!」というと「ごめん…ごめん…」と、自分の唾をつけまたね
じ込もうとし、それを何回か繰り返してぐぐぐっと入ってきた。






17 :1 :2014/03/30(日)07:20:27 ID:POpb3eKvb
もの感で思わずうめき声を出してしまう。湿
このにはも…としか思ってなかった。
あああ…気持ちいい婿すごくい…
そういながらに激しく腰動かし
私は机突っしながら、涙を流してた。

ストするたびに全体がに押しられる。

ぱんぱんという音が響き、私もこの刺激に濡れ
ピスりスムズに早くって

のあがさらに固、数回全力で奥まで突き上げた後
彼は果て

「気持ち良たよ…○○(私)…」そう言っ上げてキス
とし、そこ泣いてることに初め気づいたみたい。
中も軽く咽は上げてたんだけど、たと思だろうね。






18 :1 :2014/03/30(日)07:20:38 ID:POpb3eKvb
ジェイはびっくりして、「ごめん!本当にごめん!」と言いながら
ズボンを上げて慌てて出て行った。

私はベッドに倒れこんで、しばらく放心状態。ズボンをはこうとして、
ボタンが壊れて外れかけてるのに気付いた。ジーンズの鉄のボタン壊す
なんてどんだけだよ。

次の日学校で謝られたけど、自分がどういう反応したかあんま覚えてない。
徐々に何もなかったかのように振る舞えるようになってた。
3Pのお誘いもなく、しばらくは普通に過ごしてた。






19 :1 :2014/03/30(日)07:20:50 ID:POpb3eKvb
【ジェイその④】

ある日ジェイから、ヘイリーのことで相談がある、と夜ドライブに誘われた。
もうやられちゃってるからまたやられてもいいか、て気持ちで行った。
走りながら話を聞いてみると、どうやらジェイはヘイリーにフラれたらしい。
中学の時から何年も付き合ってたのに。

あのことがばれたのかな?とも思ったけど、違うらしく、彼女が地域
の交流宿泊イベントで出会った他の学校の男のことが好きになり、
その人と付き合うためにジェイはフラれたと。

で、どうやら今夜その彼とデートらしく、ジェイは一人になりたくな
いから私を誘ったらしい。だいぶ落ち込んでた。

ちなみに3Pのお誘いがなかったのは、ヘイリーは私に挿入してよがっ
てる彼をみてものすごく嫉妬したからだそうだ。








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:女性視点, ちょっといい話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:女性視点, ちょっといい話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140420203412