2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

会社勤めしている既婚女性の3割は浮気経験者らしいが、妻もその1人だった







193 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 12:49:21.30 ID:szGAYbd/j
海外支店への転勤の内示をうけたら、妻の浮気が発覚したというよくある話しなんですが。

5年も前のことなんで独り語りになるかな。




194 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 14:58:24.64 ID:szGAYbd/j
会社勤めしている既婚女性の3割は浮気経験者らしいが、妻もその1人だった。


登場人物は次の4人になる。(かなりフェイクあり)

僕:32才。製造系企業の技術者(国内需要が少ないので海外出張が多い)

妻:29才。大手商社系の営業

男:37才。ジェネコンの購買スタッフ(課長クラス)

弁護士:40過ぎの女性。(妻と男の代理人)





195 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 15:16:00.52 ID:szGAYbd/j
半年に及ぶ海外出張から帰ると、部長から今度は海外支店への転勤内示を受けた。

期間は3年を目途と言われた。

妻も一度は その国で生活してみたいと言っていたことを思い出しながら、喜んで内示を受けた。

1ヶ月後に赴任だ。

今までは海外出張だったが今回は転勤だ。

海外の生活は楽しい。うきうきした気分だった。


その日の夜、妻に話をした。

飛び上がって喜ぶかと思ったら、自分も仕事もあるので一緒に行けるかどうか、ちょっと待って欲しいという。






196 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 15:22:03.88 ID:szGAYbd/j
その翌日のこと。

仕事中に妻からメールがあり、マンション近くのレストランで待ち合わせすることになった。

行くと妻の他に会ったことのない男が一緒だった。

男は僕よりも少しばかり年上でしかも身なりが良く上品で落ち着きが感じられた。

優良企業に勤めている会社員のようだ。何事かと思った。

自己紹介された。

優良企業はその通りだった。

妻が担当するお客さんに当たるという。




197 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 15:37:40.46 ID:szGAYbd/j
仕事上のトラブルかと思い、妻に向かって、どうした?と聞くと、男が割り込んできた。

非常に丁寧な口調で、今日は彼女に無理に頼み込んで同行させてもらったとまず言い、申し訳ないが奥さんと別れて欲しいと切り出された。

全責任は自分にあると。

男は続けて、半年ほど前からの付き合っている。

自分は37才独身でこれからの人生、彼女無しでは考えられない。

彼女とは仕事上の付き合いしかなかったが、半年ほど前、あまりにも寂しそうに見えたので、既婚者と知りながら誘ってしまったと。

あなたが海外出張に出た頃でしたと言う。


そしてある時一線を越えたと。

ま、まさか。展開が速くて付いていけない。

本当か、と彼女に目を向けると俯いたまま、小さな声で本当ですと言い、両手で顔を覆った。

すぐ気がついたが、彼女は指輪をしていなかった。

僕は、思わず自分の左手の指輪を見てしまった。




198 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 15:42:44.29 ID:szGAYbd/j
妻とは、駅の近くのテニスクラブで知り合った。

たまたまダブルスのペアとして組んだのが始まりだった。


2人とも学生時代は体育会系クラブに所属していたので、最強のコンビだった。

彼女は一般的な美人とは言えないが、頬が少し出た個性的な美人と言える。

日焼けし健康で若さに溢れていた。

お互いが引き合ってることは分かるし、半年後に結婚を申し込んだ。

以来、5年を経過した。

僕の友人たちは、お前にはもったいない、と羨ましがった妻だ。子供はまだいない。




199 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 16:39:25.73 ID:szGAYbd/j
男から別れて欲しいと言われた時、僕は本当かどうか、まだ半信半疑だったと思う。

妻と2人だけで話したいから、男に帰って欲しいと言うと、妻に向かって外で待ってるという。


僕は、多分、男女問題には鈍いのだが、この時初めてようやく2人の話しに追いついた。

いや、僕が妻を連れて帰るから待つ必要はないと。男は困った様子で妻のほうを見た。

妻は男と目で会話している。


あなたは妻と別れて欲しいという。

僕はとても話に着いて行けないし、このまま信じられると思いますか?

何があったのか、妻と2人で話するしかないでしょう?

その通りだけど・・・奥さんがどう思うか?(実際は彼女の名前を言った)

僕が妻を連れて帰っては悪いのですか?僕が暴力でも振るうとでも?

いや、そうは思わないが・・・

それじゃ、あなたが連れて帰るつもり?


そこで妻が、今日は姉の家に行きますと口を挟んだ。小さい声だった。

多分、初めからストーリーは出来ていたことに気づき、これ以上話を続ける気力を失った。

僕は妻に向かって、今の僕は、多分、冷静に会話が出来ない。

今日はこれ以上の話し合いは難しいと思う。別の日に話をしたいと言い、立ち上がった。


自分でも冷静さを保っているのが不思議なくらいだった。

実際は動転していたのに。





200 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 20:57:36.14 ID:szGAYbd/j
浮気の原因を作ったのは僕だろう。

この1年、仕事にかまけて妻を放置した結果だ。

妻も悪いが僕も悪いに違いない。


2人で話をしたいと言いながら、何を言えば良いのか?謝るしかないと思っていた。

しかし、指輪をしていない妻を思い出すと、暗澹たる気持ちにならざるを得ない。

このままだと、紳士然としたあの男に妻を取られてしまう?どうして良いか分からない。

僕は妻との会話を避け、ずるずると2人で会うことを先に延ばしてしまった。


数日後の夜遅く、妻から電話があった。僕からの連絡を待っていたという。

ここ数日、帰宅しない妻に対する憤りと、電話してきた安心感とがない混ぜとなった。

僕は声を聞いて思わず元気かと問い、連絡しなかったこを詫び、ゴメンと謝っていた。

どこに泊まっているのかと聞くと、当分、姉の家にやっかいになると言う。

僕は すぐにも会いたかったが、今の僕はどうして良いか分らないと正直に言い、もう少し時間が欲しいと応えた。





201 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 21:02:45.37 ID:szGAYbd/j
海外赴任まで2週間。

妻も男からも何回か連絡があり焦っているようだった。

別れざるを得ないのか?いや、そもそも別れないという選択はあるのか?

妻の気持ちを確かめるしかないのだが。。。



或る夜、2人の代理人だという弁護士から電話が入った。

優しそうな女性の声だったが、突然、第3者が登場したので驚いてしまった。

当事者同士での話し合いはうまく行かない場合が多いので、弁護士に仲介を頼むこともあるとの説明だった。

弁護士事務所の方が静かに話せるので如何でしょうかという。


妻は帰って来ないし、いつまでも放置できないことも事実だった。

僕も追い込まれていた。

妻と2人だけで話せるのなら行きますよと応えざるを得なかった。


夕方、仕事を切り上げ心の整理がつかないまま出かけた。

どんな結果が待っているか不安だったが、もうどうでも良いという投げやりな気持ちもあった。

僕を迎えたのは40過ぎと思われる女性の弁護士だった。

男も来ているが、まずは彼女と2人だけで話して欲しいと言われた。

そして、穏やかにと付け加えた。




202 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 23:11:55.43 ID:szGAYbd/j
応接室に入ってきた彼女はやせ細ったように見え、打ちひしがれたような表情に僕は震えた。

一体、何があった?どうしたんだとの僕の問いかけに、彼女は、僕に目を避けるようにして、

ゴメンなさい。あなたに会うのが怖かった。あなたと会うことを考えると眠れなかったと。もう自分では何も考えられない。早く楽になりたいという。


僕は不憫さがこみ上げてきた。

とっさに僕の口から出たのは、僕を許して欲しいだった。

君の笑顔を見たい。この気持ちは結婚して以来変わらないと言ってしまった。

浮気なんかどうでもいい。気にしていない。お互いに許しあえば、必ず立ち直れる。




203 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/22(月) 23:17:45.68 ID:szGAYbd/j
妻は、まじまじと僕を見つめ、私にはそれは許されない。別れるしかないという。

私は、恥ずかしくってあなたの顔をまともに見ることすら出来ない。

彼の執拗さに負けたのか、自分が望んだのか分からない。

このままではあなたには会う勇気がなかった。

一線を越えてからは、家に帰るのが怖かった。

部屋に入るとあなたの存在を感じて怖かった。

それなのにズルズルと彼と付き合ってしまった。

私は許されないことをしてしまった。

別れて欲しいというより、お願いだから私を切り捨てて欲しい。



君を苦しめたくはないが僕は別れる気持ちは全くない。

僕を嫌いになったのか?別れたいのか?



あなたを嫌いになったわけではない。

何故、彼とこんな関係になったのかを考えていた。

初めは、お互いに同じ作家が好きなことが分り、本の内容を話すうちに親近感を持った。

彼は あなたとは違う魅力があり、自分にとっては初めての大人の男性だった。

彼といると気持ちが安らいだ。

私は彼に期待を持たせてしまった。

彼は一緒になろうと言う。



僕よりもあの男が好きなのかと聞くと、自分でも分からないと。声は小さい。

今、あなたと話していても混乱しているという。

いや、本当にあの男と一緒になりたいのか、君はあの男に引きずられていないか?

君を見ていると僕も混乱してしまう。





205 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/23(火) 08:59:30.64 ID:eIdvUlSY9
この1年、僕は仕事に追われてしまった。君のことを考える余裕がなかった。本当に申し訳ない。

確かに僕は、あの男と違って子供ぽいところがあるかも知れない。

君に対する気配りも不足だったと思う。

5年経って、君との生活に慣れ親しんでしまった。

5年前の君に初めて会った頃のドキドキするような感覚を失ってしまったが、あの頃を思い出す度に

本当に幸せな気持ちになる。君を失うのには耐えられない。


僕が今の仕事を辞めれば良いのかと聞くと、

そうではない。それが理由でもないという。



私は、自分が浮気するとか不倫に陥るとか考えたこともなかった。それなのにしてしまった。

彼と関係を持った理由は、多分に私自身にあり、それが何なのかはあいまいで今もって分らない。

私は浮気性の女とは自分では思っていなかったが・・・彼の誘いに乗ってしまった。こんな女だという。



僕は、浮気とか不倫に陥った理由は聞きたくなかった。

どんな理由であれ妻が自分の意志であの男とSexしたことに変わりなく、それを僕がどのように受けとめるかだけだからだ。

彼女が他の男とSexしただけで、別れる必要があるのか???





206 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/23(火) 09:04:57.52 ID:eIdvUlSY9
この1週間、君が幸せになるなら別れたっていいという考えに悩まされた。

あの男が本当に君を愛しており、君もまたあの男との生活を心から願っているのなら、潔く身を引いても良いと本当に思っていた。

こう考えるのは非常に苦しかった。だから連絡できなかった。

君は、自分の責任意識から別れたいと思っているに違いない。

それなら話は違ってくる。

責任は僕にもあり、お互いに許し合う問題だ。

必ず幸せにするとは言えないが、僕は最大の努力をするつもりだ。2人で幸せな家庭を作る。約束する。

もう一度、自分で考え直して欲しい。あの男と別れて欲しい。

何回か同じ言葉を繰り返したが、妻はそれに応えることもなく力なく首を横に振っていた。

早く楽になりたいという妻を見て、僕が時間を必要としていると以上に妻も時間が必要だと感じた。





207 :名無しさんといつまでも一緒:2014/12/23(火) 09:42:33.02 ID:eIdvUlSY9
弁護士に、僕の本心は元の生活に戻ることであり、僕の過ちの許しを得たいと伝えると、あなたは何の責任もない。貴方が悪いとは誰も言っていない。

夫の仕事が忙しいことが不貞の理由にはならないという。


しかし、代理人の書類を示しながら、彼女は別れたいと言い、あなたは別れたくないという。

彼女があなたの元に戻った時、彼女が受けるストレスをあなたは想像できていない。

彼女の不貞行為はあなたに大きな傷を負わせたはずだ。

これが原因で離婚する場合、示談で済ませる、浮気の代償としてお金で解決するケースが多いのですという。


話し合いがうまく行かない場合、妻側が裁判所に離婚調停を申し出ることも出来る。

しかし、あなたが反対すると調停は成立しない。強制力が無いからですと。


最後に裁判に訴える手段もあるが、今回は妻側に責任があり裁判に持ち込むことは出来ないのですという。

確かにあの男は、償いは何でもすると言っていた。それは慰謝料を払うという意味だったのだ。


妻を見ていると、精神状態は非常に危なっかしい。そのために早く決着しないといけない。

弁護士に対して、この1年ぐらいの間、妻の気持ちも知らずに仕事にかまけてしまった。

彼女は僕の心を見失ったんじゃないか。だから彼女だけが悪いわけではない。

今の僕は、彼女のためなら何でも出来る。浮気だろうが不倫だろうが、僕にとっては大したことはない。

仕事だって辞める覚悟がある。話し合いを続け許しを得たい。

妻は、多分、自分の過ちを引きずって元に戻ることは難しいと考えるに違いない。

誰だって過去は存在する。僕と再婚すると思えばいい、と必ず伝えて欲しい。






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20170428182313