2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

自分でも信じられないぐらいの今までで一番最高のHだった







229 :TC少女(01):03/06/14 01:14 ID:C4meKoeL
あれは8年位前。まだ携帯電話をほとんどの人がもっていなくてポケベルが主流のころのこと。

携帯なんて誰も持っていないから、出会い系のサイトとかなくて、テレクラや伝言ダイアルが全盛期だった。

その頃俺は25歳でやはりテレクラにはまっていた。誰にも言えない趣味だった。

一応2年ぐらい付き合っている彼女はいて、付き合い初めの頃の休みの日はほとんどいっしょに行動していたが、2年も経つとたまには他の女の子ともHしてみたいと思うようになっていた。

そんなときに友達にテレクラは楽しいと教えられて暇つぶし程度だったが、徐々にはまり込んでいくようになっていた。


ただ、彼女の監視もあるのでおおっぴらにはテレクラにも行けなかった。

すごく彼女がうざかったが、特に別れようという気はなかった。

彼女が予定があるときや、俺がうその予定を作った休日は少ない給料をかき集め朝から晩までテレクラに入り浸った。

最初は週刊誌の記事にあるような、絶世の美女(想像のなかではアイドル)との1日限りのめくるめくHを期待していたのだ。




230 :TC少女(02):03/06/14 01:17 ID:C4meKoeL
月に1回から2回ペースで1年くらいテレクラに通い続けていたが、現実でH出来るのは援助交際でおばちゃんか、シンナーをやってそうな女がほとんどだった。

テレクラに行く日は朝早から夜中まで悶々としながら一時間に一回なるかならないかの電話を待っていた。

必ず夜中には来ないで彼女と遊んでやればよかったと後悔しながら家に帰っていた。

しょっちゅううテレクラ遊びはもうやめようとも思うのだが、何日か経つと無性に新しい出会いを求め、淡い期待に胸が張り裂けそうになるのでまたテレクラに来てしまっていた。

今でも変わらないが俺は本当に本能に流されながら生きている男だった。あほだった。


その日も、俺はいつものように彼女に仕事だとうそをついて朝からテレクラに入り浸った。季節は秋で、朝は少し肌寒いが天気のよい日だった。

朝から電話とにらめっこして、昼になったので近くのコンビニに弁当を買いに外へ出た。





231 :TC少女(03):03/06/14 01:18 ID:C4meKoeL
外はテレクラに引きこもっていた俺には嫌になるぐらい、すがすがしい陽気だった。

肌を心地よいくらいの気持ちいい風が吹き、空は雲ひとつない晴天だったが、それが逆に俺を虚しくさせた。

こんな日にテレクラに入り浸って俺はなにしているんだろうと暗く狭い個室で弁当を胃袋に突っ込みながら落ち込んでいた。

それから2時間ぐらい過ぎたころ、一本の電話がはいった。

そのとき俺はむなしさからあまりHしたいという気分ではなかったが、いつものように受話器を取った。

「もしもし初めまして。」

「もしもしお兄さんいくつなの?」

声は明らかに10台か20台前半のかわいい声だった。

「俺は25だよ。君はいくつ?今日なにしてるの?」

ととりあえず話を切り出した。

テレクラに興味本位で電話してきた子なんだろうと思いながら暇つぶしのつもりでいた。




232 :TC少女(04):03/06/14 01:18 ID:C4meKoeL
「そっちはいくつなの?結構声かわいいから若いでしょう?もしかして高校生とか?」

たしかに声はかわいくて若そうな感じだった。若い女の子と話すのはとても萌えるので楽しい。

そうゆうときは逆にこっちから高校生でしょ?と聞く。たとえ高校生じゃなくても女の子は悪い気はしないようだ。

お話が目的の女の子っぽそうだから、うそでもいいから高校生と言って欲しい。

「えーと、18、声で分かるんだ?凄いね。」

基本的にロリコンな俺は若い!ラッキーと思いながら、少しテンションがあがってきた。

「名前は?」

「マリだよー」

電話の向こう側のかわいい声にさっきまでの虚しさが徐々に薄れていき、俺は電話に没頭していた。






233 :TC少女(05):03/06/14 01:19 ID:C4meKoeL
高校生とHな話をしたりするのはかなり興奮する。

だいたいこんなタイプの子の場合、エロ話をしていつか会おうねと言って絶対会わないパターンだ。

「友達のうちで遊んでるの。」と電話の向こうのマリは言った。

やはり友達と冗談半分・興味本位で電話をしてきただけなのだろう。

友達と一緒の時は話が盛り上がってきたところで勝手に相手がわいわい騒ぎだし、いきなり切られるパターンが

多い。なるべく電話を切られないように、やさしく話しを進める。

「友達はとなりにいるの?」

「ううん、今買い物に行ってる。今一人なの」

高校生にいきなりHな話をすると切られることが多いので、いつものように遠まわしにエロ話に持ち込もうと思った。

「そうなんだ。友達の家から電話して友達平気なの?」

「うん、友達が楽しいから電話してみなっていうから。友達がここの番号教えてくれたの。」

「どんなことが楽しいんだろう?」

「友達ここで援助してるんだけど、いろんな人とHが出来てお小遣いもらえて楽しいって。」



234 :TC少女(06):03/06/14 01:20 ID:C4meKoeL
逆に女ほうからHな話をしてきた。いっぱいエロ話しようと思う。

大体が、自分からH話をして、出会いを求める子は、ほとんどが、援助を頻繁にやっている不健康そうな不良女が多い。

化粧も濃くて妙に露出して髪は限りなく黄色に近い茶色という感じだ。

しかし合う気が無ければ顔が見えないから声だけ可愛ければ関係ない。

それからいろいろテレクラはどうゆうところかとか聞かれた。

「お兄さんの仕事はなあに?」

「一応サラリーマンかな」

「よく、来るの?」

「そうだねー。ときどき来ては暇つぶししてるかな。」

「会ったことはあるの?」

「もちろん。」

「Hした?」

「当然!」

俺はまだテレクラ2、3人としかHしたこと無かったが、10人の女の人と出合ってHしたと話を大きくして教えてあげた。





235 :TC少女(07):03/06/14 01:20 ID:C4meKoeL
「わーすごーい、おにいさんいっぱい遊んでるんだね。」

少しずつHな話には進んで来たが、かなり純情そうな受け答えである為、マリからエロさが伝わってこなかった。

それでもマリはほんとうに素直な子で、俺の質問には言葉を詰まらせながらもまじめに答えていた。

友達と話している感覚なんだけど俺を年上として認めている話し方ですごい俺も気分がいい。

話せば話すほど援助なんかするような子じゃなさそうに思えてきた。

「マリちゃんもテレクラで出会ってHしたことある?」

「だから、私は今日始めて電話したの。緊張してるんだよー」

「そうかー、テレクラ初体験かー、いい出会いがあるといいよね。」

「うん、そうだねー」

18だからという訳ではなくて、なんというか話し方や雰囲気ががかわいい。まじめな明るい女子高生のようで俺の想像を掻き立てた。



236 :TC少女(08):03/06/14 01:21 ID:C4meKoeL
「そうなんだ、マリちゃんいろんな人とHしたいんだ?Hだねー。どんなHが好きなの?」

「どんなHって言われてもあまりしたこと無いから分かんないよー。普通のかなー」

「マリちゃんは今まで何人ぐらいのおちんちん見たことある?」

「はははは、おもしろーい。いきなり聞くなんて。」

女の子に話が受けるのは気分がいい。しかもあまり遊んでなさそうな雰囲気がしてきた。マリは些細なことでもよく笑った。

「そうかな。普通聞くでしょう?で何人?10人ぐらい?」

「うーん、まだ1人...」

「1人かー。相手は?先生?」

「先生とはしないよー。彼氏だよ。」

「彼氏いるのにこんなとこ電話して浮気じゃん、大丈夫?」

「あっちも何してるか分からないからいいの!」


俺もそのあとHな質問をかなりハイテンションで聞いた。

マリは夏休みに同級生の彼氏と初体験を済ませたばかりで、それからはときどきHをしているそうだ。

ただ、彼氏ではあるが一途になるほど好きではないと言っていた。

友達も彼氏がいるし、嫌いではないのでとりあえず付き合っているという感じと言っていた。



237 :TC少女(09):03/06/14 01:23 ID:C4meKoeL
「いいなー、彼氏!マリちゃんかわいい感じがするからうらやましいよー。今度Hさせてよねー。」

とまったく期待などせずに流れでこう話した。

「うーん、いいよ。」と言ってくる。

本当に期待していなかったので、電話越しならなんでも言えるからなと思いながら、

「初めて会う人としてもいいんだ?じゃあ、いつでもいいから連絡してよ。いっぱい大人のHを教えてあげるから。」

と意地悪なこと言った。すると、

「うん、今からは?」と聞いてくる。

「ふーん、Hしたくなってきたんだ?電話でしたいの?」

会うことは無いと思っていたので、テレフォンセックスでも出来れば十分かなと思っていた。

「ううん、違くて...」

なんか少し話がかみ合わなくなってきたなと思いながら、楽しいから相手をしていた。

「Hとかに興味あるんでしょう?テレフォンセックスがしたいの?」

「そうじゃなくて、、、」

なんか、言葉が詰まってきてる。





238 :TC少女(10):03/06/14 01:24 ID:C4meKoeL
そのとき俺は本当に電話だけの目的の女の子だと思っていたので、最初その先が検討がつかなかった。

マリはもじもじしながら、

「援助なんだけどー。。。」

そう言われてようやく話が伝わった気がした。かなり鈍い男だと思われたかもしれない。

「え、ほんと?でも友達と遊んでるんでしょう?」と意外だったので聞き直してしまった。

「うん、でも友達が今時援助ぐらい普通だよって。おこずかいももらえるし、いろんなHが出来て楽しいってって言うから。。。」

俺は援助は普通じゃないだろとか思いながら、

「あー、そうなんだ。いくらで」と本当に会えるならと是非お願いしたいと思い交渉を進めた。

「高校生なんだから最低でも2万はもらいなよ。って友達に言われた。」

俺は高校生で2万は安いんじゃないのかなと思いながらも、下手に安いねと言ってしまうと値があがりそうなので、いいよと返事をした。

マリはそのときからかなり緊張してきたような話し方に変わってきた。少し声が震えている感じに聞こえる。







239 :TC少女(11):03/06/14 01:26 ID:C4meKoeL
まだ着こなせてない。無理して大人の真似をしているという服装だった。

茶髪と言ってもほとんど黒で、よくみるとほんのり染めているという感じ。

髪が軽く感じられるぐらいのいやみのない髪の色だった。

はっきり言って高校生ならではの若さが自然にあふれていて、まだなににも染まっていない純情な子という感じ。

幼さが抜けきっていない若さでも、徐々に色気も出て来るぞと期待させるような感じの子だった。

そのとき俺はこの子が援助の電話をしてくる子だなんて信じられなかった。

「ちょっと待っててね。」と言ってマリは近くに自転車に止めてきた。

俺は少し緊張して返事もろくに出来なかった。

「友達がもう少し先に安いホテルがあるからって言ってからそこに行く?休憩で3000円ぐらいなんだって。」

そう言われて俺たちは歩き出した。



240 :TC少女(12):03/06/14 01:26 ID:C4meKoeL
マリは歩きながらも豹柄のミニをしきりに気にしているようで、ときどき両手で太ももを隠す為に下に引っ張っていた。

あまり効果はなく、細く夏に薄茶色に日焼けした健康的な太ももはバッチリ見えていた。

表面はすべすべして張りがありついずっと眺めていたくなるほどだった。

すでに3時を過ぎていたので少し空気が冷たくなっていた。歩きながらもこの子とのHは想像できなかった。

「よかった。普通の人で」

「そう、俺って普通に見えるかな?普通の人なら、テレクラには来ないんじゃない?」

「そうかー」ころころ笑う。

「結構かわいいじゃん。」

「そうかなー、私デブだし...」

マリは消してデブではなかった。顔はどちらかと言えば丸顔だが可愛くて丁度いいぐらい。



241 :TC少女(13):03/06/14 01:27 ID:C4meKoeL
スタイルもどちらかと言えば普通より少し細い感じがする。

ただ痩せすぎといい感じではなくほどよくお肉がついていて抱きしめると気持ちよさそうな感じがする子だった。

マリは丸顔と、女性特有の柔らかい肉付きを太っていると思っているようだった。

「ぜんぜん、太ってないよ。もう少し太ったほうがいいくらいじゃない。男は少しぽっちゃりしている子の方が好きなんだよ。」

「えー、でもー、オナカとかすごいお肉だよ。」

確かに柔らかそうなオナカだったがそれほど肉があるようにも思えない。

「そんな感じが男からしてみたら堪らなくいいんだよ。痩せたらもったいないよ。」

「そうなのー?」





242 :TC少女(14):03/06/14 01:27 ID:C4meKoeL
「18って言えば高3だよね。ばれないようにホテル入ろうね。」

「私電話で18って言ったじゃん?」

「うん、18じゃないの?」

「実は、、、16なんだー」

「うわー、やっぱりまじでー。そんな感じがしたよ。」

「うそー、やっぱ分かっちゃうかな?18とかに見えない?」

俺はやっぱりなと思った。この16才とHしたら犯罪だたと思ったが、止める気はなかった。

「うん、全然見えないよ。これから綺麗な大人になるって感じ。かなりロリ入ってる俺はラッキーだけどね。」

「いやだー。お兄さんロリコンなんだ?やばいよー」

「そうかなー、でも本能だからしょうがないじゃん。」

とか言いながらホテルに入った。マリの笑顔はすごい可愛くてなおさらHを想像させなかった。



244 :TC少女(15):03/06/14 01:28 ID:C4meKoeL
部屋に入ると、緊張を隠すようにマリは、はしゃいでいるようだった。

見ていてほほえましくなる。なんかお兄さんにでもなったようで、守ってあげたくなるようだ。

「うわー、こんななんだー。初めて入るー。」

「彼氏と来たことないの。」

「彼はお金もってないもん。いつもどっちかのうちでしてるし。」

「学校とかではしないの?」

「うーん。最後まではしたことないかなあー」


そして俺は冷静な大人を見せる為にすぐに裸にならずに少し話をすることにした。

なんで、援交しそうな子には見えないのにこうゆう事してるの?とか聞いた。

マリは友達に今時援助してこずかいもらうのなんて、みんなやっていることだよと言われ、自分もやることに決めたらしい。

友達に子供扱いされて勢いで援助をすることにしたらしい。




245 :TC少女(16):03/06/14 01:29 ID:C4meKoeL
こんなまじめな子に援助を進めるなんてそいつはどんなに悪いやつだと思いながらも、ひそかに感謝していた。

ただ、そんな友達とは付き合わないようにして欲しいとも思った。

本能と理性がぐるぐる渦巻いていたような気がする。徐々に理性が大脳の片隅に追いやられている感じだった。


そのうち、援助で子供だけは作らないようにしなよとか言っていたら、不意に病院の話題になっていった。

病院の話になった途端、まりは今までの笑顔が急に曇りだし、俺に対して本当に援助をしてしまった理由を語りだした。

「病院なんて信用できない....私は絶対病院に行かない...」


この一言で私はいままでとマリが雰囲気が違うことを感じた。

口調は悔しさ、ぶつけようのない怒りを抑えるように静かなものだった。

別に理由を聞いて欲しくて言っているわけではなく、偶然病院の話になってしまったことにより、

抑えきれないい感情が自然に口をついて出たようだった。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:アノ体験談,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:アノ体験談,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20170618171948