2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

深夜バイトから直接彼女の部屋に行ったら





542 名前: 542 投稿日: 02/07/28 00:42 ID:5iwp9W69
が大学生だったころ、ゆきう娘と合っていた。

サークルでって大学生にがちなコンパで酔った勢いで付き合っパタンだった

ものすごい好きだというわけではな、でもななく愛着のある彼女クルメンバーていやきもちいてまうともあ

た目はちょと永○美を色っぽくしたようじで、笑と細なる目と、白くてな足が好だっ



543 名前: 542 投稿日: 02/07/28 00:47 ID:5iwp9W69
はちょっと変態で彼寝てしあと服さぐてかてに愛撫大好きだった。

めて〜」とい甘いに萌、黙々と身体を触いるとそう彼女のが だんだん荒くなってくるのが最高稿に好きだた。

そのころは深コンニでバイトをして

彼女のアパトの合鍵を持っいた俺は深夜のバイトが終る明方5時ごろ彼女の家こっ侵入は寝みを襲うことに激しい興奮感じていた。

俺自身て体力もったが、彼女のちょっと はだ けたパジマな疲れも忘れて息子を硬くしてた。



544 名 542 投稿日: 02/07/28 00:55 ID:5iwp9W69
あの頃あんなに猿みたいHばかりして湿、自分ち疑問だが。

女もっ気俺がいじり始めて最初は「眠いから〜」か言ってるが本当にやめていいんだなと俺が言と「やめちゃだ〜」とか来ることがった

女も喜に寝込みをれてい剣に思ってた。

、「俺、明バイトなんだ」というのが自然と「明夜来るからHしようみたいな合図になり

彼女玄関の鍵をておてくれたり、ちょっと期待しているそぶりを見せいた。

俺は ますます、彼女が俺に込みをわれることを期いると信じてわなかった。



546 名前: 542 投稿日: 02/07/28 01:05 ID:5iwp9W69
深夜コンビニのバイトにークルの仲買い物に俺サークルで一番仲がかったSもよく遊びに来てい

からみ奴なんだが、にはあまりもてなかった。下ネタが得意白い奴だった。


俺がバイトがあ日は大抵日と日だったで、Sもそれに合わせ当をらいにきたしていた。

ちょごろバイトは帰省ラッに入り、イトを休み奴が出てきて俺イトを代てくれな稿かといってきた奴がいた。俺は夏で金必要だっのでわってった

それ曜日いつものバイトの日はなた。

その月曜日のイトの日、俺は彼女バイトがあるこにバ姿行った

く電たりが面たのといきなりバイトの屋にったらびっくるかなとい待で彼女内緒にして



547 名前: 537 投稿日: 02/07/28 01:09 ID:pugtgVk4
、続き・・
ハァ




548 名前: 542 投稿日: 02/07/28 01:12 ID:5iwp9W69
バイトはいつもよりも早い時間に終わり、まっすぐ彼女の家に向かった。

確か3時くらいだったと思う。

彼女の部屋の電気が消えているのを確認して、いつものようにこっそり玄関から入った。もちろんいつものように電気はつけない。

俺は寝込みを襲うことで頭がいっぱいで、いつも以上に慎重に彼女の部屋に はいったと思う。

彼女の部屋はロフトになる構造の部屋でロフトへの階段を上らないと寝ているところには行けない。

とりあえず、玄関からリビングへ続く半開きの扉を開けようとしたとき、「あぁぁ〜気持ちいいよぉ〜」という男の声が聞こえた。



549 名: 542 投稿日: 02/07/28 01:18 ID:5iwp9W69
俺はしばらく固まった。部屋をたのかと思った。

暗闇になれた俺の目に映の部屋はかに女の部った。

かも そのえのある声は間違いなくSった

じゅるじゅる、く貿ゃくちゃ」という音が静かな部響き、ロフトではSがフェラをさているよだった

気持ち〜???もっとなめてほしい〜?」という声が聞こ、それはまさ声だった

「ねえ、もおおおおれだめ。入ていゆきちゃんのオマンコにいれー」

「ゆもSくんのちんちんほしいよ〜ゆききもちよくしてぇ」



550 名: 542 投稿: 02/07/28 01:28 ID:5iwp9W69
実際そ場面いる俺は正直何もきなかった。

本当といことが ぴりでまった動けなかっ

チンコは なぜがむくきくな、俺ことなそっのけ俺の彼女と俺の友達のエッ行していた。

れ いれるまに ゆきんのオマンコなよ〜

「やぁ ゆきなめられるのらいーSくんしってるでしょぉ?」

きちんのいやは本とてほしいんでし?気持ちよくしてげるからンコ開いておれにさせてー。」

知ってるでしょ??ういことだ??

人はどういう関んだ??

俺はいパニックになり、耳に全経を集中させていた。

あっっきもちいい〜 うぁぁ〜 そもちいのぉ」

きちゃんのトリス勃起っきなってるよーンコはぬるしたのがいっぱいでてるんとにゆきちゃんはだねー。」

いやぁ はずかし あ いぃ きもちぃ」



551 名前: 542 投稿日: 02/07/28 01:36 ID:5iwp9W69
「あっ あぁぁ〜ん そんんなとこだめエ あ うう〜ん」

「もういれていい?ね、ゆきちゃん、おれいれちゃうよお」

ぐちゅぐちゅという音と共に「ああ〜、Sく〜ん」という彼女の気持ちよさそうなあえぎ声が聞こえた。

最初はぐちゅ ぐちゅ というゆっくりなその音はだんだん はやくなり、ぐちゃぐちゃぐちゃという連続的な音に変わった。

「ゆきちゃんすごいやらしい音するよ。ほらマンコの音 ぐちゃぐちゃいってるよ ゆきちゃん淫乱なんだね〜」

「やだぁ あっ いっ はずかしいぃ ああ うあぁ はぁ」

「俺興奮しちゃうよ。ほらここがきもちいんでしょ」

「あぁぁぁ〜 もっとぉ もっとして もっとぉぉぉ」



552 名前: 542 投稿日: 02/07/28 01:45 ID:5iwp9W69
パンパンというのあた屋に響き、いやしいぐゃぐちゃいう音も聞こえ

のあえ声は聞いたないくら々しくまるで俺の彼女ではいか様だた。

俺はこの状に下は熱くなるが上半身は ぞくするくらい寒かった。そし血が上るほど興てい

まるロビデしで見ている

「あぁぁ もう あっ だめ よぉ ゆき ういきそうもとぉ んぁあン  あぃいいいい 

たい?ゆちゃ もっしてほっていって ら、してほしいんだろぉぉ

「あぁぁ しぇ もっとはげしくしてぇ あああああぁ くぅぅ



553 名 542 投稿日 02/07/28 02:00 ID:5iwp9W69
は俺とやってるといったことなかった。

は自分の寝込に非常に執着しいたをいかせる事よりも むしろそうな女をいじってる自分に興奮いた。

SとHしている俺がたことないをあげ、他の男にいかていた

「ゆきちゃんもういっちたのほらもっとしてあげるしりっちにむけて。今度はろか入れてるよ」

は いたばかりきにかけ、バクの体勢を取らせていらしかっ

俺はこの状況ずただただ耳を澄ませて硬直せるなかった



554 名前: 542 投稿日: 02/07/28 02:05 ID:5iwp9W69
そのうちパシパシという音が聞こえ始め、「あぁっ あぁっ あぁっ あぁっ」というゆきの声が聞こえ始めた。

「ゆきちゃんのマンコ最高だよ。いったばっかで すっげしまってる 俺のちんちんにぴったりしてくるよ」

「いやぁ Hなこといわないでぇ あぁっ あぁ」

「ゆきちゃんは言葉でせめられたいんでしょ?ほらマンコがぐちゃぐちゃでびちょびちょだよ 俺のちんちんで感じてんの?もっとマンコいじめてほしいっていってごらん ほら」

パシパシという音はいつのまにかぱんっ ぱんっという大きな音にかわり、ゆきのこえも

「あはぁ、う、ううぁ ぁぁああ いいぃぃ うはぁぁ」という悩ましいあえぎ声になっていた。

「俺のチンチンすきなんだろ?ほらもっとはげしくヤラレたいんだろ?ゆき チンチンだいすきっていってみろよ ほら ほら」

「あぁぁ いやぁ はずかしいよおおおぉ あぁっ」

「いわないとぬくぞぉ ほら 俺のチンチンきもちいって言えよ 彼氏とどっちがいいか言ってみろよぉ」



555 名前: 542 投稿日: 02/07/28 02:13 ID:5iwp9W69
Sの口から彼氏という言葉がでて 俺はまた少し興奮した。

ぞくぞくという寒気は体中の興奮に変わっていた。

彼女がすぐそこで友達にヤラレているというのに、感じ入った彼女のあえぎ声に俺は股間が痛くなるくらい反応していた。

「Sくぅうん のおチンチン あぁ のがきもちいいよぉぉ」

「うん?ほらも一回いってみなぁ! 何が気持ちいって?この淫乱!マンコぬらしてなにいってんだぁ?」

「あぁ もう あぁっ だめ ま・・・た・・いいっちゃうぅぅ」


556 名前: 投稿日: 02/07/28 02:14 ID:thTxzxWN
おおおおお。。。




557 名前: 542 投稿日: 02/07/28 02:18 ID:5iwp9W69
多分4時30くらいだったと思う。部屋が青く染まり始め、俺はSEXも終わりかけた彼女の部屋をこっそりと出た。

明るくなったらばれるかも知れないという思いではなく、激しい喪失感 そして脱力感 敗北感・・・・

自分の部屋に着いて、ひとしきり出し切った後、烈しい睡魔の中で俺は彼女にバイトを秘密にしたことを激しく後悔した。



560 名: 542 投稿日: 02/07/28 02:23 ID:5iwp9W69
彼女はひそかに関係に嫌気始めていたく、それはサークルでは構広まってい噂だったらしい。

れを仲のかったSに相するの二股だったうでした

分でここまで真剣にたのは 彼女のとを真剣に好きだった訳ではないかだと思う・・

の後 俺は、彼「隠してることない?いなことを聞き出し、Sとの間で気持ちが揺れてるか言われ、あっさりと俺のほうか別れした。もういいじでした

では最高の俺のHネタです。お粗末でし 



566 名前: @ 投稿日: 02/07/28 03:56 ID:+9d5A1pm
今はお前に素敵な彼女ができてることを祈るよ。



559 名前: ななし 投稿日: 02/07/28 02:22 ID:UqYM96H6
>>542
終わり?



561 名前: 542 投稿日: 02/07/28 02:27 ID:5iwp9W69
>>559
終わりっす おそまつですみませんです



562 名前: 投稿日: 02/07/28 02:37 ID:sS59PHGU
>>542
乙です!


564 名前:   投稿日: 02/07/28 02:41 ID:zLR6zikJ
>>542
りました・・・


 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様