2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

年上の嫁の浮気と隠されてた性癖




:技術派遣会社員 29歳

C子:大機メーカー工場 36歳

俺は高業後、半導体の下請け工場就職。そこ3年ぐらいめた後、知人に誘われて一緒に術派遣会社再就

高校卒業後、高校の同生と付き合ったがその女が浮気性で何しつつも浮するで愛想をかして

その後に付き合た女は本命彼氏たこと解ってれ。


で、3年ぐらい独り身ったん、2年前に遣先企業でC子と知り合った。

背はでスタルは良か、年までは同じ年齢下ぐだと思ぐら顔だった。

になんとも思ってなか(とC子と派遣社員の自分がどうなる調なか)んだど、俺が好きな小説(ラベル)を知ってて好きだという話をふとしたきっかけで聞いて仲良くった

、彼女のほうされたが、告白された時の台詞

「私はもうな年齢合いしかでい。もし私と結婚を前提にき合うことを考えられなならてくさい」とれた。

告白され喜んだのもつかの間、ちょっと引いたが浮気な彼女に苦労してた経験があって、結婚ら信用で女だ、と思
たの婚をに付き合返事をして、付きた。


なんとC子で今まで男合った経

モテなかったないが、白され男にな付きいを要求したら ほぼすべて引かれてっての年齢まで独身だった

まあC子は大手企業に大卒正10年勤めてたこともあり、貯金もかあっ宿、俺がほとんど貯金が無いにもかかわらず婚まで一気に


しかし、それからす俺は遣先が変わり多くなってに至るわけ沿だが、EP(シンガポーの仕事許可たいなん)のミスで急に本に戻るなっ


りに慌し、携をホテルに忘れてきたことに気がつたのは、飛機にった後だった

連絡もできなかっだが、C子ト休みなことは知ってたので、そのま家に帰ったわけ・・・。


らぬバイが止まってたんだこれ、いつつバイを避けて玄関の鍵家に

りあえず、スーツ脱ごうと洗面所に行こうとたら寝うから変な声が聞こえる。なんだ?と思って思わて寝
室のほうへ向た。


したら・・

寝室のドアの隙から裸の男(男つか高校生ぐらいキに見えた)がに寝て、の股埋めてる女が見

なんか女は髪プにスーツ?を着てたのでを誰かと思ったが、れがと気づくのに時間はかからなかった

心臓がクバクしながらず様子を。なんというか然予想もしてなかった状に脚くんしまったのが本音。


の股に埋めた嫁からはぴちゃとやたらでがしてたそぼそがら子に話しかけてた。

ああ子さん。すげーいっぱその好エいよ

嫁はゅぱっと音をてて顔を離して手で男モノをしきな、ふふっと笑った正直言って婚後2年も経俺が聞いこともないやら笑い方だった

「もー、O君っ態だ。こんなオバんな格好させてしゃなんて

「オバんて、C子さぜんん若いよ。おねさんて感じ。




ー、お世辞ばっかいってー。んじゃーさんにボク殿してほしいの?

「自調首いじりながらとフェラして

C子はモノから手を離て口で咥え、自分でスーツの前のタンを外しての上か分の胸を触り

また ちゅぱっと音を立てて口を離す

り、変態よぉ・・・触らせるなんてぇ・・・

ような声C子がった

ノーブラだよね、だよね?やっぱC子んてエロいよね

だって、O君がそれって言ったんじゃん・・・あ・・・」

子は自分で乳首をいじって感じてのか時折あえぎなら行為を続けて



のありで俺は少し静になって冷静きたらだ腹がてき

変なけど、浮気してると、裏切らとに怒りを覚えたというよりすごいエロい姿を他の男して腹がた。

と、いうのもC子は俺退とのクスにはすごそフんて頼んとしてう感じ

なの態のすことだと貿ですら最初のほうなんて嫌がっ

まあ、もともと30過ぎても処女だったし、とも癖なところがあったからしょういかなと思って、上に求め湿はなかっ

もと俺自身も昔の女たちが経験豊富受身なセック多かた(好きだった)こもあり、だんだんめんどくくなって正位で入れて出すだたいセッ婿クスになっていた。

がどう俺がしかったよなエロいフェラエロ湿態度を、あれだけ俺相手のきは嫌のにこのガキにはやって
じゃないか。れが猛烈に頭にた。



て乗り込んうか器持ったほういよな。考えてるC子 とそのガキの進んでった

ねえ子さん。いものアしてよレ」

ー、の格好のままでまだゃだめなの?ん・・ゅ・・

子は ブラウスの上から自分の場所をこねたり引っ張ったり

おいおい、乳首ろうするだけですぐとか嫌がてたのダレ・。

「その格好でしほしいなーーーー

「んっ、、もうしょうがないなぁ・・ほら、んじゃ後ろ向さい

よっああ

子は体起こしてベッド

キはC背中を向けてもたれかかるようじになった。

右手とCキのわきのばすとそのまま、ガのモノを握り、後ろから

「うぁっ・げーよ。エロすぎ

、もう・・婿分でやらせてるんじゃないの・・・

はそういうと後からガキの耳を噛み舌をの中に入てねぶりはめたはガキのをしごいてまま

「ん・・・うージエロいって最高す・」

ガキのえぎたくもない

るとはC子の腕の中にすっぽり納、かなり柄だ。俺もさほど大きなほうではないし、ケンカなんてしたこ
が、いつは勝てるんか妙冷静なで見てた。

うーー・・・なんか、俺中に固いのあたるんだけど、さん立ってない?」

姿んっ・っ・・ん、もうてるんだかそんな恥ずかしことない・」

えー、でもなか背きもちいんだけコリコリして・・」

子は少しった顔をして左手でキの顔を自分のほ稿うへかせた。

ガキ「!・・ーー

のままC子ガキ口をいだ。

ーかていうよりほんと舌をねじこんで黙らせたってうが正しいようなエロキス。ガキがもがくも

・・っ・・っあ・・死と思った・」

「だって、馬鹿なことばかり言うんだもん・おしお・・・」

ーーじゃあ、もっ鹿なこと

ー・・・ほんと変態なんだから・どするの?しちゃう?」

C子しごく休めずそうく。

えーあー・・・かもたいない気がするけど・・でもできそうだ・・んー・・やむ・・・・」

「・・・

なんAVでも見てるうなになきてすごい勃起して

んつーか、パンツが気持ち悪いぐらい先走出てるのかったし。

も、自嫌悪も同時にあてすげーイラする感じ。

近くにあっ殿用のワイパーのをすり締めてた。

っ!んじゃ先にちゃさい

C子としごく手を早めて、またの口に舌をねじこんだ。

ガキは、うーとにやけ面の喘いで身を任せるままになってた




もういだろう、と俺は思ってこで室のドアをンと思いっ飛ばして中に

「・・?」

なんーか、そのときのガキの顔C子の顔はまさ婿固またって表現だった。

なみにCはモノをまま、西こっち向けて感じ。その顔を見たら急に情けな怒りが沸いきた

・・誰?キミ」



に言もりだっけど、眉が自分えてのがかっ

「・・・」

ガキも子も無言。

とりあず、こ俺のだよね。も間違えた?間違えていか、こにいるエロい女はどうやら俺

人とぱくぱくてる。

ここでキレた。

て言ってんのきこえねえのかぁああああっ!!!」

叫ぶと同時にワイパの柄を寝室に思いきり殿たきつけた。

んつーか、思いっきり恫するつもりで叫だつもりだに、小学生のガんだような鼻声になってて、自で情なった。

「待て、りあず私の話て!O君とりえず使帰って

C子がクチ

ガキ子を見てクチをぱくながら、ちらばってた拾っ逃げるうに部屋からていうとした。


「っ・・・どこ行く気だ、こら・・・」

の脇を抜けて部屋から出よとするガキを捕ようを伸した。

「待って!とえず話いて!ごんなさい!ごめなさ

C子が叫びながみついて

キは裸でつかんまま、逃簿げる調出て

「まてや、ごらあ!!」

俺はワイパーをガキのほう投げつけがらC子を引ぺがそうとした。

もと長もまり差ないし、本気でついて剥がせ

バイクの音えたありで俺も脱力してへりこ だ。

「・・もう離せ、

C子は首をりながら、ま俺にしがみつま。

「・・・お願い、話を聞いて。なさい」

俺は どうでもいいやって感じ聞くから離せ、と言っ引っぺがした。

-----------------


C子言うにはセックスも昔みたいに求めてきてく沿ない、俺がに飽きてきて、も若い子がよくなるんじゃないかっで捨てられるんじゃないいう不安

そういう不安あったとき寿請負社のO(ガキ)に心にアーチされてうれしった

な気はなかったど、一ッチしてしったらずるずるとされてたこ

気のだった、度と会わない許してほしいとこと。

俺は、ふふん相槌を打ながら聞いてたが、子が黙っころで

「別に二度と会ないなんて言わなていいよ。関係な

・」←まな顔

ーか結婚するときも婚しも言ったよ。浮気性の女には苦労したからするなら信用できる相手として」

「俺が求めいから寂しかった?求ても嫌ってること多じゃキミ

・・・だて、り求を受けあなたの彼女とレベルのだと思かもないっても、3回に1回はず受けるよにしてた、だんだられなって・

ぼそと聞いCまっていらてきた

そり、拒否らることは多いわ、マグロだ、ヤーんだもん。

もそもいんだたらいいよ、若いだで武器からな。で、若に求められ仕方相手してげて、みたい態度で熱心に求れるかよ。」

本音だが、これだけ言うまいと思ってたことだった。

、もう情なくて今まで言わなかたことを全部言ってやろうとた。

不満があたわけじゃない。ういなことに堅いのはのいいところだ思っ必要以上にキミが嫌がることを要求もしなかったし

も、さっきの何?すげー心だたよね。初めてたよ。あんエロいとがミに出来たんだね。

腹が立つけど思いり興奮したよ。し俺にああことしてくれたら、もうメロったうねスーツかそういう格好好なんだ、知

・・・なこと一言も言たじゃない・・」

「は意味わ、フラすたじゃん」

イヤだわけじゃの!でも、まり積的にやるとと思って・・・

うか、そうか、俺彼女のトラウマを貞淑な妻演じててくれただなそれはすまなかった。これまでありがとうございました」

「いやごめんなさい!ほんに好きなあなただけ!」

いの?気で好きだけど、熱心なエッチはますって?マジで意わかんね

「あなた以外知らなかったしどうしていかわかなかったのは本当なの!たが私を持っのは なんとなくわ時捨てれるかほん不安の。そんなと簿婿られて調子にのっまっただけなの!反省してます。二度としまん!


もうやっれん、になんと心境だた。

度はないよ

・・

「二度なんてあるわけなろ。別にセックに堅い女好きなわけじゃないむしろ、セクスに積的な女のが俺は。実寿キミよりも昔の彼女のが遥かに良かったしな。ックスは。若かっ

・・

も、それを差し引てもできる女尿てのがキミの最魅力だっ。こいつは絶に浮気しないた。だか出張ばかりの仕事もしてられた。高卒でこれだらえるところいし

その魅力のななったに何価値があるの教えてよマジで」


「ごめんなさい!本当にごめなさ許してく捨てなさい!なんでもしぁあああ


狂乱になって叫ぶC子。

もだんだれてきた。よく考えたシンガポからてまだスーツいでないんだな。

つーか、二人してーツ着てる



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様