2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

夢の中の話






高校時、同じクラスにのを切欠に付き歳のに妻が妊娠。
妻は短出ていていましたがだったで親言っておを借り、入籍して一緒にめて早や25
時妻は妊簿姿児と慌し、私学生を続がら休や夜間はトを就職活動、就職と忙しい日々で、甘いは程遠い暮らしを送っいまし
の後もすぐに2目が出来た事で、ずと子供中心の生活を送のです
、子供達が大きくなる連れて2人の時間も増え、昨私達の手をれて2人だけのなった頃には当時出なかったを取り戻すかのように休日には2人で出、平日の夜も間の合う日は事帰りにち合、食りするよになりした。
生活も若い新婚夫婦のようにはかないまでも月に1度するかかに減りつつあったのが徐々に増えて、週に1度はするよになってい、他でも眠にはどちらからく手を繋など、周りの人には恥ずかしくてえないような生るようにまし
特に妻は全にっていて、セックスの以外はしななっしまたキスを度々せで来るり、私は度に妻を強く抱き締めに応え、そんな妻が可愛くてりませ
ところが2けの暮らなってか月ほど経った頃、会社から帰ると玄の靴てあり、それを境にが徐々にわっていてしまです。
近藤と申しましくお邪魔しまって、姿申し訳ございまん」
私は彼と対面でが、て会ったような気がん。
それと言も、妻は役に勤めてが彼とは1年前から同課でて、の話よく出て来ていた男だったからです
確か達よりも10子供2人いるたことがあります。
人は深刻そうにしたので私は席を外したが、彼が帰っ後のの話によると、彼の浮気をして子供れて実家に帰っているので、その相談に乗っうです。
離婚は決まっていけれど、条件で揉めているら
その後の妻は頼られたのが嬉しいの、彼頭して行ってしまいます。
待ちわせて、映画でも観ないか
「ごめんなさい。しそうだら、今夜殿を聞いげようとって」
それけで、世話を焼けなった子供達の代わりを彼に求めいるのように、休日まうようになきましが、年齢が離れてる事や彼会う時は私に必ず言ってら、浮気などは全く疑いでし
かしそれは次第に輩の相談に乗ると言範囲を超いき
日は彼の家に事をあげたの
暮らしの、男の家に行ったのか」
しているの?彼とは1歳もうのよ。私殿なおばさんを相手にする訳が無いじゃないかりだら、にはと思っだけ」
あまりにるくう妻を見宿しでも疑った分を恥じまたが、そのような事が1ヶ月ほど続いた頃、妻の口から彼の話がピタリと無くなりました。
はどる?も談に乗なくも良なったの貿?」
話がいて、専門家に頼みたい。そんな暇も無いらしから
しかし妻は、残業になったと友達僚と食事に行とか色々な理由をつて、私と待ち合わて食事をする事もななり、帰宅時間もかなり遅なるのです
勿論今でにも友食事をして来らいの事あり、残業で遅もあったすが、このように頻繁に遅くる事てで、私は心配方がありん。
出産育児で若いた妻哀想に思いた私は、妻が楽しければ遅くなる事は構わないが、そのから元気無くなり、時々何か考え込んでいるようだったで心配になっ
あなた。私のこはあ好きよ」
どうした?最何か変だ
日も私としているきはのですが、注てい、時事の手を止めてえ込んでしまなど、明様子が普通ではあせん
しかし相変わらずセ、キスんで来るも変わなかったのり浮気な疑いせんでたが妻を注意深うになりました
何か事でもあるのか?
「どうして無いわよ」
いつもは微笑みながら答えすが無理にを作っているのが分ます。
、典と恭が旅行の相談に来るの」
この2人は高校友で、同級生った西論よく知っていて、私達た訳いのょう2人婚が早3人の内一番下の子供が高貿した昨年い旅館宿どをして3ヶは旅ていまし
その旅行が来週末に迫較的近くいで人はその合わせに来るとの事で、私はこの良い気晴らしにって、元妻にれる期待したのすがこの時は楽しそうに話いた妻も、旅から帰って来気が無くなり、ようになってしいます
「今夜か?
「ごめんなさい。の疲れがくて
れていってしうよ気がして連日誘う妻のえは同じなのですがれていると言いながらも遅く帰婿は変わりません。
旅行の清退もまだなので、明日は典子達とをして来るのでくなりま
って食事をしくるの構わないのですが、今までなら全て旅行の帰りに清算してて、帰って来てから清算する聞い事がありません。
本当に典さん達と会うか?湿
疑われた妻の気を考え、妻にって浮気は有りないと打ち消した私も、に疑殿う様ない方をししました。
本当に誰と」
は妻に明るく笑い飛ばして欲かっですが、妻は小さな声でそう答えた後、辛そうな顔をしていてます。
今夜はど?」
そのような妻を見ていると更に心配になり、疑念振り払たくて誘ってると、意外にも妻は首を縦に振っですが度は私がそ気になれま
、気の弱い私は嫌な方へ、嫌な方へえが向かってっていたです。
妻はあれからも近藤と会っていて既に関係もあるのかも知れまん。
初めて私外のを知た妻は、彼にてしまているのかも知れませ
は私以外の男の妻も、度も抱かいる貿心ま奪われてしたのたれる危険を冒まで、連日のよいたいも知れません
そう考えるが疑っていると感じて為にOKしただけで当は私とセックスかも知れまん。
全に界に入ってし、彼が白小柄な組み敷いている姿まが浮かび、自分の勝手な妄想で勃起事は無く、催しう有す。
妻とセックス出来ず、口では配してくれてような事を言てはいても、すぐに眠ってた妻が腹立たて眠れません
はりいのと、自分の妄想が間違っているのをる為に、夜中に起こまた事に及んのでが結果同じで、更にイライりま
しかなる、不思と夜考ていたほ深刻さはくなり、やはり妻に限っを裏切るど有ないと思えたのですがた夜なると同じような苦わうではなと思い、妻にて有もしい妄脅えて、こまま夫が壊れていく恐あるのなら無駄になるの分かってい、確かめて自分に納得させた方が良いといました。
確かめるもプロに婿げさな事では無妻が典子さん達と会うのを一目確認出来れ、私は元の私に戻れです。
午後に、入社以来始め仮病を使社を出したは役所ので張沢山の人が出てくる中に妻の姿を見つけ、駅に先回をしようと時、ろう事かは駅は反対歩き出しした。
車に乗って繁華街で会うと思いた、妻歩いてい方向私の限り寂れていくだで、の利た店りません
何よ典子さや恭さんが、車で来ない限り不便で思議にたのでれでも妻を信くてこの向にらないお洒落な店で来て、ち合わせてだと分に言い聞がらつい行くと、妻は五ートル上歩いた所にあった、コンビ車場に止まっていた車にり込んでまいます
か恭子さんの車だと思たかですが、離れた所のコンビニち合自然で、何より妻り込む寸前辺りを見渡すせた退り、車のエンがかかった間、気が付と両手を広げ車のに立ちはかっていました。
はり転席にいたのは近藤で、手席妻は面蒼白になって固まってましたが、彼は躊る事無く降りて来ます
「奥さんもお世なっていま
私には、いつも妻のの世話になってい婿ると聞こえ、思倉を掴んでしまいました。
私はから手早く、昔っている友人達は、まか私が気の弱い男像もしていないょうが、本当迫した場面につまも対峙しているのが怖く早く決着を着けたくて先に手が出てしうのです。
癖は今でも抜け私はを後ろに引いてうとしたが、そ瞬間ドアを開け身を乗した妻叫びまし
あなた。やめ姿
私が妻の声で我に返って前だったはほた表情をせましたが、も言葉が出きません。
しか情けな、何せば涙が出てしまいそうで話ないのす。仕なく何言えずにタクシー拾ってその場を立ちりまクシーの中でのは、殴貿れなかった自分、何も言え分、何きそうた自分がけな口惜しくて、のやがありまん。
家に戻るまだ中にようで、これがに起こいるは思えせんで
ないと言うよりも、実としたく無知れん。
私は妻を疑いながらも貿本当に男と会うなどは思なかったので稿しょう
それで尾行をしてる時も、探でもで少し楽さえ感じていま
はただ妻友人達と会ているのを、妻を信用し切った元の私りたけなのです。
いつしか涙毀れてて、嫌な妄想に苦しれてした
との秘密知られた妻は、もう帰っていかも知れません。
私に罪悪感から、顔を合わす事が出来なという思は無て、家に戻ればする彼の仲引きれるかも知れないといからだ今頃はに抱く唇貪っているでょう
家庭や場を放棄して逃げるにもかず、そうなと妻に男気を見せた一人で来るか知れまん。
その時玄く音がこえたのが来たと思っ、弱男を見られたくなくて、慌て顔をいに行って戻てくると想は外れて妻が人で立っていました。
は俯いてていく見ると足が震えています
あなた、れは
「あれ、何だ?いつ業があっ、いつ同僚達と行って、いつ典子さん達と会ていたのか全て書き出してみろ。典子さん達のとこ行って確かめる。職場にも明行って
妻は初言い訳をしようとったよです、隠しではと観したのか、ら崩れ落床に泣き簿しま
私は目の前で泣き崩れている、妻の姿がじられません
隠れて近と会た事もで、何より妻た事信じられです
嘘の嫌いした
達夫約束事一つ、お互い嘘を吐かい事で、それは入する時が言です
言葉り私でもしてきたつもりですし妻も隠し事はしませんでした。
が変わったの近藤の影響だとすれ妻も自分の念をほどあの男にれていになりま
に許しを請うを見ていると殺したいと思いしたがたい相手は妻ではなの男でした
確か裏切ったのは相手の男ではくて妻ですがまでれだけしてきた妻を、今でもれだ愛してい妻をすぐにいになれず、男にに誘われて、私しい妻は騙されるので妻を稿庇っい、怒りは相手男に向けようしまいま
「今すぐ奴をべ。絶対に許ない」
は激く泣き出して、千切ど首を横に振っています
「あなたに嘘を吐て会申し訳なかます。でも彼とはそ様な関係ではなの」
「それならどの様な関。今では無いだろっとを吐、あの男と会いたな?」
妻はゆっ大き頷きす。
抱か
しく首を横に振した
毎日のように会ていら、その様な関係が無いは信じらずも無かったのすがここ数時間出来事に動揺を隠せず、これ以上自分を見わない為にも深くは追出来にいました
し私悪の事ばかりをえてしまい涙が出になっる弱い自分を誤化す為に、ざときな声を出して叫ばずにいられ
「俺の何が不の何でこんな裏切した
「あなたに不満りません。あなたは何も悪くい。嘘を吐いてた私が悪いの。じて談に乗ってあげたり、彼聞いてあげたりしてただけです
ッドでいてていたのか?事が好きになか?俺とれてと一緒になりた婿?」
事は考えたせん。はあなたが好きなたない人生なんい。彼とは本当に何も無い
信半でした。
私を騙してい実でも、はりこまでは妻を来ません
しかし、初使て嘘をつかれた口惜思いから、妻を苦しめ便る言葉しか出て来ませんでた。
れからどうすると別奴に拾ってもらうか?俺が捨てられるの
が間違っていましたはもうません。連絡もとません」
妻は携を出しての電話番号を削しよとしたので取りと、やメルはされていて何もていませ
証拠は全て消てしまっか」
証拠だて」
私は妻伏しのがってした
嘘のいな妻が、自分がを吐いて会っていた事に改て罪悪感を持った婿も、本当だ相談に乗っていただけなあれだけの泣かたはしないと思った
「よい歳の大人が毎日のよ隠れてっていてしをしてただけだと言う?」
妻は何言わない代わりに何度首を縦にていま
「嘘を吐け初めて抱かのはいつだ
妻が体の関係を否定し、私はそれ以上聞くのが怖くて、それでと自分に言い聞かましたが、くら中に仕舞い込んだつでも、やはり気になってしまいます
「本当、そのような関係ではあません
を信じ気持ちるのすがやはり悪に考えてしまい、最悪離なっしまっ条件がようにを吐さえてしうの
の関係は否定し続思いとは逆に何とか認めさせようしている私がいます
晩のようていたのに、体の関係は無いとうの信じろと言うのか?
あなたを裏切っていた事には変わりないような関係ではと言って、あなを吐い会っていたから」
オープン会っていた妻も、それが繁になってきた事で、私に言い辛くってつい嘘をいてってしまうようにったと言
「信じて欲言うのが、無理な話だと言う事はていま。こが逆なら私でも信用出来ないも知れません。で
妻の本当なのかも知せん。
覚すまでの妻の様子をい出しても可也でいて平私を騙してではない事はかでを流しながら必死に話す今妻の態度を見も、も吐いていないと思いのですがばかりを考てしい、ここ引きが出来ま
れてっていた事だ許すつもりは無いが、それ以上の関係は一切も無かった言うだな?
「私を裏切りた。嘘吐いて男沿で会っいただけでも、重裏切り行為だと使います。もも信用されなくて仕方ない事も知れませでも一度だチャンスを下い。なたに用してもらえ
うな妻いし
分かった次は無い
私は持いた妻携帯で電話掛けました。
があ。いますに来
彼はってい、それを聞いていた妻は携帯を奪そうします
「私が悪いの。彼はそとしていてげてあなたの気が済ように何でもしますから。願い大事時期な
今までは体の関係ば気になていが、妻が近藤を庇っ事で、やはり好きなはないかと疑姿す。
私より彼を愛してしまたのではないかと気が気でせん稿
すぐ、お伺す」
妻の事がだったのか、自分の事が心配だったのかは分りませ近くまで来ていしく10もかからやった近藤は玄関を入るとすぐに土間に正座して、額がくほど頭を下げました。
恩を仇で返すよしまい、申いませんでた。でも美雪さんとはキスまでで、それ以上のしていません」
一瞬が何を言っているの時がた様感覚です
を見ると、妻も何こったのないような感じでをじっと見てます
美雪さない。秘しておけなかったれてうのは嫌だから、ご主人に私たの関係を知ってもらかったさんの事を真剣に愛していら」
言葉で私も妻も正気に戻、妻は慌土間に下りる彼のす横に並んで、泣きがら同じ様に頭下げので私はを下げれてりが治まるどころか、仲良く並る姿を見る怒てしまいます
私は2をその場に残してキッチンに行と、って来前に置き
「俺の気が済むことなら、美雪は何でもすると言ったな?俺は退今この男殺したい。俺の代わに美雪がせ」
めんな。出来ません
愛すを殺なんて出来西ないこの男を殺すいな俺をたいだ?」
ます」
の時近身体を起すとを伸一度大きく深呼吸を湿
近藤は身体を起こと、の目をじっと見詰めな開きまし
雪さんあなるなら本望です。あながそれをしな困るのなら、私は喜んれま西。愛しいますから」
はショした。
は妻がそのよな事が出来る女は無いと知ていて、好をつけているだけでし
らしさを婿この期に及んでも気を惹きたいだとます
かし妻には、に映ったでしょう。
出す理不尽な
そのうな理不尽にも、然とている彼
その上彼ある私の前で、堂々と愛している事を宣言しまし
その時妻たよう情を見せました愛しいるて、悪い気がする筈はありません
私は包を片付けと、間に通
西し訳と思っています
申し訳ない?俺の女房をめて、キでしたのそれけか?
「例行為ならなくてもそれも悪かっ思っています。そ偉そう宿貞行為宿無かたとっても美雪さんられで、私にはその気ったも事実です。そのは凄くます」
落ち着いた話調が、に腹しく感ます
やけに早く反省すのだな。俺に見も反省していか?」
「分かりません。ただご主気持ちかるので、不貞は無的に題はいのすがりに来また。慰謝料が生するよう事もない当ならこにも無かっのです私も妻浮気されてご主人の惜し持ちも少しは分かるので来たので
婿のよな事をしておきがら、善で会いに来な事をう、彼に対してま意を覚えましたが、醜態を晒した先程の事もて、何とか気持ちを抑簿した。
がいかないのはそでは無く、このような事をしておきなが、法には触れていなと言う彼の話す。
「私に不倫され、離婚調停調に終て来週裁判がります。ですからご主人がたいというちもからは無いです。だ、主人えるのは自が、法的には何ら裁れる事は無く、慰謝発生しん」
「裏切の口惜しい気持ちが分っていなが、どうしような事を」
「妻に言われました。人の気持まで律でも縛西いと。最は私も殺尿
いほど憎みましたが、に考てみれだと悟りまし特に美雪さんを愛してしまってからは」
人の歳れてる事で、安してしまっていたところもあした。
しかしこうして2人を見ていると、柄なせいあり10歳も離れいると見えずに違和ありせん
の事が無姿に口惜くて、私度と妻とない事を書かせようとしたがはそれをはきりと断りました
不貞行しな事は約のです妻が会ってくれれ、これから2人で会うと言いたのです。
美雪うと言って、美さんに断わられば会いませ。私は会っれると信じますが、美雪の意思に任せま
頭を下げて帰き、私はネッで調べましたが、全て彼の言っていた通でした
不貞行為とは最後の一線を越える事で、ば2人で会う事も、抱き合うスをする事許されてしまです
2人会わ律な何処をしてもりません
ただ、私から対して離婚はすれば通るも知れが、私が婚したく無い場合、妻来るような律など無く彼が妻接触しても妻が嫌がらない限、彼を裁く法律な何も無です。
るに不貞行為無け夫婦間だけの題で、が自分彼に会わないよってくれる以外、何の手ありまん。
いく甘い言葉を囁いて妻を誘おうとも、妻が断われば良いう解釈なので
えれば確かにその稿、私不尽に感じまた。
しか理不尽に感じる自分を逆かれば引きめておく自信が無いと言
彼の若さも怖ですが、れ以に真面目そういて男気に溢、臆る事無く堂としているとこが怖く、それは妻0年近く一と、妻がうな男好みなのが分しまっです。
私は妻の気持ちが凄く気なっていまし
「ただ相談乗っていたとたが、相談に乗るのにキスをのか?
は俯いていて何も答えません。
「俺達は終わったな」
して下さい」
婚するたいのですが、だ妻練が、妻をの男に盗るなど考えら、妻の持ちが分かなくなっ、これ以上離婚を脅し使えまん。
「あいつにているといわれて嬉しただ
妻は暫らくえてから、顔を上げて私の
「もう本音そう。美雪若い時から一懸命に尽してく。同年代の子達は遊んでに、命子貿をしてくれ。だら俺由な時間が持てるように今、多少帰くなっても、しぐらいは羽目を外して遊んで良いと思って何言わなかった。そどころ、元気の無雪を凄くしていところがの心配する心までみ躙ら美雪を想う気持ちまで利されて裏切らだぞ。普を持っている人間なら到底出来ないうな裏りをこれを言われてないからもう嘘を吐くのはやめにし
泣きでいたの目、大粒が毀れます
「だから正直に話してくれ。彼をてもいないのに、俺に隠れてコソコソと会え美雪では無いだろ?愛してもいない抱きスがうな女では無だろ
「ごめんなさ。あたにこな酷い事した私は、もう何言えせん何を言っても、信用てもえな当然です。でも、私が愛していは、あなだけです
信をくしいた私は妻の愛を確かめたってい振りをしながら、また聞てしまうす。
「本に俺を愛しているならうして裏切った?の様な気持で付き合?」
当に相談乗っていけですでも、知ら内に彼と会っすのが楽しくなっていましたあなた顔を見る度に、こんなはやめいながも、誘ると嬉しかです。あなた裏切っている罪悪感しみながも、彼と会っている間は忘れられるほどかったです」
「彼をだったからしか彼を愛しいたからキスも出来たろ?」
本当にどうかしていましごめんなさ
は声出して泣き出し、それ聞かずにはれません
「まだして事があら、今の内に話れ」
妻は部屋を飛して行、私追いも問かっのですが、石にそれはやめました。
近藤宿が凄さな男に感じ、私に妻と離婚す事が出いのなら、このままでどんどん嫌われてな気したの
一人残された私、必死に妻退と彼をる方法を考えていました
携帯取り上げて持たせない
役所にり込んで抗し、配置貿を頼む
または、仕事辞めさせて、から出さない便
度あ男と関わ稿ら、や子供達に話すと脅す
人で会っているのとえ名誉毀損でれようが犯罪者になろ便徹底に付きって必ず彼潰してやると脅せば、妻が近藤を愛し場合、妻の格かすれば可あると思ます
他にも色々思い付きしたが、これの方では彼が言っていは縛る事が出来も妻の心は縛れせん。
物理に肉体だけ戻っきても、は満足出来なです。
愛し愛れていたヶ月前の夫婦に戻なければ、何の解決にもならなのです
う考ると私は神ど信じませが、は神がた試練のようなしてきて、妻を一切つけず、暫らく距を置こと決ました。
それでも妻、私ころに戻るかかったのす。
その日からは別にして、食事もんど済まようにしました。
以前営をしていた時に得意先の社長に付き合わ覚え、今ではほとんど行かなくなってっていたに行きました
要最小限の会話しかしなくなり西話し掛けてきても返事をするです。
方妻はとえば一切のいをやめ事が終る真っ直ぐに帰って来て、家に着と必ず話を掛けてきま
休日も出掛けはしない家に料品などを買に出掛時や帰っても必ず電て来ましたが、私はつも愛想の事しかしません。
活が暫らく続くと、私は許が掴めなくなってい、拗 た子のよう意地になっまっていました
自分でめた事な、やがてそれ精神を不安定に言う様にったのででは会話をしないほがまいなが、自分では歯が掛かません。使
「若藤の使は硬気持ったか?近藤に抱かれた後物足りなかっ
私が悪かったで。でも、その様な事はしていません
近や電話をて来るがと会っていないとて、気だな。毎抱き合っスしてい女が、それられるはずが無そうか、分かたぞ。同じ日に休暇をって、平の昼に行ってのかそうなのか?
度タイムカードのコピーを持ってきま
「ふれて言ってるのか?」
違いますれてが無した、私が全て
な会話1ヶ月続き、精杯明るく振る舞おうとた妻も、石に笑顔せなくなっていまた。
私は更にと妻を裸にして何処スマークていな稿いか、調る事まですうになっていまし
「あなた、こんな事して私は取り返しの付かしました。なたを凄けまでもれからは会っませんあなたけを見ていす」
近藤と会ていないのは本当だと思います。
かし時が経てつほど、抱き合ってキスしていた事を隠していが重掛かり、まだ他にも隠してい事がではいかとい調いがなっていきます。
うだか?何しろ美、平嘘が吐ける女からな第一二言会っていないと偉そうに言うが、で顔もわせなか?
「同じ課にいるで顔も合わせます事ではしもします
ほらみろ。会っていんて嘘じゃないか。当に平気で嘘を吐く女だ
「あが仕せてくれない限り無理です。職場以外は会っていなし、仕事以外の話はあれから一度もていません。私が仕事を続けてで、たをしまうのな、もうは辞めさせて下さい」
「俺のせいするな。美雪の持ちは分かっている。大好きな毎日見ているだけでは辞めたいだだろ?」
「もうやめて。電話が掛かっても、一度も出ていメールずに削除します」
藤が未に妻って来ている事を知綿れは妻がは無い事かっいても面白使ませ
「そな事は聞いなったぞ」
言えばあなたが調気分をするとって」
「嘘を吐け。嬉くせに。今度から来たメールさずに見せろ
妻は耐ずに出しした、嫌味言っている私しいす。
「泣くな。泣きたられ俺だ美雪は一生償か、何でもするとか口ばで、今までに何をしてくれた。どのに償っ。結俺の気持ちが収まるのを、ただしないるだけだろ。泣いていな今まで俺にどの償いしたってみ
「ごめんな西どの様にすれのかません、どのに償えば良いのか教え下さい」
何をてもらえれるか自でも分かりません
らないが故、無理事しか思い浮かばないのです
に行ったらが毎日メールや電話をしてきて困ると上
トーカ為に困っているから処分してく婿と頼め」
れは
ないよな。迷どころか、誘わいのだら」
「違います
帰って来る、妻の姿は何処にありませんでした
私はすぐに妻の帯に電話しましたが、電源沿切られてませ
私の脳裏藤の顔がかびしたが、のようなすれ達は全に終わっしまう事も分ているはずなさんかさんの所に行ったのだと納得させてが無理難題を言い過ぎた事の反省も込めて待つました。
しかし妻は、いっても帰って来ま
私は眠れぬ夜を過ごし、翌2人に電話たが妻は来ています。
付くと、私彼の所がかれメモを握り締めてを出ようとしていまし、その電話が鳴ったで妻かと思って戻って出てみと、それでし
さっきはて何聞かなかったけれり心配だからせてもらった雪に何かあったの沿
、たた事ではないから」
「こんな朝早くに電して来て、たいしじゃなて嘘でし?それに最近のは変だもの。間お魔しは、をあんしみにしいるような事言っながら、私達にも言ずに自分だけキャンセしたは何故?驚いて電話してもだけ由は絶対に言わないし。私の知ってる美雪、そんなは無かっ
はあまりショックで、そ後彼何をたのかさえ覚ません
日妻は、確かに宿泊温泉地のを買って来ました。
典子さん達とかなたに、その温泉地近く土産サービスエリアには立ち寄ているはずです
日帰で行け事もないのでが可也厳しく、そ周りにはにもいくつかの温泉地がして
私の脳裏に近藤と2人で家族風呂浸か姿や旅館の部屋で2人が絡み合っる姿ばかりが浮か、もう切れている受話器をったまその場にました。
その日情け無事に仕事に行けずに寝んでしまいましが、夜にチャイム鳴り、玄関を開け妻が立ました。
何処に行っていた
「勝手してめんなさ独りで考くて」
何処まっ
に」
調近藤と泊まっのか?
違います」
気が付くと、初めて妻にを上げてっていました
妻の頬は見るる赤くなり、でやておきながら私自身可也のシ受けてまい暴力を振るった情けな自分誤魔化すに、は大きくてしまいます。
「美雪は、もう何も信用出来ない。の間の旅行は誰と何行っか言ってみ!」
「ごめなさい。言えませんでした。いつ知られるとってても、知られれば離婚されると思うとえませした
口止めを使していませんでした
おそら、自分貿その様な裏切をしては、親友にも言えなかったのでしょう。
れでは、いくら私が今ま女達に接連絡はなかったと言ても、ばれる可能性は有ります
そう考の様な危険犯してまで、彼と旅行に行きたかった事にります。
もっ考えると、ばらばれた良いと思った可能性です
離婚だ!
を突き飛ばすと閉めました
妻はずっとドアの向こうでましたが、暫らくし声が聞こなくなったのを見てみると、着替えの入っ大き目のバッグ残さいて、妻の姿は何処りません。
私は離れく妻がですぐにでもし回りのです、惨になっていく分が嫌でそも出来ず、強がって自分を誤魔化しなが迎えました。
いこの日土曜だっに仕事は休みだのですが、に平ったしても仕事が出切る状態はあん。
それどころか何もする気力が湿無く、息ているえ辛いです
「美雪さんに頼まれて来ました」
昼過にや来た近藤は、勝ちったように笑で浮かます。
「美雪はお前の所に泊まったのか
はい。ただ誤解しい。私は暴力にえる雪さんをっていだけで、していません。は一切しいま
「そ の前に2人で旅行にまで行っていて、更何を言っている」
確かに行に行したが、ホテの部屋は2りました。一緒に食事もししたがそれホテルのトラン、夜は々の部屋ました。逆お聞きしたいの寿まで美雪さを信用出来ないのですか?
近藤綿の行為を棚に上、夫信頼関係の無さを責めてす。
俺も少しは勉女が2人で密室に数時間れば不貞行為なされても仕方がいらいな
かし近藤は、お互いのは一歩もないと言って認せん。
「友達なので一緒に旅行に行った。しかし同姓でないの西は別とった。
こが不貞です?別に部屋を取った事調テルにめてもらえ分かるし、同じ部屋に言うなら、写家何証拠要ります。第一私達はしていない、訴えると言うのなら受けて立ちます。今私は、ご主人DVから雪さんを保護るだですから、慰謝料など発生するはずは有りせん。それも女性に暴力をるうなんて、低なですね」
に近藤は、回妻が泊った事で仮に不貞行為と見られたとしても、暴力まで振湿ってのでに夫婦は綻していたと見るの当で、請されても支払う義務無いと付け加えま
「今のはVなんかじゃない。常習的に暴力振るていた訳では無
すぐ暴力をは、みなそう言いま。これは立派な離由だし、当然慰謝料対象にもなる」
会った時もそうでしら慰謝の話な切していないのに異様気にしているに感じました。
それどころ今回私から妻に謝料まで払わせうとしてます
近藤は絶えず金に拘ているましたが、私はそれどころでは有りません。
「美雪はどういる?
「朝まで眠れなかっで、今頃は疲て眠ってい思いますあ、ないで下さい。変な意有りませんから」
はわざと有り方をて、更に私を揺さてきます。
「今雪に帰来るよう言え」
「それん。は暴力に脅ているで、暫らく私が預かります。それが駄目な警察貿保護をお願いするしかません。今回お邪魔したのは、こを頼だけから」
藤に手渡された物、すでにの欄にはされる離婚届でした。
だ、これは!」
「離婚です
な事は分てい
加減に美雪さんを解放してあげたら如何ですか?いくても、の気が離ら夫婦りで。昨日の夜叩き出れたばかのに、もう離婚届を持っているに疑を感じせんか?そうです美雪さんはもっとご主人とたくて準ていのです離婚使因ではなくて、以前ら離婚を考えていたの
時にも面気にしてし、妻返してくれとは言藤を帰してしまいした。
は妻取りしに行きたいの行けま湿
二人の前で、しなか戻って来いにも未練あるよう言わないのは、プドが許さないのです
り妻断られた時が怖く、近愛していから帰らな言わ私はち直れないような気がし
くせ、妻を諦め事など出来
になると、妻と近姿抱きいる姿ばりが浮かんで眠れせん。
こんな夜は早く明けて欲しいと願いましたが、朝なればった今頃妻は裸のまま近腕枕眠っているうと気狂いそうです。
近くになり、ここ数日の眠不足も重な神的に限界を超えてしま私は、妻の名殿婚届をテブルのげて握り締めていした
しか、いとすると、妻合った頃からの30い出れて書くが出ん。
一時間近も離婚届を見詰めいましたがようや心をして振る手で名前を書こうとした時、けたまし電話が鳴ったので出ると、聞こえて来藤の声でした
書いけましたか離婚届は休日でも受け付けてもらえますから、今日にでも出して下さい」
お前に何係が有るこれは俺達夫婦の問題だ
「ところがそう無いのす。正式に離婚が決り次、私は美雪さんにポーするつもですから。まあプロポーズると言も形式的な事だけでうを見ると、美雪さんの気持ちもまっているようですが」
「どういう意味だ
「そのままの意ですよ。朝まで甘えられ私もふふらです
私は近藤の裏の顔思いでし
前では誠実な男じていますが、本はそ様な男ではありま
何度も言う様に、ご人の暴力って夫婦して破綻し夜の事慰謝料請求して無駄ですよ
「そんな事を言うためにわざわざ電話きたのか?」
「いいえ。美雪さはごに可ていて会いたくないしたくもない言っているので美雪さん便代理として財産分与謝料の事で電話さて頂きまた。まず財産分与はすがれは美雪さんの当尿利ですから、きんとあげて下さい。それと、今での暴力対する慰謝が」
「勝手な事を言う。まだ婚な決めてはない
「そうか。も言っ様に例え夫婦でも気持縛れませんよ。私は妻他の男を好きなった時点で婚を決めした」
宿の気持ちが離れたの、まだ未練たっぷりな々しい男言わんばりで
仕方なすね。れな美雪さんはお金も持たず家を追い出されたので、すぐに当座生活費けでも振り込んでやって下さい。着の身着のままで出て来ましたからめにお願いし。私ぐ夫婦なるのですか沿、お金の事な気にない良いと言ったのすが、着替えの服や下あげだけで凄く気にして明日でもお願します。振稿先は
妻の帳はこの家にのでそうのかも知せん、一方的に話す近指定た振込先は自分座でした。
の為をってのよ言いですが、やは彼は明らにお金に拘っています
謝料、財分与、生活費など、私に話す内容金の話が出てき
対する感が更に募意を喪失いた私気力戻っ綿、一事を調てみる事した。
知人に紹らった興信所仕事が早く、翌日行って日後には私の知りたい事を全調べ上て報書をっててくれましたが、その内容を私は愕然とてし
は少し前離婚が成立していましたが、離理由はさん気でくて、彼の浮
浮気署はえどやはり所にていた8歳年上の人彼女は浮気がご主人に知られぐに退職します。
別れた奥さんも歳年から、近藤は年上の性が好きなしょ
その他も、やはり近藤には借金が借金の額まは分かせんでしが数社から借ているらし結構な金額だ思います
その別れ奥さんと浮気相のご主に対する慰謝料や、子供達への費も々支っていくこったらしく、そ金に執着しているので
私には近藤の考えている事が分かるよ気がしした。
はローンも残っていますでもお金に換算すればそこそりま
にも多少の預金や保険もあり、り分を使えば借金出来るでしょう
その他にも、妻と結婚すば毎妻の給料も入って来るので、月の支払いは楽になります
妻の事を好きは事知れませんが、妻のお金を当ていのも確か思うと、例え妻の気持ちが私無くなっていても、このま別訳には行かなくなり
このまま妻だけでなく、手放す事にり兼ねまん。
次の日会社をく出て近藤の住んでる賃貸マンョンに行くと、少しして妻と彼が帰って来ました
用があるのかを車から降ろすとそのま出掛けたの、妻のって屋ま行ってチャイ鳴らすと、ドアこうに人すが事はありません
「美居るのは分かってい。出てないのなら度は子供達来る
う叫ぶと妻はようやくを開けたのですが、日会わずにいただないしやつて見えます
「子供達貿言わないで
「ここまでしおいて何ている。く、度家に戻って話そ
妻はきな声を出して泣き出し、終は立ていにその場座り込んでしまっので、私はの腕を掴立たて、家に連帰ろしたきま
「ごめなさい。私は帰れもう所にはいの
泣き叫ぶ声人がドアを開け覗いので、私は引き摺うにして車にたが、やはり調に着くと降りようとはしまんでした。
「もうこ家には入ない
今更ている。奴と2旅行にまで行ってたので暮らしていたじゃないか」
「ごめんなさい。の時はまだ」
話そう。近所人もおかく思う」
は家の中にましだ泣いだけで何ず、時間だけが過きま
雪はもう俺の妻でなくて、あいつの女になったのか?」
し妻は、そのことについて肯定ももしま
「俺の事が嫌いたのか?藤を愛しいるの。そうら俺も美雪を諦めるうにする」
妻は一瞬泣き止ん不思議な顔をして私を見ました
「私を諦めるように努力する?そ
激しく泣き出しで、落着くのってを聞妻は婚なする気は無か言いす。
「嘘を吐て彼と会てキていのに、勝手だと分かっいても、あなたと別なん考えられなったあなを騙けて旅おきがら、あなのいない人生なんて考事もかっ。でも離婚をられたら、私も言えから」
あの離婚は近してあった物で、半ば強引書かされたうです
しかそれは離婚する為ではなく、れをいて私に見せれば、驚いた私は必ず許してくれるとわれ書い物でした
し私に会って帰っ、思っていたよりも私の怒りは強く、も妻に対しての愛情は微も残っていなで、殿て出して言って、すんなけ取ったと妻に報告しました。
近藤は、どれだけ説得しても私はとして受け、あ様子は許す事は絶対いだろうから、もめて次の人考え良いで言うです。
妻は分のまっ事の重大さめて気付き、軽い持ちら始まったの事を悔やんだいま
もう一度くがは近を愛してのか?」
事を言える立場ではいし、もう信じてもらえいでしうが、私が愛しているのあなただけす」
でも便近藤を嫌いでは無いのだろ?」
「愛ているなただけでも」
沿何だ」
「彼の事も、好でした」
私には愛しているのと好なのが、どの程度の違いなの分かりんでした。
体のもあったな?だけだっていた、そは嘘だな?」
「いえ、ずとキスだでした。何度ホテルにも誘ました度に断わると便、彼は素直にれてくれました」
「それを信じるとして、スぐらいは良いっていた訳だ」
「最初、突然スされた時は帰りした。次稿たので、も2人は会ないと断りました。すると、会ってたいとれてずずると」
妻は怒りも、て好男と会て話すの楽しさか抜けらず、次にキスをされた時に、これ以上の関係にさえならけれと自分をせててしい、人妻き締めてキスてくうな男なに、以上の事はしてい近藤を、逆な男だとするになっていきます
おそく近に気入られるように誠な男をながらつかは自分の女してやる思い寿う。
「そ旅行に行ったが初てか?」
いいえ、その時も最は」
2人で旅行にで行っていて、何も無た事はない
は近藤旅行には行ってみたかったですが、キス上の気はかったとす。
にホテルの2部とってらい、同じ屋で泊らない事は近藤に承していまし
しか食が終わった後屋で話をしていた時、然ベッドに押し倒されてキスをされてしまいま
そのは必死に抵抗しました」
「どうして?キスはに受け入ていたのする必要もろ?
「キだけはな貿て、身を触られら。浴衣の裾から手を入て下着しに触られたので、こままだとまでさてしまう思って
妻の激し抵抗った近藤は、そ実な演じて、妻に何度も謝りら引き下ったそうです
を承諾した時、近はOKしたと思たはずです。
部屋とったに知らで、当然気で旅行に行はずで
し近藤引き下がった。
で私、逆藤のずる賢さを感じした。
も色々調べましたが、ラブホテル以外のホテルに人でっても、同じ部に数時間滞在したを証出来なければ、不貞の証拠としては弱便いのです
回も部屋っていた人で旅行っていても、同じ部屋で泊まった事を私が証しなけ、下手にえ出逆に名誉毀訴えられる可能性もあるのす。
離婚題で揉めていた近藤は、色々調べてこの事を知っていた
妻が抗せずに身したなら、妻と口裏を合わるつもりだったのでしょう。
かしされで、そこまでの関係にと、ばれたに妻が私に嘘を吐通せないと感じたのかもん。
証言すれば、不行為あった証拠のになってしまいま
そこで近に押倒して抱き付きながらも思い止まったのでしょう
私はそこに何るのか考えまし
する事、妻実な男アピールす出来、がよ近藤に惹かもあますが、逆つに事でよりが近ら離れれななる事れます。
それなば何故引きがっのか。
そこにはが発生するどうかの違いしか感じまし
近藤は、何があってもおを払う事は避けです。
近藤とっての最善寿切払う事無妻とれにを手に入れる、最悪は妻も手に入れられずに、慰料なのお金を払わなばななくなる事なです。
「近藤事に行ったり誰が払 った
「相談に乗ってもらっているだから言われて走になっていました
き合だしてからは
「その時も」
雪、近藤にお金を貸し寿いないうな?言なければ調べるが」
さい
婚裁判をしいて別居中だった奥んが、に実を出てアパートで暮らとになっので子供事を考て少しで広い所住まわりたいからボーナスまでお貸して欲れて、妻は20万も貸しいま
はご馳走してもらった気になていますが、結局自分が出していた
私は男に騙れていでい女のを聞と、いくでもどで気付くはで、それはっていて騙さのだと思っました。
な馬鹿際にれてい
し今、目の前にいるの妻その馬鹿な女なので
「旅行に行た時の宿泊費は、誰が払た?」
「旅に、急に子供が病気になって入院しから、お金を振り込んでやって持ち合なくったと言われて私しま
「奥さんは今でも実暮らているし、子宿元気だそだ」
「えっ?」
ただでは、おそらくれた奥さんが嘘を言っ近藤金を騙し取たと思っいるしょう。
妻の話が本当だとると、私がを家放り出すは、セックスはしていなかっ事にます
抱き合っキスをしただけでも許せませんが、セックスかどは天と地ほありここ数なってしまったすれ、意地張って妻を放した悔やまれてなり
に帰れないという妻葉からも、そ行為をしのは想が、間違いであ望みを持ちながら恐る妻に尋ねました
「近朝まで美雪が甘えきたとっていたが、をもな?
「甘なんかいせん。も」
の願いもしく、そのと妻はてしまいます
「どしてだ!
「彼があなに会って帰て来て婚届けにあなたイン言わ
最初妻は達がを離れたで何かが変わり、私との生活が壊れる事などえもせずにゴッコをしんただけかません。
子供が立った時、私には妻がてになりしたが、妻は開いた穴を私だけでは埋められなかったのでょう。
それでも欠さえ無ければその様な生活慣れて行たのでしょうが、悪く近藤が付い
れも、初からしてくれとたら断わいたのを、妻話好きを利用して相談持ちかけるよ
次に妻がわったの、キをするなっと思います。稿
妻が言う通り最は嫌だっ殿かも知れませんが、それ近藤が嫌だから嫌だった訳でく、た私に対する罪悪感嫌だと思っただけしょう。
しか断わりて近が離しまのも怖く男に初めて抱しめられて唇が唇に触れ、私全く違ったな感覚も覚えてしう。
、新鮮なよりるもら離れられなくなってしった。
れで危険まで冒、旅にまで行ったの
私か近藤かのどちらか選ばなければならないとすると、妻私をと思います
私との生活今ま通りあた上で近藤も付き合っていたかっ
つまもこの様な関係が続くはずがないと思た妻は、最後の一線さえ越えなけいつも私に戻るという安易な考あったのでしょう
しかし私仲が拗れて、離婚と葉が浮かんだ時、藤にた。
私との離婚が現実のものとった時近藤に縋っ
だの弱い女した。
、普通の女とはうと勝手に決貿め付けていましが、それも私の幻想しか無かったのです。
いえ、付きうとでは思ってなく、妻も素敵性から声を掛れれば、心きめく普通の女だっていたのかも知れませ
いくら疑ってみも、には限って事で逃げていたけで、自分の弱さを誤化しいたような気が
今回も妻がいなくな時点ぐに近藤の行っていば最の事態は免たものをっぽけなプライド捨てが出来な稿い自分を、それが強と誤魔化して
局は自分さ、妻の弱さに付いていながら、自分達は特別だと思いたかっただけなのです。

も何だ
いえ、言い訳にはなせん
「何が
口惜しさで一杯になっしまい、妻の服理矢理脱がそうとしした
「裸れ。汚れ身体洗ってやる」
妻は必抵抗しましたが姿ートが捲れてしまい、妻の穿いパンティが露になると、私は余りの事驚いを放してしまいま
美雪!」
た事も無よう、およ歳には似つない赤く小さなパンィーをはいてました。
は走て部屋を出て行したが、私はう事も来ずに立尽くます。
と近藤が関係持っ事はックたが、想だけき合っている姿ではありません。
しかしの様下着目の当たりにてしうと、妻ととの関係が現のもて迫てくるのです。
ョンに戻った近藤は、妻がいな付くすぐに電話を掛けてきました。
雪さんれ去ろ。今から迎えに行くからしてく
夫で私に妻という言葉に怒りえましたが、何も言わずに電話を切ると、らくして血相を変た近藤がやってした
美雪さん、帰ろう
しかし、俯いたません。
どう?またで脅されたの?」
は俯いて立ちす妻の背を押しました。
「行けよ。こんな男に抱かれた女と、緒にす気な無い」
こん男と、どう言味ですか」
嘘で、何女をものにしようとしてだ」
が嘘をいていると?
誰が妻離婚すると言った?」
近藤は無視見て叫びました。
「美さん本当だ。ご主人は嘘を吐いて。美雪さんにはもう愛情は無いから離婚してやると、には姿っきりと言ったんだ」
雪から騙し宿った金はどうした?別さんは実家にいたし、子供病気などしていな
何処で調たかは知らない、それが本当だとしても私は知らな別れ送っ。本当だ」
念だが調べさせてもらた結、お前の浮婚し事もったし、他にも可借金も分かた」
驚いた顔をしを見たがの期に及んでも訳を返していした。
雪さん使。母親がそんな女知っ可哀想だと思て、私がやっているだけだ。確に借簿が、それも別れた妻 作った借金を私返済しるんだ気も妻た事で、借金も妻が
「美雪、そういうだそうだ。抱かれた男、誠実なで良かったな。行ってやれ。ここいても、お前の所は無い
激しく首をに振っ、私から離れよはしませ
の様子見てた近藤、明かに苛立っていまた。
「美雪さを信欲しい女性に手を上様な男には見切りをつて、私と来欲しい必ず私幸せにしてみる」
「もう茶番はやめろ。お前浮気相んの、住氏名で分かってい。何ら、今から別れた奥さんの所に行って、みんなで話くか?」
「別れたが、今更の事を話すはがな
それなら何故宿お前が慰謝料寿を払うことに決まった?話が本、本謝料らえる立場ろ」
「慰謝料ど請求されていない。あれは全て養育費だ」
未だに嘘を吐くを殴りたい衝動れましたが、れでが不になってしまうので何か我慢して、今の彼には殴られよりも話を事にました。
美雪が身体の関係を認婿。弁士を通して、慰謝料させもら
「そは夫婦が破綻した後だ
夫婦が破綻していたどうかなん人のお前が決雪、俺達は破綻していたと思
藤はな目を見ていまたが、度も首振りました
破綻なんてしてません。全て私が悪いの。がこな事たから責められ当然です私が鹿たか叩かれて当然で
それを聞いた近睨み、言葉使い変わって行きます。
「お前達夫婦は美局か
うなら訴えてみろ」
謝料、慰謝料と五月蝿いが、そん物をわなけれらない様な事はしていい。俺はキをしただけだ。ただキスる場所が唇でなかと言うだだ。そうだろ?美雪」
言わ
コにチンポなんて突込んでいよな?だから俺達行為はじゃない」
「美雪、本
は大きく頷きました。
「でも、っきは」
「美雪は口でした事をってんだ。毎毎晩、美味し俺のチンポを、口いっいに頬たからな」
やめてー」
旦那前だからと言って、良い子振るなよ。身体いて寂しいからいて欲しを、正式に離るまで駄目と俺が断わったら、強引のパンツ脱がて咥えて来たじゃないか」
「嘘です。私を押え付けて、もう我慢出ないから。私がそ出来いと断わっら、それなら他でもいから出くれなと、このまま最後まですると言って放しなかから」
「美は仕方なくと言うの?そなら聞くが、俺の指で何感じていたは誰だ?オパイを舐めていたマンコも舐め言って腰げてい?」
「そんな事言っません」
「俺の指や舌でていのも嘘のか
事に論出来ずに俯を見怒りより寂しさで押し潰されそでし
普通このような会話をけば近藤に飛びのでょうが、こ時の私は自を落せる為に、の性器と近藤の性器がらな事だけでも、最悪はたとようにしてました。
「痴話喧にしくれ。それよりも、その様立派不貞行為だ。それに、そこまでで稿られた拠も無い。こちにはマンョン2人入りして写真後は裁判が判断してくるさ」
「俺は達の夫に利れただ被害者だ!絶謝料んか払わない
ながら帰行きましたがないて払ないのでしょう。
近藤が帰っ2人だけになると、性器の合までには至らなったへの持ちなは消えてしま、それに近い婿行為までしていが許せませ
「裸せた?裸どころか、体ので見せたのか?感じたのか?あかされたか?」
ごめなさい。ごめんない」
いて謝妻をいると、30年も操を守きた妻の、こヶ月で変わうが信じられまんでた。
30かっていてきた関係、ほんの数ヶ月したが許せません
気が付くと正座して謝る妻にまた手を上てしまいまたが、そんな自分に戸惑いなも軽く叩た事言い訳に、続けてまた手を振り上げている私がいます
っとって」
「ああ、言われなくても
軽く叩たつもりでたが、翌朝妻の左の頬は、少し黒くなって腫れてた。
「仕事は
「この顔では
「こ顔では藤には会えないか?」
私はまだ心を疑ってした。
藤の本性を見ても、裸で抱き合った身離れられないと疑ってい
近藤で妻は、近藤もりを忘れられないのではいか疑っいました。
近藤と顔を合わる事辛い事です。
しかし、妻を試した方がなです。
仕事から帰明かりが灯っていて、妻戻って来いかもれな
配していた私安心してけると、そこ見慣い靴が置いてあす。
便澄ますとら2人の泣声が聞こえ、一人は妻でもう一は妻のでした
義母は私に気付くすぐに土下座して、額床につて何度も謝ります
「娘をれてります離婚さても仕方の無いこが、出来れば落ち着いたら迎来てって下さい馬鹿お願いだと分ってい、どうか娘をしてやっしいお願いしす」
妻は室に寿たの、義母に上げてもらを聞と、たまたま用があって妻の昼休みに電話したそです
時妻は切話ませんでしたが、は短い会の中で妻の異変に気付きます
れで湿になって、妻って来る時に合わせててみと頬腫れていて、るだけていて全てりました
「暴力自分も気付かない内カレートしていきま娘は叩かれても方など、そではあなたまで壊れててしまう。こ事をした娘のために、あなたそのような男にっていのは見ていられ
確かが来ければ、もまた手を上げいたでしょう。
当然親なので、殴られると分かっている娘を放ってはけないのでしょうが、私の配してくのも事実です。
暫らくして義父車で到着し赤いて玄関で土下座する義父にられて、妻はきました。
いなくな怒りは全て近藤に向かっています。
「今からい」
日は遅いので明日して頂ませんか
藤の口調は目でな男を演じていた時にっていました。
おそらくあのになって考え、ここは私と争ない方が得策だと思っでしう。
「駄目だ。そなら来なくてもいい。明所で話そう」
やっ近藤暫らく玄関の外ていまたが、妻を実家に帰らせた告げると中に入ってきて土してまでせて演技を始めした
も許すは無からいくらを下げてもない速慰謝話をしよう
慰謝いします。た存知のように、今のには金がありません
払え0万が限ですそれも割で
「聞いか?一桁違うが」
今の藤には30万も、30万ほど価値がるのも知せん。
し違法な復讐までは出来ず藤が一番お金復習するしかいのです
それ判だ例えどでマイナスになろうとも、徹底的にやる
私達が婚しない合、判をすれ100万もとれないしょう。
かし近藤の方も裁判となば、それ以外のお金も掛かります
慰謝料は1妻の貸した0万を足して120万まし、私はで満足した。
なら私も育ちが裕福ではなかっので、お金が無は例え千円のお金で苦しいの知ってたからす。
まみれの近藤にすれば、ちの一千万にも、いいえ一億にるか知れません。
現実に払えて開きれるよりも、払って苦しむ方讐にと思たのです。
これれて仕事にも関わってくる恐れのか近藤は渋々条件を飲みした、やり一にはないます
分割はお前を便信用出来から3日以内払ってくれも拒むのら、をしよ
素人では途中支払わなくなった対処難しく、他にもの狙は高の所で借金させるなのこれだけは譲せん
「3日でなんてだ」
しかし近藤はまどこで借、2日後金で20万持て来まし
収書を頂ますか?し書きに慰謝料書い、これ以上品をしない宿も書き添えて下さい。おします」
言われた通りに書いて渡調、それを二つ折りにしてポケットに入れた近の目きが変わりした。
これで話は付たのだから対等れにしても、オマンコしていなのに100万は高かっこんな事なら美が欲しった時にの太いチ退を捻込んやればよかった」
「何い!」
届を持った日夜、俺が指ンコのを擦ってやっいた時、美雪が『もっとー』と言振るのでを2本に増やうとたら『これが欲しいの』言っ殿チン握ってきたの思い出したのその、もしもの時の金額婿ってくると思っが、こら入れてやれば良かっ
然全て真実では無いのでしょから、近藤に帰れとって、このような話は聞かずに奥っ込ば良かっすが、全だとは思えず妻がど様な行為をれていたのか気になってしま、その場をち去る事が出来ま
それにしも、指を2本にやっ早くてやったに潮噴いたのいた。んなに勢よく飛ばすから、俺はオシッコをしてしまっ思った。うそ、潮をるコ稿を教えまの場合、指をこうて少し曲げ
「も!」
かしを無視して続け
「4晩もベッドを共にして、互いに口で慰め合ながらも、どて俺最後我慢出来たかかりま?もち何度も出してもらいましたが、それだけでは無く股をさせていたらでて分かすよね?上跨った美雪がチン手を添え濡れたオマンコを寿るのす。日曜昼間でくるとさたので夜には可也上手くなって、
教えくても濡たオマンコを自分でいて、ビラビチンポを包むように激しく腰を振ました。少し腰の位置変えれば、いつスリと入っしまっ思議ではない状態だったで、美雪はて欲しいの我慢するのが辛かったと思す。どうに擦り付ける事で我いでいましたが綿
私は近藤倉を掴んでしまいましが、そ近藤ミスをまし
ら殴るか知れないうのに瞬ニヤリと微笑んだのです
の事で、少しもお金を取り戻そうしている。
このままってしまえば藤は民事で私は刑事
この事で立場の転を狙っている
私が藤のて掴んでた手を放すと、近悔しそうな顔をした後話をけてに私を挑発してきます。
あの時の雪は、凄可愛すのね。『美雪のオマンコが、指いっうよ言って」
もうれ。は聞飽きたがそ事をずが
「ご稿いのょうね。不倫といは旦那とる時も数倍感じしい。離婚のなっ妻もうだっが、旦那とでは出来ないような恥かしい綿行為気で出切る恥ずかしく言えないような事場も平気で口に美雪はもっと凄かっ最初を消してて恥ずかしそにしていが、達してしまった姿を見られてからは大胆になって『オマンコ感じるー『クリ吸って』『チンチン舐めたいのー寿』なんて言葉を、で口にしてたぞ」
「もう帰れ!」
石に聞いてられに、私部屋に逃込むと、うやく近藤はて行ました。
は今まで、職場に訴え出て社会的裁を課す躊躇してした
それは近藤が職を失い、養費まで払えなくては子供達が想だだと自分を誤魔化していま実際不倫され情けい夫というレッテを貼のが怖かったのです。
いして大くもなに住んでいるので、いつしか人や知入るかも知いと思うと怖かったです
この様な、後ろをさされるのは藤ではなくて妻の様な事をれても妻にいているので
そらく以前倫相ご主人も、同じ様ちで場には訴え出なかたのょう
それで近藤はそのうな事など考えもせずに、慰謝料を支払った事で全て終わったと高を私をして来ただと思いま
翌日私の社に向かに、の議員の家に向ていました。
はよりい処分をおいすために、名前許可をもいにただけなのですが局役所ま一緒に来てれ、朝から事かという視線を送る職員にって立ちす妻と近藤のざめた顔がありした
午後から会社にき、家に戻る明かりが点いいます
「仕事には行いたのだな」
に、仕事は行けと言れた
「お義父さ調義母さしてい
「父日車の中で、は私達裏切ったんった後一切口を利いてくれませ母は私の顔泣いていす」
はただ私か言われで仕事にっていたくていた両親む顔を、一日中見いるが耐えられなかったのでしょう。
「実らずに、ここ帰っ来た?」
このあなに捨てられがして怖かっの」
俺に捨てらる?俺ら離れて行っは美雪だろ」
妻は俯いてしまいま
「そよりも処はどうなった
の力を借りたらか処分はすぐにったよすが、それはがは望んものも軽く、妻は3ヶ月の減給で済近藤も3ヶへの置転換で済んだよう
かに3ヶ月も給料出ない事しい処分なの知れませんが、最低諭旨、出れば懲戒いたからすれ軽いに思ました。
姿は妻を抱こうとしたが、どうしても近藤の言っていた事が思い出されて勃起ません。
「やはり夫婦は無理なようだ。離した方がいい」
うと必手や口を使って来ますがにも事をしていたか思うと、妻が一命すれるほどに普段より小さくなてしいます
「もう諦めろ。を裏ったれた身体理だ
「このまま離婚はいや
顔を上げてそった妻は、また唇を近付けていきます
素股って知っていか?」
の動きが止まりま
美雪は素股が上手らしな」
それは」
「やってみろ」
ませ。許て」
近藤にしてってもには出来ないか。分かった。出て行け!
好に股を開き軟らかくてすぐにを向いてしまう頼りない物に手をて、オンコを擦り付けるように必死に腰を振続けていしたが、近藤にもこの様な恥ずかし姿を見せたか思う、悔しくて勃起などすません。
は嫌感を事はあても興奮などなく、な目で妻の動きを見てい、その時大きな問をまし
それは健康男と女がこでしておいて、本に挿入まで至らなかったいう事で
それよりも聞きたい事が有る。本当に、近便たのか?」
本当当にこれ以上は何もしてい!本当です
妻はきをぶよそういうと、今までよりもを振り続けていま
局妻も多少湿いた程度でていという程とっては痛いだけに終わり、上から離れな妻を強引簿ろして寝室を出て行こうとするとブルにかれた妻のバッグにある携帯が鳴ました。
携帯が鳴ってい
しかし妻は誰からの電話か分っていようで、俯まってに行うとはしなで、ッグて渡すと、妻示も見いで大きな声を出しまた。
して来いで。私は何もす事ありません」
はそう言って一方的に切りましが、すぐにまたて来たので今度はが無言で耳に当話の的に話していま
「もう一えて欲寿。このままだと一生旦那に責められながら暮らすのだぞ。そ人生いのか?それよりして俺と楽しく暮らそう。自己破産してになって一から出直す。必ずせにると約束何よ身体の相性もぴったりだろ?雪だって旦那のンポより持ちいいと度も言ってくじゃないか。どうした?聞いているのか?」
の話は、妻と最後までい取れます。
私は真実をりたくて、妻が実家にるとし続る近藤の話を、怒りえてって聞いていした
「電話を切らないとう事は、美雪もたいのだろ?俺と初めて一つ成っ行の、ホテルでの楽した夜を思い出してく。美雪もんなに喜んくれて、何度何度も求めてきたじゃな。思いしてくれたか?それでもまっているのか?それら俺背中を押してやる。那にば否がにも離なるならめが付
ざけるな!
えっ?湿美雪じゃない?」
近藤が慌てて電を切った後怒り妻の携帯ぎ目折っしまいま
は私の怒うから全てを悟っのか、死に何か言い訳をしていま私に
「美!」
私が頬と妻はッドに仰向けに倒れた乗りになり、まり上た時に電話が鳴りました。
美雪 いたんだ。てっり実家いる思っていた驚いってったが、よく考えれば、道話もり内容る事無か
何が言いたい!
行の時にめて妻を抱き、妻を出て泊まってい時は夜に限らず時間えあセックをしていた言いす。
かし近藤は、男をマンコに向かい入どうかは私の怒りの度合は可也違い、し通来れば最後ず許してくれるから、絶対認めなと妻言っうで
最後線はかったとに思わせば、同じりでも役所まは乗り込来な予想していたようで
結局2人違っても、隠し通した方が策だという事では一致していたのです
くも余計な事をしてくれたな。蔭で俺は役に居辛くった
業自得だ!」
それを言うならあんも同じだ。あんな好き者の女と結婚したのだら、気されても自得だ。それにしてあんたも無い男だな。他の男のチンポーヒていたよく一緒に居られるもの
大きなお世話だ」
そうかれは全てを知らないからだろ。美雪が何してか詳し教えてやうか?慰謝料は払い終わって、これ以上は請求しないと一筆書いったし、所はるからにはれて困る事は何も無なった」
発に乗らずに、受話を置こ思いした出来ま
それどころか、全神経を耳に集中さてしまいるのです。
近藤は何とか私と妻の仲を裂こうと、自するかのよう詳しく話し出しました。
「あたは幸せな男だなう度キスをし当にだけ済んだとってたのか?は小学生じゃいん
確かにそ通り私は信じた姿訳ではなくて信じようとしていたのだと思います。
藤の話しによると、最初の頃は他も人のい喫茶どでしか会かったですが話が終って家まで送途中でを止め強引にキをしてか、人気の無い堤防や公の駐車場に車を止めても何もわな、そ内夜の公園にも黙ってついて行ようになりま
「最初スをてもを入れらないようが、すも舌を絡めて来るよったよ。に慣れてと美も大胆になてきて、キスをしながらお尻を触ったりオイを揉んりしても、何も言わ逆に身体を預けて来るうになったので、次に逢った時にパン脱がしてやうとしたやめーとらもが脱が易いよう腰を浮かせてたので、ンティ手を滑り込ませてオマンコに指をやった。ではいても身体は。終わった時車のシートまでぐっしょり濡していた美雪もの指が余程気が良かったとみえて、次の日からはが触りすいようにカート穿いてくるうになっ
そう言われてば、それま妻は殆パンツたのが、そ頃からスカートで出掛ける事増えたような気がしす。
綿を睨みましたが、妻は震えていて私を見まん。
だいくらっていなが、ウブだった雪の恥かしそにイク表情、歳のには可愛いあの時の声が懐かしい」簿
妻は最後の一線にっていて、流石テルには拒んでいたようが、その代わりに近藤に言われるま、手や口を使って近藤満足さようになきます。
すぐに美雪も慣れてくれて、公園のベンチで飲んれるようになったよ。そうう、美だと余計に興奮すようで、オマンコに指を入て親でクリを触りながら、隣のンチのカップルが見ていると言ってやっ、凄い力で俺に抱きつきなが、たて続けにもいっ湿った事がった」
近藤の話はどこまでが本当なのか分りませんが、私はしさしながら、その先が聞たくて仕方がりません。
美雪も俺のいチンポを喉までれながら、本当はオマンコに欲しくてがなかったのと思。最後線は超えられない自分が言ってでいた手前、オマンコしていと言えないから、旅行に連行って言って来たと思。もうチンポが欲し限界ったのろう。その証拠にもばの言に俺が2部屋予約した寝るのかと勘違した はがかりした表情を浮かべてた。大人の男と女旅行に行って、何もしないはずなど無いのに
に行くとう事、そういう事のです
キスけで済んだとていた私が馬鹿です。
くら験は私だけだと言っても、大人のにはのぐらいの事は分かっていたはずで
「ホで2人だけになると流石に罪悪湧いてきたのか、急に迷いだして拒んだのければ浮気にはならないと苦しい言い訳をしたら、チンポを入かった美雪得しって美雪が跨って、オコにチンを当てて震える姿は可愛かったるで女のだった。しかしそ初の内で、しらく擦りけて欲しく寿しまったようで、美雪の方から我慢ないから入て下いと言い出したそれで俺が、欲しければ分でれてみろと言ったら美雪は何ったと思う?主人より太くて大きいから怖いの。あなが入れて下さい。優しくしてねだと
石に聞いていられなくなた私が器をと耳か離した時、その様子るかの話はマンションでの行為移ってい、やば良湿にまた耳を傾てしまい
来た日の美雪になっていて全てを忘れたかか、は経姿豊富な俺であんなにしいセック便は初めて簿が終わっても休憩せてもらえに、もっ言っすぐに挑んできた。朝まり取られてしまった流石の俺も、こんが続ては身がもたいと思って、日にバイブを買いに行った。あんたは使た事が無いらしいな。お蔭で貿は怖いと言って可也激しく抵抗されたよ。最も押んでに使ってやっ凄く感じたよう俺がないには独使っていたぐらい気に入ってくれた。美雪はイブの 事を、何呼ん?オモチチンポが激しく使っると、オモチャのチいーオモチチンイクと言って、ドから落そうなどのた打ち回っていたぞ。うそうな事をい忘れたが、美雪とのセックスでは一もゴム使わずにず奥深に出させてもっていた。でも俺をむな。生の方が気持ちいいと言って、美雪が使わせかったのから」
にー
「生がいいー。中にっぱい出してー女に言われ、男としてはいだろ」
置きましたが、怒よりも寂さをいま
近藤の話が全て本とは思いません
例え自妻と元の鞘に戻れなくても、逆恨みから何か私の仲を引き
ろうって言っるとれば、嘘も可いるう。
かし妻が近セックスをした事更に事について嘘を吐いていたのは明らかでした。
近藤に入れらたのな?」
妻はしないで震えて泣いていた私は髪を掴んでってした
「近藤に入れられてでいたな?」
ごめんなさいして下貿
いや、許せない。最後まで関係った事もだが、嘘を吐いは絶対に許ない
「これをれたら、全に終わっまう
は近藤に言われた事を、一つ一つ妻にしま
「近藤にって欲して、ート穿くようったのだな?
「違う。に穿いて来いと言れて」
を吐。奴もそう言っかも知れいが、美も奴に触ってして欲だろ!、どうし藤の言うかなければならな
私は妻の頬を張り倒してした。
「ごめさい」
触ったり触られるだけ足りなくなって、近藤オチチンがなって旅行に誘ったのか?」
「違います」
泣きながら必死に言い訳をる妻の話によると、徐々に行為がカレートく事に怖くなた妻がれを切りすと、藤は別れる条件と思い作りに旅行に付き合えといまた。
「別れたくない。もうど使も良いらご主人に全て話し調り、さんを奪い
私に知られる西を恐れた妻はこ言葉で旅承諾してしまに知られないように友との旅行を利用まいす。
ただ屋は別で、身体係をたない事を条件にしたが、少し話したいという近藤屋にれるの紐で両を縛られてしまいます。
「やめて!何をるの
「おいだ。最後に、最後
しかしく抵抗したため、近出した条は素股でした。
「本当に嫌だったのなら、うして大を出て助けを呼ばなかった。もうは吐と言ただは抱かった。うだな?」
「誰かがて、あな姿れるのがた」
を裏切ることよりも嫌だっ沿たのかそれが、嫌だったのから感なかったのだな?素股簿てい時、れてのだ使な?うだったのか藤に聞いて
私が電話方に歩き出すと、だけ妻が阻止しようと駆け寄って来たので、妻を蹴りしまた。
義母がいた本当で、一度暴力を振るうそれエスカレートして行、妻が倒れてテブルに腕を強くぶつけた時はまっ思いましたが、にまた蹴り付けしま
感じなかったのかどうか、はっきしろ!濡なかったどうきりみろ!」
「感じしたれてしまいましたさい」
らみろ。何が嫌だっただ。その分だと、我慢出くなって入しいと頼だというのも本当ようだな
違いま絶対に入れないとっていに押し倒さて無理矢理」
裸で性器と性を擦り合わせ、無理矢理も何もあるか!」
妻もも信られん。
多少妻を信じいのですが、れだけ裏れてと何もかも信じなくなっています。
なら妻に尋ねる意味が無のは分かっていますが、お事に信じられなくても、少しでも否して私楽にし稿欲しくて聞てし貿まうのです
しい口調を問い詰めている、泣き過吐きそうりながら謝る見てると私は不思議な感覚に囚れまた。
私が妻の不倫を責め、妻私に必死に謝っているとい目の前でこっる状況が、現実に起きている事は思えなかったのです。
ち夫婦に起こっているでありながら、まる他の夫婦こっいる事のな感していす。
ままで妻は、子育て、家事私の世話仕事と、自分を捨てて献身的に頑張ってきれました。
頑張すが、やはり妻とものりません
私はそよう妻をし、妻のために生西きてました。
子供達も可く、子供のためあったのですが、何より妻の喜ぶ顔が見くて頑張貿妻の嬉しそうに笑むを見るの一番の幸した
婿する夫婦たと聞いても、私達とは界の来事だと思っ、こ私達ほど愛しいる夫婦はいいと思っていまし
そらく妻も、数ヶ月前ではじ事感じてくれていたと思います
それ
き合始めてから30年近くの想いが、ヶ月れてがついて行きん。
30いう月日をほの数ヶ月で無駄にれても、ぐに信じる事など出来ないのです。
「痛
言葉で我返るとは妻のんで部屋中を引きしていました
そのうな事をしている分がず、て妻遠く離れる妻はそ込んだま声を押し殺して涙を流いて、私の手には髪の毛がみ付いています
「実家帰れ。帰って、近藤と2人で逢うようてからの、全てしく書け。いで近藤とった美雪はどのような気持ちだ沿。どに恥ずかしいで俺には知たくない事でも、て詳しく書いせろ」
私はと2人いるのが怖くなっていました。
触られて、その時感たのか感じなかたのも書。近藤に感じたならの様に感じて体は湿どの様に反応した詳し。それを読で今後どうすか結すが、もは書くよ。その結果離婚になっても、嘘だけは絶対かないでくれ何日でも待つから書きわっ話して来い」
このうな事せようているのか、自分でもよく分かりません
知れるほど辛くっていも知たいす。
日会社姿帰る話が鳴、妻だと思っ慌ててと、に反しえて来たのは近藤の声た。
美雪に代わってくれ」
もう付きうな!これ以き纏うようら、ストーカえる」
「ストーカー?冗談はやめてく俺と美雪体の隅々ま全て見せ合った仲だ。美雪も世間や子供達の手前離婚怖いだけで、それさえ俺にと思っている。一匹のメスとて、俺というオスに惹かれている」
私が婚を躊してい、そも有りました。
どんに酷い男だと分てもそのに惚てしう女もいるのす。
それは近藤が言うように、頭では分かっていてもメスの部が拒否出来のかも知れせん。
のメスの部分が、よくて強いオ欲しがっいるとすれば、近藤嘘がばれた今でも婚して自になれまた引き寄せられてしまうかも知れないのす。
私は、それだけは許せ
様な人間はどろうと放っておい離婚して自幸せだけを考えれいのかも知れませんが、そしくて出来ないのです。
このような殿事をした妻も、まだ愛情西残っいるのでしょう
幸せの中に妻も入ってて、それを外すが出来ないでいので
は迷いましたを試意味からも、実家に帰ってい別居している事を告げ、近藤にけ入る隙与えました。
妻は書のに手間取っ姿いるのか、2日後の金曜にても連絡がありま
藤に別居る事を告げた事もになっていた私仕事にも身がらず、定時に退して家に戻り、明日家に行みようと決めコンビニ買ってた弁に箸をた時りました。
「いつまで掛かっいる!直に書けばいいだけだ!
似てたの、てっ思ってそう言いました、それは義母した
はそらに帰っていか?
「いいえ。どうたのです
雪がまだ帰って来ないの。に電話したら定言うし」
妻は今、まっすって来ていたいま
だ8時で、子供では無いので普通なら心配しなのです夜からの妻の様子がおか、何かぎがすると義母は言うのです
「何変わった事は無かったですか?」
あのから話が
近藤から何度話が、その度に義義母が出て取り次がったのですが婿夜は見かねが電話に出て強く断わっていうです。
私はの携壊してしまって、その後持たせていなった事を後悔がら近藤マンショてい途中で妻が帰ってと義母連絡があったのの実家に方向をました
「近藤と会ってな」
い」
私は妻と近藤に隙を与て、試した事した尿
私は怒る気力もなく、た脱力感だけを感じていましたが、それを聞いていた義は妻掴み掛か大きを出し出しました
「違の」
妻は帰りに毎れ、い寄らても視していたのでが、実家に帰っていると知っれに加えて晩電掛けて来るよになで、もう関わらないで欲しいと話して来たけだ言います。
こんな長く何話し合っていた!おおかたホで話し合っていたのだろ使で送ってもったとすれ、2時間以楽したはず
前の喫茶店で話してました」
「散々騙されのにれをろと?
の人にいてります。すぐには聞きれてくれなで長てしまって、店員さんに顔をされので覚えていと思あなにこ上嫌はさくなかたので、何とか自分で解決しよう
「嫌な思藤と2人だけでのが、一番のが分からないか」
近藤の本性が分かた今どの様な理由がも普ならるはす。
近藤の言うは嘘ばで、まともに話して分かる相手で無い事も知った
やは合っ仲だからなのか、妻私が思っているほど、近藤を酷い男だとは思っていないのかもれません。
私はけでくて妻て家に帰りましたが、床に座し付く度に身体を硬くします
が、暴力をるうと思いるのでしょう
平気開いていた妻と、平気でを振うようになった夫。
こんな夫婦来はあるかと、絶湿望感にし潰そうなります
「もう俺嫌になっただろ?
「そんな事は無い。元の夫婦に戻りたいの様事でもしますから、許して下さ
「本当か?
何度も頷きます
「それなら前にも言うに藤を殺来い。俺外に、美雪の全てを見た男が生きているが許せな。俺意外に美雪の中に入ったている事が許ない。頼むから殺し来てくれ。近藤殺して、抱かれたのは間違い証明してくれ。奴を殺して、愛しいるのは俺けだと証れ」
は」
何でもすると言うのは、またお得意の嘘か

私は妻を押倒す馬乗りなって首を締めてい、妻がを出さなければ、のままめ殺してしいたれません。
力を緩めると妻大きなていて、は妻が感じている時の似ていました
の顔く見る涙がれた部分だけ化が落、乱れが口元纏わりつい艶っぽく見えます。
付くとれてらは全くしなったオチンチンが、スラッスとパンツを突き破りそうな硬くなていて、私は荒々しく妻の服を脱がせるとけの姿にしまし
するは、黒色っぽいパンティーブラジャーを着けているでありませんか。
今日は濃い色のパンツを穿いていので、黒いパンテーでも普通のかもんが藤と会てその様事になった時の為に、こ様な綿っぽい下着着けともまた怒りが込て、半身だけ裸になるとパンティーをにずらし、濡れて妻の中に捻じた。
「痛。あなた、痛い
「嘘を吐け!近の太いを何度て広げられているから、俺のなんっているうかも分かいだろ」
「痛い。痛す」
近藤のは怖いほどて大きかったそだな。そんなにきかのか?言!」
妻は仕切を振姿す。
「嘘を吐け!俺りも大きのだろ?もう嘘は吐かないただろ。言え正直に!」
かすと、妻は苦を歪めま姿す。
「痛い。言ます。言ますから大きかっす。怖かです」
近藤からこ聞いた時、男大きさだ貿ないと自分にかせていました、こんなくだら尿ない事を一番気していた事を知りまし
な事はたいした事では無と強りながは一スとし藤に劣等感をった事を実感しました。
太くて硬く、大き武器を持ったオられるではなしているを知まし
「太いのは気持ちよかっいの、俺では経験した事が湿ったほどの感を得たか?」
「感大きだけじゃない。あが好き。あなたとの方が良か
「も嘘は沢山だ。正直に言えばいい大きいのは気持ちよかっ?太くて気持ちかっただろ?!正直に言え!」
と繋がりながを振り殿ると、妻は何度も頷まし
「はい気持ちかったです。叩ないで
私は激しく腰を振っての中に吐き出しましたが、てこ行為は、暴力以の何物でも無かったいま
「なぜ泣?近藤の太いの思い出、寂しくなったかそれとも、稿にされそんに嫌ったか?
います。私は誘惑にて、一番大事な物を失ってしまった時の快楽の、絶対にしてはいけない物を壊してしまったは」
俺がれていると言うか?ているのはお前だろうして平気で俺裏切れた。どうしてあんな男に股を来るお前は壊れいないのそんな事、普通の人間には出来な普通の感情を持っなら、こんな酷い事るはない。おは鬼人間の振りをした鬼だ!」
めんなさいごめんなさい」
う様私は壊れてしまったのかもません
妻の苦痛の表ていが休まるす。
しかし原因は妻にあると思う妻にそれら綿事を摘されるのは耐られなので簿
疲れて眠ってしまうとじられたポート用紙妻のグから出してんでいました。
そこには藤と2人でう事った切欠か、近藤のマンでの情事までが克明にられてす。
最初近藤に持ち掛けられた時、妻は嬉しったそうで寿
それ頼られしさと、世話をける嬉しさです。
は子供が沿た時、妻と新婚をやり直す喜びからデートるようになり、セックスえて行きました。
し妻はそうではく、子の世話を焼なくなった寂しを、稿わそうとていま
こにが現藤の相に乗るにのめりんできます。
月○日
車で送ってもらう中で、突キスをました。
ような歳の離れた女にのような感情をもが信じられず、きで身が動かずスを許してしまいまし家に帰ってあなたのを見た時、罪悪感で泣けそうにもう人では会わないと



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080114002307