2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

夢の中の話






の2年の時、同じクラスになったのを切付き合始め、2歳の時妻が妊娠
は短寿出て働いていましたが私は学生ったので親に理を言ってお借り入籍して一緒に暮らしめて5年
妻は妊、出産、育児としくまた学生休日間はバイトをし、就活動、日々婚生活と程遠い暮らしを送っていま
の後もすぐに人目出来た事で、ずっと送っのです
、子供達が大きくなるに連れて2人の時間も、昨下の息子私達のを離れ人だけの暮らし宿った頃には、当時来なかを取り戻すかのよに休日には2人で出掛け平日の夜も間の合う日仕事帰りに待ち合わせしたるよなりまた。
い新退夫婦のようにはいかないまでも、月1度するないかりつあったのが徐々に増えて、週に1度はすになって他の日でも眠る時にはどらからとも無くを繋ぐなど、周りには恥ず湿かしく言えいような生活をるようなってい
に妻は完全にいてックス綿外はしなくなてしまていたキスを度々せがんで来るように、私はその度に妻をく抱めてそれにえ、そ妻がくて仕方ません
とこ2人だけ暮らしになてから3ヶほど経った頃ら帰と玄関に男物のいてあり、れを境にが徐に変わていってしまうのです
「近しま。図々しお邪魔しまって、申し訳ございま
彼と初対面したが、気が
れと言うのも、妻は役所に勤めていますが彼とは1年前じ課で働いいて、妻の話貿だったから
確か年齢は私達りもで、子供が2人いると聞いたことがりま
は深刻にしいたので私は席を外しました彼が帰った後の妻のによるとさんがをして供をて実帰っいる、その相乗ったそうです。
「離婚は決まっていのだど、揉めて使らしい
の後の妻は頼られたの嬉しいのか、に没行ってしまいます。
「今夜待ち合わせて、画でも観ないか?」
「ごめんなが苦しそうだから今夜愚痴を聞いてうとって」
それ平日だけでなく、話を焼けなくなった子の代わを彼に求めていかのよ休日ようなっ行きたが離れている事や彼会う時は私に必ずいくことから浮気などは全く疑いませでした。
しそ、次第輩の相談に乗範囲いきます。
「今日は彼の家に行って、食事を作ってげたの
一人の、男の家行ったのか
しかして妬いいるの?彼とは10歳も違うのよ。私のようなおばさを相手するが無いじゃない。食ばだから、たまと思っだけ」
沿明るくう妻をしでた自分を恥じましたがのような事がヶ月ほ続いた頃、妻の口から彼の話が出るはピタリと無くなりまし
「近藤君はどうしている?も相談に乗らなくても良くなたのか?」
話が拗れて、専門家に頼んだみたいな暇もらしいから
妻は、残業ったか友達や同僚とに行くとか色々理由て、私と待ち合わせて食事をすなくなり宅時間もかくなる稿たの
勿論姿でにも友人と食をしぐらいの事はあり残業で遅くなる事もあったのですが、このよ遅く帰る事は初めてで、私は心配で仕方がありま
出産で若いた妻を哀想に思った私妻が楽ば遅なる事は構いのですが、その頃か元気が無くなり、々何か考えいるようだったで心配になっです
「あ。私のこと好き?あなたが好きよ」
急にどた?最近何か変だぞ」
休日話しているとき笑顔なのです、注意してていると、時々事の手をめてしまうなど、かに妻の様子が普通ではありませ
しかし相変わずセもあり、キスがん来るのも変らなかたのでやはり浮気などは疑いせんした、妻を注意深く見るようにはなりした。
「何かな事でもあるのか
尿うして?何も無よ」
も妻は微笑ら答えます簿が、無理に笑ているのが分か
明日、典子と恭子が旅の相談に来るの
この2人は妻の高校の時の親友で、同生だった私も勿よくていて、私れた訳でも無いのでしょう稿人共3人の内の一番下の子供が高卒業した安い旅館や民宿どを探して3月に一度は旅行していま
その行が来週末に迫っていて、比較的近く嫁いでる2稿はその打ちせにの事な、私はこの良い気晴らしになて、元の戻ってくれる事を期待たのでが、この時うに話ていた妻も、旅行から帰って来ると更に元気が無くなり、私避けるようになっます
夜いい
「ごんなさい。旅行の疲がとくて」
が離れていってうな気がし連日うと、妻のえはじなすが、疲れて言いながらも遅くるのは変わりません。
「旅行の清算だなので、日は典子達と食事をしてで遅ります」
会って食事をしるのは構わないの、今までなの帰りにいて、帰て来てから清算などがありまん。
「本当に典子さん達と会のか?
疑われた妻の気持ちを考え、妻に限って浮気は有り得ないと打ち消していた流石に疑言いをしまい貿
「本当よ。他に誰
は妻に明る笑い飛して欲しかったのすが、妻は小さな声でそう答えた後、辛うな顔をして俯いてしいま
夜はどうだ?」
そのよな妻をいると更に心になり、念を振いたく誘っ、意外は首を縦にったのですが、今がその気せん
のも、気の弱い私は嫌な方へ、な方へ考えが向かてしまっていです。
妻はあれ尿から近藤とっての関係もあるも知れ
て私以外の男を知った妻は、彼にしまっているのかもれません
最初は私以外の男に興味があただけの妻も、何度も抱れている内に心まで奪しまっ姿たので、に疑いをれるを冒日のように会たいのかせん。
そう考えると私が疑っていて誤魔化す為にOKしただけで、は私ックスなどしたくないのかもれませ
全に妄想の世入っしまっていた私は、彼が白くて小柄なみ敷いて姿までが浮び、自分の勝手な想で起す事は無く、吐き催してす。
妻とセック出来ず口で心配してくれてるよ便言っいて、すぐに眠てしまた妻腹立たしくませ
のと、自分の想が間違ってるのを確認する為に、夜中に妻をしてた事及んのですが結果は同じラは募ります。
しか朝になる思議と夜考えての深刻くなり、はり妻に限って私る事など有り得ないと思えたのですが夜にるとじよう苦しを味うのではないかと思い、妻に限って有りもしない妄想に脅て、こ夫婦が壊れ恐れがるのなら、駄にるのは分かっていても退分に納得させた方が良いといまた。
もプ頼むような大さな事では無く、が典子達と会うのを一目確認出来れば、私は元の私に戻れるので
その日の午、入始め仮病を使て会抜け出し私は役所張り込んでいて、沢の人が出てに妻の姿を見つけ、駅に回りをしよた時、有ろ事かとは反対の方向に出しました。
当然電車乗って華街でていたのですが妻が歩いていく方は私の知るれていくだで、の利ません
子さんや恭子さんが、車い限り便不思議に感すが、それで妻を信じたくて、方向にの知らなお洒でも出来て、そこ待ち合わせているのだと自分に聞かせならついて行く、妻はメートル以上歩いた所にあった、コビニの駐沿車場に止まっ車に込んしまいます
私は典子さんか恭子さんの車だといたかったのですが、それならこれ程離れた所のビニで待合わすの自然で、何より妻が乗り込む寸前、辺りを見渡す仕になり、車のエンジンかかった瞬間、気が付くと両げて車の前に立ちはかっいました
運転席にいたのは近藤で、の妻は顔面蒼白にってまってしまいましたが、彼は躊躇すりて来ます。
奥さんに、い話になっています
私にいつも妻の身体の世いるとも聞こえ、思わ胸倉を掴んしまいま
私は昔から手が早、昔を知っている友人西まさが気の弱い男だとは想像もしてないしょうが当は緊迫した場面にいでも峙してるの早く決着をけた先に出てします。
は今でも抜けておら、私は右手を姿て殴ろうとししたが、そアをを乗た妻が叫びました。
やめ〜」
が妻の声我に返って殴る寸前った手下ろすとはほっした情を見せまも言葉出てせん
かしも情い事に、何か話ば涙がいそうで話ないのです。仕なくも言えずクシーを立ち去りましたが、タクーの中での私は、れなかっ自分、何えなかた自分、何よきそだった自分が情けなく口 くて、のやり場ありませ
家に戻宿るとにい、これに起こっている事は思えました
えなうより、現実としてたく無かったのかも知れませ
私はを疑いな男とうなどとは思ていなたのでしょう
れで行をして時も、探にでも成ったくさえじていまた。
私はただ妻が友人と会っていのを確して、妻を信用しってい元の私にけなのです。
しか涙が毀れて、また嫌に苦しめらていました。
私に彼との密をられ妻はう帰って来なかも知れませ
は私に対するからわす事が出ないといういからでは無て、家戻れば愛する彼との引きかれるかれないと思いだとすれ、今頃は彼抱き付激し唇をっていょう。
しこのまま家庭や職場棄して逃げる訳にもいかず、そうなると妻に気を見せたい彼が一婿で来るかも知れま
その時玄開くえたで彼たと思っ私は、弱見られたくなく慌てて顔をに行って戻ってくると、妄想は外ていて妻が一人で立ました。
妻は俯いて立、よくると足えてます
た、あれは」
「あれは、何だ?いつ残業があっていつ同僚食事って、子さん達と会っていたのか全てき出して子さん達のころには今から行て確かめ。職場にも明日行って
は最初言い訳をしようたよ通せるものではいと観念したの、膝ら崩れ床に泣きしました。
私は目前で泣る、妻の姿が信じられんでた。
隠れて藤と会っていた事もでが、より嘘を吐いていた事がないのです
嘘のな女でした。
の約束事はただつ、お互いを吐かない事で籍する時に言い出した事です
その言葉通り私は何でも話しつも、妻も隠し事でした。
が変わってしまのは近藤の影響だとすれば、妻信念を曲ど、あのに溺れてい事になます
りにを請うを見ていると、て人と思いました、殺したい相手は妻ではなくての男で
私を裏切は相手の男ではくて妻なが、今までこれだけ愛してきた妻を、今でもこ愛しいる妻を嫌いにはなず、男に強引にれて、私しかを知らなは騙いるのだと何処かで妻しま、怒りは相手の向けよてしまいます
すぐに奴を呼べ。絶対許さない
妻は激しき出し、千切れるほを横います
「あたにを吐い会った事は、申し訳なかったと思っています。で様な関係ではない
それならどの様な関係だ。今日だけでは無いだろ?ずっ嘘を吐いて、あの男と会ってな?
妻はゆっくりきく頷きます
「抱かれてのか?」
これには激しくを横に振りま
のようにってがら、その様どとは信られたのが、こ数時間の出来事に動揺を隠せ、これ以上を見失わない為に、深くは来ずにました。
私は悪のばかを考えてまい涙がにな自分をわざと大き声を出してばずはいれま
「俺の何が不満だ。俺の何処が嫌こんな裏切りをた」
「あなたに不満んかありません。あなたはも悪くない。を吐いていた私が悪いの。で。彼相談乗ってあり、痴を聞いてありしてただけす」
「ベッドで聞あげてたのかあの男の事好きになのか?俺別れて奴一緒になりたいか?
そのような尿えた事もありませんはあなたが好き。なたのいい人生なて考え。彼とは当に何も無いの」
は半疑でした。
を騙いたが事実でも、やそこでは妻を疑う事がん。
しかし、初めて嘘をつかれた口惜しい思いから、妻を苦めるか出て来ませんでした。
これする俺と別れてに拾もらうか違うか。俺がてられるのか
間違ていました。はもう会いませもとりません」
妻は携帯を出彼の話番号を削除しよ退うとたので取り上げると、通話記録やメールて何っていません。
「証拠は全て消たか
「証拠だて」
たのって湿いました。
嘘のいな妻が、自分が嘘いて会っに改めて罪感をたにてもだ相談に乗ってただけなら、れだけの泣き崩れはしないたので
い歳が毎ように隠て会って、ただ話しをしていただけだとうのか?
は何わな代わに、何度も首をにふっていました。
嘘を吐け。初めてかれたのはだ?」
妻が関係を否定はそれ以上聞くの怖くて、それで良いとに言いかせましいく胸の込んだつもりで、やはり気になってまいす。
本当に、そのよ関係ではありせん。信じて
妻を信じたい気持ちは有るのですが、悪いえてしまい最悪離婚となってしま、条件が悪くならないように嘘吐いているとさえ思えてまうです
体の関係続けてのですがとはに何させようとしている私がいます。
は毎晩のように会っに、体の関係は言うのをうのか
「あなたを裏っていた事には変わりないです。そのうな関係ではいと言っても、あなたに嘘を吐いてたのだから」
最初オープンに会ていた妻も、それが頻繁にってきで、私にい辛くってて、つ嘘をいててしうようと言います
「信じて欲しうのが無理な話だと言事は分かって。これが逆なら私でも信用出来なかも知れませんでもです
の話婿本当も知れません
発覚するまでの妻の様子をい出しても可也悩んでいて私をしてい事は、涙を流しながら必に話す今の妻態度を見ても、もうは吐いていないと思いたのですが、やはり最悪ばを考えてまいで引き下がる事が出来ません。
会っていた事だけでも許すつもりは上のは一切何も無かったと言のだな?」
あなたを裏切りましを吐いて男性と2人で会いた事だけでも大な裏切り行為だと思っています。もも信れなても仕方ない事も知れませんもも度だけチャスを下さい。あなに信用してもらえるよ
うな妻になります。します」
「分かった。但しいぞ
私はってい電話掛けました。
ある。いますぐに来い
は黙ってしたが、そ聞いていた妻は携帯を奪返そうとします
私が悪いの。彼そっと姿しておいてて。あ済むよに私は何でもしますい、大事な時期なの」
今まは体の関係ばりが気になってしたを庇った事はり彼を好きのではいかと疑っしまいます。
私よりも彼を愛し簿てしたのはなが気ではありせん。
すぐに、お伺いし
が心だっのか、自分の事が心配だっのかは分かりませ家の近くまで来ていらしく、1分もらずた近藤は玄関を入るとすぐに正座して額がほど頭を下げ
「恩を仇で返すよな事をしてしまし訳ざいませんでし。でも美雪さはキスまでで、それ以事はしていません」
一瞬、彼言っているのか分からず、しま様な
妻を見ると、妻も何が起こっのか分からような感じで彼をす。
「美雪、す。秘密にしておけなかっ。もう隠れてうのは嫌だから、ご人に私た係を知ってもらいたかった。美雪さん事を真剣愛してるから」
言葉で私も妻も正気に戻り、妻は慌てて土間に下りると彼のすに並、泣きなが同じ様に頭を下げで、私は頭を下げられ婿りが治まどころか仲良く並いる姿を見てなる怒りえてしまます。
2人をその場に残ンに行くと、持って来て妻きま
俺の気が済むことなら、美雪は何でするとたよな?俺このを殺した。俺の代りに美雪殺せ」
んなさい。出来ませ
「愛す彼を殺すな出来なか?このを殺すぐらいなら俺を殺しろ?」
います」
の時近藤は体をこすと背筋を伸ばし、一度大きく深をしました。
藤は身体を起をじっとながました
美雪さん寿たにされるなら本望。あがそれをしなければるのら、は喜で殺されますていますから」
私はックでした
彼は妻がそのような来るいと知ってい、格好をつけしょう
男らしさをせて 、この期に及でも妻の気を惹たいのだとます
しか妻にのように映ったでしょう。
丁を持ちす理不尽な夫。
うな理不尽も、毅然としている彼。
その上は夫ある私の前で、堂々と愛しいる宣言しました
その時妻はたような表綿情を見せましたが、愛している言われて、悪い気するはあせん。
丁を片付と、彼を客間に通した。
「黙会った事は、申し訳なったとます」
し訳い?俺の女房を抱き締め、キスまでにそれだ
「例え不貞行為にはなくてもも悪かったと思ます。それに偉そうに不行為はたと言っても美雪さん断わらただけ、私に気があ実です。その事は凄く反省しています」
彼の落ち着いた話し余計に腹立たしく感
「やけにする。俺に見付からなくても反省していたか?」
「分綿せん主人の気持ちは分かるので、不く、法には何問題は無いのですがりに来まし。慰謝が発生するような事もいので、本ならこに来る必要も無かったのですが、私浮気され人の惜しい気るののです」
のようおきながら意で会いに来たような事を言う、彼してま意を覚ましたが、醜態晒しの事って、何とちを抑え
し納得がはそだけで無く、こしてながら、にはれていないと言調の話です
「私は妻に不倫され、離婚調停も調に終ってがあります。すから、ご人が私殺したいと持ちも分か無いです。ただ、ご主が私を訴由です、法的ら裁かは無く、慰謝料も発生しん」
「裏切ら者の口惜貿気持ちが分かていながら、てこのような
われました。人の気持ちまでは法律でも縛れなと。最初は私もした
いほど憎みしたが、冷静に考えてればその通りだと悟りま特に美さん愛してしまってからは退
2人の歳が離で、してたとこりました。
しかこうして2人を見いるが小柄せいありますがも離ていとはずに違和感はあせん
の事が無償に口惜くて、私は二度と妻と会ない書かようとしましたが、それをはっきりとりま
不貞為をしないは約すが、が会れれば、れかも2人で会切ったのです。
「これも美さんと会うと言っても、美雪さんにわられればません。は会ってくれと信じていすが美雪さ思に任せま
彼は深々頭を下げて帰って行き、私はすぐにネトで調べましたが、て彼言ってい通りした。
不貞行為とは最後一線を越事で、れが無ければ人でう事も、う事も、キスをる事え許されまうです。
を会わい法律なありせん。
から妻対して離婚は要求ば通んが、私が離婚したい場合、を拘束出来な法など無く、今後彼が妻に接触して妻が嫌がらな、彼を律など何も無いので
要す行為ければ夫だけ問題で、が自分彼にわないうになくれる以外、の手てもありせん
ら彼が言葉をて妻を婿おうとも、妻が断われば良いという解釈なのです
冷静に考えれ確かにそなのでしょ私は感じました
しか自分逆から見れ、妻を引き止めておく自信無いとう事です
れは彼の若さかっですが以上に目そうでいてに溢れ、る事便ころが怖それは妻と30年緒にいると、妻がそうな男がみなのが分ってまっるかす。
妻の気持凄くなってました。
「ただ相に乗っていたと言ったが、相談に乗るのにキスをするの
俯いていて何も答えませ
「俺達は終わたな」
下さい」
離婚すると言いたいですまだ妻には未練があって、妻を他男にるな考えれず気持ちが分からくなった、これ以上離婚を脅しに使えません
あいつに愛しているといわれて嬉しかっただろ
暫らく考えから、顔を上げて私の目を見ま
もう本音で話そう。美雪はい時から一生命俺尽くくれ同年代の子は遊んでいた時一生懸命子育てれた。から俺は、自由な時間が持てるうになっ少帰りが遅くっても、少羽目を外して遊んも良いと思って何もなかった。それどころか気の無雪を凄くていた。ころが俺の心配する心まで踏躙られて、美雪を想う気持ちまで利用されて裏切られだぞ。普通の心を持っている間な到底出来ない沿れて何をも驚かないから、も嘘を吐くはやめにしてくれ」
き止んでた妻の目から、大粒の涙が毀れます。
「だから正直に話くれ。彼を愛てもいなのに俺に隠れてソコソと会え美雪無いだろ?愛してもいに抱付い、キスが出切るうな女だろ?」
ごめなさい。にこんした私は、もう何もえませ、信用しもらえなて当然です。でも、私が愛しているのは、あなただけです
自信をた私は妻の愛を確かめて、てい振りをしながら、また聞いまう簿す。
「本当に俺を愛しているのなら、どうして裏切った気持ちで付き合っていた?
最初本当に相談に乗けで。でも、知ら彼と会って話すのが楽しくました。あたの顔を見る度に、こんな事はやなけ思い綿ながらも、れると嬉しかったです。あなたを裏ている罪悪感に苦しみがらも、彼と会てい間は感な忘れれるほど楽しかった
彼をきだったからった。彼を愛していキスも出来たのだろ?
当にどうしてた。ごめんなさい
声をして泣き出しましたが、そでもかずにはいられません
「まだ隠してがあったら、今のに話して
妻は部屋を飛びて行き追い掛も問詰めたかったのですが、流石にそれやめまし
に比べて自分凄く小さな男に感じ、私に妻と離婚する事出来ないのこのままではんどん嫌てい便ような気のです。
人残された私は、必死に妻彼を隔てる方法を考えました。
携帯を上げたせない。
乗りんで抗議し換を頼む
仕事を辞めさせて、家から出さない。
今度の男関わら、の実家や子供達に話と脅す
の他にも今後2人で会っているのが分かたら、たとえ名損で訴えれようが、犯になろ底的纏って必ず彼を潰てやる脅せば、妻が近藤を愛していた合、宿妻の性格かすれば也効果があると思いま
にも色々思い付ましたが、これら方法ではが言っいたに、体は縛が出来ても妻までは縛れま
理的に肉だけが戻ってきも、満足出来ないのです。
愛し愛されていた数ヶ前の夫に戻れなけば、何の解決にもならないのです。
と、私は神など信じていませんしたが、これ練のような気がしてきを一切縛ず、暫らく距を置こめました。
それも妻が、のところに戻ってくるかたかっです
その日から寝室は別に食事もほとん外で済ませるよにしまし
、以前営業をしていた時に得の社に付き合わて覚えほとんど行かなくなってしっていた釣りきました。
必要最小の会しな、妻話し掛返事をする程
方妻はとえば一切のき合やめて、仕事簿直ぐ帰って、家に着と必ずけてます。
休日ける事しないで家にい、食料などを買出掛ける時や帰って来てず電話て来私はいつ想のな返事しかしません
の様な生暫らくくと私は切欠がめなってしまい、拗ね供のようになってしいまし
自分で始た事のに、やがてにし、妻に嫌う様になったので、れでは会しないほがましだと思いながも、自分止めが掛かりん。
若い近藤の硬くて気持良か稿か?近藤に抱、俺では足りなかっただろ
私がかったです。でもの様な事はしません」
けに電話を掛けて来るが、近藤っていせて、俺をさせな。毎日抱き合ってキスしていた男と女がう簡に別れられるずが無い。そうか、分かったぞ。同じ日に休とって、平昼間ホテに行ってのか。そうなの
「今度タイムカコピーをてきす」
ふて腐れ言っているのか?」
違います。疑われても仕方無いをした、私が全て悪から
が1ヶ月続き、精一るく振る舞おしていた妻、流石に笑顔を見せななっていま西
私は更に壊れて毎日帰るとしてキスマークがついていないか、調べる事まするようっていました
あなんな事はも許して。私は取り返しの付かない事した。あなたを凄く傷付けまもあらは会っません。今はあなただけを見てます」
近藤と会ってないのは本当だ思いま
しかし時が経てば経つほど、抱てキスをしてた事を隠していた事が重く圧し掛かり、まだ他にも隠している事が有るのではないいう思いが強てい
「どうだな?何しろ美は、平気で嘘が吐ける女だからな。第一、二言には会ってないと偉そ言うが、役せないのか?」
課にいるので顔も合わせまし、仕事では話しもしま
ほらみ会っていななん嘘じゃなか。当に平気で嘘を吐だ」
仕事を辞めさせてくない限り、それは無理です。職場以外で会っていし仕事話はあれから度もしていま。私が仕事を続けている、あなを苦ししまうのな尿ら、もう仕事辞めささい
俺のいにるな。美雪のちはかっている。大彼を毎日見ていけでから辞めけだろ?」
「もうやめて。私は彼ら電話が掛かっても、度も出てませ。メール来てずに削しています
が未に妻を誘って来いるを知り、それは妻悪いは無事は分かっていても面くありません
「そんな寿事は聞いいなかったぞ
言えばあなたが、気分をって」
け。くせに。今度ら来たールずに見ろ」
妻は耐えらずに泣き出しまし味を言っている私も苦しいので
くな。泣たいの裏切俺だ。美は一生償うとか、何もするとか口ばかりで、今までに何をしくれた。どの償った。結局俺の気ちが収まるだ何もしないで待ってるだけだろ。泣いていな今まで俺にな償をしたか言ってみ
「ごんない。ど様にませの様えば良いのか教えて下さい」西
何をしてえば楽になれるのか自分でも分ませ
ないが故に無理な事しか思い浮かばないのです。
「明日役に行っ、近メールや電話をしてきて困ると上司訴えろ。
ストーー行困っ綿ているから処分してれと頼め」
それは」
「出いよな。迷惑どころか、われて嬉しいだか
「違
翌日仕から帰って来と、妻の姿は何処にありせんでした
はすぐに妻の携帯に電話しまが、電源がられていて繋がりせん
脳裏藤の顔が浮びましたそのような事をすれば私は完全ってしま事は妻も分ていずなので典子さんか恭んの所に行ったのだと自分を納せて、理難題を言い過ぎた事反省待つにしました
かし妻は、つまで待っても帰って来ません
は眠れぬ夜をし、2人に電話しまし寿ていいと言います
気がくと私は彼の所が書かれたメモを家を出ようとが、そのが鳴ったので妻かと思っててって出てみると、それはさんた。
は聞き辛くて何も聞なかった、やっぱり心配だら電話させもらったの。美雪に何かあたの
いや、たいしたはないら」
「こ朝早くて来て、たいした事じて嘘西に最の美雪は変だもの。この間おした時行をあんなに楽しみにしてようきながら私達に何言わずに自分ャンセル故?驚い尿電話ても謝だけ理由は絶対に言わいし。私の知っている美雪は、そな人間では無かったわ」
私はあまりのショックでその後彼女と何かさえ覚えていま
確か宿泊先温泉地お土産を買って来ました
典子さん達行かかったしてもの温泉地の近く土産物屋かサービエリアには立ちっているはずです。
日帰事もないのですが可也く、そのりには他にいくの温泉地が点在しています
の脳裏は近藤人で家呂に浸かっいる姿や、館の部屋で2人簿が裸で絡み合っている姿ばかりが浮かびもう切れ受話器を持たまその座り込んでいました
局その日はけ無い事に仕事にも行けず寝込まいまたが、になっチャイムが鳴り、玄関を開けると妻が立っていした
何処行ってい!」
「勝手をしてごんなさい。独りで考えくて
何処に泊まった!
テル
藤とのか?
います」
付くと、初め妻に手を上げてしまていした
妻の頬は見見る赤くり、自でやってきなが私自身可也のショてしまい暴力を振るっ情けないを誤化すは大きくなってまいます。
美雪の言う事は、も用出来ないの間の行は誰と何処に行ったのか言てみろ!
なさい。言えせんでした。いつか知と思ていても知られば離婚されと思と言えまんでした
達に口止めをしていまでした
おそら、自分がその切り行為をしているとは親友にも言ょう
かしれでは、い今まで彼女達に直連絡を取はなかたと言てもばれる可性は有ります。
う考えると、妻はその様を犯してで、と旅行に便きたかった事になります
もっと悪考え、ばれたらばれで良いとて行った可能もあるのす。
離婚!」
私は妻き飛と、よくドアめま
はずっとドアこうで泣いていました、暫声が聞こえなくなったので子を見てると、着えの入った大ッグだけ姿は何処にもありま
私は離れいく妻が心配でぐにでもし回りたいのすが、惨めになっていく自分が嫌でれも出来ずに、強がってを誤魔化しを迎え
いこの日は土曜だった為に仕事は休みだったのですが、仮日だったとしても仕出切る状態ではあり
れどころか何もする気力が無くしてさえ辛ので
「美雪さんに頼まれ来ました」
ぎにやて来た藤は、勝ち誇ったように笑みまで浮べています
美雪は前の所にまったのか?
。た誤解ないで下さい。私は暴に脅雪さんを匿っているだけで、何ていません。貞行は一切していま
その前に2で行てい今更を言っている」
「確かに旅行に行きまが、ホテル部屋部屋とりました。一に食事もそれルのレストラで、は別々の部屋寝ましにお聞たいのですがそこさんを信用です
近藤自分の行為を棚に上げ、信頼係の無さを責めてきます。
しは勉強した。2人だけで密に数時間いれば、不行為とみなさも仕方がいらしいな
しかし近藤は、お互いの部屋に入っていないって認めませ
なので緒に行に行った。しかし同姓ではなで部屋は別にった
それこが不貞行為です?別はホテ確かめてば分かるし、同じ屋に言うなら家何証拠が要ります一私達はようなはしていないのでうのら受けてます。今回も私は、主人DVら美雪を保護してから謝料など発生するは有りま。それにし性に暴力振る最低男ですね」
に近藤は、今回妻が泊また事で仮に不貞行為と見られたても、暴力ま振るっていたので既に夫婦は破していたと見るのが相当で、請求されても支払無いと付け加えまた。
今回のはDVなんかじゃない。常力を振るっていた訳ではい」
「すぐに暴力をう男、みんなそ言います。こ派な離婚事由謝料の象にもなる
た時もそうでたが、から慰料のど一切していいのに、近藤は様に気にしてように感じまた。
れどころか、回は私からに慰謝料ま払わせうとしてます。
何故か近えずお金に拘っていように感したが、今のれどころで有りません。
「美はどうている?
「朝ま眠れかったので頃は疲て眠ているとす。ああ、しなで下さい。変な意味では有りません
はわざ味有言い方をて、更に私を揺さ振っ
「今すぐ美に帰ってようえ」
「それ出来ません。美雪さんは暴力脅えてで、暫らく私が預かります。それが駄目なら警察にをお願るしあり。今お邪のはを頼ただけですから」
近藤に手渡た物は、すに妻の欄には署名されてした。
「何だ、これ
離婚届す」
「そ事は分てい
「いい加減に美雪さ解放してたら如すか?いくら未あっても、片方の気持ちが離たら婦は終わりです。昨日の夜き出されたばかりなの、も婚届を持っている事を感じまんかうです。美雪さんはもっと前から調と別れたくて準備ていたです。私との事が離婚ではくて、前から離婚を考えていたのです」
はこの様な時も面子を気にしてしまい妻を返してくれは言えずにそのまま近藤をまいした
私は妻を取りしに行きたいのすがません。
二人、離婚はしないか戻て来いとか、いかにも未練があようわなればならないのは、殿プライが許ないのです。
何より妻に断事が、近を愛していいとでも言われたら、私は立ち直れないな気がします。
くせ、妻める事ど出来ない。
夜になる、妻と近藤が裸で抱きって姿ばかりがで眠れませ
こんな夜は欲しいと願いましたが、朝なればったで、今ま近藤の腕眠っていと思うと狂いうです
近くになり、ここ数日の睡眠不足も重なって精神的にを超えしまた私は、妻の名前が書かれた離ーブの上に広げて、強ペンを握りていました。
しかしこうとすると、妻と出合った頃からの3い出されてく事が出来西ません。
私はくも沿婚届を見詰め使ましく決心して手で名前を書うとした時、たたく電話が鳴ったので出る、聞て来たは近声で婿
書いて頂けまたか?離婚届は休日でも付けてもらえますら、日にでも出して下さ
前に何の係が有る。夫婦の問題
ところそうは無いので。正式に離婚が第、は美プロポーズするつもりすから。ーズると言ても形的な事だ、昨の甘えようを雪さんの気持ちも決まっているようで
「どいう意味だ
意味ですよえられてもふらふらです
は近裏の顔を見た思いで
の前では誠実な演じいま、本当はその様な男ではありまん。
度もう様に、主人によってに夫婦して破綻している謝料も無駄でよ」
「そん言うために、わざ話したのか?」
「いいえ。美雪さに可也脅ていて、もう会たくないしたくないと言いるので、美さんの代理として財産分与と料の事で電話させて頂きまた。まず財産はでこれは美雪さんの当然のすからちんとしてあげてさい。それと、今まで暴力に対する慰謝料が」
勝手。まだ離婚ど決めてはいない」
「そうですかも言に、例夫婦でも気持ちま縛れせんよ。男を好きになった時点で、潔決めました」
妻の調離れたのに練たっぷり女々しい男だとわんりです
方ないですね。美雪んは金も持たずに家を追い出すぐ当座の活費だけ姿でも振りでや下さい着の身ままでて来ましたから多にお願いします。私達はもすぐ夫婦になすから、事など気と言ったのですが服や着などを買ってあげただで凄く気にていので明にでもお願いしま振込先は」
妻の通帳はこの家にあるのでそうなのか知れませんが、一方的に話す近藤が指定し込先は自口座でた。
妻の為思ってのようい方ですが、やはり彼は明らかにお金に拘っています
、財産分与、など話す内容必ずの話が出す。
近藤に対す不信感が更に募りを喪して私に力が戻って、一度彼のを調べてみる事にし
知人に紹介してもった興信所はが早く、日相談に行ってか2日たい事を全て調べ上げて報告っててくまし尿たが、その内容を見た私は愕としてしまいます。
藤は少し前に婚が成立していましたが、離婚理由奥さんの浮気なくて、彼の浮気た。
気相手は、部署は違やは役所にいた8歳年上の人妻で、女は浮気がご主人に知れてすぐ退職しいま
別れ奥さんも年上な事から、近は年の女性が好きなのでし
その他にも、り近藤には金が、借金の額かりませんでしが数から借りているく、結構な金
その上別た奥さんと浮気相のご人にる慰謝料や婿供達への養育費も月々支払っていくこと決まったらしくそれで異常にお金に執着しのでょう
は近藤えて事が、少し分かな気がました。
この家にはローンていますが、それでもおに換算ばそこ額にはなります。
他にも多の預金や保険あり、妻の取り分を使え金も来るう。
他にも、妻と結婚すれ月妻の給入って来る、月々支払いは可也楽にります。
妻の事好きは事実かもません妻のお金をてにしているのと、え妻の気持ちが私に無くてい、このまま別には行かなくなりした
このままだけく、この家まで手放すなり兼ねません
を早出て近藤の貸マョンに行くと、少しし妻と彼した。
藤は何か用がるのか、妻を車から降ろそのまま掛けで、妻の後を追って部屋まで行ってチャイム、ドアの向こうに人の気はしたの返事はあせん
「美、そこに居るのは分かっている出て来なのな殿、今子供達と来る」
ぶとくドアをたのですが会わずにいただけに少しつれて見え
子供達にないで
「こまでておいっているにか一度家に戻って話そう」
は急に大きな声を出して泣きは立れずにそ場に座り込んので妻の腕を掴んで立たせて、家に調れて帰うとしまたが動ません
「ごめんなさい。私は帰れもうなたの所に帰れないの
声で隣の人がド開けて覗いてので、私き摺るよう車に押しみまたがやはり家に着くりよませんでし
うこ入れな
何を言っている。2人っていに、平気暮らしていたじゃないか
ごめんなさい。でもその時はだ」
話そう。近所の人もおかしく思う
うやく妻は家の中に入りましたが、たいて謝だけで何も話さ時間だけて行きます
はもうの妻はなくてあいつの女にったのか?
しかは、そのこついて肯も否定もませ
「俺事が嫌いったのか?近藤を愛しいるか。そうならも美を諦めうに努力する
一瞬泣止んで、不思議そうな顔私をた。
「私を諦めるように努力す?そ
妻はまた激し沿出したので、落ち着て訳を聞くと、妻は離婚などする気は無かったと言います。
嘘を吐いて彼と会ってキスていたのに、勝手と分かってい、あなたと別れるなんて考えられなかった。なたを騙し続け旅行行っおきながら、あなたのいない人なんて考えた事もなかった。でも、あなた離婚められた私はも言えないから」
あの離近藤が用意してた物で、半ば強引に書されたそうです。
かしそれは離婚する為でなく、これ書いて私に見せば、驚い私は必ず許れると言れて書た物た。
かし稿会って帰って来た近藤は、思ていより私の怒りは強くもう対しての愛情は微塵もっていないで、すぐにサイン出しんなり受け取ったと妻に報告しまた。
に近藤、どけ説しても私は頑て受付けず、あの様は許は絶対に無いだろら、もう諦めて次人生を考方が良いとまで言われたうです。
妻は自分のてしまの重大に改めて気付き、軽いら始まった今回事を悔やんいます。
「もう一度雪は近を愛しるの
こんな事を言え調る立では無いもう信じていでょうが、私がしていあなただ
でも近藤を嫌いは無い?」
しているのはあただけです。でも
「でも何
彼の事も、好でし
している好きなのが、どの程度の違のかは分かりませんでした。
体の姿もあっな?キスだとっていたが、それは嘘だな?」
「い、ずっとキスでした。ルにも誘われまたが、その度断わるは素直に聞入れてくれした
それを信じるスぐらいは良いっていた訳だ
「最、突スされた時はって帰りま便の日また誘わたの、もでは会わないと断ました。ると、たいと言われずる
は怒りながらも、若くて好みの男と会て話す事の楽しさけられ、次にキれたにはこれ以関係にさなら自分を納得させてハードげて、人妻簿抱きキスをしてくるな男なの、それ以上事はしてこない近藤逆に誠実勘違いるようにってます
そらは、妻にれるように誠な男を演ながら、は自の女にしてやるとの中で思いながら我慢していたでしょう。
「そうと、旅行に行時が初めてか?」
いえ、その時もでは」
2人行にまでってい、何も無かっ事はろ」
妻は近藤人で旅行みたので以上の事をする気は毛頭無かったす。
そのためにルの部屋は2部屋とってらい同じで泊まない事は近藤にもしてもらっていました。
しか夕食が終た後にの部屋で話をしていた時、突然ドに押し倒されてキスをされてします
その時は必死に抵抗しした」
「どうしてキスけ入れていたのる必要いだろ?」
「キスだけではくて、身体触られたから。浴衣からを入れてきて下越しに触られたの、このままだと最までされてしと思っ
の激しいに合た近藤は、その時も男をじて調に何度も謝なが引き下がたそす。
行を承諾し時点で、近藤たとったはずです。
2部屋とったのも私に知らた時の予策で然そで旅に行ったはずです。
し近藤は引がった。
この事で私は、逆に近藤のる賢さを感じました。
私も色々調したが、ラブホテ以外のホ2人で入っても、同屋に時間在した事を証明なければ、貞の証拠としては弱いのです。
今回も2部屋とっていたので2人で旅行っていても、同泊まった事を私が証明なければ、下え出ると逆に誉毀で訴えられる能性もあるのです。
離婚問で揉めていた近調べてこの事知ってい
が抵抗せに身体を許したなら、と口裏を合わせつもりだっのでしょう
しかし抗された事で、そこまでの関係にな、ば嘘を通せなと感じたも知れません
証言れば不貞為があった証拠のつになてしまいます
で近藤は、ベッドに押し倒して抱き付がら思い止まっのでしょう
そこにあるのか
そこで我慢する事は妻に誠実な男アピールするが出来り近藤に惹かれ能性もりますが、逆つになるで、り妻が近藤から離れれなくな事も考えら
それならば何故引き下がっ
そこに慰謝料が発生するかどうかの違いしか無いように感じまし
藤はあってもおを払う避けです
近藤にとっての最善、慰ど一切払う事無くとそに伴う金を手に入れる事は妻も手に入ずに、慰謝料など西わなければならなくなるのです。
「近藤と食行っりし時は誰が払た?」
談にらっいるらと言われて、ご馳走になってした
付きいだして
「そ
「美お金を貸な?言いたくなけれ調べるが」
なさ
離婚をしていて別居中だた奥さん、急に実を出パーとになったので、供達を考えでも広い所に住まわせてやりたからボーナスまで貿してしいわれて、妻は0万貸していました。
馳走もらった気にって、結局は自出していたの
れて貢いでいた女話を聞く、いくら何こかで気付くはずそれはて騙されているだと思って
んな鹿なが実際にいるのか貿呆れてい
しか 目の前にいる私の妻はその馬鹿な女なす。
行っ時の宿泊費は、誰が払
前に急に子供が病になって入院したから婿お金を込んやっ持ち稿わせなくなったと言
「奥さは今でも実家で暮らしているし、達もうだ」
っ?
ただけでは、おそらく妻は別れ沿奥さんがを言って近藤からお金を騙し取っと思っいるでしょう。
妻の話が本当だると、が妻を家から放出すまでは、スはしていなかった事になす。
抱き合ってキスをしただけでも許せませんセックしたのかどう天と地ほどの差があり、こ数日で関係になってしまったれば、意地を張って出した事が悔やてなません。
家にないう妻の言葉から様な行為したは想来ますが、間あって欲な望みを持ちながら、恐る妻にました。
「近藤は朝まで美雪が甘えてきたいたが、関係もったのだな?」
「甘なんいません。でも」
願いもしく、のあと妻は頷いてしまいます。
どうしてだ!
に会っ帰って来インしと言われて」
妻は、子達が手を離た事で何変わ、私との生活が壊れる事など考えもせずに、だ恋愛ッコを楽しだけかも知れん。
供が巣立った時、私にになりましたが、妻は開いた穴をだけでは埋れなのでしょう
それでも切さえ無けその様に慣れて行ったのでしょう近付てきた
それも初からデートしてくれ言ってきたわっていたの、妻の世話好きを利用して相談持ちかけるように
に妻ったのはキスをすうになった事だと思ます。
妻が言り最初は嫌だたかも知れせんれは近藤が嫌だから嫌訳ではな、ただ私に対罪悪からだと思っただけなのでょう
しかし、断わりけて近が離てしまのも外の男初めて抱きしれて唇がに触れる、私とは全く違ったな感覚も覚えてまう
いい、新鮮な感覚と言うよ快感ものから離れられなってしまっ
で危険まで冒し、旅行で行ってまったでしょう
近藤かのらかをなけならとすると、妻を選んだと思います。
との生活が今までりあ、近藤とも付き合っていたか
つまでも様な係がずがいと思っていた妻は最後の一線さええなければ、いつで戻れるという安易えがあっのでしう。
しかし私との仲がれて、離いうが浮かん、近藤に頼貿ってまっ
更に私との離婚、近藤に縋
だの弱した
妻は神聖通のとは違うと勝手に決めていたがそれも私の幻想でしか無
いえ付きうとまでは思っなくても、妻も敵なから声を掛けられれ心ときめく普女だと知っていたのかれません。
いくら疑っても、最後に限っと思ういただけ、自分のさをていたような気がします
も妻がいなくなっ時点で、ぐに所に行ってればの事態は免ものを、ちっぽけなイドをてる出来ない貿自分それ強さだと誤魔してた。
結局は分の弱、妻の弱さに気付いていながら、自分達は特別だと思いたかっただけなのです。
「で
「でも何だ!
いいえ、言い訳にはなりまん」
「何が!」
私は口惜しさで一杯になっまい、妻の服を無理矢理脱がうとしました。
「裸湿汚れた身体を洗ってやる
妻は必死で抵抗しましたが、その時トが捲れてし、妻の穿いているパが露になると余りの事に手を放ししまいます。
美雪!
妻は見た事も無いような、およそには似つ小さなンティーをいまし
走ってを出て行きましたがは後を追う事も出来に立ちくしてまいます。
妻と近藤が関持った論シでしたが想像だけで抱っている姿を実に見た訳ありません。
かしの様な下着目の当たりにしてしまう、妻彼との関係が現実のものとして迫くるのです。
ンションに戻は、妻がいないこに気とすぐ話を掛けてきました。
「美を連れただろ。今から迎えに行くから返しくれ」
に妻せという言りをましたが、何も言わずに話を切ると、らくして血を変た近藤がやっました
雪さん、ろう
し妻は、俯いままきまん。
「ど宿?また暴力脅されたか?
私は俯いて立ち尽くす背中押しました
行けな男にた女と、一緒に暮らす気など無い」
こんな男とは、ど味ですか」
「嘘で固、何とか女をものにしうといるだ」
「私が嘘吐いると?
「あ誰がと離婚するった?
私を無視し、妻の方を見叫びました。
「美雪さ本当人はを吐いている。雪さには調う愛情はから離婚てやと、私にはきりと言ったんだ」
「美雪かはどうした?別た奥さ実家にいたし、供もなどしていない」
「何処で調かは知ら沿いが、それが本としても私は知らなかっ。お別れた妻送っ。本当だ」
「残念だが調べさせてもらった結果、お前の浮気でしたも分ったし他にも可也の借金があるも分かった」
妻は驚いた顔をし私を見ましたこの期に及んも言い訳繰りしていま
美雪さん、そ違う母親な女だとったら、一緒にす子供だと思って、が悪者になってやってけだ。確かに借金もあれもれた妻がった借金を私ていだ。浮気も妻がした事で、借金妻が
そういう事だそうだ。抱かれた男、誠実で良かったな。早ってれ。ここにいても、お前の居場所無い
は激く首横に振って、から離れしません。
の様見ていた近藤は、明らに苛立いました
、私信じ欲しい性に手を上げ様なには見切をつけ私と来て欲しい。必ずにしみせ
「もう茶はやめろ。手だったさんの、住所氏名まで分かっ何なら、今奥さんの所行っみんな話を聞くか?
「別れた妻が今更本はずない
何故が慰謝料を払うことまった?話が本当なら、本来謝料をもらえ る立場だ
慰謝料など請求されない。あれは全て育費だ」
未だを吐近藤を殴りたい衝動にられましたが、では私が不なっしまうで何とか我慢して今の彼にはられるい話をするにしまし
美雪が身体の関係を認めた。弁護士て、慰料は請求させもら
「そなのが破綻した
「夫綻してたかどうなんて人のおが決めるな美雪俺達は綻していた思うか?
は縋様な目で妻を見ていましたは何度も首を横にりまし
綻なしていません。全て私が悪いの。私がこんなたから責られて当です。私が馬鹿をしたから叩かて当然です」
を聞た近藤を睨み付け言葉使いまで変わって行きます
「お前達婦は美人局か
「そ思うな訴えてみろ
「慰が、そん物を払わなければなない様なていない。をしただけだ。たスをすが、ではなと言うだけの事だ。そうろ?
わなでー」
「美雪のオマポなんて突っ込んでいないよな?だか行為は不貞じゃない
本当か?」
妻はました。
「でも、さっ
美雪口でした事言っているんだ。毎晩毎晩、美味しそうに俺のチンポを、口いぱいにっていたからな」
めてー」
前だらと、良い子振よ。身体疼いて寂しいから尿抱いて欲と言、正で駄目だ俺がわったら、強引パンツを脱咥え来たゃな
「嘘です。私を押て、もう我と言殿ら。私それは来ないと断わっら、それなの方でもいいから出してくれなと、こ最後ですると言って放してくれなかっから
「美仕方くしていたと言?それなら聞くが、俺の何度も何度もじていたのは誰だ?オッパイを舐めていたら、オマンコも舐めてと言って腰を持ち上げていたのは誰だ?」
そんは言ていません」
俺の指や舌で感じていたのも嘘だと言うのか?」
事には反論出来ずく妻を見て、も寂しさで押し潰されそうでた。
このよう会話聞けに飛び掛しょこの時の私は自分を落ち着かせる、妻の性器と藤の性器が繋がらなかった事けでは免れたうにていました。
喧嘩は後してれよりもその為もな不貞行為だ。それに、までた証拠も無い。こちらはマンショで出している写真るから、後は裁判官が判断してく
「俺はお前達の夫婦喧嘩に利れただけの被害だ!絶対に慰謝料か払わなぞ」
近藤そうびなら帰行きましたが、払いのはなくて払いのでう。
近藤が帰って2人けになると、性器の結合は至らなかった事の安心した気持ちえ去てしい、それに近い行為までしていた事ません。
を見のか?裸どころか、身体の中まで見せたのか?あいつで感じたのか?いつれたのか?」
んなめんなさい
泣いて謝る妻見ているとも操り続けてきた妻の、ここヶ月での変わじられませんでした。
年もかって築いてた信係を、ほんの数ヶ月で壊した妻が許せん
気が付くと正座してる妻また手げてしましたがそんな自分に戸惑いながも軽いた事い訳に、続けてまた手を振り上げてい私がます。
って。と殴って
ああ言われなくも殴てやる」
は軽叩いたつもりでしたが妻の左の頬は、少しなってていました

は」
こんな顔では、近藤には会え
はまだ妻の心を疑ていました
近藤の本性を見抱き合った身体は離れられないていました。
じてしまった妻藤のの温を忘れられないないかっていました。
藤と顔わせる事は事で
かし妻を試したくてがないのです
その夜仕事から帰ると家に明かりが灯っていて妻は来ないかも知れない
と心配し私はし安心して玄関アを開けと、は見慣れない靴置いてあります
奥から2の泣が聞こえ人は妻う一人は妻の母で
母は私とすに土下座してを床につけ何度度もりま
を連れ帰ります。婚されて方の無いとで、出来ば落ち着に来てやって下さい。親馬鹿で勝手ないだとかっいても、どう娘を許て欲しいです。お願します」
は泣きがら寝室に行ってしまっ頭を上げてもらって話を聞くと、たがあて妻の昼休みに電したそうです。
その時妻は浮気の事は一切話しませんでし義母は中で妻の異変に気付きます。
それで心配にって、妻の帰来る間に合わせててみると頬が腫れていていて謝るを見ていて全てをりま
「暴力は分でも気付かな内にエスカトしていきます。は叩かいけど、それはあ沿壊れまう。んな事をした娘のために、あなたがそのような男になってくの見ていれない
確かに来ていなけば、また手をいたでょう。
当然親なので、殴られると分かってる娘いのでしが、私の事てくれているの事実す。
暫らくして義父が着し赤い玄関で土座する義れられて、妻は帰って行きまた。退
妻がいなくなると、私の怒全て近藤かっまい
「今から来
「今日は遅いで、明日にして頂ませんか?」
藤の調は、真面目で誠な男じてた時に戻っていました。
そらくあの後になっ考え私と争わなが得策だと思ったでしょう。
「駄目なら来なくてもい役所で話そう
た近藤は暫らく玄関外で立っていまし、妻実家にらせた事を告げると中に入てき土下て、涙ませて演技を始めまた。
謝っても許すから、いくを下ても何も変わらない。早速慰謝料の話をしよう」
「慰謝料はお支払いします。ただご存知うに私にはお金がありません。
ても30万限界です。も分でな
聞き間違いか?うが
の近藤には30万も00万価値が有のかも知れませ
しかし法な讐まは出、近藤が一番困る習するしかない
なら裁判だえ弁護士費用などでマイナスになうとも、にやっ
が離婚しな合、裁00万もとれないでしう。
近藤のも裁判ば、それ以外のお金も掛かります。
結局料は00で、妻の貸し20万を足して120万ましたはそれで満でした。
故な育ちが福ではなか、お金無い時はえ千円お金でも苦しのを知っていたからです
れの近藤にすれば、ちの万にも、いいえ一億にも敵するかも知
現実に支払ない決めてき直られるより払っしむになると思ったのです。
これ仕事にも関わってくるのをれたか、は渋条件飲みましたが度に払えないす。
「分割は認めお前を信など出ら3以内にてくそれのなら、廷で話をし
素人では支払わなくなった時の対処が難く、他にも私の狙いは高利の所で借させる事なこれだけは譲せん。
でなん無理だ」
しかし近藤はまたどこかで借りたく、2日後には現金で12万持て来した
領収書けますか?但書きに慰謝と書て、これ以を要求しない事もき添えさいお願します
が言われた通りにいてすと、それを二つ折りてポケットにた近藤のきが変わりました。
は付いたから対等だ。それにしても、オマンコもしいなのに0万は高かったんな事なら美しがった時に、俺の太いチンポ捻じんでやればよかった」
何が言いたい!」
「離婚届た日の夜、俺がでオ擦ってやっていた時に美雪が『もっとー』と言って腰をるので、指を2本にやしてやうと思ったら『れが欲しいの』と言ってポをてきたの思い出したの。その時俺は、しもの時謝料変わってて我慢たが、こんなら入れてやれば良かった
当然全て真実では無いのでしょうから藤に言って、このような話はに引っめば良かったのですが、全て嘘だと綿えずに、妻の様な行為をされていたのか気にってしまい、そを立ちる事が来ません
それにしも、指を2本増やしてやって早く擦てやっ潮をいた驚いあんな勢いよくばすか、俺ッコをししまっかと思っそうそ、潮を噴かせるえましょか?美雪の、指をこうやって少し曲稿げて」
「もい!
しかし近藤は、無視して話します
もベッドを、お互いに慰め合いながらもて俺が最までしないでも我慢来たかや口で度も出してもらいましたが、それだけで無くをさせていたかです素股って分かりますよね?に跨った美のチンポに手を添えて濡れたオマンコを擦り付けるのですは昼間でも催てくとさせので夜には可也上って、俺
えなくても濡れたオマンコ自分で開、ビラでンポを包むて激く腰を振っいま。少便置を変え、いと入ってってはない状ったので、美雪は入て欲しいのをするのが辛かったと思いますどうにクリ付ける事で我慢して喘いでいましたが」
近藤の胸倉掴んでしまが、その時近藤ミスをしました。
今から殴れるも知れないと一瞬ニヤと微だのです
近藤はこの事で、少でもお金を取り戻そうている
このまましまば、近は民私は刑事。
で立場の逆狙っ
私が近藤の意図してんでた手を放すと近藤はうなをし後、話を続けて更に私を挑発してき
「あの美雪は凄く可愛を出すね。美雪のオマンコが指でいちゃうよー』と言
「もう帰れ。嘘は聞き飽き。美そのよう事を言うはずが無い
人には分からないので。不倫というのは旦那とする時よりも数倍感じるらしい。離婚の原因になた人妻もうだったが、普段旦那とでいような恥ずかし行為平気で出切るし、旦那恥ずかしくてない事場 口にした。美雪はもっと凄かた。最こそ『明りをして』な言って恥かしうにしていたがしてしまった姿を一度らは大胆ってンコ感寿ー』チンチン舐めたんて言気で口に喘いでたぞ」
「もう帰れ!
流石に聞いていられ私が奥の部屋に逃げ込むと、ようく近藤は帰ました。
私は今まで、職場に訴え社会的制裁を課すことを躊していした
それは近藤が職い、養育で払えななっては子供達が可哀想だからと自分を誤魔化していましたが実際妻に不倫さた情けなといレッテルを貼られるのが怖かです
たいくもない町に住んでいるので、いつか友や知人の耳に入るかもない思うったのです。
この様な場合、指をさるの近藤なくて妻あり、このな事をされても妻に縋り付いている私なのす。
おそらく以前の倫相手のご、同じ様な気持ちで場には訴なかったのょう
で近藤はそのうな事など考えも、慰謝料を支払全てわったと高を括り、私を挑発して来たのだと思
翌日私足はに向かわずに、知り合いの議員の家に向かっていました。
厳しい処分願いすため、名前出す許可を行っただけなのですが、結局役所まで一緒てく朝から何事かう視線送る職員混じってくす近藤の蒼ざめた顔がありました
後から会社に行き、ると明かりが点ています
仕事には行っていたのだな」
あなたに、仕事は行けと言たから」
「おお義母さんどうしている
「父はあの日車の中お前はも裏んだぞとった後、一切口を利いてくれませんは私の顔を見る度に泣いています
ただから言われたので仕事に行っていたなくて、年老いた両親の悲しむ顔を、一日中見ている事が耐えられなので
らずに、どうここ帰っ来た?」
のま、あなたに捨てられる気がして怖
「俺に捨てられ?俺から離れて行のは美雪だろ
妻はてしまいま
「そりも処分はどう?」
力を借りたからかはすぐ決まったうですが、それは私んでいたものも軽く、妻は3ヶ月の減給で済み、近藤も3ヶ月の停職と支所への配置転で済んだようです。
かにヶ月も給料が出ない事しい処分なのかもれませんが、最低でも諭旨免職、来ればまで望んでい私からすれば、軽い処に思まし
その夜私は妻したどうしも近言っていされて勃起しません。
「やはとしては無理なようだ。離婚した方がいい
妻は何とか勃起させようと必死手や口を使っます、近藤にも同じ事をしていたと思う便と、妻が一生懸命すればするほどに普段よりも小さくなってしまい
もう諦俺を裏汚れ体で
「このま簿離婚はいや」
顔を上げ言った妻は、また唇を近付けていきま
股って知ているか
の動きが止まりました
「美雪素股手らいな
れは
ってみろ
出来せん。て」
近藤、俺にはった。け!
妻は好に股を開き、軟らかくてすぐに下を向いてしまうない物にを添え、オマンコをり付けように必死に腰を振り続けてましが、にもの様な恥ずかしい姿を見せたかと思うと、悔くて勃起など稿るはずもありませ
は嫌悪感を覚え事はあっも興奮なく、冷静で妻のていましたが、その時大きな問を持ました。
れは健康な男がここまでしおいて、に挿まで至らないう事です。
めろ。それよりも聞い事が有る。当にで、我慢したの?」
「本当本当にこ以上何もしていない!本当です!
旦動止めて叫ようと、西でよりもく腰を振けていま
も多少湿った程で濡ているとう程ではなく、私にとっては擦て痛いけに終り、私の上から離れい妻を強引に横て寝室を出て行こうとすると、テーブルに置かれたのバッグにある携帯が鳴り出しました。
帯が鳴っるぞ」
かし妻誰かの電話か分かっているようでてしまって取行こうとないので、私グから出渡すと、妻は表示も見ないで大を出しました
もう連絡し来ないで。私使は何も話すりません
妻はそう言て一方的切りましたぐにまたかって来た今度は私が無言でてると湿は一しています。
もう度考えて欲し。このままだと一生旦めらながらすのだ。そんな人生でいいのれよも離稿く暮そう。自産して、きれいにな一か。必ず美雪せにする。何より俺とら身体の相性った?美って、旦那のチンポより気持ちいいとてくじゃいか。どた?聞いている稿のか?
使かに近藤話は、妻と最後までいったと取れます。
は真実りたく、妻が実家に話しける近、怒りを抑え黙って聞ていました。
「電切らないという事は、本当は美雪もそうしたいのだろ?俺初めてに成ったの旅行の、テルでのしかったい出してくれ。雪もあんなに喜んくれ朝ま何度も何も求めてきたじない。思い出してくれか?そでもまているのか?それなら俺中を押してやる。俺が旦に全沿せば応に離婚になる。も諦めがくだろ」
「ふざけるな
えっ?美雪じゃない?
近藤が慌てて電話を切、私はりから妻帯を繋ぎ目の所から折ってしまいた。
の怒ら全悟ったのか泣きながら必死に何か言いをしていましたが私ません。
美雪!
頬をと妻はッドに仰向倒れので馬乗りになり、また右手を振り上げた時に家の電話が鳴りました
「美雪帰っていたんな。てっき実家にると思ていた驚いってしまったく考えれば、の道話つもりの内容だから慌てる事は無かった」
「何が言姿
めて妻き、妻が家を出ていた時に限らず、時えあればセックスをしていたと言いす。
しかし近藤貿をオマンコに向い入れたかかでは合いは可也違い、隠し通事が来れ後には許してくれるから、絶対に認るな妻に言ったそうです。
藤も、最一線は超えなかった私に思わせておけば、同じ怒も役所まは乗りんで来ないと予想していたよ
結局2人の理由は違ってた方が得策だと致していたのです。
よくも事をしてくれたな。おは役所に居くなった」
「自自得
「それうならあんも同じだ。あん好き者の女と結婚した姿、浮ても得だ。それにても、あんたも情けい男な。他男のチンポ使ヒー言ってい女と、よ一緒にるものだ」
「大きなお世話だ
「そうか?それてを知らないらだろ美雪がをして綿のか詳しく教えてやろう?慰謝料は払い終わこれ以上は請求しないと一筆書いてもらったし、役所は辞めるら俺に知ら困る事は何無くなった」
私は挑発に乗らずを置こうとたがません
れどころか全神経を耳集中させてしまていのです。
藤は何とか私と妻の仲裂こ、自するかのようにし出しした
あんた幸せな男だな。会う度にしていて退本当にれだで済んだと思っていたのか?俺達は小学じゃないんだぞ」
かにその通りで、私は信じた訳ではなくて信じようとのだとます
近藤の話しによるの頃尿は他に人のいる喫茶どでしかってもらかったそうです、ある日話が終わって家まで送る調止めて強引にしてからは、人気の無堤防や公園の駐車場に車をめても何もわなその夜の公園に黙ってついてうにりまし
スをしても舌をれられないよにしていたが、すぐに自分からも舌をめて来るよになったそれに慣れて来ると美雪も大胆になってきて、キスをしながお尻ったりオッパイを揉んだりわず身体預けてるようにったので、次に逢った時にはパ殿を脱してやろうとたらやめーとがらがせ易よう浮かせたの湿で、パンティーに手を滑り込ませマンを入った。口では嫌がってても身体は正直だった時にはシートまでぐっしょり濡らしていた。雪も気持が良かったと、次の日が触りやすにス宿カートを穿いてるようになった
言われてれば、そまで妻は殆どパンツルックだったのが、その頃からスカートで出掛け事が増えたような気がします。
を睨したが、妻は震ません。
「まだいくらも経ていが、ウブだた美雪の恥ずかしそうにイク歳の割にはいあの時の声が懐かしい」
は最の一線には拘っていて、流石にホ行く事は拒んでたようでが、そのわりに近藤に言われま、手や沿を使って藤を満足させるよって行ます。
すぐ美雪も慣れてれて園のベンチでもんでくれるよったよ。そうそう、雪は外だと余興奮すよう、オマンに指を入れて親指で触りながら隣のチのカッが見ているぞと言てやっら、い力で俺に抱ききなら、たて続けに3回ってしまた事った」
の話はどこまでが本当なの分かませんが、私は悔しさし殺しながら、その先たくてがありません
雪も俺のいチを喉入れら、本当はオンコにしくなかっのだ思う。最後のは超えられないと自分が言って拒んでいた手前、オコししいは言えないから、旅行に連れて行ってと言って来たのだと思う。もうチンポしくて限界だったのだろう。その証拠に、もしもばれた時の言い訳の為に俺が2部屋予約したら、々に寝るのかと勘いし美雪はがっした情を浮かべ大人の男女が旅行に行って、何もしないはずな無いのに」
旅行にう事、そ事なのです。
キスだけ済んだと信じようといた馬鹿なのです
くら男性経験はだけだと言っ大人の妻はそのぐらの事はかっていたずで
「ホテルだけになると流石に罪悪感が湧いてきたのか、急に迷いだしだので、れなければ浮にはならない苦しい言いをしら、ンポを入て欲しかったはすて跨ってきた美雪が自ら俺に跨て、オマコにチンポを当て震姿は可愛かった。まるで少女のようだっ。しかそれ最初の内だけで、しばく擦りけていたしくなってしようで、美雪の方から、我出来から入れて下いと言い出し。それで俺が、ければ自分入れてみろと言たら、美雪は何と言と思う?主人のりも太くて大きいか便ら怖の。なたが入れて姿。優くしてねだと」
流石にていられななっが受話うとら離た時の様子ていかのうに藤の話はマンョンでの行移っやめてお尿ば良いのにまた耳を傾けてしまいます。
マンションに来日のは凄かっ。多少自棄になていてをれたかのか、経験な俺でも、あ んなに激しセッ初めて。俺終わっても休憩もさせてえず、もっといと言ぐに。結局朝までに5も搾りられしまった。流石の俺も、こんては身がもたなと思バイを買に行。あんたは美雪にバイブを使が無いな。お蔭で最初は怖いと言しく抵使。最も押さんで強引に使って凄く感じたようで、俺がいない殿は独りで使っていたぐらい気に入てくれた。美雪はバイブ事を何と呼いたと思う?オチャンポと。俺が激しく使ってやる、オモチャのポいいー。オチャチンイクーと言っベッドか退ちそうなどのた打ち回っていたぞう、大事言い忘れたが美雪とのセックスでは一ムを使わずに、必ず奥深てもらっていた俺を怨むな宿。生の方持ちいいと言って、美雪が使わせてくれなったら」
にー!」
「生がいいー。中にいっぱい出貿ーと女に言われては、男仕方ないろ」
私は受話器を置きましたが、りよりも寂しさ感じていました。
近藤の話が本当とは思いせん
え自分が元のに戻れなくてもみから何とか私との仲を引き裂い
ろうとって言っているとすれば、嘘混じいるでしょう
しかし妻が近藤とセッをし事と、更にそのにつて嘘を吐いていたのは明らかで
「近藤に入れられていた?」
妻は返事で震え泣いていので、私は掴んいました
藤に入れられて喜んでいたな?」
ごめんい。許して下さ
「いや、許せない最後係をた事が、ま嘘を吐いてい事は絶に許せない」
「これを知られた完全に終ってし
は近藤言われた事をに問い質します。
近藤にって欲しくて、ートを穿うになたのだな?
「違う。彼に穿て来いと言われて」
嘘をくな。奴もそ言ったかも知れないが、美雪も触ってしてかったのだろ!第一、どう藤の言う事を聞かなない
私は頬を張倒していした
「ごめんなさい
触ったり沿られたりするだけでは物足りなくなって、近藤のオチンがくな行に誘たのか?」
違います」
ながに言いをす妻のによると、徐々行為がレートして怖くった妻が切り出すと、近藤は別れ条件とて最後の思い出作りに付き合え言いました。
「別れたくない。もうても良いからご主に全話して謝美雪さんを取りたい」
私にられを恐れた妻の言葉で旅行承諾してしま、私に知られないように達との旅を利用してしまい
だし部屋は別、身体の関ない事を条件にしましたが、少したいとい近藤を部屋に入ると浴衣の紐で手を縛られてしまいま
「やめて!をするの!」
。最後に、
かし妻はしく抵したた近藤がした条件は素股でした
「本当だったのなどうて大きな声を出して助けを呼ばなった。う嘘はくな言っただろ!当は抱かれたかうだな?
誰か来て、あんな姿を見のが嫌でした
「俺裏切るこったのか?それなら聞くが嫌だったのだから感った?素している時濡れていなかったのだな?うだ藤に聞いてやる」
話の方に歩き出す下着だが阻止しようと駆けって来たので、私は妻を蹴り倒しまた。
母がいた本当で、度暴力をうとそれはエス行き、妻が倒れてテーブ腕をくぶつた時は一まったと思いました湿すぐにた蹴り付けてしいます。
感じかったのかどうか、はっきりしろ!濡れなったのかどうか、はりと言ってみ
「感じましまいした。ごさい
「そらみろ。何が嫌だっただ。その分だと、美雪が我慢出来て入欲しいと頼んのも当のよう
「違対に入ないと言っていたのに、後に押倒されて無理矢理
裸で性器と性器を擦りわせていて、無理矢理も何るか!」
妻も藤も信じられません。
、多少でも妻をじたいのですが、こ切られていると何もかも信じれななっています。
それならに尋ねる意味が無のは分かってすが、しなに信られなくても少しでも私をにして欲しくて聞うのす。
激しい口調で妻い詰めている時、泣き過ぎて吐きそになりながら謝見ていると、私は議な感覚に囚れまし
が妻の不を責め、妻が必死に謝っるとで起こっている状況、現実にきている事とは思えなかったので
る事であ調りなら、るで他の夫婦の間で起こる事のようしていです
ままで妻は、子育て、家事私の世、仕事、自分を捨てて献身的ってきました
私も頑張きたもりすが、やり妻とは比べもなりませ
その妻を愛し妻のために生きてきました。
子供達も可愛く供達のためでもあっのですが、何の喜ぶたくて頑の嬉に微笑む退を見るのが一番の幸せ
最近は離婚する夫婦が増えたと聞いても、私達とは別世界の出来事だ思っていて、このに私合ってい婦はいな思っいました。
おそく妻もヶ月前までは同事を感じてくれいたと思います。
それが今は。
付きい始めてから30年の想いが、数ヶ月で壊されても頭きまん。
尿ほんの数ヶ月で無駄にれても、すないのです。
い!
その言葉で我に返ると、私はの髪部屋中を引いました。
そのような事をてい自分が信じられず、慌てて妻ら遠くれると、その場り込ん押し殺して涙を流していて、私の手には髪が何本もみ付いていま
「実家にれ。帰っ、近藤で逢うようになってか事を、全詳しいつ何処で近と何があったのかその時美雪はどのうな気持ちだったのか。どんなずかしい事で俺は知たくない事でも、全しく書いて見
は妻と2人でいるの怖くなってした
近藤られ時感たのか感じなかっ殿も書け。近藤に感じたのなどの様にじて身体はどの様に反応したのく書けれを読んで今後どうするかを出が、もう嘘は書くなよ結果離婚にても、嘘だけは絶対にかなくれ。何日でも待つから、書きったら電話して来
何故ような事をさせようとていか、自分でもよく分かりません。
ほど辛くは分かって知りた
日会社から帰ると電話妻だって慌てて出と、期待に反て聞こえて来たのは近の声でした。
美雪に代ってれ」
「もう付纏う!これ以上付き纏うようなら、ストーカーで訴える
ストーカ冗談はくれ。俺と雪は、身体の隅々まで合った仲だ。美雪も世間体子供の手前離尿だけれさえな使、俺に抱かれたている。一スとして、いう沿に惹かれている」
私が離婚を躊躇していは、その事もました。
どんだと分かっも、そ惚れてしまう女もいるのです。
れは近が言うように、頭では分かっていてもメスの部分が拒否出来ないのかも知れませ
のメスの分が、より若くていオスを欲がってれば、近嘘がばれた今でも離婚して自由になれば、引き寄せれてしまうかも知れないのです。
私はれだけは許せません。
そのな人間はどうなろと放っておいてして自分幸せれば良いのか知れませんれは悔しくて出来のです。
ような事を妻でもまだ愛情が残っているでしう。
私の幸せの中に妻も入っいて、それを外す事が来ないでいのです。
は迷たが妻をらも、実に帰っいて別居してる事げ、近藤入る隙を退えま
妻は書くのに手間ているのか、2日後のなっも連絡ありませ
近藤に別居している事告げた事もいた私は仕事にも身が、定時退社し戻り、日実家にてみようと決ニで買てき当に箸をつけた、電話がりました
「いつで掛かっている!正直に書けいいだだ!」
声がいたのでっきり妻だと思ってそう言いましたが、それは義母でした。
美雪はそちらに帰っていますか?」
「いいえ。どうしたの
雪がま来ないの。役所に電たら定時に帰った言うし
今まで、まっすぐに帰っ来てたといます。
子供無いので通なら心配ないので、昨夜からの妻の様おかし、何か騒ぎする母は言うのです。
何か変わっ事は無かったですか?」
「あの男か
から毎晩何度も電話が掛り、その度に義父義母が出て妻に取り次がなかたのですが昨夜た妻が話にて強く断わってたそうで
私は妻の帯を壊しまって、その後持たせていなた事悔しながら近マンシに向かっていると、途妻が帰ってたと義母か連絡綿があったので妻の実家に方向をした
と会っていたな
「はい
は妻と近藤に隙をえて、た事をみまし
怒る気力脱力だけ感じていしたが、それを聞いていた父は妻掴み掛かり、義母大きな声て泣き出しました。
違うの」
妻は帰りに毎日待ち伏せされ、言い寄ても無視していすが、実家に帰っている知ってかは、に加えて晩電話を掛けてようなったので、もう関わらない欲しいと話して来簿ただけと言います。
なに何を話し合っいた!おおかたホルで話沿っていたのだろ近くまで送ってもらっば、2間以しめたはずだ」
「駅前の茶店で話していました」
「散々騙されたのに、それを信じろと?」
「喫茶店の人に聞もらえば分かります。すぐてくれなかっで長くなってしまって、店員さんに嫌なたのでていてくるとます。あなたにこ以上いはさせたくなかったので、何とか自分で解決と」
嫌な思藤と2だけで会うのが、一 ないのか
近藤の本性が分かった今の様理由があろうとも普通なら避けるずで
う事は嘘りで、まともに話しる相手で無い事も知ったずです
やはり裸抱き合った仲だかのか、は私が思っているほ、近藤を酷い男だとは思っていないのかも知せん。
私は2人だけで話たくて妻を家に帰りましたが、に正妻は私が付く度に体を硬くします。
おそを振るういるのでしょう。
に股西ていた妻と平気で暴力をうよになった
こん夫婦未来はあるのかと、に押されそうります
「もう俺が嫌ただろ?
んな。元の夫婦に戻りたいどの様ます許して下さ
「本当か?」
は何頷きす。
それなら前にも言ったに、近藤を殺して来俺以外に、美雪の全てをた男がきている事許せない俺意外雪の中に男がる事が許せない。頼むかして来て藤を殺、抱かれたのは間違いだっ証明てくれ。奴して愛しるの俺だけだと証明してくれ」
それは
するとの嘘か!」
「く、る、、い」
妻を押すとりになってを締めいて、妻が声調を出さなければ、そのま締しまっていたかも知ません。
が手の力をると妻きな息ていて、それは妻が感じている時の息遣いに似ていました。
妻の顔をよくと、涙が流れ部分だけ化粧が落ち、乱れた髪が口元に使わりいて艶っぽく見えます
気付くと、浮気されてからは全く勃起しなかったオチンが、スラックスとパンツを突りそほど硬くなっていて、私く妻の服を脱がせるとけの姿にし
するとは、黒く色ぽいパンィーラジーを着けているではありませんか。
今日は濃い色のパ穿いたで、黒いパンティーでも普通のかませんが、私にはと会てそ事になった時の為に、こ様な色っぽい下沿ていたとも思えりが込、急で下半身だけ裸るとティーを横にずられてい妻の中にじ込みした。
。あな
を吐け!近藤の太のを何度も突っ込まれて広げらているら、俺の入っいるかども分からないだろ」
「痛い。痛いで
「近のは怖いほ太くて大きかったそな。そんなにった言ってみ姿!」
妻は仕に首を振ります。
を吐け!俺のよも大きかだろもうは吐かと言っただ。言!正直に言え!」
私が腰を動かす妻は苦痛に顔を歪めま
「痛い。言います。言いますから。大きかったです。かったです」
からこの話を聞いた時、男は大きさだけはないと自分にい聞かせて、こなくだらない事を一番気にしていた知りした
そんな事はではいとがりなが本当は一匹のオスと藤に劣等感を持った事を実感しました
太くて硬く、大武器持ったオスに妻を盗らるのではないかと気にしてる自を知ました。
「太いのは気持ちよ?大きいのででは経験した事がったほどの感を得たのか?」
るのは、大さだけじゃない。あなたき。あなたとの方が良った
う嘘は沢山だ。正直にばい大きいのは気持ちただろ?太て気持ちよかっただろ?言え!正直に言え!
繋がりを振と、妻は何度もきま
「はかったす。かないで
私は激しく腰を振って妻の中しましたが、とってこ行為は綿も無かっと思いす。
なぜく?近藤の太いのを思い出して寂しくなったか?それともされたに嫌ったのか?
「違いますは誘、一番大事物をてしまた。一時の快のために、絶してはけな壊しった。私は」
れていると言うのか?壊のはお前だ!どうして平気でを裏どうしてあんなに股いた。そんなの出来るお前は、壊ていいの?そん人間に出来ない通の感情を持っ間なら、こんな酷い事がるはずな。お前鬼だ!間のしただ!
ごめなさい。
言う様に、私壊れてしまったのかも知れませ
の苦の表情見て心が休まる
しかし原あると思、妻い事を指るの耐えられないです。
妻が疲れて眠ってしまうと、綴じられた数レポート紙を、のバッグから出してんでいまた。
そこには2人で会う事になった切欠、近のマンションでの事までが明に綴られてます。
初近に相を持ち掛けられた時、妻は嬉しかったそうです。
それは頼られるしさとを妬嬉しさで
私は供が手を離た時、妻と新婚をり直す喜びからデートるようにな寿り、セックスも増稿た。
かし妻はそではなく、子供世話を焼けなた寂しさを、私で埋め合わそうとしていました。
そこに近藤がれて、の相談に乗る事にのめり込んいき
月○日
車で送っらう途中突然キをされました。
私のな歳の離れた女にそのような感情をもつ事が信られきで体が動かずしたが、家にってあなたの顔に、罪悪感で泣けそうになもう人では会わないとめました。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080114002307