2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

夢の中の話






高校2年の時じクスになったのを切欠に付き合い始め、21歳のに妻が妊娠。
大を出て働いていましたが、私は生だっのでに無理をてお金を借り、入籍して一緒て早や25年。
当時は妊産、育慌しくもまた学生を続けながら休や夜間はバ職活動、と忙しい寿で、甘い新は程遠い暮らし送っ西
その後もすぐに2人出来た事で、ずっと子供中心生活送ってきたのです
、子供達が大きく連れて2の時、昨年下私達の手をれて2人だけの暮らしにた頃には、当時出来なった事取りすかように休日2人出掛け日のの合う日は帰りに待ち合わて、食事をしるようになりまし
夜のも若婚夫婦のようにはいかないまでも、月に1度するないかにりつつあったのが徐々に増えに1はするようになっ、他の日でも眠時にはどちらからと無く手を繋ぐなど周りの人には恥ずかしくて言えないような生活を送ようていました
は完全にその気にていて、ックスのなっていたキスを度々せがん来るうになり、私はその度に妻を強めてれに応えそんな妻がくて仕方ありません
ころが2人だけの暮しにから3ヶ月ほた頃社から帰と玄に男の靴が置いてあり、それを境に妻が徐々変わっていってしまうの
「近ます。図々しお邪魔てし、申し訳ございまん」
私は彼と初対面が、初めて会っような気がしせん。
それと言も、は役所に勤めていますが彼と1年前からじ課働いていて、妻よく出来ていた男だたからです
確か年齢は私達りも1下で、子人いるとがあります
2人は深刻そうにしていたので私は席を外しまたが彼がった後るとの奥さんが浮気をして子供を連れて実に帰っているので、その相乗っていたそす。
「離は決ているけれど条件で揉め姿るらしいの」
後のれたの嬉しいのか、彼にってまいます
「今待ち合わせて映画も観いか?」
ごめんなさい。近藤君しそうだ、今夜愚痴聞いてあげようとって」
それ日だ世話けなくなった宿達のわりを彼に求めに、休日でもうようなって行きましたが、年齢が離れている彼と会う時はに必ってくこら、浮気などは全く疑いまでし
しかしそれは次第に後寿相談に乗と言う範てい
「今日は彼の家に行って、食事を作の」婿
人暮らしの、男家に行ったのか」
「もかしるの?彼とは10歳も違。私うなおを相にする訳が無いない。外食ばかりだから、にはと思っただ
まりに明るく笑う妻をしでも疑た自分を恥じましのよな事がヶ月ほど続いた頃、妻から彼の話が出る事はピタと無なりました。
近藤どうしいるもうくても良くなったのか?
話がいて、専門家頼んだみたい。そんな暇も無いいから
かし妻は、残業 ったとか達や僚と食事に行くとか色な理由をつけて、私と待合わせて食事する事もななり帰宅かな遅くなる日です
でにもと食事をして来の事はり、残業で遅くなる事もあったのですが、このように頻繁遅く帰るは初めてで私は心配方がせん
育児でに遊べなか妻を哀想に思ってが楽ればくなる事構わないのでが、頃から気が無くなり、時え込んるようだので配になたのです
なた私のと好き?私はたが大好きよ」
急にどうた?最近何かぞ」
休日話していときは笑顔なが、注意して見ていると時々事のを止めて考え込うなど、明らかに妻の様が普はあません。
かし変わセッスもあり、キをせのも変わらなったのでや浮気などは疑いませんでしたが、妻を注意深く見るよはな
「何かでもるのか?
どうして?何も無いわよ
いつも妻は微笑みながら答えすが、無に笑顔を作っているの分か
「明、典子と恭子が旅行の相るの
の2人は妻の高校の時の親で、同級生だった私勿論よて、私達に影響され訳でのでうが婚が早人の一番下の子供が卒業た昨から、安い旅館や民宿などを探して3ヶ月一度は旅ていまた。
その旅行がに迫っていて、比的近くに嫁いでる2人はその打ち合わせにるとの事なの、私はこの旅行が良気晴しになって、元の妻に戻ってくれる事をしたので時は楽しそうにいた妻も、行から帰来ると更に元気がくなり、を避けるようにってしまます
「今夜いか
なさい。旅れがとれなくて」
れていっまううな気がして連日、妻の答は同じな寿のですが、ると言いながらもく帰るのは変わりまん。
殿もまだなので、明日と食るので遅くなります」
食事をしてのは構いのすが、今まなら全て旅行帰りに清算していて来てら清するなど聞いた事がせん。
「本当に典子達と会うのか?」
われた妻の気持ちを考え、妻に限って浮気は有り得消してい、流石に疑様な言い方をしてしいまた。
「本当よ。他誰と
私は妻に明るく笑いばして欲しかったが、小さな声そう答えた後、辛そうなをして俯いてしまいす。
姿はどうだ?」
そのような妻をているとに心配に、疑念を振りいたくて誘てみ、意外にも妻は首をに振です、今度はがそのなれせん。
れと言うのも、気弱いは嫌方へ、嫌な方へと考が向ってしまっていたのです。
妻はあれからも近藤とてい、既に体の関係もあるのかも知れません。
初めて私以外男を知った妻はれてしまているのかも知ませ
最初以外の男に興味があっただの妻も、何も抱かれて内にわれてしったので、私に疑いを持たれ険を冒しで、日のよ会いたいのも知れません。
ると私が疑っていると誤魔化す為OKしだけ本当は私クスなどしたないのも知れません稿
全に妄の世界に入ってしまっていたは、彼がくて小な妻み敷いている姿までもが浮かび、分の勝手な妄で勃起する事は無く、までしてまう有様です。
局妻とセックスが出来口では配しくれているような事を言ってはいすぐに眠ってしまった妻が腹立たくて眠れません。
やはりを確認したのとの妄想が間違っているを確認する為に、夜中に妻を起こしてまただのですが結は同更にライります。
かし朝になと、議と夜たほどの深刻さは無くなり、はり妻に限って私を裏切るなど調えたのでが、た夜になるとうな苦みを味わうのないか思い妻に限ってもしない妄想に脅て、ま夫が壊ていくれが無駄になるのは分かっていて 、確て自納得させた方が良いまし綿た。
かめるてもに頼むようなげさは無く典子さん達と会うのを一目認出来れば、は元の私に戻れるのです
その日の午後に、入社以来始め仮病を使って会を抜けた私湿の前で込んでいての人姿くる中に妻の姿を見つけ、駅に先回ようと時、有ろう事か妻は駅とは反対のに歩き出した。
当然電車に乗って繁華街で会と思てい、妻が歩いていく方向は私知る限寂れていくだで、気の利いた店もありません
より典子さんや恭子さんが車でい限り不便で不思議に感たのでれでも妻を信じたく、この方向に私の知らないおな店出来て、そで待ち合わ退と自分に言い聞かながらつて行く百メトル以所にった、の駐車場に止まっていに乗り込でしまいます。
私は典子さんか恭子さんの車だとかっのでそれらこれ程離れた所のコ待ち婿のは不自然、何より妻が乗込む寸前、辺りを見渡西す仕見せたのが気になり、のエンジンがかかった瞬間、気が付と両を広げて前にだかた。
にいたの近藤で、助手席の妻は面蒼になっってしまましたが、は躊躇する事無く降りて来す。
「奥んにつもお世っていす」
私には、つも妻の身体世話になている聞こ、思わ胸倉を掴んでしまいた。
私は昔から手が早く、昔を知っいる人達は、さか私が気い男だとは想像もしていょうが、は緊迫した場面にいつま対峙している、早く着を着たくて先に手が出しまうです
その癖は今でも抜けておら、私右手を後ろに引いてろうしましたが、その瞬間開け身を乗り出が叫びました
 。やめて
で我に返って殴る寸前だっ手を下ろすはほとした表情を見せしたが、何も言葉てきせん。
し私も情い事何か話退出てしまいそうで話せです仕方なく何にタクシーを拾っその場を立ち去りました、タクの中での私殴れかった自分、何もえなた自、何より泣きそうだっ自分が情けなく口惜しくて、身のやりません
家に戻るとだ夢の中るようで、これが現実に起こって事とは思ませんした
いとより実としてたく無か知れません
疑いながらも、本当男とうなどとは思っったのでょう
尾行をしている殿も、でも成った気分で少し楽しさえじていまし
が友人達と会っ認して、を信し切っていた私に戻りたかっだけなのです。
いつしか涙がて、また嫌な妄想苦しられていまた。
の秘密を知られた妻は、もう帰ないかもません。
れは私にする罪悪感から合わす事が出来なという思いからでは無、家に戻れば愛する彼仲を引き裂かれるも知れいとう思らだすれば、今頃は彼に抱き付いて激し唇を貪っているでしょう。
この家庭や職を放棄して逃げるもいなると妻に使を見せたい彼が一人稿で来るかも知ません。
の時玄関の開く音が聞こえで彼が来たとったは、弱い男見られたくなくて、慌てて顔をに行戻って、妄想はていて妻が一人で立いました。
妻は俯いて立っていて、よく見るが震えていま
「あ、あは」
「あれは、何?いつ残業あっていつ達と食事に行って、いつ典ん達とていたの全て書き出しろ。典子さん達の行ってる。職場にも明日行って」
妻は最初い訳をようと思っようで通せるものではと観念したのか、膝から崩れ落ちに泣きした殿
は目の前で泣崩れてる、妻の姿が信じられませ
れて近会っていすが、何より妻が嘘を吐いていた事が信いのです
嘘の嫌いな女でした。
婦の束事はた一つ、お嘘を事で、は入籍時にが言い出した事です。
私はでも話してきたつもりし、妻も隠ししませでした
変わってたのは近藤の影響とすば、も自の信念を曲げるほど、男に事になります。
仕切許しを請うていると、初て人を殺しいと思たがい相は妻ではなくの男でした。
かに私を裏ったのは相ではくて妻なすが、今これ愛してきたを、今でもだけ愛ている妻をすぐにはなれ強引に誘わ、私しかを知らは騙されているのだと処かで妻を庇ってしまい、怒は相手の男に向けよしてしまいます
今すぐに奴を呼べ湿に許さな
妻は激しくて、千切ど首を横に振います。
「あたに嘘を吐いて事は、し訳なかっていますでも彼とはその様な関係
「それならど様な関係だ。日だけでは無いだっといて会っていな?
妻はゆっくり大頷きま
抱かれていたのか?」退
には激しく首に振りました。
毎日のようていながら、な関係どと信じられるはずも無かったのですがこ数の出来事に動揺をず、自分を見失わない為に出来にいました。
しかし私はの事ば考え涙がうになって弱い自分を誤魔化す為に、ざと大きな声を出して叫ばずにはいられません
「俺の何が不満だ。俺処がでこんなした
「あなたに不満なんありまん。あなたはも悪くなを吐いいた私が悪いの。でも信じて。彼の相に乗げた彼のを聞いあげたいただ
ッド聞いいたのか男の事がきにたのか?俺と別れ一緒になたいのか
そのよな事はえた事もありせんはあが好き。なたのない人生なんられない。彼とは本当に何も無の」
半信した
私を騙していたのが事実でも、やはりこまでは妻をが出ん。
しか初めて嘘れた口惜し簿妻を苦しめる言葉しかでした。
からどする俺と別れに拾ってもらうか違うか。俺が捨られるの
「私間違いました。彼はもせん。連絡もりま
は携帯を出し彼の電話番号を削除しようとしたので取り上げると、通記録やメールは消されていても残っていませ
は全消してしまっ
「証なんて」
妻が床にき伏したのが気にていました
嘘の嫌が、自が嘘を吐い会っていた事に改罪悪感持っにしても、本当にただ相談に乗いただけなら、だけの泣き崩れかたはしないたのです。
「よ歳の大人が毎日うに隠れて会ってい、たをしていただけだと言うのか?」
妻は何もないりに何度も首を縦にふっていま
「嘘を吐け。めて抱かつだ
妻が関係否定した、私はそれ聞く湿のが怖くて、それで良いとに言い聞かせましたがら胸の中に舞い込んだつりでやはり気ってしまいます
本当に、そような関係ではありません。信じて
妻を信じたい持ち有るすがはり悪い方にえてしまい、最悪離婚なっしまに、条件悪くならないようにを吐いているとさえてしまのです。
体の関係は否定けて欲しですが思いとは逆に何めさせようとしがいます
最近では毎晩のように会っていたのに体の関は無うのを信じのか?」
「あなたを切っていた事にわりいです。その関係では尿無いと言っても、あなたに嘘を吐会っていただから」
最初ープンに会てい妻も、それが頻繁に尿なってきた事でに言い辛くなっきてつい嘘て会ってしまうようになったとます
「信じて欲しいと言うのが、無理な話は分かいます。こ逆なら私でも信出来ないかも知れん。でも本です
の話は本なのかも知れません
覚するまでのの様子を思い出しても、可也悩んでいて平で私を騙してい訳ではない事は確かでを流しなが必死にす今の妻態度を見ても、もう嘘はいてないと思いいのですが、やり最悪かりを考えてしまこでき下が出来ません。
「隠て会っていだけでも許すついが、それ以上の関係は一も無かと言
私はあなたを裏切りた。嘘をいて男性と人で会っ事だも、重大切り行為だ思っていますう何も信用されなくても仕い事かもません。でももけチャンスを下に信用してらえるよ
うな妻になりま。お願いす」
かった但し次は無いぞ」
私は持っていた妻の携帯を掛けま
話が。いますぐに来い
黙っいましたが、そいていた妻返そうとしす。
が悪の。彼はそしておいてあげて。あなの気済むように私は何でもしまからお願い、彼は大な時期な
まで体の関係ばかりになっていましたが、が近藤を庇った事で、やは彼をきなのではないかと疑ってしまいます。
よりも、てしまったのではないかと気が気はあません。
「すぐ伺いす」
妻の事がったのかの事が心配だったのかりませんの近くまで来いたらしく、10分もかからずにやってた近藤は関を入すぐに土間に座して、額が着くほど頭を下げまた。
を仇で返すをしてしまい、申し訳ございませんでしたでも美雪さんとはキスまででそれ以上の事はしませ
、彼が何っているのからず、時が止てしまった様
を見と、妻何が起こったの分からないで、じっと見ます。
雪さん、すまない秘密にしておけなかった。もう隠れて会う、ご主人たち係を知ってもらいたかた。美雪んの事を剣にているから
その言葉私もも正に戻り、妻はててに下りるとのす横にで、泣きながら同調下げで、私は頭を下れてりが治まるどころ、仲良く並んでいる姿見て更る怒り覚えてしまいます
私は人をその場にてキチンに行くと、包丁を持て来の前稿きまた。
「俺の気が済むなら、美雪は何でもると言ったよな?俺今こ男を殺した俺の代わり美雪が殺せ
ごめんなさいん」
る彼殺すんて出来?この男を殺すらいなら俺をしたろ?
違い
その時近藤は身体を起こすと背筋を伸一度く深調呼吸ました
近藤は身体を起こすと、稿妻の目っと見めながらを開きまし
ん。あなたに殺されるなら本望です。あたがをしなければ困なら、私はんで殺されす。ていますら」
私はショクで
彼はそのようが出来る女でいとっていて、格好をつけているでしょう。
男らして、この期妻の気を惹きたいのと思いま
しかには、どのよに映ったでしょう。
ち出す尽な夫
のような理尽な事にも然としいる彼。
その上彼は夫である私の前堂々と愛している事宣言しました。
その時妻は困っようを見せましたが、愛いると言われて悪い気がはありません。
私は包丁を付けると、彼を客間しま
黙って会って事は、し訳かったと思っています」
申し訳ない?俺き締めて、キスていたのにそれだけか?」
例え不為に沿ならなくても、それも悪かったてい。それ そう貞行為は無かっと言美雪さんに断わられだけ私にはそののも事実。そ事は凄く反省います」
彼のし方が、余計に腹たし感じます。
やけだな。からなてもしていた稿
「分りません。ただご持ち分かるので、不貞行為はく、法的何も問は無いのですが謝り来また。慰謝料が発生するような事ないで、本当こに来無かったすが、私も妻気されてご主人の惜し気持ちも少しは分かるの来た
このよう事をしてら、善意で会いに来を言う、彼にしてまた殺意をえまし、醜態を晒した先程の事もあって、か気持ちを抑えました。
しか納得がいかないのはだけでは無く、このよう事をしておきながら、法には触ていないと言うです。
「私妻に不れ、離婚調停も不調に終って週裁判がありまですかご主人が私をたいという気持ち分からないで無いです尿だ、ご主人が私るのは自由すが何らかれる事は無く、慰謝も発生しませ
られの口惜しい分かいなら、どうしてこのような
「妻われました。持ちまでは法律で縛れないと。私も殺した
ど憎みまし考えみればその通りと悟りました。特にんを愛ししまっからは
2人離れている事で心ししまていたところもありました
して2人を見てるとが小せいもありますが1も離いると見えずに違和感はありま
の事無償に口くて、私は二度と妻わない事を書かせようとしま彼はをはりと断りした。
不貞行為をしない事は約束したので、妻会ってくれれば、れからも2で会う言い切ったのです。
「これからも美雪さんと会うと言っても、雪さんに断わられいません。私はくれと信じていが、雪さ意思に任せす」
は深々と頭をて帰って、私はすぐにネットで調ましが、全て彼の言ていた通りでし
行為と最後の一線を越えるで、それが無けれ2人で会う事も、き合も、キスをする事さえ許されてしまうのです
2人を会わせない法律何処をしてもありまん。
ただ私から妻に対婚は要求すば通も知れせんが、私が離婚しく無い場妻を拘束出ような法律など無く、今後妻に接触妻が嫌が、彼を裁く法律など何いのです。
要するに不為が無ければ夫婦間だけの問で、妻が自分か彼に会わなようになくれる以外、何の手立てもあせん
彼が甘い言葉を誘おうとも、妻が断われば良いとい釈なの
冷静に考えば確かにそりなのでしょうが、私理不尽にじま
しかし理尽に感じる自分を逆か見れば、妻き止めてお自信がいと言う
それは彼の若さもです、それ真面目そう男気に溢れする事ているところが怖く、それと30年近く一緒にい妻がのような男が好みのが分ってしまっているからです。
私は妻の気持ちが凄くなっていました。
「た相談に乗ってたと言ったが、相談に乗るのにキスをするのか?」
は俯いて何もません。
は終わ
下さい」
離婚するといたいのですだ妻には未あって、を他の男に盗らるなど考られ妻の気持ちが分からなくなった今、これ以上離婚を脅しに使ません。
あいしているれて嬉かっだろ?」
は暫らく考えてから、顔を上げて私の目を見ました。
う本音で話そう。い時一生命俺に婿くしてくれた同年代の子達はいた期に一生懸命子育てをしてくれた。俺は由な時間がるようになった今、多少なっても、しぐらいは羽目を外して遊んでも良いと思っても言なかった。それど、元気の無い美雪を凄く心いた。ところが俺の心する心まで踏み躙られ雪を想う気持ちまで利用さて裏切られたのだぞの心を持っているなら、底出来ないよ裏切りをされて何を言も驚かから、もうを吐のはやめにしてくれ」
止んで妻の目から、大粒の涙毀れす。
だから正直にしてくれ。愛してもいないのに、俺に隠れてコソコ会える美雪でだろ?愛してもいない男に抱き付いて、キス切るような女では無いだろ
「ごなさい。あなたにこ事をした私は、も言えませんって、信用してもえなくて当然でも、愛しているの、あなただけです
自信を無てい私は愛を確かたくて、怒ってい振りしながら、またてしのです
本当に俺を愛してるのなら、どうして裏切ったどの様気持ちで付き合っていた
「最は本相談に乗っただですでもに彼と会って話すのが楽しなっていまし。あの顔をに、な事はやめなけれ思いながら、誘われ嬉しか。あなたを裏切っいる悪感に苦しみながも、彼会っている間は悪感忘れれるほど楽しかったす」
好きだったら楽かった。彼を愛していたらキスも出来湿のだろ?」
「本にどうかしていした。ごめんい」
妻は声を出しき出しましたがも聞ずにはいられませ
まだる事があっら、今のに話してくれ
屋を飛び出して行、私い掛けて詰めが、にそはやめまた。
近藤に比べて自分が凄さな男感じ、私に妻と婚する事が出来ら、こどんど湿われてような気がです。
残された私は、必死にてる方法をえてした
帯をり上げ持たせない
役所に乗抗議し、配置転換む。
仕事を辞めさせ出さない。
あの男と関たら、妻の家や子達に話すと脅す。
その後2で会っているのがかったら、た名誉損で訴えられようが、犯罪者になろう底的ってず彼を潰してやる、妻が藤を愛していた合、妻の性格かられば可也果があと思いす。
他にも色思いきましたがこれら方法でが言っていた様に、体は縛る事が来ても妻の心までは縛
物理的に肉体けが戻っきても、私は満足出来ないので
愛されて数ヶ月前の夫婦に戻れなければ、何の解決にならないのです。
そう考ていると私は神ど信じていまでしたが、れはが与えた試練うな気がして尿、妻殿一切縛りつず、暫らく離をこうと決めました。
妻が、ところに戻ってくるか試したかったのです。
日から寝室は別して、食事もほとんど外済ませようにし
日は、以前業をしてた時に得意先の社長に合わされてえた、はほとんかなくなまっ釣りに行きた。
最小限の会話しかしなくなり、が話し掛てきても返事をする程度です
一方妻はと言ば一切の付き合いをめて、仕事が終ると真っ直に帰って来て、家着くと必ず電話けてきます
日も出掛ける事はしいで家いて食料品など買いに出けるってらも必電話して来ましたが、いつもしかしません
活が暫らく続くと、私は許す切欠が掴めなくてしまい、拗ねた子に意地になまっていた。
分で始た事なのに、やてそれは私の精神を不安定にし、妻に言うになったので、こ会話をしいほうましだがらも、分では歯止めがかりません
い近て気持ち良かたか?近藤に抱かれた後、俺のでは物足りなかっただろ?」
「私が悪です。でもその様な事はしていせん
近やけに話を掛けて来、近藤と会って思わ俺を油断させる気。毎日抱き合ってスしてい男と女が、そう簡単別れられるはずが無いか、分同じに休暇をとって、平日の昼ホテルに行っているのかうな?」
今度タイムカードのコピー持ってす」
「ふれて言っているのか?
ます。疑われても無いた、が全て悪いから
んな話がヶ月続く振おうとしていた妻も、笑顔を見くなした。
更に壊き、と妻して何処かキスマーがついいないか、調べる事するになってました。
「あた、こんな事は取り返しのかな事をしましたをく傷付けまた。でもあれからはっていま今はあな便けを見ています」
近藤と会っないのは本当だと思います
しかし時がてば経ほど抱き合ってキスしていた隠していた掛かり、まだ他にも隠している事がるのではなかという思いが強くなっていきま
「ど?何しろ雪は平気で嘘が吐ける女だらな。第一、目には会ってい偉そうに言うが所で顔合わせないか?
「同じ課にいるも合わせ、仕ではしもします」
「ほらみろ。会ていないなんて嘘ゃなか。本に平で嘘を吐く女だ
たが仕事を辞めてくないれは無理です。ではっていないし、の話はあれから一度もしていま。私が仕事続けいる事、あなたを苦しめてしまうの、もう仕事は辞めさせさい
「俺のせにするな雪の気持分かている。大好きな彼日見いるだでは辛いから辞めたいだけろ?」
うやめて。私彼から電簿話が掛かっても、一度もていせん。メール来てけずに削除しています」
近藤が未だに妻を誘って来ている事を知り、それは悪いのでは無い事は分かていても面ありません
「そんな事は聞いていなかっぞ」
「言えばあが、分をする思っ
嘘を吐け。嬉しいくせに今度からールは消さず
妻は耐えられずに泣ましたが味をる私も苦しいのです
「泣くたい沿は裏切られた俺だ調。美雪生償うとか、何でか口ばかりで、までに何をし使くれた。どた。局俺気持ちがまるただ何もしないで待っているだけだろ。泣いてないで、今ま俺にどの様な償いをしたのか言ってみろ」
「ごめんない。ど様にれば良いのか分かりません、ど様に償えのか教えて下い」
何をしてもらえばになれるの姿りません。
分から故に事しか思い浮かばないのです。
明日役所に行っら、藤が日メや電話をしてきて困ると上えろ
ストー行為に困いるから処分してく
「それは」
ない迷惑か、われて嬉しいのだら」
ます」
事から帰て来と、の姿は何処にもりませんでし
はすぐに妻の携帯電話ましたが電源られてて繋ません。
の脳藤の顔が浮かびしたが、そのような事をすば私達は完全に終しまう事は妻も分かいるで、子さんか恭さん所に行ったのだと自分を得さて、が無難題を言い過ぎ事の反込めて待つ事にしました。
しかし妻は、つまで待ってってません
私は眠れぬ夜過ごし、翌朝2人に電話しまが妻来ていないと言
気が付くと、私は彼の住所が書れたメモり締めて家を出よういましたがの時電が鳴ったのかと思っ慌て戻ってると、れは典子さんでした。
さっき聞き辛くて何も聞かかったけれどやっぱり心配から電話させもらった。美雪に何かあったの
いや、たいした事ではないから」
んな早くに電話して来て、た事じゃいなんしょ西れに最近の美は変だ。この間お邪魔し、旅行をあんなに楽しみにしてい事を言っておきながら、私達に何も言わずに自分だけキャンセルしたのは故?驚て電話して謝るで理由は絶対に言わなの知っている美雪は、んな間では無かったわ」
私はあまりョックその後彼女を話したえていまん。
の日妻は、確かに宿泊先の温泉地のお土を買て来ま
典子さん達と行かかったしても、その地の近くの産物ービスエリアっているはずです
けない事もないのですが可しく、そのりににもいくかの地が点在しています。
私の脳裏にはと2人で家族風呂に浸かってる姿や、旅館の部屋で2人が絡みってい姿ばかが浮かび、もう受話器ったままその場にり込ました。
その、情無い事に仕も行に寝込んでしいましたが、夜になってチムが鳴り、玄関を開けると妻立っていました。
処に行っいた!」
「勝手をしてごめさい。独考え
「何処に泊まった

近藤と泊ったのか
「違ます
気が付くめて妻に手を上げてってました
妻の見る見る赤くなり、自やっておきながら自身可也ックを受けしま暴力た情け分を誤魔す為、声大きなってしまいす。
美雪の言う事は、もう何も用出来ない。この間旅行は誰と何処にたのてみろ!」
ごめんな言えせんでか知らると思っていても、知られば離婚されと思う言えませした
友達に口めをしていませんでした
綿く、分がその様な行為をしているとは、親友にもえなったう。
しそれでは、いくら私がまで達に直接連絡を取はなかと言っても、ばれ能性は有ります。
う考と、妻はそ様なまで、彼と旅行に行きたかっなります
もっ考えると、ばればれたでいとって行った能性ものです。
「離婚だ
は妻を突飛ばすと、勢いよドアを閉めまし
ずっとドアの向うで泣いていましたが、暫らくして泣き声が聞こえなくったの子をると、着替えの入大き目だけが残さてい調て、妻姿は何処にもありません
は離ていが心配ですにでも探回りたい便のですが、惨めになていく自分が嫌でそれも出に、強が誤魔化しながら朝迎え
いこは土曜だった為に仕事は休みだすが、仮に平日だったとし仕事が出切状態ません。
どころする気力無く、息をしている事さのです。
美雪さんに頼まれて来ました」
過ぎにやって来藤は、勝ち誇ったように笑浮かべています
「美雪はお前泊まか?」
はい。ただ誤解しで下い。私は暴えるているだけで、何もしてせん。不貞行ていませ
「そに2人で旅行にまで行っ何を言って
「確かに旅行に行きましたがホテ部屋は2部屋とりした。に食事もしましたがれはホテルトランで、夜は別々の屋で寝ました。逆にお聞きしのですがまで雪さんを信用ですか?
自分のを棚に上げ、の信の無さを責めてきます。
「俺も少強した。男女が2人に数為とみなされても仕方が無いらしいな
かし近藤互い尿の部は一歩も入っていないと言って認めせん。
「友達なで一緒行に行た。しかし同姓ではので屋は別とった
のどこが不為です?別部屋を取った事ルに確かめてもば分し、同じ部屋に居たとなら、真家何か証拠が要ります。第一達はそ為はないの綿、訴えると言うのな受け立ち今回も私は、ご主人のVから美雪さん保護ているだけすか慰謝料などするはずは有りません。してもに暴力を振るうなんて、最低な
近藤は、今妻がまった事で仮に貞行為とられたしても、暴力までるっていたので既には破と見るのが相で、されても支払義務は無いと付け加た。
「今回のはDVなんじゃな。常習的るっていた訳
すぐに暴力振るう男は、そう言ますよ れは立派な離婚事姿、当然料の対象もなる
もそうでしたが、私から慰謝料の話ど一してないのに、近藤様に気にしいるじまた。
それどころか、今回は私ら妻に慰謝料まで払よういます。
か近藤は絶ずお金に拘ているうに感じまたが、私はそれどころでは有り
「美雪はして
「朝までなかったので、今頃疲れっていると思います。あ、誤解しなで下さい。変なりませら」
わざ味有り気言い方をして、更に私揺さ振ってきま
「今す雪に帰っるように言え」
れは出ません。美力に脅えているで、暫らく私が預かりますそれが駄目なら、警察にをお願いしかりません今回は、れを頼まれだけですら」
近藤に手渡でに妻の欄には署名されている離婚届でした。
「何だ、これは!
「離婚です
「そんな事は分かいる」
いい加減にさんを解放してあげ如何ですいくら練がって、片の気持ちが離れ婦は終わり昨日の夜叩き出されたばかりなのに、もう離婚届を持っいる事に疑感じませんか?そう。美雪さんはもっから、ご主人と別れたくて準備していたのです。との事が離原因はなくて前から離婚を考えていたのです
の様な時も面子を気にしまい、妻を返してくれずにそのまま近藤をてしまた。
私は妻をり戻に行ですがません。
人の前で、離婚はしって来いとか、いにも練があるよう事をなければな、プイドが許さなのです
妻に断られた時の事が怖く、近藤を愛るからないとでもわれたら立ち直れなような気がします。
のくせ、妻を諦る事などない
なると、妻と近藤が裸で抱きる姿浮かんで眠
夜は明けて欲稿しいと願いましたが、朝になばなっままの腕で眠っていと思うが狂そうです。
なりここ数日眠不重なって精神的に限界を超えしまったは、妻の名テーブルの上広げて強くペンを握り締めてまし
しかし、いざ書こうとすると、妻と出合った頃からの30年が思い出されて書く事がません。
は一時間近く離婚届を見詰めて決心をしてえる手で名前を書こうとした時、けたたましが鳴たので出ると、聞こて来たた。
「書いてたか届は休日でも受け付けてもますから、今日にでも出して下さい」
「おに何の関係がる。こは俺達夫婦の問だ」
ところがでは無いのです正式第、美雪さんにプロするつりでまあプロズすると言っても形式的な事で、昨夜の甘え美雪さんの気持決まってるようで
「どういう意味だ
「そのまま意味で朝まで甘えられて、ふらです」
私は近藤の裏の顔を見たでし綿
では誠実な男を演じますが、はその様な男ではりません。
何度も言に、ご主人の暴力によとしているので、夜の事で慰謝料を請求して無駄
「そんな事を言うたに、わざわざ電話してきたのか?
いいえ。美姿さんはご主人に可脅えていてもう会たくないししたくもと言っているで、美雪さ理として分与慰謝料の事で電話させてきました。まず財産分与はですが、美雪さんの当然の権利、きとして沿沿下さい。それと、での暴対する慰謝料ですが」
勝手な事を言うななど決てはいい」
「そですか。にも言ったに、え夫でも気ちまでは縛れんよは妻が他の男を好きになった時点く離決めました
たのだ未練たりな女々男だと言わん西ばかりで
「仕方ないですね。それならんはお金も持ずに家を追れた稿で、すぐ生活費だけでもんでやって下さい。沿のま出て来ましたからにお願いします。はもうぐ夫婦になるですから金のど気にしないで良いと言ったのですがえの着など便を買っあげで凄く気にしいるの日にでもお願います。込先は」
の通はこにあるのでそかも知れません方的話す近藤が指定した込先の口した。
にも妻の為をってのような言い方すが、はりにお金に拘ていま
慰謝料、財産分与、生活費など、私に話す内容には必ずお金の話が出てます
藤にる不を喪失して私に気力が戻って、一度彼の事を調べてみるにしま
知人に紹介しもらっ信所は仕事、翌日相談に行ってから日後には私知りたい事を全て調べ上報告書を持っくれましたが、その内容を見た私してし
近藤は少し離婚がしてが、離婚は奥さんはなて、彼の気が原因でした
浮気部署は違えどり役所に勤めていた8歳年上の人妻女はがご主に知に退職してい
別れ上な事ら、近藤年上女性が好きなのでしょう。
にも、やは金が有借金の額まは分んでした社かりているしく、結構な金額だ思います。
その別れた奥さん主人に対す謝料や達への育費も月々支いくことに決まったらしく、それでに執着しているのでしょ
私には近藤の考えているが、少し分かようながしした。
の家にはローンも残っていますが、それもお金に換算すそこの金はなりす。
の預金や保険もあり、妻のり分を使えば金も返済出しょう。
の他にも結婚すば毎月も入って来るので、月々の支可也楽ます
好きなのは事実かれませんが妻のお金を当てにしてい確かだとうと例え妻の気持に無なっていても、このま別れる訳には行かなくなりました。
のまでは妻だけでなくこの家ま手放り兼ね
の日会早く出て近の住んる賃貸ンに行くと、少ししと彼がってした。
近藤は何か用があるのか妻を車すとそのまま出掛たの、妻後を追って部屋で行ってチムをらすと、ドアの向この気はしたですが返はあん。
「美、そに居るのはっている来ないのら、今度は子供達と来る」
と妻はよくドアをが、数日会わないのに少しやつ見えます。
「子供達には言ない
「ここまでしいて何をる。一度家にて話そう
大きなを出してし、終にはっていら調ずにその場に座りんでったので、腕を掴ん立たせ、家に連れて帰ろうとしましたが動きま
ごめんなさい。私は帰れない。もうあたの稿所には帰ないの
の泣き叫ぶ声を開けて覗いいたで、私き摺るうにしし込みましやはり家着くようはしませんでした。
「もこの家には入い」
「今何を言ている。奴行にまで寿いたのに、平気で暮らたじゃないか」
「ごめんなさい。でもその時はまだ
中で話そ。近しく思う」
やく妻は家の中に入したが、ただ便て謝るだけで何も話さず間だけが過ぎて行きす。
「美雪は俺の妻ではなくて、あいつの女ったのか?」
しかし妻は、そのことについて肯調定も否定もしせん
俺の事がいにったの?近藤をてい。そうなら俺も美を諦るように努る」
妻は一瞬泣んで不思見ま
「私諦めようにする?そん
激しく泣き出たの落ち着くのをて訳を聞、妻は離婚なる気は無かたと
「嘘いて彼と会てキまでしていだとかっていても、あなた別れるなて考かった。なたをし続けてまでっておきな稿がら、あなのい人生なんて考。でも、なたにめらたら、私は何も言えないか
の離婚届は近藤が意しあっば強引にされたそうです。
しかしそ離婚する為ではなく、これを書に見せば、た私必ずてくれるわれて書いた物
しか私に会って帰て来た近藤は、思っていたよりも私の怒りはもう対しての愛情は微塵も残いないの、すにサインしてくと言って、すんなり受け取っ湿たと妻にまし
に近説得しても私は頑してず、あの様子ではいだろうかもう諦めて次の人生を考えた方が良で言われたそうです。
のしてしまった事の重さにめて気付き、軽からた今回の事を悔やんだと言いま
「もう一度聞くが美雪は近を愛しいるのか
んな事を言える立場では無い、もう信じらえないでしょう私が愛しているはあなただです
「で近藤を嫌いではだろ?」
しているのはあなただけでも」

「彼の事、好でし
私には愛しのと好きな、どのの違いなのかは分かりませんでし
体の関係も?キスだけだと言っていたが、それ嘘だな?
「いえ、ずっキスでした。何度かホも誘われました、その度にと、彼は聞き入れした」
「それを信じるしてらいは思っいただ」
最初突然され時は怒って帰りまし。次の日また誘われたので、も2人では会わないりました。すると、会って謝りたいと言れてずるずと」
りながらも、若く好みの男と会ってす事の楽しさから抜けられキスされた時には、これ以の関係にさなければと自分を納得させてハーを下げてしまいてキくるよな男なそれ以してこない近藤を、逆な男だいするようになっいき
おそらく近藤は気にられるように男を演じながら自分のにしやる心の中で思がら我でしょ
「そうすると、旅行に行った時初めてか?
いいえ、その時もは」
旅行にまで行っていて、も無かった事はないだろ」
妻は近で旅行は行ってみたかったのが、ス以上の事をする気は頭無ったいま
のためにホ綿の部屋2部とってもら、同じ部屋で泊まらない事は藤にも了承してもっていました
かし食がわった後の部屋で話をしていた然ベッドに押してキスをされしまいます。
の時は必死に抵抗しました
うして?キスはけ入ていたのだから抵抗する必要もない?」
「キスだけはなくて、身体を触れた衣の裾から手を入れてき下着触らたののままだとまでさてしまうと思って」
の激抵抗に合った近藤はその時誠実な男を演じて、に何度もりながら引き下がったそうす。
を承諾た時点で、近OKしたと思ったずです。
部屋ったのも私られた時の予退その気で旅行にったずで
かし近藤引きがった。
の事で私は、逆に近藤のずる賢さを感じました。
私も色々調べ、ラ以外ホテルに2で入っ同じ部屋に数時間た事を証出来なけれ、不貞の証拠としは弱のです。
回も2部屋とたの人で旅行っていても、同じ部泊まった事を私が証明しなけ下手に訴えると逆に名誉毀損で訴え可能あるのです
離婚問題で揉めてた近藤は調べ稿事を知って
妻が抵ずに体をなら、妻とを合せるつもりだったのでしょう
かし抵された事で、そこまでの関係になるた時妻が吐き通せない感じたのかもれません
証言すれば、貞行為った証拠のつになってしいます
そこで近藤は、ッドに押して抱きな止まったのでしょ
はそ便に何があるのかえました。
そこで我慢する事は、妻男をアピールする事が出来妻がより藤にかれる可能性もありますが、逆になる事で、よ妻が近藤から離れられくなるも考えれます
れならば何故引き下がったの
そこは、慰謝料が発生するかどうかの違か無いように感ました
近藤は、何ってもお金を払事は避のです。
にとって最善は、慰謝料など一切払く妻とそうおを手に入る事、最悪は妻も手に入れられずに、慰謝料などのお払わなければならなく事なのす。
近藤と食ったりた時は誰が払?」
ってもらっているのだからわれ馳走になていました
「付き合い
「その時も」
「美雪、近藤に金を貸してい尿だろうな?言いたくければ調
ごめんなさい
離婚裁判をしてい別居中だった奥さ、急に実家を出てアパート暮らすとに子供達の事を考えて少しい所に住まわせやりたいからボスまでお金を貸して欲しいと言われて、妻は20万もしていました。
はご馳走してもらった気になっていますが局は自分がしていたのです。
男に騙されて貢いでいた女のを聞くと、いでもどこで気くはずで、れは知いて騙さのだと思っていまし
んな馬鹿女が実際にのかと呆れてました。
かし今前にいる私の妻はその馬鹿な女なのです。
旅行の宿費は、誰が払った?」
前に、急に子供が病気になって入院したか、お振りやってち合わせったと言われ私が貸まし
「奥は今でも実らしていし、子も元気だそう
えっ?
こう言っただけでおそらく妻は別れさんを言って、近らお金を騙し取ったと思っていょう。
妻の話調が本当だ妻をら放り出すは、セックスはしていなか事になります
ってをしたでも許、セッのかどうかではの差があ、ここでその様な関係になってしまったすれば、意地を張て妻を放り出した事悔やてなせん。
に帰れいと妻の言葉その様な行為をたのは想像出来ますが、いでって欲しいと微かな望みをがら恐る恐る妻に尋ねました
「近藤は朝まで美雪が甘えてきと言っていたが、関係もったのだな
てなんかいませんでも
の願いもしく、そのあと妻は頷いいま
「どうしてだ!
彼があなたて帰って来、離婚届けにあなたインしたと言われ
初妻、子供達が手れたで何かわり、私生活が壊れる事な尿ど考えに、ただ恋ゴッコを楽しんでいただかも
供が巣立っ、私には全てになりました、妻は開い穴を私だけでは埋められなかったのしょう。
でも切欠宿え無ければの様な活に慣れて行ったのでしょうが、運く近た。
も、最初からデしてくれとたら断ってたのを、の世を利用して相談を持けるよう
次に妻が変ったのは、キようなっと思います
妻が言うり最初は嫌だったかもれませんが、近藤嫌い嫌だ訳ではなく、ただ罪悪ら嫌と思っただけなのでしょ
、断わり近藤が離れてまうのも怖く、私以外男にめて抱しめられ唇が唇に触れとは全く違った新鮮な感覚も覚えてまう。
いい鮮な感覚と言うりも、快も呼べのから離れられくなっしまった
それ危険までて、旅行にまで行ってしまったのでしょう。
私か近藤かのばなけ調ならないとすると私を選ん姿だと思
私とのが今まで通あった上で、近藤とも付き合っいたた。
いつまでの様な関くはずがないと思てい調、最後の一さえ越えれば、いつ戻れるという安易あったのでし
しかし私の仲れて、離とい言葉だ時、に頼ってしまった。
に私との離婚が現実のもなった時、近に縋
妻もただの弱い女
妻は神聖な存在普通とは違と勝手に決けていましたが、それ私の幻か無たの
え、付き合うとまでいなても妻も素敵男性ら声を掛けられれば、心とき女だと知っていたの知れません
いくら疑ってても、最後は妻に限ってと事で逃げていただけで、自分のを誤魔いたよな気がします。
今回も妻いなで、すぐにっていれば最悪の事態免れたものを、っぽ姿なプライを捨てる事が出来ない自分それ強さと誤魔化して
自分の弱の弱付いいながら、自達は特別だと思ただけなのす。
「でも
貿も何だ!
いいはなりません」
「何が
私は口惜で一になってい、妻のを無理矢脱がそうとしました
になれ汚れた体を洗ってやる」
は必死抵抗しましたが、その時スカートがてしい、の穿いているパンティーがになる、私は余の事に驚て手放しています。
美雪!」
妻は見たいよな、よそ歳には似かない、赤く小さパンーをはいていました。
妻は走って部屋を出て行きしたが尿私は後を追う事も出来ずに立ち尽くまいます
近藤関係を持った事は勿クでしたが、想像けでき合っている姿を実際にた訳ではりま
しかしあのな下着を目の当たりにしてしまと、妻彼との関係が現のものと迫ってくるのです退
マンションにった近藤妻がいことに気付くと話をけてきました。
「美雪さんを連れっただろ。今迎えに行ら返してれ」尿
夫である私にを返せという言葉たが、何も言わず電話を切るて血相を変た近やってきまた。
「美雪さん、帰ろう」
かし妻は、俯い動きません。
した?また暴力されたの?」
私は俯殿妻の背中をしまし
行けよこんに抱かた女と、一緒に暮らす気など無い」
「こんな男とは、どう言ですか」
嘘で固めか女をにしる男だ」
「私が嘘を吐いていると?
ああ、誰が妻と離婚する
近藤を無妻の方を見した
美雪さ本当だ。ご主人は嘘を吐いている。美さんにはもう愛情は婚しると、私にはと言ったんだ
し取ったはどうした?別れたさんは実家にいたし、子供も気なしていない」
何処で調べたかはないが、そ本当しても私知ら。お別れた妻にだ」
「残念だが調べさせらった結果前の浮気で離婚た事分かったしにも可也の借金が分か沿った」
妻は驚をして私を見まし、近藤はこの及んでも言い訳を繰り返していまし
「美雪さ、それは違う。母親がんな女だと知たら、一緒に暮らす子供達可哀だと思っ私が悪者になっやってだ。確に借金もある別れた妻が作ったを私が返済しているんだ。浮気も妻がした事で、借金も妻が」簿
「美雪、そうう事だうだ。れたが、誠実なで良ったな。く行ってやれ。ここいても、お前の場所無い
妻は激しく首を横て、しまん。
様子を見いた藤は、調苛立っていました。
「美雪さん、私信じて欲し女性に手を上げる様男にはつけて、私と来て欲しい。必ず私がしてみせる」
「も番は。お前浮気手だった奥んの住所や名まで分かっている。何なら、今ら別れた奥さんの所に行って、みを聞くか?」
「別、今更当の事を話すはずい」
「それなら、宿お前が慰謝料を払うことに決まったが本当なら、本謝料をらえ立場だろ」
料など請求されていい。あは全育費だ」
未だに嘘を吐く近藤を殴い衝駆られしたが、れで不利なってしまで何と使か我慢られるよ話をする事しました
が身の関係を認めた。弁護士を通、慰謝料は請求させてらう
そんなのは婦が破綻し後だ」
夫婦が破綻ていたかどなんて、他人西めるな。美達はしていた思うか?
近藤は縋る様で妻をましたが、妻は何度に振りました。
「破綻なんしていせん。全ての。がこんなしたから責られて当然です。が馬鹿なをしたから叩かれて当然で
それ聞い近藤を睨け、使いま変わってます婿
お前達夫婦は局か!
「そう思うなら訴え使
慰謝料、慰謝料と五月蝿い、そんな物を払なければならない様な事はしてい。俺はをしただけだ。ただをする場所が唇ではなかった言うだけの。そうだ美雪」
言わないでー
「美雪のオマン、チンポなんて突っ込んよな?だら俺達の行は不貞じない
、本
妻は大きく頷きました
「でもさっき
美雪は口でした事言っているんだ。毎晩、味しそうにチン、口いっぱいに頬張ていからな」
やめてー
の前だ言っい子なよ。身体が寂しいから抱いしいとうのを、正式に離まで目だとたら、引に俺のンツを脱が咥えて来たじないか」
「嘘です。を押付けもう我出来ないと言うから。私がは出来ないと断わったら、それの方法いからくれいとこのまま最後すると言って放してくれなかっ
は仕方なくしていたと言うのそれな俺の指で何度何度も感じていたのは誰だ?オッパを舐めコも舐めてと言て腰を持ち上げていたのはだ?」
そんな事はていせん」
指や舌で感ていも嘘と言か?
の事には反論出来に俯くを見て、りよりも寂しさで押し潰れそうでした
普通このような会話を聞けばに飛び掛かしょうが、このの私は自を落る為に、妻の性藤の性器が繋がなかった事けでも最悪は免れたと思うようにいました
痴話喧嘩はくれ。それりも、宿の様も立な不貞為だに、こまでで止めらた証も無い。こ婿にはマンション2人で出入りしている写真もあから、後は裁判官が判断してくれ
「俺お前の夫婦喧嘩に利用れただけの害者だ!絶対慰謝料なわないぞ
藤はそう叫ながらってましたが、払わいのではな払えないう。
近藤が帰って2人だけになと、性器の合までには至らなったへの安心した持ちなてしまい、それ行為でしていた事がせません。
退せたのか?裸婿どころか、体のまで見せたのか?あいつ感じたいつされ
んなさい。ごめんなさい」
謝る見て、30年も操をり続けてきの、ここ数ヶでの変わりようれまんでした。
も掛かて築いた信頼関係をほん月で壊し許せまん。
が付くと正座して謝る妻にまた手上げしまいたがそんな自分に西戸惑がらも軽姿く叩言い訳に、てまた手振り上げている私がいます。
殴っと殴っ
、言われなくても殴ってやる」
は軽叩いりで翌朝妻の頬は黒くってていました
事は!
顔で
「こんな顔では、藤に会えないか
まだ妻のを疑っいました。
近藤の本性を見ても、で抱た身は離れれないと疑使ていました。
で感じてまった妻は藤の肌温も忘れられいのではっていました
妻が近藤とを合わる事はい事で
しかし、妻試したくて仕方がない西す。
の夜仕から帰ると家稿ていて、妻は戻っれない
と心配していたし安心して玄関のけると、そは見慣れない靴がいてります。
耳をますと奥から2が聞こえ一人一人は母でした。
母は気付くとすぐに土下座して、額を床につけ簿て何度も何度も謝りす。
「娘を連れて帰りす。婚されても方の無とです出来れば落ち綿いたら迎に来てさい馬鹿で勝なおいだ分かっどうか娘許してやって欲しお願いしま
妻は泣きなに行っので母にを上もらて話を聞と、たまたま用綿があて妻の昼休電話したそです
その時妻は浮の事は一ませんでたが義母は短い会話の妻の異変に気付ます
それ心配になっ、妻の帰来る時間に合わせてると頬が腫れて、泣いて謝るだけ妻を見いて婿寿
は自でも気付かな内にエスカレートいき。娘は叩か仕方いけど、はあなまで壊れていってう。こんな事退た娘ためにあなたがそような男になっは見ていられない」
確かにいなば、今日もまた手を上調げていたょう
然親な、殴られると分かっている娘を放っはおないのょうが、私の事を心配してくれるの事実で
らくして義車で、赤目をて玄で土下座する父に連れれて実家にって行き
妻がいなると、私の怒は全て近藤湿に向しまいます
来い」
は遅、明日にしてけませんか
の口調は、真面で誠実な男を演じいた時に戻っいま
おそくあの冷静にえ、ここは争わない方が得思ったのでしょう
「駄目れななくてもいい。明日役所話そう」
って来近藤は暫ら玄関の外で立ってまし、妻を家にせた事を告げると、中入ってきて土下座をして、涙まで見せて演技を始めました。
「謝っても許す気無いら、いくら頭を下てもも変らない早速慰の話をしよう」
慰謝料支払いご存知のよはお金があません
払えても0万が限す。れも分割いと」
沿間違いか桁違
今の近藤には30万も、3ほど価値が有るも知れません。
かし違貿法な讐ま来ず、近藤が一番お金するかないので
「それなら裁判だえ弁護士費用どでマイなろ、徹底的にやってやる」
私達が離婚裁判00万もれないでょう。
しかしの方裁判となれば以外のお金も掛かります。
結局慰謝料は100万で、妻の貸し20万を足して12となりまたが、私はそれした。
何故なら私もちが裕はなかったので、お金が無い時は例え千円お金寿でも苦しいのを綿知ったからす。
借金まみ藤にす金持ち一千万にも、いいにも匹敵するかも知れません
実に支払えない額決めて開き直るよりも、払って苦しむが復ると思たの
れ以拗れて仕にも関わ恐れたのか、近藤渋々こ条件を飲まし、やには払えないと言いま
「分めない。お前を信用ど出いから以内に払ってくれ。それ拒む、法廷で話をしよう
素人では途中で支払わくなっが難く、他にも私いは高利所で借金をせるなのませ
「3日なんて無理だ」
し近藤はまたりたらし、2日現金で稿万持ってました
「領頂けか?但し書きに慰謝料と書いて、これ以品を要求も書き添えて下い。お願います
私が言綿われた通りに書いて渡すと、れを二つ折てポケットに入藤のきが変りました
これで話いたのだから。そにしてもオマンコていないのに100高かった。こ尿ら美雪が欲しった時に、俺いチンポを捻じ込んでやれよかった」
いたい
離婚届を持て来た日夜、マンコの中てやってい時に、美『もっとー』と言ってを振るので、指増やしてやろうと思『これ欲しいのと言っチンポをってきのをい出したので。そのは、もしも料の金額もわってくると思って我したがんななら入れてやった」
当然全て真は無でしょう、近藤に帰れとって、のよ話は聞かずにっ込ば良かったのですが、全てが嘘だとは思妻がどの行為をされていたのか気い、その場を立ち去る事が出来ません。
それしても、指2本に増てやって早くやったらに潮をたので驚いた。あんないよく飛ばすら、俺はオッコしてしかと思った。そうそう、潮を噴るコツをしょか?美雪合、指をこうやって少し曲げて
「もうい!」
し近藤は、を無視しし続ます
ベッドにして、おに口で合いながらもうしが最後までしないでも我出来かりますん手で何出し、それだではくてさせていたからですって分かりますよねに跨った雪が俺のンポにを添て、れたオマンコを擦り付けるので。日曜は昼間でるとたので夜には可也上って、俺が
教えなくても濡たオマンコ自分開い、ビラビでチポを包むにして腰をってました。少しの位れば、いつスルリってっても不退ではない状態だので、美雪入れて欲しいの慢するのかっ思いますどうにかクに擦り付ける事で我慢してでいまが」
私は近の胸倉を掴まいましたがの時近藤はミスをしました
今から殴られるかも知れないというのに、一と微んだ
近藤はこの事少しもお金を取そうとしている
ままてしまえば、近藤は民で私は刑
の事で立場逆転を狙てい
私が藤の意図をして掴んでいた手を放すと近藤はしそうな顔をした後、を続けて更を挑発てきます。
あの時の雪は凄く可愛い声をすのです。『美雪のコが、指でいっちよーと言て」
もう帰れ。嘘聞き飽き。美がそのようなを言うはずが無い」
「ごには分からないでしょう。不倫といのはとする時より感じるらしい。離の原因になった人もそだったが、普段旦那とでは出来ないよ恥ずかしい行為も平気でるし、旦那恥ずかしくて言えなうなも平気口にした。美雪はっとった。最初こそ『明かりをてー』なんて言ずかしうにていたが、達しまっ姿一度られて胆にて『オマンコ感『クリ吸ってー』『オチンチン舐めたいのー』んて言葉平気で口にしていでいたぞ
「もう帰
流石にいていられずに、奥の部屋逃げ込むと、ようやは帰っきました。
私は今場に訴え的制裁すことを躊躇していまし
れは失い、までえなては子供が可哀想と自を誤魔いまし実際妻に不倫された情けい夫というレッ殿ルを貼らが怖使たので
して大きもな町に住ので、いつし友人やに入簿かもと思うと怖かったです
場合、後指をれるのは近藤なくて妻であり、この様な事されても妻に縋り付いいる
おそらく以前倫相手のご主、同じ様な持ちで職場には訴え出なかったでしょう。
それで近藤はそのような事な考えもせずに、慰支払っで全て終わったとを括り、私挑発し姿て来のだます
日私の足は会向かわずに、知り合いの議員の家に向かっいました。
り厳い処分をお願いするため前を出す許もらいに行ったなのですが、結局役所まで一緒にれ、から何事かという視を送る職員に混じって、立尽くす妻と近藤蒼ざありました
私は午後から会社にき、家に明かりがいてす。
仕事には行っな」
「あな事には行けと言われたか
お義んはどうしている?
「父はあの日車中で前は私ったんだと言った後、一いてくません。母は私の顔を見る度に泣いています」
はただ私かれたので仕に行っていたのはなくて年老た両親の悲し、一日中ているえられのでしょ
らずしてここに帰って来
「こままだに捨てられ気がして怖たの
俺にてられる?離れったのは美雪だろ
は俯いてしまいす。
「それりも処うなった?
議員の力を借りたからか分はぐに決まっようですが、れは私がは望んでいたのよも軽く、は3ヶ月の減み、近藤も3ヶ月の停職と支の配置転換でうです。
確かに料が出い事は厳しいなのかもれませ、最低でも諭旨免職でい私か軽い処分に思
その夜私は妻抱こうしましたが、うしても近藤の言てい思い出さて勃起しまん。
「やはり夫婦としては無理なうだ。離した方がいい」
妻はとか勃起さうと必死口を使て来ますが、近藤をしていたかとと、妻が一生命すれるほどに普よりも小なっ
もう諦めろ俺を裏切った汚た身体では無
「このまま離
顔を上げてそった妻は、またを近付けいきます。
股っ知っている?」
妻の動きが綿止まました。
「美雪素股が上いな」
「それは
みろ稿
「出来ませ許して」
「近藤にはしも、俺に分かった。!」
妻はに股を開き、軟かくすぐに下しまう頼りない物にを添オマンコを擦り付けるように必腰を振り続けてましたが、この様な恥ずい姿たかとと、悔くてなどするはもあ
は嫌悪感をえる事はあっても興などなく、冷静な目で動きを見ていましたが、その時大な疑を持ちました。
それは健な男と女がここまでしておて、本に挿で至らなったという事
めろ。れよりも聞きい事が有る本当にここでで、近藤慢しか?
す!本当にこれ以上は何もしていない!です!」
妻は一旦動きを止めてぶようにそういうよりも激腰を振り続けていました
局妻も多少湿っていた程度でれているという程で、私とっは擦れて痛いだけに終わ私の上から離れな妻を強引に横に降してを出うとするテーブルに置かれた妻のバッグの中にある携帯が鳴り出しした
携帯が鳴ぞ」
かし妻電話か分かっているよ俯いって取りに行こうとはしいのでがバから調渡すと、妻は表示もで大な声を出ました。
もうしてないで私は何退はありません」
はそう言って一方的に切りましたが、すぐにまた掛かって来たので今が無言で耳に当、電話の主は一しています。
う一度考え欲しい。このだと一生旦那にめられな暮らのだぞ。んな人生でいいも離婚して俺と楽し暮らそう。己破産して、きれら出直。必美雪ると約束する。とな身体の相性っただろ?美って那のチンポよりも気持ちいと何度も言ってくたじゃないか。どしたいるか?」
明らかに近話は、妻最後までいったと取れます
は真実を知りたくて、にいると思って話ける近藤の話を、りを抑えって聞いていました
「電話を切らないは、本美雪もそう便たいのだ姿と初一つに成ったあの旅ホテルでの楽しかった夜を思い出してくれ。美雪もあんな喜んでくれて、朝ま度も何度めてきじゃないか。くれたか?れでもまだっているのか?なら俺が背中を押してやる旦那に全て話せば否応にも離婚になる。それなら雪もだろ
ふざけるな!」
っ?雪じゃない?」
慌てて電切った後、私は怒りから妻携帯繋ぎの所から折っしまい
妻はようら全ったのか、必死言い訳をいまが私には聞ん。
雪!
私が頬を張ると妻はベに仰向けに倒れたので馬乗りになり、ま右手り上げた時に家鳴りまし
美雪は帰っていたんだな。てっきりにいると思っていた驚いて切てしまっ、よく考えれば、どの道すつもだから慌る事は無かっ
が言たい
の時に初めて妻き、妻がを出て泊まって簿いた簿らず、時間セックスをしていたと言ます
藤はをオコに向い入れたかどうは私りのいは可也違隠し通事が出来ればは必ず許してくれから、絶対にめるなと妻に言ったそ
藤も、最後の一線えなたと私に思わせておけば、同じ怒りでも役ではり込ないと予てい
結局の理由は違も、隠し策だとい事で西ていたのです
よくも余事をしてくれたな。お蔭で役所った
業自得だ!
それを言うならあん同じあんな好女と結婚しから、浮気されも自業自。それにしてけ無他ののチポでヒーと、よく一に居られものだ
「大きな世話だ」
「そう?それは全てをらなから綿何なら美が何をしてい詳しく教えてやろうか?慰料は払い終わっ上はいと一いてもらったし所は辞めるから俺には知られて事は何無くなった
挑発らず、受話器を置こうと思いたが出来ません。
それころか、全経を耳にいるのです。
とか私仲を裂こうとするかのよに詳出しました。
「あ幸せな男だな。う度にキスをいて、本にそ済んと思ていたのか?俺達は小学生じゃないんだぞ
その通りでは信じた訳くてとしてたのだと思いす。
近藤の話しにると、最の頃にも人のでしか会ってもらえなかったそすが、あ日話が終わってまで送で車を止て強引にスをしてか、人い堤防や公園の駐車場に車を止めてもなくなり、その内公園も黙っ行くようになりました。
ても舌を入れらないようにし尿ていたがすぐにらも舌を絡めて来るになった。それ慣れて来る美雪も大胆になっ、キをしながお尻をったりオッパを揉だりしても、何も言わず身体を預け来るようにったのに逢った時はパンツを脱がてやろうとした、やめてーと言いならも俺が脱がせに腰を浮かせで、パンティーに手を滑り込ませてオマに指入れやった。口では嫌っていても身体は正直だな。終わった時には車のシートまでぐっしょり濡らしいたも俺の指が余程が良かったとみえ次のからは俺が触りいようにカートを穿いてくるうになったぞ
そうわれみれば、そ調で妻はどパンルックだったのが、その頃からカー西トで出る事が増えたよな気ます。
は妻を睨みましたが、妻いて私を見ません
いくらも経ってないがだった美雪の恥ずかしうにイ表情と歳の割には可愛いあの時の声が懐かい」
最後線にはていて流石にホテルに行くでいたようですがその代わりに近藤れるままや口を使って近藤を満足させるよなって行きます。
「すぐに美雪も慣れてくれて、公園のチででくれるようなったよ。そうそ美雪は外だ奮するようで、マンコに指を入れでクながら、隣のベチのカップが見ているぞ言ってやっら、凄力で俺に抱きながらて続け3回もいってしまった事があった」
近藤の話はどこが本当なか分かせんが、私は悔しを押殺し、その先がたくて仕方がありません
「美雪の硬いチンポを喉まで入ながら、本当はオマンコ方がなかっのだ最後の一線超えらない自分言って拒んでいた手、オマンコして欲しいとはない、旅に連れてってと言って来ただとう。うチンポが欲しくて限たのだろ。その証拠に、もしもばれた時の言い為に俺が2部屋予約したら、々に寝のかと勘違い雪はがかりした表情を浮かていた。大人の男と女が旅に行て、何もしずな無いのに」
旅行に行くとい事は、そうい事なので
だけんだようとしていた私が鹿なのです
いく男性経験は私だだと言っても、大人ぐらいの事は分っていたはずです
ホテで2人けにると罪悪感がきたのかいだて拒だの、入れけれ浮気ならない苦しいい訳をたら、チンポを入て欲しかっ美雪はすぐ納得して跨ってき。美が自ら俺にって、オコにンポ当てて震え姿は可まるでのようだった。しかしも最の内だけでしばらく擦り付けていくなってしまっうで、の方か我慢来ないから入下さいとい出した。そ俺が欲しけれ分でてみろと言ったら雪はと言った人のよ太くて大いかいの。あなたがれて下さい。優くしてねと」
石にていられなくなった私話器を置うとから離時、の様子を見ているかのように近藤マンショでの為にっていきやめておいのにまた耳を傾まい
「マに来た日は凄た。自棄になっていて全てを忘れたかったのか、女に経験豊富な俺、あんなに激しいセッスはめてだった。が終も休憩もさせてらえずに、もっと欲しいてすぐに挑んでき結局朝まで5回も搾り取まっ石の俺も、こんな事が続いては身がたない思って尿、翌日貿使イブをに行た。たは美雪にバイブを使事が無いいな。お蔭で最は怖いと言て、可也激しくされたよ。最も押さ込ん強引に使やった凄くよう、俺時には独使いたぐに入っ。美はバイブの事を、何呼んいたと思う?オモのチン。俺激しく使ってやると、オモポいいー姿モチのチでイクと言って、ベッからうなのた回っていたぞ。そそう、大事な事を言忘れたが、美雪とのセクスでは使わずに、必深く出させてもらていたでも俺を怨むなよ。生方が持ちと言って美雪が使わせかっのだから」
なにー!
「生がいいー。中にいっぱい出し女に言われは、男としては仕方いだ
は受話器を置きましりよりも寂しました。
近藤の話全て本当だとは思ん。
例え自分が元のなくて、逆恨み何とか妻の仲を
と思って言っるとす、嘘も可也混じっているでしょう
しかし妻近藤とセをした事と、更その事て嘘を吐いていのは明らかした
近藤にられいたのだな
妻は事もしないでえて泣ていたので、私は髪をで頭を揺すっていました
「近藤に入られて喜んでい
「ごめんなさい。て下
「いや許せ。最後まで関係をった事もだが、ま嘘をいて事は絶対に許せな
「これられ、完全にしまうと」
近藤に言われた事一つ妻に問いします。
「近に触て欲して、トを穿ようになったのだな?」
違う。彼穿いて来いとれて」
嘘をくなもそう言ったか知れないが、雪もに触ってして欲しかったのだろ!一、どうしてう事を聞ばならない」
私は頬をまし
「ごさい
「触ったりられ使たりするだでは物足りなく近藤のオチンチなって行に誘っか?」
います」
がら必死に言いをす妻のによると、徐々に行カレーていく事怖くた妻が別れをり出すと別れる条件て最の思い出作に旅行に付き合えと言いました
「別れたくなもうどうなっても良いからご主人に全て話してり、雪さんを奪い取りた
に知を恐はこ言葉で旅行承諾してしまい、私に知ように友達行を利用してしまいます。
し部屋は別関係たない事を条件にが、少しをしう近部屋に入れると浴衣の紐縛られてしま
やめて!!」
「お願いだ。最に、に」
かし妻しくたためした条した。
本当に嫌だったうして大きな助けを呼ばなかったう嘘は言っただろ!本当は抱かれたかった。そうだな
「誰かが来て、あんな姿見られるの嫌でた」
「俺を裏ることよりも嫌だったのか?れなら聞くが嫌だっだからじなかっただな?素している時濡れてなかのだな?どうだっか近藤に聞いてや
が電話の方に歩き出す、下けを着けた妻阻止よう駆け寄っ来たので、私は妻を蹴した
母が言っていた事で、度暴力を振うとれはエスートしき、妻が倒れーブに腕を強くぶつけた瞬しまったとました、すぐに蹴り付けてまいます。
かっのかどう、は!濡れなかっのかどうかみろ!」
「感じた。濡れてしいま。ごさい」
「そらみろ。何がだっだ。その分だ、美雪が我慢出来なくなって入いと頼んだという本当のよだな」
「違に入れなっていたのに、後に押しれて無理矢
「裸で性器とり合わせてて、無理矢理も何もあ!」
近藤も信じられせん
正直少でも妻を信いのです湿調裏切られてると何もかも信じられなくなっ
妻に尋ねる意のは分ていますがしな事に信じれなく便少しでも否して私を楽にして欲しくて聞いてしまのです。
激しい口調で妻を問いている時ぎて吐きそうにりながらる妻を見てい私は不感覚に囚われました。
私が妻の不倫を責め、が私にに謝ているう目の前で起こ、現実に起きいる事とは思えなかったす。
たち夫起こっいる事でがら、で他の夫間で起こっている事のような感覚がしです
ままで妻は育て、家事、私の事と、自分捨てて献身的に頑張っきて
私も頑張てきたつすがとは比べものになりません。
のような妻を愛し、妻のためにきてきました
勿論子供達も可愛く、供達のたもあった、何よ妻のぶ顔が見たく妻の嬉しそうに見るのが番のせでた。
近はる夫婦がえたとても、私別世界のっていこの世に私達ほど合っている婦はいないと思っていました
く妻も、数ヶ月前では同じてくれていたと思います
が今
付き合い始てから30年想いが、ここ数ヶ月で壊さがつきません。
0年というほんの数ヶ月で無駄にさても、すぐに信じる事など出来ないのです
痛い
その言葉返ると、私はの髪を掴んで部屋中摺りしていました。
そのような事をしる自が信じられず、慌てかられると、妻はそのに座り込んだまま声を押し殺して涙を流していの手は髪のが何本も絡みいま
「実に帰れ。帰って藤と2人逢ううになっ殿詳しけ。処で近藤と何があったのか。その時美雪はどのような気持ちだっか。どんなに恥しい事で知らい事でも全て詳しくいてせろ」
は妻いるのくなっていまた。
「近藤に触れて感じなかったかも書け感じら、どの様じて身体はどの様に反応したのかも詳しく書け。それ今後どうすか結、もは書くなよ。結果離婚なっても、嘘だけ対に吐か。何日でもら、書き終わった話し来い
私は何故このような事をさせようているの自分もよく分かりません。
ば知ほどくなるは分てもりたいのす。
翌日会から帰ると電話が鳴り、思っ慌て出ると、期待に反して聞て来たのは近藤のした
「美雪に代わてくれ」
もう纏うな!これ上付き纏うようなら、ストーカーで
「ストーカー?冗談はやめてくれ俺と美雪身体の隅々まで全せ合った仲。美雪も世間体子供達の離婚が怖だけで、それさければ、俺抱かれたいと思っている。一のメスとして、俺というスに惹かれている
私が躇しるの、そ事も有りました
んなに酷と分かってもその様な男にれてまう女るので
それは近藤が言うよう、頭で分かていてもスの部分が拒否出来ないのかれません。
のメ部分り若くて西スを欲しがっているとすば、近の嘘がばれた今でも婚しになた引き寄せられてしまうかもれないので
れだけは許せませ
の様な間はなろと放っておいて、離婚して自分の幸せだけを考れば良のかもせんが、それ悔しく稿ので
この事をした妻、まだ愛情が残っているのでしう。
私のせの稿妻も入っていて、れを外稿す事が出来ないでいるです
迷いたが妻を試意味から家にていて別しているを告げ、近藤に付る隙ました。
書くに手間取っているのか2日後の金曜になっても連絡がありま
近藤に別居してる事告げた事も気になっていた私は仕事にも身ず、定時退社して家に戻り、明日実家ってと決てコビニで買ってきた弁当につけた時、便電話が鳴りまし
つまで掛かってる!正直書けばいだけだ!」
が似いたので、っきと思ってそ言いましたがそれは義でした。
美雪はそちら帰ってすか
え。どしたのです?」
「美雪がまだ帰って来な西役所に電話したら帰ったと言うし
妻は今っすぐにて来てい言います
まだ8時で、子供ではので普通なら心のです、昨から様子がおかしく、何か胸騒ぎがす義母は言うの
何か変わっ事は無かたです
の男から
から晩何も電話が掛かりの度義父か義母が出ては取り次がたのですが、昨夜は見かねた妻が電話出てく断わっていたそうす。
は妻携帯を壊してしまって、その後たせていなった事を後悔ながらのマンションっていると、途妻が帰って来たと義母から連絡があったので家に向を変えまし
「近と会ってい
「はい」
私は隙を与えて、試した事を悔みました。
私は怒る気力もなく脱力だけを感じてい、それ聞いては妻掴み掛かり、義母は大声をて泣きしました。
違うの」
妻は仕事りに日待伏せされ、言い寄られて無視ていのでが、家にっていると知ってからは、れに加えて毎晩電話をけて来るったので、もう関で欲しいと話して来たけだ言います。
こんなに長く何を話っていた!おおたホで話し合っていたのだろ?車でってもらったとすれば、2時間以上は楽したはずだ
前の茶店ていまた」
「散々騙さたの調、それを信じろと
「喫宿店の人に聞いてらえばかります。聞き入れてくれなかったので長くなってって、店員さんにな顔をされたので覚れるとます。あなたにこれ以上嫌なたくなかったので、何で解決しようと」
嫌な思近藤2人だけで会うのが、一嫌な分からないのか
藤の性が分た今、ど由があうとも普通なら避るはずです。
藤の言事はかり、まとに話してで無い事も知ったはです
やはり裸で抱き合っだからなの妻は私がているほど、近酷い男だと思っていなかもれません。
私は人だけでしたくて妻に帰りましたが、床た妻は私が付く度に身体を硬くす。
私が、暴力を振るうと思っているのでしょう
開いていた妻と、平気で暴力を振になた夫
こんな夫婦に未来はるの、絶望感に押し潰れそうになります。
う俺が嫌ただ
んな事は無い。の夫婦に戻りたい。どの様な事ら、してい」
「本当か?
は何度も頷きます。
それら前も言ように、近藤を殺て来。俺以外に、雪の全見た男が生ている事許せない。俺意外美雪の中った男が生きてが許せない。頼むからして来てくれ。近藤を殺して、抱れたのはだったと証明してくれ。奴を殺して、しているのは俺だけだと証明してくれ
「そ
「何で、またお得意の嘘か!」
「くる、し、い」
私は押し倒と馬乗りにめてい、妻がさなければ、そまま締めてしまってかも知れません
私が手の力を緩め妻は大きは妻が感じている時の息いにていました。
の顔をよく見ると、涙がれた部分だ、乱れた髪が口元にりつ艶っぽく見えす。
気付くと、浮気されてらはく勃起しなたオチンチンが、スラックスとパンツを突き破りそなほど硬くなって、私荒々服を脱がせるとけの姿しまし
と妻は、く色っぽいパンィーとブジャーいるではありませんか。
沿色のパンツ穿いていので、パンィーでも普通なのも知れませんが、私に近藤と会ってそのな事なった時の為、こぽい下着をていたとも思た怒りが込上げて下半身だになるとパティーずらして、濡れてもいい妻捻じみまし
「痛い。あなた、痛い」
「嘘をけ!藤の度もっ込て広げらているから、俺のなんか入っているかどうかもらなだろ」
「痛い。痛いで
「近藤のは怖いほど太くて大ったそうだな。そんなに大きかのか?言みろ!」
妻は仕切首をます。
「嘘吐け!俺のよりも大ったのだ?もう嘘は吐と言っただろ。に言え
私がを動すと、妻はに顔をます
痛い。言言いすからきかですかったで
近藤からこの話を聞いた時、男はさだけではないに言い聞かせていましたが、こなくだない事一番にしていたを知りました。
な事はたいした事は無と強がりながら、匹のスとして、藤に劣等を持た事を実感し
太くて硬く、大きな武器を持ったスに、妻を盗られるのではないいる自分を知りま
「太のは気持ちよかっ大きいので、俺では経験した事が無かっの快感を得たの?」
じるのはだけゃない。あたが。あたとの方が良かた」
「もう嘘は沢山正直えば大きちよだろ?太て気持ちかっろ?言え!正直にえ!
と繋がりながら右振り上げ、妻何度も頷きました。
「はい。気ち良かったです。叩かないで
は激しを振って妻の中に吐き出しましたが、妻とってこの行力以貿物でも無かったと思います。
なぜ泣く?近藤のをして、寂しくなったかそれ簿、俺にたのがなに嫌だったのか?」
「違い。私は誘て、一番大事な物を失まっ一時の快楽のめに、絶対に壊してはけない物をてしまは」
「俺が壊れていると言うの前だろ!どうて平気裏切れたどうしてあ男に股をいた。そんな事の出来る前は、壊れていないのんな普通の人には出来な普通の感情を持った人間なら、こ酷い事はずない。お前はだ!間の振りした鬼だ!」
「ごめんなさい。ごめんなさい」
様に、私はてしまったのかも知れませ
の苦痛の情を見ていると心が休まるのす。
かし原因は妻にあ稿うと、妻にらしい事を摘されるのは耐えられないの
妻が泣き疲れててしまうと、綴じられのレポート用、妻のバッグから出して読簿んでいました。
こにが近藤と2人でう事になった切欠か近藤マンショの情事でが克明に綴られいます
最初相談を持けられた妻はしかったそ
それはられると、世話をける嬉しさです
子供が離れ、妻と新婚をやり直す喜びかデートようにな、セックスも増えて行きました。
し妻そうなく子供の世話を焼けなくなっ私で埋めそうとしていまし
そこに近藤現れては近談に乗る事にのめり込んで
○月○
で送ってもらう中で然キスをさした。
私のうな歳の離た女にそような感もつ事が信じず、驚きで身体が動かずにキスをてしまいましたが、家帰ってあなた の顔を見た時に、罪悪感泣けそうなり、もう2は会わなと決まし



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080114002307