2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

かわいい彼女がいた頃の話





6 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 10:26:59.65 ID:46NPcLjE0

俺 身長175センチ ジャック・バウワーのモノマネする人に似てる。

彼女 身長168センチ 蛯原友里をスタイル悪くしたかんじ、巨乳。

俺の友達 身長180センチ オダギリジョー似。



7 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 10:31:18.49 ID:11o3toxx0
次、体育なんだ。はやくしてくれ、



8 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 10:32:26.02 ID:46NPcLjE0
加 俺、34才

24才

去年の月ごろは週末にキャバに飲っていま

無くなったので、めな転で帰ってまた。

帰りの途中、隣の車線に軽自動が走ていまた。

その運転しが、湿女です。



10 :名も無被検774号+:2011/11/29(火) 10:36:53.78 ID:46NPcLjE0
普段ならま来ないんだけど、泥酔てた俺信号待ちでんだ時に、窓を開けて話しかけまた。

ちな話した内容はまっませんでした。




14 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 10:44:02.50 ID:bhtBzxAa0
パンツ溶けた





15 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 10:48:35.61 ID:46NPcLjE0
翌日、知らない携帯番号から「昨日は酔ってたみたいですけど大丈夫ですか?」ってメールがきました。

酔って電話番号を教えてました(;´д`)

俺「大丈夫です。昨日はすいませんでした」

彼女「あはは、びっくりしましたよ♪」

みたいなメールのやり取りをしたと思う。そしてメールアドレスの交換をしました。



16 :名き被検体774号+:2011/11/29(火) 10:51:33.92 ID:OvUJjAyL0
なんぞ?その出会い

はイケメンか?

ましい・・



17 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 10:54:33.47 ID:46NPcLjE0
16さん

イケメンではないです。

でも、4年に一回、クオリティーの高い女の子が寄ってきてくれます。

俺はそれを、恋のオリンピックって呼んでます。



19 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 11:01:14.13 ID:CFtqn6f70
>>17
そうゆうのいいから、はよ続きを



21 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 11:19:35.73 ID:46NPcLjE0
それから俺と彼女はメールのやりとりをするようになった。

わかったこと

☆家がかなり近い(車で10分)

☆映画好き

☆彼はいない

それから俺たちは、「今日はどこに行って楽しかった」とか、「こんなDVDを見た」のようなメールのやりとりをするようになりました。

その頃は、まさか付き合うことになるなんて思ってなかったです。




24 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 11:54:03.69 ID:46NPcLjE0
4月になると、俺たちはたまに遊ぶようになっていました。

二人ともお酒が好きなので、デートは居酒屋さん→バーでした。

俺はこの人と一緒に過ごせるだけで幸せでした。ちなみに、まだ手もつないでません。

友達(オダギリジョー似)以下、ジョーは、「うらやましい」とか、「早く告白しろよ」とか言ってました。



27 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 11:56:38.75 ID:46NPcLjE0
あの、実話なんですけど。

もう辞めたほうがいいですか?、





31 :名も無き被検774号+:2011/11/29(火) 12:07:45.59 ID:46NPcLjE0
とはたまに遊びなが、俺とョーはキャバクラ通続けてました。

普段り飲んでいた俺は思です。

あれんましくない(;´д`)」

姿道でジョー話しした

「あのさ、近キャバングがいまいち楽しくなだけど」

ー「それ俺くキャバ嬢よ気に入ってる女使の子がいるかだとよ」

際、その通りでし

家にって女に電話しまし

世間話で終わりました



33 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 12:23:00.32 ID:46NPcLjE0
彼女とは平行線のままで、たまに一緒に飲みにいってました。


ある日曜日の朝、彼女からメールがきました。

彼女「俺さん、今日は何する予定ですか?」

俺「バイオハザード見に行く予定だよ」

彼女「私も一緒に行っていいですか?」

俺「いいよー、迎えに行くわ」

そして一緒にバイオハザードを見に行きました。

途中、大きい斧を持ったゾンビが斧を振り回す場面で、彼女を見ると3Dだったので「キャッ」てなってました。

俺は思いました。

「かわいい♪この人が彼女ならいいのにな」

その日もいつものバーに寄り、家に送って別れました。



34 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 12:28:44.39 ID:J/kS/98p0

  バン    はよ
バン(∩`・д・) バン  はよ
  / ミつ/ ̄ ̄ ̄/   
 ̄ ̄\/___/



35 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 12:30:28.53 ID:lN9xzmxN0
  
バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン
バン       バンバンバン゙ン バンバン
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバン゙ン
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄



  バン    はよ
バン(∩`・д・) バン  はよ
  / ミつ/ ̄ ̄ ̄/   
 ̄ ̄\/___/



      ; '     ;
       \,,(' ⌒`;;)
       (;; (´・:;⌒)/
     (;. (´⌒` ,;) ) ’
(  ´・ω((´:,(’ ,; ;'),`
( ⊃ ⊃ / ̄ ̄ ̄/__
    \/___/


          /\
     . ∵ ./  ./|
     _, ,_゚ ∴\//
   (ノ゚Д゚)ノ   |/
  /  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ
ポチ     ポチポチポチポチポチポチ
ポチ(∩`・ω・) ポチポチポチポチポチ
 _/_ミつ/ ̄/_
      /_/




37 :名も無き体774号+:2011/11/29(火) 12:33:14.54 ID:46NPcLjE0
そのはもう、心は完全に彼女に持っていかれてました

女からおいあって暇なくせに、ぜか逆に断っした




39 :名も無き774号+:2011/11/29(火) 12:46:34.02 ID:AWDt8fRo0

バンバンバンンハンバンバンバン
゙ン       退゙ン゙ン゙ンン バン゙ン
゙ン(`・ω・)  バンバンバンバ
 _/_ミつ_/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄




40 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 12:46:47.81 ID:AWDt8fRo0

バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン
バン       バンバンバン゙ン バンバン
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバンバン
 _/_ミつ_/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄






41 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 12:50:53.15 ID:iCqVL5e20

バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン
バン       バンバンバン゙ン バンバン
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバンバン
 _/_ミつ_/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄




42 :名無き被検774号+:2011/11/29(火) 12:51:11.22 ID:EWMp+vFH0

バンンバン゙ンハバンバ綿ンバン
バ       バンハン゙ン バンバ
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバンバン
 _/_ミつ_/ ̄ ̄/
    \/___/ ̄







43 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 12:52:16.85 ID:AWDt8fRo0

゙ンバンンバンバンバンバンンバ
゙ン       バンンバン バン゙ン
バン(∩`・ω)  バンバンバン゙ンバン
 _/_ミつ_/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄






45 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 12:55:26.37 ID:46NPcLjE0
39から43さん、ありがとうございます。




44 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 12:54:24.98 ID:46NPcLjE0
ある日、俺はジョーと定食屋さんでお昼ゴハンを食べてました。

ジョー「俺くん、最近あの子と遊んでる?」

俺「いや、遊んでないよ。俺みたいなオッサン、迷惑だと思うから」

ジョー「アホか!!あの子がもし俺くんのことを迷惑だと思ってるなら、今までもあそんでないよ!!」

俺「……」

家に帰った俺は思いました。

「明日、告白しちゃうもんね♪行くぜ!!」

彼女にメールし、仕事のあとで飲みに行く約束をしました。

注意点、俺は関西在住なので会話文はすべて関西弁に変換してください。



49 :名も無き被検体774号+:2011/11/29(火) 13:12:45.84 ID:46NPcLjE0
告白を控えた前日、興奮した俺は1人でキャバクラに行きました。

俺「あのさ、俺、明日女の子に告白するんよ」

キャバ嬢「本当に♪すごいね。がんばって♪」

二時間後

俺「俺みたいなオッサンとさ、付き合ってくれるワケないわ(涙)」

キャバ嬢は何も言わずに俺の頭を撫でてくれてました。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様