2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

親友が中国ハルビン娘と離婚した







1 :@1:2011/12/08(木) 13:47:01.15 ID:oFSt1uOa0
大丈夫かな?立ったかな?




4 :@1:2011/12/08(木) 13:50:15.09 ID:oFSt1uOa0
立ったみたいだな

友人が今年初めに中国ハルビンの方正県出身の女性と離婚した
んだ
その一部始終をか〜なり長くなりますがここに記そうと思う
結構細かく書くぜ俺も半分当事者だったからな

親友の1年6ヶ月の結婚生活そして その後のお話まで.......
ノンフィクションで..

需要はあまり無いかもだが暇な人は見てってくれww






6 :@1:2011/12/08(木) 13:52:51.48 ID:oFSt1uOa0
おお早いな!!初めて立てたから緊張するなw

ホント長いからなwんで面白くはないから期待するなww

登場人物だな

友人(タカシ)仮名スペック
・容姿至って普通、体型普通よりちょいポチャかな
・結婚当時 28歳(語学堪能で現地人も驚くレベル北京留学2年 )
・年収700万以上はあったかな?商社勤務
・一軒家持ち家(結婚する為に購入)

嫁(ランラン)仮名スペック
・結婚当時22歳だったかな..(容姿端麗というか超かわいい子
だった..)
・日本語は片言だったけど日常会話はなんとか出来るレベルだった
聞き取りは出来ていたな

エリートで勝ち組と思っていた友人タカシが精神を病み地獄へ
落ちたんだから凄かった
何度も夜中に電話で起こされ呼び出された俺も地獄だった...





7 :@1:2011/12/08(木) 13:55:10.37 ID:oFSt1uOa0
このまま続けるぜ

まずタカシの会社は主に中国と取引をしている会社で営業
所も中国国内に幾つかあるらしく年に何度も日本から出張
がある訳、

その内の一つでハルビンにある営業所に入社時お世話になっ
た先輩が居て その先輩の奥さんが嫁ランランの親戚だった

ハルビンへの出張は年に1度あるか無いかだったので出張で行
く際はホテルを取らず
先輩の家に泊めてもらうのがお決まりだったらしい、

そんなある泊まった際に 先輩の奥さんが写真を出してきて
「この子どう?」と言ってきた、タカシは素直に「かわい
いですね!」
と言ったら奥さんは「私の親戚なのよ!あなたも彼女がいない
なら一度会ってみない?」
と突然言ってきて

困ったものの 写真はカワイイしそれにお世話になった先
輩の奥さんからの話だから取り合えず
「宜しくお願いします」と言い
その3日後にはもう会う事になったw





8 :@1:2011/12/08(木) 13:58:09.44 ID:oFSt1uOa0
見て無くとも続けるぜ

タカシは中国の恋愛事情も詳しかったのでプレゼントも用意し
て臨んだらしい
そして「方正県」から数時間掛けて彼女はやってきた、その素
朴で美しい容姿にタカシは もう一目ぼれ

ランランもプレゼントに感激し中国語が流暢な彼に直ぐに
打ち解けたらしい

二人は恋に落ちた

そして出張最終日に また直ぐに会いに来るから日本語を勉強し
て下さいと伝え帰国
帰国した翌日にタカシから俺にメールが来た
「ヤバイ!ハルビンの子に惚れたよ!参った..」
と短い文の舞い上がったメールをしてきたのが懐かしい.....

携帯で写真を見せてもらった
が確かに小柄な超カワイイ子だった
羨ましいと思ったよマジで




9 :@1:2011/12/08(木) 14:00:11.59 ID:oFSt1uOa0
続きます

帰国後はメールのやりとりをしていたらしい 毎日必ずメールし
ていると言っていた
向こうはかなり短文で返信してくるから ヤツはいつも凹んでい
た記憶があるw

メールは さほど好きではないというか馴染みがないのか
もしれないと言っていた

そしてメールのやりとりの中でランランの幼馴染が日本に留学
していて卒業したら
日本で就職するらしいという事を聞く、その時タカシは もしラ
ンランが日本に来ても決して一人じゃないんだな!と
強く背中を押されたと言っていた

ランランともし上手くいったら この幼馴染と幼馴染の友
人もいるしランランもきっと大丈夫だろうと...






13 :@1:2011/12/08(木) 14:07:58.89 ID:oFSt1uOa0
おお居るのねwwサンキューww続けるわww

2回目のハルビンは出張ではなく旧正月&氷祭りに合わせて向か
う事にした
因みに俺も相当誘われたが休み取れず断念した。

初対面の出張から3ヶ月位だったかな?
2回目の時にほぼプロポーズに近い言葉は言ったらしいキスも
したと言ってたな

帰国後親に「結婚したい相手がいる」と言い最初は猛反対され
たみたい

そりゃそうだ タカシ宅は結構なお金持ちだったし 2回しか会っ
ても居ない日本語殆ど話せない相手と私達は
どう接すればいいのよ!と母親は泣いて止めに入った

因みに幼馴染の俺は お母さんから「目を覚ますよう言って俺君
!お願い!」と何度も
お願いされた...この時はホント困った。。


一応 タカシのお母さんに言われた手前 俺も何度か「もう一度じ
っくり考えては?」と言ってみたがタカシは黙ったまま
「俺は親よりもお前にまず紹介したいよ」なんて言われた
からそれ以上何も言わなかった

最終的にタカシは親の意見よりも自分の気持ちを優先し帰国し
て間もないのに 3月中旬に再度ハルビンへ向かう事になる

勿論 結婚を約束する 為にだ
フライト前日夜遅くまで両親と話し合い 結果 母親は折れ
たらしいが父親は最後まで許してはくれなかった


俺にも一度電話が入り「行って来るわ」とだけ言い残し
ハルビンへ飛んでった

後にこのフライトをタカシが言うに「恋は盲目魔都ハルビンへ」
と..言ってたわw





14 :@1:2011/12/08(木) 14:11:33.09 ID:oFSt1uOa0
3回目は ランランの住む実家に向かい両親と会い
仕事の説明から彼女に対する想いを正直に言ったらしい、
というか 向こうの家に着いたら 凄い歓迎ぶりで驚いたと
言っていたw

反対の「は」の字も無く少々拍子抜けしたと言っていたな

この時は営業所の先輩も同行してくれたらしく色々と今後のア
ドバイスをくれたらしい

この地域のローカル・ルールやら結婚事情やら生活事情を教え
てくれたと言っていた

それと「お前も異動願いだせ!ハルビンに来いよ!一人くらい
何とかなるだろう!」
と言われたらしいが タカシは彼女と日本で どうしても暮らした
かったので断ったらしい

取り合えず結婚を両親にも承諾を経て 帰国し我慢できずにまた

5月に数日だけ会いに行くなど まあ外から見ていると
夢中になりすぎていて怖い位だったなw


これ大事な事かもしれないから書くが ランランの実家は農家で
は無い
父親は勤め人で母親は専業主婦 たまにパートの極普通のレベル
の家みたい
家は平屋で古びた作りでかなり寒く中々寝付けなかったと言っ
ていたw





15 :名も無き被検体774号+:2011/12/08(木) 14:20:13.21 ID:gJFhw8Gc0
友人の話だが詳しいね!まさか自分のことだってオチじゃない
よなっ





17 :@1:2011/12/08(木) 14:25:03.50 ID:oFSt1uOa0
>>15
違うよw
安心してくれw




16 :@1:2011/12/08(木) 14:20:56.64 ID:oFSt1uOa0
見辛いよね?ごめんねww
改行とか面倒だからwまあのんびり読んでよねw

では続き


とまあトントン拍子にタカシ宅側は そっちのけで結婚話は進み
8月に結婚式をハルビン方正県で挙げた。

タカシ側の日本人は母親と妹と営業所の人のみで嫁側は
身内や友人が多く参加したらしい。

写真とビデオを見る限りとてもアットホームないい挙式だった
ランランが着ている伝統的な花嫁衣裳も凄く良かった

後日 随分後だが改めて友人を中心に日本でも盛大にやったんだ、
ランランは日本のノリとか派手さにとても驚いていたし彼を
本当に愛してるのが伝わってきた

そして美しかったな.....ふu ......

よく解らんが婚姻手続きは非常に面倒だとも言っていた、
あととにかく驚いたのが結婚してるのにビザ?審査?の関係で半
年間位だったかな?
ランランは日本に来れずに二人は離れて暮らしていたよ、

その間 新築一軒家をタカシは嫁に内緒で購入して驚かせ
ようと準備万端で待ち構えていた(これまたイイ家なんだよw)

そしてランランがやっと来日して 彼ら夫婦生活がスタートした

右も左も解らないランランが少しでも日本に慣れるまで弱音を
吐かずタカシは本当に 献身的に支えていた、

彼女も一生懸命家事をして毎日帰宅の遅い友人を支えてい
たと思う




18 :@1:2011/12/08(木) 14:27:59.21 ID:oFSt1uOa0
続けるぜ

俺はランランと会って見た目とはちょっと違い男勝りな性格の
持ち主であるのと
異性に対しては日本人女性よりもやはり警戒心が強いな〜とい
う印象をもった
段々俺にも慣れてくると悪ふざけをしてきたり冗談を言ったり
してきて直ぐに仲良くなれた。

またコレがスンゴク可愛いんだよねヤバイ位に
さwww

よく言われるが日本のティッシュ配りには驚いていたよw
後は街のキレイさかな
それと何処まで行っても道が凄くキレイに舗装されている事が
何よりも驚いたらしいw





20 :@1:2011/12/08(木) 14:31:08.27 ID:oFSt1uOa0
タカシの仕事は中々ハードで国内外出張も多い仕事だったから
初めは俺も影ながら
「ランラン寂しいだろうな大丈夫かな?」と少し心配したりし
ていた

やはりヤツも心配だったみたいで俺に
「もし暇な時あったら家に来て遊んであげてくれないか?日本
語教えたりさ」
と言われた、俺は快くOKした

それからタカシが出張で家を空けているときは男女何人かで遊
びにいきランランに
日本語を教えてあげたり外に出て夕食を食べたりも頻繁にした
りした

俺も二人で何度もご飯を食べに行った イツも中華だったけどw
ラーメンが旨くて感動していたわwあと何故か俺の奢りねw
ランラン絶対財布ださないんだよw
ありがとうもご馳走様もないから最初はイラっとしたけどねww
中国人ってなんなのーーーwwwって思ってたわww

因みに会話が成立しないから俺も中国語の参考書を何冊かいつ
も肌身離さず持って会ったりしてたよ、向こうの言いたい
事が載っている本の箇所を指差したりして
俺たちは来日1,2ヶ月当初はそんな会話をしたりしていた

月に4,5回はタカシ宅へ遊びに行き日本人と日本語に慣れる為
にと協力していたんだ
ランランは俺の事をとても信用信頼してくれてラオシー[先生]
と呼んでいた






22 :@1:2011/12/08(木) 14:37:17.85 ID:oFSt1uOa0
ホイホイっと続きますよ


ある日いつもの様にタカシ宅へ遊びに行くとランランの幼
馴染で留学中のチャイ子が来ていた。このチャイ子も非常
に綺麗な子で中国人って皆こんなにカワイイのかよ!
俺移住するwwうはあwwwと俺は驚いたwスタイルも良くて
ボン、キュ!、ボン!
な感じなwwいやホント可愛いんだよw

日本語も普通に会話が出来るレベルで中々聡明なイメージを醸
し出していた
チャイ子はランランが玉の輿を勝ち取って見えたらしく物凄く
羨ましがっていて
「いいね!いいなー」と何度も何度もウザイくらい言っていた
記憶がある、

あと本物か偽者なのか解らないが学生なのに財布がヴィトン?
だったのに驚いた。
俺は まあ中国人の学生がフリマかなんかでバッタモン買って持
ってるんだろ?
位に思っていた....この時までは....na

俺もチャイ子と仲良くなり4人で良く遊ぶようになった、そん
なある日の事だ...........

タカシからメールが来た

「参った相談があるんだけど電話じゃあれだから明日会ってくれ」

俺は仕事でヤツが何かミスって凹んでるんだと思い待ち合わせ
て会うことにした
そして会うなり開口一番に

「ランランが両親に家をプレゼントしたいと言ってるんだよ」







27 :@1:2011/12/08(木) 14:53:40.95 ID:oFSt1uOa0
続きだぜ


俺は驚き「お前家買ったばかりじゃんwローンあるし貯金なん
て無いだろ?しかも家ってww」

俺「何故?突然ランランはそんな事言い始めたの?」と聞いた

するとタカシは....

「別に向こうの両親がねだってる訳ではないんだ嫁がしてあげ
たいんだってさ....
それに私の事を一生懸命育ててくれた両親に早く恩返しがした
いと言い出してね

毎日仕事から帰ってくるとランランが[ねえイツ買えるの
かな?冬は家寒いよ心配だよ] と言ってくるんだよ、

俺はローンもあるし貯金も今は無いよ解ってる?父親に君
との結婚を許してもらうのと自立してやっていく態度を見
せる為に全く援助を受けずに 両国の結婚式も家も生活用
品全て身銭で買ったんだよ
20代で親に何かしてあげれる余裕は今は無いけど あと数年
経って君も日本に慣れて安定してきたらしてあげようよ」

と言ったが向こうはどうも納得がいかないみたいらし
く.........

んでタカシは俺に

「お前からも ちょっと言ってあげてくれないかな?まずはしっ
かりと日本の習慣や生活に慣れるのが大事で
それからでも遅くないってさ、それにお前の事を一番頼り
にしてるし 俺もお前にしか相談出来ないし頼む!助けてw」

と言われ事情が事情だから俺が入るのもどうかと思ったが
取り合えずしぶしぶOKした






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 夫婦生活,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 夫婦生活,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20111222153940